AWC ◇フレッシュボイス2



#1668/1683 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/01/04  17:45  ( 22)
盆と正月は誰にでも   永山
★内容
 しばらく止んでいた迷惑メールが、きっちり正月休み明けに再開されると何か腹が立
つよね。(--;

 フジテレビ系列で放送のドラマSP「教場2」前編を録画視聴。一応、ネタバレ注意
です。
 前作「教場」の面白さを当然期待してしまう訳で、間違いなくハードルが上がってい
る。そこをクリアしているかどうかは個人の好みもあるだろうし、そもそも後編をまだ
観ていないので判断はできませんが(^^;、期待にはある程度応えてくれているけれど
も、分かりにくい場面がやけに多くないかと思った。
 父と一緒に視聴したのですが、備品が次々と盗まれる事件での動機なんて、納得して
いなかった。原作では男と女だったのを、映像化に当たってわざわざ女性同士に変えた
みたいだし。
 走り回っていた漆原の件も、ことの顛末を是非とも知りたいと思うのは分かるけれど
も、それがどうしてあの落ち着きのなさにつながるのかが説明不足ではないかと。
 それから、風間が事件の度に生徒に罠を仕掛けるのが定番のようになっていますが、
何故その生徒に罠を掛けようと思い立ったのか、その理由が前段階にてたまたま割り振
った作業における不自然さに気が付いたから、という風になっているのがすっきりしな
い。ロジックを成立させるために、まず容疑者の特定が必要だけれども、特定には偶然
が作用している。何もなさそうなところから真相への糸口が浮かび上がってくるのは非
常にスリリングで面白いけれども、作り手の都合が透けて見えるように思えたです。

 ではでは。




#1669/1683 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/01/05  20:24  ( 37)
志望者が減りそうな   永山
★内容
 フジテレビ系列で放送のドラマSP「教場2」後編を録画視聴。一応、ネタバレ注意
です。
 充分に及第点に届いている出来映えであるにも関わらず、前作「教場」がとてもよか
ったおかげで、何やかやと欠点が目に付いてしまう。ある意味不幸な作品。
 その「教場」にしても、初ものの珍しさ、インパクト、そして木村拓哉の新境地とま
で評されたはまり役があってこその高評価だと思うので、そういった下駄を履かせる効
果がほとんど消える第二作が厳しくなるのは当然といえば当然。
 純粋に物語としてみれば、警察学校にこんなに体力のない人や資質を欠いていそうな
人ばかり集まるなんてことがあるか?という批判が出ているようですが、そこはもうそ
ういう人達が集まってしまったからこそ、この物語になったという風に解釈すればまあ
収まるのでいいとして。私が個人的に気になったのは、謎の作り方。昨日の書き込みで
も触れたように、容疑者特定の家庭が恣意的で、作り物感が強い。多数いる生徒の中か
らこれこれこういう理由で絞り込んだ、になっていなくて、たまたまおかしな言動をす
る生徒を見付けたので調べてみたら今起きているトラブルと関わっていた、という流れ
になっている。そこがどうもすっきりしない。
 すっきりしないと言えば、問題を抱えていた生徒の症状が、一つのエピソードを乗り
越えることで克服できたように描いてあった点も引っ掛かりを覚えた。本当に克服でき
たと確信できるエピソードならいいんですが、とてもそうには思えない。問題点を浮き
彫りにしただけと感じられるエピソードばかりだったような。
 構成が、全体的に格好を付けたつなぎ方を多用して、分かりづらさを増していたのも
気になった。後に手掛かりになるエピソードをぽいと放り出して、そのあといくつか別
のシーンを挟んでから、手掛かりとしての意味がふっと起ち上がるのは意外感を伴って
いて、決まると観ている側も腑に落ちて凄く心地がいい。でもそればかりやられると、
記憶しておかねばならないポイントがいくつもあって、正直しんどい。さらにいえば、
今回の女性陣の配役は似た髪型・顔立ちの人が多く、区別するのにも通常よりも強く意
を払わなければならなかった。格好よさを優先するあまり、視聴者を置いてけぼりにし
たかのように感じられた次第です。
 今回最も感心したのは木村拓哉の演技。前の「教場」では意外な一面を見せてくれた
的な評価が大部分を占めたように思うんですが、本作の演技は磨きが掛かって、風間と
いうキャラクターを目一杯表現していた。“近寄りがたい”と本心から感じさせる人物
になっていたんじゃないかしらん。それこそ、警察官になろうという人が減ってしまい
そうなほど。

 第三弾の制作を期待させる終わり方をしましたので、また一年後に新作が観られるの
かな。今回以上にハードルは高くなっているかもしれないけど、それでも期待大です。

 ではでは。




#1670/1683 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/01/08  17:40  ( 20)
解体工ならぬ   永山
★内容                                         21/01/09 20:25 修正 第3版
 テレビ朝日系で放送の松本清張ドラマスペシャル「黒革の手帖 〜 拐帯行 〜」を録画
視聴。ネタバレ注意です。
 二〇一七年に放送された連続ドラマの続編。確かに続編らしい流れで進んできて、後
半から終盤にかけて、原作短編「拐帯行」を強引にくっつけたような仕上がりになって
いました。面白くなくはないけど、詐欺の部分がシンプルすぎるかなあ。工夫はされて
いるようですが、やっぱり、何で手口を知っていながら騙されるの?と感じられてなら
ない。
 くっつけ方も、犯罪を横領から殺人に変更して、心理状態になるべく無理が生じない
ようにしたんでしょうけど、そこまでしても木に竹を接いだ感が残ったな。自首しに戻
るくだりが無理筋だったような。とことんまで逃げるものと思って観てましたから。
 元子が本来のママさんに大金を渡したシーン、あとで利いてくるんだろうなと記憶に
止めていましたしたが、何もなしで終わった。神代の弱味を教えてくれるのかと。
 終わり方があっさりしていたものだから、これはラストに何かあるんじゃないかと期
待してしまいました。銀座に再び店を出すことになった元子が一人で夜道を歩いている
場面になったので、「あ、これは銀座に店を持っている格下のあの女が再登場して、背
後から刺すのか?」と想像したんですけど、これまた外れ。第三弾を作りたいと色気を
出しているのが感じられました。刺されて重傷を負ったという流れでも、続編は問題な
く作れると思うんですけどね。

 ではでは。




#1671/1683 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/01/09  21:30  ( 21)
ニュースからの連想   永山
★内容
 水害で、溝に流された人が亡くなるというニュースが時折ありますが、あれを見ると
どうやって事故死かそうでないかを判定してるんだろうと気になります。ニュースでは
続報がないので、自力で調べなきゃいけないんでしょうけど、まだ手付かず。
 同じく、大雪を報じるニュースで除雪作業中の人が亡くなるニュースが時折あります
が、こちらの方は、周りの雪に亡くなった人以外の足跡があるかどうかだけで、事故死
か否かの判定がかなり絞れそうだと思っていました。ただ、ドローン(昔ならラジコンヘ
リかラジコン飛行機)を使えば、足跡を残さず、事故死に見せ掛けた他殺トリックにな
るかもしれない。確実性がないので今のところ書いていませんが。

 NHKBSプレミアムで放送のドラマ「明治開化 新十郎探偵帖」第四話『リンカー
ンの影』を録画視聴。ネタバレ注意かも、です。
 今回はほぼ、本格推理していなかったなー、が第一印象。というかそれだけで終わっ
てしまいそう。原作と思われる『安吾捕物帖』の一作「魔教の怪」を読んだ覚えはある
のですが、内容はだいぶ違っていたような。
 アクションと新十郎の心情にウェイトを置くのはいいんですが、それらに寄りかかり
すぎ。「探偵帖」と題するからにはミステリとしてもっとがんばって欲しい。探偵が活
躍すればいいというものではないってことで。(^^; 元の脚本では尺の調整が難しかっ
たんじゃないのと思いたくなるくらい、アクションシーンが長く感じられました。バラ
ンスがいささか悪かった。

 ではでは。




#1672/1683 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/01/10  21:58  ( 31)
天気と天体   永山
★内容
 以前、倒れていたみかんの木とは別の柑橘類の木が、一昨年の台風か何かで倒れまし
て。ロープで引っ張ったり、丸太(って程立派な物ではないが)をあてがって支えたり
してどうにか起こしていたのですが、去年の十二月半ばに再び倒れている(前回とは逆
方向に倒れていた)ところを父が発見。年月を経てロープも木も脆くなっていました。
早く戻したいなーと思いつつ、道具が揃わないこともあり、ついつい先延ばしにしてい
ました。
 が、この度の大雪予報を受けて、何を思ったかとりあえず起こそうとなりまして。物
置小屋の奥にあったロープを引っ張り出してきて、長さがやや足りないながらも何とか
起こすことに成功。
 これで雪が降り積もれば、その重みでみたび、倒れるのではないか、もしそうなった
ら全くの無駄骨になるなと心配でしたが、雪が止んで見に行くと無事に立っており、ほ
っとしたです。
 木を起こすのに、普段あまり意識して使わない筋肉を使ったのか、変なところが筋肉
痛に見舞われましたが、その甲斐はあったかなと。

 世界を一変させるような出来事が起きた場合、小説などの創作物語はどこまで影響を
受け入れるのが適当か。
 新型コロナの流行は、明らかに日常生活の形に影響を及ぼしたと思います。だから少
なくとも今後、二〇二〇年や二〇二一年を舞台に描くのであれば基本的には新型コロナ
の描写は外せなくなる。とはいえ、場所を限定してしまえばほとんど関係ないよってい
う風に書けなくもない。孤島の殺人事件とか。
 病気の流行以外に何が想定されるかというと、戦争や大規模なテロは真っ先に挙がる
でしょうね。
 個人的に注目しているというか、いつかネタにできるんじゃないかと期待?している
のが、超新星爆発。それなりの期間、夜空に大きな変化が現れるはずだから、超新星爆
発の起きた年を小説の舞台にした場合、無視できない出来事と言えましょう、多分。
 オリオン座のベテルギウスが近い内に終焉(超新星爆発)を迎えるのではという予測
が少し前に出て話題になりましたが、近い内と言ってもう中規模の話ですからまだまだ
先かもしれず、実際に目撃して書くというのは難しいかしらん。

 ではでは。




#1673/1683 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/01/11  17:14  ( 54)
茸鋸鋸天気の子   永山
★内容
↑タイトルは最初、“きのこのこのこてんきのこ”にしようと思ったものの、検索して
みたら結構ヒットするので無理矢理漢字にしてみた。

 WOWOWで放送のアニメ映画「天気の子」を録画視聴。ネタバレ注意です。二〇一
九年、日本。
 去年の十月十日にオンエアされたのを録画して、観るつもりでいたのが、直後に関西
地方へ一時期戻っていたため、すっかり忘れていました。今年になって、先頃地上波で
放映するとの番宣をやっているのを見て、ああそういえばと思い出した次第。(^^;

 昔、“雨が降り止まない世界、だけど水不足で困窮している世界”という設定を思い
付き、自分ではすぐには書けそうになかったこともあり、フリーネタ(ほんとにオリジ
ナルかどうかは分からないけど自由に使ってください的なニュアンス)として、PC−
VANのSIGだったAWCや投稿作家ハウスに書き込んだ覚えがあります。実際に作
品の形にした人もいて、面白く読ませてもらいました。
 そのとき私はどう描いていいのか分からなくて迷っていたことの一つに、実際に雨が
ずっと降り続けたらどうなるのか、というのがあります。想定していたのは一つの惑星
全体で雨が降り続ける状況でしたから、雨が止まないまま水が循環していくなんてあり
得るのか、あり得るとして人間が生息可能なのかといった細部が気になり、踏み出せな
かった。
 細かいことは気にせずに描き切っちゃえば、何とでもなるのは、フリーネタに呼応し
て書かれた作品でも、この映画でも明らかだな〜。いやまあ、有名監督による大作アニ
メ映画なら何らかの科学的裏付けをしてるんじゃないかという思いもあって観てたんで
すが、ほとんど何にもなかった。

 物語のジャンルを細分化していくと、“特殊能力者が複数登場してのバトル物”が存
在しており、様々な特殊能力が出て来るのが定番ですが。
 数ある能力の中で、中長期的な戦略で言えば、天候を自在に操れる能力が最強候補の
一つなんじゃないかと常々思っています。相手側に雷を落としたり、水攻めにしたり、
食糧難に陥らせることだってできる。
 それほど強力な能力だから、仮に使用条件を厳しく設定したとしても結構扱いづら
い。バトル要素のない物語に、天候を操れる能力者をぽんと放り込むだけで、その人物
を巡って諜報・謀略が起こり、争いが生じる展開に容易に持って行ける。
 映画に出て来た陽菜の力は一時的に晴れにしてみせるという限定的なものでしたが、
それでもあれば重宝するのは間違いない。そんな“晴れ女”が職業として活動し、評判
が高まれば民間・公的と問わずに調査が入ると思うんだけど、そういう描写は一切な
し。
 ちょっとうまいなと思ったのは、物語の最初から、関東一円を雨が降り続いている異
常気象に置いたこと。異常な雨続きを時折晴れにしても、まあ偶然そんなこともあるよ
ねで済むかもしれない。また、「何で晴れにした? 今雨が降ってくれないと作物が育
たないんだよ!」的な抗議が殺到する状況にならないのも、異常な雨続きという設定の
おかげ。

 物語としては、新海誠作品でなければ一顧だにされない恐れすらありそうな、独善的
なストーリーに感じましたが、所々ご都合主義的展開があるのも含めて、観ている間は
楽しめる、観終わったあとは考えさせられる作品になっていたと言えそう。

 “関東一帯をある程度水没させ、天候をずっと雨にした”、ただそれだけのことを“
世界を変えた”と言える、登場人物の若さが眩しい。実際、三年が経っているというの
に生活様式がたいして変わるでなし、街並みも水に沈んだところはそのままで、傘が手
放せないこと以外は、世界は前と同じに見えた。食料品を筆頭に日本国内の物価は恐ら
く上がったでしょうけど。
 ……降ってくる雨が上質な水なら、各国に輸出するのもありかもしんない。

 ではでは。昨日から「天気」つながりだと気付いた。




#1674/1683 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/01/12  20:51  ( 29)
おおやけなのにおおやけでない   永山
★内容
 Web上から応募できる小説の賞って、郵送で受け付ける賞と違って、応募要項に経
歴・略歴に関する情報があんまり詳しく記されていないような気がする。
 それはある意味当然で、Webサイトにある応募フォームを開けば、指名やペンネー
ム、年齢などと一緒に、経歴を書く書式が表示される……ということを知ったのが、こ
こ一年ぐらいでのこと。遅い?(^^;
 で、少し前から角川スニーカー大賞(次で第二十七回を迎える)が気になったので、
経歴にどんなことを書く必要があるのかを見るために、サイトの応募フォームを開いて
みたら、“「第27回はスニーカー大賞」は締め切らせていただきました。多数ご応募
いただき、ありがとうございました。”と出る。
 あら? 締め切りは今年の六月三十日までのはずだが。
 前期の締め切りが二〇二〇年十二月三十一日となっているけど、まさか昨年末で一端
区切って、そのまま閉めっぱなし? でもそれなら「第27回はスニーカー大賞」前期
は締め切らせていただきました”ってな感じの文言が表示されなければおかしい気がす
る。
 こんな現象が起きているのなら、某巨大掲示板やツイッターなどで軽く話題になって
いてもいいんじゃないかと調べてみたものの、誰も話題にしていないみたい。
 もしかして、自分の家のパソコンだけで起きている現象なのか? まさかそんなはず
はないと思うのですが、他の方々が試して確認してもらえると助かります。
 URLを張るのがいいのかどうか分からないので、“スニーカー大賞”で検索すれ
ば、上位に公式サイトが表示されると思います。

 関係ないけどもう一つ、気になる些末なこと。
 ネット界隈では、Web上から応募できる賞を一括りに「Web小説」とか「ネット
小説」の賞、あるいは「小説投稿サイトの名称+コンテスト」と呼んで、郵送で受け付
ける賞を公募と呼ぶのが習わしみたいになっている?
 だとしたら、前者はともかく、後者のみを公募と言い表すのはちょっと無理があるよ
うな。Webで募集したら公募にはならないのかと。

 ではでは。




#1675/1683 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #1674 ***
★タイトル (        )  21/01/13  17:45  ( 10)
終わっているの?第27回スニーカー大賞の募集  夢乃
★内容
ども、夢乃です。

 第27回スニーカー大賞の募集サイト、「締め切りました」になってますね。アナウン
スも何もないのに(見落とし?)誰も騒いでいないのは、みんなカクヨムからの投稿な
んでしょうか?
 とりあえず、Twitterで質問してみました。
https://twitter.com/NakaeYumeno/status/1349132522685231104
回答あるかなぁ?

それでは。




#1676/1683 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #1675 ***
★タイトル (AZA     )  21/01/13  20:33  ( 34)
轡虫   永山
★内容                                         21/01/14 21:17 修正 第2版
スニーカー大賞のWeb応募>
 夢乃さん、確認をありがとうございます。そして、どうもお手数をお掛けします。
 私自身が応募すると決めているとか、もう作品ができているとかだったら、自力で
メールによる問い合わせをしていたに違いないんですが。
 あ、カクヨムからも応募できるので問い合わせしない可能性もある。(^^;

 公式ツイッターは、今夜スタートの新作アニメのことで手一杯?
 スニーカー文庫やスニーカー大賞のことを俗に「靴」と呼ぶようで。
 質問が無視されたらクツワムシになる(汗)。


AWC大賞>外部作品読書中
 上の件で悪いなあという気持ちが起きたから、ではなく、そろそろ読まないとAWC
大賞の投票締め切りに間に合わないってことで、夢乃さんの外部作に目を通し始めたと
ころです。
 とりあえずR18の方は一話目だけ読んで、うーむ、となってしまいました。このジ
ャンルはどこに着目すればいいのか困る〜。ついつい斜め読みになりがちで、ここに叙
述トリックを仕掛けられたら、ほぼ確実に引っ掛かってしまう(苦笑)。
 『夢の、書店。』の方は十三から再開しました。間隔をあけて読んだせいなのかどう
か、文章がくどくなっている?と違和感を覚えました。具体的には以下の箇所。
・母親が月に一度来ることが続けざまに三回記述されている。
・“それでも、時々は家に置いて来た本を読みたくなる時もある。そんな時は、次に帰
省する時まで我慢する・・・のだが、時々、実家から(略)”このくだり、「時」が多
いような。音読すればリズミカルだとも言えそうですが。

 あと、当たり前なんですが、自分とは用いる言葉の違いがちらほら出ていて、興味深
いです。
 たとえば「乗り越す」はもちろん間違えではないけど、電車での居眠りが原因なら
「乗り過ごす」の方が個人的にはすっと頭に入ってくるかな〜とか。
 「既に時遅し」の箇所は、自分だったらほとんど意識せずに「時すでに遅し」を使っ
ちゃうだろうな〜とか。
 しばらくは影響を受けて、使い慣れていない言葉を敢えて使うかも。(^^)

 ではでは。




#1677/1683 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #1676 ***
★タイトル (        )  21/01/14  17:36  ( 24)
感想(かな?)への返信  夢乃
★内容
ども、夢乃です。

「小説ハーレム」と「夢の、書店。」、少しでも読んでいただき、ありがとうございま
す。

 さてさて。「小説ハーレム」は「あとがき」を読んでいただくとわかるのですが、
「とにかくエロを描くっ。全面エロシーンっ」を目標に書いたので、ストーリーとか、
あんまりありません(^^; ただただ、エロシーンを楽しんでいただく為だけの小説で
す。なので、エロの苦手な方には読む価値なし、と烙印を押されることも覚悟です。概
要を読むだけなら、「最終ハーレム」+「女子校ハーレム」の最後、または「最終ハー
レム」+「懐妊ハーレム」だけ読んでも、話としては閉じています。
 しかし、私がまったくストーリーを書かずにいられるかと言うとそんなわけもなく、
一話と二話で蒔いた伏線を後で回収していたり、などはあります。後から読み返しても
伏線と気付いてもらえるかどうか、微妙ですが・・・

 「夢の、書店。」で、母親が月イチで来ることを繰り返しているのは、それを主人公
がかなり鬱陶しく思っていて、しかしそれを明言することが性格上出来ず、何度も繰り
返すことで鬱陶しく思っている内面を表現しています。しかし・・・それで読む気を無
くされたら無意味ですね・・・表現方法よ今後の課題だ・・・
 「時」がいっぱい。あ、確かに。うーん、難しいです。なるべく重ねないように注意
しているのですが、難しいなぁ。表現方法はいろいろあるから、変えれば変えられると
思いますが・・・精進に努めます。

それでは。




#1678/1683 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/01/14  21:16  ( 40)
なぞは一部解けた!?   永山
★内容                                         21/01/14 21:19 修正 第2版
感想?レスレス>夢乃さん
 ご説明をありがとうございます。
 そう言われると『小説ハーレム』の方ももうちょっとがんばって読まなければいけな
い。
 『夢の、書店。』の母訪問の記述繰り返しにはそんな意図が秘められていたとは想像
が及ばず。奥が深いなぁ。
 それと、くどいからと言って読む気をなくしてはいませんです、はい。“夢乃さんて
こういう文章を書く人だっけ?”と軽く違和感を覚えた(そして自分の記憶力に自信が
ますますなくなった)、ぐらいに思っていただければ。文字被りにしてもうまく使えば
それがよい個性になるように思えますし、一概にだめと決め付けたくないので……こう
いう見方もありますよぐらいのニュアンスです。
 あと、ごめんなさい! 前の書き込みで御作のタイトルを書き間違えていたと気付き
ました。句点が抜けていました。今から直しておきます。本当に申し訳ない。


IPアドレス>
 前に変だな〜とあれこれ言ってたグローバルIPアドレスについてですが。
 今日、たまには無線LANでつなぐかなとやってみて、しばらく使ったあと有線に戻
しました。そしてIPアドレスをチェック(癖になっている ^^;)。
 その後一度電源を落として、一時間足らず後にまた使い始める。IPアドレスをチェ
ックしたところ、ここ三ヶ月足らずはほぼほぼ確実に毎回、起動する度に数値が変わっ
ていたのですが、このときは前回と同じだった。おっ、珍しいというか久々だなと思い
つつ、偶然同じ数値が割り振られるケースはあるらしいので、一端切って再度つないで
からまたまたチェック。すると今度も同じIPアドレス。これは直った(以前の状態に
戻った)か? でも直ったんだとしても原因が分からん。
 しばらく考えてふと閃いたのは、父が使っているパソコンとの兼ね合い。
 父のパソコンは無線LAN接続をずっとしていて、起動すれば自動接続する設定にも
なっている。我が家のルーターは三つに分岐できるタイプで、父のパソコンを見てみる
と3を常に使ってきている模様。
 一方、本日私が無線LANでつないだとき、たまたま3で接続していた。さらに、改
めて有線でつないだあとも変わらず、3を使用していた。
 ということは常時接続になっている父のパソコンと同じ3を使えば、IPアドレスは
固定されるのではないか。この推測の元、ならばと自分のパソコンを有線で1につなぎ
直してみた。そしてIPアドレスを確認すると、さっきまでとは別の値が表示されたで
す。
 てことで、IPアドレスが固定されるのところころ変わるのとが起きる状況は多分、
これで分かった。ただ、何でそんな仕様になっているのか、そもそもこれで当たり前な
のかが不明&気になる。

 ではでは。




#1679/1683 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/01/15  20:44  ( 20)
目隠しと口隠し   永山
★内容
 スニーカー大賞のWeb応募。
 相変わらず受け付けないみたいだし、回答もないようで。
 で、ふと妄想した。これってカクヨムの登録者数を少しでも増やす作戦だとしたら、
ちょっと面白いかも。サイト上の不具合に見せ掛けて、賞に投稿したいのにできない人
達が「しょうがないなー、カクヨムに登録して投稿するか」となるのを主催社サイドは
待っている。……小説のネタにはならないか。(^^)
 スニーカー文庫もカクヨムも角川が関わっているのだから、それくらいの連携はでき
るはず? ただ、このやり方だと、スニーカーのサイトを取り仕切っている人が批判の
矢面に立たされかねず、損な役回りになってしまうなぁ。

 入試に関するニュースを見ていて、会場ではマスク着用を義務づける、とか何とか。
 浅知恵の働く人は今頃、マスクの内側の部分に苦手科目の答を書き込んで、覗き見る
練習をしているのかしらん、等と思ったり。(^^;
 そのあとネットのニュースサイトを見ると、企業名が英語で入ったマスクの着用は試
験会場ではだめ?みたいなヘッドラインがあった。中を読んでみると結局、あまりに露
骨に英語が入っている物はだめだが、基本的にはそういう企業のロゴ入りマスクでもO
Kみたい。デザインで言うと、英語に限らず、漢字や数式、地図とかがでかでかとプリ
ントされた物はだめっぽい。

 ではでは。




#1680/1683 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/01/16  19:56  ( 26)
1/17はAWC大賞投票日   永山
★内容                                         21/01/17 08:53 修正 第2版
↑正確には投票日ではなく、投票締め切りですね。(^^)


 NHKBSプレミアムで放送のドラマ「明治開化 新十郎探偵帖」第五話『』を録画
視聴。ネタバレ注意かも、です。
 前回に比べれば本格推理っぽくなっていたのはよかった。ですが、提示される謎の解
決がちょっと幼稚じゃないかと。横たわって美容施術を受けている妻の顔が次々と別人
に変わったからといって、三人は実は一人なんだという幻覚を抱くものかしらん。一
応、覚醒剤的な?薬を肌に塗られていたことも理由に挙げていましたけれども、薬品名
を出さずに処理した辺り、どうもいい加減。推理小説において毒殺を扱う場合、毒の名
前を明かさぬまま話が進む作品が、特に昔はちらほらありましたけれども、それとて毒
の特性や入手経路などについては一通りの言及があるのが普通でしょう。今回のエピ
ソードのやり方を認めるのであれば、七面倒くさい奇術的仕掛けなんか使わずに、「薬
品で幻覚を見せられた。そういう薬品なんだから仕方ない」で済んでしまう。
 また、この詐術に引っ掛かる人物の設定にも疑問がある。江戸時代が閉じてまだあま
り経ってない頃だから、科学的な知識が乏しい人、妖怪の類や迷信などを信じている人
がそこら中にいてもおかしくはない、としましょう。でもこの詐術に引っ掛かった男性
は資産があって、シェークスピアを読んでおり、外国の本を収集する知識欲の持ち主と
いう教養のある人物として描かれている。そんな人が上記の詐術にまんまと引っ掛か
る? からくりを見破れるか否かはともかく、とりあえずトリックを疑うものだと思
う。
 もう一点、犯人が寝台の仕掛けをそのまま放置しておいたのは何故。片付ける時間は
たっぷりあったようにみえましたが。資産家の婦人として付き合いが忙しかった? で
も美容術の店を出す準備はしっかりやっているんだよなあ。よく分からない。

 ではでは。




#1681/1683 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/01/17  19:50  ( 29)
態と音   永山
★内容
“ワクワクハラハラ”>
 昨日、ポイントサイト用の検索をしていてたまたまヒットした「まとめ」に、“ワク
ワクハラハラ”という言い回しが出て来て、ワクワクとハラハラは相反するものだとい
う文脈で語られているのだけれども。
 そもそも“ワクワクハラハラ”と続けて使うことがあるのかいなと改めて検索してみ
たら、希にあるようで。“ワクワク・ハラハラ・ドキドキみ”たいな形で列挙している
のを除けば、かなり少ないですけど。
 で、私は“ハラハラドキドキ”か、“ドキドキワクワク”(前後が入れ替わる場合も
あり)だけだと思っていたので、ちょっと意外に感じたです。“ドキドキ”は胸の高鳴
り、鼓動がはやくなる様を擬態語(擬音語?)で表現したものだから、“ワクワク”と
“ハラハラ”どちらともセットになり得る。“ワクワク”と“ハラハラ”は「まとめ」
にもあった通り、相反する表現なのだから組み合わせても、“ハラハラドキドキ”や“
ドキドキワクワク”と同じ扱いにはならないのは自明のはず。なのに組み合わせて、恐
らく“ハラハラドキドキ”“ドキドキワクワク”と同じニュアンスで使っている人がそ
おれなりにいる……。
 今のところシンプルな誤用だと思うんですが、もしも定着するような動きが見られた
ら、どういう意味を持つ言葉にする(なる)んだろ。「ときにワクワク、ときにハラハ
ラする展開のこと」とか?

 あと、上にも記しましたが、“ドキドキ”は擬態語なのか擬音語なのか、判断しかね
ています。
 たとえば“どんどん”は、「雨がどんどんひどくなる」のように使えば擬態語、「太
古がどんどん鳴っている」だと擬音語と言える(はず)。
 “ドキドキ”はそのような複数通りの使い分けができるものではなく、「胸がドキド
キする」「心臓がドキドキする」の系統に絞られると思います。この場合、「どっくど
っく」と心臓の脈打つ音を耳で聞いている感じからすると、擬音語と言えそうだけど、
必ずしも音が聞こえているとは言い切れない気もする。

 ではでは。




#1682/1683 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/01/18  19:39  ( 26)
数式パズルの答他   永山
★内容
 祭さん、AWC大賞の結果告知、お疲れ様です。
 朝霧さん、拙作に票を投じてくださり、ありがとうございます。

 AWCにUPしてきた自作を、小説投稿サイトのコンテストにいくつか出してみてい
るのですが、募集要項にはたいてい「他のコンテストでの受賞作は対象外となります」
的な文言が書かれているんですよね。
 そこで思ったのが、AWC大賞で何らかの賞をいただいた物は、上の要項に抵触する
のかしらんということ。サイト側に問い合わせるとしたら、どういう聞き方がいいの
か、聞き方によって返答が変わってきそうな予感がする〜。“パソコン通信上にかつて
存在した(今はネット上に存在する)同人誌的グループの仲間内で投票を行い、選ばれ
た物”とか。規模について記せばどうなるかも気になる。けど今のところはそこまで焦
ってコンテストに出すつもりにはなってないので、問題を先送りに。(^^;


数式パズルの問題再掲と答>
問題
 123456789

 上の数字の並びに適宜、四則演算記号を入れて、答が2021になるようにしてほし
い。


解答例
 −1×2+345×6−7×8+9=2021

 ではでは。




#1683/1683 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/01/19  19:31  ( 33)
とっかいひっかい   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「トッカイ 〜 不良債権特別回収部 〜 」初回無料放送を録画視
聴。ネタバレ注意です。
 えー、いつもならWOWOWのドラマは最終回以外粗筋を書いている(それも長々
と)のですが、今回はちょっとギブアップかな。というのも、これまでのドラマW(W
OWOWのドラマ)で金融・経済・経営物のドラマを扱うときは、その頻出する専門用
語をばるべく分かり易く作中で説明したりテロップしたりしていたように思うのです
が、本作は何故か大部分が放ったらかし。分からないことが多くて、粗筋を書いたとし
ても自信が持てそうにありません。(^^; 実話に基づいているということで、いい加減
なことは書けないだろうし、いちいちメモを取って調べてからというほど入れ込んでも
いないので、とりあえず放送を観て飲み込めた範囲でざっと触れる程度にしてみます。
 一九九六年、バブル経済の崩壊を経て、住宅金融専門会社(住専)が経営破綻。国は
不良債権処理に多額の税金を投入し、国民の怒りを買う状況になっていた。そんな中、
不良債権を回収するべく、住専の元社員や銀行員をかき集めて作られたのが住宅金融債
権管理機構。その不良債権特別回収部(通称トッカイ)は、六兆七八〇〇億円にものぼ
る不良債権の回収を課せられた。人権派弁護士として知られる東坊が社長となり、彼の
指揮の下、これ以上の税金投入は絶対に阻止すると、不良債権を一円残らず回収するこ
とを目標に活動が始まった。
 あおば銀行から管理機構に出された柴崎は、学生時代の先輩で紀州銀行副頭取の古賀
が、紀州銀行の失敗の尻拭いを押し付けられているのを知り、電話を入れて気遣うが、
その古賀は会社からの送迎の車に乗り込んだところを暴漢の襲撃に遭い、凶弾に倒れ
る。
 ――出だしから情報量が多く、また、時代をさらに遡り、再び現代に近付いてくると
いう構成を取っていることもあって、すっと頭に入ってきません(汗)。
 住宅ローンによる土地狂想曲に直接には関わっていなかった古賀が後処理を押し付け
られて、柴崎から「先輩は悪くない。なのにどうして貧乏くじを」みたいに言われるの
ですが、それに対して「銀行マンとして本当にまったく責任がないと胸を張って言える
か?」と疑問を呈す古賀の言葉。序盤にこれだけのことを掲げ、さらにその発言をした
人物が(恐らく)死亡して退場するからには、残された銀行マン達の肩に掛かるプレッ
シャーはさぞかし強いだろうな。
 俳優陣がやたらと豪華。主人公・柴崎役の伊藤英明が一番下なんじゃない?と思えそ
うなくらいで恐ろしい。(^^;

 ではでは。




「◇フレッシュボイス2」一覧



オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE