AWC ◇フレッシュボイス2



#498/532 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #387 ***
★タイトル (AZA     )  18/06/13  20:24  ( 25)
散歩する休日   永山
★内容
 東京五輪に合わせて、祝日を移動し連休作り。二〇二〇年は秋の連休が減ることに。
 これは……小説のネタになる。体育の日のことを描いているから十月の話だと思った
ら実は七月とか。逆に、この年の出来事を取り入れて物語を作る際には、祝日に大いに
注意を払う必要が生じるし、何の気なしに二〇二〇年の出来事を描いただけのつもり
が、日取りでおかしな点が出て来る恐れも。

 成人年齢を十八歳に引き下げる改正民法が成立。二〇二二年四月一日から施行。
 この法案が以前話題になった折、施行後最初の成人式をどうするんだろうって思い、
書き込みのネタにしましたが、今日ニュースを観ていたら、十八〜二十の三世代?を一
世代ずつ分けて朝、昼、晩と催すことを考えている自治体が出てました。コストが掛か
るのは承知の上とか。三世代まとめてやると、会場の広さなどの問題の他に、「単なる
二年遅れの全校集会みたいになる」という意見が紹介されてて、面白かった。
 虚を突かれた思いになったのは、「十八歳で成人式をやると久しぶり感がない」とい
う意見。なるほど。十八なら多くが高校在学中に迎える訳で、成人式で懐かしさを感じ
る度合いは、現状より下がるはず。
 こうなったら、成人式はなくして、二十歳の儀とでも銘打って、二十歳を迎える人を
対象にこれまで通り式典を行えばいいんでは、とか思ったり。
 とりあえず、個人的に迷っているのは、拙作「そばいる」シリーズにて成人式を描く
のをやめるかどうかってことですね(笑)。タイムカプセルの件があるからなあ。全然
触れない訳には行かない。
 そういえば、2分の1成人式を行っている小学校は、どう対応するんだろう? 九
歳、つまり小学三年生を対象にして継続するとしても、代わり目の年は四年生も一緒に
やるのかしらん。

 ではでは。




#499/532 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/14  20:50  ( 25)
おかわりはなし?   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「60 誤判対策室」第四回と最終回を録画視聴。ネタバレ注意
です。
 最終回を含んでいることもあって、粗筋は省略気味で。ざっくり言えば、上司に嫌味
を言われながらも、放火殺人事件を誤判対策室で取り上げることになり、より深く調査
を開始。犯人しか知り得ない秘密の暴露であるとされた、死因に関して、決定的な誤り
が見付かり、えん罪を証明できる可能性が。しかし、かつてこの放火事件を担当した検
事の根回しによって、死刑執行を促す書類が上申?され、執行命令書がまさに出されよ
うとしていた。そのことを教誨師のリークにより当日知った有馬らは、残された一時間
で手を尽くす。果たして刑の執行は止められるのか――ここまでが第四回。
 このあと、有馬がある奇策を取るんですが、ドラマで描かれたように本当に功を奏す
るのか疑問に感じなくもなし。刑の執行されるタイミングを知ったからこその奇策だけ
ど、それにしたって執行中止になるのかなあ? これが有効なら、現実世界でも使われ
そうだ。
 で、死刑執行の中止を経て、再審がメインになるものと思っていたら、さにあらず。
再審の法廷場面もありましたが、時間は短く、終わり間際に配置されていました。予想
外でしたが、そこにはちゃんと理由や計算があって、ドラマに奥行きをより与え、面白
くしていた。えん罪をテーマにした物語と見せ掛けて……という風に受け取ることが可
能。細かな状況証拠というか暗示が、若干、後出し気味の部分があったのは惜しい。
 てことで、割とよかったです。が、期待していた展開にならなかったのは、ちょっと
残念。あと、以前に書いた、物語の根幹をなす大まかな枠がこれの前のWOWOWドラ
マである「イノセント・デイズ」と似通っている理由、結局分からず。似通ったドラマ
を連続して意識的にやるならやるで、そう銘打ってもいいんでは。べたですが、えん罪
シリーズなんて括りで。

 ではでは。




#500/532 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/15  21:02  ( 30)
朧気な記憶を頼りに忘却の話   永山
★内容
 プロレスラーの藤波辰爾がカルッツかわさき(川崎市体育館のあった場所)で試合を
するに当たり、「山本小鉄の引退式以来」とコメントしたのをスポーツ新聞系サイトで
読む。
 え? ほんとかなと思って調べてみたら、山本小鉄の引退式(引退試合)が行われた
のが、一九八〇年四月。その後、少なくとも一九八六年五月、一九八七年十月、一九九
四年十二月の川崎市体育館でのプロレス興行に、藤波は出場してる記録が。山本小鉄の
引退で強く印象に残っているにしたって、いくら何でも忘却しすぎのような。
 村松友視の著書に、ジャンボ鶴田は「忘れない人」、藤波辰爾は「忘れる人」と書い
てあったような記憶があるのですが、まさかこれのことではあるまい(苦笑)。

 WOWOWのドラマ「闇の伴走者〜編集長の条件」最終回を録画視聴。ネタバレ注意
ですが、粗筋は省きます。
 一旦解決したと見せ掛けて、裏があるというのはよくあるパターンですし、本作では
割とあからさまにどんでん返しの布石が打たれていたので、そこは予想通り――心地の
よい予想通り。ただその布石が示す相手ってのが複数の候補がいるので、どう絞り込む
のかと思っていたら、案外あっさりした決め打ちで決着。ご尤もな理屈ではあります
が、ちょっと拍子抜け。
 謎として残されていた水色の件は、なるほどそういう意味かと納得。振り返ってみる
と、これもかなり早い段階でヒントが示されていたと分かります。私は気付かなかった
けど、気付く人はその早い段階で気付くだろうなあ。
 放置されていた事項についても、ちゃんとしたフォローあり。それも結構な長さで、
ある意味、ストーリーの肝と言えるかも。関係者が、事件解決後に醍醐らが動くまで何
のアクションも起こさないっていうのは、あり得なくはないがちょっと考えづらい(も
しくは作者都合)ですけど、ドラマを締め括るのにはこの配置がベストな訳で、難し
い。
 第三段の続編が作られるとしたら、水野の父親の件を扱うのかしらん。でも、これま
での二作は共に漫画にまつわる事件を取り上げていたのに対し、水野の父親の件は漫画
とは無関係に思える。その辺の作り方をどうするのかも気になるし、第三弾に期待。

 ではでは。




#501/532 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/16  21:31  ( 29)
期待通りにはじけるか不発で終わるか   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「不発弾」初回無料放送を録画視聴。ネタバレ注意です。
 番組ガイドによれば、社会派ヒューマンサスペンスとのこと。金融経済の不正がテー
マなんで、経済サスペンスかと思ってましたが、もうちょっと幅が広いのかな。
 ざっくりした粗筋は――日本の大手総合電機メーカー・三田電機産業が七年で一千五
百億円の“不適切会計”をしていたことが公になり、粉飾決算の疑いが掛かる。記者会
見で社長はあくまで“不適切会計”とし、原因と責任の所在、今後の対策を示す。凡百
の企業なら上場廃止が当然だが、三田電機ともなると日本経済を揺るがしかねず、金融
庁もおいそれとは動けない。このまま騒ぎは収束する公算大だったが、会見の翌日、三
田電機の経理に関わる社員が首吊り死体になって発見される。自殺と見なされ、警察の
捜査も入らない雲行きだったが、三田電機の疑惑を追う女性刑事が突破口とすべく、タ
イミングから言っても自殺ではなく口封じの他殺ではないかと主張する。部署違いによ
る衝突がありながらも殺人の疑いで捜査開始。だが、決め手を欠いて進展しない。そん
な中、自殺した社員と頻繁に連絡を取り合っていた金融コンサルト・古賀が浮上。身辺
を洗うと、不祥事を起こした企業を守る伝説的な人物らしい。女性刑事は記者会見の前
後で三田電機社長の周囲に出没した古賀を目撃していた――こんなところ。もうちょっ
と入り組んでいますが、省略しています。
 今回は、主役の古賀の立ち位置がまだ全くはっきりしない段階で、感情移入の対象が
なく、様子見の回といった印象。それでも面白くなりそうな萌芽はそこここに。
 まあ、素直に考えれば、記者会見で騒ぎをうまく収束させられる見込みだった(社長
にアドバイスしている)古賀と通じていた社員を、古賀がわざわざ殺害する訳がない。
たとえ自殺であっても、報道が明るみに出ることで、疑惑を継続させてしまう。何らか
の理由で始末する必要が生じたなら、少なくとも遺体が発見されないようにするのが絶
対条件。だから古賀に容疑を掛ける刑事らの判断は間違っていることになるはずです
が、果たしてそう単純に捉えていいものかどうか。
 古賀は過去に金融絡みで身内を失ったような描写があり、その復讐を企図して経済界
に潜り込んでいるのだとしたら、味方のふりをして裏切る展開も充分に考えられる。て
ことで、この先が気になる滑り出しで、よい感じです。

 ではでは。




#502/532 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/17  20:16  ( 25)
後輩注意報!   永山
★内容
↑いわゆるライトノベル的な作品にありそうなタイトル、かも。

 先日、朝からそこそこ晴れていて、メールチェックが終わったら畑仕事の手伝いに出
ようと思っていたら、俄に暗くなった。
 一雨来ると思い、これは早く外に出ねばと着替えて飛び出す。するとすでに宙にはチ
ラチラと降る物が。もう降り出したかと焦りつつ、屋根のないところへ出て、その降っ
ている粒に当たると、感触がどうも違う。冷たくないし、水分を感じない。指先で触れ
てみて、ようやく分かった。火山灰だ、これ。
 部屋に引き返してインターネットで調べると、速報が出てた。
 眼鏡をしていても目に多少入るんで、ほんとは水中眼鏡的な物を装着した方がいいん
だろうけど、その日は草抜きだけしてさっさと退散。終わったあと、髪の毛がタオルを
被っていたのにざらざらになってた。
 ちなみに先に畑に出ていた父は、私が行くまで、「変な雨だな」としか思っていなか
ったようで。長年に渡って慣れてしまうと、鈍くなる?

 新幹線でトラブル続きなんで、次はほんとに船で行き来しようかしらんと考え始めた
今日この頃。まあトラブルのあとしばらくは緊張感が高まり、改善の程度も維持される
だろうから、問題は起きづらい気もするのだけれど。
 で、この間の新幹線内殺傷事件のニュース関連で、逃げるとしたらどうするのがいい
かっていう話がネットでも出ていた。最悪、トイレに逃げ込むのもありかなと思ってた
んですが、出ていた識者の話ではだめだとか。ドアを突破されたら逃げ道がないという
のが理由。トイレのロックなんてシンプルな物だから、鍵がなくても比較的簡単に開錠
できるんでしょうし、やっぱりそういうものなんだなと納得。

 ではでは。




#503/532 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/18  21:19  ( 25)
思い込みの危うさ   永山
★内容
 朝採った野菜を、テレビでNHKを聞き流しながら段ボール箱に詰めていると、「緊
急地震速報です」という声が聞こえてきたんですが、しばらく意に留めないでいまし
た。というのも、画面を見ていなかったのも大きいですが、それ以上にちょうど八時に
なるかならないかの頃合いだったため、NHKがこういうタイミングでよく流してい
る、緊急地震速報のシステムを告知するものだと思い込んでしまったから。
 一分ほど経ってから、具体的な地名が聞こえた気がしたので、画面を見に行き、よう
やく本当に大きな地震があったのだと知った次第。
 で、関西にある我が家は、阪神淡路大震災のときに多少揺れた(震度四)せいか、じ
わっとしみ出す風に雨漏りするようになってしまい、どうにかこうにか補修してきたん
ですけど、今度の地震(同じく震度四)でまたずれが生じて、再び雨漏りするようにな
ってるかもしれず。震度六弱のような強い揺れが襲ったのなら、交通機関の復旧具合を
見て戻る算段を付けるかもしれませんが、震度四ならおいそれと行けない。九州にいた
ままで家の状態を確かめようがなく心配ではありますが、しょうがない。ご近所さんか
らの連絡がないということは、少なくとも外見的には異常なしのはず。

 大きな地震や災害の報道があると、ストックしてあるプロットの内の二つを、作品に
使っていいものかどうか考えてしまいます。
 一つはだいぶ前にフレボイで書いた気がするけど――男Aは、近しい知り合いBに普
段から殺意に近い怨みを抱いているもののの、実行には移さないどころか表にも出して
いない。が、震災が発生した日、AはBと二人きりの状況で被災。Aは無傷だったが、
Bは落下物で軽い怪我。「今ならBを震災による事故に見せ掛けて殺せる!」そう判断
したAは、食器棚を押し倒して――というもの。先行作品が多分あるんじゃないかって
気がすることもあり、自作には使わずじまいでいます。

 ではでは。




#504/532 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/19  22:30  ( 39)
WからWへ   永山
★内容
 何だかんだで見てしまうW杯サッカー日本代表の試合。とりあえず、不発で終わるこ
とはなくなったのでよかった。

 WOWOWのドラマ「不発弾」第二回を録画視聴。ネタバレ注意です。
 古賀の過去が語られる。高卒まで福岡は大牟田で生まれ、暮らした古賀は、父親を炭
鉱の事故で早くに亡くし、妹・睦美と共に母親・良美に育てられた。だが、母親は息子
と娘が長じてアルバイトができるようになると、次第に怠惰になり、勤め先の飲み屋に
出たり出なかったりという有様。中学生になった睦美は地元信用金庫の荒井の目に留ま
り、露骨に誘われる。そのことを知った古賀は荒井と揉め事を起こしてまで、妹を助け
る。やがて古賀は高校を卒業し、東京の中堅証券会社に就職。体力勝負の場立ちから異
例の抜擢を経て営業回りになり、さらに上司の中野からノウハウを教わることで、ノル
マを楽々達成するようになる等、のし上がっていく。全ては妹を東京に呼び寄せるため
だった。しかし、睦美は母親を見捨てられないと言って、大牟田を離れようとしない。
そうして何年かが経過した昭和六十二年。職場に掛かってきた電話が、古賀に妹の入水
自殺を伝える。睦美は男性関係に悩み、死を選んだと思われた。古賀はその男は荒井に
違いないと確信。荒井と、古賀の母親・良美に、睦美の死の責任があるとして復讐を考
え始める。
 そして現代。古賀は中野の指導もあって面識を得た三田電機の東田と懇意になり、中
野の出世に合わせるようにして、三田電機の中枢に関わるようになる。
 一方、警察の捜査も動いていた。首吊り死体で見付かった三田電機社員の橋本宅を訪
れ、残された妻に死ぬ前数日間の橋本の様子や交友関係、会社での仕事について何か語
っていなかったか等を聞くが、異変は感じなかった、知らぬ存ぜぬで通される。それも
そのはず、橋本の妻は橋本の指示で古賀を頼り切っており、夫の遺した封書を未開封で
手渡した上、善後策を授かっていた。封書の中身は橋本が三田電機の不正を克明に記し
たもので、古賀はそれを燃やすことで握りつぶす。
 ――粗筋はこんな感じですが、実は第一回の内容も少し混じっています。この方が分
かりいいかと思ったもので。
 古賀の立ち位置が悪役っぽくなっていますが、作り手側が視聴者をそちらへ誤誘導し
ようとしている節があるような。いくら妹の復讐名目とは言え、このままでは共感を得
にくい気がするので。多分、主人公像はもう一捻りあるのではと、願望を込めて予想。
 上の粗筋では省きましたが、古賀の母は既にひき逃げで亡くなっており、その加害者
が古賀の高校の後輩だと分かったシーン(現代)で、次回へ続くとなりました。
 昭和六十二年の時点で復讐を決意しているのですが、ドラマ上の現代は二〇一七年。
三十年の間に復讐を果たしたのかどうか明かされていないですが、どうもまだみたい?
 本当にそうだとしたら……昭和六十二年の十月に起きたいわゆるブラックマンデーに
ついても描かれていたので、証券マンの古賀はその対応に追われ、復讐どころではなく
なるのかしらん。

 ではでは。




#505/532 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/20  20:46  ( 26)
持ち腐れる前に   永山
★内容
 今回の大阪を中心とする地震についての報道で、校則に関するものがあるのを見付
け、ちょっと意外な印象を受けたです。
 地震の翌日から緊急時の連絡用にと保護者からスマートフォンを持って行くようのに
言われるも、学校では校則だからと先生に没収されるケースが相次いでいるとか(記事
の元はツイッター情報らしいので、厳密には学校単位で相次いでいるのかどうかは分か
りません。極端なケースを想定していいのなら、没収そのものは一校のみでしか起きて
ないとしても、そこの児童生徒の相当数が呟けば、事例そのものは多数上がることにな
る訳で)。命よりも校則が大事なのかと疑問が出ている模様。
 この手の話、私は今回初めて見聞きしたのですが、ここ数年の比較的規模の大きな地
震が発生したときにおいて、似たようなことは起きなかったのかしらん? たとえば熊
本地震の頃と今とで、児童生徒のスマートフォン所有率やツイッター使用率が劇的に変
化したとはちょっと考えにくく、命より校則的な話に疑問が出ていたのなら話題になっ
たと思うんですが。
 仮に近畿・関西特有の現象だとしたら、そんな地域性が生じた理由が気になる。逆に
他の地域では問題視しなかった、なんて可能性はまずないでしょうし。
 また、興味深かったのは、スマートフォンの校内持ち込みはOKだが、授業中に音が
鳴ったら没収という校則のところがあるらしいこと。一見合理的なようで、今回みたい
に緊急地震速報が流れたときの音でも没収される学校もあって、そのため児童生徒は普
段から完全に電源を落とすか、緊急地震速報を受け付けない設定にしてるとのこと。肝
心なときに役に立たない……。校内にいる限り、学校側が責任を持って知らせると解釈
していいのかしらん。

 同志社大学や同志社女子大では公式HPに地震に起因する全日休講の知らせを載せ
ず、他の日常的な情報を更新し続けて、ひんしゅくを買ったとか。

 ではでは。




#506/532 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/21  20:15  ( 42)
皇帝死す   永山
★内容
 ちょうど、エラリー・クイーンの『帝王死す』を読み返したタイミングだったので、
この書き込みタイトルに。

 プロレスラーの“皇帝戦士”ビッグバン・ベイダーことレオン・ホワイトが肺炎をこ
じらせ死去。六十三歳。合掌。
 上では記事に沿って肺炎と書きましたが、それまでにも心臓を患う等しており、去年
の四月に来日して試合を行った際は、試合後のセレモニー中に意識を失って倒れるアク
シデントがあったと報じられていました。
 日本で訃報が流れるほど有名プロレスラーになったベイダーも、初登場時はブーイン
グを浴びてました。ビートたけしがプロレス界に乗り込んできたという設定で、たけし
プロレス軍団の先兵として両国国技館大会のリングに上がったのですが、その大げさな
被り物から来る外見の虚仮威し感に加え、当日は猪木vs長州の久々かつ待望の一騎打
ちが組まれていたのに、ベイダー側の横槍(とされてますが恐らく猪木の気まぐれ)
で、対戦カードが二転三転。結局猪木は長州とベイダー相手に連続してシングルマッチ
を行うことになり、長州とはがちゃがちゃした展開の末、六分ほどで猪木の反則勝ち。
直後のメインイベントでベイダーと戦って三分足らずでフォール負け。その他、エリー
ト扱いの馳浩が日本デビュー戦でいきなりジュニアヘビーのタイトルを奪取したり、
カード変更の煽りを食った藤波木村健吾vs長州マサ斎藤が異様に悪い雰囲気の中行わ
れたりで、観客暴動が発生。主催の新日本プロレスは、両国国技館の無期限使用禁止を
言い渡されました。他のジャンルからの介入に対して、プロレスファンが物凄くアレル
ギーを持っていた時代。このたけしプロレス軍団の企画や、後のメガネスーパーの参入
なんかはうまく取り入れていれば、業界全体の大発展につながったかもしれないのに。
 ベイダーの日本での名勝負となると、かなり多数にのぼると思うのですが、厳密には
ベイダー側から見た名勝負と言うよりもむしろ対戦相手から見た名勝負の方が多いか
も。たとえば、一九九六年の一月に行われたアントニオ猪木との一騎打ちは、現役晩年
の猪木が死んでしまうんじゃないか?ってくらいにベイダーが攻め込むも、猪木が逆転
勝ち。これは猪木の最晩年の名勝負として数えるのがふさわしいかと。そういう風にベ
イダーの怪物的な強さを跳ね返して日本人が勝利というパターンが目立つ。ベイダー側
から見た名勝負としては、一九九〇年二月のスタン・ハンセンとの一騎打ちと、小橋建
太との初シングルが筆頭かな。前者は団体対抗戦、後者は意地の張り合いで、それぞれ
決闘の趣があった。
 もう一つ、セメントマッチだったのではとされる試合が、ワッハ・エブロエフ戦。日
米ソ三国団体対抗戦パート2の名古屋大会で実現した一戦は、ベイダーが序盤からプロ
レスの枠を逸脱したようなパンチ攻撃などを仕掛け、鼻血を出させる。戸惑っていたエ
ブロエフもスープレックスや得意の腕ひしぎ逆十字で反撃したが、最後はベイダーがボ
ディプレスで勝利。これ、プロレス版の「北斗の拳」ラオウvsジュウザだと感じたも
のです。
 同時代に活躍した大物日本人レスラーとはほとんど当たっているベイダーですが、ジ
ャイアント馬場、ジャンボ鶴田、天龍源一郎、前田日明との絡みはなかったと思いま
す。特に天龍とは共に現役の期間が長く、観てみたかった。

 ではでは。




#507/532 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/22  22:48  ( 22)
クローン羊はアンドロイドの夢を見るか   永山
★内容
 日本テレビ系でアニメ映画「ファインディング・ドリー」をやっているのがちらと目
に入って、すぐにチャンネルを変えるつもりが、看板が日本語になっていることに気が
付いたので、つい注目。
 詳しくないけどまさか日本が舞台じゃないよなと検索してみると、なるほど、国に合
わせて変えているのか〜。看板の他に、トラックのコンテナに書かれている文字も日本
語だと気付いた。
 看板の他には、水族館のアナウンスが八代亜紀の声だそうで、それだけなら単なる日
本語吹き替えでしょうけど、その声を聞いたキャラクター達が「八代亜紀だ!」って反
応するというから、間違いなく日本向けに作り替えられている。
 さすがに自動車のハンドルなんかは左のままだけど。
 こういう国に合わせた変更って、どういう判断でなされているんだろう? 公開され
る諸外国全てで、その国の言葉に直したり、有名人を起用したりしているのかしらん?
 あと、製作国オリジナルを観たい人だっているはずだから、映画館にせよソフトにせ
よそういうタイプ違いを両方取り揃えて、客が選べるようになっているんでしょうね、
きっと。

 で、そういう違いをネタにして、推理物の手掛かりとか決め手に使えそうな気がす
る。オンエアされたのは日本語に直されたバージョンだが、犯人は製作国バージョンし
か知らないまま、「そのときは自宅で※※って映画を観てましたよ」って答えてぼろが
出る、とか。

 ではでは。




#508/532 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/23  21:52  ( 50)
芸術という椅子から腰を上げ、退去しつつあるもの   永山
★内容
 東京芸術大学(東京芸大)の学園祭・藝祭にて開催を予定されていた「裏ミス藝大」
の中止が発表される。世間の反応を受け。
 知らなかったんですけど、東京芸大には元々「ミス藝大」なるコンテストがあって、
参加者は男女を問わない上、見た目だけで評価するのではなく、モデル、美術、音楽で
チームを組んで「ミス藝大」を表現するものだそうで。
 それに対し、今年から催される予定だったのが「裏ミス藝大」で、従来からあった女
性を対象にした、いわゆる美を競うコンテストを企画していたとのこと。
 で、価値観の押しつけはやめよう的な世の流れもあって、美人コンテストに通じるミ
スコンは減りつつあるのは承知していましたが、何故、美人コンテストのみが縮小傾向
にあるのかが分からない。単純に比較して、美人コンテストが他のコンテストよりも圧
倒的に多かった、それが減る流れなので目立つだけだという見方もあるでしょうが、そ
れはおくとして。
 美男子コンテストが中止になったという話は聞かない。多分、あるんでしょうけど。
美人コンテストをやめるのなら美男子コンテストもやめたら?というような文脈で意見
が出ているのは聞いた覚えがありますが。あ、イケメンが集まらなくて中止になった事
例は過去にあったらしい。
 枠を広げて極端なことを考えてみると、価値観の押しつけがだめなら、他のコンテス
トも開けない理屈に?って話に。たとえば全国一斉学力テストとか運動競技全般はどう
なのか。学校の勉強ができること、速く走ること、遠くまで跳ぶこと、重い物を持ち上
げること、たくさん回転すること等々で優れているのは凄いけど、それを競わせて順位
付けや表彰をするのは価値観の押しつけと捉えないのか。
 美人コンテストにおける美の基準は、対象となる者に強迫観念を与え、過度の減量、
拒食、改造に近い整形等を強いることになりかねず、ひいては健康に害をなす――とい
う理由付けもあるみたいですが、それなら学力に関してはかつては受験地獄とか呼ばれ
て自殺者が出たり、家族を殺したりした例があるし、運動競技だってドーピングをした
り、ライバルに薬物を盛ったりする人がいる。近しい者にライバルを直に襲わせた人さ
えいるし。
 基準が重要なのだ、という説明もある。美人コンテストの基準は曖昧、ないしは世界
的に統一した基準がない。これに対して学力は言わずもがな、運動競技だって数字で出
るし、採点競技にしても(ほぼ明確な)統一基準がある。そんなあやふやなものに没入
するのは望ましくない。……比較的説得力があるように感じるものの、統一した基準が
なければいけない理由はない。ただ、単一のコンテストでの明確な基準はあるのが望ま
しいとは思います。
 他が主催するのは気にしないが、大学(等の学校)で行われる美人コンテストはけし
からん。大学は学問を勉強する場だ、という意見もあるみたい。突っ込みどころは多々
想定できるものの、いっそ潔い感じがしないでもなし。年齢で区切れば問題解決?
 結局、現代の社会において役に立つかどうか、その度合いによって批判されやすい・
されにくいが生じるような。

 ここから小説のネタっぽく。
 世間の声を受けて、色々と変遷してきた美人コンテストが、ある形に落ち着いた。審
査はAIで行い、優勝しても得られるのは満足感のみ(賞品賞金なし、結果の公表な
し、結果の口外禁止)。優勝していないのに「私が優書した」と主張する嘘吐きが出な
いよう、問い合わせれば「その人は優勝していません」と教えてくれる有料の窓口を開
設する。かような形で世界的美人コンテストが数年に一度行われる社会になった。
 そんな中、主人公の冴えない男が、幼馴染みの女性の名前を問い合わせてみると、返
答がまさかのノーコメント。「え、彼女が優勝?」と心ざわつく。
 オチを思い付かない〜。

 ではでは。




#509/532 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/24  22:55  ( 20)
ある意味、参考になるかも   永山
★内容
 アベマTVで「リアルカイジGP」を見ていたら時間が経ってしまった。orz 
 Eカードを実際にやると、意外なほど早くかたがつくのね。まあ、原作漫画と違っ
て、この番組では肉体的に危険な目に遭う訳じゃないので、心理面での条件がだいぶ異
なると思うけれど。
 ただ、強い人(勝った人)は見事に奴隷で皇帝を刺すのね、今のところ。ルパン三世
のものまねの人、スノボの人の手口を完全に読み切っていた。

 ギャンブルを題材にした小説をいくつか書いて来たけれど、展開のパターンがある程
度限られていて、先駆作品の亜流っぽくなるのは仕方ないとして、オリジナルのゲーム
を考えるのがしんどい。しんどいながらも楽しい一面はあるものの、やっぱりしんどい
(苦笑)。実際のゲームを考える方が多分楽かなあ。運だけで決まるゲームでもいいか
ら。小説や漫画で用いるゲームは、何らかの趣向を盛り込む必要があるので。
 たとえば、超高速に論理的思考をすれば必ず解けるとか、ルールに穴があると言われ
ない程度に必勝法があるとか、巧妙ないかさまが使えるとか、いかさまの裏をかいて勝
つとか、勝負自体をひっくり返してしまうとか。で、そういった趣向をどういう風に魅
せるか、工夫がいる。
 個人的には、そういうギャンブル小説と推理物を融合させた作品を書いてみたい(
笑)。

 ではでは。




#510/532 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/25  20:57  ( 41)
月曜日が黒くなったそのあと   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「不発弾」第三回を録画視聴。ネタバレ注意です。
 過去パートは一九八九年から一九九〇年にかけて。時代は昭和が終わって平成にな
り、世界も歩調を合わせるかのように東西ドイツの統一や社会主義体制の崩壊と、激動
を迎える。日本は財テクブームに沸いており、古賀も己の才覚を発揮し、成績を伸ばし
ていた。そのやり方は、企業の資産を運用するに辺り、7パーセントの利益を約束する
かのような文言をうたい、さらにそこへ2〜5パーセントの上乗せを提案、客からキッ
クバックの求めがあれば易々と応じるという、表沙汰にはできないものだった。古賀は
その金融商品を、信用金庫の重職に就く荒井にも飲ませることに成功。これを足がかり
に、荒井を破滅に追いやろうと企む。一方で、古賀は食品会社ノアレの副社長で元大蔵
官僚の熊田と接触し、大口顧客になってもらった。だが、八九年末を境に株式市場は下
がり始め、日経平均は三ヶ月で九〇〇〇円ほどの暴落。時期を同じくして、中堅証券会
社の実質的な損失補填が明るみになり、大蔵省からの通達が各証券会社に出される事態
に。その通達を守るには、各企業の資産運用で抱えている株式の大半を売り捌かねばな
らないが、一度にそんなことをすれば市場はより一層冷え込む。古賀の属する国民証券
では、情勢を見つつ、各企業の担当者に判断を委ねる形を取った。その結果、危険度を
理解していなかった者は売り損ねて損を膨らませてしまい、古賀ら証券マンを罵倒する
騒ぎに。が、そもそも公にできる儲け話ではないため、警察沙汰にはならずにいた。
 古賀の上司の中野は、外資のCBFS証券からの誘いを受け、その東京支店支店長に
就くことが内定。古賀に「おまえも来い」と誘いを掛ける。前後して、やはり外資のヘ
ルマン証券の杉本からも情報の横流し、もしくはヘッドハンティングの誘いを持ち掛け
られていた古賀は、時代の先を見越して、独立を考え始める。
 現代パート(二〇一八年初頭)では、女警視・小堀らの捜査が小規模ながらも続けら
れていた。古賀の故郷である大牟田に飛んだ小堀と今井は、古賀の母が交通事故死、妹
が自殺していることの状況確認に加え、荒井が首を吊って死んでいたことも知る。遺書
はなかったが、「不発弾を背負って死ぬ」との走り書きがあり、死後に信用金庫の四〇
〇億円にのぼる不正経理が発覚したことから、何らかの不良債権を扱い失敗したことに
よる自殺ではないかと噂されていた。また、娘を荒井に差し出していた母親の交通事故
は、古賀の元同級生が加害者として捕まっていたが、古賀がやらせたのではないかとご
く一部の者は考えていた。
 東京に戻った小堀は、上司の反対を無視して、古賀の内縁の妻・村田佐知子に最接
近。スパイにできないか接触を開始する。
 ――粗筋は以上のような感じで。他に、村田佐知子と古賀の出会いが割と丹念に描か
れていたのが気になる。警察がスパイにしようとする流れもあったので、鍵を握る人物
ってことなのか。前回までにそういう伏線はほとんど感じなかったけど。
 また、現代パートで、三田電機の損失隠しのため、米国の原発事業に関係する訴訟沙
汰をなかったものにしようと、古賀が相手会社のゼロ円賠償を推し進めるくだりは、現
実の流れ(東日本大震災)を絡めてなかなか興味深かった。この三田電機とエピソー
ト、実際の企業をモデルにしてると連想できるんだけど、大丈夫なのかいな。記憶に新
しい話だから、なおのこと。

 ではでは。




#511/532 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/26  23:02  (  7)
結びはコピー&ペーストすればよかった   永山
★内容
 パソコンを使って文章を書いているのえすが、キーボーおのABCの次の文字の反応
が物凄く悪くて、ほぼえなくなってます。放っておいてもいずれ直ると思ってました
が、不調のまま。このままじゃ、執筆に差し障りがある。
 と、いきなり修理を見当する前に、いっぺん外して掃除してみようかと。それをやっ
てると今日の書き込みが間に合わないかもしれないため、短いながらとりあえず。

 ほなほな。




#512/532 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/29  20:40  ( 36)
DとWの問題   永山
★内容
 キーボードのDの不調は、全体を外す前にDのみを外してみたら、何やかやと詰まっ
ていたので、それらを排除することで解消できました。いつになくひどい詰まり方でし
た。虫とか(苦笑)。

 2018FIFAW杯ロシア大会で、日本が決勝トーナメント進出。終盤の戦い方に
議論も。
 W杯ぐらいしかサッカーのテレビ観戦をしない素人の感想としては、こういう場合は
ダブルスタンダードでも仕方ないんじゃないの?ってところ。「ほめられた戦い方じゃ
なかったけれども、グループリーグ突破の目標達成に徹した姿勢は素晴らしい」とか
「決勝トーナメント進出は嬉しいけど、つまんなかった」とかでいいんじゃないのかし
らん。たたえるか叩くかのどちらかに振り切らないといけない訳であるまいに。
 そもそも、トーナメントの組み合わせを見据えてグループ一位を目指すか二位を選ぶ
かの駆け引きは、この手の大会の見所の一つだと聞いた覚えが。そういう計算をしてわ
ざと負けることを潔しとしないのは日本人の性質であり、諸外国では当たり前にやって
いる、という主旨の文章を大昔に読んだ覚えがあるのですが、今回のvsポーランドの
日本代表の闘いぶりはその諸外国からこぞって叩かれている印象が強く、あれ?って感
じます。
 で、無気力にも見えるゲーム展開――引き分け狙いや“負けていても現状維持”作戦
を抑止する目的で、仮にルールを改めるとしたら……。
・得点を取りに行く姿勢が見られない場合、審判は積極的に警告を出せるようにする。
・ラグビーなどにあるシンビン制度のようなものを導入する。
・(今回の日本のケースは当てはまらないけど)グループリーグの試合も引き分けなし
にする。
・(全てのケースに当てはまる訳ではないけど)勝ち点や得失点差が同じならFIFA
ランキングに従って順位を決定する。
・(恐らく不可能だけど)他会場での同グループの試合経過が絶対に伝わらないように
する。
・勝ち方や負け方によって、勝ち点、負け点(マイナス点)を加減する。たとえば通常
の勝ち点3を基準とし、相手チームが十一人に満たないのに二得点差以上を付けられな
かったら勝ち点マイナス1。当該試合での警告数を比べて勝者が敗者を三つ以上上回っ
ていたら勝ち点マイナス1。警告ゼロで勝利すれば勝ち点プラス2。選手交代なしに勝
てば勝ち点プラス1てな具合に。煩雑になるからミスが起きやすくなるだろうけど。
 素人の思い付きなんで効果の程や現実味がどれくらいあるか分かりませんが、シンビ
ン制度の導入は割と最近、検討されたみたいですね。

 ではでは。




#513/532 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (        )  18/06/30  14:47  ( 29)
感想>愛しかけるマネ  夢乃
★内容
ども、夢乃です。

愛しかけるマネ、拝読しました。面白かったけれど、何と言うか、肩透かしというか、
拍子抜けというか、そんな感じを受けました。劇中の純子もそんな感じでしたけれど。
予定されていたドッキリの代わりがあんまりドッキリっぽくないと言うか、番組として
面白くならないんじゃないかなぁ?という印象でした。描かれていない場面でいろいろ
あったのか、それとも編集でどうにかするのかもしれませんけれど。

ところで、気になった場面が一つ。純子・相羽母子・杉本が車に乗っている場面。
『純子と相羽母を迎えに行き、信一をピックアップし、自宅まで送り届ける 』なのに、
少し前で『そのとき、久住淳の格好をしていた』と描かれている。これから帰宅なのに
久住の格好をしたままなのだろうか、家の前で降りる所を誰かに見られたら拙いんじゃ
ないか、と。

それからいつもの(いつもの言うなっ(^^))誤字指摘。

・杉本の?み 所のなさ
 変なところにクエスチョンマークが。

・普段の松川星里奈に近い
 突然登場。芸名:松川世里香、本名:松川星里奈だったりして。

・ほとんどが鷲宇憲伸経由の情報
 鷲宇さん、時々名前が変わります(^^)

・椅子から音を立て たって
 音をたてて、立ち上がった、ということと思いますが、聞かない言い回しなので。

それでは。




#514/532 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #513 ***
★タイトル (AZA     )  18/06/30  17:23  ( 34)
辞書学習を信じちゃいけないよ   永山
★内容
感想レス>『愛しかけるマネ』
 拙作を読んでくださり、ありがとうございます、夢乃さん。毎度毎度恥ずかしながら
の誤字指摘もありがとうございます。
 誤字の中で、人名の間違いは、予測変換を信じ切っちゃってるのがいけないんだろう
な〜と分かっていても、やっぱりやってしまう。最初に登場人物名を決めるときに迷っ
て、一度変換するも没にしたものが、予測変換のトップに来ることがあるのは承知して
るんですけど、何ら法則性がなく突如としてトップに浮上しているケースがあるから余
計に困る。「鷲宇憲親」は「うけんしん」だけが認識されると「宇憲伸」になるし。い
や、チェックをきちんとやれば済む話(汗)。
 あと、変な位置にあった半角「?」ですが、間違って機種依存文字を使ってしまい、
その漢字が半角「?」に置き換えられたみたいです。直します。

 久住淳の姿での帰宅。ほんとだ、おかしい(苦笑)。似たような車内シーンが多いの
でちょっとでも変化を付けるために久住にした……訳ではなくて、元々はだいぶ前に
「純子が父親に久住淳に扮している姿を見せに行く」という流れを漠然と考え、ほんの
ちょぴり書いてみた。が、わざわざ生で見せなくても番組か写真で充分じゃんと思い直
し、放置していたそのシーンを本作に転用。大幅に手を入れた割に、大きな不自然さを
見落としてしまいました。
 うーん、読み返してみると、相羽の描き方も直す必要が生じそう。そばいる本編のど
の時期に起きたエピソードなのかを考えれば、これは……。今すぐには直さないけどい
ずれ手を加えるかもしれず。

 作中のどっきりが面白くないとしたら、ひとえに私の発想の乏しさのせい。このまま
番組で使うのは厳しそうだから、少なくとも、純子が内心どれだけテンパっていたかを
杉本の誘導で語らせ、隠し撮りした場面を継ぎ足さなきゃいけないでしょうね。
 で、別にここでオリジナルのどっきりネタに拘らずに、実際のテレビ番組から引っ張
ってきてもよかったんでしょうけど、杉本や松川を絡めるのに適した物が思い浮かばな
かったです。
 なお、今回のエピソードとは別に、純子がどっきり番組に云々という話は、そばいる
本編にはめ込む形で考えており、そっちの方は実際のテレビ番組から着想を得ていま
す。元ネタは一度しかお目に掛かったことがなく、そのままミステリに応用できそうな
程なので、大事に膨らませて使いたい(笑)。

 ではでは。




#515/532 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/01  20:54  ( 22)
“計算通り!と言う人の半分以上は計算していない”   永山
★内容
 まだサッカーW杯、日本vsポーランド戦。
 スポーツニュース系のサイトを見ると、日本代表監督は最も確率の高い作戦を採っ
た、と書いている記事が目につく(監督自身がこの旨の発言をしたのかどうかは不明)
んだけど、グループリーグ突破のためにあの作戦が最も高確率だと判断した根拠に言及
しているものが見当たらない。サッカーに詳しい人にとっては常識なのかしらん? 素
人にも分かるよう、解説が欲しい。博打にしか見えなかったあの作戦を、決して博打で
はなかったという風に評価している記事もあったけど、中身を読んだら矢っ張り博打じ
ゃないかと感じただけだった。
 あと思ったのは、今後同様のケースになったとき、セネガルの立場からすると、日本
vsポーランド戦の会場にセネガルサポーターを大挙送り込んでおくといいかもね。終
盤、日本がパス回しを始めたら、セネガルサポーターはタイミングを計り、スマホを見
つつ一斉に「やった、同点に追い付いた!」とか「このまま行けばコロンビアとセネガ
ルが決勝トーナメントだ!」とか大歓声を挙げて盛り上がるの。日本側は何事かと情報
確認に慌てて、しばらく混乱するはず。ひょっとしたらパスを回すのをやめて攻撃に転
じるかもしれない。その結果、さらなる失点には至らなくとも、イエローカードをもら
う可能性が生じ、フェアプレイポイントで逆転という目が出て来る。
 何を置いてもグループリーグ突破を是とするのなら、権謀術数を尽くして、とことん
やり合ってみてほしいな。嘘の途中経過を流す特設サイトを作るとまでなると、行きす
ぎかもしれないけど。まあ、大会ルールに反せず、法に触れない範囲で。一方のサポー
ター(国)だけがチケットを買い占めるとかは現実には不可能なのかな?

 ではでは。




#516/532 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/02  20:17  ( 34)
読了>夢乃さんの『終末のサイエンティスト』7.予兆   永山
★内容                                         18/07/02 20:18 修正 第2版
 台風接近でざわざわしてる&天気予報が気になる中(汗)、読みました〜。
 先に、気になった・引っ掛かった箇所をば。

@@引用開始(指摘付き)@@
「そんなとこだろうね。あいつが言ってくること次第だけど、あんまり伸ばしたくない
                                ↑
                 誤りとするには微妙ですが「延ばし」がいいかも

「シンシャが侵略されたら、ここの予算も降りませんよ」
                ↑
     これまた微妙ですが予算には「下り」を使うのがより一般的らしいです

った通りだし、モノも中途半端だし、だから、迎撃に借り出すんならこれだけの覚悟し
                        ↑
                       「駆り出す」?

光俊はもう、視線を麗子から手許の端末に戻して、珍しく真剣な表情で何かを考えてい
た。ソファの前のテーブルの上を片付けた麗子が一礼して出て行く時も、光俊はまだ何
かを考えているようだった。彼にしては珍しく、真剣な表情で。
                    ↑
 大事なことなので二度言いました? 今後の展開にどうつながるのか凄く気になる
@@引用終了(指摘付き)@@

 今回は、燻っていた事態が表面化したという位置付けでしょうか。章題に予兆とあり
ますので、今回が予兆レベルであるなら、現状で想像できるよりももっとよくない事態
にいずれなるはず。シンシャ側がどこかで大規模なデモンストレーションをやって、威
力を見せつけた上ではったりをかませば、開戦?は多少先延ばしできそうですが。
 麗子と光俊が互いにどこまで知っていて丁々発止?のやり取りをしているのかも、興
味のあるところです。
 そういえば、光俊がシンシャのために仕事をしている理由・動機って、すでに示唆さ
れていましたっけ? 光俊が夢から覚めたシーンに何かあるかもと読み返したけど、分
からなかった〜。

 ではでは。




#517/532 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #516 ***
★タイトル (        )  18/07/03  13:05  ( 18)
感想レス>終末のサイエンティスト 7.予兆  夢乃
★内容
ども、夢乃です。

いつもいつも拙い作品を読んで戴き、ありがとうございます。

誤字、いっぱいありますねぇ・・・全然他人のこと言えない・・・(-_-; ま、まあ、
互いに切磋琢磨に励んでいくと言うことで(^^;

サブタイトルは、書いてから適当(←)に考えて付けています。今回は悩んだのですが
これくらいしか思いつかなかった・・・予兆になってくれれば良いのですけれど。
この予兆に続く話(1〜2話で終わると思う)が済むと、あとは大きなイベントも無く
ラストに突き進むのですが・・・(作品内の)時間が長い! 間が持たない! のて、
どうしようかと悩んでいます。アレやソレについても書いておきたいし。あぐあぐ。

光俊がシンシャのために働いている理由は、ラストに判ります。まあ、光俊の言動から
ある程度推測はできるのではないかと思いますが、実は・・・むにゃむにゃむにゃ・・
ということですね(^^)

それでは。




#518/532 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/03  22:49  ( 29)
エルキュール・ポアロやカール・ゴッチも冷や汗?   永山
★内容
↑ベルギーからの連想。知ってるベルギー人が二人くらいしかいない(苦笑)。

 ポアロと言えば、金田一少年シリーズに登場する犬。
 何で犬にポアロって名前を付けたんだろ。ポアロの綴りpoirotには“梨を作り人”と
かいう意味があるらしいけど、関係ないし。
 犬のポアロはラベンダーの匂いが嫌いと言うことだから、エルキュール・ポアロも小
説の中でラベンダーの匂いを嫌うシーンでもあるのかしらん? 聞いたことないけど。

 カール・ゴッチは日本では神様と称されたプロレスラー。ドイツ人キャラクターで通
していたので、必殺技もジャーマンスープレックスホールド(原爆固め)なる名称に。
 ジャイアント馬場がアントニオ猪木のしつこい挑発(実現不可能と分かった上での対
戦要求)に対抗すべく開いたオープン選手権(世界中から腕に覚えのあるレスラーを招
聘し、猪木に対しても「門戸開放するからどうぞ参加しなさい」と呼び掛け、猪木が仮
に参加してきたら馬場と当たるまでに潰しちゃおう、っていう大会)に、猪木が代わり
にゴッチを送り込む話が持ち上がったくらい、シュートに対応できると言われてた。
 初期の総合格闘技の試合を観て、「どうして彼らは相手の耳を引きちぎらないんだ
?」と言ったのは、ゴッチだったかホッジだったか(確かに、初期のUFCでは耳を引
きちぎってはいけないというルールはなかったけどさ)。
 そういうガチな人だから、先日のベルギーvs日本のサッカーも、ベルギーが手を抜
いているように見えて怒ったかも(笑)。

感想レスレス>夢乃さん
 訂正された箇所を見てちょっと焦りました。
 指摘で挙げた最後の分は余計な口出しになってしまったようで、申し訳ないです。
 あの箇所は、手直ししなくてもいいと思いました。元の文章のままでも意味が通じな
い訳ではありませんし、ちょうど章の切れ目なので、意味ありげで印象的な区切り方に
なって、よい効果をもたらしていたんじゃないかと。

 ではでは。




#519/532 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #518 ***
★タイトル (        )  18/07/04  13:05  ( 18)
やっぱり推敲って大事よね  夢乃
★内容
ども、夢乃です。

>訂正された箇所を見てちょっと焦りました。
>指摘で挙げた最後の分は余計な口出しになってしまったようで、申し訳ないです。

そんなことないです。私も読み返して「ん?何か変だ」と思ったから書き直したので。
この、各回の最後の一文、毎回悩むんです(悩んでばかりだなぁ)。尻切れにならず、
かつ、次への期待を持たせるように、ということを意識しているのですが、なかなかに
難しい。

今回の(いつも、って気がする(^^;)結びは、半分くらい書いてその後の文を悩んで
時間をおいて続きを書いてしまったら、意図せず表現が重なってしまったのでした。
やっぱり、書き終えたら一度読み直した方がいいよなぁ。書く前にプロットをきちんと
決めておく、っていうのも必要ですけれど(前にも書きましたが、プロットも決めずに
ぶっつけで書いていくから、展開や結びに悩んでしまう)。
せめて、物語が破綻しないことを意識しつつ、進めていきます。

それでは。




#520/532 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/04  22:56  ( 31)
期間及び空間限定   永山
★内容
 集英社による公式サイトで、漫画「嘘喰い」の全話無料公開を期間限定(本日まで)
でやっているんで、読み始めたものの、とてもじゃないけど読み切れない。ストーリー
云々以前に、キャラクターの顔が時々誰だか分からなくなるのがつらい。台詞の吹き出
しも、誰が喋ったものなのか分かりづらい描き方になるコマがちょくちょくあって、時
間が掛かる。こつこつ集めて、ゆっくり読んだ方がよさそう。
 という風に、購入する読者を増やすことを目的とした全話無料公開なのかしらん。

 タイでの洞窟遭難の報道を見ていて、とりあえず無事が確認されたので、推理物への
応用を考えてみたり。
 推理物のパターンもしくは趣向の一つに、クローズドサークル物があります。外界と
の往来を断たれた閉鎖状況で事件が起きる、というタイプ。関係者(登場人物)を限定
しやすく、また警察などの公的な捜査機関が介入できない・最新科学に基づく捜査がで
きないため、個人である名探偵がロジックを用いて活躍しやすいと言え、いわゆる本格
物に向いている、とされます。
 そんなクローズドサークル物を書く側が頭を多少悩ませるのが、閉鎖状況の作り方。
閉鎖状況になる原因と言い換えてもいいでしょう。よくあるのは、「絶海の孤島に渡っ
た後、一定期間が経過しないと迎えが来ない、本土への連絡もできない」とか「孤島に
渡った後、交通手段(船や飛行機等)が破壊されるなどして利用不可になる」、「大雪
や土砂崩れなどの自然災害で、その集落への交通手段が立たれる」、「吊り橋が落とさ
れる」といったところ。あとは、長距離移動中の大型客船や豪華列車、飛行機などもあ
りますね。いずれも、繰り返し使うのをよしとされています、多分(笑)。
 中には変わったのもあって、「立ち去ったら遺産相続の権利を失う」とか「村の周り
をゾンビが徘徊しているから出られない」といった閉鎖状況設定が出て来る作品には、
おお、工夫してるなあとそれだけでプラスポイントに。その珍しい設定が、事件と未設
に結び付いていればもっといい。
 で、洞窟と水による閉鎖というのは、まだ推理物に使われていないんじゃないかしら
ん(洞窟内で殺人が起きる作品はあったと記憶しています)。洞窟を抜けると謎の集落
があって、そこから帰ろうにも洞窟内が水で満たされて帰れない、という閉鎖状況設定
は一つのバリエーションになるかもしれない、そんなことを考えたです。

 ではでは。




#521/532 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/05  21:54  ( 21)
徐々にJOJOをGIOGIOに   永山
★内容
 アベマTVの配信で「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」ジャパンプレミアを視聴。
事前に番組表に見付けたときは、紹介文に「イタリア文化会館にて行われる」「オリジ
ナルテロップ付きで」とあったのを読んで、てっきり、イタリアの会場から生中継し
て、日本語訳の字幕を付けのかと思った(笑)。
 第一話の先行上映は会場のみだし、声優もスタッフも全然知らないため、特に感想は
ないんですが(小野一族ネタは最初分からなかったけど、徐々に理解できた)、ファッ
ションの国のイメージが強いイタリアを舞台にした割に、会場で登壇した人達全員ノー
ネクタイのジャケットだったのが意外だった。ちょいワルタイプの人ならともかく、そ
うでない人もいたから、後者はびしっと決めた方が違いを打ち出せてよかったんでは。
 それにしても偶然なんでしょうけど、このジョジョ第五部とかルパン三世とか、イタ
リアを舞台にする日本の新作アニメが連続してるな〜。二年前が日本イタリア国交一五
〇周年だったとかで、関係あるのかしらん。尤も、以前からジブリ作品や「母をたずね
て三千里」等もあったから、自分が知らないだけで、イタリアを舞台にした日本アニメ
って結構多いのかもしれない?
 あー、あと、原作では拘って綴りをGIOGIOにしていた第五部なのに、アニメ化
に当たってはJOJOのままなのね。販売戦略的に、統一してある方がやりやすいのか
しらん?

 ジブリも本来はギブリだそうで。

 ではでは。




#522/532 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/06  23:00  ( 50)
ニュースペーパーもほどほどがよい   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「不発弾」第四回を録画視聴。ネタバレ注意です。
 一九九〇年以降、ヘッドハンティングにより我が世の春を迎えたとばかり、豪邸を購
入し、派手な生活を始めた中野。そんな元上司の家を訪れた古賀は、かねてから受けて
いた誘いを断り、経営コンサルタントとして独立の意思を伝える。中野はやや不満げで
はあったものの、協力を約束した。その後、国民証券を辞めて独立を果たした古賀は、
これを機に名前を良樹から遼に変える。古賀は東田の紹介で人脈を広げ、仕事を増やし
ていく。古賀の仕事を大雑把に言うと、不良債権を海外に飛ばし塩漬けにする、その仲
介を請け負うというもの。依頼してくる者の中には当人に責任のないケースもあった
が、大半は会社から資金運用を任されて私腹を肥やそうとした結果大きな損失を出し、
それを穴埋めするためにさらに傷広げてしまうという輩だった。そういった一人に、大
牟田の信用金庫の理事長になった荒井もいた。妹を死に追いやった荒井に対する復讐の
念で、古賀は危ないと分かっている金融商品を勧める。
 そんな最中、かねてから仕事でつながっていたノアレ食品副社長の熊田から緊急の呼
び出しを受ける古賀。駆け付けてみると、ノアレの社長が熊田の資産運用の失敗を嗅ぎ
つけ、全ての資金を引き揚げることを決めたという。この期に及んで逆転できる商品が
何かないかと縋ってくる熊田に、冷たい眼差しを向ける古賀。翌日、古賀は熊田の件を
国会議員の芦原恒三に報告する。元官僚の熊田がノアレ副社長の座に就いたのは、二世
議員である芦原の父が後押しした背景があり、古賀が今回の不祥事をいち早く知らせた
理由だった。芦原は礼として極秘の情報を古賀に教える。国が金を投じて不良債権の一
掃に乗り出すという。遅くとも2,3年の内に、不良債権飛ばしにメスが入ることにな
る。それから約一年後、中野の会社に特捜の手が入った。
 一方、現代。三田電機と古賀に相応の報いをと執念を燃やす小堀は、古賀の内縁の妻
である村田佐知子をスパイにする作戦を着々と進めていた。小堀の父は町工場長をやっ
ていたが、資金を借りる約束ができていた地方信用金庫が突如巨額損失を抱え、融資話
は壊れ、小堀の父は心労から死亡。その件に古賀が関わっていたかどうかは不明だが、
この経験が小堀を突き動かしているのは間違いなかった。
 三田電機の巨額損失隠しのために古賀が授けた策・0円買収は、ほぼ成功の見込みと
なった。事の次第を嗅ぎつけた経済新聞記者が記事にしようとするも、上の判断で握り
潰され、逆に三田電機の判断を称えるかのような記事に差し替えられる。義憤に駆られ
た記者は情報屋の元に駆け込み、小堀刑事の存在を教えられ、接触を試みる。
 ――以上が今回の粗筋。触れなかったエピソードで重要そうなのは、古賀が二つのN
PO法人に寄付していること。一つは佐知子の仕事絡みだから当然だとして、もう一つ
は小児医療に関する団体。前後して、中野の娘が気分が優れないといって休む過去の
シーンがあったので関係してるんでしょうけど、古賀とのつながりが見えない。裁判で
中野が古賀の関与を証言しない代わりに、娘の命をってことかしらん。ここに来て感動
要素は余計な気もする。
 毎回、専門用語が出て来てもそれなりに解説してくれるのでそれなりに分かり易かっ
たんですが、今回はちょっと不親切でした(苦笑)。あまりにも専門用語・業界用語が
多くて、説明を入れていたらドラマが遅々として進まなくなるからかな。まあ、雰囲気
というか流れは多分掴めているから、観る側に支障はない(はず)。
 捜査がさほど進展してるように見えず、かといってヒール側が物凄く卑劣なことをや
っている描写をして悪役ぶりを大きく示す訳でもなく、盛り上がりを少し欠いた感じ。
ただ、古賀や中野、政治家の動きを当たり前のように描いているのは、かえって怖く感
じるかも。
 あ、芦原恒三を演じた役者が現首相に寄せている印象を受けたので検索してみたら、
原作既読者の複数の感想にそのようなことが書いてあった。わざわざ現実をモデルにし
なくても充分面白い展開なのに、これではかえって「じゃあこれは何をモデルにしたん
だろう?」と気になって、集中力を落とす視聴者が出そう。もったいない。

 ではでは。




#523/532 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/07  22:47  ( 22)
短冊と探索   永山
★内容
 晴天を願われることが多いであろう七夕の日に、この大雨とは間の悪い。

 で、大雨のおかげで、畑の野菜が結構やられる。
 と言っても、雨が直接の原因をはなく、雨に紛れてやって来た獣に持って行かれた模
様。いもとかぼちゃを引き摺った痕跡が。全然分かんないけど、イノシシではなく、タ
ヌキかサルが有力らしい。さすがに野生のサルをこの近隣で見たことないんで、タヌキ
の可能性が高いそうな。
 一方で、キュウリとかミニトマトは、過剰なくらいに水を吸ってでっかくなったり、
ぼたぼた落下したりで、採るのが大変。そもそも、数が多いし。特にキュウリは、加熱
するレシピをほとんど知らないから生で食べる(サラダや浅漬け)ことが多く、さすが
に飽きが来て消費しづらい。

 水害の報道を見ていると、連絡さえ付けば相当な難所であっても、救助がやって来る
のが改めて分かる。
 先日、ミステリにおける閉鎖状況について書きましたけど、実際にはなかなか成り立
たないはず。ヘリがあればたいていはどうにかなりそうだし。状況が分からないなら分
からないなりに、事前調査としてドローンを飛ばすこともありそう。
 そうなると連続殺人を計画していた者は、落ち着いて取り組めない訳で(笑)。
 閉鎖状況に追い込まれてるけれども、遭難と認識せずに救助を求めない状況を作らな
いといけなくなる。

 ではでは。




#524/532 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/08  20:26  ( 40)
「三回目の浮気」って知ってる?   永山
★内容
 だいぶ昔、「家族対抗歌合戦」的な番組の芸能人大会で、芸能人夫婦が唄っていたと
記憶してます。
 当時ヒット中だったかどうかは覚えていませんが「三年目の浮気」の替え歌で、多
分、男(夫)が考えたオリジナル。「三年目」のところを「三回目」と言い換えたほ
か、全体にコミックソング調になっていたかな。検索すればすぐに出て来ると思ったの
に、全く見付からず。

 WOWOWで放送の映画「三度目の殺人」(二〇一七年 日本)を録画視聴。多少の
ネタバレ注意です。
 弁護士の重盛(福山雅治)は、扱う事件の真相がどうであろうと、依頼者の勝利を優
先する主義でこれまで戦ってきた。あるとき、弁護士仲間の摂津(吉田鋼太郎)から、
刑事事件弁護の応援を頼まれる。その被告人・三隅(役所広司)は、言うことがころこ
ろ変わり、摂津も手を焼いていた。三十年前にも殺人の前科があり、その件に関しても
死刑の可能性があると思われていたが、重盛の父で裁判官の彰久(橋爪功)により、無
期懲役の判決が下っていた。因縁を感じ取った訳でもないが、引き受けた重盛だった
が、面会した三隅の話は事前に摂津から聞いていたのと少し違う。
 検察側が描いた事件の構図は――三十年前の殺人で服役していた三隅は、出所後に雇
われた工場を程なくして解雇され、社長の山中に怨みを抱くと同時に金にも困ってい
た。ある日の深夜、社長を工場近くの河原に呼び出した三隅は、背後からスパナで社長
を殴打。倒れたところをさらに殴り続けて殺害。工場から持って来たガソリンを遺体に
掛け、財布を奪うと、遺体に火を放って燃やした、というもの。捜査段階で三隅は自白
しており、財布を持っていたことや手に火傷を負っていたこと等も考え合わせ、裁判で
は犯人性を争わず、計画的な強盗殺人かそれとも殺人+窃盗なのかが争点になる見込み
だった。ところが、三隅や被害者の周辺を調べれば調べるほど、重盛らを煙に巻くかの
ような話が出て来て、困惑することになる。
 粗筋というか序盤三分の一くらいまでがこんな感じ。その後も煙に巻く展開はずっと
続くんですが。
 私はこの映画のテレビコマーシャルを見て、面白そう、観てみたいと感じた口。いわ
ゆるえん罪物で、ほんとにえん罪かどうかを含めて、ミステリとしての趣向を凝らした
ストーリーを期待してのことでした。福山と役所の演技合戦も見所のように煽ってお
り、弁護士と被告人、二人のやり取りから真相が徐々に明らかになってくるんだろうな
と。
 が、終わってみると、違ってた。期待していた趣向ではなかった。でもまずまず面白
かったと言えます。すっきりした終わり方ではありませんでしたが……。
 主役は福山でも役所でもなく、裁判そのものが主役だったんだなと感じたです。これ
以外にも細々とした仄めかしがあちこちに感じられたので、映像作品を観るのに深く考
えて読み取ろうとする人にとっては最高によくできた作品と言えるかも。個人的には、
エンターテインメントの部分をたっぷり取って欲しかったな。

 ではでは。




#525/532 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/09  21:48  ( 43)
今と昔の間が縮まってきた   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「不発弾」第五回を録画視聴。ネタバレ注意です。
 過去パート、二〇〇〇年〜。中野は裁判に掛けられ、一貫して無実を主張してきた
が、検察側の質問の流れから自身の家族、特に娘について語ったあと、検察側の言い分
を認め、刑に服することになった。中野は金融経済の裏世界からすっぱり足を洗い、健
康食品を標榜したカフェを始める。
 一方、古賀は、中野が裁判で古賀について一切話さなかったこともあって、業界にと
どまり続けていた。それどころか、大企業や大物政治家から頼られるまでに。その存在
の大きさは、当人すら自覚できないほどになりつつあった。反面、国の方針転換による
煽りで、かつての道徳的に不適切な損失隠しが徐々に明るみに出始め、金融機関の担当
者や融資の当てが外れた経営者らの自殺や心労死は数知れず、見せしめのように営業停
止を食らった金融機関も出た。つなぎを取っていただけの古賀は矢面に立たされること
はなかったが、潮時と見て店じまいを考え始める。そんな折、荒井から助けを求める連
絡が。大牟田の信用金庫で好き勝手やっていた荒井も、監査が入ったことで窮地に立た
されていた。古賀は妹の敵である荒井を助けるつもりはさらさらなく、冷たく突き放
す。荒井は古賀の母親への公私に渡る援助を引き揚げると脅しに掛かってきたが、古賀
は母親に対しても悪感情しかない。結局、万策尽きた荒井は首をくくって死亡。だが、
古賀に関して徹底的に調べていた荒井は、その内容をメモした手帖を古賀の母親に預け
ていた。上京してきた母親からその手帖をネタに三百万円を強請り取られた古賀は、今
後もこの関係を続けようという母親の意図を感じ、地元大牟田の高校時代の後輩に連絡
を取り、始末を任せる。後輩はある組に属していて、貸金ではかつて荒井と縄張り争い
していた。その荒井を追い落とす情報を古賀からもらったこともあり、依頼をあっさり
引き受け、実行する。
 現代、二〇一八年。古賀の過去を洗っていた小堀ら警察は、古賀の内縁の妻、村田佐
知子をスパイにする絶好の材料を見付ける。佐知子の父親もまた銀行の要職にあり、古
賀に損失隠しの依頼をし、金融商品を購入していた。その結果、より大きな損を出して
しまい、佐知子の父は自殺していた。そんな因縁を全く知らなかった佐知子は、接触し
てきた小堀らの話に動揺し、協力要請の返事を先延ばしにする。
 ――粗筋、終わり。懸念していた感動要素は、ゼロではなかったけれども、本筋とは
きっちり分けて描かれたので気にならないレベルに収まった。中野の娘、とうに亡くな
っていたのはちょっと意外。現に闘病中で、だからこそ古賀も多額の寄付をしているの
かと思ってました。
 中野の贅沢・豪遊ぶりが実は娘の病気に起因するものだったと明かされるくだりは、
なかなかよくできている。構図が裏返る、ミステリ的な面白さがありました。
 捜査はぐんと進んで、佐知子にスパイをすることを承諾させれるところまで来まし
た。でも、いみじくも作中で小堀の上司が疑問を呈したように、古賀の行為を刑事事件
として裁けるのかどうか? 少なくとも当時、古賀の行動を縛る法律はなかった訳で。
となると、現在進行形の三田電機の案件に関して突き崩すしかなくなりますが、内縁の
妻をスパイに転身させたとして、いかにして証拠を掴むというのか。
 次が最終回と思って予告を見て、一向に最終回と示されないまま終わった。でも、次
週が最終回なんだよな〜。予告で最終回であることを謳わないのって、ドラマW枠では
珍しいような?

 ではでは。




#526/532 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/10  21:57  ( 29)
流行に流通   永山
★内容                                         18/07/10 21:58 修正 第2版
 昨日放送の動画紹介番組で、ニンジャインクなる物を知りました。もう三年ほど前に
開発の報道がなされていたみたいで、我ながらアンテナの低さにしょんぼり。
 えーと、説明によると、ニンジャインクは再帰反射性カラーインクで、普通の状況で
見れば何もないのに、(フラッシュの?)光を当てると隠れていたデザインが浮かび上
がって見えるようになるというインク、らしい。すでにファッションとして衣服に取り
入れられた物があるとか。
 これはミステリに使える。使えるのは間違いないんですが、いくら三年前に報道され
ていようと、一般的な知識にはなっていないだろうから、謎解きの前に読者に説明して
おかなきゃいけない。その説明をした上で、読者に驚いてもらえる、裏を掻くような使
い方が思い付かん……。
 ストレートに考えると、目撃証言の錯誤に用いるのが常道なんだろうけど、そこを捻
れば何とかなる?

 父が先月末に、自宅用に注文した冷凍海産物について、店から発送連絡メールがあっ
たのが昨日の夕方のこと。水害が起きて輸送網の一部が寸断されているだろうに、この
時期に大丈夫なのかなあと思っていたら、宅配の追跡サービスになかなか反映されな
い。結局、今日になって品物が店の方にリターンされた旨の連絡メールが。安定してか
ら、改めて発送するとのこと。
 一方、私が古本を注文した古本サイト、普段はどれだけ迅速に入金しようが注文して
から発送されるまでが遅いことで有名な店で、一週間から十日ぐらい経ってやっと発送
なんてざら。そんなのだから、このような輸送事情ではさらに遅くなるだろうと覚悟し
ていたのに、何故か滅茶苦茶早く発送連絡メールが来た。注文してから数えると四日、
入金してからだと二十四時間経たずに発送とは、異例中の異例。
 普段が普段だから、こうも早いと逆に大丈夫か?と心配になってしまう。
 ちなみに冷凍海産物は宅配業者の扱いで、古本は郵便。郵便追跡サービスにはちゃん
と反映されている。
 まあ、食品ではないからこそ、事業者も比較的気楽に引き受けたのかもしれない。

 ではでは。




#527/532 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/11  21:44  ( 32)
本の感想>『祟り火の一族』   永山
★内容
・『祟り火の一族』(小島正樹 双葉社)16/5551
 大火傷を負い伏せっている男の周りに集まった六人の女が、「人柱にされた娘の幽
霊」「血を流す橋脚」「生き返った女」「林の中ののっぺらぼう」「頭蓋骨から飛び出
た緑色の少女」といった怪談を順に語り聞かせる――舞台女優を志す明爽子が引き受け
たアルバイトは、そんな奇妙な内容だった。しかし、質問することは許されていない。
好奇と不審から、学生時代の仲間である浜中刑事を引っ張り出し、実情を探ろうとする
明爽子。浜中の知り合いで名探偵を称する海老原が解明に乗り出したとき、火に祟られ
た一族の悲劇が目覚める。

 詰め込みすぎ・盛り込みすぎ・てんこ盛りで知られる作者の本格ミステリで、文章面
で期待してはいけないのがお約束?
 島田荘司の後継的作風と言えば、柄刀一が一番手と思っていましたが、本書の作者で
ある小島正樹も負けず劣らずって感じですね。トリックのタイプで大まかに区分する
と、柄刀一は豪快系、小島正樹は遺体翻弄系とでも言えましょう。それぞれのタイプの
本格ミステリを書き続けてもらえたら読者は幸せです(笑)。
 さて、感想。本作は犯人当てに関しては割と大胆に手掛かりを提示しており、注意深
く読んで考えればあるいは探偵役よりも早く看破できるかもしれません。でも複雑だか
ら、違和感を覚えても、そこから半歩ほど進むのがやっと。
 数々の怪奇現象については、知識があれば解ける可能性の高い物もありますが、全解
明は難しい。小技の寄せ集めと言えなくもないので、多分こんな感じなんだろうなとい
う当たりは付くものの、それが物語のどこにピースとして入るのかが定まらない。そん
な印象を受けました。
 他の点では、時代がいつなのか、序盤は把握しづらかった。じきに整理されるんです
が、冒頭からしばらくは怪談話が続いたためか、(小説の中で)本当に起きた出来事な
のかどうかすら、曖昧な感じがしたです。
 それから、謎解きのあとのクライマックスは幾分、強引な畳み方だと思いましたが、
これはこれで浜中刑事のキャラクターを活かしており、巧いと言えるのかもしれませ
ん。
 謎解き場面のドミノ倒しというかピタゴラスイッチというか、何だか勢いのある連打
だけでも読む価値はある、かもしれません。

 ではでは。




#528/532 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/12  21:55  ( 21)
刑事上の問題か刑事下の問題か   永山
★内容
 テレビ朝日系で放送のドラマ「刑事7人」第四シーズン初回十五分拡大を録画視聴。
ネタバレ注意です。
 視聴率はそんなに高くはなく、巷で話題沸騰って訳でもない本ドラマが、何だかんだ
と続いてきてはや第四シーズン。同位置のシリーズ作品と言うより、毎回色を変えてく
る印象がある。そこが面白さにつながっている一方で、ドラマ「刑事7人」独自のカ
ラーが定まらないために、ぼやけた感じになっている気もします。
 また、毎度毎度「タイトルに反して刑事が7人揃ってないじゃん」的な声が外野から
跳んでくるみたいですが、今シーズンも7人揃っていると言えるかは微妙。一応、尤も
らしい理由を付けて6人は刑事と呼べそうだけど。最早お約束か。
 初回はお決まりのように十五分拡大で、扱う事件は過去の現金輸送車襲撃、三億円強
奪。ん? この組み合わせ多くないか? 前にも他のドラマの初回とか最終回とかの拡
大版で扱われていた記憶が。テレビドラマの作り手全般に、初回や最終回を支え得る大
事件と言えば現金強奪という意識が定着してるんだろうか。いや、確かに大事件だけ
ど、同じパターンばかり続くと飽きが来るのも早い。
 で、この第四シーズンの初回は、多分、視聴者のほぼ予想通りにことが進んだんじゃ
ないでしょうか。ドラマとしてこうなるだろうなと想像した通りに話が展開していく意
外性のなさ。このまま終わったらどうしようと心配?していたら、次回に続くとなり、
ある意味ほっとしたです(笑)。次回、解決編てことなんでしょうけど、今回の平凡さ
を吹き飛ばす流れになりますように。

 ではでは。




#529/532 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/15  20:22  ( 25)
司馬懿の芝居   永山
★内容
 WOWOWで放送のドラマ「三国志 〜司馬懿 軍師連盟〜」初回無料放送を録画視
聴。一応、ネタバレ注意です。
 WOWOWのドラマの感想では粗筋を記述することが多いんですけど、今回(本ドラ
マ)はパス。初回にして、重要そうな登場人物がいっぺんに大勢出て来てちゃんと把握
し切れていないのはまあよくあることだけど、陰謀の経緯を見せる回だったので、ス
トーリーの方も把握するのにちょっと見直す始末。よく知らないのに、表面上のことだ
けをなぞって粗筋として書いても、間違える恐れが高いと思われ(苦笑)。
 今まで三国志を取り上げたドラマはいくつか観てきたつもりですが、今回のエピソー
ドは初めてのような気がしたです。科挙がない頃の中国で行われていた才人を見出す評
論の会的な位置付けの月旦評にて、曹操暗殺の謀が巡らされるも、曹操も狙われている
ことは先刻承知、裏切り者を炙り出すためにわざとこれ見よがしに現れて――といった
展開でした。ただ、暗殺計画に劉備も加担してるということは、あれかなと思い当たる
話があるので、調べてみたら、どうも一緒みたい。前にドラマで描かれていたのは、月
旦評の場ではなかった気がするので、違うエピソードかと思ってしまった(多分)。
 本ドラマはタイトルにあるように、司馬懿を主人公に据えており、彼と司馬家の活
躍・隆盛を描いていくはず。今まで観た三国志ドラマでは、司馬懿といえば孔明のライ
バルという位置付けで、魏(曹操側)の軍師として急に頭角を現す印象が強く、そうな
るまでのいきさつは全然知りませんでしたから、大変興味深い。というか、この第一回
では、曹操暗殺を企む側についているみたいなんですが、そういう流れが史実に沿って
いるのかしらん?
 こんな調子ですから、観る方としてはほぼ初めてのドラマって感じで楽しめます。“
神医”華佗が出て来たと思ったら、すぐに殺されてしまったのにもびっくりするくら
い。その華佗が書を獄吏ではなく、司馬一族に託すのも初めて見た気がする〜。

 ではでは。




#530/532 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/16  20:48  ( 26)
エピソードには事欠かぬ   永山
★内容
 元プロレスラーのマサ斎藤が死去。パーキンソン病で闘病中。七十五歳。合掌。
 先頃亡くなったビッグバンベイダーが日本のリングに初参戦した際、参謀役として組
んだのがマサ斎藤で、相次いで逝去したことにはある種の因縁を感じてしまいます。カ
ムバックの話(リングに上がって挨拶するだけでなく、試合もする気でいたとか)も出
ていただけに、残念です。
 昭和世代のプロレスラーらしい身体をした選手で、説得力がありました。一つ下のア
ントニオ猪木が肉体的に衰えが顕著になっていった頃も、マサ斎藤は肉体をキープし続
け、特例って感じでした。
 アマレス出身で実力があった上に、海外のリングを一線級として渡り歩いたことか
ら、口も達者だったようで、国際プロレスに参戦した際、アニマル浜口を「おまえ、弱
っちいな!」挑発したとか。その浜口とは新日本プロレスのリングで共闘するのだから
不思議なもの。
 勿体なかったのは、全日本プロレスに上がり始めてからしばらくの間、試合ができな
くなったこと。海外で仲間の外人レスラーが起こしたトラブルに巻き込まれて収監され
たせいでしたけど、あれがなければ全日本のリングでジャイアント馬場やジャンボ鶴田
らとの一騎打ちが実現していただろうに。
 後年、テレビ中継の実況解説に着く機会が増えましたが、覆面レスラーをリングネー
ムではなく、中の人の名前で呼んでしまうのには、アナウンサー達も対応に困ったこと
でしょう(笑)。あ、まだあった。初来日の黒人レスラー・レロイ・ブラウンをアブド
ラザブッチャーみたいに売り出す狙いで、セコンド役のマサ斎藤がブラウンの頭をビー
ル瓶でぶん殴ると瓶は割れるがブラウンは全く平気、というパフォーマンスをする予定
だったのが、パフォーマンス用の瓶と本物のビール瓶を交換し忘れて殴った結果、瓶が
なかなか割れずに何度も殴りつけ、やっと割れたはいいが、今度はそのギザギザガラス
でブラウンは大流血、会場は引いてしまったということがあったそうな。

 ではでは。




#531/532 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (        )  18/07/17  17:34  ( 40)
感想>魔法医ウィングル:密室が多すぎる  夢乃
★内容
ども、夢乃です。

『魔法医ウィングル:密室が多すぎる』、拝読しました。前回の『刻印と移り香』も、
なのですけれど、何かが引っかかります。何だろうなぁ、と考えつつ読み返してみるに
どうも背景が曖昧なことが理由のようです。最初に、時代背景というか、この世界での
技術レベルや生活レベルが解りにくい。それなので、どんなトリックが成立し得るか、
その材料が曖昧なのです。これまでの流れからすると、それは考慮せずにどんな魔法が
どのように使われたか、に的を絞っているようですので、関係ないかもしれませんが。

次に、魔法痕に関してどの程度一般に認知されているのかが解らない。一般人も周知の
事実なのか、ミステリマニアであれば知っているレベルなのか、完全非公開なのか。
ウィングルがその事実を知っている(スペンサーが教えている?)ので、完全非公開は
あり得ないとして、特殊装置を必要とするから大々的には公表していないと思います。
けれど、魔法痕を意識してトリックを使っていることからすると、刑事ドラマなどには
出てくるレベルで知られている、くらいかな?と予想しますけれど。

もう一つ、前回の分離魔法もなのですが、トリックに使われる魔法とそれから得られる
効果が無理矢理と言う感じがします。今回の場合では、水分を固めて氷を作った時点で
落下するんじゃないか、氷の溶けた水を再凍結するとき少しは溶けたのとは別の水分を
使うことになるんじゃないか、など。

基本的な設定(魔法は一人一つ、魔法痕、など)は面白いので、設定の詳細を作品内に
盛り込みつつ、無理矢理に見えてしまう部分を自然に見えるように描ければ、素直に
読めるようになると思います。
・・・偉そうなこと言ってすみません。

ところで、ウィングルが密室殺人方法の推理(入口近くで待ち伏せて紐を掛け云々)を
スペンサーに語るシーンが1と2の両方にありますけれど、どちらか不要なのでは?
(あるいは、どちらかは別のことを語る筈だったとか)

あと、例によって(とか言うなっ)誤字を。

あはりよくある → やはりよくある
思い付¥きを口にした。→ 余計な¥が・・・ 
古物の商方で → 古物商の方で
言ってくれるはず」? → 最後の?はゴミ?
選んだ被害差が → 選んだ被害者が


それでは。




#532/532 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/17  19:38  ( 29)
拡大はなるべくゼロで   永山
★内容
 日本テレビ系で放送のドラマ「ゼロ 一獲千金ゲーム」初回三十分拡大を録画視聴。ネ
タバレ注意です。
 原作は福本伸行の漫画で、既読です。今回検索するまで全然知らなかったんですが、
出演者の一人が未成年者の飲酒の場に同席していたってことで、不祥事になってたの
ね。放送も危ぶまれていたらしいですが、無事にスタートを切れたようで。
 内容の方は、そこそこ原作に忠実かな。キャラクターの変更があったけど、何らかの
効果を狙ってのものなのかどうかはまだ不明。登場人物の再現度は、主役の零が原作漫
画よりも随分年上だなというイメージ。このあとの展開が原作通りなら、中学生の標と
の釣り合いがちょっと悪いかな。一方、ケンドーコバヤシ演じる末崎さくら(男)はイ
メージ通り。コミカルなシーンは無論のこと、シリアスなやり取りもそつなくこなして
いた。原作にない末崎の弟は、板倉の代わりかな。インテリやくざからインテリへの変
更に、どういう意図があるのか分からないけど。
 ストーリー面での大きな変更は、ミツルが大怪我を負って植物状態になるエピソード
が削られたこと。そもそも登場人物から消えており、代わってチカラがいるけど、どう
見てもコメディリリーフで、初回で退場する役割ではないと推測できた。植物状態のエ
ピソードがあると零の行動に重みを分かり易く付加できると思うけど、それを取っ払っ
たのは(作り手が)あんまり深刻にしたくないのかしらん? そう考えてみると、大勢
が鉄球の下敷きになって死ぬシーンがあったのに、かなり短めで、しかも呻き声の類は
一切聞こえず、ただ身体の一部を見せるのみという演出も、できる限りマイルドなもの
にしたい意識の表れか。
 あと、気になったのは、三十分拡大による弊害。中盤、明らかにテンポが悪かった。
上に書いたエピソードを削ったから、やむを得ず、引き伸ばした感じ。というかそんな
ことになるくらいなら、最初から枠の拡大なんてしなくていいじゃないって話に。

 そう言えば、サイコロを振って一の目が三連続で出るシーンの撮影は、投げ込む方向
を三通りやってそれぞれ一の目が出るのを待ったのか、それとも作中で言及されたいか
さまサイコロを使って一発で撮ったのか、気になる。

 ではでは。




「◇フレッシュボイス2」一覧



オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE