AWC ◇フレッシュボイス2



#470/503 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/05/19  21:48  ( 28)
スクールネタ   永山
★内容
 NHKのドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」をずっと観ていて、それな
りに面白く感じてるんですけど、一点、根本的な疑問が。
 神木隆之介演じる学校付きの弁護士(スクールロイヤー)が主人公なんですが、「弁
の立つ」って感じが全然出てない気がする。どちらかというと、「正論を吐くけど空回
り」の印象が強い。本筋とは別の部分で、コミカルな演出のためなのか、無理を通すた
めに捲し立てるシーンが頻繁に差し挟まれており、それがよくない影響を及ぼしている
のかもしれない。あと、役者の見た目の若さもあるかなあ。前に弁護士が自身の過去を
語る場面がありましたが、演技はうまいのに全く真実味がないように聞こえたのは、役
柄(キャラ設定)が合ってないのかも。他は教師役の田辺誠一を筆頭に、いい具合には
まってるのに。

 昨日の書き込みを作る際、参考に記事を見ていると、関連記事として示されたトピッ
クスが気になった。
 曰く、体育の授業で肌着禁止の小学校があるとか。理由は、肌着を着けて体育をして
汗を掻くと風邪を引きやすくなるから、とのこと。……説得力がない。着替えを持って
くればいいのでは。
 そもそも肌着って下着のことだから、パンツ(いわゆるさるまたの方。ズボンのこと
じゃなく)もだめなのか? 恐らく単語の選択が間違ってる……と思ったんですが。元
の記事では下着としてのシャツやキャミソール、それにブラジャーが対象のようでした
が、これまた検索してみると、大真面目に下着全て禁止の小学校も存在してるみたい。
 うーむ。これって、保護者から「子供が風邪を引いた。学校の体育で汗を掻いて、濡
れた下着を着用したままだったせいだ。責任を取れ」とか言われたケースでもあったん
じゃないかと勘繰ってしまう。
 遠い将来、ARか何かの技術を用い、何にも身に付けてないけど身に付けてるように
見える環境で、体育を受けるようになってたりして。怪我しやすくなるだろうけど、風
邪を引かないのが第一だからかまわない!とか。

 ではでは。




#471/503 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/05/20  22:02  ( 25)
何もしないの〜(波)   永山
★内容                                         18/05/20 22:03 修正 第2版
 “にゃんこスター”と“ドラゴンリングイン”でAND検索してみたが、期待したよ
うなおもしろ検索結果は得られなかった。
 “苦労をかける”と“クローを掛ける”も同様。

 自宅のブルーレイレコーダーがずっと安定しないので、いくつかの番組について予防
線を張っておこうと、親戚縁者宅に録画を頼んでおいた。
 自宅では案の定、二つの番組で録画が途中で途切れ、別の二つでブロックノイズが出
た。
 録画してもらってるから大丈夫と思ってましたが、今日になって見に行ってみると、
特定の一番組だけが三週間分ずっと録れておらず、砂嵐が映ってた。その地上波チャン
ネルは時々映りが極端に悪くなるのですが、このデジタル時代に最初から最後まで砂嵐
はさすがにこれまで経験なし。おかしいなと考えること十分足らず。他は録れていて、
この番組だけだめだった。さらにこの番組のみ、番組表からではなく、手入力して録画
設定してもらっていた。そこから推し量るに……ぴんと来た。残っている予約録画の設
定で確かめると、果たして当たりでした。
 つまり、アナログのチャンネルで設定してた。
 レコーダーが少し昔のタイプなので、予約録画の操作でアナログのチャンネルも選択
できるようになってるんですね。アナログ波ならずっと砂嵐になるのも道理です。設定
時にチャンネル名は表示されないが、8チャンとか10チャンという風に覚えていたな
ら、引っ掛かりを感じることなく設定できてしまう。
 当時の機械に停波以降は選択できない仕様にしろっていうのは酷だろうから、せめて
予約設定時に選んだチャンネルのその時点での放送番組を小窓に映す、みたいなシステ
ムにしてくれていたら、誤りを防げる可能性が高まるだろうに。

 ではでは。




#472/503 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/05/21  21:42  ( 56)
「そうだ 京都、行った」   永山
★内容
 当選確率の高さで一部で知られる懸賞に、知り合いが当たりまして、その誘いを受
け、追加料金を払ってもらう形で日帰りバス旅行に三名で参加してみたですよ。そう、
ツアーの中に宝石屋さんや服屋さんといった某かの高価な商品を取り扱う店を組み入
れ、あわよくば乗客に買ってもらおうっていうバス旅行 
 朝の七時半頃、集合場所である駅の北口に。結構集まってる。あとで聞かされたとこ
ろによると、全参加者は四十七名。うち二十四名は懸賞に当たった無料参加者のはず。
男性は自分らを入れても五〜七名といったところ。年齢層は推して知るべし。
 一人、出発時刻を五分過ぎても姿を見せなかったため、キャンセルとなり出発。この
キャンセルを計算に入れての四十七名。
 で、スケジュールの初っ端がいきなり宝石の直売所みたいなところ。最初に会社の概
要やら来歴やらを聞いて、次に部屋に入って着座し、特に推している商品について説
明。変形するペンダントやら揺れるダイヤモンドやら真珠やら黒真珠やら遠赤外線ネッ
クレスやらの説明を、次から次へとこなす。特に遠赤外線の説明は、氷を持ち出して、
ガラスと備長炭と遠赤外線効果を発揮するように固められた炭素の板それぞれに乗せ、
その溶けやすさを比べるというパフォーマンス付き。確かに遠赤外線板が圧倒的に早か
った。でも板に触れても熱くな〜い、っていう。
 説明が済んだら、直売所に移動。試着し放題キャンペーン中とのことで、三種以上の
アクセサリーを試着――身に付けたら、ストラップ的な物がもらえると。なお、男性は
身に付けられる物が遠赤外線ネックレスのみなので、それ一種を試着しただけでストラ
ップをもらえました。このご時世でも、男性用ピンキーリングとかはないのね。
 で……産直みたいなもんだから安い。安いんですけど、安くなっているというだけ
で、客観的には高い(苦笑)。こんな商法で買う人いるのかなと懸念していたんです
が、いました。少なくとも二組はいたと思います。いくらの物を購入したかは分かりま
せんが。
 なお私は、説明のときに変形するペンダントに興味を持りました。ちょいと指先で触
れるだけで、花型からストレートに変わり、またちょいと触ると三つ葉型になる。これ
って、推理物に使えそうって意味で。だから実物を手に取って、じっくり見てみたいと
考えてたんですが、直売所のどこにあるか分からずじまい。店の人に聞けば、買う気が
あると思われそうなので遠慮した(笑)。ベストジュエリスト的な年間表彰で女性芸能
人がその商品を身に付けている写真ならありました。その模様は大々的に報じられ、ネ
ックレスの特長もある程度世間に知られたでしょうから、推理物に活かすのは案外難し
いかもしれません。
 九時から十時四十分ぐらいまで滞在後、昼食の料理屋がある平等院鳳凰堂の近くに移
動。十一時三十五分頃に到着して、十二時半まで。豆腐に湯葉を固めた物、天ぷら、茶
そば等々。美味い方だと思います。ただ、期待していたよりも味がずっと濃く感じた。
だしを活かして効かせた料理を期待してたもので。
 食後すぐに店を出て、近くで土産を物色。さらにソフトクリームを食べる。抹茶が人
気だったが、ここは敢えてマンゴーにチャレンジ。思ったほど甘くなく、酸っぱさがい
い感じ。ただし、コーンのサイズは抹茶ソフトのみ若干大きく作られているように見え
た。他の観光客が食べているとうふミルク味やいちご味のソフトクリームをちらと観察
した結果だから、当てになるかどうか分かりません(汗)。
 次は、一応、スケジュール内のメインである伏見稲荷へ。昼食のときもそうだったん
ですが、平日だというのにどえらい混雑ぶりでした。修学旅行の団体がいくつも来てい
るし、外国人旅行客もツアー、個人、東西を問わずに来てる。お手水も参拝もおもかる
石も行列ができてる。千本鳥居にも列ができて、いささか渋滞気味。ここで九十分の時
間を費やすのは、かなり疲れました。
 それからまた移動して、最後は漬物屋に。漬物の試食バイキングができて、ワインや
お茶が飲める。そこで気に入った物を購入してくださいというシステム。私は、かきの
缶詰と焼き茄子のインスタント味噌汁を購入。これらの試食はしてないし、そもそも漬
物じゃないけど。漬物自体は美味しかったけど、父の地元に行けばいくらでもあるしな
あと思ってしまって。ここの滞在時間は四十五分と、せわしなかった。
 とまあ、駆け足で振り返ってみましたが、なにぶん初めての経験だったこともあり、
結構楽しめた気がします。男性添乗員がなかなか達者で、参加者を飽きさせない術に長
けていましたしね。

 ではでは。




#473/503 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/05/22  22:49  ( 21)
疑心暗鬼を生みすぎる   永山
★内容
 フジテレビ系で放送のドラマ「コンフィデンスマンJP」第七話を録画視聴。ネタバ
レ注意です。
 遺産目当てで金持ちの家の娘のふりをして潜入するも、先客の詐欺師がいたという新
パターン。これをまともに消化していれば、面白いエピソードになっていたかもしれな
い。
 が、この設定を飲み込むようなさらなる積み重ねのせいで、期待が萎み、つまんなく
なった。想像の範囲内に収まってしまったというか。ただ、この形で遺産をすんなり入
手できるとは思えないが。
 このドラマはひねくれてるから、さらにその裏を掻いてくるかもと、ターゲットの与
論までもが偽者のパターンを想定してた。本物なら子供達のすり替わりに気付かないは
ずない訳で。利き手が左だってことを全く覚えてないなんてあり得ない。本物なら分か
っていて気付かないふりをしていたに違いないのに、そこに触れずに終われば偽者だ!
と思ってたんですが、最後の最後で触れました。そこはよかった。
 でまあ、新しいパターンを取り入れるのなら、段階を踏んでクリアしてから、次のス
テージに挑んでもらいたいもんです。一度に盛り込んで欲張っても面白さが二倍、三倍
になる訳でなし、一つずつ丁寧に仕上げた方が絶対にいい。
 「刑事コロンボ」シリーズだって、基本を押さえた物を数本作った後に、捻りを加え
た物や斬新な物が生み出され、そこからさらに捻ったり、過剰なまでに凝ったりした物
が創案されてきた結果、傑作揃いとの評価が定着したんだし。

 ではでは。




#474/503 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/05/23  21:07  ( 67)
そうだ ジブリ 行こう   永山
★内容
 関西にて「ジブリの大博覧会」が開催中。七月一日までとあっては、この機会に行っ
ておかねばということで、平日の朝から行ってきました。
 JR灘駅からえっちらおっちら歩いて十分余り。途中でチケットを売ってるところが
何箇所かありましたが、これは多分、現地での売り場が混雑するのを少しでも解消する
ためでしょう。てことで、その内の一つでチケットを前もって購入しました。
 スタートは朝の十時で、自分達は午前十時二十分頃に到着したのですが、すでにチケ
ット売り場には行列ができており、さらに中は結構な混み具合でした。開催期間中の混
み具合を知らせる公式ツイッターがありますが、それによると平日は空いている。推測
するに、平日に見に行こうという人は早い内に足を運ぼうと考える人が多く、午前中は
混むけれども、午後からは閑散としてくるのでしょう。

 内容を大まかに言えば、スタジオジブリの歴史になるんですけど、東京にあるジブリ
美術館と違うのは、美術館はアニメーターの仕事を見せるのがメインに据えているのに
対し、大博覧会の方は、アニメ映画のプロデューサーの仕事を見せるのがメインという
ことかな? 特に宣伝関係にスペースを多く割いていたように感じました。
 たとえば、予告編やテレビスポットの映像の案。宣伝ポスターのデザインや作品名の
ロゴそれぞれ候補案を並べて、絞り込まれていく過程。ジブリ全作品の新聞広告、車内
吊り広告一覧。「風の谷のナウシカ」を取り上げた天声人語。宣伝のために作られた一
点物の実物大グッズ。ナウシカの銃のレプリカの本物(宣伝用に作られた銃――もちろ
ん撃てない――その本物という意味)がありました。

 中でも興味を惹かれたのは、キャッチコピーが決まるまで。糸井重里が候補案を数点
示し、それに対するプロデューサー及び監督の感想を述べる、文章(手紙)のやり取り
をそのまま見せてくれる(「耳をすませば」以降はFAXになったみたい)。四回も五
回もやりとりした作品もありました。そうして最終的に決まったコピーは、他の候補コ
ピーよりも優れているのが一目瞭然に思える。これは、自分達が答を知っているせいで
はなく、流れや理由をきちんと言葉にして伝えているからなんだなと。
 コピー候補案の中で印象に残っているのは、「魔女の宅急便」の“私、げんきです。
”。
実際に使われたのは、“おちこんだりも したけれど、私はげんきです。”。当初は“は
”がなかったんだ〜。
 また、「もののけ姫」の“おまえには、オレがいる。”には、笑ってしまった。チ
ャーリー浜のギャグを連想してしまったもので。

 宣伝以外の展示物で目玉と言えそうなところでは、オスカー像がありました。「へえ
〜、これがアカデミー賞の……」と見て、通り過ぎたんですが、あとになってもっとち
ゃんと見ておけばと悔やむ。どっちの受賞の時のオスカー像だったのかが分からない。
二度受賞していること自体、すっかり失念してた……。
 あと、基本的に写真撮影禁止でしたが、二箇所だけ、撮影可の場所があります。その
一つがネコバスの巨大なぬいぐるみ(平日のみ)。中に入れます。小さな子らとその保
護者で大盛況の大混雑でした。そうそう、行き先表示がちゃんと「こうべ」になってい
た辺り、細かい。
 もう一箇所撮影可能なのは、会場の最後に展示されている「天空の城ラピュタ」に登
場する大型の飛行艇。こちらは土日祝日も撮影可。模型の町並みの上空を、機械仕掛け
で上下し、無数ある旋回翼やオールが動くのは見ているだけでわくわくしますね。撮影
可って写真のみと思い込んでましたが、動画OKだとしたら動画がいいです。
 許可不許可でいえば、展示物にタッチするのも禁止。まあ当然なんですが、触りたく
なるような展示品が、触れる距離に置かれているのは、つらい(笑)。

 あ、入場時にポストカードのプレゼントがありました。一時期なくなっていたサービ
スでしたが、復活して嬉しい。係の人がカードの束を裏向きに持っていて、順番に裏向
きのまま渡してくれます。受け取る前に絵柄が見えていたら、えり好みしちゃうもん
ね。ちなみに私は「かぐや姫の物語」、つれは「となりのトトロ」の絵柄でした。

 最後に、高畑勲の追悼コーナーもありました。短いプロフィールと監督作品のポス
ター展示というシンプルなもの。急な訃報だったと、改めて感じます。

 会場を出ると、グッズの売り場が設けられており、そこもまた大盛況でした。ジブリ
美術館で打っている物もあれば、このイベントオリジナルの物(後にジブリ美術館でも
販売するとは思いますが)もあります。時間の都合で、ジブリ美術館で見た物は大体パ
スし、イベントオリジナルのパンフレットとクリアファイル二種を押さえ、他にボール
ペン(「魔女の宅急便」)、手鏡(「魔女の宅急便」)、クッキー(「ラピュタ」)を
購入しました。
 てことで、なかなかに満足度の高い催し物でした。展示資料を一冊の書籍か、電子書
籍の形にして、販売してくれないかなあ。

 ではでは。




#475/503 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/05/24  21:58  ( 21)
迷うには迷う理由がある   永山
★内容
 テレビ朝日系で放送のドラマ「未解決の女」第六話を視聴。ネタバレ注意です。
 矢代が同窓会で久々に再会した同級生・磯野から、六年前に同級生・遠藤を殺した犯
人はSNSグループの中にいると思う、という話を切り出される。会場に戻って詳しく
聞こうとしたところへ、同級生二人が忘れ物を取りに戻って来たので中断。結局、磯野
がまた今度と言ったため、そのまま別れる。が、翌日、磯野は殺され、矢代は酷く後悔
する……という出だしだったんですが。現職の刑事が、未解決事件に関する手掛かりに
なるかもしれない話を、途中で切り上げるなんてある? しかも、被害者は同級生、情
報提供者も同級生。心情的には他の事件以上に早く解決したいだろうし、躊躇や遠慮を
する余地もない。
 遠藤は同窓会メンバーでやってるSNSの書き込みに暗号を織り込んで、西島とデー
トの約束を取り付けていた。西島には結婚したばかりの妻がおり、電話やメールにチェ
ックが入るからこんな方法を採ったとのことだったけど、別の機器を用意すれば済むだ
ろうに。暗号は結局、ばれてる訳だし。
 事件の方は単純明快。ぽろぽろと手掛かりが出て来る感じで、迷宮入りしていたのが
おかしいレベル。前にも似たような流れがあったと思いますが、過去の事件について被
害者の交友関係の洗い出しが甘い。ネット上のみでの不倫関係ならまだしも、実際に会
っているのだから、何らかの痕跡は残るに違いない。クレジットカードの記録と防犯カ
メラを組み合わせただけでも、ある程度の足取りは掴めるはず。その辺りを調べてもな
お関係を掴めなかったとする理由(があれば)をちゃんと描かなくては。

 ではでは。




#476/503 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/05/25  22:58  ( 26)
本の感想>『ドローン探偵と世界の終わりの館』   永山
★内容
・『ドローン探偵と世界の終わりの館』(早坂吝 文藝春秋)16/6451
 ドローン探偵として世に知られた六騎は、そのあだ名が嫌いであった。彼が少年の頃
に見たテレビドラマの黒羽刑事に憧れ、黒羽を継ぐ者を自負していた。
 そんな彼は、大学生ではないが、北神大学の探検部に所属している。六騎を含む探検
部のメンバー七名で、ヴァルハラと呼ばれる地下シェルター込みのうち捨てられた館を
訪れることに。実は、六騎を除く六人各々は、何らかの思惑を抱いて館に足を踏み入れ
たのだった。
 そして発生する殺人事件。見つかった遺体は短い間に消え失せ、密室に閉じ込められ
た?

 一応、ネタバレ注意です。
 冒頭から読者への挑戦状が挿入されているという、超変則スタイルでスタート。と言
っても、同じような趣向を取り入れた推理物はありました。ただ、読者への挑戦状にち
ゃんと対応した答を示したのは初めてかも。
 一回限りの大ネタで、終盤に明かされるその趣向は素晴らしい。惜しむらくは、それ
を結実させるための手段がちょっと物足りない。スマートすぎて印象に残らない、とす
べきか。完璧にやりおおせたというより、盛り上げどころを誤った感じを受ける。
 ある程度は読者に途中で気付かれてもいいからこことここに具体的な手掛かりを置い
ておこう、という風な姿勢がほしかった。
 あと、大ネタを成立させるには、ちょっと首を傾げたくなるような叙述があったのも
気になる。図書館から借りてきた本で、返す期限があったので細かな検証はできていな
いのですが、物音の聞こえ方とかに疑問があるような。
 でもまあ、そういう点を抜きにして、大技が炸裂する瞬間を体験するのが、一番正し
い楽しみ方なのでしょう。

 ではでは。




#477/503 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/05/26  21:42  ( 73)
マジックを観に行こう>ワールドマジック前半   永山
★内容
 去年、無料のイベント(コンベンション)を催行して楽しませてくれた地元のアマチ
ュアマジシャンクラブが、今回は――ややこしい表現になりますが――著名な外国人マ
ジシャンを招いた国内マジシャンに協力賛同する形で実現したマジックショー。会場の
ホームページにあるイベントスケジュールの無料との表記でしたが、実際には有料で、
前売りというか前払いが3500円、当日4000円となっておりました。観に行くと
決めてましたので、当然、前払いを選択。二人分の7000円をマジシャンの口座に直
接振り込み、振込用紙が入場券代わりになる。珍しいスタイル。
 うーむ、よく感じるんですけど、マジックのイベントって、やや敷居が高い気がしま
す。一般からするといつどこで誰がやるのかの情報を入手しづらく、ネットで情報を載
せているサイトを見付けても、そこにあるのは(全てがそうだとは言いませんが)直接
電話をする必要があったり、電子メールで申し込む形式だったり、クラブに入会をしな
ければいけないケースがあったりと、ハードルがある。今回のイベントだって、開場の
イベントスケジュールのみを見て、無料だと思って足を運んだ人が、現地で4000円
いただきますと言われたら、観るのやめようかとなるんじゃなかろうか。情報へのアク
セスのし易さと分かり易さは、改善の余地あり。
 でまあ、開場時刻の十七時半を少し過ぎてから行ってみると、ちらほらとお客さんが
受付に来てる。私が目撃した間に限って言えば、“御招待券”を出す高齢の方がほとん
どでした。
 私らも振込用紙を出して、名前を書いて入場できることになったんですが、その前に
もらえるはずのパンフレットがないとのこと。しばらく待ちましたが、見付からない、
外国の人だから話が通じない(ほんと?)とかで、パンフレットはもらえませんでし
た。会場に入ると、それらしき物を持っている人がいたので、用意されていたのは間違
いないんだけど、どこに仕舞い込んだのか分からなかったのか。数が足りなかったって
ことは、絶対にありません。外国の有名マジシャンが出演するのに、観客はこの程度?
って入りでしたから(苦笑)。司会を務めたマジシャンの言葉によると、二百名足らず
といったところ。
 もう一つ謎だったのが、お弁当の存在。事前に送られてきたイベントの案内の印刷物
には、弁当を希望する人は別途FAXで受け付ける旨が記されていました。ということ
は、ショーの合間に休憩があって食べる時間が設けられるのかと思うでしょ。ところが
実際には休憩なし&飲食禁止でした。謎だ。弁当はお土産なの? 手品道具になる弁当
箱なのか?
 そんな風に手作り感溢れる雰囲気のまま、開演時刻の十八時にスタート。と言っても
いきなりショーが始まるのではなく、今回、外国人マジシャンを招聘したマジシャン・
アガペーの司会で口火を切る。この名前だと分かりにくいですけど、日本のマジシャン
です。なお、牧師もやってるとのこと。
 幕開けの前に、ショップ「ファーストマジック」の山本ディーラーによるディーラー
ショー。要するに、商品宣伝のための演目披露ですね。お馴染みのステッキにレコード
の色がチェンジするマジック等でした。今はレコードを知らない人も増えてるでしょう
から、そろそろ売れなるのでは……と心配になった(笑)。よそでCDバージョンを観
た覚えがあるなあ。
 そうしていよいよ幕開け。トップバッターは、主催したマジッククラブの会長さん。
演目は「悪魔と牧師」。演目後のコメントによれば、アガペーが牧師であることにかけ
て、この演目にしたとのこと。その内容は――。
 お姫様?っぽい衣装で登場した女性が花を摘んでいる(指先で光を摘まむマジックを
入れつつ)と、悪魔っぽくは見えないけど悪者と分かる格好の男性が現れ、女性を捕ま
えて担架を縦にしたような拘束器具に、鎖で縛り付ける。その後、器具の周囲を布で覆
い、中が見えなくなったところで、悪魔が器具の後ろに隠れる。
 悪魔だった演者が今度は牧師に扮して登場し、器具に向かって呪文?を読み上げる
ポーズをすると、女性が脱出して現れる。少し間を取り、布を外すと、牧師が拘束され
ている(観ていて、何で牧師が?と感じた。拘束されるのは悪魔だと思ってたので)。
再び布を張り巡らせ、見えなくしてから何やかやあって(汗)、布を外すと、いつの間
にやら牧師は消え、悪魔が拘束されている。
 ――こんな具合でしたが、実は記憶が結構曖昧で。というのも、色々とおかしくて笑
いを堪えるのに大変だったから(汗)。
 まず、お姫様の女性がぽっちゃり体型で、悪魔役の会長さんはご高齢の中肉中背と思
しき男性。普通に戦うと女性が勝ちそうで、悪魔にはとても拘束できそうにない。加え
て、くだんの女性は昨年の無料イベントで、非常に受ける演目をやりきった人でして、
そのときのことが思い出されて笑いがこみ上げる。
 さらに、最初に女性を拘束する際に、器具の背もたれの部分が、その、何と言います
か、「パカッ」となったんです。そのままだとまずいんで、戻して演目は続けられまし
たが。
 さらにさらに、私らは舞台側から見て左手の席に座っていたのですが、その位置から
だとよく見えるんです、器具の裏側で何をやっているのかが。お客の数は少ないのだか
ら、もうちょっと真ん中に集めてもよかったんではないかと。
 てな感じで、レベルはあれでしたが、実は会場は結構盛り上がりました。少なくと
も、場を温めることには成功したと言えます。よくも悪くもアマチュアだなあと。それ
にこの会長さんの尽力のおかげ(多分、費用も負担されている)で、プロのマジックを
間近からかなりお安く観ることができる。感謝しかありません。

 実質、一つの演目しか紹介していませんが、前半はここまで。このあとはプロの登場
です。

 ではでは。続く。




#478/503 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/05/27  20:25  ( 31)
午後ティーならぬ午前T   永山
★内容                                         18/05/27 20:26 修正 第2版
 イタリアでは二〇〇〇年から「男女の性別が明確になる名前を付けるように」という
大統領令が出されているとか。そんなのが通るんだ。保守的なネーミングをする傾向が
強まっているとのこと。
 で今回ニュースサイトにあった記事では、女の子にBlu(ブルー)と名付けた両親
の元へ、裁判所から出廷命令が出て、「もっと性別の分かり易い名前に変えるように」
と言い渡されたと。従わない場合は、裁判官によって新たな名前が付けられるそうな。
 正確な文言がどうなってるか知らないけど、「男女の性別が明確になる名前を付ける
ように」という大統領令は甚だ曖昧な印象を受ける。この訳だと、女の子に男らしい名
前を、男の子に女らしい名前を付けてもかまわないことになるのでは。明確には違いな
い。厳密には、「当人の性別に沿った性別が明確になる名前を付けるように」とでもな
ってるのかな?
 何にせよ、今の世の流れで、こんな大統領令や裁判が通る国(それもヨーロッパ)
は、珍しいのでは。

 NHKのニュースを見ていたら、学校の運動会に関する話が。最近では、外国人の子
供が増えたので外国語対応のアナウンスや表示などをしたり、ラマダンでのお祈り用に
教室を確保したりするとか。
 それ以上にびっくりしたのが、午前中で運動会をやりきる学校があるとの報道。朝の
九時に始めて、午前十一時五十分には閉会式。たったの二時間五十分で全競技を消化
し、お昼ごはんは帰宅してという段取りが可能だとは、私の感覚ではちょっと信じられ
ん。紹介された学校では競技数を三つ減らし、玉入れ後の球拾いをも競技化するなどし
て、時間短縮・スピードアップに努めた結果、十一時四十分には閉会式を始めてた。は
えー。
 で、午前中で済ませようとする理由は、一番暑い午後に運動させないよう子供の健康
を考えたのと、保護者の負担軽減、さらには働き方改革の流れに沿った教職員の負担軽
減だとか。
 午前中運動会をする学校がどの程度の数なのかは報じられませんでしたが、割合が増
えて過半数を大きく超えるようだと、作品で学校の運動会を描くときには留意する必要
が出て来るんでしょうね。

 ではでは。




#479/503 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #477 ***
★タイトル (AZA     )  18/05/28  20:03  ( 78)
マジックを観に行こう>ワールドマジック中盤   永山
★内容
※“後半”とするつもりでしたが、思いのほか長くなったので、適当なところで切っ
て、全体で三回に分けることにしました。
 それから、先に記したようにパンフレットの類を入手できていないため、マジシャン
の名前は、耳で聞いたそのままを文字にしています。検索して確認が取れた分は正規の
記述になっていますが、そうでない人もいますので、ご了承ください。

 アガペー司会で、会長さんのコメントをもらったあとは、二番手の登場です。
 名前はロッシー。司会はウクライナのマジシャンと紹介したのですが、これは恐らく
言い間違いで、セルビアの人。同国では超有名らしい。私もテレビで観たことがあるよ
うな。
 老人に扮した演者が舞台袖から現れる。理由は分からなかったんですが、先程出た会
長さんが牧師の格好のまま、ロッシーの手を引いて舞台中央に導く。これだけで舞台袖
に引っ込む会長さん。
 舞台には読書台があり、大きくて分厚い本が上に載ってる。少し離れた位置には、植
物の生えた鉢植えを載せた台が据えてある。それらの周囲をうろうろしつつ、空っぽだ
ったはずの両手から、紙の花?を次々出して、ばらまく演者。
 やがて読書台の前に跪き、本を開いて顔の前に掲げ持つ。立ち上がってまたしばらく
うろつき、本を持つ両手を下ろすと、顔が変わった。老人から若返っている。格好も、
最前までは修道士めいていたのが、何故か忍者になった。
 本を戻し、再び手から紙の花を出しながら、鉢植えに向かう。紙の花が手裏剣のよう
に鉢植えに飛ぶ。すると、鉢植えの植物に赤いつぼみがいくつも現れ、じわじわと開い
ていき、花が咲いた。
 また読書台まで行き、本を手に取り、開く。しばらくして手を下ろすと、顔が元の老
人に戻っていた。それから鉢植えに呪文を唱え、手を向けると、花が萎んでつぼみにな
り、引っ込んだ。
 西洋の死生観を表したかのような演目でしたが……日本人には少々分かりにくいか。
特に忍者の意味が?でした。

 次は、幕間みたいな位置付け。下りたままの幕の前で、アガペーが長めに演じまし
た。まずは端のつながったトランプカードを使った、半ばジョークめいた演目のあと、
手慣らしとばかり、カードマニピュレーション。真っ当なトランプカードを、見事な手
さばきで扇に開いたり、裏の色を変えたり(変えたように見せ掛ける技のはず)、カー
ドを片手からどんどん出したりしたあと、最後に巨大カードをどんと出す。見事な手際
でしたが、これもサイドからの角度だと、ちょっと見えてしまうのが残念。
 続いては熱して赤くなった金属の棒を、風船に突き刺すが割れない、という演目でし
たが、棒はいわゆるおもちゃのライトセーバーみたい構造になっていて、赤く光るだけ
だと思います。それを風船に突き刺すときに、うまくやってるんでしょうが……一度突
き刺して中に入り、次に先端がまた外へと突き出ようとするときに、風船が割れてしま
いました。多分、失敗。フォローも何もなし。
 それからハトを出すマジック。これは鮮やかでした。全く予想していないタイミング
だったのがよかった。
 さらに、リンキングリング。金属の輪っかを複数個操って、互いに通したり、また外
したりする演目ですね。お客さんを一人選んで、リングを一つ持たせて、それでもつな
いだり外したりできるところを披露。この手順そのものはよくありますが、アガペーの
手順にはひと工夫ありました。お客さんがリングを持って、つなげようとアガペーの持
つリングにこつっと当てた瞬間、リングが壊れてしまう。これは面白い。初めて見たで
す。

 次に登場は、ウクライナの男性マジシャン、グロフ。ステージ中央にホテルの一室を
思わせる簡単なセットが。ソファに電話機にランプなど。頭上には何だか分かりません
けど布製の半球状の覆いが吊り下げられている。中は空っぽ。演者はソファにどっかと
腰掛け、両足を投げ出すようにしている。メイクはややピエロ風か。
 ベルが鳴って電話を取ると水が出たり、ドライヤーになったり、ひげそりになった
り。投げ出した足にはいた靴下も色々と仕込みがしてあって、ユニークなメッセージが
示され、器用に足だけで靴下を脱いでいく。と、コミカルな調子で進んで行くのです
が、次の演目で、内容の大半を忘れてしまいました。
 お馴染みのリンキングリングなんですが、グロフは何と、足を使ってやったんです。
これは凄い。まさかのアイディアと感じると同時に、よくも実際にできるものだなと感
心しきり。無論、手によるフォローはあるのですが、それにしてもうまく扱うものだと
見とれてしまいました。
 足によるリングが終わると、吊り下げられていた半球状の覆いが降りてきて、ソファ
ごとすっぽり包む。演者は大騒ぎし、じたばたしているところへ、舞台袖から助手らし
き男性が登場。どうにかしてソファだけを覆いから出すことに成功し、そのまま助手と
ソファは反対側の舞台袖に引っ込む。半球状の覆いの中では、まだじたばたやってる。
やがて覆いが再び吊り上げられると、ドレスを着た外国人女性が現れた。グロフはどこ
へ行った? と、観客席の中程にライトが当てられる。そこにはグロフが立っていた。
 素晴らしい。見事な手順。種がどうなっているのか普通に考えると(以下、推測なが
ら一応ネタバレ注意)……ソファに座っていた上半身はグロフで、下半身というか足の
部分は女性。足以外の部分は、ソファの中に隠す格好で入っていた。リンキングリング
をやったのもこの女性。覆いが降りてきたあと、女性はソファから出て、グロフは入れ
替わりにソファに隠れて、舞台から退場。観客が女性の出現に釘付けになっている隙
に、観客席に現れる……という具合だと思うんですが、リンキングリングをやっていた
足が、どうも女性らしくなかったと。あれはやはりグロフ(男性)の足だったとする
と、ソファに隠れていたのもグロフ。てことは、グロフだと思っていた上半身が実は女
性の変装だったのかな。覆いを被っている間に、メイクを落として、重ね着した衣装を
脱ぎ捨てれば、ドレス姿の女性になれる?

 ではでは。続く。




#480/503 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/05/29  21:11  ( 23)
信用度回復の信用詐欺ドラマ   永山
★内容
 フジテレビ系で放送のドラマ「コンフィデンスマンJP」第八話を録画視聴。ネタバ
レ注意です。
 私感では、本ドラマのこれまでのエピソードで一番の出来映え。傑作は言い過ぎかも
しれないけど、良作であるのは間違いないでしょう。
 主人公らの詐欺グループが金を取り損ねることで、他のエピソードの違いが明確にな
っていますが、そんな今回に限って、計画自体は最も綿密に練られており、修正も失敗
する前に行うという迅速さ。いつも通りの緩い発端ではないにもかかわらず、金を取り
損なうのが、より皮肉めいていて面白い。
 物足りない点がなかった訳ではなく、たとえばラストが弱い。当初の被害者がモラル
もへったくれもなしに金儲けするのはいつものパターンなのでおくとして、加害者の方
向性がラストシーンだけでは分からない。仮に再び美のカリスマとして復活したとして
も、詐欺の対象となるような大金を稼ぐ存在になるとはなかなか考えづらい。そもそ
も、ダー子が当初「(加害者は)しれっと会社に戻って元の地位に就くだろう」なんて
予測をするところからして、どうかしてるんですけど。戻れる訳がない。
 偽りの美人村を作るために、オーディションをして美人を集め、彼女らに偽の化粧水
を使い続けるよう配布する訳ですが……偽化粧水による悪影響が出ないことを、事前に
チェック(パッチテストとか)したんだろうか? 架空の純米酒“越乃大海”をそのま
ま偽の化粧水としたようだけど、アルコールが肌に触れただけで反応が出る人って、一
定割合いるんじゃないのって話。本筋とは関係ないけど、こういう枝葉末節・細かいと
ころにまで配慮を行き渡らせることができたら、もっとよくなったんじゃないかしら
ん。

 ではでは。




#481/503 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #449 ***
★タイトル (sab     )  18/05/30  16:21  ( 12)
自分で書きました      朝霧三郎
★内容
共作出来なかったので自分で書きました。
以下にあるので読んでみて下さい。
(掲示板のパスワードは前と一緒です。
分からない人はメールを下さい。
一応、応募要項に未公開の原稿とあるので、
ここで晒すのはやめました)。

メルアド sabu101@hotmail.com
(@を半角に変えて下さい)。

掲示板
http://www.kh.rim.or.jp/~seki/gwbbs_s1/gwbbs.cgi




#482/503 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #479 ***
★タイトル (AZA     )  18/05/30  19:28  ( 86)
マジックを観に行こう>ワールドマジック終盤   永山
★内容
 次は、日本人マジシャン。金沢からやって来たというトミー。若い人で、今回のイベ
ントに出た中では、一番若いかも。客をいじるマジック担当という感じでした。まずは
スカーフとステッキのマジックでご機嫌伺いをして、次にイリュージョンをやるのでお
手伝いを一人、観客から募集。背が高めの高校生ぐらいの男子が選ばれ、舞台に上が
る。演者よりも高身長。
 でっかいカード(トランプではなくほんとのカード)何枚かの束を示し、人体浮遊だ
の瞬間移動だののイリュージョンの名前が書いてあるから、一枚引いてもらって、そこ
に描かれた演目をやるとのこと。先のお客が選ぶと、カードにはギロチンとある。「や
り直したい?」と問うトミーだが、カードには全てギロチンと書かれてあるオチ。
 ギロチンのマジックとは、小さなサイズのギロチンを使うやつ。上下二つの穴が開い
ており、事前にまず、上の穴に大根の先を入れて、すっぱり切れることを示す。本番で
は上にお客が指を入れ(「使えなくなってもいい方の手の指を入れてください」等々、
怖がらせるやり取りを挟みつつ)、下にはキュウリが入れられる。で、おもむろにギロ
チンが落とされ、指は無事、キュウリは切断と相成りました。切断されたキュウリは、
お客へのお土産。
 三つ目のマジックは、大きなトランプカード二枚を使った当て物。一枚がスペードの
クイーンで、もう一枚がハートのクイーン。演者が右手と左手にそれぞれ一枚ずつ、観
客から見て裏向きになるように掲げ持つ。演者がシャッフルした後、観客は赤い方を当
てるのですが、シャッフルと言っても手をぷらぷらさせる程度で、どう見ても入れ替わ
っていない。でも、赤を持っていた手のカードは黒、黒を持っていた手のカードは赤に
なっている。三度ほど繰り返してから、最後は「みんなに当ててもらいたくて」という
ことで、炉湯砲とも赤いカードになっているというオチ。

 とりを飾るは、米国からダニー・コール。登場した時点から、前にどこかで見たこと
があるようなないような……と思ったんですが、はっきりせず。それが、今月二十五日
NHK−BSプレミアムにて放送されたマジック番組を観て、記憶が甦りました。とい
うか、冒頭に昨年の同番組の極短いダイジェストが流され、そこにダニー・コールが映
ってた。おお、ほぼ同じ演目だった。さらに調べてみたら、ハウステンボスのショーで
も、超至近距離の生で観ていました。五年ほど前のことで演目も全く別、とても若い印
象だったのが、今回は風格を感じたです。
 ステージ上には男の部屋のセット。衣紋掛けにはハンガーがいくつかとジャケット。
四本脚の椅子。その他テーブル。
 正装で登場した演者。ネクタイがいきなり消える。ファッションカタログを繰り、ネ
クタイが大写しになったページを開き、また閉じてからネクタイを引っ張り出す。カタ
ログを開くと、写真からネクタイが消えている。ネクタイを着けようとするも、赤の派
手な奴なので、スーツに合わない。赤ネクタイをハンガーに掛け、服の絵が描かれた大
きな紙?を持ち出してくると、布団に入る前に毛布を持ち上げるみたいに紙をふわっと
やり、身体の前でかざすと、一瞬にして着ている物が上下ともスーツから絵の服にな
る。赤ネクタイを取ろうとすると、二つのハンガーが絡み合う。ハンガーを用いたリン
キングリング。一くさりやってから、手元に一つだけハンガーを残し、あとは衣紋掛け
に戻す。ようやくハンガーに上着を掛けようとしたら、いつの間にやら、そのハンガー
が着ている上着のボタン穴に通ってしまってる。苦労してどうにか外すと、今度はハン
ガーが壊れる。直す度にどこかが壊れ、棒の部分が手から離れない。いつの間にやら、
棒は紙の巻物になっており、開いていくと赤いネクタイが描いてある。それを身体の前
にかざすと、またも一瞬にして赤ネクタイが喉元に結んである。でもやっぱり気に入ら
ないので、カタログを開き、別のクリーム色のネクタイを見付け、「これがいい」とば
かり指差す。カタログを置き、着けている赤ネクタイに手を沿わせると、あっという間
にクリーム色に。次いで今度は派手なシャツにサスペンダーの描かれた絵を身体の前に
かざす。すると、ジャケットはそのままで、中のシャツだけサスペンダー付きの派手な
シャツに変化。
 ジャケットを脱ぎ、椅子に腰を下ろそうとする演者。が、椅子が勝手に動いて座れな
い。幾度か繰り返す内に、椅子が逃げ出したので、その脚を掴まえる演者。椅子の逃げ
る勢いは強くて、暴風にはためく旗の如く、真横に飛んでいきそう(一応注釈しておき
ますと、パントマイムです)。とうとう脚一本が抜ける。
 仕方がないので、脚一本を床に立て、どうにか座る演者。どうも落ち着かないので、
脚を取っちゃう。それでも腰掛けた姿勢をキープ。筋肉で頑張って維持しているのかと
思いきや、演者が足を組んで、床には片方の足しか付いていない状態になっても同じ姿
勢を保っている。その内、あり得ないほど上体を反らすが、倒れない。イナバウアー、
あるいはマトリックス避けの状態。※終わった後のアガペーの話によると、このマジッ
クを開発したのはダニー・コール自身で、セ○が同じマジックをやっているが、あれも
ダニー・コールから上演権を買っているとか。
 財布の中を見ると、クーポン券?ばかり。ぱりっとした格好になっても先立つ物がな
ければ始まらない。クーポン券を両手の中で折り込んでいき、また開くとお札になっ
た。どんどんお札を増やしていくが、財布にしまってもう一度観てみると、クーポン券
に戻ってしまった。その内の一枚を取り出し、観客の方へ開いてみせる。「END」と
書いてあった。
 ここで女性のアシスタントが登場。と思いきや、ダニー・コールの奥方、ステイシー
でした。マジックショーをする内に知り合って、ゴールインに至ったとか。そのステイ
シーが単独でマジックを披露。小銭を貯めるような巨大なガラス瓶(蓋付き)の中に、
木の枝と一羽の蝶々が(蝶は多分作り物)。キャンドルに火を灯してから、蓋を持ち上
げ、蝶を取り出す演者。蓋をまた被せてから(何故か)蝶々を折り畳んで二度ほど破
り、キャンドルの火にくべる。煙がもわっと立ちのぼる。それを手でかき集める仕種を
して、両手の中に捉えた。隙間を作り、息を吹き込むと、さらに大量の煙が発生。その
煙をガラス瓶に向けて浴びせる。瓶の周りの煙が消えると、瓶の中に煙が充満してい
る。まじないっぽい手つきをしていると、程なくして瓶内部の煙が薄らいでいき、木の
枝には元のように蝶々がとまっていた。

 これにておしまい。最後は出演者総出で送り出しに立ってくれるサービスぶり。全国
数箇所を回る中で、恐らく、今回が一番少ない観客数でのショーだったと思いますが、
変わらぬであろう熱演は本当に嬉しい。
 出演者はアマチュアも含めて、レベル差はありましたが、ショーの内容や構成は素晴
らしく、大いに盛り上がりました。
 秋口には再びワンデーコンベンションが予定されているとのことで、タイミングが合
えば観に行くつもりでいます。

 ではでは。




#483/503 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/05/31  20:00  ( 31)
ただでさえ覚えが悪いところへ   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「イノセント・デイズ」第四回を録画視聴。ネタバレ注意です。
 二ヶ月近く間が開いたため、前回までの内容について記憶が曖昧ですが、どうにか思
い出せた。今回の粗筋をざっと触れると――。
 死刑判決を下された幼馴染みの田中幸乃の減刑を訴える方針で話を運ぶ弁護士・丹
下。幸乃の祖母・美智子が、彼に接触を図ってきた。証言する代わりに金を貸して欲し
いと要求する美智子を、丹下は突っぱねる。と同時に、小学校時代の苦い思い出が蘇
る。当時、幸乃を遠くへ連れていこうとする美智子の前に、バットを持って立ち塞がっ
たがどうにもならなかった。
 裁判記録などに当たると、放火直後からの幸乃の足取りを考えると、刑事が踏み込ん
でくるまでに自宅に戻るのは不可能のはず。また、凶器の灯油を入れた一斗缶から、幸
乃の指紋は検出されず、他の人物の指紋が出ていたらしい。無罪を示す証拠にはまだな
り得ないが、わずかな可能性でもあるのなら、弁護士としてやるべきことをやる。先輩
でもある父の言葉を聞き、丹下は無実を訴える方針に傾く。
 一方、共通の幼馴染みだった佐々木は、独自に動いていた。小学校時代、丹下は佐々
木にはかなわないと思っていたが、今の佐々木は故あって定職に就けず、弁護士になっ
た丹下に負い目を感じている。そのため、就職面接を受けるも不採用。そんな中、放火
殺人の現場であるアパートの大家と会い、話を色々と聞く。幸乃の味方だという大家に
勇気づけられる佐々木だったが、二度目の会話で幸乃の味方だが無実を信じている訳で
はないと言われ、落胆する。大家は、一斗缶らしき物を入れた袋を持った幸乃を、事件
当夜に目撃していた。
 幸乃に面会を断られた美智子は、朝っぱらから往来でコップ酒を煽っていた。ふらふ
らと歩き出し、一口呷った矢先、急に苦しみ出して転倒。幸乃の名を呼びながら、やが
て動かなくなった。
 ――こんな感じ。ざっとと言った割に、長い(苦笑)。
 収束に向けて動き始めた感が強く出ていて、特にあげつらう点はないです。強いて挙
げるなら、またまた上では触れませんでしたが、女性刑務官の存在。幸乃と結構個人的
な会話を交わしているし、丹下からの接触を受け、刑務所内での幸乃の様子を(禁じら
れてるにもかかわらず)ちょっと喋ってしまう。このシーンのために、序盤からちょく
ちょく、女性刑務官の心理描写的なものを挟んでいたのね。

 ではでは。




#484/503 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/01  21:03  ( 34)
配達屋さんたら変えずに消した?   永山
★内容
 メールの保存期間は無期限で、容量制限にも引っ掛かってないはずなのに、約五年半
より昔の分が消えてる……。削除基準の変更でもあったのを忘れちゃってるのかな。で
も改めて削除基準を調べても、昔のままみたいだし。

 WOWOWのドラマ「イノセント・デイズ」第五回を録画視聴。ネタバレ注意です。
 佐々木は被害者ミカの夫で田中幸乃と共依存の関係にあった井上と会う。いきなり殴
りかかってきた井上だったが、話を聞いてみると、彼は自分が妻と子供を殺したと言い
出す。事件が起きた当日の昼、ショッピングセンターで井上と幸乃は偶然、お互いを見
付けた。妻子を買い物に行かせた井上は、幸乃と会って話をする。そのときふと口にし
た「幸乃と会った頃にリセットできたらな」という言葉。その夜、自宅が炎に包まれ妻
と子供二人が死亡したことを考え合わせると、井上は自分の言葉が幸乃を殺人に突き動
かしたんだと信じていた。その話を聞いても、佐々木は幸乃の無実を信じた。
 一方、丹下は決定的な反証を見付けられずにいた。幸乃に面会を求めても断られ続
け、再審請求手続きは遅々として進まない。折しも法務大臣は、死刑制度推進派の議員
に代わり、早速、一人が執行された。死刑囚の刑確定から執行までの平均期間は五年か
ら七年とされ、幸乃は五年が過ぎている。急がねばならない。丹下は連絡の途絶えてい
た佐々木と会うため、家を訪ねる。
 その後、幸乃との思い出の場所である桜の木を訪れた二人は、この光景を彼女に再び
見せたいと強く思う。佐々木は拾った桜の花びら一枚を押し花にして、幸乃へ手紙と共
に送る。やがて届いた返事には、「あの光景をまた見たい想いがないと言ったら嘘にな
るが、気持ちは変わらない」との旨が記してあった。
 再審への道は行き詰まっていたが、ある事件が起きたことにより、五年前の事件当時
に、一斗缶の発見された場所の近辺に若者グループがたむろしていたことが分かる。ま
た、大家は井上家から幸乃のストーカー的な行為が怖いと相談を受け、結果、井上と表
札を取り替えていた。もし若者グループが、民生委員でもある大家に何らかの逆恨みを
していたとしたら……大家の家だと思って井上家に火を放った可能性は? 仮に真相が
そうだとして、幸乃はどうして死刑を受け入れようとしているのか?
 ――粗筋はこんな感じで。一気に解決に向かって行っています。特に、表札の件は、
前回の時点で提示されており、うまく使ったなあと感心しました。
 一つ、引っ掛かったのは、前回のラストで倒れた幸乃の祖母について、何ら描写や説
明がなかったこと。死亡したと見なしていいのかもしれないけど、一応、明確にしてほ
しかった。あるいは、次回最終回で何かあるのか?

 ではでは。




#485/503 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/02  21:05  ( 29)
Windowsのアップデートと関係あるのかしらん   永山
★内容
 今まで広告表示なんてされていなかったサイトで、画面の半分近くを覆う広告が出る
ようになり、非常に使いづらい。でも調べてみると、元々表示されるのが当たり前で非
表示にする方法もないらしく、となると今まで何で表示されていなかったのやら。

 WOWOWのドラマ「イノセント・デイズ」最終回を録画視聴。これは何を書いても
結末のネタバレになるので、細かな粗筋や感想はなし。
 大きかったのは、佐々木の過去話だったかな。最終盤に来てこのエピソードは、ずし
んとくる。幸乃の意思決定を動機づける大きな要素になる。だからといって、幸乃の心
情を全て納得したかというと、そうではありませんが。期待していた物語とは違ったと
いう側面も大きいけど、それを抜きにしたって、納得しがたい。
 女性刑務官の動きが、一つのポイントになっていた。そう来るかと思わせる誘導の役
目ね。
 第五回で放ったらかしだった幸乃の祖母は、やっぱり亡くなっていた模様。幸乃の台
詞で、家族はもういないと言ってたから。ただ、幸乃が祖母を家族と見なしていたかど
うかは分からないけど。

 テレビ朝日系で放送のドラマ「未解決の女」第七話十五分拡大を録画視聴。ネタバレ
注意です。
 番組オリジナルの三億円強奪事件を設定して、その三億円事件の謎に挑むっていうの
は分かっていたけれども、何だか紛らわしい。四億円事件とでもしてくれればよかった
のに。
 アルファベットカードによるメッセージが所々に出て来るのは、本ドラマとしては魅
力を発揮しやすいストーリー作りでしょうけど、如何せん、不自然さが際立つ。拉致さ
れる状況下で、カード数枚を取捨選択してメッセージを残すというのは、普通ならあり
得ない。演出から判断して、拉致された被害者こそ実は犯人というパターンになりそう
なんで、カードでメッセージを残す不自然さも問題ないとしたいのかもしれませんが、
どうしてそんな手段を執ったのかが分からない。次週最終回で明らかにされるのかな?

 ではでは。




#486/503 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/03  20:04  ( 29)
ドラキュラには向かない作業   永山
★内容
 大蒜の刈り取り?で包丁(鎌が足りないので)を使い続けていたら、手が痛い。握力
が変な感じで、パソコンを触るのがちとしんどい。

 WOWOWのドラマ「60 誤判対策室」第一回を録画視聴。ネタバレ注意です。
 えん罪事件のあぶり出しを名目に、政治家の人気取りによって作られた誤判対策室。
無実の人間を殺人犯にしてしまった過去のある定年目前の刑事の有馬英治、三連敗を喫
して左遷された検事の春名美鈴、エリート若手弁護士の世良章一の三名からなるその部
署は、どこからも煙たがられていた。
 やる気のない態度を取りながらも、己の過去の贖罪が頭にある有馬は、行き付けの風
俗店の風俗嬢から、ある話を聞き込む。それは、印鑑詐欺に絡むある殺人事件がえん罪
である可能性を示唆していた。記録に当たってみると、盗みに入った男が家人に気付か
れ、女生徒その幼い娘二人を殺害、家に火を放った放火殺人で、犯人とされた古内博文
は、すでに死刑確定しており、再審請求を出してもいない。自白しており、犯人しか知
り得ないであろう秘密の暴露もあった。この事件のどこに、えん罪の匂いを嗅ぎ取った
のか。
 ――初回の粗筋はこんな具合。付け足すとしたら、春名の上司・西島が誤判対策室に
関する検事側の窓口で、なおかつ、放火殺人の担当検事だったという設定。
 最後まで観れば面白そうと興味が湧いたのですが、序盤はちょっと首を傾げる導入で
した。舘ひろし演じる有馬刑事が風俗店を利用する様が描かれるのですが、病人やアル
中を思わせるようなぐたぐた振りで、気怠さ満載。その上、光をやたらとまぶしがる風
に見えて、日常生活を送るのすら辛そう。こんなのでまともに刑事の仕事ができるのか
と心配になるレベルでした。
 結局、そんな気怠い感じの理由は明かされず、話は進んで、えん罪の匂いを嗅ぎつけ
た途端、突如としてしゃきっとする。閑職だった誤判対策室の仕事にも身を入れる。こ
れなら、やる気のなかった有馬が何らかのきっかけで行動を起こすというストレートな
手法の方が、視聴者を惹き付けられたのでは。まあ、話が進むに従って、この導入で描
かれたシーンの意味が明らかになるのかもしれませんが。

 ではでは。




#487/503 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/04  20:18  ( 28)
読了>夢乃さんの『終末のサイエンティスト』6.ナノマシン 永山
★内容
 読みました。
 まずは、気になった・引っ掛かった箇所を以下に。

@@引用開始(指摘付き)@@
麗子が手早く準備をする間にも、光俊は廊下を歩いて行ってしまう。それでも気を使っ
てはいたようで、麗子が小走りで追いつくと、歩みを速めた。
     ↑この辺りの描写、いいですね!

「解りました。でも、どうして複製できないんでしょう? よく言われているように、
地球にない新元素なのでさか?」
         ↑「でしょうか」or「ですか」?
@@引用終了(指摘付き)@@

 あと、光俊の台詞に「うん、そう」の形が連続で出て来て、つい、「運送」の漢字を
当てはめてしまった(笑)。

 麗子視点がこれまでほとんどなかったせいか、何となく新鮮な印象を受けました。そ
れと同時に、ん?この描写はもしかして……と勘繰らせる箇所がいくつかあり、考えす
ぎかもしれないと思いつつ、麗子が登場する場面を読み返した方がいいのかなとも思っ
たり(再読はまだ実行していませんが)。

 つぶやきの方で、光俊が天才云々とありましたので、そういう目線でも読んでまし
た。キャラクターで天才らしさを見せるものと受け取っていましたけど、どちらかとい
うとよりストレートに、能力の片鱗を示したって感じ。
 光俊の得意分野というか専門が何なのかよく分からない〜。幅が広くて、多岐に渡っ
ている。そういうマルチな辺りも含めての天才といったところでしょうか。

 ではでは。




#488/503 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #487 ***
★タイトル (        )  18/06/05  11:04  ( 49)
感想レス>『終末のサイエンティスト』6話  +α  夢乃
★内容
ども、夢乃です。

拙い作品を読んで戴き、ありがとうございます。
まだまだ誤字ありますねぇ。スマホでのフリック入力に慣れない(と言うほどの初心者
でもないけど)せいか、別の段を入力しようとして『あ』段になってしまったりとか、
隣の行を入力してしまったり、ということが頻繁です。それでも最近は減ったかな。

視点は第三者、神視点ですけれど、今回は麗子の上に憑いていたようです(^^)
もう少し、第三者視点が上手く描けると良いのですけれど。経験あるのみ、ですね。

麗子に関しては、第1話からいろいろと思わせぶりな表現を使ってきたつもり。彼女の
思惑とは・・・今後明らかに・・・できたらいいな(実の所、それは主題ではないから
きちんと話に絡めていけるか自信がない・・・)

光俊は単に、この世界でまだ誰も気付いていないことに一人だけ気付いていることと、
その応用を思いついたこと、それで天才です。性格は今後も、あの通り子供っぽいまま
なので、キャラクターとして天才的な所を見せることはないでしょう。というか、私が
天才ではないので、天才キャラクターを描けない・・・あぐあぐ。

この後も最後まで読んでいただけると嬉しいです。・・・恥ずかしいけれど(^^)

■
百の凶器、年末まで引っ張るとのことで(早くタネ明かしして〜〜)、感想と一緒に
言おうと思っていた誤字を。

12
真壁 → 真瀬

13
現実味に乏しいって思 うだが。  → 現実味に乏しいって思 うのだが。
このレシート、よくる感熱紙だよ  → このレシート、よくある感熱紙だよ

■
百の凶器がまだ先ということで、その間に そばいる も進めて戴けると嬉しいですが、
他にも、
・護田鳥の冬
・Boy needs Girl
・アクセスマジック
・美津濃森殺人事件
・U.L.
・TOKIOディテクティブバトル
etc.、つづきを楽しみにしております(^^)

あ、もう一つ、「対決の場」の13が見つからないのですが、削除されてしまったので
しょうか? 話が飛んでしまって、モヤモヤしていたり。

いろいろと好き勝手言ってすみません。

それでは。




#489/503 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #488 ***
★タイトル (AZA     )  18/06/05  22:00  ( 39)
“なにもかもみな懐かしい”   永山
★内容
 読了へのレスをありがとうございます、夢乃さん。
 麗子は早い段階で、そうだったんですね〜。
 推理物読みのさがかもしれないんですが、推理物を読む場合だと警察組織に属するキ
ャラクターに関しては基本的に信用する(悪徳刑事ではない、敵方のスパイではない)
ところから入るもので(そうしないと、死亡推定時刻など捜査に関する基本的な部分か
ら疑って掛からなきゃ行けなくなり、面倒。警察に入るには厳しい身辺検査があるはず
だし)。それが癖になって、他のジャンルを読む際も、真っ当な組織に所属している人
物は基本的に見たまんまの役だろうと鵜呑みにしてしまう。結果、少々おかしな点が目
に留まっても、まあそんなものかとスルーし、疑うのが遅れる、と。私だけ?

 拙作『百の凶器』へのご指摘もありがとうございます。できる限り速やかに直しまし
た。
 “真壁”は、プロレスをテレビ観戦しながら、書いてたせいだな……。やりがちだと
自覚はあるので、時折検索をかけてチェックしてたのに、取りこぼしてしまいました。

 『そばいる』シリーズは、時代の移り変わりに沿って、方針を新たにもしくは改めて
決めた方がいいかなと迷ってる点がいくつかあります(タレントの恋愛禁止とか国外で
の移植手術とかLGBT他関連とか)が、進めてることは進めてます。イベント詰め込
みすぎた〜と焦ってる部分もあり(汗)。
 他にも作品名を挙げてもらって、凄く嬉しいし、ありがたいです。『アクセスマジッ
ク』を除いて、作者ですら懐かしい。『護田鳥』なんて、今の辞書機能だと何故か変換
してくれない。『Boy needs Girl』は続編に着手した覚えはあるのです
が、クラッシュしたのを機に、放置状態のような。『美津濃森』は数年前に続きを書こ
うとしてそれまでを読み返し、使っている機械等に年月の経過を感じて“今書かなくて
もいいか”と断念しましたが、何とかしたいなぁ。『U.L.』は純粋にギャンブルの
ネタ切れ(汗)。厳密には、書いている途中のネタと似たネタの既成作品を見掛けてし
まったので、そこを補う何かを考えねば。『TOKIOディテクティブバトル』。これ
は次のステージの腹案が、描写が似たようなシーンの繰り返しで面倒くさい割に、競争
感・対決感を出しづらく、ミステリ的にもあんまり凝った話じゃないため、他にいいア
イディアないかなと考えてる内に、時間が経ってしまったです。
 続きについては、『護田鳥』は自信ないです(汗)けど、他は続きを書く気はずっと
持ち続けていますので、気長に待ってもらえると助かります。(^^)

 「対決の場 13」は
http://www.awcjapan.net/find.cgi?md=read&sn=me7445
 で表示されると思います。検索で引っ掛からない理由は分かりませんが、いくつかそ
ういうケースがあるみたいです。

 ではでは。




#490/503 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #489 ***
★タイトル (        )  18/06/06  11:43  ( 10)
見つからない投稿・ふたたび  夢乃
★内容
ども、夢乃です。

永山さん、「対決の場 13」のURI、ありがとうございました。検索に引っ掛から
ないのはDB周りに問題がある、のかな? 全然違うところが原因だったりして。

ところで他にもう一つ、途中が抜けているものがあったような気がして、探したところ
「ハンドルネームはカイン 2」でした。元はmc3204だったのでは?と思うのですが。
こちらも、URIを教えていただけると嬉しいです。

それでは。




#491/503 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #490 ***
★タイトル (AZA     )  18/06/06  21:56  ( 23)
FDを知らずに彼らは育った   永山
★内容
 探してみましたが、『ハンドルネームはカイン 2』は見付かりませんね。
 困った。再UPしたいところなんですけど、手元にありません。旧い作品は関西の家
の方で元データを保管しているのですが、今、九州におりまして。
 関西に戻ったとしても、フロッピーディスクの山の中から探すことになるんで、時間
が掛かりそう(自嘲)。


 フジテレビ系で放送のドラマ「コンフィデンスマンJP」第九話を録画視聴。ネタバ
レ注意です。 
 まーたまたターゲットに関して調査不足のまま計画を立て実行、失敗してから変更し
――というのはいつものパターンなのですが、今回は一度ならずさらに重ねて、そうい
う意味では捻りを利かせた展開で評価できます。
 反面、作り手が視聴者に情報を小出しにすることで、面白さを確保するのは、楽をし
てるな〜って印象を受けます。最後にいたっては作戦もへったくれもなしに、どっちに
転ぶか分からない博打に出て成功する。ご都合主義のなにものでもなく、それを隠そう
とすらしていない。そもそも、最初はフェイクだったものが、終盤、主人公らの努力に
よってターゲットにとって価値あるものに変化し、それに対してターゲットは金を出し
たんだから、もはや詐欺じゃない。詐欺じゃない話を描いたドラマを、詐欺ドラマとし
て見せるのは詐欺である?
 てことで、今回はドラマとしてはうまいことやったなレベル、詐欺ドラマとしてはだ
め、かな。

 ではでは。




#492/503 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #409 ***
★タイトル (AZA     )  18/06/07  22:22  ( 34)
およそ二ヶ月ぶり   永山
★内容
 気になるニュースが多くて、何か書こうと思ったものの、絞れなかった。
 てことで、ドラマの感想。

 WOWOWのドラマ「闇の伴走者〜編集長の条件」第二回を録画視聴。ネタバレ注意
です。
 これまた初回を視聴してからだいぶ時間が空き、忘れかけていましたが、公式サイト
の粗筋紹介などを読んで記憶を補完。
 想起社の漫画雑誌「ブレイブ」の編集長に就いた醍醐は本来の力を発揮し、掲載作品
の質を高めると同時に、編集者達の意識にもよい影響が出始める。同時に、不良?社員
である綿貫の動向にも注意を払い、金の出入りにおかしな点があると、社長及び専務に
伝える。すると専務が「この件は私が」的な申し出をしてきた。醍醐は訝しみつつも、
表面上、それを受け入れた。
 一方、調査員の水野は、ブレイブ編集部のバイト・伊東とともに、漫画原稿の調査を
続行。出所を探る内に、ある古本屋に行き当たり、そこの主人・三浦から画稿の故買物
件を扱う古本屋リストを入手する。その中の一つ、コミックスープレックスは、綿貫が
毎月定期的に不審な金の入れ方をしていた先だった。さらに、想起社の創業者と、綿貫
の祖父とは大金に基づく面識があり、強い結び付きを感じさせる写真の存在も明らかと
なった。
 醍醐と水野は、転落死した南部の死に様がある漫画のシーンに似ていること、また、
南部の残したメモから彼が昭和の未解決事件を題材にした、ノンフィクションに見せ掛
けたフィクション漫画を誰かに描かせようとしていたことを知る。加えて、南部が死亡
したのと同時期、一家皆殺しの殺人事件が発生したせいで、南部の一帯はろくに解剖さ
れずに事故として処理されたことも掴む。もし南部の死が他殺だとしたら、鍵は南部が
死ぬ前に送ってきた漫画原稿にあると踏んでいる。その出所を探るべく、水野は偽名で
コミックスープレックスに査定依頼の電話を掛けた。
 ――粗筋はこんな具合。警察の捜査がないせいか、多少、とっちらかった感はあるの
ですが、南部の死の真相を突き止めるという目的が明確なので、軸がぶれずに進んでい
きます。
 脇道も面白い。醍醐が見せた編集長としての顔や、それに対する漫画家や編集者の反
応の描き方がしっかりしていて、視聴者も納得できる。枝葉と呼ぶには結構大きいし、
本筋へのヒント(多分)につながるエピソードなんでしょうけど、こうした丁寧な作り込
みは好感が持て、非常にいい。

 ではでは。




#493/503 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/08  19:53  ( 35)
ボーっと生きてると聞き間違いもする?   永山
★内容
 プレジデントオンライン発の政治ネタの記事で、「バカいってるんじゃねぇよ」がN
HKのクイズバラエティ番組「チコちゃんに叱られる!」にてチコちゃんが顔を真っ赤
にして怒鳴る名せりふ、と記述してありました。
 この番組、これまで結構見てますけど、チコちゃんが「バカいってるんじゃねぇよ」
って言うのを聞いた覚えがありません。言ったことはあるのかもしれませんけど、繰り
返されてはいないでしょうし、印象に残ってないからには単発の名台詞とも呼べないで
しょう。そもそも、顔を真っ赤にした状態でのチコちゃんの名台詞というのであれば、
繰り返し出て来る「ボーっと生きてんじゃねえよ!」が真っ先に来ると思うのですが。
記事を書いた記者は、チコちゃんのようなボイスチェンジャーを通したキーキー声に対
して、聞こえがよくないのかも。

 テレビ朝日系で放送のドラマ「未解決の女」最終回十五分拡大を視聴。ネタバレ注意
です。
 何これひどい、六十九分を返して、と言いたくなる出来映え。こっちが期待のハード
ルを高くして、それに届かなかったんでがっかり、ならまだ我慢できますが、本ドラマ
はそれに当てはまらないからなあ。
 「未解決の女」ってタイトルで最終回がほんとに未解決で終わってどうする。続編作
らせてくださいアピール? それならそれで品質をもっと高めてくれなきゃ。
 二人いる主人公の一人が銃で撃たれるも辞書のおかげで弾丸が止まって助かった、も
う一人は知らない内に病院に担ぎ込まれた、すわ一大事かと思いきや単なるぎっくり
腰。いずれも本筋に直接の関係はない。作る側は面白いと思ってやってるのかもしれな
いけど、つまらないし、単なる引き延ばしに感じる。十五分拡大しておいてこれはない
でしょう。
 ラスト近くで示唆された真相は無理筋で、こんなにうまく行くとは思えない。過去の
現金強奪はうまく行ったとしても、現代の殺人の方は計画殺人の割にはひどく行き当た
りばったりで、犯人、途中でよく殺されなかったとさえ思う。その上、狂言誘拐の最後
でロープで拘束されてクレーンから吊り下げられる役って、相当なダメージを負うので
は。刑事らに救出されるんだから、ダメージの少ない特殊な縛り方はできないだろう
し。犯人だけが疑われつつも逮捕を逃れ、、その父親が犯人として逮捕されたままって
いうのも、計画成功とは言えない。そもそも、警察の捜査が犯人親子に及ぶこと自体、
計画に穴がある証拠だけど。
 要するに、天才的な犯罪者でもない犯人に主人公らは屈した構図になっており、物語
全体がしまらない終わり方をした、そんな印象を強く受けたです。

 ではでは。




#494/503 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #493 ***
★タイトル (AZA     )  18/06/09  20:29  ( 37)
ボーっとしてる間に訂正   永山
★内容
 昨日言及した政治ネタ記事の件、指摘が多数あったのか、いつの間にやら訂正されて
いた。番組名を残し、名台詞云々をなくす形での訂正だから、かなり不自然な文章にな
っているけど。

 WOWOWのドラマ「闇の伴走者〜編集長の条件」第三回を録画視聴。ネタバレ注意
です。
 水野の偽の依頼で、待ち合わせ場所の喫茶店に現れたコミックスープレックスの人
間、それは綿貫本人だった。影から見張っていた醍醐が姿を見せ、問い詰めると、綿貫
は、漫画家に返却されず想起社に残されていた漫画原稿等を売り捌いていたことを白状
する。またこのことは想起社の上の人間も知っており、財テクで失敗した専務が積極的
に関与して綿貫と共に利益を得、社長も承知しているはずだと言った。さらに、南部に
も知られたが、もう売るなと言われただけで公にはされなかったという(そのすぐ痕に
南部が死亡したので、綿貫は裏商売を継続)。南部の性格を知る醍醐は、公にしなかっ
た点を不思議に感じた。後日、宣伝部長にこの件を告げると、宣伝部長は、社長が知っ
ていれば隠そうとするはずがないと言い切る。そうした経緯を経て、社長に直接問う醍
醐。返事は、知らなかったというものだった。
 一方、南部が死ぬ前に送ってきた原稿は、元は綿貫が入手したもので、現物は南部が
持って行ってしまったが、油絵のような物からコピーしたことが分かる。コピー原稿の
サイズを計測した醍醐は、その元の絵が紙芝居のそれだと推測する。それを受けて、水
野は紙芝居の歴史に詳しい人物に当たり、問題の原稿の作者が「めんじょう」という名
前だったことを突き止める。
 醍醐はくだんの原稿の構図が、手塚治虫の漫画『奇子』のある場面を想起させること
に気付き、描かれた場面そのものも同じ事柄を表しているのではないかと考えた。『奇
子』におけるその場面は、下山事件を描いている。また、南部の残したメモからは、昭
和の未解決事件を描いた漫画を画策していた節が窺える。南部の死は、下山事件の真相
に触れたからなのか?
 そんな折、水野の住まいのドアには、「もう手を引け」という脅しめいたメモ書きが
挟まれる。彼女と行動を共にしていたバイト社員の伊東は、夜、一人で道路脇の階段を
降りているときに背後から突き飛ばされ、転落する。
 ――粗筋は以上のような感じ。今回は割と予想通り、期待通りの展開を見せたので、
この先どうなるんだというはらはらどきどき感は薄かったかも。
 そんな中、紙芝居に結び付く過程は見事だし、それに続く紙芝居に関する蘊蓄が興味
深く、面白い。最盛期には一万人以上が全国にいて、人気作品は貸し借りされていたと
か。紙芝居の原稿って一作品につき一つしかなかったとのことで、意外に感じたです。
複写というか手書きで同じ物をいくつも作るんだろうなと、何となく思ってた。

 ではでは。




#495/503 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/10  21:01  ( 62)
新幹線及び新感線   永山
★内容
 東海道新幹線殺傷事件。
 小説の筋書きの一つとして、似たような状況を考えたことがあります。最初に着想し
たのは、地下鉄サリン事件が起きた頃で、「同じことを新幹線でやられたら、地上を走
っていても停車駅が少ない分、地下鉄と同等の被害が出るかもしれない」と感じたのが
元。
 その後、白昼無差別に人を襲う通り魔事件が増えたように感じ、「同じことを新幹線
でやられたら」と想像して薄ら寒くなった。、二〇一五年に起きた新幹線内焼身自殺事
件もしかり。
 自分が何ヶ月か毎に新幹線を利用するようになっていたから、以前より身近に感じた
ということなんでしょう。実際、小説のネタを離れ、どの位置に座れば最も対処しやす
い(逃げ延びる可能性が高い)か、なんて考えが、乗る度にふっと頭をよぎります。

 WOWOWのドラマ「闇の伴走者〜編集長の条件」第四回を録画視聴。ネタバレ注意
です。
 階段を転げ落ちた伊東は、左腕に大怪我を負うも命は無事。知らせを受けた醍醐は、
社員の安全を守るためとして、調査の中断を宣言する。それに異を唱えた水野。水野は
想起社の人間ではないこともあり、醍醐と二人で調査は続ける。
 南部の愛人だった女性を知る人物・塚本とコンタクトが取れ、水野は情報をもらうの
を兼ねて、話を聞きに行く。塚本が話すかつての同僚・南部は、口汚くて失礼で喧嘩も
したけれど、翌日には謝ってくれて普通に話し掛けてくるような性格で、漫画の研究分
析に日々を費やしていた男だった。漫画家を罵るときには、その漫画家の作品に出て来
るキャラクターの特徴を真似てからかうことも多々あったという。
 やがて紙芝居作家で幻の漫画家である校條(めんじょう)の旧住所が判明、いるかい
ないか分からないが訪問してみることに。呼び鈴を押してからだいぶ経って、返事があ
った。アパートの一室にいたのは、老人と呼べる痩身の男。南部が原稿を持って訪ねて
こなかったかと問うと、あっさり認める校條。原稿を返しに来た南部に対し、その原稿
を含めて作品を丸々やったという。その紙芝居作品は、醍醐の推測通り、下山事件を
テーマにした物で、後に校條自身が漫画にして刊行もされていた。全三巻に渡るその漫
画の内、手元にある一巻と二巻を読ませてくれた。醍醐は一読し、下山事件に新たな解
釈を示す傑作だと評価、漫画雑誌「ブレイブ」への掲載を願い出る。一方、水野の関心
は事件に向く。水野からの質問に校條はさらなるアイディアを出し、下山事件の“真相
”をより複雑な物にしてみるかと言い出した。その様子から、何か秘密の情報を握って
いると感じた水野が問うと、校條は下山事件の現場を目撃したんだと言った。彼の目撃
証言の通りなら、漫画に描かれたことや出されたばかりの新たなアイディアは、全て事
実かもしれない。
 伊東は醍醐の意向でバイト社員を外れていたが、このまま引き下がるのはどうにも悔
しく、怪我は完治していないが復帰を頼みに編集部へ赴く。醍醐は不在だったが、先輩
社員が話を通しておくと約束してくれた。その帰り、社内でエレベーターを待つ人混み
に並んだそのとき、すぐ前に立つ人物の靴に見覚えが。自分(伊東)を突き飛ばして立
ち去った人物の靴と、同じ減り方をしている!? 靴の主の顔を見ようとしたそのと
き、先輩から声を掛けられ、忘れていたとして皆から集めた退院祝いを渡される伊東。
その間にエレベーターは行ってしまった。
 水野は南部の転落死した建物屋上に行き、たまたま、南部の転落する姿を目撃したと
いう住人女性と巡り会う。その証言によれば、南部は敬礼の格好をして落ちていったと
のことだった。
 ――粗筋はこんな感じ。一気に話が進んで、ほぼほぼ犯人が分かったかも?と思わせ
る回でした。
 本作の興味(謎)は南部の死の真相を突き止めるだけでなく、下山事件の真相(新解
釈)や漫画原稿の行方といったサブ的なものの他、南部が見付けた漫画雑誌の勝利の方
程式とは何かとか、水野の死んだ父親は本当に自殺だったのかというエピソードもあ
り、多岐に渡っています。この内、水野の父親の件は残り一回で解明されることはない
でしょうけど、あとは順調に解決へと(多分)向かっており、バランスのよさを感じま
す。ここに来てまださっぱり想像が付かないのは、漫画雑誌勝利の方程式のキーワード
“水色”ぐらいで、他はほどよく解きほぐされている。
 謎とは別に、放ったらかしの事項がちょっとだけあるけど、これもきっと何か関係し
てくるんだろうなと期待が高まります。
 古田新太演じる醍醐が、前作よりも若干丸くなった印象で、共感しやすい。傍若無人
キャラとして描かれる南部との対比で、醍醐は南部と似ているところもあれば違うとこ
ろもある。その違いの大なるのが部下思いであることをはっきり示すキャラ。ここに共
感しやすさのポイントがあるような。

 ではでは。




#496/503 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/11  21:10  ( 48)
似て似てるもの   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「60 誤判対策室」第二、三回を録画視聴。ネタバレ注意で
す。
 誤判対策室の事案ではないが、独自に動いて放火殺人の調査を続ける有馬。えん罪事
件のあぶり出しで早く成果を出したい世良もこれについて来る。取っ掛かりは印鑑詐
欺。その実行犯の一人が収監中と聞き、面会に行った。有馬はかつて取り調べで使った
脅し透かしはったりなど緩急自在の攻めで、相手から元締めに関するいくつかの情報
(名前が矢野高虎など)を得る。さらに、大量発注を受けていた印鑑屋を訪ねると、店
の主人は詐欺には全く関知しておらず、注文客の情報をすんなり教えてくれた。それは
三十代の女で、店主と交わした世間話から、比較的簡単に居場所を突き止めることがで
きた。女が喫茶店で今まさに化粧品詐欺を働こうとする場を有馬は押さえ、化粧品詐欺
について通報するかどうかはおまえの証言次第だとして、矢野の動向を尋ねる。が、女
の口は堅く、矢野に逆らえば殺されると怯える。放火殺人の被害者・長谷川由美が死ん
だのは、矢野に逆らったからと考えていたためだ。
 有馬は単独でカメラを持ち、張り込んで、矢野の身辺を洗う。リサイクルショップ経
営の矢野には若い妻と幼い娘がおり、その妻こそが放火殺人犯として死刑判決を受けた
古内の娘だった。古内は、娘のために身代わりになったのか?
 刑務所に古内を訪ねた誤判対策室の面々。えん罪事件である可能性を匂わせても、し
かし古内は自らの有罪を唱えるばかり。再審請求を出すどころか、早く死にたがってい
るような発言までする。有馬は大きく落胆した。
 世良は父親(誤判対策室創設に尽力した議員)の秘書?から、いつまで弁護士をやっ
ているんだだの、誤判対策室に入るなんてお父様への子供じみた反抗はやめなさいだの
と言われ、かえって反発を覚える。※誤判対策室は表向きとは違って、死刑囚の再審請
求を速やかに退け、迅速な刑の執行を後押しするために作られた。
 検事の春名は、誤判対策室を突然訪れた上司の西島に、西島担当の放火殺人事件を再
調査している資料を見られてしまい、酷く叱責され、嫌味を言われる。それまでは検事
の本道に戻りたくて上司の言うことに従ってきた。が、前に世良から「検事はえん罪を
暴く気はないんですね」と言われたこともあって、内心で決意を固める。
 翌日、有馬が呼び出されて出勤すると、春名と世良が待ち構えており、放火殺人の案
件を正式に誤判対策室で扱うことに決めたと告げてきた。死刑囚自身が望まぬ現状で、
再審まで持って行けるのか不透明であるが、とにかく動き出す。それには裁判で使われ
なかった証拠の開示が鍵になりそうだが、それを握るのは西島。まともに要請しても、
拒否されるのは目に見えている。春名はカフェで引いたおみくじが大吉だったのを機
に、思い切って西島の部屋に忍び込むと、証拠に関する書類を探した。そこへ、部屋の
ドアを開ける人影が……。
 ――第二回と第三回の粗筋はこんな感じ。だいぶ削ってます。凄く気になるところで
続くとなった(笑)。
 誤判対策室という架空の設定を、いかにもありそうな周辺事情を付加することで、結
構現実味のあるものに仕立ててる。でも、刑事と検事と弁護士が同じ部署にいるという
状況には、やっぱり違和感の方が上回りますが。何も不正をしていなくても、馴れ合い
の温床と疑われて、世間から叩かれそう。
 あと、前のドラマW(WOWOWのドラマ)作品で視聴もした「イノセント・デイ
ズ」と似ている部分が多くて気になる。再審を求めていない死刑確定囚、えん罪が疑わ
れる、事件は放火殺人、犠牲者は母親と二人の子供。多すぎないか? いや別に似た要
素がたくさんあってもかまわないんですけど、「イノセント・デイズ」をやった直後
に、この「60 誤判対策室」を持って来る感覚がよく分からない。敢えて見比べても
らって、えん罪について考えてみませんか的な意図があるのかしらん?

 ではでは。




#497/503 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/12  21:14  ( 29)
詐欺ドラマなので面白さは保障しない   永山
★内容
 フジテレビ系で放送のドラマ「コンフィデンスマンJP」最終回十五分拡大を録画視
聴。ネタバレ注意です。
 ストーリーは捻りがあって悪くない。ドラマの造りとしては法廷物のバリエーション
で、メインとなる主人公グループの部屋が裁きの場。私設法廷、私的裁判ですね。
 反面、細かな点でこれまでの積み重ねが台無しにしている。まず、今回の敵役である
鉢巻が、ダー子らを“最高のコンフィデンスマン”と評価して犯人扱いしたけれども、
とても最高のコンフィデンスマンと思えない。騙したあとも信頼を得続けていることな
んてほとんどなかったし、顔ばれした件もあったし、詐欺を行った結果損をしたことも
あった。
 また、本ドラマのやり口からして、敵サイドの掴んだ情報や証拠がどこまで正確なの
か、疑って掛かる必要がある。そしてその通りのどんでん返し展開だったから。素直に
騙されようがない。
 そもそも、ダー子らは義賊でも何でもなく、単なる悪人グループ。共感や同情する余
地がなく、当然、応援する気にならない。「こいつらが手ひどい目に遭っても全然ハラ
ハラしない。いい気味だ」ぐらいに感じます。
 さらに、ダー子らの計画が綱渡りに過ぎる。鉢巻がもしも銃による殺害ではなく、刺
殺や絞殺を選んだとしたら、どう対処したのか。また、鉢巻が途中で逆上して、一人を
“殺す”のに全弾打ち尽くしてしまい、新たな銃を手にしていたら、どう切り抜けよう
というのか。完全に当初の予定通りに進む計画なんて望むべくもないんだから、計画に
柔軟性を持たせてはあると思うけど、今回描かれた計画は危険度が高くて命を落としか
ねない。
 ついでに言えば、鉢巻の父親の組織も迂闊に過ぎる。金と薬物を受け渡しする際に、
薬物の中身を確認するシーンが一切なかった。あれでは騙してくださいと言ってるよう
なものでは。そうさせたのもダー子らの計略の効力だというのであれば、そこを描いて
くれなきゃいけない。
 映画化が決定したとの報がありましたが、よほど脚本を磨かない限り、長丁場をもた
せるのは無理なんじゃないかなあ。

 ではでは。




#498/503 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #387 ***
★タイトル (AZA     )  18/06/13  20:24  ( 25)
散歩する休日   永山
★内容
 東京五輪に合わせて、祝日を移動し連休作り。二〇二〇年は秋の連休が減ることに。
 これは……小説のネタになる。体育の日のことを描いているから十月の話だと思った
ら実は七月とか。逆に、この年の出来事を取り入れて物語を作る際には、祝日に大いに
注意を払う必要が生じるし、何の気なしに二〇二〇年の出来事を描いただけのつもり
が、日取りでおかしな点が出て来る恐れも。

 成人年齢を十八歳に引き下げる改正民法が成立。二〇二二年四月一日から施行。
 この法案が以前話題になった折、施行後最初の成人式をどうするんだろうって思い、
書き込みのネタにしましたが、今日ニュースを観ていたら、十八〜二十の三世代?を一
世代ずつ分けて朝、昼、晩と催すことを考えている自治体が出てました。コストが掛か
るのは承知の上とか。三世代まとめてやると、会場の広さなどの問題の他に、「単なる
二年遅れの全校集会みたいになる」という意見が紹介されてて、面白かった。
 虚を突かれた思いになったのは、「十八歳で成人式をやると久しぶり感がない」とい
う意見。なるほど。十八なら多くが高校在学中に迎える訳で、成人式で懐かしさを感じ
る度合いは、現状より下がるはず。
 こうなったら、成人式はなくして、二十歳の儀とでも銘打って、二十歳を迎える人を
対象にこれまで通り式典を行えばいいんでは、とか思ったり。
 とりあえず、個人的に迷っているのは、拙作「そばいる」シリーズにて成人式を描く
のをやめるかどうかってことですね(笑)。タイムカプセルの件があるからなあ。全然
触れない訳には行かない。
 そういえば、2分の1成人式を行っている小学校は、どう対応するんだろう? 九
歳、つまり小学三年生を対象にして継続するとしても、代わり目の年は四年生も一緒に
やるのかしらん。

 ではでは。




#499/503 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/14  20:50  ( 25)
おかわりはなし?   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「60 誤判対策室」第四回と最終回を録画視聴。ネタバレ注意
です。
 最終回を含んでいることもあって、粗筋は省略気味で。ざっくり言えば、上司に嫌味
を言われながらも、放火殺人事件を誤判対策室で取り上げることになり、より深く調査
を開始。犯人しか知り得ない秘密の暴露であるとされた、死因に関して、決定的な誤り
が見付かり、えん罪を証明できる可能性が。しかし、かつてこの放火事件を担当した検
事の根回しによって、死刑執行を促す書類が上申?され、執行命令書がまさに出されよ
うとしていた。そのことを教誨師のリークにより当日知った有馬らは、残された一時間
で手を尽くす。果たして刑の執行は止められるのか――ここまでが第四回。
 このあと、有馬がある奇策を取るんですが、ドラマで描かれたように本当に功を奏す
るのか疑問に感じなくもなし。刑の執行されるタイミングを知ったからこその奇策だけ
ど、それにしたって執行中止になるのかなあ? これが有効なら、現実世界でも使われ
そうだ。
 で、死刑執行の中止を経て、再審がメインになるものと思っていたら、さにあらず。
再審の法廷場面もありましたが、時間は短く、終わり間際に配置されていました。予想
外でしたが、そこにはちゃんと理由や計算があって、ドラマに奥行きをより与え、面白
くしていた。えん罪をテーマにした物語と見せ掛けて……という風に受け取ることが可
能。細かな状況証拠というか暗示が、若干、後出し気味の部分があったのは惜しい。
 てことで、割とよかったです。が、期待していた展開にならなかったのは、ちょっと
残念。あと、以前に書いた、物語の根幹をなす大まかな枠がこれの前のWOWOWドラ
マである「イノセント・デイズ」と似通っている理由、結局分からず。似通ったドラマ
を連続して意識的にやるならやるで、そう銘打ってもいいんでは。べたですが、えん罪
シリーズなんて括りで。

 ではでは。




#500/503 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/15  21:02  ( 30)
朧気な記憶を頼りに忘却の話   永山
★内容
 プロレスラーの藤波辰爾がカルッツかわさき(川崎市体育館のあった場所)で試合を
するに当たり、「山本小鉄の引退式以来」とコメントしたのをスポーツ新聞系サイトで
読む。
 え? ほんとかなと思って調べてみたら、山本小鉄の引退式(引退試合)が行われた
のが、一九八〇年四月。その後、少なくとも一九八六年五月、一九八七年十月、一九九
四年十二月の川崎市体育館でのプロレス興行に、藤波は出場してる記録が。山本小鉄の
引退で強く印象に残っているにしたって、いくら何でも忘却しすぎのような。
 村松友視の著書に、ジャンボ鶴田は「忘れない人」、藤波辰爾は「忘れる人」と書い
てあったような記憶があるのですが、まさかこれのことではあるまい(苦笑)。

 WOWOWのドラマ「闇の伴走者〜編集長の条件」最終回を録画視聴。ネタバレ注意
ですが、粗筋は省きます。
 一旦解決したと見せ掛けて、裏があるというのはよくあるパターンですし、本作では
割とあからさまにどんでん返しの布石が打たれていたので、そこは予想通り――心地の
よい予想通り。ただその布石が示す相手ってのが複数の候補がいるので、どう絞り込む
のかと思っていたら、案外あっさりした決め打ちで決着。ご尤もな理屈ではあります
が、ちょっと拍子抜け。
 謎として残されていた水色の件は、なるほどそういう意味かと納得。振り返ってみる
と、これもかなり早い段階でヒントが示されていたと分かります。私は気付かなかった
けど、気付く人はその早い段階で気付くだろうなあ。
 放置されていた事項についても、ちゃんとしたフォローあり。それも結構な長さで、
ある意味、ストーリーの肝と言えるかも。関係者が、事件解決後に醍醐らが動くまで何
のアクションも起こさないっていうのは、あり得なくはないがちょっと考えづらい(も
しくは作者都合)ですけど、ドラマを締め括るのにはこの配置がベストな訳で、難し
い。
 第三段の続編が作られるとしたら、水野の父親の件を扱うのかしらん。でも、これま
での二作は共に漫画にまつわる事件を取り上げていたのに対し、水野の父親の件は漫画
とは無関係に思える。その辺の作り方をどうするのかも気になるし、第三弾に期待。

 ではでは。




#501/503 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/16  21:31  ( 29)
期待通りにはじけるか不発で終わるか   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「不発弾」初回無料放送を録画視聴。ネタバレ注意です。
 番組ガイドによれば、社会派ヒューマンサスペンスとのこと。金融経済の不正がテー
マなんで、経済サスペンスかと思ってましたが、もうちょっと幅が広いのかな。
 ざっくりした粗筋は――日本の大手総合電機メーカー・三田電機産業が七年で一千五
百億円の“不適切会計”をしていたことが公になり、粉飾決算の疑いが掛かる。記者会
見で社長はあくまで“不適切会計”とし、原因と責任の所在、今後の対策を示す。凡百
の企業なら上場廃止が当然だが、三田電機ともなると日本経済を揺るがしかねず、金融
庁もおいそれとは動けない。このまま騒ぎは収束する公算大だったが、会見の翌日、三
田電機の経理に関わる社員が首吊り死体になって発見される。自殺と見なされ、警察の
捜査も入らない雲行きだったが、三田電機の疑惑を追う女性刑事が突破口とすべく、タ
イミングから言っても自殺ではなく口封じの他殺ではないかと主張する。部署違いによ
る衝突がありながらも殺人の疑いで捜査開始。だが、決め手を欠いて進展しない。そん
な中、自殺した社員と頻繁に連絡を取り合っていた金融コンサルト・古賀が浮上。身辺
を洗うと、不祥事を起こした企業を守る伝説的な人物らしい。女性刑事は記者会見の前
後で三田電機社長の周囲に出没した古賀を目撃していた――こんなところ。もうちょっ
と入り組んでいますが、省略しています。
 今回は、主役の古賀の立ち位置がまだ全くはっきりしない段階で、感情移入の対象が
なく、様子見の回といった印象。それでも面白くなりそうな萌芽はそこここに。
 まあ、素直に考えれば、記者会見で騒ぎをうまく収束させられる見込みだった(社長
にアドバイスしている)古賀と通じていた社員を、古賀がわざわざ殺害する訳がない。
たとえ自殺であっても、報道が明るみに出ることで、疑惑を継続させてしまう。何らか
の理由で始末する必要が生じたなら、少なくとも遺体が発見されないようにするのが絶
対条件。だから古賀に容疑を掛ける刑事らの判断は間違っていることになるはずです
が、果たしてそう単純に捉えていいものかどうか。
 古賀は過去に金融絡みで身内を失ったような描写があり、その復讐を企図して経済界
に潜り込んでいるのだとしたら、味方のふりをして裏切る展開も充分に考えられる。て
ことで、この先が気になる滑り出しで、よい感じです。

 ではでは。




#502/503 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/17  20:16  ( 25)
後輩注意報!   永山
★内容
↑いわゆるライトノベル的な作品にありそうなタイトル、かも。

 先日、朝からそこそこ晴れていて、メールチェックが終わったら畑仕事の手伝いに出
ようと思っていたら、俄に暗くなった。
 一雨来ると思い、これは早く外に出ねばと着替えて飛び出す。するとすでに宙にはチ
ラチラと降る物が。もう降り出したかと焦りつつ、屋根のないところへ出て、その降っ
ている粒に当たると、感触がどうも違う。冷たくないし、水分を感じない。指先で触れ
てみて、ようやく分かった。火山灰だ、これ。
 部屋に引き返してインターネットで調べると、速報が出てた。
 眼鏡をしていても目に多少入るんで、ほんとは水中眼鏡的な物を装着した方がいいん
だろうけど、その日は草抜きだけしてさっさと退散。終わったあと、髪の毛がタオルを
被っていたのにざらざらになってた。
 ちなみに先に畑に出ていた父は、私が行くまで、「変な雨だな」としか思っていなか
ったようで。長年に渡って慣れてしまうと、鈍くなる?

 新幹線でトラブル続きなんで、次はほんとに船で行き来しようかしらんと考え始めた
今日この頃。まあトラブルのあとしばらくは緊張感が高まり、改善の程度も維持される
だろうから、問題は起きづらい気もするのだけれど。
 で、この間の新幹線内殺傷事件のニュース関連で、逃げるとしたらどうするのがいい
かっていう話がネットでも出ていた。最悪、トイレに逃げ込むのもありかなと思ってた
んですが、出ていた識者の話ではだめだとか。ドアを突破されたら逃げ道がないという
のが理由。トイレのロックなんてシンプルな物だから、鍵がなくても比較的簡単に開錠
できるんでしょうし、やっぱりそういうものなんだなと納得。

 ではでは。




#503/503 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/18  21:19  ( 25)
思い込みの危うさ   永山
★内容
 朝採った野菜を、テレビでNHKを聞き流しながら段ボール箱に詰めていると、「緊
急地震速報です」という声が聞こえてきたんですが、しばらく意に留めないでいまし
た。というのも、画面を見ていなかったのも大きいですが、それ以上にちょうど八時に
なるかならないかの頃合いだったため、NHKがこういうタイミングでよく流してい
る、緊急地震速報のシステムを告知するものだと思い込んでしまったから。
 一分ほど経ってから、具体的な地名が聞こえた気がしたので、画面を見に行き、よう
やく本当に大きな地震があったのだと知った次第。
 で、関西にある我が家は、阪神淡路大震災のときに多少揺れた(震度四)せいか、じ
わっとしみ出す風に雨漏りするようになってしまい、どうにかこうにか補修してきたん
ですけど、今度の地震(同じく震度四)でまたずれが生じて、再び雨漏りするようにな
ってるかもしれず。震度六弱のような強い揺れが襲ったのなら、交通機関の復旧具合を
見て戻る算段を付けるかもしれませんが、震度四ならおいそれと行けない。九州にいた
ままで家の状態を確かめようがなく心配ではありますが、しょうがない。ご近所さんか
らの連絡がないということは、少なくとも外見的には異常なしのはず。

 大きな地震や災害の報道があると、ストックしてあるプロットの内の二つを、作品に
使っていいものかどうか考えてしまいます。
 一つはだいぶ前にフレボイで書いた気がするけど――男Aは、近しい知り合いBに普
段から殺意に近い怨みを抱いているもののの、実行には移さないどころか表にも出して
いない。が、震災が発生した日、AはBと二人きりの状況で被災。Aは無傷だったが、
Bは落下物で軽い怪我。「今ならBを震災による事故に見せ掛けて殺せる!」そう判断
したAは、食器棚を押し倒して――というもの。先行作品が多分あるんじゃないかって
気がすることもあり、自作には使わずじまいでいます。

 ではでは。




「◇フレッシュボイス2」一覧



オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE