AWC ◇フレッシュボイス2



#460/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/05/10  20:57  ( 36)
諦めの境界   永山
★内容
 救急通報を受けた職員が住所の入力ミス、救急車の到着十分遅れ。死亡した男性遺族
が消防組合を提訴。奈良県天理市。
 というニュースに対するネットユーザーのコメントで、遺族側に批判的なものが多い
のは今のご時世想像が付くんですけど、「運命だと思って諦めたら」的なコメントも結
構多いのにはちょっとびっくり。曰く、亡くなった男性は一度心筋梗塞をやっていて、
二度目が来たら危ないのは分かっていただろう、十分程度の遅れは誤差の範囲で、通常
通りに到着していても救命できたかどうか分からない、と。
 諦めたらとコメントするその理屈は一応分かった。で、ふと思ったのは、人はどこま
でなら諦めがつき、どこからは諦めがつかないんだろ? 途轍もない不運なパターンは
除くとして、極端な場合を考えてみると。
・旅先の孤島で事故に遭って重傷、病院はない、救急のヘリも呼べないまま亡くなっ
た。あとになって外科の名医がホテルに同宿していたが名乗り出なかったことが判明。

・幼い子供が溺死。溺れる様を見ていた野次馬の中には、水泳の選手がいたが、故障を
抱えていたため動かず。

・急病で病院に搬送。三分あとに担ぎ込まれた国会議員の治療が(医学的理由なしに)
優先されたため、治療開始が十分先延ばしになり、結果的に死亡。

・交通事故で運ばれてきた男が逃亡中の凶悪犯だと気付くも、治療。その間、通報も済
ませたが、息を吹き返した凶悪犯は人質を取る等して逃走をはかり、病院職員や患者に
犠牲が出た。

・人の少ない山里で急病になった。民家に助けを求めると、よい病院を知っていると自
家用車で運んでもらった。若干の後遺症があったものの、ほぼ完治。ところがあとにな
って、その山里の近くには優れた医者がいたと分かる。運んでくれた人に悪意はなく、
単に知らなかっただけだが……。

 上に書いてきたのは、当人の意思とは関係のないところで“運命”が決まっている。
 最後に、当人の意思でどうにかできたかもしれない場合を考えてみると。
・通り魔による連続殺人事件が起きていて、地域一帯で夜の一人歩きは気を付けましょ
うという空気になる中、やむを得ない事情で夜一人歩きをした結果、障害の残る重傷を
負った。その直後から警察のパトロールが強化され、程なくして犯人逮捕。諦めはつ
く?

 ではでは。




#461/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/05/11  19:58  ( 35)
本体よりも長い   永山
★内容
 テレビ朝日系で放送のドラマ「未解決の女」第四話を視聴。ネタバレ注意です。
 古賀がコメディ担当だとはっきりした回(最後にちょっとだけいい台詞を吐いたけど
ね)。そしてその役回り故に、事件の真相や犯人の見当を付けやすくなっている。正直
に言って、このキャラ設定はドラマ全体にマイナスの作用をもたらしている。
 前回辺りから、関係者の事件当時の姿(十数年前の姿)をヒロインの矢代が見るとい
う、海外ドラマ「コールドケース」に倣ったかのような演出が目立ち始めた気がする。
過去の未解決事件を扱うのだから、双方のドラマが似た傾向にあるのは事実だけど、本
作の演出には矢代がそれを見る理由がない。演出によって感動が生まれる訳でもない。
意図が掴めない演出。
 扱う事件の謎は、見え方はやや入り組んでいるも、答は単純、ヒントはあからさま。
それに対して、矢代が鈍い。いくら「脳筋(脳みそまで筋肉でできている)」と呼ばれ
ていると言ったって、これはないだろう。刑事になれないレベルじゃないかしらん。火
を着けようとする犯人を取り押さえるアクションシーンがありましたが、これならいっ
そ頭脳労働はやめて、アクションに徹すればいいのに。

 ここから蛇足。
 住民票の写しの交付が厳しくなったのって、いつ頃でしたっけ。法律できちんと厳し
くなったのは二〇〇八年みたいですが、このドラマの最初の事件当時である二〇〇三年
頃にはどうだったのかしらん。というのも、失踪した女性の次男が養子であることは内
密にされたと言っていたけど、注目の事件だからマスコミも必死になって調べるはず。
記者が請求して、記載省略なしの住民票の写しを交付してもらえたとしたら、次男が養
子であると分かるんじゃあ?
 と、ここまで書いたあと、詳しい人に教えてもらった。特別養子縁組なら戸籍にも実
子として記載される、と。そう言われてみれば、ドラマでも特別養子縁組と言っていた
気がする。でも確認しようにも、録画機が不調で残ってない。見逃し無料配信してるか
どうか知らないけど、ドラマのタイトルと“特別養子縁組”でand検索してみたら、
果たしてその通りだった。あらぬ疑いを掛けてすまんこってす。
 ただ、次男を産んだ母親の方が、次男を手元に置いておかないと養育費をもらえない
からと養親の家に乗り込んでくるくだりがよく分からない。そんなの認められる訳がな
いのでは? それと、養育費をせびろうとしていた実母が急に音信不通になったら、元
旦那が「変だな。あいつ、子供を取り戻してくるからとか言ってたが、トラブルでもあ
ったのか」なんて風に勘付きそうなものだけど……養育費について言われなくなったこ
との方が大きかった?

 ではでは。




#462/629 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #419 ***
★タイトル (AZA     )  18/05/12  18:41  ( 33)
読了>夢乃さんの『終末のサイエンティスト』5.実験   永山
★内容                                         18/05/12 18:42 修正 第2版
 拝読しました〜。
 前回の、先を想像しがたい感じから一転、今回は既定路線を進んだ印象。この手のジ
ャンルを好きな人がどう感じるか分かりませんが、門外漢の私でも安心してついて行け
る展開でした。
 繁樹のキャラクターがちょっと変わったかなあと思って読み進めていたら、やっぱり
意図的だったんですね。この変化の原因は麗子の推測した通りの理由なのか否か、頭の
片隅に留意しておく必要あり?

 ずっと光俊の視点で描いてきて、最後だけ唐突に麗子になったので、一瞬、混乱した
です。
 それと、そのシーンに出て来た、15:30が正午過ぎというのには違和感を覚えま
した。昼食にしては遅いし。もしかすると、12:30の打ち間違い?
 その他、読んでいて引っ掛かったところを以下に。漢字については誤りと言い切れな
いかもしれませんが、一応、より一般的と思われるものを挙げてみました。

@@引用開始(指摘付き)@@
その轟音は締め切った車内にまで響き、車体も小刻みに振動した。
     ↑「閉め切った」?

多少の風がある分、返って車内よりも過ごしやすいかもしれない。少し傾いたように見
         ↑「却って」もしくは「反って」?

繁樹の人心を知らない物言いは役人とは向いていない(いや、今やそんな役人は少数か
もしれない)言葉と、こと、この手のことに関しては行動と発言が一致していない光俊
の言葉の、まるで発言者が逆になったかのような光景が、麗子の笑いの琴線に触れたら
しい。
↑
この文が今ひとつ飲み込めなかったです。言わんとすることは伝わってくるのですが、
細部がよく分からない。とりあえず、「役人とは向いていない」は「役人には向いてい
ない」か「役人とは思えない」でしょうか?
@@引用終了(指摘付き)@@

 ではでは。




#463/629 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #462 ***
★タイトル (        )  18/05/13  11:54  ( 20)
感想レス>『終末のサイエンティスト』5.実験  夢乃
★内容
ども、夢乃です。

拙い作品を読んで戴き、ありがとうございます。基本三人称視点で書いていますけれど
どうしても、「第三者が見ている誰か」視点にブレてしまっているんですよね。それで
場面が変わるとその対象が変わってしまい、それが視点の変化に見えてしまっている。
うーん、場面が変わっても違和感ないように書けるようにならなければ。頑張ります。

15:30が正午過ぎなのは、意図的です(実は、4話でもこれに類する表現を出して
いますが、違和感を伝えられにくかったかな、と思って別の時間帯で改めて出したり)
なぜ、正午過ぎが15:30なのか、それはこれから少しずつ明らかにしていく予定。
登場人物の行動よりも、こういう違和感を頭の片隅に置いておくと、この先いろいろと
腑に落ちることがあるのではないかな、と。(上手く書けるかな?(^^;)

誤字指摘もありがとうございます。指摘戴いた箇所を直しました。ただ「締め切る」は
そのままでも合ってるみたいです。

しめ き・る [3] [0]【締(め)切る・閉(め)切る】
https://www.weblio.jp/content/%e7%b7%a0%e3%82%81%e5%88%87%e3%82%8b

それでは。




#464/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/05/13  21:01  ( 29)
百つながり   永山
★内容
 拙作『百の凶器』、ようやく明々白々な地点まで到達し、あとは決め手を残すのみ。
その決め手はさして難しくない、というかまだ取り上げずに残っているあからさまな手
掛かりを当てはめればこれまた明々白々だろうとってことで、ラストは先延ばしに……
できれば年末まで(汗)。
 文章はほぼ仕上がってるんですけど、そろそろ『そばいる』関連その他に着手した
い、せねばという思いが強くなってきたもので。

 百円ショップの奇術商品が結構凄い、という記事を昔どこかで読んだ覚えがあったん
ですが、どの百円ショップかを覚えてなかった。その後、百円ショップに行ったついで
に何度か玩具のコーナーを覗くとマジックがあったんですけど、既製品が普通に置いて
あるだけで、価格も百円ではなかった(はず)。
 ところが先日、同じ店に行ったところ、百円ショップオリジナルと思しきパッケージ
でマジックが置いてあった。価格の表示がないってことは、税込み一〇八円。種類豊富
で、レベルは五段階に分かれているが、どれも同じ一〇八円。これは試してみねばと、
種を知らない演目の中から二つ買ってみました。伏せたグラスの中にコインが出現する
マジックと、蓋をした瓶の中にある三本のボルトの内、指定された一つのみナットが外
れるマジックで、ボルトの方は科学マジックの応用っぽくて、想像していたのに近かっ
た。
 コインの方は、想像とは全く違っていて、これほどシンプルだとは思いも寄らず。こ
れなら百円以内に収まるわ〜。プロがテレビで似たような演目をやるのを見たことあり
ますが、同じ種なのかな?

感想レスレス>『終末のサイエンティスト』
 おおー、そうでしたか>15:30。失礼をしました。そして、とても楽しみです。
 4話で類する表現というと……夜明けのくだり? だとしたら、読んだときは、こう
いう地域もあるだろうな、日本とは限らないんだし、そもそも社会や世界がだいぶ変わ
ってるだろうし、くらいの感覚で流してしまいました。

 ではでは。




#465/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/05/14  22:03  ( 26)
学ばないコンマン   永山
★内容
 フジテレビ系で放送のドラマ「コンフィデンスマンJP」第六話を視聴。ネタバレ注
意です。
 今回は、この詐欺でどうやって儲けるのか分からないという、新機軸。しかし、評価
はあんまり高くない。最後になってダー子らは儲けた訳だけど、結果論というかたまた
まうまく行っただけで、納得感が乏しい。尤も、これはいい方向への変化の兆しなんだ
から歓迎すべき。だけど、計画の立て方がまた戻った。相手の力量を見くびって計画を
立ててる。何で調査がいつも中途半端なんだ。
 台詞に「耳障りのいい」と出て来ましたが、耳に障るんだから悪いものに決まってる
訳で、ここは「耳当たりのいい」かな。ただ、「耳触り」という表記も大正の頃から作
家が使っていたそうで、一部辞書にも載るくらいだから、「耳触りのいい」は定着した
と見なす向きもあるかもしれません。でもまあ、ドラマの台詞:音声で使うときは、紛
らわしくない表現にするのが無難ではないかと。まあ、揚げ足取りです。
 ターゲットの父親が自費出版物で残した言葉「考古学はとり憑かれるものだ」に対し
て、リチャードが「言い得て妙」と評したのに対し、ダー子が一銭の儲けにもならない
のに地面の下を掘るなんて理解できないという反応をしてたけど、脚本としておかしく
ないか。儲けにならないけどやる、つまり「とり憑かれてる」なんだから、ダー子の否
定の理屈はおかしいと思う。
 本物の考古学教授にリチャードが化けておきながら、ネットで(偽)遺跡の情報をネ
ットで流すなんて、あっという間に本物の考古学教授に伝わるだろうにと思っていた
ら、案の定。ただ、ドラマでは詐欺師グループの一人が匿名で知らせたことになってた
けど、そんな展開になる前にばれていた可能性の方が圧倒的に高いだろうに。
 あと、オチのワンパターンさが気になる。詐欺グループの一人であるボクちゃんが助
けようとする、素朴・純朴そうな一般人が、最後には金儲けでウハウハになる。悪くは
ないけど、毎度同じだと飽きが来る。バリエーションが欲しい。

 ではでは。




#466/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/05/15  21:51  ( 31)
ローカル   永山
★内容
 ローカル線の反対語って何?
 ローカル線イコール在来線と捉えていたので、反対語なんてないんじゃないかと思っ
たのですが、そもそもイコール在来線ではないようで。「閑散とした」とか「赤字の」
というニュアンスがついて回るのがどうやら一般的らしい。
 では在来線の反対語はとなると、新幹線とのこと。違和感があるような。新幹線がな
かった頃は、今の在来線を在来線と呼んでなかったのか。それとも反対語が存在しなか
ったと認識していいのか。
 さらに、リニアが開通した暁には、新幹線も在来線になるのか、それとも新幹線とリ
ニアで一括りか。

 兵庫県丹波市が市歌募集。歌詞に関する条件「丹波市や市内の地名など固有名詞の使
用を避ける」に困惑の声。
 関係ないけど、昔、「さくら・サクラ・桜」等を使わずにサクラソングの歌詞を作ろ
うとしたときのことを思い出した。
 で、地名の固有名詞を使ってはいけないとする理由――「丹波市民だけでなく誰もが
自分の故郷を思い浮かべられるように」――がもう一つぴんと来ない。市歌にそこまで
広いニュアンスを持たせようとするものか。一方、篠山市が丹波篠山市に変更を検討し
ており、実はそれに配慮したという説は面白い。

 新潟の小学生殺害事件で逮捕された容疑者が四月に起こしたという連れ回し事件て当
時どの程度報道されたんだろう?と思って、検索してみたけれど、殺害事件の記事で溢
れており、見付かりそうにない。年月日を一定期間に区切って検索できれば、見付かる
かもしれないけど(その事件が報じられ、かつ現在もデータが残っているなら)。
 仮にローカルニュース枠だけでもそれなりに報じていたとしたら、今度の殺人事件が
起きてすぐにその存在がマスコミで噂になりそうな気がするし、ずっと言われていた不
審者情報との照合も行われるだろうに。そういう動きが表向き見られなかったというこ
とは、四月の件は当時報じられなかったのかなあ。
 あるいは、四月の事件そのものは報じられたけど、容疑者の個人情報は伏せられたと
いう場合に当てはまるのか。

 ではでは。




#467/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/05/16  21:49  ( 24)
本の感想>『完全無欠の名探偵』   永山
★内容
・『完全無欠の名探偵』(西澤保彦 講談社ノベルス)15/5451
 高知大学を卒業しても東京に戻ることなく、高知の短大に就職した白鹿毛りんは、何
らかの大きな事件を調べているらしい。白鹿毛財閥の総帥は、孫娘・りんを気に掛け、
お目付役として山吹みはるを送り込む。この男、人の話を聞くだけで、その当人の心の
奥底にあるわだかまりを知らぬ間にはき出させ、真相を推理させてしまうという特殊能
力の持ち主であった(ただし、みはるにその自覚はない)。果たして、みはると話した
者の多くが、抱えるわだかまり・不審事の裏に隠されていた真相を知っていく。
 そして、りんが追っていた事件と、その真相とは?

 途中まで読んで挫折し、長い間積ん読状態にしていましたが、読了してみると、一気
に読み通すべきだったと後悔を覚えます。ここまで複雑な謎の見せ方をするとは予想し
ていなかったもので、おかげで終盤に来て、何度も前の方を読み返す必要に迫られまし
た。
 そういう凝った作りのため、(一気に読み通していたとしても多分)作者の仕掛け
に、ああっ!と膝を打つ快感は得られなかった可能性が高い気がする。じっと考えて、
ああ、そういうことか――ってなニュアンスが近いかな。
 本筋以外の細かい事件の数々は、直感的にぱっと真相が分かるものもあれば、裏を掻
いてくるものもあって、心地よい。難易度のバランスが取れている。
 当人に推理させる能力は、みはるのキャラクターと相まって、かなりユニーク。読ん
でいる間中、他の事件では使いにくいだろうなと思いましたが、どうやらシリーズ化は
されていないようで。
 時間に余裕があるときに、腰を据えて読むことをおすすめします。

 ではでは。




#468/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/05/17  22:19  ( 25)
解決しない謎   永山
★内容
 テレビ朝日系で放送のドラマ「未解決の女」第五話を視聴。ネタバレ注意です。
 五話にもなるのに、鳴海の部屋を絶対に勝手に使ってはいけないことを矢代が把握し
ていないとか。矢代がモスキートの意味を知らないとか(難しい単語じゃないけど、そ
れを抜きにしても警察なら、若者がたむろするのを抑えるためのモスキート音で知って
いていいだろうに)。どんだけ脳筋設定なんだ。なまじシリアスの割合が結構あるドラ
マだから、無理が際立つ。
 容疑者・松河森次(しんじ)のアリバイが成立していたからと言って、森次がモリジ
と呼ばれていたことを警察が知らなかったみたいな描写があったのはおかしいような。
被害者は血文字でダイイングメッセージ「も」を残していたのに。
 途中の推理で、「ダイイングメッセージは左利きの人物が書いた可能性が高いが、被
害者は右利き。だから血文字は犯人の偽装で、犯人は左利き。モリジは左利きで怪し
い」という流れがあったけど、何でモリジが自らに疑いを向けかねない「も」を残した
のか? そういう疑問が推理の場ですぐに出ないのがおかしい。
 そもそも、アスファルトに書かれた「も」の横棒二本がかすれていることが、どうし
て左利きにつながるのかよく分からない。右で書いてもかすれるのでは。
 もう一人の被害者である官僚は、五年前の手術で体内に残された医療器具のせいで死
んだ訳ですが、五年もの間、医療器具に気付かない? 元副総監とゴルフを回るような
官僚なら五年の間に飛行機に搭乗する機会はいくらでもあったと思うんだけど、金属探
知に引っ掛からなかったのかな。官僚用のフリーパス特別ゲートでもあるの?

 そういえば、フジテレビのドラマでは久々に好評らしい「コンフィデンスマンJP
」、その第六話を、“コメディだから目くじら立てなくてもいいじゃない”とせずに、
真っ当に批判している芸能記事が出ていてちょっと感心した。

 ではでは。




#469/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/05/18  21:56  ( 25)
ヤングの話   永山
★内容
 小さな子供の頃、「YMCA」のYMがヤングマンだというのは想像が付いたけれど
も、CAってのが何なのか分からなかった。

 「君付け」禁止の学校(小中?)がぽつぽつあるとか。児童生徒は女子も男子も「さ
ん付け」が原則とのこと。生徒間のみならず、先生が生徒を呼ぶときにも適用。
 知らなかったんですけど、これって何年も前からあるにはあるみたいで、ざっと検索
しただけでも十五年くらい前の記事が見付かりました。その都度、話題になって、疑問
が出ていると。
 「君付け禁止」の理由は、以前は男女の性差別をなくす一環ということだったようで
すが、今はこれに加えて、社会に出たとき「君付け」されるのは立場が上の人からだけ
であり、同僚からは「さん付け」が当たり前だから、という背景もある模様。
 理由の前者は何を言ってるのかよく分からない。出席名簿を男女混合にするのはまだ
分かるらんでもない(それでも不便なケースがあると思う。女子だけ・男子だけで何か
する場合には、別の名簿を用意してあるのかな)けど、これはやり過ぎ感が。また、後
者の理由で導入するのであれば、先生は男子生徒を「君付け」してもいいじゃないか、
むしろするべきってことになりそう。
 で、「違和感を感じる大人はそういう指導を受けて来なかったからであって、当の子
供らは普通に使っている。今は移行期間」てなニュアンスの説明を見付けたんですけ
ど、十五年経っても未だに疑問の声が上がるってことは、移行がスムーズに行ってない
のね……。
 それはさておき、これまた創作のネタになるなと。叙述トリックの一つ、男女トリッ
クが仕掛けやすくなる。ただ、違和感を持つ世代が圧倒的に多い内に書かなければ効果
はなくなる(笑)。

 ではでは。




#470/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/05/19  21:48  ( 28)
スクールネタ   永山
★内容
 NHKのドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」をずっと観ていて、それな
りに面白く感じてるんですけど、一点、根本的な疑問が。
 神木隆之介演じる学校付きの弁護士(スクールロイヤー)が主人公なんですが、「弁
の立つ」って感じが全然出てない気がする。どちらかというと、「正論を吐くけど空回
り」の印象が強い。本筋とは別の部分で、コミカルな演出のためなのか、無理を通すた
めに捲し立てるシーンが頻繁に差し挟まれており、それがよくない影響を及ぼしている
のかもしれない。あと、役者の見た目の若さもあるかなあ。前に弁護士が自身の過去を
語る場面がありましたが、演技はうまいのに全く真実味がないように聞こえたのは、役
柄(キャラ設定)が合ってないのかも。他は教師役の田辺誠一を筆頭に、いい具合には
まってるのに。

 昨日の書き込みを作る際、参考に記事を見ていると、関連記事として示されたトピッ
クスが気になった。
 曰く、体育の授業で肌着禁止の小学校があるとか。理由は、肌着を着けて体育をして
汗を掻くと風邪を引きやすくなるから、とのこと。……説得力がない。着替えを持って
くればいいのでは。
 そもそも肌着って下着のことだから、パンツ(いわゆるさるまたの方。ズボンのこと
じゃなく)もだめなのか? 恐らく単語の選択が間違ってる……と思ったんですが。元
の記事では下着としてのシャツやキャミソール、それにブラジャーが対象のようでした
が、これまた検索してみると、大真面目に下着全て禁止の小学校も存在してるみたい。
 うーむ。これって、保護者から「子供が風邪を引いた。学校の体育で汗を掻いて、濡
れた下着を着用したままだったせいだ。責任を取れ」とか言われたケースでもあったん
じゃないかと勘繰ってしまう。
 遠い将来、ARか何かの技術を用い、何にも身に付けてないけど身に付けてるように
見える環境で、体育を受けるようになってたりして。怪我しやすくなるだろうけど、風
邪を引かないのが第一だからかまわない!とか。

 ではでは。




#471/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/05/20  22:02  ( 25)
何もしないの〜(波)   永山
★内容                                         18/05/20 22:03 修正 第2版
 “にゃんこスター”と“ドラゴンリングイン”でAND検索してみたが、期待したよ
うなおもしろ検索結果は得られなかった。
 “苦労をかける”と“クローを掛ける”も同様。

 自宅のブルーレイレコーダーがずっと安定しないので、いくつかの番組について予防
線を張っておこうと、親戚縁者宅に録画を頼んでおいた。
 自宅では案の定、二つの番組で録画が途中で途切れ、別の二つでブロックノイズが出
た。
 録画してもらってるから大丈夫と思ってましたが、今日になって見に行ってみると、
特定の一番組だけが三週間分ずっと録れておらず、砂嵐が映ってた。その地上波チャン
ネルは時々映りが極端に悪くなるのですが、このデジタル時代に最初から最後まで砂嵐
はさすがにこれまで経験なし。おかしいなと考えること十分足らず。他は録れていて、
この番組だけだめだった。さらにこの番組のみ、番組表からではなく、手入力して録画
設定してもらっていた。そこから推し量るに……ぴんと来た。残っている予約録画の設
定で確かめると、果たして当たりでした。
 つまり、アナログのチャンネルで設定してた。
 レコーダーが少し昔のタイプなので、予約録画の操作でアナログのチャンネルも選択
できるようになってるんですね。アナログ波ならずっと砂嵐になるのも道理です。設定
時にチャンネル名は表示されないが、8チャンとか10チャンという風に覚えていたな
ら、引っ掛かりを感じることなく設定できてしまう。
 当時の機械に停波以降は選択できない仕様にしろっていうのは酷だろうから、せめて
予約設定時に選んだチャンネルのその時点での放送番組を小窓に映す、みたいなシステ
ムにしてくれていたら、誤りを防げる可能性が高まるだろうに。

 ではでは。




#472/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/05/21  21:42  ( 56)
「そうだ 京都、行った」   永山
★内容
 当選確率の高さで一部で知られる懸賞に、知り合いが当たりまして、その誘いを受
け、追加料金を払ってもらう形で日帰りバス旅行に三名で参加してみたですよ。そう、
ツアーの中に宝石屋さんや服屋さんといった某かの高価な商品を取り扱う店を組み入
れ、あわよくば乗客に買ってもらおうっていうバス旅行 
 朝の七時半頃、集合場所である駅の北口に。結構集まってる。あとで聞かされたとこ
ろによると、全参加者は四十七名。うち二十四名は懸賞に当たった無料参加者のはず。
男性は自分らを入れても五〜七名といったところ。年齢層は推して知るべし。
 一人、出発時刻を五分過ぎても姿を見せなかったため、キャンセルとなり出発。この
キャンセルを計算に入れての四十七名。
 で、スケジュールの初っ端がいきなり宝石の直売所みたいなところ。最初に会社の概
要やら来歴やらを聞いて、次に部屋に入って着座し、特に推している商品について説
明。変形するペンダントやら揺れるダイヤモンドやら真珠やら黒真珠やら遠赤外線ネッ
クレスやらの説明を、次から次へとこなす。特に遠赤外線の説明は、氷を持ち出して、
ガラスと備長炭と遠赤外線効果を発揮するように固められた炭素の板それぞれに乗せ、
その溶けやすさを比べるというパフォーマンス付き。確かに遠赤外線板が圧倒的に早か
った。でも板に触れても熱くな〜い、っていう。
 説明が済んだら、直売所に移動。試着し放題キャンペーン中とのことで、三種以上の
アクセサリーを試着――身に付けたら、ストラップ的な物がもらえると。なお、男性は
身に付けられる物が遠赤外線ネックレスのみなので、それ一種を試着しただけでストラ
ップをもらえました。このご時世でも、男性用ピンキーリングとかはないのね。
 で……産直みたいなもんだから安い。安いんですけど、安くなっているというだけ
で、客観的には高い(苦笑)。こんな商法で買う人いるのかなと懸念していたんです
が、いました。少なくとも二組はいたと思います。いくらの物を購入したかは分かりま
せんが。
 なお私は、説明のときに変形するペンダントに興味を持りました。ちょいと指先で触
れるだけで、花型からストレートに変わり、またちょいと触ると三つ葉型になる。これ
って、推理物に使えそうって意味で。だから実物を手に取って、じっくり見てみたいと
考えてたんですが、直売所のどこにあるか分からずじまい。店の人に聞けば、買う気が
あると思われそうなので遠慮した(笑)。ベストジュエリスト的な年間表彰で女性芸能
人がその商品を身に付けている写真ならありました。その模様は大々的に報じられ、ネ
ックレスの特長もある程度世間に知られたでしょうから、推理物に活かすのは案外難し
いかもしれません。
 九時から十時四十分ぐらいまで滞在後、昼食の料理屋がある平等院鳳凰堂の近くに移
動。十一時三十五分頃に到着して、十二時半まで。豆腐に湯葉を固めた物、天ぷら、茶
そば等々。美味い方だと思います。ただ、期待していたよりも味がずっと濃く感じた。
だしを活かして効かせた料理を期待してたもので。
 食後すぐに店を出て、近くで土産を物色。さらにソフトクリームを食べる。抹茶が人
気だったが、ここは敢えてマンゴーにチャレンジ。思ったほど甘くなく、酸っぱさがい
い感じ。ただし、コーンのサイズは抹茶ソフトのみ若干大きく作られているように見え
た。他の観光客が食べているとうふミルク味やいちご味のソフトクリームをちらと観察
した結果だから、当てになるかどうか分かりません(汗)。
 次は、一応、スケジュール内のメインである伏見稲荷へ。昼食のときもそうだったん
ですが、平日だというのにどえらい混雑ぶりでした。修学旅行の団体がいくつも来てい
るし、外国人旅行客もツアー、個人、東西を問わずに来てる。お手水も参拝もおもかる
石も行列ができてる。千本鳥居にも列ができて、いささか渋滞気味。ここで九十分の時
間を費やすのは、かなり疲れました。
 それからまた移動して、最後は漬物屋に。漬物の試食バイキングができて、ワインや
お茶が飲める。そこで気に入った物を購入してくださいというシステム。私は、かきの
缶詰と焼き茄子のインスタント味噌汁を購入。これらの試食はしてないし、そもそも漬
物じゃないけど。漬物自体は美味しかったけど、父の地元に行けばいくらでもあるしな
あと思ってしまって。ここの滞在時間は四十五分と、せわしなかった。
 とまあ、駆け足で振り返ってみましたが、なにぶん初めての経験だったこともあり、
結構楽しめた気がします。男性添乗員がなかなか達者で、参加者を飽きさせない術に長
けていましたしね。

 ではでは。




#473/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/05/22  22:49  ( 21)
疑心暗鬼を生みすぎる   永山
★内容
 フジテレビ系で放送のドラマ「コンフィデンスマンJP」第七話を録画視聴。ネタバ
レ注意です。
 遺産目当てで金持ちの家の娘のふりをして潜入するも、先客の詐欺師がいたという新
パターン。これをまともに消化していれば、面白いエピソードになっていたかもしれな
い。
 が、この設定を飲み込むようなさらなる積み重ねのせいで、期待が萎み、つまんなく
なった。想像の範囲内に収まってしまったというか。ただ、この形で遺産をすんなり入
手できるとは思えないが。
 このドラマはひねくれてるから、さらにその裏を掻いてくるかもと、ターゲットの与
論までもが偽者のパターンを想定してた。本物なら子供達のすり替わりに気付かないは
ずない訳で。利き手が左だってことを全く覚えてないなんてあり得ない。本物なら分か
っていて気付かないふりをしていたに違いないのに、そこに触れずに終われば偽者だ!
と思ってたんですが、最後の最後で触れました。そこはよかった。
 でまあ、新しいパターンを取り入れるのなら、段階を踏んでクリアしてから、次のス
テージに挑んでもらいたいもんです。一度に盛り込んで欲張っても面白さが二倍、三倍
になる訳でなし、一つずつ丁寧に仕上げた方が絶対にいい。
 「刑事コロンボ」シリーズだって、基本を押さえた物を数本作った後に、捻りを加え
た物や斬新な物が生み出され、そこからさらに捻ったり、過剰なまでに凝ったりした物
が創案されてきた結果、傑作揃いとの評価が定着したんだし。

 ではでは。




#474/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/05/23  21:07  ( 67)
そうだ ジブリ 行こう   永山
★内容
 関西にて「ジブリの大博覧会」が開催中。七月一日までとあっては、この機会に行っ
ておかねばということで、平日の朝から行ってきました。
 JR灘駅からえっちらおっちら歩いて十分余り。途中でチケットを売ってるところが
何箇所かありましたが、これは多分、現地での売り場が混雑するのを少しでも解消する
ためでしょう。てことで、その内の一つでチケットを前もって購入しました。
 スタートは朝の十時で、自分達は午前十時二十分頃に到着したのですが、すでにチケ
ット売り場には行列ができており、さらに中は結構な混み具合でした。開催期間中の混
み具合を知らせる公式ツイッターがありますが、それによると平日は空いている。推測
するに、平日に見に行こうという人は早い内に足を運ぼうと考える人が多く、午前中は
混むけれども、午後からは閑散としてくるのでしょう。

 内容を大まかに言えば、スタジオジブリの歴史になるんですけど、東京にあるジブリ
美術館と違うのは、美術館はアニメーターの仕事を見せるのがメインに据えているのに
対し、大博覧会の方は、アニメ映画のプロデューサーの仕事を見せるのがメインという
ことかな? 特に宣伝関係にスペースを多く割いていたように感じました。
 たとえば、予告編やテレビスポットの映像の案。宣伝ポスターのデザインや作品名の
ロゴそれぞれ候補案を並べて、絞り込まれていく過程。ジブリ全作品の新聞広告、車内
吊り広告一覧。「風の谷のナウシカ」を取り上げた天声人語。宣伝のために作られた一
点物の実物大グッズ。ナウシカの銃のレプリカの本物(宣伝用に作られた銃――もちろ
ん撃てない――その本物という意味)がありました。

 中でも興味を惹かれたのは、キャッチコピーが決まるまで。糸井重里が候補案を数点
示し、それに対するプロデューサー及び監督の感想を述べる、文章(手紙)のやり取り
をそのまま見せてくれる(「耳をすませば」以降はFAXになったみたい)。四回も五
回もやりとりした作品もありました。そうして最終的に決まったコピーは、他の候補コ
ピーよりも優れているのが一目瞭然に思える。これは、自分達が答を知っているせいで
はなく、流れや理由をきちんと言葉にして伝えているからなんだなと。
 コピー候補案の中で印象に残っているのは、「魔女の宅急便」の“私、げんきです。
”。
実際に使われたのは、“おちこんだりも したけれど、私はげんきです。”。当初は“は
”がなかったんだ〜。
 また、「もののけ姫」の“おまえには、オレがいる。”には、笑ってしまった。チ
ャーリー浜のギャグを連想してしまったもので。

 宣伝以外の展示物で目玉と言えそうなところでは、オスカー像がありました。「へえ
〜、これがアカデミー賞の……」と見て、通り過ぎたんですが、あとになってもっとち
ゃんと見ておけばと悔やむ。どっちの受賞の時のオスカー像だったのかが分からない。
二度受賞していること自体、すっかり失念してた……。
 あと、基本的に写真撮影禁止でしたが、二箇所だけ、撮影可の場所があります。その
一つがネコバスの巨大なぬいぐるみ(平日のみ)。中に入れます。小さな子らとその保
護者で大盛況の大混雑でした。そうそう、行き先表示がちゃんと「こうべ」になってい
た辺り、細かい。
 もう一箇所撮影可能なのは、会場の最後に展示されている「天空の城ラピュタ」に登
場する大型の飛行艇。こちらは土日祝日も撮影可。模型の町並みの上空を、機械仕掛け
で上下し、無数ある旋回翼やオールが動くのは見ているだけでわくわくしますね。撮影
可って写真のみと思い込んでましたが、動画OKだとしたら動画がいいです。
 許可不許可でいえば、展示物にタッチするのも禁止。まあ当然なんですが、触りたく
なるような展示品が、触れる距離に置かれているのは、つらい(笑)。

 あ、入場時にポストカードのプレゼントがありました。一時期なくなっていたサービ
スでしたが、復活して嬉しい。係の人がカードの束を裏向きに持っていて、順番に裏向
きのまま渡してくれます。受け取る前に絵柄が見えていたら、えり好みしちゃうもん
ね。ちなみに私は「かぐや姫の物語」、つれは「となりのトトロ」の絵柄でした。

 最後に、高畑勲の追悼コーナーもありました。短いプロフィールと監督作品のポス
ター展示というシンプルなもの。急な訃報だったと、改めて感じます。

 会場を出ると、グッズの売り場が設けられており、そこもまた大盛況でした。ジブリ
美術館で打っている物もあれば、このイベントオリジナルの物(後にジブリ美術館でも
販売するとは思いますが)もあります。時間の都合で、ジブリ美術館で見た物は大体パ
スし、イベントオリジナルのパンフレットとクリアファイル二種を押さえ、他にボール
ペン(「魔女の宅急便」)、手鏡(「魔女の宅急便」)、クッキー(「ラピュタ」)を
購入しました。
 てことで、なかなかに満足度の高い催し物でした。展示資料を一冊の書籍か、電子書
籍の形にして、販売してくれないかなあ。

 ではでは。




#475/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/05/24  21:58  ( 21)
迷うには迷う理由がある   永山
★内容
 テレビ朝日系で放送のドラマ「未解決の女」第六話を視聴。ネタバレ注意です。
 矢代が同窓会で久々に再会した同級生・磯野から、六年前に同級生・遠藤を殺した犯
人はSNSグループの中にいると思う、という話を切り出される。会場に戻って詳しく
聞こうとしたところへ、同級生二人が忘れ物を取りに戻って来たので中断。結局、磯野
がまた今度と言ったため、そのまま別れる。が、翌日、磯野は殺され、矢代は酷く後悔
する……という出だしだったんですが。現職の刑事が、未解決事件に関する手掛かりに
なるかもしれない話を、途中で切り上げるなんてある? しかも、被害者は同級生、情
報提供者も同級生。心情的には他の事件以上に早く解決したいだろうし、躊躇や遠慮を
する余地もない。
 遠藤は同窓会メンバーでやってるSNSの書き込みに暗号を織り込んで、西島とデー
トの約束を取り付けていた。西島には結婚したばかりの妻がおり、電話やメールにチェ
ックが入るからこんな方法を採ったとのことだったけど、別の機器を用意すれば済むだ
ろうに。暗号は結局、ばれてる訳だし。
 事件の方は単純明快。ぽろぽろと手掛かりが出て来る感じで、迷宮入りしていたのが
おかしいレベル。前にも似たような流れがあったと思いますが、過去の事件について被
害者の交友関係の洗い出しが甘い。ネット上のみでの不倫関係ならまだしも、実際に会
っているのだから、何らかの痕跡は残るに違いない。クレジットカードの記録と防犯カ
メラを組み合わせただけでも、ある程度の足取りは掴めるはず。その辺りを調べてもな
お関係を掴めなかったとする理由(があれば)をちゃんと描かなくては。

 ではでは。




#476/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/05/25  22:58  ( 26)
本の感想>『ドローン探偵と世界の終わりの館』   永山
★内容
・『ドローン探偵と世界の終わりの館』(早坂吝 文藝春秋)16/6451
 ドローン探偵として世に知られた六騎は、そのあだ名が嫌いであった。彼が少年の頃
に見たテレビドラマの黒羽刑事に憧れ、黒羽を継ぐ者を自負していた。
 そんな彼は、大学生ではないが、北神大学の探検部に所属している。六騎を含む探検
部のメンバー七名で、ヴァルハラと呼ばれる地下シェルター込みのうち捨てられた館を
訪れることに。実は、六騎を除く六人各々は、何らかの思惑を抱いて館に足を踏み入れ
たのだった。
 そして発生する殺人事件。見つかった遺体は短い間に消え失せ、密室に閉じ込められ
た?

 一応、ネタバレ注意です。
 冒頭から読者への挑戦状が挿入されているという、超変則スタイルでスタート。と言
っても、同じような趣向を取り入れた推理物はありました。ただ、読者への挑戦状にち
ゃんと対応した答を示したのは初めてかも。
 一回限りの大ネタで、終盤に明かされるその趣向は素晴らしい。惜しむらくは、それ
を結実させるための手段がちょっと物足りない。スマートすぎて印象に残らない、とす
べきか。完璧にやりおおせたというより、盛り上げどころを誤った感じを受ける。
 ある程度は読者に途中で気付かれてもいいからこことここに具体的な手掛かりを置い
ておこう、という風な姿勢がほしかった。
 あと、大ネタを成立させるには、ちょっと首を傾げたくなるような叙述があったのも
気になる。図書館から借りてきた本で、返す期限があったので細かな検証はできていな
いのですが、物音の聞こえ方とかに疑問があるような。
 でもまあ、そういう点を抜きにして、大技が炸裂する瞬間を体験するのが、一番正し
い楽しみ方なのでしょう。

 ではでは。




#477/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/05/26  21:42  ( 73)
マジックを観に行こう>ワールドマジック前半   永山
★内容
 去年、無料のイベント(コンベンション)を催行して楽しませてくれた地元のアマチ
ュアマジシャンクラブが、今回は――ややこしい表現になりますが――著名な外国人マ
ジシャンを招いた国内マジシャンに協力賛同する形で実現したマジックショー。会場の
ホームページにあるイベントスケジュールの無料との表記でしたが、実際には有料で、
前売りというか前払いが3500円、当日4000円となっておりました。観に行くと
決めてましたので、当然、前払いを選択。二人分の7000円をマジシャンの口座に直
接振り込み、振込用紙が入場券代わりになる。珍しいスタイル。
 うーむ、よく感じるんですけど、マジックのイベントって、やや敷居が高い気がしま
す。一般からするといつどこで誰がやるのかの情報を入手しづらく、ネットで情報を載
せているサイトを見付けても、そこにあるのは(全てがそうだとは言いませんが)直接
電話をする必要があったり、電子メールで申し込む形式だったり、クラブに入会をしな
ければいけないケースがあったりと、ハードルがある。今回のイベントだって、開場の
イベントスケジュールのみを見て、無料だと思って足を運んだ人が、現地で4000円
いただきますと言われたら、観るのやめようかとなるんじゃなかろうか。情報へのアク
セスのし易さと分かり易さは、改善の余地あり。
 でまあ、開場時刻の十七時半を少し過ぎてから行ってみると、ちらほらとお客さんが
受付に来てる。私が目撃した間に限って言えば、“御招待券”を出す高齢の方がほとん
どでした。
 私らも振込用紙を出して、名前を書いて入場できることになったんですが、その前に
もらえるはずのパンフレットがないとのこと。しばらく待ちましたが、見付からない、
外国の人だから話が通じない(ほんと?)とかで、パンフレットはもらえませんでし
た。会場に入ると、それらしき物を持っている人がいたので、用意されていたのは間違
いないんだけど、どこに仕舞い込んだのか分からなかったのか。数が足りなかったって
ことは、絶対にありません。外国の有名マジシャンが出演するのに、観客はこの程度?
って入りでしたから(苦笑)。司会を務めたマジシャンの言葉によると、二百名足らず
といったところ。
 もう一つ謎だったのが、お弁当の存在。事前に送られてきたイベントの案内の印刷物
には、弁当を希望する人は別途FAXで受け付ける旨が記されていました。ということ
は、ショーの合間に休憩があって食べる時間が設けられるのかと思うでしょ。ところが
実際には休憩なし&飲食禁止でした。謎だ。弁当はお土産なの? 手品道具になる弁当
箱なのか?
 そんな風に手作り感溢れる雰囲気のまま、開演時刻の十八時にスタート。と言っても
いきなりショーが始まるのではなく、今回、外国人マジシャンを招聘したマジシャン・
アガペーの司会で口火を切る。この名前だと分かりにくいですけど、日本のマジシャン
です。なお、牧師もやってるとのこと。
 幕開けの前に、ショップ「ファーストマジック」の山本ディーラーによるディーラー
ショー。要するに、商品宣伝のための演目披露ですね。お馴染みのステッキにレコード
の色がチェンジするマジック等でした。今はレコードを知らない人も増えてるでしょう
から、そろそろ売れなるのでは……と心配になった(笑)。よそでCDバージョンを観
た覚えがあるなあ。
 そうしていよいよ幕開け。トップバッターは、主催したマジッククラブの会長さん。
演目は「悪魔と牧師」。演目後のコメントによれば、アガペーが牧師であることにかけ
て、この演目にしたとのこと。その内容は――。
 お姫様?っぽい衣装で登場した女性が花を摘んでいる(指先で光を摘まむマジックを
入れつつ)と、悪魔っぽくは見えないけど悪者と分かる格好の男性が現れ、女性を捕ま
えて担架を縦にしたような拘束器具に、鎖で縛り付ける。その後、器具の周囲を布で覆
い、中が見えなくなったところで、悪魔が器具の後ろに隠れる。
 悪魔だった演者が今度は牧師に扮して登場し、器具に向かって呪文?を読み上げる
ポーズをすると、女性が脱出して現れる。少し間を取り、布を外すと、牧師が拘束され
ている(観ていて、何で牧師が?と感じた。拘束されるのは悪魔だと思ってたので)。
再び布を張り巡らせ、見えなくしてから何やかやあって(汗)、布を外すと、いつの間
にやら牧師は消え、悪魔が拘束されている。
 ――こんな具合でしたが、実は記憶が結構曖昧で。というのも、色々とおかしくて笑
いを堪えるのに大変だったから(汗)。
 まず、お姫様の女性がぽっちゃり体型で、悪魔役の会長さんはご高齢の中肉中背と思
しき男性。普通に戦うと女性が勝ちそうで、悪魔にはとても拘束できそうにない。加え
て、くだんの女性は昨年の無料イベントで、非常に受ける演目をやりきった人でして、
そのときのことが思い出されて笑いがこみ上げる。
 さらに、最初に女性を拘束する際に、器具の背もたれの部分が、その、何と言います
か、「パカッ」となったんです。そのままだとまずいんで、戻して演目は続けられまし
たが。
 さらにさらに、私らは舞台側から見て左手の席に座っていたのですが、その位置から
だとよく見えるんです、器具の裏側で何をやっているのかが。お客の数は少ないのだか
ら、もうちょっと真ん中に集めてもよかったんではないかと。
 てな感じで、レベルはあれでしたが、実は会場は結構盛り上がりました。少なくと
も、場を温めることには成功したと言えます。よくも悪くもアマチュアだなあと。それ
にこの会長さんの尽力のおかげ(多分、費用も負担されている)で、プロのマジックを
間近からかなりお安く観ることができる。感謝しかありません。

 実質、一つの演目しか紹介していませんが、前半はここまで。このあとはプロの登場
です。

 ではでは。続く。




#478/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/05/27  20:25  ( 31)
午後ティーならぬ午前T   永山
★内容                                         18/05/27 20:26 修正 第2版
 イタリアでは二〇〇〇年から「男女の性別が明確になる名前を付けるように」という
大統領令が出されているとか。そんなのが通るんだ。保守的なネーミングをする傾向が
強まっているとのこと。
 で今回ニュースサイトにあった記事では、女の子にBlu(ブルー)と名付けた両親
の元へ、裁判所から出廷命令が出て、「もっと性別の分かり易い名前に変えるように」
と言い渡されたと。従わない場合は、裁判官によって新たな名前が付けられるそうな。
 正確な文言がどうなってるか知らないけど、「男女の性別が明確になる名前を付ける
ように」という大統領令は甚だ曖昧な印象を受ける。この訳だと、女の子に男らしい名
前を、男の子に女らしい名前を付けてもかまわないことになるのでは。明確には違いな
い。厳密には、「当人の性別に沿った性別が明確になる名前を付けるように」とでもな
ってるのかな?
 何にせよ、今の世の流れで、こんな大統領令や裁判が通る国(それもヨーロッパ)
は、珍しいのでは。

 NHKのニュースを見ていたら、学校の運動会に関する話が。最近では、外国人の子
供が増えたので外国語対応のアナウンスや表示などをしたり、ラマダンでのお祈り用に
教室を確保したりするとか。
 それ以上にびっくりしたのが、午前中で運動会をやりきる学校があるとの報道。朝の
九時に始めて、午前十一時五十分には閉会式。たったの二時間五十分で全競技を消化
し、お昼ごはんは帰宅してという段取りが可能だとは、私の感覚ではちょっと信じられ
ん。紹介された学校では競技数を三つ減らし、玉入れ後の球拾いをも競技化するなどし
て、時間短縮・スピードアップに努めた結果、十一時四十分には閉会式を始めてた。は
えー。
 で、午前中で済ませようとする理由は、一番暑い午後に運動させないよう子供の健康
を考えたのと、保護者の負担軽減、さらには働き方改革の流れに沿った教職員の負担軽
減だとか。
 午前中運動会をする学校がどの程度の数なのかは報じられませんでしたが、割合が増
えて過半数を大きく超えるようだと、作品で学校の運動会を描くときには留意する必要
が出て来るんでしょうね。

 ではでは。




#479/629 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #477 ***
★タイトル (AZA     )  18/05/28  20:03  ( 78)
マジックを観に行こう>ワールドマジック中盤   永山
★内容
※“後半”とするつもりでしたが、思いのほか長くなったので、適当なところで切っ
て、全体で三回に分けることにしました。
 それから、先に記したようにパンフレットの類を入手できていないため、マジシャン
の名前は、耳で聞いたそのままを文字にしています。検索して確認が取れた分は正規の
記述になっていますが、そうでない人もいますので、ご了承ください。

 アガペー司会で、会長さんのコメントをもらったあとは、二番手の登場です。
 名前はロッシー。司会はウクライナのマジシャンと紹介したのですが、これは恐らく
言い間違いで、セルビアの人。同国では超有名らしい。私もテレビで観たことがあるよ
うな。
 老人に扮した演者が舞台袖から現れる。理由は分からなかったんですが、先程出た会
長さんが牧師の格好のまま、ロッシーの手を引いて舞台中央に導く。これだけで舞台袖
に引っ込む会長さん。
 舞台には読書台があり、大きくて分厚い本が上に載ってる。少し離れた位置には、植
物の生えた鉢植えを載せた台が据えてある。それらの周囲をうろうろしつつ、空っぽだ
ったはずの両手から、紙の花?を次々出して、ばらまく演者。
 やがて読書台の前に跪き、本を開いて顔の前に掲げ持つ。立ち上がってまたしばらく
うろつき、本を持つ両手を下ろすと、顔が変わった。老人から若返っている。格好も、
最前までは修道士めいていたのが、何故か忍者になった。
 本を戻し、再び手から紙の花を出しながら、鉢植えに向かう。紙の花が手裏剣のよう
に鉢植えに飛ぶ。すると、鉢植えの植物に赤いつぼみがいくつも現れ、じわじわと開い
ていき、花が咲いた。
 また読書台まで行き、本を手に取り、開く。しばらくして手を下ろすと、顔が元の老
人に戻っていた。それから鉢植えに呪文を唱え、手を向けると、花が萎んでつぼみにな
り、引っ込んだ。
 西洋の死生観を表したかのような演目でしたが……日本人には少々分かりにくいか。
特に忍者の意味が?でした。

 次は、幕間みたいな位置付け。下りたままの幕の前で、アガペーが長めに演じまし
た。まずは端のつながったトランプカードを使った、半ばジョークめいた演目のあと、
手慣らしとばかり、カードマニピュレーション。真っ当なトランプカードを、見事な手
さばきで扇に開いたり、裏の色を変えたり(変えたように見せ掛ける技のはず)、カー
ドを片手からどんどん出したりしたあと、最後に巨大カードをどんと出す。見事な手際
でしたが、これもサイドからの角度だと、ちょっと見えてしまうのが残念。
 続いては熱して赤くなった金属の棒を、風船に突き刺すが割れない、という演目でし
たが、棒はいわゆるおもちゃのライトセーバーみたい構造になっていて、赤く光るだけ
だと思います。それを風船に突き刺すときに、うまくやってるんでしょうが……一度突
き刺して中に入り、次に先端がまた外へと突き出ようとするときに、風船が割れてしま
いました。多分、失敗。フォローも何もなし。
 それからハトを出すマジック。これは鮮やかでした。全く予想していないタイミング
だったのがよかった。
 さらに、リンキングリング。金属の輪っかを複数個操って、互いに通したり、また外
したりする演目ですね。お客さんを一人選んで、リングを一つ持たせて、それでもつな
いだり外したりできるところを披露。この手順そのものはよくありますが、アガペーの
手順にはひと工夫ありました。お客さんがリングを持って、つなげようとアガペーの持
つリングにこつっと当てた瞬間、リングが壊れてしまう。これは面白い。初めて見たで
す。

 次に登場は、ウクライナの男性マジシャン、グロフ。ステージ中央にホテルの一室を
思わせる簡単なセットが。ソファに電話機にランプなど。頭上には何だか分かりません
けど布製の半球状の覆いが吊り下げられている。中は空っぽ。演者はソファにどっかと
腰掛け、両足を投げ出すようにしている。メイクはややピエロ風か。
 ベルが鳴って電話を取ると水が出たり、ドライヤーになったり、ひげそりになった
り。投げ出した足にはいた靴下も色々と仕込みがしてあって、ユニークなメッセージが
示され、器用に足だけで靴下を脱いでいく。と、コミカルな調子で進んで行くのです
が、次の演目で、内容の大半を忘れてしまいました。
 お馴染みのリンキングリングなんですが、グロフは何と、足を使ってやったんです。
これは凄い。まさかのアイディアと感じると同時に、よくも実際にできるものだなと感
心しきり。無論、手によるフォローはあるのですが、それにしてもうまく扱うものだと
見とれてしまいました。
 足によるリングが終わると、吊り下げられていた半球状の覆いが降りてきて、ソファ
ごとすっぽり包む。演者は大騒ぎし、じたばたしているところへ、舞台袖から助手らし
き男性が登場。どうにかしてソファだけを覆いから出すことに成功し、そのまま助手と
ソファは反対側の舞台袖に引っ込む。半球状の覆いの中では、まだじたばたやってる。
やがて覆いが再び吊り上げられると、ドレスを着た外国人女性が現れた。グロフはどこ
へ行った? と、観客席の中程にライトが当てられる。そこにはグロフが立っていた。
 素晴らしい。見事な手順。種がどうなっているのか普通に考えると(以下、推測なが
ら一応ネタバレ注意)……ソファに座っていた上半身はグロフで、下半身というか足の
部分は女性。足以外の部分は、ソファの中に隠す格好で入っていた。リンキングリング
をやったのもこの女性。覆いが降りてきたあと、女性はソファから出て、グロフは入れ
替わりにソファに隠れて、舞台から退場。観客が女性の出現に釘付けになっている隙
に、観客席に現れる……という具合だと思うんですが、リンキングリングをやっていた
足が、どうも女性らしくなかったと。あれはやはりグロフ(男性)の足だったとする
と、ソファに隠れていたのもグロフ。てことは、グロフだと思っていた上半身が実は女
性の変装だったのかな。覆いを被っている間に、メイクを落として、重ね着した衣装を
脱ぎ捨てれば、ドレス姿の女性になれる?

 ではでは。続く。




#480/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/05/29  21:11  ( 23)
信用度回復の信用詐欺ドラマ   永山
★内容
 フジテレビ系で放送のドラマ「コンフィデンスマンJP」第八話を録画視聴。ネタバ
レ注意です。
 私感では、本ドラマのこれまでのエピソードで一番の出来映え。傑作は言い過ぎかも
しれないけど、良作であるのは間違いないでしょう。
 主人公らの詐欺グループが金を取り損ねることで、他のエピソードの違いが明確にな
っていますが、そんな今回に限って、計画自体は最も綿密に練られており、修正も失敗
する前に行うという迅速さ。いつも通りの緩い発端ではないにもかかわらず、金を取り
損なうのが、より皮肉めいていて面白い。
 物足りない点がなかった訳ではなく、たとえばラストが弱い。当初の被害者がモラル
もへったくれもなしに金儲けするのはいつものパターンなのでおくとして、加害者の方
向性がラストシーンだけでは分からない。仮に再び美のカリスマとして復活したとして
も、詐欺の対象となるような大金を稼ぐ存在になるとはなかなか考えづらい。そもそ
も、ダー子が当初「(加害者は)しれっと会社に戻って元の地位に就くだろう」なんて
予測をするところからして、どうかしてるんですけど。戻れる訳がない。
 偽りの美人村を作るために、オーディションをして美人を集め、彼女らに偽の化粧水
を使い続けるよう配布する訳ですが……偽化粧水による悪影響が出ないことを、事前に
チェック(パッチテストとか)したんだろうか? 架空の純米酒“越乃大海”をそのま
ま偽の化粧水としたようだけど、アルコールが肌に触れただけで反応が出る人って、一
定割合いるんじゃないのって話。本筋とは関係ないけど、こういう枝葉末節・細かいと
ころにまで配慮を行き渡らせることができたら、もっとよくなったんじゃないかしら
ん。

 ではでは。




#481/629 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #449 ***
★タイトル (sab     )  18/05/30  16:21  ( 12)
自分で書きました      朝霧三郎
★内容
共作出来なかったので自分で書きました。
以下にあるので読んでみて下さい。
(掲示板のパスワードは前と一緒です。
分からない人はメールを下さい。
一応、応募要項に未公開の原稿とあるので、
ここで晒すのはやめました)。

メルアド sabu101@hotmail.com
(@を半角に変えて下さい)。

掲示板
http://www.kh.rim.or.jp/~seki/gwbbs_s1/gwbbs.cgi




#482/629 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #479 ***
★タイトル (AZA     )  18/05/30  19:28  ( 86)
マジックを観に行こう>ワールドマジック終盤   永山
★内容
 次は、日本人マジシャン。金沢からやって来たというトミー。若い人で、今回のイベ
ントに出た中では、一番若いかも。客をいじるマジック担当という感じでした。まずは
スカーフとステッキのマジックでご機嫌伺いをして、次にイリュージョンをやるのでお
手伝いを一人、観客から募集。背が高めの高校生ぐらいの男子が選ばれ、舞台に上が
る。演者よりも高身長。
 でっかいカード(トランプではなくほんとのカード)何枚かの束を示し、人体浮遊だ
の瞬間移動だののイリュージョンの名前が書いてあるから、一枚引いてもらって、そこ
に描かれた演目をやるとのこと。先のお客が選ぶと、カードにはギロチンとある。「や
り直したい?」と問うトミーだが、カードには全てギロチンと書かれてあるオチ。
 ギロチンのマジックとは、小さなサイズのギロチンを使うやつ。上下二つの穴が開い
ており、事前にまず、上の穴に大根の先を入れて、すっぱり切れることを示す。本番で
は上にお客が指を入れ(「使えなくなってもいい方の手の指を入れてください」等々、
怖がらせるやり取りを挟みつつ)、下にはキュウリが入れられる。で、おもむろにギロ
チンが落とされ、指は無事、キュウリは切断と相成りました。切断されたキュウリは、
お客へのお土産。
 三つ目のマジックは、大きなトランプカード二枚を使った当て物。一枚がスペードの
クイーンで、もう一枚がハートのクイーン。演者が右手と左手にそれぞれ一枚ずつ、観
客から見て裏向きになるように掲げ持つ。演者がシャッフルした後、観客は赤い方を当
てるのですが、シャッフルと言っても手をぷらぷらさせる程度で、どう見ても入れ替わ
っていない。でも、赤を持っていた手のカードは黒、黒を持っていた手のカードは赤に
なっている。三度ほど繰り返してから、最後は「みんなに当ててもらいたくて」という
ことで、炉湯砲とも赤いカードになっているというオチ。

 とりを飾るは、米国からダニー・コール。登場した時点から、前にどこかで見たこと
があるようなないような……と思ったんですが、はっきりせず。それが、今月二十五日
NHK−BSプレミアムにて放送されたマジック番組を観て、記憶が甦りました。とい
うか、冒頭に昨年の同番組の極短いダイジェストが流され、そこにダニー・コールが映
ってた。おお、ほぼ同じ演目だった。さらに調べてみたら、ハウステンボスのショーで
も、超至近距離の生で観ていました。五年ほど前のことで演目も全く別、とても若い印
象だったのが、今回は風格を感じたです。
 ステージ上には男の部屋のセット。衣紋掛けにはハンガーがいくつかとジャケット。
四本脚の椅子。その他テーブル。
 正装で登場した演者。ネクタイがいきなり消える。ファッションカタログを繰り、ネ
クタイが大写しになったページを開き、また閉じてからネクタイを引っ張り出す。カタ
ログを開くと、写真からネクタイが消えている。ネクタイを着けようとするも、赤の派
手な奴なので、スーツに合わない。赤ネクタイをハンガーに掛け、服の絵が描かれた大
きな紙?を持ち出してくると、布団に入る前に毛布を持ち上げるみたいに紙をふわっと
やり、身体の前でかざすと、一瞬にして着ている物が上下ともスーツから絵の服にな
る。赤ネクタイを取ろうとすると、二つのハンガーが絡み合う。ハンガーを用いたリン
キングリング。一くさりやってから、手元に一つだけハンガーを残し、あとは衣紋掛け
に戻す。ようやくハンガーに上着を掛けようとしたら、いつの間にやら、そのハンガー
が着ている上着のボタン穴に通ってしまってる。苦労してどうにか外すと、今度はハン
ガーが壊れる。直す度にどこかが壊れ、棒の部分が手から離れない。いつの間にやら、
棒は紙の巻物になっており、開いていくと赤いネクタイが描いてある。それを身体の前
にかざすと、またも一瞬にして赤ネクタイが喉元に結んである。でもやっぱり気に入ら
ないので、カタログを開き、別のクリーム色のネクタイを見付け、「これがいい」とば
かり指差す。カタログを置き、着けている赤ネクタイに手を沿わせると、あっという間
にクリーム色に。次いで今度は派手なシャツにサスペンダーの描かれた絵を身体の前に
かざす。すると、ジャケットはそのままで、中のシャツだけサスペンダー付きの派手な
シャツに変化。
 ジャケットを脱ぎ、椅子に腰を下ろそうとする演者。が、椅子が勝手に動いて座れな
い。幾度か繰り返す内に、椅子が逃げ出したので、その脚を掴まえる演者。椅子の逃げ
る勢いは強くて、暴風にはためく旗の如く、真横に飛んでいきそう(一応注釈しておき
ますと、パントマイムです)。とうとう脚一本が抜ける。
 仕方がないので、脚一本を床に立て、どうにか座る演者。どうも落ち着かないので、
脚を取っちゃう。それでも腰掛けた姿勢をキープ。筋肉で頑張って維持しているのかと
思いきや、演者が足を組んで、床には片方の足しか付いていない状態になっても同じ姿
勢を保っている。その内、あり得ないほど上体を反らすが、倒れない。イナバウアー、
あるいはマトリックス避けの状態。※終わった後のアガペーの話によると、このマジッ
クを開発したのはダニー・コール自身で、セ○が同じマジックをやっているが、あれも
ダニー・コールから上演権を買っているとか。
 財布の中を見ると、クーポン券?ばかり。ぱりっとした格好になっても先立つ物がな
ければ始まらない。クーポン券を両手の中で折り込んでいき、また開くとお札になっ
た。どんどんお札を増やしていくが、財布にしまってもう一度観てみると、クーポン券
に戻ってしまった。その内の一枚を取り出し、観客の方へ開いてみせる。「END」と
書いてあった。
 ここで女性のアシスタントが登場。と思いきや、ダニー・コールの奥方、ステイシー
でした。マジックショーをする内に知り合って、ゴールインに至ったとか。そのステイ
シーが単独でマジックを披露。小銭を貯めるような巨大なガラス瓶(蓋付き)の中に、
木の枝と一羽の蝶々が(蝶は多分作り物)。キャンドルに火を灯してから、蓋を持ち上
げ、蝶を取り出す演者。蓋をまた被せてから(何故か)蝶々を折り畳んで二度ほど破
り、キャンドルの火にくべる。煙がもわっと立ちのぼる。それを手でかき集める仕種を
して、両手の中に捉えた。隙間を作り、息を吹き込むと、さらに大量の煙が発生。その
煙をガラス瓶に向けて浴びせる。瓶の周りの煙が消えると、瓶の中に煙が充満してい
る。まじないっぽい手つきをしていると、程なくして瓶内部の煙が薄らいでいき、木の
枝には元のように蝶々がとまっていた。

 これにておしまい。最後は出演者総出で送り出しに立ってくれるサービスぶり。全国
数箇所を回る中で、恐らく、今回が一番少ない観客数でのショーだったと思いますが、
変わらぬであろう熱演は本当に嬉しい。
 出演者はアマチュアも含めて、レベル差はありましたが、ショーの内容や構成は素晴
らしく、大いに盛り上がりました。
 秋口には再びワンデーコンベンションが予定されているとのことで、タイミングが合
えば観に行くつもりでいます。

 ではでは。




#483/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/05/31  20:00  ( 31)
ただでさえ覚えが悪いところへ   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「イノセント・デイズ」第四回を録画視聴。ネタバレ注意です。
 二ヶ月近く間が開いたため、前回までの内容について記憶が曖昧ですが、どうにか思
い出せた。今回の粗筋をざっと触れると――。
 死刑判決を下された幼馴染みの田中幸乃の減刑を訴える方針で話を運ぶ弁護士・丹
下。幸乃の祖母・美智子が、彼に接触を図ってきた。証言する代わりに金を貸して欲し
いと要求する美智子を、丹下は突っぱねる。と同時に、小学校時代の苦い思い出が蘇
る。当時、幸乃を遠くへ連れていこうとする美智子の前に、バットを持って立ち塞がっ
たがどうにもならなかった。
 裁判記録などに当たると、放火直後からの幸乃の足取りを考えると、刑事が踏み込ん
でくるまでに自宅に戻るのは不可能のはず。また、凶器の灯油を入れた一斗缶から、幸
乃の指紋は検出されず、他の人物の指紋が出ていたらしい。無罪を示す証拠にはまだな
り得ないが、わずかな可能性でもあるのなら、弁護士としてやるべきことをやる。先輩
でもある父の言葉を聞き、丹下は無実を訴える方針に傾く。
 一方、共通の幼馴染みだった佐々木は、独自に動いていた。小学校時代、丹下は佐々
木にはかなわないと思っていたが、今の佐々木は故あって定職に就けず、弁護士になっ
た丹下に負い目を感じている。そのため、就職面接を受けるも不採用。そんな中、放火
殺人の現場であるアパートの大家と会い、話を色々と聞く。幸乃の味方だという大家に
勇気づけられる佐々木だったが、二度目の会話で幸乃の味方だが無実を信じている訳で
はないと言われ、落胆する。大家は、一斗缶らしき物を入れた袋を持った幸乃を、事件
当夜に目撃していた。
 幸乃に面会を断られた美智子は、朝っぱらから往来でコップ酒を煽っていた。ふらふ
らと歩き出し、一口呷った矢先、急に苦しみ出して転倒。幸乃の名を呼びながら、やが
て動かなくなった。
 ――こんな感じ。ざっとと言った割に、長い(苦笑)。
 収束に向けて動き始めた感が強く出ていて、特にあげつらう点はないです。強いて挙
げるなら、またまた上では触れませんでしたが、女性刑務官の存在。幸乃と結構個人的
な会話を交わしているし、丹下からの接触を受け、刑務所内での幸乃の様子を(禁じら
れてるにもかかわらず)ちょっと喋ってしまう。このシーンのために、序盤からちょく
ちょく、女性刑務官の心理描写的なものを挟んでいたのね。

 ではでは。




#484/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/01  21:03  ( 34)
配達屋さんたら変えずに消した?   永山
★内容
 メールの保存期間は無期限で、容量制限にも引っ掛かってないはずなのに、約五年半
より昔の分が消えてる……。削除基準の変更でもあったのを忘れちゃってるのかな。で
も改めて削除基準を調べても、昔のままみたいだし。

 WOWOWのドラマ「イノセント・デイズ」第五回を録画視聴。ネタバレ注意です。
 佐々木は被害者ミカの夫で田中幸乃と共依存の関係にあった井上と会う。いきなり殴
りかかってきた井上だったが、話を聞いてみると、彼は自分が妻と子供を殺したと言い
出す。事件が起きた当日の昼、ショッピングセンターで井上と幸乃は偶然、お互いを見
付けた。妻子を買い物に行かせた井上は、幸乃と会って話をする。そのときふと口にし
た「幸乃と会った頃にリセットできたらな」という言葉。その夜、自宅が炎に包まれ妻
と子供二人が死亡したことを考え合わせると、井上は自分の言葉が幸乃を殺人に突き動
かしたんだと信じていた。その話を聞いても、佐々木は幸乃の無実を信じた。
 一方、丹下は決定的な反証を見付けられずにいた。幸乃に面会を求めても断られ続
け、再審請求手続きは遅々として進まない。折しも法務大臣は、死刑制度推進派の議員
に代わり、早速、一人が執行された。死刑囚の刑確定から執行までの平均期間は五年か
ら七年とされ、幸乃は五年が過ぎている。急がねばならない。丹下は連絡の途絶えてい
た佐々木と会うため、家を訪ねる。
 その後、幸乃との思い出の場所である桜の木を訪れた二人は、この光景を彼女に再び
見せたいと強く思う。佐々木は拾った桜の花びら一枚を押し花にして、幸乃へ手紙と共
に送る。やがて届いた返事には、「あの光景をまた見たい想いがないと言ったら嘘にな
るが、気持ちは変わらない」との旨が記してあった。
 再審への道は行き詰まっていたが、ある事件が起きたことにより、五年前の事件当時
に、一斗缶の発見された場所の近辺に若者グループがたむろしていたことが分かる。ま
た、大家は井上家から幸乃のストーカー的な行為が怖いと相談を受け、結果、井上と表
札を取り替えていた。もし若者グループが、民生委員でもある大家に何らかの逆恨みを
していたとしたら……大家の家だと思って井上家に火を放った可能性は? 仮に真相が
そうだとして、幸乃はどうして死刑を受け入れようとしているのか?
 ――粗筋はこんな感じで。一気に解決に向かって行っています。特に、表札の件は、
前回の時点で提示されており、うまく使ったなあと感心しました。
 一つ、引っ掛かったのは、前回のラストで倒れた幸乃の祖母について、何ら描写や説
明がなかったこと。死亡したと見なしていいのかもしれないけど、一応、明確にしてほ
しかった。あるいは、次回最終回で何かあるのか?

 ではでは。




#485/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/02  21:05  ( 29)
Windowsのアップデートと関係あるのかしらん   永山
★内容
 今まで広告表示なんてされていなかったサイトで、画面の半分近くを覆う広告が出る
ようになり、非常に使いづらい。でも調べてみると、元々表示されるのが当たり前で非
表示にする方法もないらしく、となると今まで何で表示されていなかったのやら。

 WOWOWのドラマ「イノセント・デイズ」最終回を録画視聴。これは何を書いても
結末のネタバレになるので、細かな粗筋や感想はなし。
 大きかったのは、佐々木の過去話だったかな。最終盤に来てこのエピソードは、ずし
んとくる。幸乃の意思決定を動機づける大きな要素になる。だからといって、幸乃の心
情を全て納得したかというと、そうではありませんが。期待していた物語とは違ったと
いう側面も大きいけど、それを抜きにしたって、納得しがたい。
 女性刑務官の動きが、一つのポイントになっていた。そう来るかと思わせる誘導の役
目ね。
 第五回で放ったらかしだった幸乃の祖母は、やっぱり亡くなっていた模様。幸乃の台
詞で、家族はもういないと言ってたから。ただ、幸乃が祖母を家族と見なしていたかど
うかは分からないけど。

 テレビ朝日系で放送のドラマ「未解決の女」第七話十五分拡大を録画視聴。ネタバレ
注意です。
 番組オリジナルの三億円強奪事件を設定して、その三億円事件の謎に挑むっていうの
は分かっていたけれども、何だか紛らわしい。四億円事件とでもしてくれればよかった
のに。
 アルファベットカードによるメッセージが所々に出て来るのは、本ドラマとしては魅
力を発揮しやすいストーリー作りでしょうけど、如何せん、不自然さが際立つ。拉致さ
れる状況下で、カード数枚を取捨選択してメッセージを残すというのは、普通ならあり
得ない。演出から判断して、拉致された被害者こそ実は犯人というパターンになりそう
なんで、カードでメッセージを残す不自然さも問題ないとしたいのかもしれませんが、
どうしてそんな手段を執ったのかが分からない。次週最終回で明らかにされるのかな?

 ではでは。




#486/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/03  20:04  ( 29)
ドラキュラには向かない作業   永山
★内容
 大蒜の刈り取り?で包丁(鎌が足りないので)を使い続けていたら、手が痛い。握力
が変な感じで、パソコンを触るのがちとしんどい。

 WOWOWのドラマ「60 誤判対策室」第一回を録画視聴。ネタバレ注意です。
 えん罪事件のあぶり出しを名目に、政治家の人気取りによって作られた誤判対策室。
無実の人間を殺人犯にしてしまった過去のある定年目前の刑事の有馬英治、三連敗を喫
して左遷された検事の春名美鈴、エリート若手弁護士の世良章一の三名からなるその部
署は、どこからも煙たがられていた。
 やる気のない態度を取りながらも、己の過去の贖罪が頭にある有馬は、行き付けの風
俗店の風俗嬢から、ある話を聞き込む。それは、印鑑詐欺に絡むある殺人事件がえん罪
である可能性を示唆していた。記録に当たってみると、盗みに入った男が家人に気付か
れ、女生徒その幼い娘二人を殺害、家に火を放った放火殺人で、犯人とされた古内博文
は、すでに死刑確定しており、再審請求を出してもいない。自白しており、犯人しか知
り得ないであろう秘密の暴露もあった。この事件のどこに、えん罪の匂いを嗅ぎ取った
のか。
 ――初回の粗筋はこんな具合。付け足すとしたら、春名の上司・西島が誤判対策室に
関する検事側の窓口で、なおかつ、放火殺人の担当検事だったという設定。
 最後まで観れば面白そうと興味が湧いたのですが、序盤はちょっと首を傾げる導入で
した。舘ひろし演じる有馬刑事が風俗店を利用する様が描かれるのですが、病人やアル
中を思わせるようなぐたぐた振りで、気怠さ満載。その上、光をやたらとまぶしがる風
に見えて、日常生活を送るのすら辛そう。こんなのでまともに刑事の仕事ができるのか
と心配になるレベルでした。
 結局、そんな気怠い感じの理由は明かされず、話は進んで、えん罪の匂いを嗅ぎつけ
た途端、突如としてしゃきっとする。閑職だった誤判対策室の仕事にも身を入れる。こ
れなら、やる気のなかった有馬が何らかのきっかけで行動を起こすというストレートな
手法の方が、視聴者を惹き付けられたのでは。まあ、話が進むに従って、この導入で描
かれたシーンの意味が明らかになるのかもしれませんが。

 ではでは。




#487/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/04  20:18  ( 28)
読了>夢乃さんの『終末のサイエンティスト』6.ナノマシン 永山
★内容
 読みました。
 まずは、気になった・引っ掛かった箇所を以下に。

@@引用開始(指摘付き)@@
麗子が手早く準備をする間にも、光俊は廊下を歩いて行ってしまう。それでも気を使っ
てはいたようで、麗子が小走りで追いつくと、歩みを速めた。
     ↑この辺りの描写、いいですね!

「解りました。でも、どうして複製できないんでしょう? よく言われているように、
地球にない新元素なのでさか?」
         ↑「でしょうか」or「ですか」?
@@引用終了(指摘付き)@@

 あと、光俊の台詞に「うん、そう」の形が連続で出て来て、つい、「運送」の漢字を
当てはめてしまった(笑)。

 麗子視点がこれまでほとんどなかったせいか、何となく新鮮な印象を受けました。そ
れと同時に、ん?この描写はもしかして……と勘繰らせる箇所がいくつかあり、考えす
ぎかもしれないと思いつつ、麗子が登場する場面を読み返した方がいいのかなとも思っ
たり(再読はまだ実行していませんが)。

 つぶやきの方で、光俊が天才云々とありましたので、そういう目線でも読んでまし
た。キャラクターで天才らしさを見せるものと受け取っていましたけど、どちらかとい
うとよりストレートに、能力の片鱗を示したって感じ。
 光俊の得意分野というか専門が何なのかよく分からない〜。幅が広くて、多岐に渡っ
ている。そういうマルチな辺りも含めての天才といったところでしょうか。

 ではでは。




#488/629 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #487 ***
★タイトル (        )  18/06/05  11:04  ( 49)
感想レス>『終末のサイエンティスト』6話  +α  夢乃
★内容
ども、夢乃です。

拙い作品を読んで戴き、ありがとうございます。
まだまだ誤字ありますねぇ。スマホでのフリック入力に慣れない(と言うほどの初心者
でもないけど)せいか、別の段を入力しようとして『あ』段になってしまったりとか、
隣の行を入力してしまったり、ということが頻繁です。それでも最近は減ったかな。

視点は第三者、神視点ですけれど、今回は麗子の上に憑いていたようです(^^)
もう少し、第三者視点が上手く描けると良いのですけれど。経験あるのみ、ですね。

麗子に関しては、第1話からいろいろと思わせぶりな表現を使ってきたつもり。彼女の
思惑とは・・・今後明らかに・・・できたらいいな(実の所、それは主題ではないから
きちんと話に絡めていけるか自信がない・・・)

光俊は単に、この世界でまだ誰も気付いていないことに一人だけ気付いていることと、
その応用を思いついたこと、それで天才です。性格は今後も、あの通り子供っぽいまま
なので、キャラクターとして天才的な所を見せることはないでしょう。というか、私が
天才ではないので、天才キャラクターを描けない・・・あぐあぐ。

この後も最後まで読んでいただけると嬉しいです。・・・恥ずかしいけれど(^^)

■
百の凶器、年末まで引っ張るとのことで(早くタネ明かしして〜〜)、感想と一緒に
言おうと思っていた誤字を。

12
真壁 → 真瀬

13
現実味に乏しいって思 うだが。  → 現実味に乏しいって思 うのだが。
このレシート、よくる感熱紙だよ  → このレシート、よくある感熱紙だよ

■
百の凶器がまだ先ということで、その間に そばいる も進めて戴けると嬉しいですが、
他にも、
・護田鳥の冬
・Boy needs Girl
・アクセスマジック
・美津濃森殺人事件
・U.L.
・TOKIOディテクティブバトル
etc.、つづきを楽しみにしております(^^)

あ、もう一つ、「対決の場」の13が見つからないのですが、削除されてしまったので
しょうか? 話が飛んでしまって、モヤモヤしていたり。

いろいろと好き勝手言ってすみません。

それでは。




#489/629 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #488 ***
★タイトル (AZA     )  18/06/05  22:00  ( 39)
“なにもかもみな懐かしい”   永山
★内容
 読了へのレスをありがとうございます、夢乃さん。
 麗子は早い段階で、そうだったんですね〜。
 推理物読みのさがかもしれないんですが、推理物を読む場合だと警察組織に属するキ
ャラクターに関しては基本的に信用する(悪徳刑事ではない、敵方のスパイではない)
ところから入るもので(そうしないと、死亡推定時刻など捜査に関する基本的な部分か
ら疑って掛からなきゃ行けなくなり、面倒。警察に入るには厳しい身辺検査があるはず
だし)。それが癖になって、他のジャンルを読む際も、真っ当な組織に所属している人
物は基本的に見たまんまの役だろうと鵜呑みにしてしまう。結果、少々おかしな点が目
に留まっても、まあそんなものかとスルーし、疑うのが遅れる、と。私だけ?

 拙作『百の凶器』へのご指摘もありがとうございます。できる限り速やかに直しまし
た。
 “真壁”は、プロレスをテレビ観戦しながら、書いてたせいだな……。やりがちだと
自覚はあるので、時折検索をかけてチェックしてたのに、取りこぼしてしまいました。

 『そばいる』シリーズは、時代の移り変わりに沿って、方針を新たにもしくは改めて
決めた方がいいかなと迷ってる点がいくつかあります(タレントの恋愛禁止とか国外で
の移植手術とかLGBT他関連とか)が、進めてることは進めてます。イベント詰め込
みすぎた〜と焦ってる部分もあり(汗)。
 他にも作品名を挙げてもらって、凄く嬉しいし、ありがたいです。『アクセスマジッ
ク』を除いて、作者ですら懐かしい。『護田鳥』なんて、今の辞書機能だと何故か変換
してくれない。『Boy needs Girl』は続編に着手した覚えはあるのです
が、クラッシュしたのを機に、放置状態のような。『美津濃森』は数年前に続きを書こ
うとしてそれまでを読み返し、使っている機械等に年月の経過を感じて“今書かなくて
もいいか”と断念しましたが、何とかしたいなぁ。『U.L.』は純粋にギャンブルの
ネタ切れ(汗)。厳密には、書いている途中のネタと似たネタの既成作品を見掛けてし
まったので、そこを補う何かを考えねば。『TOKIOディテクティブバトル』。これ
は次のステージの腹案が、描写が似たようなシーンの繰り返しで面倒くさい割に、競争
感・対決感を出しづらく、ミステリ的にもあんまり凝った話じゃないため、他にいいア
イディアないかなと考えてる内に、時間が経ってしまったです。
 続きについては、『護田鳥』は自信ないです(汗)けど、他は続きを書く気はずっと
持ち続けていますので、気長に待ってもらえると助かります。(^^)

 「対決の場 13」は
http://www.awcjapan.net/find.cgi?md=read&sn=me7445
 で表示されると思います。検索で引っ掛からない理由は分かりませんが、いくつかそ
ういうケースがあるみたいです。

 ではでは。




#490/629 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #489 ***
★タイトル (        )  18/06/06  11:43  ( 10)
見つからない投稿・ふたたび  夢乃
★内容
ども、夢乃です。

永山さん、「対決の場 13」のURI、ありがとうございました。検索に引っ掛から
ないのはDB周りに問題がある、のかな? 全然違うところが原因だったりして。

ところで他にもう一つ、途中が抜けているものがあったような気がして、探したところ
「ハンドルネームはカイン 2」でした。元はmc3204だったのでは?と思うのですが。
こちらも、URIを教えていただけると嬉しいです。

それでは。




#491/629 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #490 ***
★タイトル (AZA     )  18/06/06  21:56  ( 23)
FDを知らずに彼らは育った   永山
★内容
 探してみましたが、『ハンドルネームはカイン 2』は見付かりませんね。
 困った。再UPしたいところなんですけど、手元にありません。旧い作品は関西の家
の方で元データを保管しているのですが、今、九州におりまして。
 関西に戻ったとしても、フロッピーディスクの山の中から探すことになるんで、時間
が掛かりそう(自嘲)。


 フジテレビ系で放送のドラマ「コンフィデンスマンJP」第九話を録画視聴。ネタバ
レ注意です。 
 まーたまたターゲットに関して調査不足のまま計画を立て実行、失敗してから変更し
――というのはいつものパターンなのですが、今回は一度ならずさらに重ねて、そうい
う意味では捻りを利かせた展開で評価できます。
 反面、作り手が視聴者に情報を小出しにすることで、面白さを確保するのは、楽をし
てるな〜って印象を受けます。最後にいたっては作戦もへったくれもなしに、どっちに
転ぶか分からない博打に出て成功する。ご都合主義のなにものでもなく、それを隠そう
とすらしていない。そもそも、最初はフェイクだったものが、終盤、主人公らの努力に
よってターゲットにとって価値あるものに変化し、それに対してターゲットは金を出し
たんだから、もはや詐欺じゃない。詐欺じゃない話を描いたドラマを、詐欺ドラマとし
て見せるのは詐欺である?
 てことで、今回はドラマとしてはうまいことやったなレベル、詐欺ドラマとしてはだ
め、かな。

 ではでは。




#492/629 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #409 ***
★タイトル (AZA     )  18/06/07  22:22  ( 34)
およそ二ヶ月ぶり   永山
★内容
 気になるニュースが多くて、何か書こうと思ったものの、絞れなかった。
 てことで、ドラマの感想。

 WOWOWのドラマ「闇の伴走者〜編集長の条件」第二回を録画視聴。ネタバレ注意
です。
 これまた初回を視聴してからだいぶ時間が空き、忘れかけていましたが、公式サイト
の粗筋紹介などを読んで記憶を補完。
 想起社の漫画雑誌「ブレイブ」の編集長に就いた醍醐は本来の力を発揮し、掲載作品
の質を高めると同時に、編集者達の意識にもよい影響が出始める。同時に、不良?社員
である綿貫の動向にも注意を払い、金の出入りにおかしな点があると、社長及び専務に
伝える。すると専務が「この件は私が」的な申し出をしてきた。醍醐は訝しみつつも、
表面上、それを受け入れた。
 一方、調査員の水野は、ブレイブ編集部のバイト・伊東とともに、漫画原稿の調査を
続行。出所を探る内に、ある古本屋に行き当たり、そこの主人・三浦から画稿の故買物
件を扱う古本屋リストを入手する。その中の一つ、コミックスープレックスは、綿貫が
毎月定期的に不審な金の入れ方をしていた先だった。さらに、想起社の創業者と、綿貫
の祖父とは大金に基づく面識があり、強い結び付きを感じさせる写真の存在も明らかと
なった。
 醍醐と水野は、転落死した南部の死に様がある漫画のシーンに似ていること、また、
南部の残したメモから彼が昭和の未解決事件を題材にした、ノンフィクションに見せ掛
けたフィクション漫画を誰かに描かせようとしていたことを知る。加えて、南部が死亡
したのと同時期、一家皆殺しの殺人事件が発生したせいで、南部の一帯はろくに解剖さ
れずに事故として処理されたことも掴む。もし南部の死が他殺だとしたら、鍵は南部が
死ぬ前に送ってきた漫画原稿にあると踏んでいる。その出所を探るべく、水野は偽名で
コミックスープレックスに査定依頼の電話を掛けた。
 ――粗筋はこんな具合。警察の捜査がないせいか、多少、とっちらかった感はあるの
ですが、南部の死の真相を突き止めるという目的が明確なので、軸がぶれずに進んでい
きます。
 脇道も面白い。醍醐が見せた編集長としての顔や、それに対する漫画家や編集者の反
応の描き方がしっかりしていて、視聴者も納得できる。枝葉と呼ぶには結構大きいし、
本筋へのヒント(多分)につながるエピソードなんでしょうけど、こうした丁寧な作り込
みは好感が持て、非常にいい。

 ではでは。




#493/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/08  19:53  ( 35)
ボーっと生きてると聞き間違いもする?   永山
★内容
 プレジデントオンライン発の政治ネタの記事で、「バカいってるんじゃねぇよ」がN
HKのクイズバラエティ番組「チコちゃんに叱られる!」にてチコちゃんが顔を真っ赤
にして怒鳴る名せりふ、と記述してありました。
 この番組、これまで結構見てますけど、チコちゃんが「バカいってるんじゃねぇよ」
って言うのを聞いた覚えがありません。言ったことはあるのかもしれませんけど、繰り
返されてはいないでしょうし、印象に残ってないからには単発の名台詞とも呼べないで
しょう。そもそも、顔を真っ赤にした状態でのチコちゃんの名台詞というのであれば、
繰り返し出て来る「ボーっと生きてんじゃねえよ!」が真っ先に来ると思うのですが。
記事を書いた記者は、チコちゃんのようなボイスチェンジャーを通したキーキー声に対
して、聞こえがよくないのかも。

 テレビ朝日系で放送のドラマ「未解決の女」最終回十五分拡大を視聴。ネタバレ注意
です。
 何これひどい、六十九分を返して、と言いたくなる出来映え。こっちが期待のハード
ルを高くして、それに届かなかったんでがっかり、ならまだ我慢できますが、本ドラマ
はそれに当てはまらないからなあ。
 「未解決の女」ってタイトルで最終回がほんとに未解決で終わってどうする。続編作
らせてくださいアピール? それならそれで品質をもっと高めてくれなきゃ。
 二人いる主人公の一人が銃で撃たれるも辞書のおかげで弾丸が止まって助かった、も
う一人は知らない内に病院に担ぎ込まれた、すわ一大事かと思いきや単なるぎっくり
腰。いずれも本筋に直接の関係はない。作る側は面白いと思ってやってるのかもしれな
いけど、つまらないし、単なる引き延ばしに感じる。十五分拡大しておいてこれはない
でしょう。
 ラスト近くで示唆された真相は無理筋で、こんなにうまく行くとは思えない。過去の
現金強奪はうまく行ったとしても、現代の殺人の方は計画殺人の割にはひどく行き当た
りばったりで、犯人、途中でよく殺されなかったとさえ思う。その上、狂言誘拐の最後
でロープで拘束されてクレーンから吊り下げられる役って、相当なダメージを負うので
は。刑事らに救出されるんだから、ダメージの少ない特殊な縛り方はできないだろう
し。犯人だけが疑われつつも逮捕を逃れ、、その父親が犯人として逮捕されたままって
いうのも、計画成功とは言えない。そもそも、警察の捜査が犯人親子に及ぶこと自体、
計画に穴がある証拠だけど。
 要するに、天才的な犯罪者でもない犯人に主人公らは屈した構図になっており、物語
全体がしまらない終わり方をした、そんな印象を強く受けたです。

 ではでは。




#494/629 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #493 ***
★タイトル (AZA     )  18/06/09  20:29  ( 37)
ボーっとしてる間に訂正   永山
★内容
 昨日言及した政治ネタ記事の件、指摘が多数あったのか、いつの間にやら訂正されて
いた。番組名を残し、名台詞云々をなくす形での訂正だから、かなり不自然な文章にな
っているけど。

 WOWOWのドラマ「闇の伴走者〜編集長の条件」第三回を録画視聴。ネタバレ注意
です。
 水野の偽の依頼で、待ち合わせ場所の喫茶店に現れたコミックスープレックスの人
間、それは綿貫本人だった。影から見張っていた醍醐が姿を見せ、問い詰めると、綿貫
は、漫画家に返却されず想起社に残されていた漫画原稿等を売り捌いていたことを白状
する。またこのことは想起社の上の人間も知っており、財テクで失敗した専務が積極的
に関与して綿貫と共に利益を得、社長も承知しているはずだと言った。さらに、南部に
も知られたが、もう売るなと言われただけで公にはされなかったという(そのすぐ痕に
南部が死亡したので、綿貫は裏商売を継続)。南部の性格を知る醍醐は、公にしなかっ
た点を不思議に感じた。後日、宣伝部長にこの件を告げると、宣伝部長は、社長が知っ
ていれば隠そうとするはずがないと言い切る。そうした経緯を経て、社長に直接問う醍
醐。返事は、知らなかったというものだった。
 一方、南部が死ぬ前に送ってきた原稿は、元は綿貫が入手したもので、現物は南部が
持って行ってしまったが、油絵のような物からコピーしたことが分かる。コピー原稿の
サイズを計測した醍醐は、その元の絵が紙芝居のそれだと推測する。それを受けて、水
野は紙芝居の歴史に詳しい人物に当たり、問題の原稿の作者が「めんじょう」という名
前だったことを突き止める。
 醍醐はくだんの原稿の構図が、手塚治虫の漫画『奇子』のある場面を想起させること
に気付き、描かれた場面そのものも同じ事柄を表しているのではないかと考えた。『奇
子』におけるその場面は、下山事件を描いている。また、南部の残したメモからは、昭
和の未解決事件を描いた漫画を画策していた節が窺える。南部の死は、下山事件の真相
に触れたからなのか?
 そんな折、水野の住まいのドアには、「もう手を引け」という脅しめいたメモ書きが
挟まれる。彼女と行動を共にしていたバイト社員の伊東は、夜、一人で道路脇の階段を
降りているときに背後から突き飛ばされ、転落する。
 ――粗筋は以上のような感じ。今回は割と予想通り、期待通りの展開を見せたので、
この先どうなるんだというはらはらどきどき感は薄かったかも。
 そんな中、紙芝居に結び付く過程は見事だし、それに続く紙芝居に関する蘊蓄が興味
深く、面白い。最盛期には一万人以上が全国にいて、人気作品は貸し借りされていたと
か。紙芝居の原稿って一作品につき一つしかなかったとのことで、意外に感じたです。
複写というか手書きで同じ物をいくつも作るんだろうなと、何となく思ってた。

 ではでは。




#495/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/10  21:01  ( 62)
新幹線及び新感線   永山
★内容
 東海道新幹線殺傷事件。
 小説の筋書きの一つとして、似たような状況を考えたことがあります。最初に着想し
たのは、地下鉄サリン事件が起きた頃で、「同じことを新幹線でやられたら、地上を走
っていても停車駅が少ない分、地下鉄と同等の被害が出るかもしれない」と感じたのが
元。
 その後、白昼無差別に人を襲う通り魔事件が増えたように感じ、「同じことを新幹線
でやられたら」と想像して薄ら寒くなった。、二〇一五年に起きた新幹線内焼身自殺事
件もしかり。
 自分が何ヶ月か毎に新幹線を利用するようになっていたから、以前より身近に感じた
ということなんでしょう。実際、小説のネタを離れ、どの位置に座れば最も対処しやす
い(逃げ延びる可能性が高い)か、なんて考えが、乗る度にふっと頭をよぎります。

 WOWOWのドラマ「闇の伴走者〜編集長の条件」第四回を録画視聴。ネタバレ注意
です。
 階段を転げ落ちた伊東は、左腕に大怪我を負うも命は無事。知らせを受けた醍醐は、
社員の安全を守るためとして、調査の中断を宣言する。それに異を唱えた水野。水野は
想起社の人間ではないこともあり、醍醐と二人で調査は続ける。
 南部の愛人だった女性を知る人物・塚本とコンタクトが取れ、水野は情報をもらうの
を兼ねて、話を聞きに行く。塚本が話すかつての同僚・南部は、口汚くて失礼で喧嘩も
したけれど、翌日には謝ってくれて普通に話し掛けてくるような性格で、漫画の研究分
析に日々を費やしていた男だった。漫画家を罵るときには、その漫画家の作品に出て来
るキャラクターの特徴を真似てからかうことも多々あったという。
 やがて紙芝居作家で幻の漫画家である校條(めんじょう)の旧住所が判明、いるかい
ないか分からないが訪問してみることに。呼び鈴を押してからだいぶ経って、返事があ
った。アパートの一室にいたのは、老人と呼べる痩身の男。南部が原稿を持って訪ねて
こなかったかと問うと、あっさり認める校條。原稿を返しに来た南部に対し、その原稿
を含めて作品を丸々やったという。その紙芝居作品は、醍醐の推測通り、下山事件を
テーマにした物で、後に校條自身が漫画にして刊行もされていた。全三巻に渡るその漫
画の内、手元にある一巻と二巻を読ませてくれた。醍醐は一読し、下山事件に新たな解
釈を示す傑作だと評価、漫画雑誌「ブレイブ」への掲載を願い出る。一方、水野の関心
は事件に向く。水野からの質問に校條はさらなるアイディアを出し、下山事件の“真相
”をより複雑な物にしてみるかと言い出した。その様子から、何か秘密の情報を握って
いると感じた水野が問うと、校條は下山事件の現場を目撃したんだと言った。彼の目撃
証言の通りなら、漫画に描かれたことや出されたばかりの新たなアイディアは、全て事
実かもしれない。
 伊東は醍醐の意向でバイト社員を外れていたが、このまま引き下がるのはどうにも悔
しく、怪我は完治していないが復帰を頼みに編集部へ赴く。醍醐は不在だったが、先輩
社員が話を通しておくと約束してくれた。その帰り、社内でエレベーターを待つ人混み
に並んだそのとき、すぐ前に立つ人物の靴に見覚えが。自分(伊東)を突き飛ばして立
ち去った人物の靴と、同じ減り方をしている!? 靴の主の顔を見ようとしたそのと
き、先輩から声を掛けられ、忘れていたとして皆から集めた退院祝いを渡される伊東。
その間にエレベーターは行ってしまった。
 水野は南部の転落死した建物屋上に行き、たまたま、南部の転落する姿を目撃したと
いう住人女性と巡り会う。その証言によれば、南部は敬礼の格好をして落ちていったと
のことだった。
 ――粗筋はこんな感じ。一気に話が進んで、ほぼほぼ犯人が分かったかも?と思わせ
る回でした。
 本作の興味(謎)は南部の死の真相を突き止めるだけでなく、下山事件の真相(新解
釈)や漫画原稿の行方といったサブ的なものの他、南部が見付けた漫画雑誌の勝利の方
程式とは何かとか、水野の死んだ父親は本当に自殺だったのかというエピソードもあ
り、多岐に渡っています。この内、水野の父親の件は残り一回で解明されることはない
でしょうけど、あとは順調に解決へと(多分)向かっており、バランスのよさを感じま
す。ここに来てまださっぱり想像が付かないのは、漫画雑誌勝利の方程式のキーワード
“水色”ぐらいで、他はほどよく解きほぐされている。
 謎とは別に、放ったらかしの事項がちょっとだけあるけど、これもきっと何か関係し
てくるんだろうなと期待が高まります。
 古田新太演じる醍醐が、前作よりも若干丸くなった印象で、共感しやすい。傍若無人
キャラとして描かれる南部との対比で、醍醐は南部と似ているところもあれば違うとこ
ろもある。その違いの大なるのが部下思いであることをはっきり示すキャラ。ここに共
感しやすさのポイントがあるような。

 ではでは。




#496/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/11  21:10  ( 48)
似て似てるもの   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「60 誤判対策室」第二、三回を録画視聴。ネタバレ注意で
す。
 誤判対策室の事案ではないが、独自に動いて放火殺人の調査を続ける有馬。えん罪事
件のあぶり出しで早く成果を出したい世良もこれについて来る。取っ掛かりは印鑑詐
欺。その実行犯の一人が収監中と聞き、面会に行った。有馬はかつて取り調べで使った
脅し透かしはったりなど緩急自在の攻めで、相手から元締めに関するいくつかの情報
(名前が矢野高虎など)を得る。さらに、大量発注を受けていた印鑑屋を訪ねると、店
の主人は詐欺には全く関知しておらず、注文客の情報をすんなり教えてくれた。それは
三十代の女で、店主と交わした世間話から、比較的簡単に居場所を突き止めることがで
きた。女が喫茶店で今まさに化粧品詐欺を働こうとする場を有馬は押さえ、化粧品詐欺
について通報するかどうかはおまえの証言次第だとして、矢野の動向を尋ねる。が、女
の口は堅く、矢野に逆らえば殺されると怯える。放火殺人の被害者・長谷川由美が死ん
だのは、矢野に逆らったからと考えていたためだ。
 有馬は単独でカメラを持ち、張り込んで、矢野の身辺を洗う。リサイクルショップ経
営の矢野には若い妻と幼い娘がおり、その妻こそが放火殺人犯として死刑判決を受けた
古内の娘だった。古内は、娘のために身代わりになったのか?
 刑務所に古内を訪ねた誤判対策室の面々。えん罪事件である可能性を匂わせても、し
かし古内は自らの有罪を唱えるばかり。再審請求を出すどころか、早く死にたがってい
るような発言までする。有馬は大きく落胆した。
 世良は父親(誤判対策室創設に尽力した議員)の秘書?から、いつまで弁護士をやっ
ているんだだの、誤判対策室に入るなんてお父様への子供じみた反抗はやめなさいだの
と言われ、かえって反発を覚える。※誤判対策室は表向きとは違って、死刑囚の再審請
求を速やかに退け、迅速な刑の執行を後押しするために作られた。
 検事の春名は、誤判対策室を突然訪れた上司の西島に、西島担当の放火殺人事件を再
調査している資料を見られてしまい、酷く叱責され、嫌味を言われる。それまでは検事
の本道に戻りたくて上司の言うことに従ってきた。が、前に世良から「検事はえん罪を
暴く気はないんですね」と言われたこともあって、内心で決意を固める。
 翌日、有馬が呼び出されて出勤すると、春名と世良が待ち構えており、放火殺人の案
件を正式に誤判対策室で扱うことに決めたと告げてきた。死刑囚自身が望まぬ現状で、
再審まで持って行けるのか不透明であるが、とにかく動き出す。それには裁判で使われ
なかった証拠の開示が鍵になりそうだが、それを握るのは西島。まともに要請しても、
拒否されるのは目に見えている。春名はカフェで引いたおみくじが大吉だったのを機
に、思い切って西島の部屋に忍び込むと、証拠に関する書類を探した。そこへ、部屋の
ドアを開ける人影が……。
 ――第二回と第三回の粗筋はこんな感じ。だいぶ削ってます。凄く気になるところで
続くとなった(笑)。
 誤判対策室という架空の設定を、いかにもありそうな周辺事情を付加することで、結
構現実味のあるものに仕立ててる。でも、刑事と検事と弁護士が同じ部署にいるという
状況には、やっぱり違和感の方が上回りますが。何も不正をしていなくても、馴れ合い
の温床と疑われて、世間から叩かれそう。
 あと、前のドラマW(WOWOWのドラマ)作品で視聴もした「イノセント・デイ
ズ」と似ている部分が多くて気になる。再審を求めていない死刑確定囚、えん罪が疑わ
れる、事件は放火殺人、犠牲者は母親と二人の子供。多すぎないか? いや別に似た要
素がたくさんあってもかまわないんですけど、「イノセント・デイズ」をやった直後
に、この「60 誤判対策室」を持って来る感覚がよく分からない。敢えて見比べても
らって、えん罪について考えてみませんか的な意図があるのかしらん?

 ではでは。




#497/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/12  21:14  ( 29)
詐欺ドラマなので面白さは保障しない   永山
★内容
 フジテレビ系で放送のドラマ「コンフィデンスマンJP」最終回十五分拡大を録画視
聴。ネタバレ注意です。
 ストーリーは捻りがあって悪くない。ドラマの造りとしては法廷物のバリエーション
で、メインとなる主人公グループの部屋が裁きの場。私設法廷、私的裁判ですね。
 反面、細かな点でこれまでの積み重ねが台無しにしている。まず、今回の敵役である
鉢巻が、ダー子らを“最高のコンフィデンスマン”と評価して犯人扱いしたけれども、
とても最高のコンフィデンスマンと思えない。騙したあとも信頼を得続けていることな
んてほとんどなかったし、顔ばれした件もあったし、詐欺を行った結果損をしたことも
あった。
 また、本ドラマのやり口からして、敵サイドの掴んだ情報や証拠がどこまで正確なの
か、疑って掛かる必要がある。そしてその通りのどんでん返し展開だったから。素直に
騙されようがない。
 そもそも、ダー子らは義賊でも何でもなく、単なる悪人グループ。共感や同情する余
地がなく、当然、応援する気にならない。「こいつらが手ひどい目に遭っても全然ハラ
ハラしない。いい気味だ」ぐらいに感じます。
 さらに、ダー子らの計画が綱渡りに過ぎる。鉢巻がもしも銃による殺害ではなく、刺
殺や絞殺を選んだとしたら、どう対処したのか。また、鉢巻が途中で逆上して、一人を
“殺す”のに全弾打ち尽くしてしまい、新たな銃を手にしていたら、どう切り抜けよう
というのか。完全に当初の予定通りに進む計画なんて望むべくもないんだから、計画に
柔軟性を持たせてはあると思うけど、今回描かれた計画は危険度が高くて命を落としか
ねない。
 ついでに言えば、鉢巻の父親の組織も迂闊に過ぎる。金と薬物を受け渡しする際に、
薬物の中身を確認するシーンが一切なかった。あれでは騙してくださいと言ってるよう
なものでは。そうさせたのもダー子らの計略の効力だというのであれば、そこを描いて
くれなきゃいけない。
 映画化が決定したとの報がありましたが、よほど脚本を磨かない限り、長丁場をもた
せるのは無理なんじゃないかなあ。

 ではでは。




#498/629 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #387 ***
★タイトル (AZA     )  18/06/13  20:24  ( 25)
散歩する休日   永山
★内容
 東京五輪に合わせて、祝日を移動し連休作り。二〇二〇年は秋の連休が減ることに。
 これは……小説のネタになる。体育の日のことを描いているから十月の話だと思った
ら実は七月とか。逆に、この年の出来事を取り入れて物語を作る際には、祝日に大いに
注意を払う必要が生じるし、何の気なしに二〇二〇年の出来事を描いただけのつもり
が、日取りでおかしな点が出て来る恐れも。

 成人年齢を十八歳に引き下げる改正民法が成立。二〇二二年四月一日から施行。
 この法案が以前話題になった折、施行後最初の成人式をどうするんだろうって思い、
書き込みのネタにしましたが、今日ニュースを観ていたら、十八〜二十の三世代?を一
世代ずつ分けて朝、昼、晩と催すことを考えている自治体が出てました。コストが掛か
るのは承知の上とか。三世代まとめてやると、会場の広さなどの問題の他に、「単なる
二年遅れの全校集会みたいになる」という意見が紹介されてて、面白かった。
 虚を突かれた思いになったのは、「十八歳で成人式をやると久しぶり感がない」とい
う意見。なるほど。十八なら多くが高校在学中に迎える訳で、成人式で懐かしさを感じ
る度合いは、現状より下がるはず。
 こうなったら、成人式はなくして、二十歳の儀とでも銘打って、二十歳を迎える人を
対象にこれまで通り式典を行えばいいんでは、とか思ったり。
 とりあえず、個人的に迷っているのは、拙作「そばいる」シリーズにて成人式を描く
のをやめるかどうかってことですね(笑)。タイムカプセルの件があるからなあ。全然
触れない訳には行かない。
 そういえば、2分の1成人式を行っている小学校は、どう対応するんだろう? 九
歳、つまり小学三年生を対象にして継続するとしても、代わり目の年は四年生も一緒に
やるのかしらん。

 ではでは。




#499/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/14  20:50  ( 25)
おかわりはなし?   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「60 誤判対策室」第四回と最終回を録画視聴。ネタバレ注意
です。
 最終回を含んでいることもあって、粗筋は省略気味で。ざっくり言えば、上司に嫌味
を言われながらも、放火殺人事件を誤判対策室で取り上げることになり、より深く調査
を開始。犯人しか知り得ない秘密の暴露であるとされた、死因に関して、決定的な誤り
が見付かり、えん罪を証明できる可能性が。しかし、かつてこの放火事件を担当した検
事の根回しによって、死刑執行を促す書類が上申?され、執行命令書がまさに出されよ
うとしていた。そのことを教誨師のリークにより当日知った有馬らは、残された一時間
で手を尽くす。果たして刑の執行は止められるのか――ここまでが第四回。
 このあと、有馬がある奇策を取るんですが、ドラマで描かれたように本当に功を奏す
るのか疑問に感じなくもなし。刑の執行されるタイミングを知ったからこその奇策だけ
ど、それにしたって執行中止になるのかなあ? これが有効なら、現実世界でも使われ
そうだ。
 で、死刑執行の中止を経て、再審がメインになるものと思っていたら、さにあらず。
再審の法廷場面もありましたが、時間は短く、終わり間際に配置されていました。予想
外でしたが、そこにはちゃんと理由や計算があって、ドラマに奥行きをより与え、面白
くしていた。えん罪をテーマにした物語と見せ掛けて……という風に受け取ることが可
能。細かな状況証拠というか暗示が、若干、後出し気味の部分があったのは惜しい。
 てことで、割とよかったです。が、期待していた展開にならなかったのは、ちょっと
残念。あと、以前に書いた、物語の根幹をなす大まかな枠がこれの前のWOWOWドラ
マである「イノセント・デイズ」と似通っている理由、結局分からず。似通ったドラマ
を連続して意識的にやるならやるで、そう銘打ってもいいんでは。べたですが、えん罪
シリーズなんて括りで。

 ではでは。




#500/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/15  21:02  ( 30)
朧気な記憶を頼りに忘却の話   永山
★内容
 プロレスラーの藤波辰爾がカルッツかわさき(川崎市体育館のあった場所)で試合を
するに当たり、「山本小鉄の引退式以来」とコメントしたのをスポーツ新聞系サイトで
読む。
 え? ほんとかなと思って調べてみたら、山本小鉄の引退式(引退試合)が行われた
のが、一九八〇年四月。その後、少なくとも一九八六年五月、一九八七年十月、一九九
四年十二月の川崎市体育館でのプロレス興行に、藤波は出場してる記録が。山本小鉄の
引退で強く印象に残っているにしたって、いくら何でも忘却しすぎのような。
 村松友視の著書に、ジャンボ鶴田は「忘れない人」、藤波辰爾は「忘れる人」と書い
てあったような記憶があるのですが、まさかこれのことではあるまい(苦笑)。

 WOWOWのドラマ「闇の伴走者〜編集長の条件」最終回を録画視聴。ネタバレ注意
ですが、粗筋は省きます。
 一旦解決したと見せ掛けて、裏があるというのはよくあるパターンですし、本作では
割とあからさまにどんでん返しの布石が打たれていたので、そこは予想通り――心地の
よい予想通り。ただその布石が示す相手ってのが複数の候補がいるので、どう絞り込む
のかと思っていたら、案外あっさりした決め打ちで決着。ご尤もな理屈ではあります
が、ちょっと拍子抜け。
 謎として残されていた水色の件は、なるほどそういう意味かと納得。振り返ってみる
と、これもかなり早い段階でヒントが示されていたと分かります。私は気付かなかった
けど、気付く人はその早い段階で気付くだろうなあ。
 放置されていた事項についても、ちゃんとしたフォローあり。それも結構な長さで、
ある意味、ストーリーの肝と言えるかも。関係者が、事件解決後に醍醐らが動くまで何
のアクションも起こさないっていうのは、あり得なくはないがちょっと考えづらい(も
しくは作者都合)ですけど、ドラマを締め括るのにはこの配置がベストな訳で、難し
い。
 第三段の続編が作られるとしたら、水野の父親の件を扱うのかしらん。でも、これま
での二作は共に漫画にまつわる事件を取り上げていたのに対し、水野の父親の件は漫画
とは無関係に思える。その辺の作り方をどうするのかも気になるし、第三弾に期待。

 ではでは。




#501/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/16  21:31  ( 29)
期待通りにはじけるか不発で終わるか   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「不発弾」初回無料放送を録画視聴。ネタバレ注意です。
 番組ガイドによれば、社会派ヒューマンサスペンスとのこと。金融経済の不正がテー
マなんで、経済サスペンスかと思ってましたが、もうちょっと幅が広いのかな。
 ざっくりした粗筋は――日本の大手総合電機メーカー・三田電機産業が七年で一千五
百億円の“不適切会計”をしていたことが公になり、粉飾決算の疑いが掛かる。記者会
見で社長はあくまで“不適切会計”とし、原因と責任の所在、今後の対策を示す。凡百
の企業なら上場廃止が当然だが、三田電機ともなると日本経済を揺るがしかねず、金融
庁もおいそれとは動けない。このまま騒ぎは収束する公算大だったが、会見の翌日、三
田電機の経理に関わる社員が首吊り死体になって発見される。自殺と見なされ、警察の
捜査も入らない雲行きだったが、三田電機の疑惑を追う女性刑事が突破口とすべく、タ
イミングから言っても自殺ではなく口封じの他殺ではないかと主張する。部署違いによ
る衝突がありながらも殺人の疑いで捜査開始。だが、決め手を欠いて進展しない。そん
な中、自殺した社員と頻繁に連絡を取り合っていた金融コンサルト・古賀が浮上。身辺
を洗うと、不祥事を起こした企業を守る伝説的な人物らしい。女性刑事は記者会見の前
後で三田電機社長の周囲に出没した古賀を目撃していた――こんなところ。もうちょっ
と入り組んでいますが、省略しています。
 今回は、主役の古賀の立ち位置がまだ全くはっきりしない段階で、感情移入の対象が
なく、様子見の回といった印象。それでも面白くなりそうな萌芽はそこここに。
 まあ、素直に考えれば、記者会見で騒ぎをうまく収束させられる見込みだった(社長
にアドバイスしている)古賀と通じていた社員を、古賀がわざわざ殺害する訳がない。
たとえ自殺であっても、報道が明るみに出ることで、疑惑を継続させてしまう。何らか
の理由で始末する必要が生じたなら、少なくとも遺体が発見されないようにするのが絶
対条件。だから古賀に容疑を掛ける刑事らの判断は間違っていることになるはずです
が、果たしてそう単純に捉えていいものかどうか。
 古賀は過去に金融絡みで身内を失ったような描写があり、その復讐を企図して経済界
に潜り込んでいるのだとしたら、味方のふりをして裏切る展開も充分に考えられる。て
ことで、この先が気になる滑り出しで、よい感じです。

 ではでは。




#502/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/17  20:16  ( 25)
後輩注意報!   永山
★内容
↑いわゆるライトノベル的な作品にありそうなタイトル、かも。

 先日、朝からそこそこ晴れていて、メールチェックが終わったら畑仕事の手伝いに出
ようと思っていたら、俄に暗くなった。
 一雨来ると思い、これは早く外に出ねばと着替えて飛び出す。するとすでに宙にはチ
ラチラと降る物が。もう降り出したかと焦りつつ、屋根のないところへ出て、その降っ
ている粒に当たると、感触がどうも違う。冷たくないし、水分を感じない。指先で触れ
てみて、ようやく分かった。火山灰だ、これ。
 部屋に引き返してインターネットで調べると、速報が出てた。
 眼鏡をしていても目に多少入るんで、ほんとは水中眼鏡的な物を装着した方がいいん
だろうけど、その日は草抜きだけしてさっさと退散。終わったあと、髪の毛がタオルを
被っていたのにざらざらになってた。
 ちなみに先に畑に出ていた父は、私が行くまで、「変な雨だな」としか思っていなか
ったようで。長年に渡って慣れてしまうと、鈍くなる?

 新幹線でトラブル続きなんで、次はほんとに船で行き来しようかしらんと考え始めた
今日この頃。まあトラブルのあとしばらくは緊張感が高まり、改善の程度も維持される
だろうから、問題は起きづらい気もするのだけれど。
 で、この間の新幹線内殺傷事件のニュース関連で、逃げるとしたらどうするのがいい
かっていう話がネットでも出ていた。最悪、トイレに逃げ込むのもありかなと思ってた
んですが、出ていた識者の話ではだめだとか。ドアを突破されたら逃げ道がないという
のが理由。トイレのロックなんてシンプルな物だから、鍵がなくても比較的簡単に開錠
できるんでしょうし、やっぱりそういうものなんだなと納得。

 ではでは。




#503/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/18  21:19  ( 25)
思い込みの危うさ   永山
★内容
 朝採った野菜を、テレビでNHKを聞き流しながら段ボール箱に詰めていると、「緊
急地震速報です」という声が聞こえてきたんですが、しばらく意に留めないでいまし
た。というのも、画面を見ていなかったのも大きいですが、それ以上にちょうど八時に
なるかならないかの頃合いだったため、NHKがこういうタイミングでよく流してい
る、緊急地震速報のシステムを告知するものだと思い込んでしまったから。
 一分ほど経ってから、具体的な地名が聞こえた気がしたので、画面を見に行き、よう
やく本当に大きな地震があったのだと知った次第。
 で、関西にある我が家は、阪神淡路大震災のときに多少揺れた(震度四)せいか、じ
わっとしみ出す風に雨漏りするようになってしまい、どうにかこうにか補修してきたん
ですけど、今度の地震(同じく震度四)でまたずれが生じて、再び雨漏りするようにな
ってるかもしれず。震度六弱のような強い揺れが襲ったのなら、交通機関の復旧具合を
見て戻る算段を付けるかもしれませんが、震度四ならおいそれと行けない。九州にいた
ままで家の状態を確かめようがなく心配ではありますが、しょうがない。ご近所さんか
らの連絡がないということは、少なくとも外見的には異常なしのはず。

 大きな地震や災害の報道があると、ストックしてあるプロットの内の二つを、作品に
使っていいものかどうか考えてしまいます。
 一つはだいぶ前にフレボイで書いた気がするけど――男Aは、近しい知り合いBに普
段から殺意に近い怨みを抱いているもののの、実行には移さないどころか表にも出して
いない。が、震災が発生した日、AはBと二人きりの状況で被災。Aは無傷だったが、
Bは落下物で軽い怪我。「今ならBを震災による事故に見せ掛けて殺せる!」そう判断
したAは、食器棚を押し倒して――というもの。先行作品が多分あるんじゃないかって
気がすることもあり、自作には使わずじまいでいます。

 ではでは。




#504/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/19  22:30  ( 39)
WからWへ   永山
★内容
 何だかんだで見てしまうW杯サッカー日本代表の試合。とりあえず、不発で終わるこ
とはなくなったのでよかった。

 WOWOWのドラマ「不発弾」第二回を録画視聴。ネタバレ注意です。
 古賀の過去が語られる。高卒まで福岡は大牟田で生まれ、暮らした古賀は、父親を炭
鉱の事故で早くに亡くし、妹・睦美と共に母親・良美に育てられた。だが、母親は息子
と娘が長じてアルバイトができるようになると、次第に怠惰になり、勤め先の飲み屋に
出たり出なかったりという有様。中学生になった睦美は地元信用金庫の荒井の目に留ま
り、露骨に誘われる。そのことを知った古賀は荒井と揉め事を起こしてまで、妹を助け
る。やがて古賀は高校を卒業し、東京の中堅証券会社に就職。体力勝負の場立ちから異
例の抜擢を経て営業回りになり、さらに上司の中野からノウハウを教わることで、ノル
マを楽々達成するようになる等、のし上がっていく。全ては妹を東京に呼び寄せるため
だった。しかし、睦美は母親を見捨てられないと言って、大牟田を離れようとしない。
そうして何年かが経過した昭和六十二年。職場に掛かってきた電話が、古賀に妹の入水
自殺を伝える。睦美は男性関係に悩み、死を選んだと思われた。古賀はその男は荒井に
違いないと確信。荒井と、古賀の母親・良美に、睦美の死の責任があるとして復讐を考
え始める。
 そして現代。古賀は中野の指導もあって面識を得た三田電機の東田と懇意になり、中
野の出世に合わせるようにして、三田電機の中枢に関わるようになる。
 一方、警察の捜査も動いていた。首吊り死体で見付かった三田電機社員の橋本宅を訪
れ、残された妻に死ぬ前数日間の橋本の様子や交友関係、会社での仕事について何か語
っていなかったか等を聞くが、異変は感じなかった、知らぬ存ぜぬで通される。それも
そのはず、橋本の妻は橋本の指示で古賀を頼り切っており、夫の遺した封書を未開封で
手渡した上、善後策を授かっていた。封書の中身は橋本が三田電機の不正を克明に記し
たもので、古賀はそれを燃やすことで握りつぶす。
 ――粗筋はこんな感じですが、実は第一回の内容も少し混じっています。この方が分
かりいいかと思ったもので。
 古賀の立ち位置が悪役っぽくなっていますが、作り手側が視聴者をそちらへ誤誘導し
ようとしている節があるような。いくら妹の復讐名目とは言え、このままでは共感を得
にくい気がするので。多分、主人公像はもう一捻りあるのではと、願望を込めて予想。
 上の粗筋では省きましたが、古賀の母は既にひき逃げで亡くなっており、その加害者
が古賀の高校の後輩だと分かったシーン(現代)で、次回へ続くとなりました。
 昭和六十二年の時点で復讐を決意しているのですが、ドラマ上の現代は二〇一七年。
三十年の間に復讐を果たしたのかどうか明かされていないですが、どうもまだみたい?
 本当にそうだとしたら……昭和六十二年の十月に起きたいわゆるブラックマンデーに
ついても描かれていたので、証券マンの古賀はその対応に追われ、復讐どころではなく
なるのかしらん。

 ではでは。




#505/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/20  20:46  ( 26)
持ち腐れる前に   永山
★内容
 今回の大阪を中心とする地震についての報道で、校則に関するものがあるのを見付
け、ちょっと意外な印象を受けたです。
 地震の翌日から緊急時の連絡用にと保護者からスマートフォンを持って行くようのに
言われるも、学校では校則だからと先生に没収されるケースが相次いでいるとか(記事
の元はツイッター情報らしいので、厳密には学校単位で相次いでいるのかどうかは分か
りません。極端なケースを想定していいのなら、没収そのものは一校のみでしか起きて
ないとしても、そこの児童生徒の相当数が呟けば、事例そのものは多数上がることにな
る訳で)。命よりも校則が大事なのかと疑問が出ている模様。
 この手の話、私は今回初めて見聞きしたのですが、ここ数年の比較的規模の大きな地
震が発生したときにおいて、似たようなことは起きなかったのかしらん? たとえば熊
本地震の頃と今とで、児童生徒のスマートフォン所有率やツイッター使用率が劇的に変
化したとはちょっと考えにくく、命より校則的な話に疑問が出ていたのなら話題になっ
たと思うんですが。
 仮に近畿・関西特有の現象だとしたら、そんな地域性が生じた理由が気になる。逆に
他の地域では問題視しなかった、なんて可能性はまずないでしょうし。
 また、興味深かったのは、スマートフォンの校内持ち込みはOKだが、授業中に音が
鳴ったら没収という校則のところがあるらしいこと。一見合理的なようで、今回みたい
に緊急地震速報が流れたときの音でも没収される学校もあって、そのため児童生徒は普
段から完全に電源を落とすか、緊急地震速報を受け付けない設定にしてるとのこと。肝
心なときに役に立たない……。校内にいる限り、学校側が責任を持って知らせると解釈
していいのかしらん。

 同志社大学や同志社女子大では公式HPに地震に起因する全日休講の知らせを載せ
ず、他の日常的な情報を更新し続けて、ひんしゅくを買ったとか。

 ではでは。




#506/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/21  20:15  ( 42)
皇帝死す   永山
★内容
 ちょうど、エラリー・クイーンの『帝王死す』を読み返したタイミングだったので、
この書き込みタイトルに。

 プロレスラーの“皇帝戦士”ビッグバン・ベイダーことレオン・ホワイトが肺炎をこ
じらせ死去。六十三歳。合掌。
 上では記事に沿って肺炎と書きましたが、それまでにも心臓を患う等しており、去年
の四月に来日して試合を行った際は、試合後のセレモニー中に意識を失って倒れるアク
シデントがあったと報じられていました。
 日本で訃報が流れるほど有名プロレスラーになったベイダーも、初登場時はブーイン
グを浴びてました。ビートたけしがプロレス界に乗り込んできたという設定で、たけし
プロレス軍団の先兵として両国国技館大会のリングに上がったのですが、その大げさな
被り物から来る外見の虚仮威し感に加え、当日は猪木vs長州の久々かつ待望の一騎打
ちが組まれていたのに、ベイダー側の横槍(とされてますが恐らく猪木の気まぐれ)
で、対戦カードが二転三転。結局猪木は長州とベイダー相手に連続してシングルマッチ
を行うことになり、長州とはがちゃがちゃした展開の末、六分ほどで猪木の反則勝ち。
直後のメインイベントでベイダーと戦って三分足らずでフォール負け。その他、エリー
ト扱いの馳浩が日本デビュー戦でいきなりジュニアヘビーのタイトルを奪取したり、
カード変更の煽りを食った藤波木村健吾vs長州マサ斎藤が異様に悪い雰囲気の中行わ
れたりで、観客暴動が発生。主催の新日本プロレスは、両国国技館の無期限使用禁止を
言い渡されました。他のジャンルからの介入に対して、プロレスファンが物凄くアレル
ギーを持っていた時代。このたけしプロレス軍団の企画や、後のメガネスーパーの参入
なんかはうまく取り入れていれば、業界全体の大発展につながったかもしれないのに。
 ベイダーの日本での名勝負となると、かなり多数にのぼると思うのですが、厳密には
ベイダー側から見た名勝負と言うよりもむしろ対戦相手から見た名勝負の方が多いか
も。たとえば、一九九六年の一月に行われたアントニオ猪木との一騎打ちは、現役晩年
の猪木が死んでしまうんじゃないか?ってくらいにベイダーが攻め込むも、猪木が逆転
勝ち。これは猪木の最晩年の名勝負として数えるのがふさわしいかと。そういう風にベ
イダーの怪物的な強さを跳ね返して日本人が勝利というパターンが目立つ。ベイダー側
から見た名勝負としては、一九九〇年二月のスタン・ハンセンとの一騎打ちと、小橋建
太との初シングルが筆頭かな。前者は団体対抗戦、後者は意地の張り合いで、それぞれ
決闘の趣があった。
 もう一つ、セメントマッチだったのではとされる試合が、ワッハ・エブロエフ戦。日
米ソ三国団体対抗戦パート2の名古屋大会で実現した一戦は、ベイダーが序盤からプロ
レスの枠を逸脱したようなパンチ攻撃などを仕掛け、鼻血を出させる。戸惑っていたエ
ブロエフもスープレックスや得意の腕ひしぎ逆十字で反撃したが、最後はベイダーがボ
ディプレスで勝利。これ、プロレス版の「北斗の拳」ラオウvsジュウザだと感じたも
のです。
 同時代に活躍した大物日本人レスラーとはほとんど当たっているベイダーですが、ジ
ャイアント馬場、ジャンボ鶴田、天龍源一郎、前田日明との絡みはなかったと思いま
す。特に天龍とは共に現役の期間が長く、観てみたかった。

 ではでは。




#507/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/22  22:48  ( 22)
クローン羊はアンドロイドの夢を見るか   永山
★内容
 日本テレビ系でアニメ映画「ファインディング・ドリー」をやっているのがちらと目
に入って、すぐにチャンネルを変えるつもりが、看板が日本語になっていることに気が
付いたので、つい注目。
 詳しくないけどまさか日本が舞台じゃないよなと検索してみると、なるほど、国に合
わせて変えているのか〜。看板の他に、トラックのコンテナに書かれている文字も日本
語だと気付いた。
 看板の他には、水族館のアナウンスが八代亜紀の声だそうで、それだけなら単なる日
本語吹き替えでしょうけど、その声を聞いたキャラクター達が「八代亜紀だ!」って反
応するというから、間違いなく日本向けに作り替えられている。
 さすがに自動車のハンドルなんかは左のままだけど。
 こういう国に合わせた変更って、どういう判断でなされているんだろう? 公開され
る諸外国全てで、その国の言葉に直したり、有名人を起用したりしているのかしらん?
 あと、製作国オリジナルを観たい人だっているはずだから、映画館にせよソフトにせ
よそういうタイプ違いを両方取り揃えて、客が選べるようになっているんでしょうね、
きっと。

 で、そういう違いをネタにして、推理物の手掛かりとか決め手に使えそうな気がす
る。オンエアされたのは日本語に直されたバージョンだが、犯人は製作国バージョンし
か知らないまま、「そのときは自宅で※※って映画を観てましたよ」って答えてぼろが
出る、とか。

 ではでは。




#508/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/23  21:52  ( 50)
芸術という椅子から腰を上げ、退去しつつあるもの   永山
★内容
 東京芸術大学(東京芸大)の学園祭・藝祭にて開催を予定されていた「裏ミス藝大」
の中止が発表される。世間の反応を受け。
 知らなかったんですけど、東京芸大には元々「ミス藝大」なるコンテストがあって、
参加者は男女を問わない上、見た目だけで評価するのではなく、モデル、美術、音楽で
チームを組んで「ミス藝大」を表現するものだそうで。
 それに対し、今年から催される予定だったのが「裏ミス藝大」で、従来からあった女
性を対象にした、いわゆる美を競うコンテストを企画していたとのこと。
 で、価値観の押しつけはやめよう的な世の流れもあって、美人コンテストに通じるミ
スコンは減りつつあるのは承知していましたが、何故、美人コンテストのみが縮小傾向
にあるのかが分からない。単純に比較して、美人コンテストが他のコンテストよりも圧
倒的に多かった、それが減る流れなので目立つだけだという見方もあるでしょうが、そ
れはおくとして。
 美男子コンテストが中止になったという話は聞かない。多分、あるんでしょうけど。
美人コンテストをやめるのなら美男子コンテストもやめたら?というような文脈で意見
が出ているのは聞いた覚えがありますが。あ、イケメンが集まらなくて中止になった事
例は過去にあったらしい。
 枠を広げて極端なことを考えてみると、価値観の押しつけがだめなら、他のコンテス
トも開けない理屈に?って話に。たとえば全国一斉学力テストとか運動競技全般はどう
なのか。学校の勉強ができること、速く走ること、遠くまで跳ぶこと、重い物を持ち上
げること、たくさん回転すること等々で優れているのは凄いけど、それを競わせて順位
付けや表彰をするのは価値観の押しつけと捉えないのか。
 美人コンテストにおける美の基準は、対象となる者に強迫観念を与え、過度の減量、
拒食、改造に近い整形等を強いることになりかねず、ひいては健康に害をなす――とい
う理由付けもあるみたいですが、それなら学力に関してはかつては受験地獄とか呼ばれ
て自殺者が出たり、家族を殺したりした例があるし、運動競技だってドーピングをした
り、ライバルに薬物を盛ったりする人がいる。近しい者にライバルを直に襲わせた人さ
えいるし。
 基準が重要なのだ、という説明もある。美人コンテストの基準は曖昧、ないしは世界
的に統一した基準がない。これに対して学力は言わずもがな、運動競技だって数字で出
るし、採点競技にしても(ほぼ明確な)統一基準がある。そんなあやふやなものに没入
するのは望ましくない。……比較的説得力があるように感じるものの、統一した基準が
なければいけない理由はない。ただ、単一のコンテストでの明確な基準はあるのが望ま
しいとは思います。
 他が主催するのは気にしないが、大学(等の学校)で行われる美人コンテストはけし
からん。大学は学問を勉強する場だ、という意見もあるみたい。突っ込みどころは多々
想定できるものの、いっそ潔い感じがしないでもなし。年齢で区切れば問題解決?
 結局、現代の社会において役に立つかどうか、その度合いによって批判されやすい・
されにくいが生じるような。

 ここから小説のネタっぽく。
 世間の声を受けて、色々と変遷してきた美人コンテストが、ある形に落ち着いた。審
査はAIで行い、優勝しても得られるのは満足感のみ(賞品賞金なし、結果の公表な
し、結果の口外禁止)。優勝していないのに「私が優書した」と主張する嘘吐きが出な
いよう、問い合わせれば「その人は優勝していません」と教えてくれる有料の窓口を開
設する。かような形で世界的美人コンテストが数年に一度行われる社会になった。
 そんな中、主人公の冴えない男が、幼馴染みの女性の名前を問い合わせてみると、返
答がまさかのノーコメント。「え、彼女が優勝?」と心ざわつく。
 オチを思い付かない〜。

 ではでは。




#509/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/24  22:55  ( 20)
ある意味、参考になるかも   永山
★内容
 アベマTVで「リアルカイジGP」を見ていたら時間が経ってしまった。orz 
 Eカードを実際にやると、意外なほど早くかたがつくのね。まあ、原作漫画と違っ
て、この番組では肉体的に危険な目に遭う訳じゃないので、心理面での条件がだいぶ異
なると思うけれど。
 ただ、強い人(勝った人)は見事に奴隷で皇帝を刺すのね、今のところ。ルパン三世
のものまねの人、スノボの人の手口を完全に読み切っていた。

 ギャンブルを題材にした小説をいくつか書いて来たけれど、展開のパターンがある程
度限られていて、先駆作品の亜流っぽくなるのは仕方ないとして、オリジナルのゲーム
を考えるのがしんどい。しんどいながらも楽しい一面はあるものの、やっぱりしんどい
(苦笑)。実際のゲームを考える方が多分楽かなあ。運だけで決まるゲームでもいいか
ら。小説や漫画で用いるゲームは、何らかの趣向を盛り込む必要があるので。
 たとえば、超高速に論理的思考をすれば必ず解けるとか、ルールに穴があると言われ
ない程度に必勝法があるとか、巧妙ないかさまが使えるとか、いかさまの裏をかいて勝
つとか、勝負自体をひっくり返してしまうとか。で、そういった趣向をどういう風に魅
せるか、工夫がいる。
 個人的には、そういうギャンブル小説と推理物を融合させた作品を書いてみたい(
笑)。

 ではでは。




#510/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/25  20:57  ( 41)
月曜日が黒くなったそのあと   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「不発弾」第三回を録画視聴。ネタバレ注意です。
 過去パートは一九八九年から一九九〇年にかけて。時代は昭和が終わって平成にな
り、世界も歩調を合わせるかのように東西ドイツの統一や社会主義体制の崩壊と、激動
を迎える。日本は財テクブームに沸いており、古賀も己の才覚を発揮し、成績を伸ばし
ていた。そのやり方は、企業の資産を運用するに辺り、7パーセントの利益を約束する
かのような文言をうたい、さらにそこへ2〜5パーセントの上乗せを提案、客からキッ
クバックの求めがあれば易々と応じるという、表沙汰にはできないものだった。古賀は
その金融商品を、信用金庫の重職に就く荒井にも飲ませることに成功。これを足がかり
に、荒井を破滅に追いやろうと企む。一方で、古賀は食品会社ノアレの副社長で元大蔵
官僚の熊田と接触し、大口顧客になってもらった。だが、八九年末を境に株式市場は下
がり始め、日経平均は三ヶ月で九〇〇〇円ほどの暴落。時期を同じくして、中堅証券会
社の実質的な損失補填が明るみになり、大蔵省からの通達が各証券会社に出される事態
に。その通達を守るには、各企業の資産運用で抱えている株式の大半を売り捌かねばな
らないが、一度にそんなことをすれば市場はより一層冷え込む。古賀の属する国民証券
では、情勢を見つつ、各企業の担当者に判断を委ねる形を取った。その結果、危険度を
理解していなかった者は売り損ねて損を膨らませてしまい、古賀ら証券マンを罵倒する
騒ぎに。が、そもそも公にできる儲け話ではないため、警察沙汰にはならずにいた。
 古賀の上司の中野は、外資のCBFS証券からの誘いを受け、その東京支店支店長に
就くことが内定。古賀に「おまえも来い」と誘いを掛ける。前後して、やはり外資のヘ
ルマン証券の杉本からも情報の横流し、もしくはヘッドハンティングの誘いを持ち掛け
られていた古賀は、時代の先を見越して、独立を考え始める。
 現代パート(二〇一八年初頭)では、女警視・小堀らの捜査が小規模ながらも続けら
れていた。古賀の故郷である大牟田に飛んだ小堀と今井は、古賀の母が交通事故死、妹
が自殺していることの状況確認に加え、荒井が首を吊って死んでいたことも知る。遺書
はなかったが、「不発弾を背負って死ぬ」との走り書きがあり、死後に信用金庫の四〇
〇億円にのぼる不正経理が発覚したことから、何らかの不良債権を扱い失敗したことに
よる自殺ではないかと噂されていた。また、娘を荒井に差し出していた母親の交通事故
は、古賀の元同級生が加害者として捕まっていたが、古賀がやらせたのではないかとご
く一部の者は考えていた。
 東京に戻った小堀は、上司の反対を無視して、古賀の内縁の妻・村田佐知子に最接
近。スパイにできないか接触を開始する。
 ――粗筋は以上のような感じで。他に、村田佐知子と古賀の出会いが割と丹念に描か
れていたのが気になる。警察がスパイにしようとする流れもあったので、鍵を握る人物
ってことなのか。前回までにそういう伏線はほとんど感じなかったけど。
 また、現代パートで、三田電機の損失隠しのため、米国の原発事業に関係する訴訟沙
汰をなかったものにしようと、古賀が相手会社のゼロ円賠償を推し進めるくだりは、現
実の流れ(東日本大震災)を絡めてなかなか興味深かった。この三田電機とエピソー
ト、実際の企業をモデルにしてると連想できるんだけど、大丈夫なのかいな。記憶に新
しい話だから、なおのこと。

 ではでは。




#511/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/26  23:02  (  7)
結びはコピー&ペーストすればよかった   永山
★内容
 パソコンを使って文章を書いているのえすが、キーボーおのABCの次の文字の反応
が物凄く悪くて、ほぼえなくなってます。放っておいてもいずれ直ると思ってました
が、不調のまま。このままじゃ、執筆に差し障りがある。
 と、いきなり修理を見当する前に、いっぺん外して掃除してみようかと。それをやっ
てると今日の書き込みが間に合わないかもしれないため、短いながらとりあえず。

 ほなほな。




#512/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/06/29  20:40  ( 36)
DとWの問題   永山
★内容
 キーボードのDの不調は、全体を外す前にDのみを外してみたら、何やかやと詰まっ
ていたので、それらを排除することで解消できました。いつになくひどい詰まり方でし
た。虫とか(苦笑)。

 2018FIFAW杯ロシア大会で、日本が決勝トーナメント進出。終盤の戦い方に
議論も。
 W杯ぐらいしかサッカーのテレビ観戦をしない素人の感想としては、こういう場合は
ダブルスタンダードでも仕方ないんじゃないの?ってところ。「ほめられた戦い方じゃ
なかったけれども、グループリーグ突破の目標達成に徹した姿勢は素晴らしい」とか
「決勝トーナメント進出は嬉しいけど、つまんなかった」とかでいいんじゃないのかし
らん。たたえるか叩くかのどちらかに振り切らないといけない訳であるまいに。
 そもそも、トーナメントの組み合わせを見据えてグループ一位を目指すか二位を選ぶ
かの駆け引きは、この手の大会の見所の一つだと聞いた覚えが。そういう計算をしてわ
ざと負けることを潔しとしないのは日本人の性質であり、諸外国では当たり前にやって
いる、という主旨の文章を大昔に読んだ覚えがあるのですが、今回のvsポーランドの
日本代表の闘いぶりはその諸外国からこぞって叩かれている印象が強く、あれ?って感
じます。
 で、無気力にも見えるゲーム展開――引き分け狙いや“負けていても現状維持”作戦
を抑止する目的で、仮にルールを改めるとしたら……。
・得点を取りに行く姿勢が見られない場合、審判は積極的に警告を出せるようにする。
・ラグビーなどにあるシンビン制度のようなものを導入する。
・(今回の日本のケースは当てはまらないけど)グループリーグの試合も引き分けなし
にする。
・(全てのケースに当てはまる訳ではないけど)勝ち点や得失点差が同じならFIFA
ランキングに従って順位を決定する。
・(恐らく不可能だけど)他会場での同グループの試合経過が絶対に伝わらないように
する。
・勝ち方や負け方によって、勝ち点、負け点(マイナス点)を加減する。たとえば通常
の勝ち点3を基準とし、相手チームが十一人に満たないのに二得点差以上を付けられな
かったら勝ち点マイナス1。当該試合での警告数を比べて勝者が敗者を三つ以上上回っ
ていたら勝ち点マイナス1。警告ゼロで勝利すれば勝ち点プラス2。選手交代なしに勝
てば勝ち点プラス1てな具合に。煩雑になるからミスが起きやすくなるだろうけど。
 素人の思い付きなんで効果の程や現実味がどれくらいあるか分かりませんが、シンビ
ン制度の導入は割と最近、検討されたみたいですね。

 ではでは。




#513/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (        )  18/06/30  14:47  ( 29)
感想>愛しかけるマネ  夢乃
★内容
ども、夢乃です。

愛しかけるマネ、拝読しました。面白かったけれど、何と言うか、肩透かしというか、
拍子抜けというか、そんな感じを受けました。劇中の純子もそんな感じでしたけれど。
予定されていたドッキリの代わりがあんまりドッキリっぽくないと言うか、番組として
面白くならないんじゃないかなぁ?という印象でした。描かれていない場面でいろいろ
あったのか、それとも編集でどうにかするのかもしれませんけれど。

ところで、気になった場面が一つ。純子・相羽母子・杉本が車に乗っている場面。
『純子と相羽母を迎えに行き、信一をピックアップし、自宅まで送り届ける 』なのに、
少し前で『そのとき、久住淳の格好をしていた』と描かれている。これから帰宅なのに
久住の格好をしたままなのだろうか、家の前で降りる所を誰かに見られたら拙いんじゃ
ないか、と。

それからいつもの(いつもの言うなっ(^^))誤字指摘。

・杉本の?み 所のなさ
 変なところにクエスチョンマークが。

・普段の松川星里奈に近い
 突然登場。芸名:松川世里香、本名:松川星里奈だったりして。

・ほとんどが鷲宇憲伸経由の情報
 鷲宇さん、時々名前が変わります(^^)

・椅子から音を立て たって
 音をたてて、立ち上がった、ということと思いますが、聞かない言い回しなので。

それでは。




#514/629 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #513 ***
★タイトル (AZA     )  18/06/30  17:23  ( 34)
辞書学習を信じちゃいけないよ   永山
★内容
感想レス>『愛しかけるマネ』
 拙作を読んでくださり、ありがとうございます、夢乃さん。毎度毎度恥ずかしながら
の誤字指摘もありがとうございます。
 誤字の中で、人名の間違いは、予測変換を信じ切っちゃってるのがいけないんだろう
な〜と分かっていても、やっぱりやってしまう。最初に登場人物名を決めるときに迷っ
て、一度変換するも没にしたものが、予測変換のトップに来ることがあるのは承知して
るんですけど、何ら法則性がなく突如としてトップに浮上しているケースがあるから余
計に困る。「鷲宇憲親」は「うけんしん」だけが認識されると「宇憲伸」になるし。い
や、チェックをきちんとやれば済む話(汗)。
 あと、変な位置にあった半角「?」ですが、間違って機種依存文字を使ってしまい、
その漢字が半角「?」に置き換えられたみたいです。直します。

 久住淳の姿での帰宅。ほんとだ、おかしい(苦笑)。似たような車内シーンが多いの
でちょっとでも変化を付けるために久住にした……訳ではなくて、元々はだいぶ前に
「純子が父親に久住淳に扮している姿を見せに行く」という流れを漠然と考え、ほんの
ちょぴり書いてみた。が、わざわざ生で見せなくても番組か写真で充分じゃんと思い直
し、放置していたそのシーンを本作に転用。大幅に手を入れた割に、大きな不自然さを
見落としてしまいました。
 うーん、読み返してみると、相羽の描き方も直す必要が生じそう。そばいる本編のど
の時期に起きたエピソードなのかを考えれば、これは……。今すぐには直さないけどい
ずれ手を加えるかもしれず。

 作中のどっきりが面白くないとしたら、ひとえに私の発想の乏しさのせい。このまま
番組で使うのは厳しそうだから、少なくとも、純子が内心どれだけテンパっていたかを
杉本の誘導で語らせ、隠し撮りした場面を継ぎ足さなきゃいけないでしょうね。
 で、別にここでオリジナルのどっきりネタに拘らずに、実際のテレビ番組から引っ張
ってきてもよかったんでしょうけど、杉本や松川を絡めるのに適した物が思い浮かばな
かったです。
 なお、今回のエピソードとは別に、純子がどっきり番組に云々という話は、そばいる
本編にはめ込む形で考えており、そっちの方は実際のテレビ番組から着想を得ていま
す。元ネタは一度しかお目に掛かったことがなく、そのままミステリに応用できそうな
程なので、大事に膨らませて使いたい(笑)。

 ではでは。




#515/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/01  20:54  ( 22)
“計算通り!と言う人の半分以上は計算していない”   永山
★内容
 まだサッカーW杯、日本vsポーランド戦。
 スポーツニュース系のサイトを見ると、日本代表監督は最も確率の高い作戦を採っ
た、と書いている記事が目につく(監督自身がこの旨の発言をしたのかどうかは不明)
んだけど、グループリーグ突破のためにあの作戦が最も高確率だと判断した根拠に言及
しているものが見当たらない。サッカーに詳しい人にとっては常識なのかしらん? 素
人にも分かるよう、解説が欲しい。博打にしか見えなかったあの作戦を、決して博打で
はなかったという風に評価している記事もあったけど、中身を読んだら矢っ張り博打じ
ゃないかと感じただけだった。
 あと思ったのは、今後同様のケースになったとき、セネガルの立場からすると、日本
vsポーランド戦の会場にセネガルサポーターを大挙送り込んでおくといいかもね。終
盤、日本がパス回しを始めたら、セネガルサポーターはタイミングを計り、スマホを見
つつ一斉に「やった、同点に追い付いた!」とか「このまま行けばコロンビアとセネガ
ルが決勝トーナメントだ!」とか大歓声を挙げて盛り上がるの。日本側は何事かと情報
確認に慌てて、しばらく混乱するはず。ひょっとしたらパスを回すのをやめて攻撃に転
じるかもしれない。その結果、さらなる失点には至らなくとも、イエローカードをもら
う可能性が生じ、フェアプレイポイントで逆転という目が出て来る。
 何を置いてもグループリーグ突破を是とするのなら、権謀術数を尽くして、とことん
やり合ってみてほしいな。嘘の途中経過を流す特設サイトを作るとまでなると、行きす
ぎかもしれないけど。まあ、大会ルールに反せず、法に触れない範囲で。一方のサポー
ター(国)だけがチケットを買い占めるとかは現実には不可能なのかな?

 ではでは。




#516/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/02  20:17  ( 34)
読了>夢乃さんの『終末のサイエンティスト』7.予兆   永山
★内容                                         18/07/02 20:18 修正 第2版
 台風接近でざわざわしてる&天気予報が気になる中(汗)、読みました〜。
 先に、気になった・引っ掛かった箇所をば。

@@引用開始(指摘付き)@@
「そんなとこだろうね。あいつが言ってくること次第だけど、あんまり伸ばしたくない
                                ↑
                 誤りとするには微妙ですが「延ばし」がいいかも

「シンシャが侵略されたら、ここの予算も降りませんよ」
                ↑
     これまた微妙ですが予算には「下り」を使うのがより一般的らしいです

った通りだし、モノも中途半端だし、だから、迎撃に借り出すんならこれだけの覚悟し
                        ↑
                       「駆り出す」?

光俊はもう、視線を麗子から手許の端末に戻して、珍しく真剣な表情で何かを考えてい
た。ソファの前のテーブルの上を片付けた麗子が一礼して出て行く時も、光俊はまだ何
かを考えているようだった。彼にしては珍しく、真剣な表情で。
                    ↑
 大事なことなので二度言いました? 今後の展開にどうつながるのか凄く気になる
@@引用終了(指摘付き)@@

 今回は、燻っていた事態が表面化したという位置付けでしょうか。章題に予兆とあり
ますので、今回が予兆レベルであるなら、現状で想像できるよりももっとよくない事態
にいずれなるはず。シンシャ側がどこかで大規模なデモンストレーションをやって、威
力を見せつけた上ではったりをかませば、開戦?は多少先延ばしできそうですが。
 麗子と光俊が互いにどこまで知っていて丁々発止?のやり取りをしているのかも、興
味のあるところです。
 そういえば、光俊がシンシャのために仕事をしている理由・動機って、すでに示唆さ
れていましたっけ? 光俊が夢から覚めたシーンに何かあるかもと読み返したけど、分
からなかった〜。

 ではでは。




#517/629 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #516 ***
★タイトル (        )  18/07/03  13:05  ( 18)
感想レス>終末のサイエンティスト 7.予兆  夢乃
★内容
ども、夢乃です。

いつもいつも拙い作品を読んで戴き、ありがとうございます。

誤字、いっぱいありますねぇ・・・全然他人のこと言えない・・・(-_-; ま、まあ、
互いに切磋琢磨に励んでいくと言うことで(^^;

サブタイトルは、書いてから適当(←)に考えて付けています。今回は悩んだのですが
これくらいしか思いつかなかった・・・予兆になってくれれば良いのですけれど。
この予兆に続く話(1〜2話で終わると思う)が済むと、あとは大きなイベントも無く
ラストに突き進むのですが・・・(作品内の)時間が長い! 間が持たない! のて、
どうしようかと悩んでいます。アレやソレについても書いておきたいし。あぐあぐ。

光俊がシンシャのために働いている理由は、ラストに判ります。まあ、光俊の言動から
ある程度推測はできるのではないかと思いますが、実は・・・むにゃむにゃむにゃ・・
ということですね(^^)

それでは。




#518/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/03  22:49  ( 29)
エルキュール・ポアロやカール・ゴッチも冷や汗?   永山
★内容
↑ベルギーからの連想。知ってるベルギー人が二人くらいしかいない(苦笑)。

 ポアロと言えば、金田一少年シリーズに登場する犬。
 何で犬にポアロって名前を付けたんだろ。ポアロの綴りpoirotには“梨を作り人”と
かいう意味があるらしいけど、関係ないし。
 犬のポアロはラベンダーの匂いが嫌いと言うことだから、エルキュール・ポアロも小
説の中でラベンダーの匂いを嫌うシーンでもあるのかしらん? 聞いたことないけど。

 カール・ゴッチは日本では神様と称されたプロレスラー。ドイツ人キャラクターで通
していたので、必殺技もジャーマンスープレックスホールド(原爆固め)なる名称に。
 ジャイアント馬場がアントニオ猪木のしつこい挑発(実現不可能と分かった上での対
戦要求)に対抗すべく開いたオープン選手権(世界中から腕に覚えのあるレスラーを招
聘し、猪木に対しても「門戸開放するからどうぞ参加しなさい」と呼び掛け、猪木が仮
に参加してきたら馬場と当たるまでに潰しちゃおう、っていう大会)に、猪木が代わり
にゴッチを送り込む話が持ち上がったくらい、シュートに対応できると言われてた。
 初期の総合格闘技の試合を観て、「どうして彼らは相手の耳を引きちぎらないんだ
?」と言ったのは、ゴッチだったかホッジだったか(確かに、初期のUFCでは耳を引
きちぎってはいけないというルールはなかったけどさ)。
 そういうガチな人だから、先日のベルギーvs日本のサッカーも、ベルギーが手を抜
いているように見えて怒ったかも(笑)。

感想レスレス>夢乃さん
 訂正された箇所を見てちょっと焦りました。
 指摘で挙げた最後の分は余計な口出しになってしまったようで、申し訳ないです。
 あの箇所は、手直ししなくてもいいと思いました。元の文章のままでも意味が通じな
い訳ではありませんし、ちょうど章の切れ目なので、意味ありげで印象的な区切り方に
なって、よい効果をもたらしていたんじゃないかと。

 ではでは。




#519/629 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #518 ***
★タイトル (        )  18/07/04  13:05  ( 18)
やっぱり推敲って大事よね  夢乃
★内容
ども、夢乃です。

>訂正された箇所を見てちょっと焦りました。
>指摘で挙げた最後の分は余計な口出しになってしまったようで、申し訳ないです。

そんなことないです。私も読み返して「ん?何か変だ」と思ったから書き直したので。
この、各回の最後の一文、毎回悩むんです(悩んでばかりだなぁ)。尻切れにならず、
かつ、次への期待を持たせるように、ということを意識しているのですが、なかなかに
難しい。

今回の(いつも、って気がする(^^;)結びは、半分くらい書いてその後の文を悩んで
時間をおいて続きを書いてしまったら、意図せず表現が重なってしまったのでした。
やっぱり、書き終えたら一度読み直した方がいいよなぁ。書く前にプロットをきちんと
決めておく、っていうのも必要ですけれど(前にも書きましたが、プロットも決めずに
ぶっつけで書いていくから、展開や結びに悩んでしまう)。
せめて、物語が破綻しないことを意識しつつ、進めていきます。

それでは。




#520/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/04  22:56  ( 31)
期間及び空間限定   永山
★内容
 集英社による公式サイトで、漫画「嘘喰い」の全話無料公開を期間限定(本日まで)
でやっているんで、読み始めたものの、とてもじゃないけど読み切れない。ストーリー
云々以前に、キャラクターの顔が時々誰だか分からなくなるのがつらい。台詞の吹き出
しも、誰が喋ったものなのか分かりづらい描き方になるコマがちょくちょくあって、時
間が掛かる。こつこつ集めて、ゆっくり読んだ方がよさそう。
 という風に、購入する読者を増やすことを目的とした全話無料公開なのかしらん。

 タイでの洞窟遭難の報道を見ていて、とりあえず無事が確認されたので、推理物への
応用を考えてみたり。
 推理物のパターンもしくは趣向の一つに、クローズドサークル物があります。外界と
の往来を断たれた閉鎖状況で事件が起きる、というタイプ。関係者(登場人物)を限定
しやすく、また警察などの公的な捜査機関が介入できない・最新科学に基づく捜査がで
きないため、個人である名探偵がロジックを用いて活躍しやすいと言え、いわゆる本格
物に向いている、とされます。
 そんなクローズドサークル物を書く側が頭を多少悩ませるのが、閉鎖状況の作り方。
閉鎖状況になる原因と言い換えてもいいでしょう。よくあるのは、「絶海の孤島に渡っ
た後、一定期間が経過しないと迎えが来ない、本土への連絡もできない」とか「孤島に
渡った後、交通手段(船や飛行機等)が破壊されるなどして利用不可になる」、「大雪
や土砂崩れなどの自然災害で、その集落への交通手段が立たれる」、「吊り橋が落とさ
れる」といったところ。あとは、長距離移動中の大型客船や豪華列車、飛行機などもあ
りますね。いずれも、繰り返し使うのをよしとされています、多分(笑)。
 中には変わったのもあって、「立ち去ったら遺産相続の権利を失う」とか「村の周り
をゾンビが徘徊しているから出られない」といった閉鎖状況設定が出て来る作品には、
おお、工夫してるなあとそれだけでプラスポイントに。その珍しい設定が、事件と未設
に結び付いていればもっといい。
 で、洞窟と水による閉鎖というのは、まだ推理物に使われていないんじゃないかしら
ん(洞窟内で殺人が起きる作品はあったと記憶しています)。洞窟を抜けると謎の集落
があって、そこから帰ろうにも洞窟内が水で満たされて帰れない、という閉鎖状況設定
は一つのバリエーションになるかもしれない、そんなことを考えたです。

 ではでは。




#521/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/05  21:54  ( 21)
徐々にJOJOをGIOGIOに   永山
★内容
 アベマTVの配信で「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」ジャパンプレミアを視聴。
事前に番組表に見付けたときは、紹介文に「イタリア文化会館にて行われる」「オリジ
ナルテロップ付きで」とあったのを読んで、てっきり、イタリアの会場から生中継し
て、日本語訳の字幕を付けのかと思った(笑)。
 第一話の先行上映は会場のみだし、声優もスタッフも全然知らないため、特に感想は
ないんですが(小野一族ネタは最初分からなかったけど、徐々に理解できた)、ファッ
ションの国のイメージが強いイタリアを舞台にした割に、会場で登壇した人達全員ノー
ネクタイのジャケットだったのが意外だった。ちょいワルタイプの人ならともかく、そ
うでない人もいたから、後者はびしっと決めた方が違いを打ち出せてよかったんでは。
 それにしても偶然なんでしょうけど、このジョジョ第五部とかルパン三世とか、イタ
リアを舞台にする日本の新作アニメが連続してるな〜。二年前が日本イタリア国交一五
〇周年だったとかで、関係あるのかしらん。尤も、以前からジブリ作品や「母をたずね
て三千里」等もあったから、自分が知らないだけで、イタリアを舞台にした日本アニメ
って結構多いのかもしれない?
 あー、あと、原作では拘って綴りをGIOGIOにしていた第五部なのに、アニメ化
に当たってはJOJOのままなのね。販売戦略的に、統一してある方がやりやすいのか
しらん?

 ジブリも本来はギブリだそうで。

 ではでは。




#522/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/06  23:00  ( 50)
ニュースペーパーもほどほどがよい   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「不発弾」第四回を録画視聴。ネタバレ注意です。
 一九九〇年以降、ヘッドハンティングにより我が世の春を迎えたとばかり、豪邸を購
入し、派手な生活を始めた中野。そんな元上司の家を訪れた古賀は、かねてから受けて
いた誘いを断り、経営コンサルタントとして独立の意思を伝える。中野はやや不満げで
はあったものの、協力を約束した。その後、国民証券を辞めて独立を果たした古賀は、
これを機に名前を良樹から遼に変える。古賀は東田の紹介で人脈を広げ、仕事を増やし
ていく。古賀の仕事を大雑把に言うと、不良債権を海外に飛ばし塩漬けにする、その仲
介を請け負うというもの。依頼してくる者の中には当人に責任のないケースもあった
が、大半は会社から資金運用を任されて私腹を肥やそうとした結果大きな損失を出し、
それを穴埋めするためにさらに傷広げてしまうという輩だった。そういった一人に、大
牟田の信用金庫の理事長になった荒井もいた。妹を死に追いやった荒井に対する復讐の
念で、古賀は危ないと分かっている金融商品を勧める。
 そんな最中、かねてから仕事でつながっていたノアレ食品副社長の熊田から緊急の呼
び出しを受ける古賀。駆け付けてみると、ノアレの社長が熊田の資産運用の失敗を嗅ぎ
つけ、全ての資金を引き揚げることを決めたという。この期に及んで逆転できる商品が
何かないかと縋ってくる熊田に、冷たい眼差しを向ける古賀。翌日、古賀は熊田の件を
国会議員の芦原恒三に報告する。元官僚の熊田がノアレ副社長の座に就いたのは、二世
議員である芦原の父が後押しした背景があり、古賀が今回の不祥事をいち早く知らせた
理由だった。芦原は礼として極秘の情報を古賀に教える。国が金を投じて不良債権の一
掃に乗り出すという。遅くとも2,3年の内に、不良債権飛ばしにメスが入ることにな
る。それから約一年後、中野の会社に特捜の手が入った。
 一方、現代。三田電機と古賀に相応の報いをと執念を燃やす小堀は、古賀の内縁の妻
である村田佐知子をスパイにする作戦を着々と進めていた。小堀の父は町工場長をやっ
ていたが、資金を借りる約束ができていた地方信用金庫が突如巨額損失を抱え、融資話
は壊れ、小堀の父は心労から死亡。その件に古賀が関わっていたかどうかは不明だが、
この経験が小堀を突き動かしているのは間違いなかった。
 三田電機の巨額損失隠しのために古賀が授けた策・0円買収は、ほぼ成功の見込みと
なった。事の次第を嗅ぎつけた経済新聞記者が記事にしようとするも、上の判断で握り
潰され、逆に三田電機の判断を称えるかのような記事に差し替えられる。義憤に駆られ
た記者は情報屋の元に駆け込み、小堀刑事の存在を教えられ、接触を試みる。
 ――以上が今回の粗筋。触れなかったエピソードで重要そうなのは、古賀が二つのN
PO法人に寄付していること。一つは佐知子の仕事絡みだから当然だとして、もう一つ
は小児医療に関する団体。前後して、中野の娘が気分が優れないといって休む過去の
シーンがあったので関係してるんでしょうけど、古賀とのつながりが見えない。裁判で
中野が古賀の関与を証言しない代わりに、娘の命をってことかしらん。ここに来て感動
要素は余計な気もする。
 毎回、専門用語が出て来てもそれなりに解説してくれるのでそれなりに分かり易かっ
たんですが、今回はちょっと不親切でした(苦笑)。あまりにも専門用語・業界用語が
多くて、説明を入れていたらドラマが遅々として進まなくなるからかな。まあ、雰囲気
というか流れは多分掴めているから、観る側に支障はない(はず)。
 捜査がさほど進展してるように見えず、かといってヒール側が物凄く卑劣なことをや
っている描写をして悪役ぶりを大きく示す訳でもなく、盛り上がりを少し欠いた感じ。
ただ、古賀や中野、政治家の動きを当たり前のように描いているのは、かえって怖く感
じるかも。
 あ、芦原恒三を演じた役者が現首相に寄せている印象を受けたので検索してみたら、
原作既読者の複数の感想にそのようなことが書いてあった。わざわざ現実をモデルにし
なくても充分面白い展開なのに、これではかえって「じゃあこれは何をモデルにしたん
だろう?」と気になって、集中力を落とす視聴者が出そう。もったいない。

 ではでは。




#523/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/07  22:47  ( 22)
短冊と探索   永山
★内容
 晴天を願われることが多いであろう七夕の日に、この大雨とは間の悪い。

 で、大雨のおかげで、畑の野菜が結構やられる。
 と言っても、雨が直接の原因をはなく、雨に紛れてやって来た獣に持って行かれた模
様。いもとかぼちゃを引き摺った痕跡が。全然分かんないけど、イノシシではなく、タ
ヌキかサルが有力らしい。さすがに野生のサルをこの近隣で見たことないんで、タヌキ
の可能性が高いそうな。
 一方で、キュウリとかミニトマトは、過剰なくらいに水を吸ってでっかくなったり、
ぼたぼた落下したりで、採るのが大変。そもそも、数が多いし。特にキュウリは、加熱
するレシピをほとんど知らないから生で食べる(サラダや浅漬け)ことが多く、さすが
に飽きが来て消費しづらい。

 水害の報道を見ていると、連絡さえ付けば相当な難所であっても、救助がやって来る
のが改めて分かる。
 先日、ミステリにおける閉鎖状況について書きましたけど、実際にはなかなか成り立
たないはず。ヘリがあればたいていはどうにかなりそうだし。状況が分からないなら分
からないなりに、事前調査としてドローンを飛ばすこともありそう。
 そうなると連続殺人を計画していた者は、落ち着いて取り組めない訳で(笑)。
 閉鎖状況に追い込まれてるけれども、遭難と認識せずに救助を求めない状況を作らな
いといけなくなる。

 ではでは。




#524/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/08  20:26  ( 40)
「三回目の浮気」って知ってる?   永山
★内容
 だいぶ昔、「家族対抗歌合戦」的な番組の芸能人大会で、芸能人夫婦が唄っていたと
記憶してます。
 当時ヒット中だったかどうかは覚えていませんが「三年目の浮気」の替え歌で、多
分、男(夫)が考えたオリジナル。「三年目」のところを「三回目」と言い換えたほ
か、全体にコミックソング調になっていたかな。検索すればすぐに出て来ると思ったの
に、全く見付からず。

 WOWOWで放送の映画「三度目の殺人」(二〇一七年 日本)を録画視聴。多少の
ネタバレ注意です。
 弁護士の重盛(福山雅治)は、扱う事件の真相がどうであろうと、依頼者の勝利を優
先する主義でこれまで戦ってきた。あるとき、弁護士仲間の摂津(吉田鋼太郎)から、
刑事事件弁護の応援を頼まれる。その被告人・三隅(役所広司)は、言うことがころこ
ろ変わり、摂津も手を焼いていた。三十年前にも殺人の前科があり、その件に関しても
死刑の可能性があると思われていたが、重盛の父で裁判官の彰久(橋爪功)により、無
期懲役の判決が下っていた。因縁を感じ取った訳でもないが、引き受けた重盛だった
が、面会した三隅の話は事前に摂津から聞いていたのと少し違う。
 検察側が描いた事件の構図は――三十年前の殺人で服役していた三隅は、出所後に雇
われた工場を程なくして解雇され、社長の山中に怨みを抱くと同時に金にも困ってい
た。ある日の深夜、社長を工場近くの河原に呼び出した三隅は、背後からスパナで社長
を殴打。倒れたところをさらに殴り続けて殺害。工場から持って来たガソリンを遺体に
掛け、財布を奪うと、遺体に火を放って燃やした、というもの。捜査段階で三隅は自白
しており、財布を持っていたことや手に火傷を負っていたこと等も考え合わせ、裁判で
は犯人性を争わず、計画的な強盗殺人かそれとも殺人+窃盗なのかが争点になる見込み
だった。ところが、三隅や被害者の周辺を調べれば調べるほど、重盛らを煙に巻くかの
ような話が出て来て、困惑することになる。
 粗筋というか序盤三分の一くらいまでがこんな感じ。その後も煙に巻く展開はずっと
続くんですが。
 私はこの映画のテレビコマーシャルを見て、面白そう、観てみたいと感じた口。いわ
ゆるえん罪物で、ほんとにえん罪かどうかを含めて、ミステリとしての趣向を凝らした
ストーリーを期待してのことでした。福山と役所の演技合戦も見所のように煽ってお
り、弁護士と被告人、二人のやり取りから真相が徐々に明らかになってくるんだろうな
と。
 が、終わってみると、違ってた。期待していた趣向ではなかった。でもまずまず面白
かったと言えます。すっきりした終わり方ではありませんでしたが……。
 主役は福山でも役所でもなく、裁判そのものが主役だったんだなと感じたです。これ
以外にも細々とした仄めかしがあちこちに感じられたので、映像作品を観るのに深く考
えて読み取ろうとする人にとっては最高によくできた作品と言えるかも。個人的には、
エンターテインメントの部分をたっぷり取って欲しかったな。

 ではでは。




#525/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/09  21:48  ( 43)
今と昔の間が縮まってきた   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「不発弾」第五回を録画視聴。ネタバレ注意です。
 過去パート、二〇〇〇年〜。中野は裁判に掛けられ、一貫して無実を主張してきた
が、検察側の質問の流れから自身の家族、特に娘について語ったあと、検察側の言い分
を認め、刑に服することになった。中野は金融経済の裏世界からすっぱり足を洗い、健
康食品を標榜したカフェを始める。
 一方、古賀は、中野が裁判で古賀について一切話さなかったこともあって、業界にと
どまり続けていた。それどころか、大企業や大物政治家から頼られるまでに。その存在
の大きさは、当人すら自覚できないほどになりつつあった。反面、国の方針転換による
煽りで、かつての道徳的に不適切な損失隠しが徐々に明るみに出始め、金融機関の担当
者や融資の当てが外れた経営者らの自殺や心労死は数知れず、見せしめのように営業停
止を食らった金融機関も出た。つなぎを取っていただけの古賀は矢面に立たされること
はなかったが、潮時と見て店じまいを考え始める。そんな折、荒井から助けを求める連
絡が。大牟田の信用金庫で好き勝手やっていた荒井も、監査が入ったことで窮地に立た
されていた。古賀は妹の敵である荒井を助けるつもりはさらさらなく、冷たく突き放
す。荒井は古賀の母親への公私に渡る援助を引き揚げると脅しに掛かってきたが、古賀
は母親に対しても悪感情しかない。結局、万策尽きた荒井は首をくくって死亡。だが、
古賀に関して徹底的に調べていた荒井は、その内容をメモした手帖を古賀の母親に預け
ていた。上京してきた母親からその手帖をネタに三百万円を強請り取られた古賀は、今
後もこの関係を続けようという母親の意図を感じ、地元大牟田の高校時代の後輩に連絡
を取り、始末を任せる。後輩はある組に属していて、貸金ではかつて荒井と縄張り争い
していた。その荒井を追い落とす情報を古賀からもらったこともあり、依頼をあっさり
引き受け、実行する。
 現代、二〇一八年。古賀の過去を洗っていた小堀ら警察は、古賀の内縁の妻、村田佐
知子をスパイにする絶好の材料を見付ける。佐知子の父親もまた銀行の要職にあり、古
賀に損失隠しの依頼をし、金融商品を購入していた。その結果、より大きな損を出して
しまい、佐知子の父は自殺していた。そんな因縁を全く知らなかった佐知子は、接触し
てきた小堀らの話に動揺し、協力要請の返事を先延ばしにする。
 ――粗筋、終わり。懸念していた感動要素は、ゼロではなかったけれども、本筋とは
きっちり分けて描かれたので気にならないレベルに収まった。中野の娘、とうに亡くな
っていたのはちょっと意外。現に闘病中で、だからこそ古賀も多額の寄付をしているの
かと思ってました。
 中野の贅沢・豪遊ぶりが実は娘の病気に起因するものだったと明かされるくだりは、
なかなかよくできている。構図が裏返る、ミステリ的な面白さがありました。
 捜査はぐんと進んで、佐知子にスパイをすることを承諾させれるところまで来まし
た。でも、いみじくも作中で小堀の上司が疑問を呈したように、古賀の行為を刑事事件
として裁けるのかどうか? 少なくとも当時、古賀の行動を縛る法律はなかった訳で。
となると、現在進行形の三田電機の案件に関して突き崩すしかなくなりますが、内縁の
妻をスパイに転身させたとして、いかにして証拠を掴むというのか。
 次が最終回と思って予告を見て、一向に最終回と示されないまま終わった。でも、次
週が最終回なんだよな〜。予告で最終回であることを謳わないのって、ドラマW枠では
珍しいような?

 ではでは。




#526/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/10  21:57  ( 29)
流行に流通   永山
★内容                                         18/07/10 21:58 修正 第2版
 昨日放送の動画紹介番組で、ニンジャインクなる物を知りました。もう三年ほど前に
開発の報道がなされていたみたいで、我ながらアンテナの低さにしょんぼり。
 えーと、説明によると、ニンジャインクは再帰反射性カラーインクで、普通の状況で
見れば何もないのに、(フラッシュの?)光を当てると隠れていたデザインが浮かび上
がって見えるようになるというインク、らしい。すでにファッションとして衣服に取り
入れられた物があるとか。
 これはミステリに使える。使えるのは間違いないんですが、いくら三年前に報道され
ていようと、一般的な知識にはなっていないだろうから、謎解きの前に読者に説明して
おかなきゃいけない。その説明をした上で、読者に驚いてもらえる、裏を掻くような使
い方が思い付かん……。
 ストレートに考えると、目撃証言の錯誤に用いるのが常道なんだろうけど、そこを捻
れば何とかなる?

 父が先月末に、自宅用に注文した冷凍海産物について、店から発送連絡メールがあっ
たのが昨日の夕方のこと。水害が起きて輸送網の一部が寸断されているだろうに、この
時期に大丈夫なのかなあと思っていたら、宅配の追跡サービスになかなか反映されな
い。結局、今日になって品物が店の方にリターンされた旨の連絡メールが。安定してか
ら、改めて発送するとのこと。
 一方、私が古本を注文した古本サイト、普段はどれだけ迅速に入金しようが注文して
から発送されるまでが遅いことで有名な店で、一週間から十日ぐらい経ってやっと発送
なんてざら。そんなのだから、このような輸送事情ではさらに遅くなるだろうと覚悟し
ていたのに、何故か滅茶苦茶早く発送連絡メールが来た。注文してから数えると四日、
入金してからだと二十四時間経たずに発送とは、異例中の異例。
 普段が普段だから、こうも早いと逆に大丈夫か?と心配になってしまう。
 ちなみに冷凍海産物は宅配業者の扱いで、古本は郵便。郵便追跡サービスにはちゃん
と反映されている。
 まあ、食品ではないからこそ、事業者も比較的気楽に引き受けたのかもしれない。

 ではでは。




#527/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/11  21:44  ( 32)
本の感想>『祟り火の一族』   永山
★内容
・『祟り火の一族』(小島正樹 双葉社)16/5551
 大火傷を負い伏せっている男の周りに集まった六人の女が、「人柱にされた娘の幽
霊」「血を流す橋脚」「生き返った女」「林の中ののっぺらぼう」「頭蓋骨から飛び出
た緑色の少女」といった怪談を順に語り聞かせる――舞台女優を志す明爽子が引き受け
たアルバイトは、そんな奇妙な内容だった。しかし、質問することは許されていない。
好奇と不審から、学生時代の仲間である浜中刑事を引っ張り出し、実情を探ろうとする
明爽子。浜中の知り合いで名探偵を称する海老原が解明に乗り出したとき、火に祟られ
た一族の悲劇が目覚める。

 詰め込みすぎ・盛り込みすぎ・てんこ盛りで知られる作者の本格ミステリで、文章面
で期待してはいけないのがお約束?
 島田荘司の後継的作風と言えば、柄刀一が一番手と思っていましたが、本書の作者で
ある小島正樹も負けず劣らずって感じですね。トリックのタイプで大まかに区分する
と、柄刀一は豪快系、小島正樹は遺体翻弄系とでも言えましょう。それぞれのタイプの
本格ミステリを書き続けてもらえたら読者は幸せです(笑)。
 さて、感想。本作は犯人当てに関しては割と大胆に手掛かりを提示しており、注意深
く読んで考えればあるいは探偵役よりも早く看破できるかもしれません。でも複雑だか
ら、違和感を覚えても、そこから半歩ほど進むのがやっと。
 数々の怪奇現象については、知識があれば解ける可能性の高い物もありますが、全解
明は難しい。小技の寄せ集めと言えなくもないので、多分こんな感じなんだろうなとい
う当たりは付くものの、それが物語のどこにピースとして入るのかが定まらない。そん
な印象を受けました。
 他の点では、時代がいつなのか、序盤は把握しづらかった。じきに整理されるんです
が、冒頭からしばらくは怪談話が続いたためか、(小説の中で)本当に起きた出来事な
のかどうかすら、曖昧な感じがしたです。
 それから、謎解きのあとのクライマックスは幾分、強引な畳み方だと思いましたが、
これはこれで浜中刑事のキャラクターを活かしており、巧いと言えるのかもしれませ
ん。
 謎解き場面のドミノ倒しというかピタゴラスイッチというか、何だか勢いのある連打
だけでも読む価値はある、かもしれません。

 ではでは。




#528/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/12  21:55  ( 21)
刑事上の問題か刑事下の問題か   永山
★内容
 テレビ朝日系で放送のドラマ「刑事7人」第四シーズン初回十五分拡大を録画視聴。
ネタバレ注意です。
 視聴率はそんなに高くはなく、巷で話題沸騰って訳でもない本ドラマが、何だかんだ
と続いてきてはや第四シーズン。同位置のシリーズ作品と言うより、毎回色を変えてく
る印象がある。そこが面白さにつながっている一方で、ドラマ「刑事7人」独自のカ
ラーが定まらないために、ぼやけた感じになっている気もします。
 また、毎度毎度「タイトルに反して刑事が7人揃ってないじゃん」的な声が外野から
跳んでくるみたいですが、今シーズンも7人揃っていると言えるかは微妙。一応、尤も
らしい理由を付けて6人は刑事と呼べそうだけど。最早お約束か。
 初回はお決まりのように十五分拡大で、扱う事件は過去の現金輸送車襲撃、三億円強
奪。ん? この組み合わせ多くないか? 前にも他のドラマの初回とか最終回とかの拡
大版で扱われていた記憶が。テレビドラマの作り手全般に、初回や最終回を支え得る大
事件と言えば現金強奪という意識が定着してるんだろうか。いや、確かに大事件だけ
ど、同じパターンばかり続くと飽きが来るのも早い。
 で、この第四シーズンの初回は、多分、視聴者のほぼ予想通りにことが進んだんじゃ
ないでしょうか。ドラマとしてこうなるだろうなと想像した通りに話が展開していく意
外性のなさ。このまま終わったらどうしようと心配?していたら、次回に続くとなり、
ある意味ほっとしたです(笑)。次回、解決編てことなんでしょうけど、今回の平凡さ
を吹き飛ばす流れになりますように。

 ではでは。




#529/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/15  20:22  ( 25)
司馬懿の芝居   永山
★内容
 WOWOWで放送のドラマ「三国志 〜司馬懿 軍師連盟〜」初回無料放送を録画視
聴。一応、ネタバレ注意です。
 WOWOWのドラマの感想では粗筋を記述することが多いんですけど、今回(本ドラ
マ)はパス。初回にして、重要そうな登場人物がいっぺんに大勢出て来てちゃんと把握
し切れていないのはまあよくあることだけど、陰謀の経緯を見せる回だったので、ス
トーリーの方も把握するのにちょっと見直す始末。よく知らないのに、表面上のことだ
けをなぞって粗筋として書いても、間違える恐れが高いと思われ(苦笑)。
 今まで三国志を取り上げたドラマはいくつか観てきたつもりですが、今回のエピソー
ドは初めてのような気がしたです。科挙がない頃の中国で行われていた才人を見出す評
論の会的な位置付けの月旦評にて、曹操暗殺の謀が巡らされるも、曹操も狙われている
ことは先刻承知、裏切り者を炙り出すためにわざとこれ見よがしに現れて――といった
展開でした。ただ、暗殺計画に劉備も加担してるということは、あれかなと思い当たる
話があるので、調べてみたら、どうも一緒みたい。前にドラマで描かれていたのは、月
旦評の場ではなかった気がするので、違うエピソードかと思ってしまった(多分)。
 本ドラマはタイトルにあるように、司馬懿を主人公に据えており、彼と司馬家の活
躍・隆盛を描いていくはず。今まで観た三国志ドラマでは、司馬懿といえば孔明のライ
バルという位置付けで、魏(曹操側)の軍師として急に頭角を現す印象が強く、そうな
るまでのいきさつは全然知りませんでしたから、大変興味深い。というか、この第一回
では、曹操暗殺を企む側についているみたいなんですが、そういう流れが史実に沿って
いるのかしらん?
 こんな調子ですから、観る方としてはほぼ初めてのドラマって感じで楽しめます。“
神医”華佗が出て来たと思ったら、すぐに殺されてしまったのにもびっくりするくら
い。その華佗が書を獄吏ではなく、司馬一族に託すのも初めて見た気がする〜。

 ではでは。




#530/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/16  20:48  ( 26)
エピソードには事欠かぬ   永山
★内容
 元プロレスラーのマサ斎藤が死去。パーキンソン病で闘病中。七十五歳。合掌。
 先頃亡くなったビッグバンベイダーが日本のリングに初参戦した際、参謀役として組
んだのがマサ斎藤で、相次いで逝去したことにはある種の因縁を感じてしまいます。カ
ムバックの話(リングに上がって挨拶するだけでなく、試合もする気でいたとか)も出
ていただけに、残念です。
 昭和世代のプロレスラーらしい身体をした選手で、説得力がありました。一つ下のア
ントニオ猪木が肉体的に衰えが顕著になっていった頃も、マサ斎藤は肉体をキープし続
け、特例って感じでした。
 アマレス出身で実力があった上に、海外のリングを一線級として渡り歩いたことか
ら、口も達者だったようで、国際プロレスに参戦した際、アニマル浜口を「おまえ、弱
っちいな!」挑発したとか。その浜口とは新日本プロレスのリングで共闘するのだから
不思議なもの。
 勿体なかったのは、全日本プロレスに上がり始めてからしばらくの間、試合ができな
くなったこと。海外で仲間の外人レスラーが起こしたトラブルに巻き込まれて収監され
たせいでしたけど、あれがなければ全日本のリングでジャイアント馬場やジャンボ鶴田
らとの一騎打ちが実現していただろうに。
 後年、テレビ中継の実況解説に着く機会が増えましたが、覆面レスラーをリングネー
ムではなく、中の人の名前で呼んでしまうのには、アナウンサー達も対応に困ったこと
でしょう(笑)。あ、まだあった。初来日の黒人レスラー・レロイ・ブラウンをアブド
ラザブッチャーみたいに売り出す狙いで、セコンド役のマサ斎藤がブラウンの頭をビー
ル瓶でぶん殴ると瓶は割れるがブラウンは全く平気、というパフォーマンスをする予定
だったのが、パフォーマンス用の瓶と本物のビール瓶を交換し忘れて殴った結果、瓶が
なかなか割れずに何度も殴りつけ、やっと割れたはいいが、今度はそのギザギザガラス
でブラウンは大流血、会場は引いてしまったということがあったそうな。

 ではでは。




#531/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (        )  18/07/17  17:34  ( 40)
感想>魔法医ウィングル:密室が多すぎる  夢乃
★内容
ども、夢乃です。

『魔法医ウィングル:密室が多すぎる』、拝読しました。前回の『刻印と移り香』も、
なのですけれど、何かが引っかかります。何だろうなぁ、と考えつつ読み返してみるに
どうも背景が曖昧なことが理由のようです。最初に、時代背景というか、この世界での
技術レベルや生活レベルが解りにくい。それなので、どんなトリックが成立し得るか、
その材料が曖昧なのです。これまでの流れからすると、それは考慮せずにどんな魔法が
どのように使われたか、に的を絞っているようですので、関係ないかもしれませんが。

次に、魔法痕に関してどの程度一般に認知されているのかが解らない。一般人も周知の
事実なのか、ミステリマニアであれば知っているレベルなのか、完全非公開なのか。
ウィングルがその事実を知っている(スペンサーが教えている?)ので、完全非公開は
あり得ないとして、特殊装置を必要とするから大々的には公表していないと思います。
けれど、魔法痕を意識してトリックを使っていることからすると、刑事ドラマなどには
出てくるレベルで知られている、くらいかな?と予想しますけれど。

もう一つ、前回の分離魔法もなのですが、トリックに使われる魔法とそれから得られる
効果が無理矢理と言う感じがします。今回の場合では、水分を固めて氷を作った時点で
落下するんじゃないか、氷の溶けた水を再凍結するとき少しは溶けたのとは別の水分を
使うことになるんじゃないか、など。

基本的な設定(魔法は一人一つ、魔法痕、など)は面白いので、設定の詳細を作品内に
盛り込みつつ、無理矢理に見えてしまう部分を自然に見えるように描ければ、素直に
読めるようになると思います。
・・・偉そうなこと言ってすみません。

ところで、ウィングルが密室殺人方法の推理(入口近くで待ち伏せて紐を掛け云々)を
スペンサーに語るシーンが1と2の両方にありますけれど、どちらか不要なのでは?
(あるいは、どちらかは別のことを語る筈だったとか)

あと、例によって(とか言うなっ)誤字を。

あはりよくある → やはりよくある
思い付¥きを口にした。→ 余計な¥が・・・ 
古物の商方で → 古物商の方で
言ってくれるはず」? → 最後の?はゴミ?
選んだ被害差が → 選んだ被害者が


それでは。




#532/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/17  19:38  ( 29)
拡大はなるべくゼロで   永山
★内容
 日本テレビ系で放送のドラマ「ゼロ 一獲千金ゲーム」初回三十分拡大を録画視聴。ネ
タバレ注意です。
 原作は福本伸行の漫画で、既読です。今回検索するまで全然知らなかったんですが、
出演者の一人が未成年者の飲酒の場に同席していたってことで、不祥事になってたの
ね。放送も危ぶまれていたらしいですが、無事にスタートを切れたようで。
 内容の方は、そこそこ原作に忠実かな。キャラクターの変更があったけど、何らかの
効果を狙ってのものなのかどうかはまだ不明。登場人物の再現度は、主役の零が原作漫
画よりも随分年上だなというイメージ。このあとの展開が原作通りなら、中学生の標と
の釣り合いがちょっと悪いかな。一方、ケンドーコバヤシ演じる末崎さくら(男)はイ
メージ通り。コミカルなシーンは無論のこと、シリアスなやり取りもそつなくこなして
いた。原作にない末崎の弟は、板倉の代わりかな。インテリやくざからインテリへの変
更に、どういう意図があるのか分からないけど。
 ストーリー面での大きな変更は、ミツルが大怪我を負って植物状態になるエピソード
が削られたこと。そもそも登場人物から消えており、代わってチカラがいるけど、どう
見てもコメディリリーフで、初回で退場する役割ではないと推測できた。植物状態のエ
ピソードがあると零の行動に重みを分かり易く付加できると思うけど、それを取っ払っ
たのは(作り手が)あんまり深刻にしたくないのかしらん? そう考えてみると、大勢
が鉄球の下敷きになって死ぬシーンがあったのに、かなり短めで、しかも呻き声の類は
一切聞こえず、ただ身体の一部を見せるのみという演出も、できる限りマイルドなもの
にしたい意識の表れか。
 あと、気になったのは、三十分拡大による弊害。中盤、明らかにテンポが悪かった。
上に書いたエピソードを削ったから、やむを得ず、引き伸ばした感じ。というかそんな
ことになるくらいなら、最初から枠の拡大なんてしなくていいじゃないって話に。

 そう言えば、サイコロを振って一の目が三連続で出るシーンの撮影は、投げ込む方向
を三通りやってそれぞれ一の目が出るのを待ったのか、それとも作中で言及されたいか
さまサイコロを使って一発で撮ったのか、気になる。

 ではでは。




#533/629 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #531 ***
★タイトル (AZA     )  18/07/18  19:58  ( 52)
感想レス>『魔法医ウィングル:密室が多すぎる』   永山
★内容
 夢乃さん、拙作を読んでくださり、ありがとうございます。誤字脱字の指摘もありが
とうございます。それらを含めて多少直してみました。

 以下、感想レスという名の愚痴とぼやきになります(汗)。
 今回は一日一書き込みに合わせようとだいぶ焦って仕上げることになり、結果、いつ
も以上に粗が目立ってしまいました。長編ボードに上げるつもりだったのが、後半の執
筆終盤で「※※に関する魔法の扱いをどうするのか決めてなかった!」と気付く事柄が
続き、これでは間に合わんと連載ボードに変更。大幅かつ突貫工事で直した後半を翌日
にUPするというばたばた振りでした。これを機会に世界観をもっと作り込むととも
に、その設定をどうやって自然に読者へ伝えられるかを考えないといけないと痛感した
次第。
 ちなみに物語の時代や舞台は……鉄道や車、電話にラジオは科学として普及している
が、飛行機やテレビはない。一九二〇年代から一九四〇年代頃?の米国(というか西洋
というか)の田舎町のイメージで書いています。馬車も走ってるけど。

 で、偉そうな物言いだなんて全く思ってませんから、気になさらずに。実のところ、
書き手自身も薄々感じていた本作の弱点であり、はっきり言ってもらえるのはためにな
ります。
 今回、特に困ったのは、冷房の扱いを決めていなかったこと。窓に関わる推理で別の
論理展開を考えていたのですが、「そういえばこの世界での冷房について何も決めてな
かった!」と思い当たって、こりゃだめだと変更を余儀なくされて。予定していた論理
展開をごっそり削ると後半のボリュームがなくなると考え、(仮の)密室トリックの説
明を後半に持って来た。なのに、前半から該当箇所を取り去るのを忘れてました。五百
行の制限にほぼぴったり収まったのが嬉しかったせいかも(苦笑)。
 他にも居酒屋って言葉が、雰囲気にそぐわないなと思ったり。パブとかバーの方が近
いかな。

 あと、個人が何の魔法を使えるかを、公的機関は日常的に把握しているのかどうかも
決められず。シリーズを書き出した当初は漠然と、「仕事に魔法を使うときは届け出が
必要」「魔法痕の検出が世間に知られているので魔法を使った犯罪はある程度抑止され
る」くらいでいいと考えてたんですが、それだけでは収まらなくなってきた感じ。
 秩序を保つには公的機関による完全な把握が有効だが、普通に考えて、個人が己の魔
法を隠そうと思えば隠せるに違いない。出産時に公のチェックが入るという設定をして
も、密かに産み落とせるだろうし、思わぬ僻地で産気づいて産むことだってあり得るか
ら、チェック漏れは生じ得る。公的機関に、魔法使用者を探知する魔法を使える人物
(もしくは探知できる機械)があれば隠せないけど、そういう設定下だと、魔法を使え
る者が死亡した瞬間に公的機関はその死を把握できるはずだし、突き詰めれば魔法を使
った瞬間を探知できないとおかしいような気もする。こうなってくると犯罪捜査や犯罪
計画自体、大きく変わってくる……。国がお墨付きを与えることで初めて魔法が使える
ようになる、という世界は何だか危ういし、魔法による犯罪に対する責任問題が大きく
なりそうだし、ある国ではだめだがよその国ではOKが出た、なんて場合まで考え出す
と収拾が付かない。
 てことで、この点もおいおい決めていこうかと思います。

 こういうたとえがふさわしいかどうか分かりませんけど、魔法の設定は、漫画「ジョ
ジョの奇妙な冒険」シリーズのスタンド能力に似たところがあるかも。読者の裏を掻
く・意表を突くには、おいおいそんな細かいことまでできるの?とか、そんな応用が可
能なの?っていう風な、ちょっとした飛躍があると作者にとってやりやすい。その飛躍
の幅が、読者があとから聞いて納得できる範囲に収まっているか否かが肝要なのかな
と。

 ではでは。




#534/629 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #528 ***
★タイトル (AZA     )  18/07/19  20:05  ( 26)
欲張りすぎの撒き餌   永山
★内容
 テレビ朝日系で放送のドラマ「刑事7人シーズン4」第二回十五分拡大を録画視聴。
ネタバレ注意です。タイトルの表記、ちょっと変えてみた。
 初回から続いての解決編でしたが、予想の範疇を超えずに終わったような。ドラマで
示された真相を一択で言い当てるのは難しいかもしれませんが、視聴者がいくつか想像
した選択肢の内の一つであるのはほぼ確実で、そういう意味ではやはり意外性のない真
相と評せざるを得ないでしょう。
 その真相を覆い隠そうと、色々と講じているのは分かるんですが、あからさまな感じ
がかえって目立ってしまって、ドラマの残り時間と合わせて(笑)、「はい、ここでこ
のブラフは消化ね」という風に見える。
 強盗の流れ弾に当たった男性の父親Aが、息子の自殺を犯人Bにだけ伝えていたとい
うのが一つのポイントになってましたが、どうしてBにだけ伝えたのかが分からない。
誰にも言わないというのが一番あり得べき線で、次に昔からの親友や心理カウンセラー
ぐらいか。どうしてこの犯人に言ったのか、いまいち理解できませんでした。
 結構複雑な計画を立てていた犯人Bですが、現金輸送車から奪ったジュラルミンケー
スを殺人現場に放り出しておくのはいただけない。大失敗と言っていい。BはAを焚き
つけることで、共犯者Cの始末をさせようとして、ほぼ成功しているのに、何でそこで
ジュラルミンケースを持ち出す必要があったのか。Aが強盗犯でないことは明らかであ
り、ジュラルミンケースを殺人現場に置く行為は、Aに罪を擦り付ける計画と相反す
る。
 あるいは、Bの腹づもりとしては「Cが殺されたのは強盗犯の仲間割れ」と判断され
ることを狙っており、Aが殺人犯として捕まるとは思っていなかったのかもしれません
が、それなら怪文書「Cは殺人者 殺されて当然」を出版社に送り付けた意味が分から
なくなる訳で。この文面だと仲間割れが動機ではないことになる。
 とまあ、ストーリー面では瑕疵が目立った気がします。今後の巻き返しに期待。

 ではでは。




#535/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/20  20:12  ( 30)
終わるのが早すぎると感じるドラマに?   永山
★内容
 WOWOWで放送のドラマ「三国志 〜司馬懿 軍師連盟〜」第二回を録画視聴。一
応、ネタバレ注意です。
 前回の感想で、司馬懿が曹操暗殺計画に関わっていた云々と書きましたが、違ってた
ようで、暗殺計画に関わっていたのは司馬懿の父親・司馬防であり、司馬懿は知らなか
ったということみたい。後の活躍ぶりから、司馬懿ほどの人物が知らないはずがないと
勝手に思い込んでしまったです。
 観ていて混乱した要因は他にもあって、汲布という登場人物がいるんですけど、曹操
暗殺の現場で刺客らしい動きをしていたのに、一転して曹操を守る立場になっていたか
ら、訳分からんなあと思ったのが前回。それで今回観てみると、刺客のふりをすること
で暗殺首謀者の一人である董承らを安心させ、おびき出す役割を担っていたらしい。分
かりにくいわ。
 とにもかくにも、状況や各人の立ち位置が段々と見えてきたので、次からはもっとの
めり込めそう。

 日本テレビ系で放送のドラマ「探偵が早すぎる」初回を録画視聴。一応、ネタバレ注
意です。
 だいぶ前に原作小説の高評価を見聞きし、本を入手していたんですが、着手する前に
ドラマが始まってしまいました。観なきゃいいんですけど、つい観てしまう。
 事件が起こらない内から解決してしまう名探偵という、某金田一らみたいに被害者の
ほとんど全員が死ななきゃ真相をに破れない名探偵の逆を行く設定(縛り?)で話題に
なっていましたが、なるほど、こういう防ぎ方なのね。正確には、事件が起こらない内
ではなく、殺人を食い止めると。
 犯罪を防ぐ名探偵はここ数年でぽつぽつ出て来ていると感じますが、それでもこの趣
向は面白い。毎回、殺人トリックとそれを食い止めるロジックを捻り出すのは、作者に
とってなかなか大変な作業だと思いますが、意地悪な言い方をすればお手並み拝見とな
る訳で。そこへ持って来て、全体のストーリーをいかにして進めるかも注目。コメディ
タッチだから勢いで押し切れる部分はあるかもしれませんが、できれば全体を貫く謎が
欲しい気がします。

 ではでは。




#536/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/21  21:20  ( 23)
不発というか消化不良   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「不発弾」最終回を録画視聴。ネタバレ注意です。
 うーん、エンターテインメント作品として評価するのであれば、急激に失速した感
じ。この終わり方は、昔から社会派ドラマによくあるパターンで、充分に予測できる範
囲にあり、しかももやもやが残るとあって、はっきり言って面白くない。期待のハード
ルを高くし過ぎたかもしれませんが、それを割り引いてもちょっと。
 では娯楽作品でないとすれば評価できるのかというと、それにも疑問符が。そもそ
も、本作は(現実を彷彿とさせるところが多々あっても)ノンフィクションではないだ
ろうし、徹底的に現実味に拘ったという風でもないですけど。現実味を出すなら、森友
学園問題を思わせるような小エピソードを挟むよりも、ストーリーの方で工夫が必要だ
と思う。たとえば、捜査側が東田らと総理のつながりも把握して、警戒を強めるもので
は。
 結局、いい素材をお客の前で披露し、見事な包丁捌きで料理していき、楽しませてく
れたものの、しめがまずくて後味が悪くなったようなものかしらん。
 古賀の行動で気になったことが一つ。した行動ではなく、そうしなかった行動です
が。前回、内縁の妻である佐知子の父の死に、間接的に関わっていたことを知った古
賀。そのコンサルトの模様を秘密のノートに付けて、ノートは鍵の掛かるロッカーに仕
舞っていました。さて、心理的に、古賀は佐知子の父に関する部分をそのままにしてお
けるでしょうか。今まで古賀の仕事に何ら関心を示さなかったといって、一つ屋根の下
で暮らす佐知子が何かの拍子に見てしまう可能性はあるし、そうでなくとも多少の負い
目を感じ(実際、佐知子の父に話を持ち掛ける場面では葛藤する内面描写があった)
て、ノートの該当箇所だけでも処分したくなるものでは。

 ではでは。




#537/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/22  20:24  ( 24)
三話目にして白眉   永山
★内容
 家の近くにハクビシンが出没。壁をがりがり引っ掻いて、うるさい。その上、人間に
慣れ始めているのか、五十センチぐらいまで距離を詰めないと逃げずにじっとしてる。
でも素早いので、捕獲は無理。深夜に壁をがりがりやられると眠れないため、試しに、
よく出没する辺りにスプレーの殺虫剤を散布してみた。今のところ寄ってこないけれど
も、いつまで効果があるのやら。

 WOWOWで放送のドラマ「三国志 〜司馬懿 軍師連盟〜」第三回を録画視聴。ネタ
バレ注意です。
 意外とミステリっぽい展開があったのに、これまでそういう目線で観ていなかったの
で、見落としていました。婚約解消で送り返されてきた婚礼品の中に密書が仕込まれて
いたのね。前回あったシーンだけでは、意味が分からなかった。
 今回は、曹操暗殺の容疑で捕縛された父・司馬防を救うべく、司馬懿が奔走するのが
大まかな流れですが、その様が本当に八方手を尽くす感じで、見応えがある。一方、司
馬防に全てを擦り付けた形の楊一族も対抗し、これまた手を尽くす。身内だからと言っ
て真実を知っている訳でもないので、腹の探り合いも面白い。人間関係の複雑さが、よ
い方向に作用している。
 司馬坊の処刑が三日後に行われるとの告知がなされ、いよいよ追い込まれる司馬懿。
 そして終盤、意想外の展開。八十話以上ある連ドラの第三話にして主人公が……。普
通、あり得ない流れなので、登場人物の一人が見た夢のシーンかと思った。凄く気にな
る引き方で次回へ続く。
 どこまで史実なのかも気になりましたけど、面白いからとりあえずよしとすべきか
な。「三国志演義」みたいなものと捉えて、観ればいいのかしらん。

 ではでは。




#538/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/23  19:59  ( 26)
失言なのか計略なのか   永山
★内容
 先週のNHK「クローズアップ現代」で、プロレスブーム再来の話題が取り上げられ
ていた回を見てみました。
 スタジオゲストのプロレスラーは新日本プロレスの棚橋。その喋りの中で気になる表
現が一つ。「攻めているときとやらせているとき」という言い回しが何度か出て来たん
ですが、これはぶっちゃけちゃったなと。
 ここでいう「やらせている」は「攻めている」の対になっているのだから、当然、
「攻められている」、つまり相手の技を食らっているとき及び守っているときのことを
言い表しているに違いありません。
 ただ、言うまでもありませんが、「やらせている」には、意図的にさせてやっている
というニュアンスが含まれます。要するに、ダメージはないけど敢えて相手の技を受け
てやっている、てことに。
 プロレスでは相手の技をうまく受けることも大事なのは事実とは言え、国内最大のプ
ロレス団体の(元エースにして)現役一線級の棚橋が公共の電波で、「やらせている」
と表現してしまっていいものなのか。
 まとめますと、気になったのは二点。まず、今の日本ではまだ早いのでは。世界最大
のプロレス団体であるWWEが、組織としてカミングアウトした米国ならまだしも。
 さらに、団体や業界ではなく、一選手が「やらせている」という表現を用いて語るこ
との是非。
 話の内容的にも、やらせているという言い回しを使う必要は全く感じられず、「攻め
ているときと攻められているとき」で充分だったように思えました。
 プロレスとはこういうものですよということを、明確にカミングアウトすることな
く、じわ〜っと世間に浸透させていく狙いで、最大手の団体が所属選手に「やらせてい
る」を使わせたんだとしたら、辻褄が合うんですが、そこまで計算してやっているよう
には思えない……。

 ではでは。




#539/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/24  20:00  ( 24)
セットの予算ほぼゼロで撮れるシーン   永山
★内容
 日本テレビ系で放送のドラマ「ゼロ 一獲千金ゲーム」第二回を録画視聴。ネタバレ注
意です。
 予告映像を見た段階で分かっていたことですが、原作とはゲームの順番が大きく異な
るらしく、ドラマで最初に登場したのはクオータージャンプ。記憶が曖昧なので調べて
みたら、原作漫画では三番目だった。これを初っ端に持って来たのは、零と標のライバ
ル関係を早めに明確にするためでしょう。その意味では多分、成功してる。気になるの
は、飛ばされたゲーム二つは今回のドラマでは扱わないのか否か。一つは指詰め、一つ
は溺死のリスクがあるゲームなので、お茶の間向けではないとの判断が働いたのかもし
れず。加えて、溺死リスクの方はセットを用意するのも結構面倒だろうし。
 それとは別に、このクオータージャンプ、意外と地味な場面が多いと気付かされる。
主人公が頭に袋状の覆面をすっぽり被らされ、その状態であれやこれやと思考を試みる
んですが、その間、主人公の顔のアップに周辺は黒塗りという画面が大半を占めること
に。ドラマ史上、お金の掛かってないシーンの十指に入りそう(笑)。
 暴力団組員の弟でインテリっぽい位置づけで登場した末崎弟が、今回はやたらと腕力
に物を言わせるキャラクターになっており、違和感が大きい。何のために配置したの
か、今のところよく分からない。
 そしてケンドーコバヤシ演じる末崎兄は、コバンザメ戦略で勝ち馬に乗ろうという役
柄で、さながら喜劇に出て来る人物ですが、ケンコバの演技派ややコミカル寄りかな。
真剣に演じて、その姿が見る者にとってはおかしい、という喜劇役者のそれにはなって
ない感じ。無論、そうでなければならない、なんてことはありませんし、作り手の意図
的な指導の結果がドラマでの演技かもしれないんで、あんまりとやかく言わない。先週
よりもちょっぴり評価が下がったというだけ。

 ではでは。




#540/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/25  20:07  ( 43)
酷暑の中の、くろしょいん   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「黒書院の六兵衛」初回無料放送を録画視聴。ネタバレ注意で
す。
 原作は浅田次郎の同名時代小説。未読です。
  時は慶応四年。幕府側の勝海舟と、官軍側の西郷隆盛との話し合いにより、江戸城
の不戦開城が決定した。官軍側・尾張の下級藩士である加倉井隼人は、思いも寄らぬ大
役に憂鬱になっていた。というのも、幕府から官軍へ城の引き渡しが滞りなく行われる
よう手筈と整える先遣隊として、その長を任されたのだが、一見名誉に思えるこの役
割、実は貧乏くじ。尾張藩は幕府を中途で裏切って官軍に付いた経緯があり、そこの藩
士が江戸城の面々に忌み嫌われているのは当然。針のむしろに座らされる心持ちで城に
出向くと、案の定、きつい応対をされた。
 めげずに任務を果たそうとする加倉井に、ある面倒ごとが知らされる。一室に居座っ
て、てこでも動こうとしない男が一人いるという。その名は的矢六兵衛。御所院番(将
軍直属の警護隊)番士であった。黙って正座したままの六兵衛に、加倉井は話し掛ける
も無反応。いっそ力尽くででも退去させたいところだが、勝海舟と西郷隆盛の約束が立
ち塞がる。江戸城はいずれ御所となり、天皇が入る。そのような場で騒ぎを起こすのは
まかり成らんとされている。強硬手段の執れない加倉井は途方に暮れるも、心の片隅で
は、六兵衛の凜とした居住まいに何かしらひかれるものがあった。
 噂を聞きつけて、新聞(瓦版)を作っている外国奉行支配通弁の福地源一郎が取材に
訪れ、六兵衛に質問をぶつけるがやはりなしのつぶて。上野界隈を取材して六兵衛の知
り合いから話を聞こうという福地に、加倉井も同行するが、そこは彰義隊が占める領域
で、官軍の加倉井にとっては生きた心地がしない。そんな中、六兵衛を知る者を見付け
た福地は、意外な話を聞き出す。居座っている的矢六兵衛は偽者で、本物の六兵衛は姿
を見なくなっているという。また別の者の証言では、六兵衛は五千両という金で旗本を
買い取ったとの噂も立っていた。果たして六兵衛は何者で、居座る目的は何なのか。
 ――以上が第一話の粗筋。
 ドラマ本編の前に、やや長めの予告編みたいな映像がありまして、その作りがシリア
ス一辺倒。だから当然、本編もシリアス一辺倒と思いきや、所々にユーモラスさがあっ
て、現代風の味付けがしてありました。原作は歴史小説ではなく時代小説ということで
察しが付くように、史実ではなくあくまで創作。現代風の味付けもあり、でしょう。
 上地雄輔演じる加倉井は上司の命令で仕方なく動くサラリーマンぽく、寺嶋進演じる
勝海舟はべらんめえ口調の江戸弁(これは史実みたいですが)で親しみやすい。対照的
に、吉川晃司の演じる的矢六兵衛は台詞が一つもなく、所作や表情だけでキャラクター
を出していく。百点満点ではないしても、かなりうまくやっていたと思います。
 加倉井が上野に出ている間、部下五人が六兵衛を見張ることになっていたのに、いつ
の間にか六兵衛がいなくなっているという失態。そういう展開はいいんですけど、六兵
衛がどうやって姿をくらますことに成功したのかに触れられないまま、終わった。五人
も見張りがいて、全員が同時に目を離したり居眠りをしたりするとは思えないし、厠に
行くのも全員揃ってなんて馬鹿なことはあるまい。なのに六兵衛がいなくなったのな
ら、それは一種の密室トリック(もしくは脱獄トリック)と言えるのでは。あとでこの
辺の説明があるのかどうか、気になる。江戸城内に隠し扉や抜け道の類があることを示
唆する伏線?

 ではでは。




#541/629 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #206 ***
★タイトル (AZA     )  18/07/26  19:55  ( 23)
八番目の捜査員   永山
★内容
 テレビ朝日系で放送のドラマ「刑事7人シーズン4」第三回を録画視聴。ネタバレ注
意です。
 一話完結スタイルに戻ったみたいなので、表記を第三話としてもいいんですが、まあ
このままで行こうかと。
 今回は……ストーリー面では新奇さが全くのゼロ。既存のドラマなど映像作品で使わ
れてきた要素の寄せ集めで、どこかが見たような話を再構築した感じ。それでも面白け
ればまだいいんですが、しっかり予定調和の内側に収まっており、もはや単調の域に達
していたかと。仲間の一人が犯人グループに捕まって、命が危険に晒されているという
のに、ハラハラドキドキをちっとも感じなかった。
 と、ここまでけなし気味なのは、製作サイドの意図を分かっているつもりだからでし
て。
 今回の目玉はただ一点、かつての仲間だが犯罪に手を染め、生死不明の退場をしてい
た山下が再登場したこと。ここに焦点を絞り、視聴者の関心を向けさせるために、ス
トーリーそのものは平凡な型にしたんだと思います、思いたい(苦笑)。
 で、山下をいかに再登場させるかについても、以前、第三シーズンの終わりに予想し
たのとほぼほぼ重なっておりまして。多分、本ドラマのシリーズを継続視聴している人
の多くが予想していた展開だと思います。これはこれで既存のフォーマットを使っただ
けと言えそうなのが、残念なんだか嬉しいんだか。
 もちろん、ありがちな手法を否定してる訳ではなく、今回の本ドラマはありがちな手
法を用いた上でより面白い物、新しい物を生み出そうという心意気を感じられなかった
のが残念だなあ、ってことで。

 ではでは。




#542/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/27  20:41  ( 24)
感想は早すぎない   永山
★内容
 日本テレビ系で放送のドラマ「探偵が早すぎる」第二回を録画視聴。ネタバレ注意で
す。
 趣向としては結構厳しい縛りでしょうに、今回も安定の展開。視聴者側が探偵と同じ
ように先回りできるかとなるとちょっと難しいと思いますが、それなりに追い掛けるこ
とは可能。強弱こそあれ、伏線は細かく敷かれていて、気付きの楽しみがいくつもあ
る。
 そういった点に面白味を見出せた視聴者はいいけれども、そうでない向きには受け入
れられにくそうな作りなのが、気掛かり。その意味で、ヒロインの魅力が乏しいのっ
て、致命傷になりかねないと思うんですが。
 原作の始めの方にちょろっと目を通してみたところ、ドラマはだいぶ設定を変えてあ
ると判明。原作の方がヒロイン、いいのになあ。何で変更したんだろ? ストーリー上
の理由があるようには見えないため、キャスティングが先にあって、役者に合わせてキ
ャラクター設定を変えたのかなと思ってしまう。広瀬アリスって人の演技、多分、初め
て観たんですけど、とりあえず声が耳障りでよくないわ。使いようと言うか描きように
よっては、共感を得やすい・好かれるキャラを演じられそうなのに、本ドラマではやか
ましさが先に立つ。
 キャラ変更と言えば、探偵の千曲川の方がより大きく変えられているようですが、今
のところその弊害は感じない。
 弊害があるとしたら、物語の見せ方かも。原作だと犯人の視点で描写するパートが多
くを占めており、倒叙推理っぽい趣がある。対するドラマでは、犯人の正体は明かされ
ているものの、踏み込みが中途半端になってる印象。どちらが面白く見せられるかは、
原作小説をもっと読んでみないと判断しにくいですが。

 ではでは。




#543/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/29  12:55  ( 32)
司馬懿の子と小芝居   永山
★内容
 WOWOWで放送のドラマ「三国志 〜司馬懿 軍師連盟〜」第四回を録画視聴。ネタ
バレ注意です。
 おー、この流れはまさしく推理物の構造に近く、楽しめました。司馬懿の能力(若い
頃から凄かったんだぞ的な)を物語るエピソードとしてここに組み込まれたんでしょう
けど、身体を張った奮闘ぶりは、頭脳派であると同時に体力派でもあったんだなと分か
る。実際、軍師としてだけでなく武将としての功績でも後年、知られるみたいですし。
 一族の誰にも言わずに司馬懿が計画・行動し、死んだふりをするのは予想の範囲内
(主人公がここで死ぬ訳がないという理屈ですが)でしたが、どうやって実行し得たか
となるとよく分からない。そもそも、本当に斬られているとは思いも寄らず。血糊の発
想は当時なかったのか? というか、刀傷を負った状態で川?に転落するのって、大丈
夫なのか。呼吸をどうしていたのかも気になるし。
 話を戻して、司馬一族を陥れようとした楊家の策略が、楊修によるものと決定づけら
れる場面も、まさに推理物の王道を行くパターン、失言が証拠に。史実だったら面白い
けど、さすがに創作っぽい(笑)。
 曹操暗殺計画に関わる形でこれだけの人数が炙り出されたのに、曹操は結局、みんな
許すという流れは意外。首謀者数名は処刑されており、他の連中は腹に一物あっても恐
怖によって押さえ込めるだろう、手駒として使えるだろうという考えらしい。道理なん
てくそ食らえみたいな発言もありましたし、曹操の器や性格を示すのに持って来いのエ
ピソードになっているなと。
 司馬懿の性格も描かれており、父親を助けるために必死で動いて安寧を取り戻したあ
と、正妻と汲布との過去が気になり、妻に質問しまくる辺り、司馬懿の普通っぽさが出
ていて面白い。並行して描かれた曹操と荀ケの会話に夫婦のたとえが出て来たのも効果
的。
 他にも、従者の描写もよかった。司馬家存亡の危機を迎え、金子を渡され暇を出され
る従者だけど、そばを離れたくありません的なことを言う。しょうがないので?司馬懿
夫人が乳母を見付けるように命じる。生まれてまだ間もない赤ん坊がいるので。これが
第三回までにあって、今回その続きがしっかり描かれており非常によかった。ほっとす
る。
 という風に、細かいところまで計算の行き届いたストーリーを感じられた第四回でし
た。司馬懿の死んだふり作戦の詳細がない点は除く(苦笑)。

 ではでは。




#544/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (        )  18/07/30  13:16  ( 34)
感想>ペストールを拾ったら  夢乃
★内容
ども、夢乃です。

「ペストールを拾ったら」拝読しました。
この展開の話は永山さんの十八番らしく、最初から最後まで上手く整合性が取れてて
安定感があります。個人的には、この後の展開はどうなるんだろう? 結局、警察を
誤魔化すのは無理で発覚してしまうんじゃないかな? と気になってしまいますが、
それを追及するのは野暮ってもんですね。(^^)

少し気になるのが、主人公・筒寺萌音の心の動き。全体的に納得はできるのですが、
拳銃について、ずっとモヤモヤしていたような態度なのに、最後に「見付けた瞬間、
私は心を決めていた」と、最初から迷いがなかったかのよう。「自分でも意識しない
うちに、内心ではそう決めていた」みたいな感じなら解るのですが、今の書き方では
最初から意識して使い道を決めていたように見えるので。

ところで、タイトルの「ペストーレ」で悩んでしまいました。どこ語読みだろう?
ドイツ語はピストーレだし、イタリア語はピストーラだし、ロシア語はピストレット
だし、フランス語もロシア語と一緒かな?と。できれば、教えて欲しいです。

誤字は、二箇所、でしょうか。
 一部あ千切れ → 一部が千切れ
 社会か準備室での → 社会科準備室での

少し話は変わって、この手の「素人が拾った拳銃を突然使う」という流れ、現実的に
どうなんだろう? ここはどうなっているのだろう? と疑問に思うことがあります。
「ペストーレを拾ったら」を例に取ると、
・スカートのポケットに入るほど小さいか?
・主人公は拳銃に疎そうだけど、使い方を知っていたのか?安全装置は?
・片手で初めて撃つと、手首が折れることすらあるらしいが、手首平気?
などなど。安全装置はよくドラマでも出るし、ポケットにも入るくらいだから女性が
護身用に持つ小型拳銃だったのかな?などと、いつも適当に脳内処理していますが。
(小型拳銃の場合、今度は殺傷力に難があるから、最初の人、助かってしまうかも?
いや、撃たれどころが悪ければ、などと脳内補完が広がります(^^))

それでは。




#545/629 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #544 ***
★タイトル (        )  18/07/30  13:20  (  3)
誤字訂正>感想>ペストールを拾ったら  夢乃
★内容
しまった。
投稿で何箇所か「ペストーレ」となっている部分、「ペストール」の誤字です。
(・・・やはりID登録、すべきか・・・)




#546/629 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #544 ***
★タイトル (AZA     )  18/07/30  19:34  ( 28)
感想レス>『ペストールを拾ったら』   永山
★内容
 夢乃さん、拙作を読んでくださり、ありがとうございます。
 とりあえす、誤字の類は直しました。筒寺の心の動きは、確かに唐突な印象になって
ますね。後日、手を加えて改めるかもしれません。

 ペストールは、昔、小学生の頃に見たテレビドラマか何かの時代劇で、「南蛮渡来の
ペストール」という台詞があったと記憶してまして、そのときのイメージで採用しまし
た。ひょっとしたら、“ピストール”だったかも。字幕はもちろんないし、耳ではどち
らとも取れる発音がされていた気がします。

 銃の形状というか種類は当初決めるつもりでしたが、その後の展開と相談してやめま
した(苦笑)。構想当初は、何て言うか「世にも奇妙な物語」的な仕上げじゃなく、現
実味重視の路線で行きたかったんですけど、夢乃さんご指摘の“素人がいきなり銃を使
う問題”により、断念。返り血の問題も大きい。そんなこんなに対処できる自由度を確
保するため、「拳銃」としか書かない作戦に(汗)。銃に詳しくないであろう筒寺の視
点から描写してるんだし(汗)。
 あ、小型の護身銃というのは頭のどこかにあったみたいで、最初「五発は撃った」っ
てな感じの描写を入れてました。けど、素人が引き金を五回引く間に列車通り過ぎちゃ
うかなとか思ったり。長い貨物列車ってことにすればいいんですが。そもそも、計画犯
罪で行うとしたら、筒寺が高架下に差し掛かるのと列車の通過時刻とが絶妙のタイミン
グで重なる必要があるので、かなり無理筋。自分の中では、頻繁に列車が行き来する時
間帯なんだと思うことにしましたが、作中にもそう記すべきだったかも。

 蛇足。序盤を書いているときに、ふと「これ、実は男子生徒でした、でもいけるんじ
ゃない?」と叙述トリックを組み込む展開を思い付いたものの、不採用に。やくざ者が
組を抜ける代償に、男を野外で襲う演技ってのはさすがに大きな不審を招くだろうな
と。

 ではでは。……そういえば、ペスカトーレ、まだ食べたことない。




#547/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/07/31  19:58  ( 26)
噛み付き魔の間違いに噛み付く   永山
★内容
 元プロレスラーのニコリ(ニコライ)・ボルコフが死去。七十歳。脱水症状などで入
院中だったとのこと。
 旧ソ連出身を称していましたが、これはプロレス上のギミックで、本当はユーゴスラ
ビア出身。かつてはモンゴル人にも扮した。がっしりした大型レスラーで、ジャンボ鶴
田をも片腕だけのネックハンギングで持ち上げるパワーは凄かった。でも、大人しい性
格だったらしい。イワン・コロフとのソ連コンビを日本でも見たかった。
 訃報を伝えるスポーツ新聞系のサイトの一つで、ボルコフが新日本プロレスに初参加
した際、フレッド・ブラッシーとのコンビでタッグ王座に挑戦した記述が見られるけ
ど、これは誤り。ブラッシーは悪徳マネージャー役で、タッグ王座に挑戦したのはシー
ク・オブ・シークス・オブ・バグダッド(この選手はギミックではなく、ほんとにイラ
クはバグダッドの生まれで英雄的存在だとか)とのコンビ。

 日本テレビ系で放送のドラマ「ゼロ 一獲千金ゲーム」第三回を録画視聴。ネタバレ注
意です。
 先に、次回予告を見ると、原作にありながら飛ばされたと思っていたゲームが描かれ
るみたい。順番入れ替えの狙いが何なのかいまいちはっきりしないけど、前にも書いた
ように標の存在を強く印象付けるためなのかな。
 で、今回は標の凄さを見せつける展開でしたので、その狙いは達成されたかな。零が
タイムアップぎりぎりまで掛かったゲームを、たったの四十五秒でクリアしたとなる
と、否が応でも標の優秀さが際立つ。
 カズヤとセイギのキャラもまあまあ立ってたし、クオータージャンプの描き方として
は成功だと思うんだけど、このあとカズヤの再登場はあるのかな? 確か原作だと、こ
のままフェードアウトしたような。セイギの方は、次回予告にも出ていたし、ケンコバ
演じる須崎の弟なんだからずっと出続けるんでしょうけど。

 ではでは。




#548/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/08/01  20:09  ( 27)
天体ショー、下から見れず、下から見れず   永山
★内容
 天気に恵まれず、皆既月食も火星最接近も拝めなかった〜。
 特に月食の方は、二時間ぐらい前までは晴れていたから行けるかなと思って、皆既食
が最高潮の頃合いに外に出てみたものの、全く見えなかった。曇っていても、部分食の
間ならまだ見えたかもしれない?

 WOWOWで放送のドラマ「三国志 〜司馬懿 軍師連盟〜」第五回を録画視聴。ネタ
バレ注意です。
 先日、テレビ朝日系列のバラエティ番組「ソノサキ」で、ゲストがリクエストしたネ
タの一つに「僕たちはまだケバブのことを何も知らない」ってのがあって大受けしてま
した。今回の本ドラマの内容は、“僕達はまだ司馬懿のことを何も知らない”と言いた
くなるほど、全く見聞きしたことのない司馬懿像が描かれていました。うーん、ほん
と、どこからどこまでが創作なのやら。
 私みたいなライトな三国志好きにとっては、司馬懿って魏の忠臣で、曹操の手駒の中
で最高の切れ者ってなイメージが強いと思うんですが、本ドラマで描かれる司馬懿はそ
のイメージを一新する感あり。父・司馬防への嫌疑を晴らしたあと、曹丕を通じて曹操
へ出仕するように言われた司馬懿だが、曹操の思惑を察し、出仕してもしなくてもどち
らも一族の危機につながると判断。そこで両足を馬につないが荷車にわざと轢かせ、二
度と歩けなくなるような骨折の重傷を負い、仕官できなくなったとアピール。――これ
だけでも、え?となりました。これまで見たどの三国志の映像作品でも、司馬懿は特段
の苦労することなく歩いていましたし、若かりし頃に足の骨を折ったエピソードも聞い
たことない。それが本ドラマでは車椅子に乗るようになってました。当時、車椅子って
あったのかしらん? まあ、諸葛孔明も車椅子みたいな椅子に座ってたイメージあるけ
ど。
 ともかく、ここからどういういきさつがあって曹操に仕えるようになるのか、俄然、
興味が湧いたです。端から乗っ取るつもりだったとか?

 ではでは。




#549/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/08/02  20:13  ( 41)
ジャングル六兵衛   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「黒書院の六兵衛」第二回を録画視聴。ネタバレ注意です。
 大広間の武者控えに居座る的矢六兵衛をどうにか動かさんとする加倉井は、妻の一言
で、六兵衛の家族に当たることを思い付く。福地と二人で、的矢邸を訪れた加倉井だ
が、そこの主で隠居生活を送る的矢清右衛門に追い返される。裏口に回った福地は、邸
の下男?の目配せに応じ金を渡して内情を聞き出すことに成功。その男の話によると、
邸の空だった繋ぎ場にある日突然、立派な馬がつながれているのを見て、慌てて邸内に
駆け込むと、清右衛門とその妻の他、見知らぬ親子三人が一緒に朝食を摂っており、清
右衛門は何も言わない。その親子三人の中の夫が今、的矢六兵衛を名乗っている男であ
る。さらに本物の的矢六兵衛は、あるとき訪ねてきた金貸しの淀屋辰平に連れて行か
れ、以来行方知れずという。福地は、淀屋が薩摩藩とつながりがあることを知ってお
り、江戸城に居座る的矢六兵衛はもしかすると薩摩藩の意を受けた者ではないかと推測
する。
 一方、見張りに立っていた加倉井は、邸を出て来た六兵衛の妻から六兵衛の着替えを
託される。加倉井が事情を聞いても、女は何も答えずに戻ってしまった。
 城に帰り、六兵衛に着替えを渡す際、風呂に入ってはどうかと持ち掛ける加倉井。六
兵衛は相変わらず無言だったが、しばらくすると風呂に向かった。加倉井らは好機到来
とばかり、武者控えの間のふすまを膠で固め、開かなくする。膠が固まった頃合いに、
廊下が騒がしくなる。天璋院(篤姫)や田安徳川家七代当主の亀之助(後の徳川家達)
が相次いで姿を見せ、六兵衛の顔を見に来たという。焦る加倉井だったが、亀之助が一
人でふすまを開けられないのを見た天璋院は何か察したのか、亀之助を連れて引き上げ
る。ほっとしたのも束の間、今度は六兵衛の姿が見当たらぬ。慌てて探すと、今度は帝
鑑の間に居座っていた。官軍の入城時に使われる大広間が空いたのはいいが、大広間よ
りもさらに各上の部屋に居座られるのは問題。入城の日も四月十一日と決められ、加倉
井らには時間がない。前日になり、刀だけは預からせてくれぬかと談判する加倉井。そ
の姿は締め込みにさらしを巻いた裸一貫。さらに加倉井が自身の刀を畳に置くと、六兵
衛も感じ入ったか、腰の物を差し出した。
 これでひとまずは安心と思った加倉井だったが、入場してきた西郷隆盛から予想外の
希望を聞かされる。普通なら入れぬ帝鑑の間を見てみたい、と。
 ――第二回の粗筋はこんな感じでした。他にも、六兵衛がたいそう金を掛けているこ
とも分かるんですが、本筋との結び付きがまだ見えてこない。
 一方、初回感想で密室トリック云々と記した件は、単に加倉井の部下五人が揃いも揃
って豪華な晩飯に目がくらんでいたせい、ということになりそう。ちょっとがっかり。
一捻りあることをまだ期待してしまう。
 もう一つ、あまり出番がなかった勝海舟ですが、彰義隊の屯所に足を運んで何やらし
ていた節があって、どうなるのか気になる。
 長屋の井戸端で、加倉井の妻と、薩摩藩討伐に加わった武士の妻とが井戸端会議する
場面があって、いわば敵味方の関係なのに、普通に言葉を交わしてた。そういうもんだ
ったのねと思った。男達の方は江戸城内で、嫌味の言い合い、プライドの張り合いをし
ていますが(笑)。

 ではでは。




#550/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/08/03  17:18  ( 31)
ファインディング「否応にも」   永山
★内容                                         18/08/03 17:20 修正 第2版
 あるサイトの文章に「否応にも」という表現があったのですが、意味が分かりませ
ん。無論、「否応」は知っていますが、このような使い方はしたことがないし、習った
覚えもないです。
 くだんのサイトの文章は前後のつながりから、「否応なしに」の意味で使っているん
だなと推測できました。が、この際だからちゃんと把握しておこうと“否応にも”で検
索すると、辞書的なサイトでのヒットは見当たらず。使い方も、「否応なしに」の意味
で用いられていると思しき箇所が多いものの、「いやが上にも」と意味で用いているも
のとしか思えない箇所もあり、戸惑いを覚えた次第。
 で、思い出したのが「否が応でも」という言い回し。これと「いやが上にも」を混同
して、「否が応にも」が生じ、さらに縮めて「否応にも」となったのかな。
 あと、ゴールデンボンバーの「じれったい」の歌詞に「否応にも」があるみたいです
けど、そこから広まった?

 日本テレビ系で放送のドラマ「探偵が早すぎる」第三回を録画視聴。ネタバレ注意で
す。
 基本的に毎回完結するスタイルだから、“第三話”としてもいいんだけど、つながり
もあるのでこのままの表記に。
 今回は、視聴者が探偵の考え(看破する過程)を追い掛けるのが、やや厳しくなった
感じ。殺人計画を推察するためにあまり一般的でない知識を駆使する必要があるのは、
やはりハードルが高い。もちろん、騒音を音で打ち消す技術とか、ヘリウムガスが人体
に害を及ぼし得ることとかは、昨今のニュースなどで世間に知られつつあるとは思いま
すけど、言われてみればそういう話あったよねのレベルでしょう。これらのことを知っ
ていたからと言って、探偵と同じ推理過程を辿れるとは考えにくいし。加えて、ヘリウ
ムガスが管の漏れのチェックに使われるなんてことは初耳でしたんで、今回、私には無
理だったと(笑)。
 それから、ヒロインの友達が殺人決行の部屋に入った経緯が分からなかった。たまた
まなのか? ヒロイン自身がその部屋に行かなかったのもたまたま。結果に大差なしな
のは分かるけれども、何の理由もなく偶然が重なった点については、高くは評価できな
いかな。

 ではでは。




#551/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/08/04  17:02  ( 22)
司馬懿ゼーゼマン   永山
★内容
 WOWOWで放送のドラマ「三国志 〜司馬懿 軍師連盟〜」第六回を録画視聴。ネタ
バレ注意です。
 今まで、この手の中国版大河ドラマの作品て、各話の切れ目の位置がおかしいなと感
じることがしばしばありました。全てがそうとは言いませんが、全然盛り上がってない
場面で続くとなったり、どう考えても中途半端なシーンで続くとなったり。そういう欠
点というか傷が、本ドラマにはない気がする。二話ずつ放送されているのですが、これ
まで見てきた分では、偶数話目のラストが非常に気になる場面で次回に続くとなってい
るような。次回予告が偶数話のあとに付いているが、奇数話には付いていないことから
考えても、意図的に偶数話の終わりを切りのよいあるいは盛り上がった場面になるよう
に構成しているのではないかと想像します。まあ、当たり前といえば当たり前の手法な
んですけど、冒頭にも記したように従来の中国版大河ドラマではさほど重視されていな
かったと思しきつなぎ目、ちょっと改善するだけで凄くよくなった印象を受けます。
 本題のストーリーも、怒濤の展開が続いて、面白い。両足骨折の司馬懿が立って歩け
るようになるエピソード、密偵がそれを目撃するエピソード、曹操の息子二人のライバ
ル関係(後継者争いのみならず、女性選びもね)等々、各キャラクターを活かした話作
りに引き込まれる。もう史実かどうかは気にしない(苦笑)。
 今回のラストは急病に倒れた郭嘉の遺言。孔明や周瑜と並び称される軍師が、死の床
に際し曹操を敢えて呼び付けてまで伝えたかったこと、それは「司馬懿を従わせること
ができなければ孫権や劉備に取られる前に殺すべし」。ここで次回に続くとやられて
は、たまりませんわ(笑)。

 ではでは。




#552/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/08/05  21:19  ( 40)
読了>夢乃さんの『終末のサイエンティスト』8.迎撃準備 永山
★内容                                         18/08/05 21:21 修正 第2版
 読みました〜。
 以前いただいたヒント(?)のおかげで、この地球の一日の長さとか朝昼晩の割合と
かどうなっているのか、気になる〜。本作はSFなんだということを意識するあまり、
単位の定義が変更されたとか、物理法則そのものが変わってしまったとか、妙な想像を
してしまいます(苦笑)。
 それはさておき、他に気になった箇所、引っ掛かった箇所の指摘をば。

@@引用開始(指摘付き)@@
政府の対応としては劇的に速く、光俊が要求したレールガンは翌未明に届いた。本気で
            ↑
           「早く」かも

一夜明けて、いや、まだ明けきらぬうちに二人は起き出してシャワーで夜の汗を流し、
昨日大急ぎで受け取りの対応を依頼した作業員を兼ねる技術者四人と、シンシャの街か
らやってきた巨大なトレーラーを迎えた。
トレーラーには小さな乗用車が付き従っていた。いや、乗用車の方がトレーラーを従え
て来た、と言うべきか。
↑
続けざまに同じ「○○、いや、『○○の否定』」の形が出て来て、少し気になったです

ドアが開き、繁樹が勢い良く飛び出して来るなり、挨拶もそこそこに光俊に掴みかから
んばかりに詰め寄った。
「どういうことですかっ!?」
繁樹は今にも掴みかかりそうな勢いで光俊に怒鳴り散らした。
      ↑
     二行上の「掴みかからんばかりに」と表現が重複してるような

「そうだけど、回避する手段はあるよ。例えばラグランジュ点なら起動も安定するし、
                              ↑
                     自信ないですけど「軌道」?
@@引用終了(指摘付き)@@

 ストーリーに関しては、私なんかがとやかく言っても読みの浅さを露呈しちゃうだけ
なので、今回はパスしようかと(汗)。
 ただ、光俊と麗子の絡みの場面が徐々に増えてる(回数だけじゃなくシーンとしての
ボリュームも若干増えた感じ)印象を受けましたが、これって本筋と何らかの関連があ
るのかないのか……気になる(また(笑))。光俊の心理面に変化が現れているように
も思えますし。

 ではでは。




#553/629 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #552 ***
★タイトル (        )  18/08/06  13:06  ( 39)
感想レス>『終末のサイエンティスト』8.迎撃準備  夢乃
★内容
ども、夢乃です。
 
拙い作品をお読みいただき、ありがとうございます。
気をつけてはいるのですが、まだまだ誤字がありますねぇ。スマートフォンで書くと、
どうも誤字の温床になってしまうような・・・ただの言い訳ですけれど(-_-;
 
今回のメインは、過去に起きた「災厄」の説明です。ただ、これを登場人物達の言葉で
詳細に説明してしまうと、『あんた、それ誰に説明してんの?』状態になってしまう。
何しろ、人類の社会環境やら生活環境やらを大きく変えてしまった出来事なのだから、
恐らく小中学校の社会(歴史)の授業でみんな習っているはず。しかも、インパクトの
大きいことだから結構な割合の人々が覚えているだろう内容。これを登場人物の口から
事細かに説明させるわけにはいかない、しかも、日常的に話題にのぼるほどのことでも
ない、という事で、光俊と麗子の普段(仕事中)ではない時の会話として出しました。
 
今回の話で、
・この時代、月は存在しない
・月の破片は地球を取り巻いている
・月の消滅は“マグナティス”なるモノにより引き起こされた
・マグナティスは月を破壊しただけでなく、地球の自転速度にも影響を与えた
・マグナティスも今はない(太陽に沈められた)
くらいのことが判っていただけるかと思います。これまでの展開で仄めかしてきた事を
もう少し具体的に説明(に見えないように説明)しただけですけれど。
 
私の物語の創り方は独特・・・かどうかは判りませんが・・・で、
・まず、シチュエーションを思い付く
・そのシチュエーションの場面を思い浮かべる
・その場面に至る、時代・歴史・科学レベルその他諸々の設定を考える
・考え付いた設定をひけらかすために、物語を創る
というように創っています。よく、「その設定はストーリーを深めるための設定か、
設定のための設定になっていないか」と言われますが、私の場合は設定のための設定で
すらなく「思い付いた設定をひけらかすためにストーリーを創る」をしている訳です。
だから、光俊と麗子の絡みも、設定を説明する場面を整える為だけのものだったり・・
 
とは言え、物語として破綻してしまったら誰にも読んではもらえない訳で、書く以上は
面白くなるように、とか、内容が破綻しないように、などを考えながら書いています。
それが上手くできているかどうかは兎も角、今後も、より面白く、を意識しながら
書いていくつもりですので、よろしくお願いします。
 
それでは。




#554/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/08/06  20:58  ( 32)
甲子園での好支援   永山
★内容
 と、その前に。
 夢乃さん、レスをどうもありがとうございます。
 創作手順については、以前、ツイッターの方に書かれていたのを拝読し、ユニークだ
なと感じていました。興味深い試みとも言えますし、ぜひとも最後まで推し進めて行っ
てください。多分(汗)、ついていきます。
 災厄についての提示はよく伝わりましたし、こちらが漠然と想像していたこととそん
なに大きくは外れていなかったので、ほっとしました。当たり前のことをわざわざ説明
はしないスタンスを取るのは、SFのような、読者にとっての日常から大きく離れた物
語世界だとより難しいように思うんですが、その辺りをいかに進めていくのかも注目し
ています。


 全国高校野球選手権大会二日目、色んなことが重なって起こったのね。
 第二試合に夏連覇を狙う優勝候補・大阪桐蔭登場ってだけでも注目度が高かったでし
ょうに、第一試合が14対12の点の取り合い、第三試合は九回守備中に両足のつった
選手を、相手チームの選手がコールドスプレーなどを渡して救援というスポーツマンシ
ップに則った&今夏の暑さを象徴する事態、第四試合は大会史上初のタイブレーク適用
と、観客はおなかいっぱいになったでしょう。全試合を球場で観た人は少ないと思いま
すけど。
 で、ふと気になって調べてみたのが、タイブレーク適用時に、無安打無得点試合及び
完全試合の記録は継続するのかどうかってこと。前者は継続、後者はなしってことでし
た。完全試合もOKにしてよさそうに思ったんだけど、ランナーが二人いる状態っての
は完全試合挑戦中には起こり得ない訳だから、仕方ないか。むしろ、無安打無得点の継
続を可とする方に疑問が。ランナーがいる方がアウトを取りやすいってチームがいるか
もしれない。
 ついでに、無安打無得点を達成しながらも敗戦投手になった例がないかと思って調べ
たけれど、日本のプロ野球ではなし。いや、そもそも勝ち投手にならないといけないか
らあり得ない。想定したのは、無安打無得点で勝ち投手になったが、後に没収試合(試
合放棄)になって記録取り消し、ルール上、没収試合の原因を作ったチームは0−9で
負けになるって言うケース。レア過ぎるかな(笑)。

 ではでは。




#555/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/08/07  20:00  ( 24)
四回目の正直   永山
★内容
 テレビ朝日系で放送のドラマ「刑事7人シーズン4」第四回を録画視聴。ネタバレ注
意です。
 おっと、どうした急によくなったぞ。V字回復、というか今シーズンはずっと低調だ
ったから逆L字と表現すべきかもしれません。
 ストーリーの骨格はよくあるパターンで新鮮味はないものの、細部に神経の行き渡っ
た作りになっていたと感じました。過去の事件の情報が一箇所から出ていることを、視
聴者の先入観によって不自然と感じなくさせる技巧。容疑者が後の被害者に言った「警
察なんてよしなさい」のダブルミーニング。さりげないカットや書類の映り込みによっ
て示唆される手掛かり。死亡日時を特定する要素は、一つでも事足りそうなところを念
を入れて二つ。
 尤も、引っ掛かりを覚える点が皆無という訳ではなく、まず、犯人がいくら経験者と
は言え年齢から考えてここまで手際よくやるのは相当しんどいだろうってこと。さら
に、犯人にとって不都合な物を被害者が持って来たかどうかを確かめずに、さっさと殺
害したのは大きなミス。携帯電話の着信履歴も、決定的なミスではないにせよ、余計な
工作をしたと言えそう。
 また、鍵を握る一人と言える店の主が、過去の事件が起きた当時、何ら警察に言って
来なかったのはちょっと不自然か。入手困難なぬいぐるみを注文しておきながらいつま
で経っても取りに来ないだけでも奇異なんだから、事件の報道を見聞きすればすぐに結
び付けられたはず。
 と、不満を挙げつつも、このよくなった流れは好感触。同じ方向性の面白さじゃなく
てもいいから(むしろ違う方向性の面白さも探るくらいがいい)、流れを維持していっ
てほしい。

 ではでは。




#556/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/08/08  20:00  ( 24)
ゲームはハード、空気はマイルド   永山
★内容
 日本テレビ系で放送のドラマ「ゼロ 一獲千金ゲーム」第四回を録画視聴。ネタバレ注
意です。
 言うまでもないことですが、ドラマにはそれぞれのテイストがある。監督や脚本には
あんまり関心を払ってないので分かりませんけど、テレビ局とか放送時間帯などにもカ
ラーがある気がします。その枠独自のカラーと言うか。そして厄介?なことに、原作が
どうであろうと、枠独自のテイスト・カラーに引っ張られる傾向が多少なりともある。
 で、このドラマ「ゼロ」にも、その傾向が悪い形で明確に出始めた。放送されている
のは日本テレビ系の日曜夜十時半から十一時二十四分。私が個人的にこの枠に抱いてい
るイメージは、緩さや力の抜け加減。いい方向に働くこともあるけれど、希で、原作の
持ち味を殺すことが多い。今回、人の生き死にが掛かったゲームに挑む、しかも徐々に
水を注がれていくという危機感がじわじわ増してくる筋立てなのに、緊迫した空気はほ
とんどなし。ストーリーはシリアスで、チームを組んだ二人の勝手な振る舞いやいざこ
ざにより主人公のピンチは広がる一方。にもかかわらず、ドラマ全体の空気は弛緩して
いる。要因としては、登場人物の内の数名が通常あり得ない行動を取るため、感情移入
できないということが挙げられそう。そもそも各人物のキャラクターがほとんど定まっ
ていないのが大きい。何を指針として、このキャラはこんな行動を取るのか、理解に苦
しむ場面が多い。そこをすんなり飲み込めたら、生死のかかった場面でくだらん下ネタ
や悪ふざけをしたとしても納得して観ていられると思う。本ドラマの今回分にはそれが
感じられなかった。
 原作とはちょっとチーム編成を変えてきて、結果的には同じであっても、異なる展開
を繰り広げてやろうという意欲は見られます。それが面白さにつながっているかどうか
はまだ分かりませんが、意欲は買いたい。

 ではでは。




#557/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/08/09  20:55  ( 37)
探偵が遅すぎる!   永山
★内容
 NHK−BSプレミアムで放送のドラマSP「悪魔が来りて笛を吹く」を録画視聴。
ネタバレ注意です。
 横溝正史原作の同名小説はこれまでに六度ほど映像化されているとかで、その内の何
本かは見ているのですが、何分小さな子供の頃故、詳しい筋立てよりもおどろおどろし
い絵面の方がインパクトが強く、記憶に残っている。原作は未読だし、映像作品の方
は、毎回某かの手が加えられているみたいなので、正式な筋立てを知らない(苦笑)。
 そういう訳で、今回もそこそこ新鮮な気持ちで観ることができたのですが、あまりい
い作品とは思えなかった。
 金田一耕助役を務めた吉岡秀隆、特色を出そうとしたのか話す口調に癖を付けていた
みたいですが、頭を白髪まじりにしたせいか年寄り臭くなって、どことなく小日向文世
に似た雰囲気に。凄く違和感を覚えました。よく見りゃ顔立ちも似てる?
 演出面では、昔の角川映画を意識したと思しき点がちらほら。特に終盤、歌曲をBG
Mに男が女をめった刺しにするシーンに顕著。それ自体は悪くないんだけど、展開とし
てだめだわ。探偵と警部がいながら&犯人の指摘が終わったあとだというのに、目の前
で犯人が女を殺すのを止められず、射殺しちゃうという。
 ストーリーで疑問に感じる箇所は他にもあって、恋人の死の真相を探るために一族の
家に潜り込んだ犯人が、真相を突き止める以前に、一族の言動から「こいつら死んで当
然だ」と思って殺し始めるのは相当おかしい。金田一に「悪魔とはあなたのことだ」と
言われた犯人ですが、出生の秘密だけで悪魔呼ばわりは酷いにしても、その後の思い込
みによる連続殺人は悪魔の所業と言える。ただ、金田一によって伝えられる真実を知っ
たあとなら、復讐殺人もやむを得ない部分はあるかもなと思わせる。要は、順番が変。
動機が明確に形作られてから、殺しに手を染めるという展開にすべき。原作小説の粗筋
紹介のサイトを見てみると、原作では動機が先に来てるみたい。
 悲劇の種を拵えた立場の姉弟が、生まれた子供を何でまた好きこのんで、出入りの植
木職人のところに出したのやら。それまでに金をいくばくか搾り取られているだろう
に、さらに脅迫の材料を与えてどうする。実際、そのおかげでより大金を脅し取られる
ようになったみたいだし。そういえば、畜生道と言われるほどの行為に及んだ姉弟が、
子殺しはしないのね。野生動物の種としての生存本能、みたいなことを仮託してるのか
しらん?
 ここ数年、NHK−BSでの金田一シリーズのドラマ化が続いています。毎回、何ら
かの改変による挑戦があり、プラス面ばかりの成功とは言えないまでも、新たな魅力を
見せてくれていたように感じていました。が、今回はマイナス面が相当大きいと思っ
た。
 お約束になっている、ラストで示された次回作は八つ墓村。今度はどんな挑戦をして
くれるのか、不安と期待を抱きつつ、待つとしましょう。

 ではでは。




#558/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/08/10  20:37  ( 25)
高名な孔明、仲達の通達  永山
★内容
 WOWOWで放送のドラマ「三国志 〜司馬懿 軍師連盟〜」第七回を録画視聴。ネタ
バレ注意です。
 安定の面白さ。今回はほぼ丸々使って、曹丕&司馬懿VS曹植&楊修の後継者争いの
下地が作られる過程を見せた形。曹操自らが狙って息子達が争うよう仕向けたとなって
いるのが面白い。普通、こんな一族を危うくするようなことは避けるだろうに、敢えて
やるのは、曹操はまだまだこの先も長く健在であると自負しており、威光を効かせるつ
もりでいるってことなのかしらん。曹操は明らかに曹植の方を買っており、成長を促す
ためにやっている節もあるけれど。
 また、その争いの種の一つに恋愛要素を絡めてくるところがうまい。本ドラマにとっ
て恋愛要素は副次的なもので、色づけぐらいに思っていましたが、ちゃんと本筋に関係
してくるんだ〜と感心したです。
 主人公の司馬懿は、曹操に仕えることがいよいよ決定。サブタイトル「狼顧の相」っ
て何なのか知りませんでしたが、こういうことなのね。
 あと、司馬懿が、“臥竜”諸葛亮孔明の姿を想像して絵に描くシーンが挿入されてお
り、これは多分制作側の遊び心なんだろうな。この時点では、司馬懿は諸葛亮孔明には
かなわない、勝っているのは妻が美人である点だけだ、なんて言っています(笑)。実
際、「三国志」には孔明夫人は不美人との旨が記されてるそうな。

 本ドラマとは関係ありませんが、昔読んだ漫画で、「諸葛亮孔明の妻は西洋人」とい
う設定の作品があったなぁ。異民族だから当時の中国の人からすれば気味の悪い、不美
人に見えたという解釈。その説事態は昔からあったみたいなので、漫画の作者のアイデ
ィアではないのかもしれませんが。タイトル思い出せないけど、検索して出て来た「孔
明のヨメ」ではないよ。

 ではでは。




#559/629 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/08/11  21:53  ( 32)
盛夏のただ中やや飽きが   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「黒書院の六兵衛」第三回を録画視聴。ネタバレ注意です。
 うーむ。面白いことは面白いんだけど、今回のエピソードでちょっと腑に落ちない展
開が重なったので、盛り上がりたい気持ちに水を差された感じ。前回のラスト、六兵衛
が居座る部屋に、それと知らずに西郷隆盛がやって来るというところで終わりました。
そこから、さぞかし大騒動になるんだろうな、加倉井はいかにして切り抜けるんだろう
か?と想像を巡らせていたのに、西郷が六兵衛を誰何したのは初めだけで、あっさりと
「侍らしい侍だ」みたいな感想を言って、特にとがめ立てなし。これだけならまだし
も、後半に差し掛かった辺りで、戊辰戦争から一時的に戻ったという徳川慶勝が姿を見
せ、やはり六兵衛に会いに来る。これまた特に大きな悶着はなく、飯を一緒に食って、
六兵衛を認めるような発言をしてまた戦争に戻っていった。六兵衛の佇まいがいかにも
侍、いかにも武士らしいってだけで、こうまですんなり引き下がられると拍子抜けだ
し、都合がよすぎる。
 もちろん、面白い小エピソードも盛り込まれており、簡単に視聴をやめるのは勿体な
い。今回は新聞発行の福地が推理を披露するくだりが盛り上がった。曰く――四月十一
日の江戸城明け渡しと同時に、徳川慶喜は水戸に移されたが、果たして本物だったの
か。徳川家将軍ともなると位が高すぎて、今のお付きの者達は慶喜の顔を知らない可能
性が高い。場内でも事情は似たようなもので、慶喜と直に接した人間は数えるほどしか
いない。もしかすると、六兵衛こそが徳川慶喜その人ではあるまいか? 西郷と勝海舟
との話し合いで無血開城の約束がなったとされているのは表向きだけで、水面下ではま
だ条件面を巡って駆け引きが続いている。そう考えれば慶喜が江戸城にとどまるのは当
然。天璋院篤姫が六兵衛(慶喜)を見て何も騒ぎ立てないのは、事情の知っており、同
じ薩摩の西郷の意を受けているからと考えれば説明が付く――といったもの。
 最終回なら、このトンデモ展開もありだったかもしれませんが、物語はまだ中盤。一
時的に戻った徳川慶勝により、六兵衛と慶喜は似ても似つかぬと一蹴されました。
 他には、所々で加倉井が(六兵衛にではなく、他の武士達に)武士の道理を説いた
り、藩の意向で官軍になったがもしそうではなかったら自分どういう選択をしただろう
かと自問自答したり、あるいは江戸城明け渡しがなるや手のひらを返したように官軍に
おもねる本多左衛門に対して「誇りはないのか」と熱く語ったりと、心情をさらけ出す
シーンが多くあり、印象に残りました。その全てを六兵衛が耳にしていることから、何
らかの影響があるはず。

 ではでは。




「◇フレッシュボイス2」一覧



オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE