AWC ◇フレッシュボイス2



#1651/1689 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/12/19  17:11  ( 25)
雰囲気は満点に近いが   永山
★内容                                         20/12/19 17:12 修正 第2版
 NHKBSプレミアムで放送のドラマ「明治開化 新十郎探偵帖」第二話『死神人力
車』を録画視聴。ネタバレ注意です。
 前回に比べると、本格ミステリとしてはだいぶ落ちる感じ。謎の提示が明確じゃな
く、つまるところたいして魅力的ではない。怪奇さ先行で、ロジックもいまいちではし
ょうがない。
 犯人は決して大柄ではない女性でしたが、あの細腕で人力車の人夫(※差別用語とさ
れているためか一発変換されない)を襲って、人力車を奪うなんてことができるのかし
らん。麻酔薬的な物を使ったようですが、映像作品で見られる即効性はないとも聞きま
すし。さらに言えば、人を乗せた人力車を引いて回るのも一苦労ではないかと。
 犯人はそうして奪った人力車を、二度にわたって犯行に使っています。二つの犯行の
間はそれなりの日数が空いており、となるとどこに人力車を隠しておいたのかという問
題が生じるはずですが、作中では一切触れられていなかったように思います。仮に、人
里離れた山奥(明治の東京にそんな場所があったかどうかは知りませんがありそうって
ことで)にでも隠しておいたとして、そこまで取りに行くのはどうやったのか。犯人は
売れっ子の芸人だそうですから、日の高い内はおいそれと抜け出して取りに行けるとは
考えにくい。夜は灯りなしだと無理でしょうし、灯りがあったらあったで目立ちそう。
早朝なら何とかなるのかな?
 見世物を途中退席した被害者が実は犯人(の一人)だったというのは、基本的なトリ
ックだと思いますが、本作の場合、演じた役者の体格がえらく違っていたような。あれ
では犯人の変装を被害者と見間違えるとはちょっと考えにくい。
 あと、前回の感想で白眉と述べた動機ですが、今回も同工異曲と言えそうな動機(の
一部)でした。ということはシリーズを通して同傾向の動機でまとめている可能性があ
りそうです。

 ではでは。




#1652/1689 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/12/20  22:03  ( 26)
ねをあげる   永山
★内容
 ネットオークションをチェックしていると、たまに、売れないでいた物が次の出品時
に値上げされていることがありますけど、あれって出品者にはどんな意図があるのでし
ょうか。
 そこそこウォッチしている人が多いけどいつまで経っても落札されないなんていう品
物なら、値上げを始めたことで「え、ひょっとしたらこのままずるずると高くなってい
くの? だったら早く買わなきゃ!」とウォッチャーを焦らせ、落札させようという狙
いなのかな。
 他に考えられるとしたら、同じ品物が自分の値付けよりもかなり高く落札されている
のを見掛けた場合かしらん。ただ、その場合だと、高値落札を見掛けた時点で自らの出
品を一旦引っ込めるような気がしないでもなし。

 NHKで放送のドラマ「閻魔堂沙羅の推理奇譚」最終回を録画視聴。ネタバレ注意で
す。
 前後編の後編で、悪く言えば辻褄合わせ、(比較的)よく言えばミステリよりも物語
を優先した展開になっていたと感じました。
 たったこれっぽっちの手掛かりで、推理を組み立て、それが的中しているなんてまず
ないでしょうに。ここまでくると、シャーロック・ホームズが来客の靴に付いた泥跳ね
を見ただけで、色んなことを言い当てるのに似てるなあ。蓋然性の低い方を選んでみた
ら当たっていた、みたいな。
 他方、毎回捻りを入れてきたのは凄くよかった。フォーマットを初回で示しておい
て、そのあとちょっとずつずらしていく、手を替え品を替えしていくのは楽しい作業で
あり、苦しい作業でもあったのではないかと推測。でもまあ、まだまだ色んなバリエー
ションを作ることができそうだし、続編がありそう。個人的には、本格推理テイストの
エピソードが増えてくれたら言うことないです。

 ではでは。




#1653/1689 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/12/21  20:41  ( 24)
みかかしらそらもら   永山
★内容
 AWC大賞の告知、ありがとうございます&お疲れ様です>祭さん。
 タグはなるほど、そう来たんですね。(^^)
 小説投稿サイト四つ回って、試みに「ちてそ」で作品検索してみたら結構ヒットする
ので少なからずびっくり。蓋を開けてみれば、あらすじに「落ちてそう」「落ちて、そ
して」みたいな文章があればヒットするようになっているのね。


 スカパー!お試し期間を利して録画しておいた「二重裁判」を視聴。ネタバレ注意で
す。
 原作は小杉健治の同名小説で未読です。一九八六年頃の作品で、その年のベストテン
ミステリ的なランキングでは八位に入り、ドラマ化も三度されているという結構評判が
いいです。当然、このドラマ(二〇〇九年TBS)にも期待していました。
 序盤〜前半はやたらテンポよく進む。主題がはっきりしているためでしょうけど、あ
まりに早くて軽い印象を受けた。中盤から後半は重厚になったというよりも、物語をま
とめるための情報量が段々増えていき、それに伴って役者の台詞量も増えて早口になっ
たような。出演者も比較的若い面々が揃っているせいか、どうしても軽さが感じられ、
結局のところ、終始、題名やあらすじから受けた印象とは異なっていたなあ。
 主人公や弁護士による調査がだいぶ省略されていたのか、犬も歩けば棒に当たるじゃ
ないけれども、手掛かりが向こうから勝手に飛び込んでくる感じ。この点も期待した重
厚さをなくす要因かもしれず。
 あと、二〇〇九年制作の割に、携帯端末を使用するシーンがなかった気がする。原作
に忠実だったのかしらん?

 ではでは。




#1654/1689 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/12/22  20:24  ( 31)
北枕ではなかった   永山
★内容
 盛りだくさんの夢を見たせいか朝寝坊してしまった。(^^;
 二本立てで、一つ目は――テレビ番組を観ていたら立てこもり事件発生を報じるテロ
ップが出て、しばらくしたら立てこもり発生中の一軒家が土砂崩れだか地盤沈下だかで
土に埋まったと。さらにまたしばらくして、救助作業で一人が遺体で見付かったが立て
こもり犯なのか家人なのか分からないとのこと。続報が待たれるところでしたが、この
あとの続きはなかったです。
 二つ目は、近所の施設で科学的な実験を体験できるイベントが催されていると。面白
そうだからと行ってみると、ヘッドホンを通した音で人の歩く向きを換えさせるってい
うのをやっていた。ソーシャルディスタンスを守って行列(いわゆるフォーク型の行
列)に並んで、さほど待つことなく回ってきた。ヘッドホンを装着して歩き出すも、す
んなりまっすぐ進めた。横を見ると若い係の人が先生みたいな人に怒られている。音を
流すタイミングを間違えたらしい。改めてどうぞと言われてもう一回やってみると、さ
っきと違って進行方向が曲がるんだけど、強引に突っ切ろうと思えば真っ直ぐ行けそ
う。でもそんなことしたらまた係の人が怒られるかもと思い、無理に抗わずに曲がりま
した。――あくまでも夢で見ただけです。この実験は実際に経験してみたいな。


 NHKで放送のドラマ「ノースライト」後編を録画視聴。一応、ネタバレ注意です。
 狭い意味でのミステリではなかったのねというのが率直な感想。親子関係の再生や夫
婦とは違う形のパートナー関係といったものがメインだったような。
 それでも広義のミステリではあるので、手掛かりの出し方について評するなら、この
原作者にしては芸のない箇所もあったかなと、不満が少しあり。名前に絡めたアイディ
アは面白かったけれども、こうも連発されるとちょっと食傷気味になったかも。
 常識からちょっと離れた行動を取る登場人物が多かったのも、共感しづらく、本作品
をあんまり推せない理由になるかと。一人二人ならまだいいけれども、五人ぐらいいた
と思う。本作はまだいい方でしたが、この手法がエスカレートすると、「物語を支える
不可思議な謎が、奇矯な行動を取る人を大勢登場させることで成り立つ」ってなってし
まうので、自戒も込めて避けたいところ。
 あと、ノースライトの家、造りはともかく、立地が不便すぎやしないか?

 ではでは。




#1655/1689 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (        )  20/12/23  11:19  ( 32)
2020年第33回AWC大賞エントリー  夢乃
★内容
ども、夢乃です。

せっかくなので、外からエントリーしてみます。
2020年に、小説家になろうさんにて書き終えた作品2点。
「ちてそ」はキーワードに入れています。

【タイトル】夢の、書店。
【アドレス】https://ncode.syosetu.com/n3352gn/
【ジャンル】現代ファンタジー
【あらすじ】
 毎月買っていた雑誌が、今月に限ってどこの本屋さんにも置いていない。暑い夏の真
昼間、僕は滝のような汗を流して街中を探し回る。
 しかし、知る限りの本屋さんを巡っても売り切れであることに気を落として歩く僕の
前に、今まで知らなかった本屋さんが現れる。こんな、通っている学校のすぐ傍にある
のに、どうして今まで気付かなかったのだろう?
 僕はその本屋さんに足を踏み入れる。

【タイトル】【R18】小説ハーレム 〜 Novel as Harem 〜
【アドレス】https://novel18.syosetu.com/n6404fy/
【ジャンル】集団逆レイプ
【あらすじ】
 最終電車で眠りこけてしまっただけなのに・・・
 男が迷い込んだ異様な状況。
 男に群がる艶めかしい淫乱な女たち。
 妻との貞操を守ろうとするも、淫靡な女たちは男を無理矢理貪り喰い尽くす。甘美な
誘惑に逆らいきれず、男は淫欲の底へ、どこまでも堕ちてゆく。
【※】後で番外編を追加するかもしれませんが、それはエントリーの範囲外ということ
で。

えーと、R18厳禁でしたら、後者は無視してください。

それでは。




#1656/1689 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/12/23  19:50  ( 39)
千里の道も一歩、二歩   永山
★内容
AWC大賞>
 私が言うのはおかしいかもしれないけれど、夢乃さんが参加表明してくれてほっとし
ております。素直に嬉しい。
 そして『夢の、書店』を早く読めと言われた気もする〜(汗)。

 私自身もどこかの作品をエントリーさせようと思ってるんですけど、どこにしよう。
登録していること自体は明かしているカクヨムか、現在活動停滞中で撤退するかもしれ
ないサイトのどちらかが有力候補。

ドラマの感想>
 WOWOWのドラマ「殺意の道程」最終回『殺意の道程』を録画視聴。ネタバレ注意
です。
 最初にお詫びを。これまで私、一馬の父の自殺方法が首吊りだと何故か思い込んでい
て、そのつもりであらすじを書いてきましたが、飛び降り自殺でした。前回までのあら
すじの書き直しはしませんが、あしからず。
 さて本題。最終回なのでいつものようにあらすじは抜きで。
 前回までは復讐殺人とは離れた部分に拘るおかしさを前面に押し出した作品、という
イメージでしたが、今回はさすがに〆とあってか復讐殺人寄りのストーリーでした。む
しろ、型を壊した展開になるのかなと予想していた分、肩すかしを食らった気がしない
でもなし。
 そして、ここに来て重要な手掛かりがぽろぽろと明らかになるのは、ご都合主義の臭
いが感じられて、よくない。一馬の父の死は自殺ではなく実は他殺だったとするには仕
方がない面もあるのでしょうが……。インターフォンの録画データやコピー機のデータ
をまったく調べていなかったのは、自殺だと信じ切っていたのならしょうがないかもし
れないとして、自分達がやろうとしている殺害手段が、父親の死に様とそっくり同じだ
ということに気付くのが遅すぎる。何でこんな無理を通す脚本にしたのか、よく分から
ない。
 もう一つ、室岡が新たな殺人を犯すように仕向けることで現行犯逮捕を目論むという
作戦で、室岡が前と同じ方法で殺しに来てくれたからいいようなものの、異なる方法で
襲われていたらどう対処するつもりだったのか。証拠は撮影できても死んでしまっては
意味がない。
 積極的に協力してくれたこのは達が、一馬らの計画が成功するとは思っていなかった
ことや、苺のスイーツ食べ放題のシーンで終わるところなんかは、らしさが出ていてよ
かった。それだけにこの強引さを感じる復讐計画の幕引きは、定番であることも手伝っ
て、やや残念な出来映えかなあ。
 観ている途中でもしかしてこう来るのか?と閃いた筋書きがあったのですが、そうは
ならなかった。自作に活かそう。(^^;

 ではでは。




#1657/1689 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/12/25  20:59  ( 21)
彼我の事柄   永山
★内容
 他人事かつ他サイト事ではありますが。
 前に、いわゆる小説投稿サイトの作家さん達の中で一人だけ、「自分の好みの傾向と
はちょっと違うけれども、才能あるんじゃないかしら」と感じた人がいる旨を書き込み
ましたが、その人が今年のカクヨム甲子園で部門別の大賞の一つに選ばれていた。凄
い。鑑識眼に自信のない私ですら才能を感じたぐらいだから、頭角を現して当然かもし
れない。(^^;
 コンテストの名称から推測できるように、その作家さんは高校生の人。八ヶ月ほど前
にコメントをもらった縁で御作を読んで、近況ノートにも目を通して、物語を作るとい
う行為についてとても真摯な感じを受けた。ただそれだけなんですけど、それこそが大
事なのかなあ。受験を控えている上に学校は新型コロナ渦の影響をもろに受けるという
状況の中、きっちり成果を上げてくるとは。

 一方、自分事では成果が上がらず。
 なるべく大人の文体で、小中学生を読者に想定した小説賞二つに出してみたけれど
も、どちらもまったくだめだった。妙な目標というかこだわりは捨てて、小中学生向け
の文章で綴りましょうってことか。それ以前に内容もよくなかったんだと受け止めて、
精進します。
 あれやこれやと刺激を受けて、書く気力はアップしていることもあり、ミステリを中
心にまた応募していくつもり。

 ではでは。




#1658/1689 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/12/26  20:29  ( 20)
阿部定と対談した作家原作   永山
★内容                                         21/01/09 20:24 修正 第2版
 NHKBSプレミアムで放送のドラマ「明治開化 新十郎探偵帖」第三話『万引き一
家』を録画視聴。ネタバレ注意です。
 時代が明治であることを利して、うまくだまくらかした感じ。でもいくら明治時代だ
からって、あの主と庭師じゃあ年齢差がありすぎじゃないかしらん。被害者と加害者の
入れ替えトリックは成り立たない気がする。お抱えの医者に嘘の診断を出させようが、
肌の具合で別人の疑いを持つ者が多数出て来そう。これが溺死体だったなら、あるいは
ごまかせるかな?
 結核を患った主を妻が蔵に匿って看病等の世話をしていた訳ですが、薬のためのお湯
や食事はどう都合をつけていたのか、いかにして密かに蔵へと運び込めたのか。大店の
女主人という立場になった妻が、蔵に三度の食事を運んで、看病や下の世話なんかもし
てだと大忙しで目が回るんじゃないか。店の切り盛りをしていると、好きなときに蔵に
行くって訳にいかないだろうし、不便が多い。
 ここは一人だけお手伝い役が事後共犯的にいた、とでもしておく方が収まりはよくな
ったはず。そうしなかった理由を想像するに、万引きの動機の意外性をどうしても物語
に取り入れたかったのかな。
 これまでの三回では初めていい話風に結んだ。その分、新十郎の家族が幕臣で、先の
戦争にて死亡していることが提示され、その後の西郷隆盛との対面時のぴりぴりした空
気につながるシーンがあって、バランスを取った感じかしらん。

 ではでは。




#1659/1689 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/12/28  20:34  ( 29)
AWC大賞の外部エントリーについて他   永山
★内容
AWC大賞外部参加>
 前にも一度書いたように、私も外部参加(も)してみようかと考えてるのですが、気
懸かりが出て来まして。
 エントリーしようとしている拙作、完結したのが今年ではなく二〇一九年なんですけ
ど、いいのかしらん?
 募集告知を読むと、外部作品の発表年に関する制限はあるのかどうか微妙にな線上だ
なと思いました。最初の「2020年に」がどこまで掛かっているのか、二通りの解釈
ができそうで。

 関係ないんですが、今回読み返して気が付いたんですが、「チバニアンに始まり小松
政夫に終わった2019年」となっていますね。(^^;


その他のこと>
 ミステリーズ!落選作は期間を区切ってUPする予定にしております。AWCにする
か他の小説投稿サイトにするかは未定。次回が近付いてきたことですし、気分を新たに
せねば。

 WOWOWのドラマ「日本版コールドケース3」は本家「コールドケース」と同様、
迷宮入りしていた事件の解決を描き、事件発生当時実際に流行った曲を挿入することで
雰囲気を作り出しています。
 で、この前のエピソードでは、米津玄師「Lemon」が使われていました。
 改めて記すまでもないかもしれませんが、「Lemon」はTBS系にて放映されて
人気を博したドラマ「アンナチュラル」のエンディングテーマで、この曲にはこのドラ
マ、このドラマにはこの曲という結び付きが強いと思います。それほどまでにイメージ
の固定した曲を他のドラマで使うというのは、違和感がどうしてもありますね。内容と
合ってない訳じゃないんでしょうけど、何となくもやもや。

 ではでは。




#1660/1689 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/12/29  21:19  ( 26)
消毒液とマスクをミステリに   永山
★内容
 普段は物語の舞台がいつなのかをぼかした、年代不詳の小説を書くことが多いです
が、たまには、今ならではの物をこしらえてみたいなと思いまして。新型コロナの蔓延
っている世界での推理小説の構想を始めたですが、色々と分からないことが多い。
 たとえば、消毒液って乾ききったあとでも検出されるのかどうか。遺体の手のひらを
調べたら消毒液が全くなかった、または残っていた、とすることで次の展開が考えられ
るでしょ。
 アルコール分はすべて蒸発して分からなくなるとしても、消毒液には他にも何やかや
と入っているから、その成分が残りそうな気がするんですが、ちょっと調べた程度じゃ
分からないでいます。(^^;
 残るのなら、消毒液によって個性があるだろうから、「被害者はこの店に寄ったはず
なのに、消毒液の成分が店の物と合わない。被害者は別人じゃないか?」という理屈が
使えるんじゃないかと目論んでいます。
 他にも、スマホに消毒液の成分が付着していなければおかしいのに検出されない、と
か。消毒液のプッシュ部に指紋が残っていなければいけないのに見付からない、とか。

 あるいは、マスク。家の中で殺害し、遺体を屋外で遺棄し、外で殺されたように見せ
掛けるも、遺体がマスクをしていないことがきっかけで偽装を疑われる。
 逆に、殺したあとにマスクを付けさせたが、解剖すると花粉を吸い込みすぎていて状
況が合わない、なんてのも。

 すぐに作品の形になる見込みは薄いですが、ストックしておけばいつか役立ちそうな
予感。
 ……こういう風に前振りして、いかにも二〇二〇年辺りの物語だと思わせておいて、
実は全然違う時代の話、なんていう叙述トリックもあり得るな(笑)。

 ではでは。




#1661/1689 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/12/30  21:36  ( 28)
黒猫なら縁起が悪いとされるけど   永山
★内容
AWC大賞外部参加>
 考えてみれば、AWCにUPしたことのない作品でさえあれば、他の小説投稿サイト
における発表が何年前であろうと、今年になってAWCにUPしていたら“今年の作品
”になるのだから、気にする必要なかったのかな。(^^;

ドラマの感想>
 NHKのBSプレミアムで放送のドラマ「事件 〜 蛇に横切られる」を録画視聴。
ネタバレ注意です。
 一九九五年に制作・オンエアされた物をアンコール放送。高倉健を主役に据え、周り
を当時の人気俳優で固めた感じのキャスティング。二十五年前の話とあって、携帯端末
が出て来ないんですけど、特に時代を感じさせる造りにはなっていない。
 この放送を観ていて何が一番びっくりしたかって、高倉健が主題歌を歌っている点。
ラストにその演歌調の曲が流れまして、うまい下手を通り越して、情念のこもった歌い
方だなとは思ったです。
 作中、高倉健演じる刑事が、寺田農演じる同僚刑事と並んで自転車を漕ぐシーンがあ
りましたが、寺田の方は何てことなしにこなしているのに、高倉健は自転車を漕ぐのに
悪戦苦闘しているのが伝わってきた。自転車に長らく乗っていないのが原因かと想像し
ますが、高倉健ほどの俳優でも、やっぱりだめな物はだめなんだなと。
 内容の方は、ミステリとしてはまずまずかな。警官殺しか銀行副頭取殺害事件につな
がっていく流れは見事。ただ、犯人が取り調べや裁判で粘ったら、警官殺しの方は認め
させるのが難しくなるのではと思った。血痕が決め手になるのかなあ。そういえばDN
A鑑定がまったく出てこない点は、さすがに時代を感じました。あ、あと、空撮のシー
ンは、「これ、ドローンを使ったんじゃないんだよな」と思いながら観てました。
 タイトルに付されている「蛇に横切られる」の意味が、最後まで観ても分からずじま
い。何だろう、外国の独特の言い回しかと思ってちょっと検索してみたのですが、ヒッ
トしないし。

 ではでは。




#1662/1689 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (lig     )  20/12/31  18:00  ( 40)
大掃除終了 らいと・ひる
★内容
 外部参加の件でレスしなければと思いつつ、今年最後の日になってしまいました。

 この件に関しては、いろいろと思うところがあるので、参加表明はしないことにしま
す。

 本来なら永山さんに感想をいただいた「アリスの二重奏」をあげるのがベストと思い
つつも、今年から執筆し始めているのはもう一つの作品ですし、ただ、そっちをあげて
も読んでくれる人はゼロということはわかっているので……。

 とまあ、私の個人的感情はどうでもいいのですね。


 前も言ったとおり、AWC大賞に関しては、参加作品の敷居を低くするよりは『投票
者をどうやって多くするか』ということの方が重要なのでは、と考えております。

 せめてここ数年の作品への投票者が永山さんだけでなければもうちょっと建設的な案
は出せたのですがねぇ……。

 歯切れの悪いネガティブな意見ばかりで申し訳ないです。


 永山さんにはAWC大賞にこだわらず、個人的に読んで面白かったweb作品(AWC含
む)を上げてもらった方が参考になるし、AWCウォッチャーの一人としては興味はあ
ります。

 個人ならば、自分で大賞以外に○○賞みたいなものも勝手につけられますし、賞品を
送る必要もないですし、ただの感想に近いので相手の許可を取る必要もありません。

 まあ、ただの思いつきなので、気が向いたらどうぞ。

 web小説は埋もれやすいので、隠れた名作を他の人に宣伝するということの方が今
の時代には重宝されるのではないですかね。



 では、来年も良いお年を。



らいと・ひる(オカノヒカル)




#1663/1689 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/12/31  19:56  ( 20)
2020年第33回AWC大賞外部作品エントリー   永山
★内容
 てことでフォーマットは夢乃さんのものを借用しました。ご了承ください。

【タイトル】性当防衛
【アドレス】https://estar.jp/novels/25481862
【ジャンル】サスペンス(?)
【あらすじ】※サイト掲載のあらすじをそのまま載せます
 飛幡時雄はある夜、忘れ物を届けるために兄のあとを追った。暗い田舎道を急ぎ、よ
うやく追い付けそうになったとき、兄が殺されるところを目撃。
 犯人に気取られた時雄は、抵抗の結果、相手を死なせてしまう。
 時雄は動揺しながらも、通報するより先に、兄を殺した人物の正体を知ろうとする。
そうしえ死んだ犯人の所持品を探る内に、連続殺人者のアゲハだと分かった。
 アゲハは性犯罪者のみを犠牲者に選んでおり、一部からは支持する声まである。
 そのアゲハに殺されたということは、時雄の兄は過去に性犯罪を? 信じられない一
方で、この殺人が明るみに出ると、時雄ら遺された一家は針のむしろに座らされるのも
同然だ。時雄は入学が決まったばかりの大学へも通えなくなるかもしれない。
 隠そう。決意した時雄は、行動を開始する。

【※】URLで分かるようにサイトはエブリスタ。作者名は斗末久となっています。
 考えながらの連載形式だったため引き延ばし感がある、そして誤字脱字が多いと思い
ますが、よろしくお願いします。




#1664/1689 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/12/31  21:23  ( 40)
年末のご挨拶   永山
★内容
 皆様、よいお年をお迎えください。

 今年の反省。
 まず、『そばいる』を更新できなかったことをお詫びします。申し訳ありません。
 他にも、積ん読が増えていることも謝らなければ。お待たせしてすみません。記憶力
が低下してるのだから一気に読むべきなのですが、ここ最近は目に疲れが来るのも早く
なったようで……。

 その他、活動。
 エブリスタ参加をカミングアウト(笑)した訳ですが、活動は停滞。運営側の不手際と
思える事態が頻発していて。撤退するかも。ここに上げていた分は適宜、AWCや他の
登録サイトに改題して移しています。
 カクヨムの方は、読まれないことにへこみつつ、ほんのちょっとだけいいこともあり
つつ、まずまず居心地は悪くないです。
 最近ではカクヨムコン6のどんでん返し部門に出してみたところ、週間ランキング百
位前後をかすったのがピークで、じきに読まれなくなって一気に落ちた。$フィンさん
の話が思い出されます……。
 で、らいとさんも御作を出していたんですね。すでに大きな差を付けられておりま
す。

 残り二つのサイトの内、一つはカクヨムに次ぐまずまず、もう一つは全くの低空飛
行。二年目に入って、各サイトに上げていた作品の入れ替えをやってみている段階。

 AWCの読み手が少ない問題。
 そもそも小説投稿サイトは読み手の少なさを嘆いているところが多いように思います
が、今のAWCはそういったサイトでも遙か上で、うらやましく見えるくらいですよ
ね。書籍化のチャンスが明確に用意されているだけで全然違ってくるのは当然。
 なので、たとえば小説投稿サイトのクリエイターがやっているようにツイッター等で
宣伝すれば、読み手が増えて定着してもらえるかというと疑問符が付く。多分無理。仮
に人気作家がAWCにいたとしても、その人気作家の作品を読んだらおしまいとなりそ
う。
 何かに特化するのはどうでしょう。AWCと同じくかつてPC−VANのSIGだっ
た投稿作家ハウスのコンセプトなんて、現代の大手小説投稿サイトとは正反対の公募に
特化していて(当時はほぼ公募しかなかったとすべきかもしれませんが)、いいんじゃ
ないかなと思うんですけど。これに限らず何かに特化するのは一つの手ですが、自由度
を狭める方に向かうのはAWCらしくないと言えるでしょうし、完全アマチュア志向の
人を排除するようなコンセプトではAWCのAの字がすたる……難しい。AWC内の
ボード単位で棲み分けするとか?

 長くなるのでこの辺りで。ではでは。




#1665/1689 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/01/01  16:46  ( 20)
あけましておめでとうございます2021   永山
★内容
 本年もよろしくお願いします。

 さてこの書き込みのタイトルは日本語的に正しいか正しくないか。
 あけたのは2020年なので、あけましておめでとうございます2021は誤り?
 それとも「あけましておめでとう、2021年が来たよ」的なニュアンスだからO
K?

 頭を悩ませついでに恒例(?)、年明け最初の書き込みに数式パズルをどうぞ。

問題
 123456789

 上の数字の並びに適宜、四則演算記号を入れて、答が2021になるようにしてほし
い。


 正解(の一例)発表は、今回のAWC大賞が終わった頃を目安に書き込むつもりでい
ます。

 ではでは。




#1666/1689 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/01/02  22:27  ( 23)
昨日できなかったことが今日できる世界に   永山
★内容
 BSプレミアムで朝、新作歌舞伎「風の谷ナウシカ」前編をやっているのを途中から
気付いて、録画しつつちらちら観ました。とりあえず、クシャナ役はやっぱりはまって
いるなと、クロトワは原作やアニメに比べるとより一層小物に見えたなと。
 同じNHKの番組で、関係者の本気具合を描いていたのを思い出して、ビジュアル面
は補正して見てしまいがちだけど、融合させようと苦闘した跡は感じられたです。
 後編はちゃんと最初から録画するぞ。(^^;

 メイウェザーとマクレガーの試合も録り損なうし、B−CASカード(の差し込み
口)の接触が悪くなるし、年末から年初にかけて、録画ミスが続いているな〜。

 たまたま見たクイズ番組で、今と昔とで答が違うクイズというのをやっていた。
 天気予報で気圧を表す単位が、昔はミリバールだったのが、今はヘクトパスカルにな
ったというような。
 その中で、スマートフォンが(当時)できないことは何かという三択問題があって、
「Wi−Fi接続」「画面の文字を大きくする」「動画撮影」だったかな、これらの中
から一つ選ぶ。正解は「動画撮影」。当時は普通の携帯電話でさえ動画撮影ができたの
に、スマートフォンでできるようになるのは数年あとだとか何とか。当時が何年なのか
は忘れたけれど、スマートフォンが初めて世に出た頃だったかと。
 こういう電化製品に関する変遷の資料、欲しい。小説で昔のシーンを描くときに、
「あれ? この時代、あれはできたんだっけ?」というのが頻繁に起きる。ここ数年は
商品数が超の字が付くほど膨大だし、進歩も急速であることが拍車を掛けている感じ。

 ではでは。




#1667/1689 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/01/03  20:50  ( 23)
猪木vsアリを見ながら書いた   永山
★内容
 スカパー!開放を利してAXNミステリーチャンネルで放送の松本清張ドラマ「強き
蟻」二〇〇六年版を録画視聴。
 原作は未読です。という以前に、こういうタイトルの作品があること自体知らなかっ
た。
 松本清張らしいと言える要素がいくつかあると思うんですよね。社会派、女性の情
念、老いた男の悲哀、遺産相続、正義の味方ではない弁護士といったような。たいてい
はこれらの中から二つぐらいに絞って描いているように感じていましたが、本ドラマは
違った。挙げた要素すべてが入っていると言ってもいいでしょう。その分面白さも増加
したかというとそうではなく、やや詰め込みすぎの感はありましたが。
 それでも最終盤に入って、多すぎるんじゃないかと思えた登場人物やエピソードが、
カチッ、カチッとはまって一つの絵を作っていくような流れはなかなか見事な手前。こ
の登場人物、何か活躍するんだろうけどどこでどう使うつもりなんだろう?という疑問
が、解消されていく心地よさを味わえた。
 一方で、登場人物を多くしたことで、冗長さという弊害も出ていたように思いまし
た。特に浜口の行動が、何を目的とした物なのかがはっきりしないまま話が進んで、結
構苛々したです。さらに遺産相続について二段構えのひっくり返しを行ったのは何でだ
ろ? 一段で充分なのに、二段にしたことでだらだらした感じが出てしまったような。

 他の年代に作られた同小説のドラマ版も同じチャンネルでオンエアされていました
が、無料の対象ではなかったため、断念。見比べてみたかった。

 ではでは。





#1668/1689 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/01/04  17:45  ( 22)
盆と正月は誰にでも   永山
★内容
 しばらく止んでいた迷惑メールが、きっちり正月休み明けに再開されると何か腹が立
つよね。(--;

 フジテレビ系列で放送のドラマSP「教場2」前編を録画視聴。一応、ネタバレ注意
です。
 前作「教場」の面白さを当然期待してしまう訳で、間違いなくハードルが上がってい
る。そこをクリアしているかどうかは個人の好みもあるだろうし、そもそも後編をまだ
観ていないので判断はできませんが(^^;、期待にはある程度応えてくれているけれど
も、分かりにくい場面がやけに多くないかと思った。
 父と一緒に視聴したのですが、備品が次々と盗まれる事件での動機なんて、納得して
いなかった。原作では男と女だったのを、映像化に当たってわざわざ女性同士に変えた
みたいだし。
 走り回っていた漆原の件も、ことの顛末を是非とも知りたいと思うのは分かるけれど
も、それがどうしてあの落ち着きのなさにつながるのかが説明不足ではないかと。
 それから、風間が事件の度に生徒に罠を仕掛けるのが定番のようになっていますが、
何故その生徒に罠を掛けようと思い立ったのか、その理由が前段階にてたまたま割り振
った作業における不自然さに気が付いたから、という風になっているのがすっきりしな
い。ロジックを成立させるために、まず容疑者の特定が必要だけれども、特定には偶然
が作用している。何もなさそうなところから真相への糸口が浮かび上がってくるのは非
常にスリリングで面白いけれども、作り手の都合が透けて見えるように思えたです。

 ではでは。




#1669/1689 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/01/05  20:24  ( 37)
志望者が減りそうな   永山
★内容
 フジテレビ系列で放送のドラマSP「教場2」後編を録画視聴。一応、ネタバレ注意
です。
 充分に及第点に届いている出来映えであるにも関わらず、前作「教場」がとてもよか
ったおかげで、何やかやと欠点が目に付いてしまう。ある意味不幸な作品。
 その「教場」にしても、初ものの珍しさ、インパクト、そして木村拓哉の新境地とま
で評されたはまり役があってこその高評価だと思うので、そういった下駄を履かせる効
果がほとんど消える第二作が厳しくなるのは当然といえば当然。
 純粋に物語としてみれば、警察学校にこんなに体力のない人や資質を欠いていそうな
人ばかり集まるなんてことがあるか?という批判が出ているようですが、そこはもうそ
ういう人達が集まってしまったからこそ、この物語になったという風に解釈すればまあ
収まるのでいいとして。私が個人的に気になったのは、謎の作り方。昨日の書き込みで
も触れたように、容疑者特定の家庭が恣意的で、作り物感が強い。多数いる生徒の中か
らこれこれこういう理由で絞り込んだ、になっていなくて、たまたまおかしな言動をす
る生徒を見付けたので調べてみたら今起きているトラブルと関わっていた、という流れ
になっている。そこがどうもすっきりしない。
 すっきりしないと言えば、問題を抱えていた生徒の症状が、一つのエピソードを乗り
越えることで克服できたように描いてあった点も引っ掛かりを覚えた。本当に克服でき
たと確信できるエピソードならいいんですが、とてもそうには思えない。問題点を浮き
彫りにしただけと感じられるエピソードばかりだったような。
 構成が、全体的に格好を付けたつなぎ方を多用して、分かりづらさを増していたのも
気になった。後に手掛かりになるエピソードをぽいと放り出して、そのあといくつか別
のシーンを挟んでから、手掛かりとしての意味がふっと起ち上がるのは意外感を伴って
いて、決まると観ている側も腑に落ちて凄く心地がいい。でもそればかりやられると、
記憶しておかねばならないポイントがいくつもあって、正直しんどい。さらにいえば、
今回の女性陣の配役は似た髪型・顔立ちの人が多く、区別するのにも通常よりも強く意
を払わなければならなかった。格好よさを優先するあまり、視聴者を置いてけぼりにし
たかのように感じられた次第です。
 今回最も感心したのは木村拓哉の演技。前の「教場」では意外な一面を見せてくれた
的な評価が大部分を占めたように思うんですが、本作の演技は磨きが掛かって、風間と
いうキャラクターを目一杯表現していた。“近寄りがたい”と本心から感じさせる人物
になっていたんじゃないかしらん。それこそ、警察官になろうという人が減ってしまい
そうなほど。

 第三弾の制作を期待させる終わり方をしましたので、また一年後に新作が観られるの
かな。今回以上にハードルは高くなっているかもしれないけど、それでも期待大です。

 ではでは。




#1670/1689 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/01/08  17:40  ( 20)
解体工ならぬ   永山
★内容                                         21/01/09 20:25 修正 第3版
 テレビ朝日系で放送の松本清張ドラマスペシャル「黒革の手帖 〜 拐帯行 〜」を録画
視聴。ネタバレ注意です。
 二〇一七年に放送された連続ドラマの続編。確かに続編らしい流れで進んできて、後
半から終盤にかけて、原作短編「拐帯行」を強引にくっつけたような仕上がりになって
いました。面白くなくはないけど、詐欺の部分がシンプルすぎるかなあ。工夫はされて
いるようですが、やっぱり、何で手口を知っていながら騙されるの?と感じられてなら
ない。
 くっつけ方も、犯罪を横領から殺人に変更して、心理状態になるべく無理が生じない
ようにしたんでしょうけど、そこまでしても木に竹を接いだ感が残ったな。自首しに戻
るくだりが無理筋だったような。とことんまで逃げるものと思って観てましたから。
 元子が本来のママさんに大金を渡したシーン、あとで利いてくるんだろうなと記憶に
止めていましたしたが、何もなしで終わった。神代の弱味を教えてくれるのかと。
 終わり方があっさりしていたものだから、これはラストに何かあるんじゃないかと期
待してしまいました。銀座に再び店を出すことになった元子が一人で夜道を歩いている
場面になったので、「あ、これは銀座に店を持っている格下のあの女が再登場して、背
後から刺すのか?」と想像したんですけど、これまた外れ。第三弾を作りたいと色気を
出しているのが感じられました。刺されて重傷を負ったという流れでも、続編は問題な
く作れると思うんですけどね。

 ではでは。




#1671/1689 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/01/09  21:30  ( 21)
ニュースからの連想   永山
★内容
 水害で、溝に流された人が亡くなるというニュースが時折ありますが、あれを見ると
どうやって事故死かそうでないかを判定してるんだろうと気になります。ニュースでは
続報がないので、自力で調べなきゃいけないんでしょうけど、まだ手付かず。
 同じく、大雪を報じるニュースで除雪作業中の人が亡くなるニュースが時折あります
が、こちらの方は、周りの雪に亡くなった人以外の足跡があるかどうかだけで、事故死
か否かの判定がかなり絞れそうだと思っていました。ただ、ドローン(昔ならラジコンヘ
リかラジコン飛行機)を使えば、足跡を残さず、事故死に見せ掛けた他殺トリックにな
るかもしれない。確実性がないので今のところ書いていませんが。

 NHKBSプレミアムで放送のドラマ「明治開化 新十郎探偵帖」第四話『リンカー
ンの影』を録画視聴。ネタバレ注意かも、です。
 今回はほぼ、本格推理していなかったなー、が第一印象。というかそれだけで終わっ
てしまいそう。原作と思われる『安吾捕物帖』の一作「魔教の怪」を読んだ覚えはある
のですが、内容はだいぶ違っていたような。
 アクションと新十郎の心情にウェイトを置くのはいいんですが、それらに寄りかかり
すぎ。「探偵帖」と題するからにはミステリとしてもっとがんばって欲しい。探偵が活
躍すればいいというものではないってことで。(^^; 元の脚本では尺の調整が難しかっ
たんじゃないのと思いたくなるくらい、アクションシーンが長く感じられました。バラ
ンスがいささか悪かった。

 ではでは。




#1672/1689 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/01/10  21:58  ( 31)
天気と天体   永山
★内容
 以前、倒れていたみかんの木とは別の柑橘類の木が、一昨年の台風か何かで倒れまし
て。ロープで引っ張ったり、丸太(って程立派な物ではないが)をあてがって支えたり
してどうにか起こしていたのですが、去年の十二月半ばに再び倒れている(前回とは逆
方向に倒れていた)ところを父が発見。年月を経てロープも木も脆くなっていました。
早く戻したいなーと思いつつ、道具が揃わないこともあり、ついつい先延ばしにしてい
ました。
 が、この度の大雪予報を受けて、何を思ったかとりあえず起こそうとなりまして。物
置小屋の奥にあったロープを引っ張り出してきて、長さがやや足りないながらも何とか
起こすことに成功。
 これで雪が降り積もれば、その重みでみたび、倒れるのではないか、もしそうなった
ら全くの無駄骨になるなと心配でしたが、雪が止んで見に行くと無事に立っており、ほ
っとしたです。
 木を起こすのに、普段あまり意識して使わない筋肉を使ったのか、変なところが筋肉
痛に見舞われましたが、その甲斐はあったかなと。

 世界を一変させるような出来事が起きた場合、小説などの創作物語はどこまで影響を
受け入れるのが適当か。
 新型コロナの流行は、明らかに日常生活の形に影響を及ぼしたと思います。だから少
なくとも今後、二〇二〇年や二〇二一年を舞台に描くのであれば基本的には新型コロナ
の描写は外せなくなる。とはいえ、場所を限定してしまえばほとんど関係ないよってい
う風に書けなくもない。孤島の殺人事件とか。
 病気の流行以外に何が想定されるかというと、戦争や大規模なテロは真っ先に挙がる
でしょうね。
 個人的に注目しているというか、いつかネタにできるんじゃないかと期待?している
のが、超新星爆発。それなりの期間、夜空に大きな変化が現れるはずだから、超新星爆
発の起きた年を小説の舞台にした場合、無視できない出来事と言えましょう、多分。
 オリオン座のベテルギウスが近い内に終焉(超新星爆発)を迎えるのではという予測
が少し前に出て話題になりましたが、近い内と言ってもう中規模の話ですからまだまだ
先かもしれず、実際に目撃して書くというのは難しいかしらん。

 ではでは。




#1673/1689 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/01/11  17:14  ( 54)
茸鋸鋸天気の子   永山
★内容
↑タイトルは最初、“きのこのこのこてんきのこ”にしようと思ったものの、検索して
みたら結構ヒットするので無理矢理漢字にしてみた。

 WOWOWで放送のアニメ映画「天気の子」を録画視聴。ネタバレ注意です。二〇一
九年、日本。
 去年の十月十日にオンエアされたのを録画して、観るつもりでいたのが、直後に関西
地方へ一時期戻っていたため、すっかり忘れていました。今年になって、先頃地上波で
放映するとの番宣をやっているのを見て、ああそういえばと思い出した次第。(^^;

 昔、“雨が降り止まない世界、だけど水不足で困窮している世界”という設定を思い
付き、自分ではすぐには書けそうになかったこともあり、フリーネタ(ほんとにオリジ
ナルかどうかは分からないけど自由に使ってください的なニュアンス)として、PC−
VANのSIGだったAWCや投稿作家ハウスに書き込んだ覚えがあります。実際に作
品の形にした人もいて、面白く読ませてもらいました。
 そのとき私はどう描いていいのか分からなくて迷っていたことの一つに、実際に雨が
ずっと降り続けたらどうなるのか、というのがあります。想定していたのは一つの惑星
全体で雨が降り続ける状況でしたから、雨が止まないまま水が循環していくなんてあり
得るのか、あり得るとして人間が生息可能なのかといった細部が気になり、踏み出せな
かった。
 細かいことは気にせずに描き切っちゃえば、何とでもなるのは、フリーネタに呼応し
て書かれた作品でも、この映画でも明らかだな〜。いやまあ、有名監督による大作アニ
メ映画なら何らかの科学的裏付けをしてるんじゃないかという思いもあって観てたんで
すが、ほとんど何にもなかった。

 物語のジャンルを細分化していくと、“特殊能力者が複数登場してのバトル物”が存
在しており、様々な特殊能力が出て来るのが定番ですが。
 数ある能力の中で、中長期的な戦略で言えば、天候を自在に操れる能力が最強候補の
一つなんじゃないかと常々思っています。相手側に雷を落としたり、水攻めにしたり、
食糧難に陥らせることだってできる。
 それほど強力な能力だから、仮に使用条件を厳しく設定したとしても結構扱いづら
い。バトル要素のない物語に、天候を操れる能力者をぽんと放り込むだけで、その人物
を巡って諜報・謀略が起こり、争いが生じる展開に容易に持って行ける。
 映画に出て来た陽菜の力は一時的に晴れにしてみせるという限定的なものでしたが、
それでもあれば重宝するのは間違いない。そんな“晴れ女”が職業として活動し、評判
が高まれば民間・公的と問わずに調査が入ると思うんだけど、そういう描写は一切な
し。
 ちょっとうまいなと思ったのは、物語の最初から、関東一円を雨が降り続いている異
常気象に置いたこと。異常な雨続きを時折晴れにしても、まあ偶然そんなこともあるよ
ねで済むかもしれない。また、「何で晴れにした? 今雨が降ってくれないと作物が育
たないんだよ!」的な抗議が殺到する状況にならないのも、異常な雨続きという設定の
おかげ。

 物語としては、新海誠作品でなければ一顧だにされない恐れすらありそうな、独善的
なストーリーに感じましたが、所々ご都合主義的展開があるのも含めて、観ている間は
楽しめる、観終わったあとは考えさせられる作品になっていたと言えそう。

 “関東一帯をある程度水没させ、天候をずっと雨にした”、ただそれだけのことを“
世界を変えた”と言える、登場人物の若さが眩しい。実際、三年が経っているというの
に生活様式がたいして変わるでなし、街並みも水に沈んだところはそのままで、傘が手
放せないこと以外は、世界は前と同じに見えた。食料品を筆頭に日本国内の物価は恐ら
く上がったでしょうけど。
 ……降ってくる雨が上質な水なら、各国に輸出するのもありかもしんない。

 ではでは。昨日から「天気」つながりだと気付いた。




#1674/1689 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/01/12  20:51  ( 29)
おおやけなのにおおやけでない   永山
★内容
 Web上から応募できる小説の賞って、郵送で受け付ける賞と違って、応募要項に経
歴・略歴に関する情報があんまり詳しく記されていないような気がする。
 それはある意味当然で、Webサイトにある応募フォームを開けば、指名やペンネー
ム、年齢などと一緒に、経歴を書く書式が表示される……ということを知ったのが、こ
こ一年ぐらいでのこと。遅い?(^^;
 で、少し前から角川スニーカー大賞(次で第二十七回を迎える)が気になったので、
経歴にどんなことを書く必要があるのかを見るために、サイトの応募フォームを開いて
みたら、“「第27回はスニーカー大賞」は締め切らせていただきました。多数ご応募
いただき、ありがとうございました。”と出る。
 あら? 締め切りは今年の六月三十日までのはずだが。
 前期の締め切りが二〇二〇年十二月三十一日となっているけど、まさか昨年末で一端
区切って、そのまま閉めっぱなし? でもそれなら「第27回はスニーカー大賞」前期
は締め切らせていただきました”ってな感じの文言が表示されなければおかしい気がす
る。
 こんな現象が起きているのなら、某巨大掲示板やツイッターなどで軽く話題になって
いてもいいんじゃないかと調べてみたものの、誰も話題にしていないみたい。
 もしかして、自分の家のパソコンだけで起きている現象なのか? まさかそんなはず
はないと思うのですが、他の方々が試して確認してもらえると助かります。
 URLを張るのがいいのかどうか分からないので、“スニーカー大賞”で検索すれ
ば、上位に公式サイトが表示されると思います。

 関係ないけどもう一つ、気になる些末なこと。
 ネット界隈では、Web上から応募できる賞を一括りに「Web小説」とか「ネット
小説」の賞、あるいは「小説投稿サイトの名称+コンテスト」と呼んで、郵送で受け付
ける賞を公募と呼ぶのが習わしみたいになっている?
 だとしたら、前者はともかく、後者のみを公募と言い表すのはちょっと無理があるよ
うな。Webで募集したら公募にはならないのかと。

 ではでは。




#1675/1689 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #1674 ***
★タイトル (        )  21/01/13  17:45  ( 10)
終わっているの?第27回スニーカー大賞の募集  夢乃
★内容
ども、夢乃です。

 第27回スニーカー大賞の募集サイト、「締め切りました」になってますね。アナウン
スも何もないのに(見落とし?)誰も騒いでいないのは、みんなカクヨムからの投稿な
んでしょうか?
 とりあえず、Twitterで質問してみました。
https://twitter.com/NakaeYumeno/status/1349132522685231104
回答あるかなぁ?

それでは。




#1676/1689 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #1675 ***
★タイトル (AZA     )  21/01/13  20:33  ( 34)
轡虫   永山
★内容                                         21/01/14 21:17 修正 第2版
スニーカー大賞のWeb応募>
 夢乃さん、確認をありがとうございます。そして、どうもお手数をお掛けします。
 私自身が応募すると決めているとか、もう作品ができているとかだったら、自力で
メールによる問い合わせをしていたに違いないんですが。
 あ、カクヨムからも応募できるので問い合わせしない可能性もある。(^^;

 公式ツイッターは、今夜スタートの新作アニメのことで手一杯?
 スニーカー文庫やスニーカー大賞のことを俗に「靴」と呼ぶようで。
 質問が無視されたらクツワムシになる(汗)。


AWC大賞>外部作品読書中
 上の件で悪いなあという気持ちが起きたから、ではなく、そろそろ読まないとAWC
大賞の投票締め切りに間に合わないってことで、夢乃さんの外部作に目を通し始めたと
ころです。
 とりあえずR18の方は一話目だけ読んで、うーむ、となってしまいました。このジ
ャンルはどこに着目すればいいのか困る〜。ついつい斜め読みになりがちで、ここに叙
述トリックを仕掛けられたら、ほぼ確実に引っ掛かってしまう(苦笑)。
 『夢の、書店。』の方は十三から再開しました。間隔をあけて読んだせいなのかどう
か、文章がくどくなっている?と違和感を覚えました。具体的には以下の箇所。
・母親が月に一度来ることが続けざまに三回記述されている。
・“それでも、時々は家に置いて来た本を読みたくなる時もある。そんな時は、次に帰
省する時まで我慢する・・・のだが、時々、実家から(略)”このくだり、「時」が多
いような。音読すればリズミカルだとも言えそうですが。

 あと、当たり前なんですが、自分とは用いる言葉の違いがちらほら出ていて、興味深
いです。
 たとえば「乗り越す」はもちろん間違えではないけど、電車での居眠りが原因なら
「乗り過ごす」の方が個人的にはすっと頭に入ってくるかな〜とか。
 「既に時遅し」の箇所は、自分だったらほとんど意識せずに「時すでに遅し」を使っ
ちゃうだろうな〜とか。
 しばらくは影響を受けて、使い慣れていない言葉を敢えて使うかも。(^^)

 ではでは。




#1677/1689 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #1676 ***
★タイトル (        )  21/01/14  17:36  ( 24)
感想(かな?)への返信  夢乃
★内容
ども、夢乃です。

「小説ハーレム」と「夢の、書店。」、少しでも読んでいただき、ありがとうございま
す。

 さてさて。「小説ハーレム」は「あとがき」を読んでいただくとわかるのですが、
「とにかくエロを描くっ。全面エロシーンっ」を目標に書いたので、ストーリーとか、
あんまりありません(^^; ただただ、エロシーンを楽しんでいただく為だけの小説で
す。なので、エロの苦手な方には読む価値なし、と烙印を押されることも覚悟です。概
要を読むだけなら、「最終ハーレム」+「女子校ハーレム」の最後、または「最終ハー
レム」+「懐妊ハーレム」だけ読んでも、話としては閉じています。
 しかし、私がまったくストーリーを書かずにいられるかと言うとそんなわけもなく、
一話と二話で蒔いた伏線を後で回収していたり、などはあります。後から読み返しても
伏線と気付いてもらえるかどうか、微妙ですが・・・

 「夢の、書店。」で、母親が月イチで来ることを繰り返しているのは、それを主人公
がかなり鬱陶しく思っていて、しかしそれを明言することが性格上出来ず、何度も繰り
返すことで鬱陶しく思っている内面を表現しています。しかし・・・それで読む気を無
くされたら無意味ですね・・・表現方法よ今後の課題だ・・・
 「時」がいっぱい。あ、確かに。うーん、難しいです。なるべく重ねないように注意
しているのですが、難しいなぁ。表現方法はいろいろあるから、変えれば変えられると
思いますが・・・精進に努めます。

それでは。




#1678/1689 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/01/14  21:16  ( 40)
なぞは一部解けた!?   永山
★内容                                         21/01/14 21:19 修正 第2版
感想?レスレス>夢乃さん
 ご説明をありがとうございます。
 そう言われると『小説ハーレム』の方ももうちょっとがんばって読まなければいけな
い。
 『夢の、書店。』の母訪問の記述繰り返しにはそんな意図が秘められていたとは想像
が及ばず。奥が深いなぁ。
 それと、くどいからと言って読む気をなくしてはいませんです、はい。“夢乃さんて
こういう文章を書く人だっけ?”と軽く違和感を覚えた(そして自分の記憶力に自信が
ますますなくなった)、ぐらいに思っていただければ。文字被りにしてもうまく使えば
それがよい個性になるように思えますし、一概にだめと決め付けたくないので……こう
いう見方もありますよぐらいのニュアンスです。
 あと、ごめんなさい! 前の書き込みで御作のタイトルを書き間違えていたと気付き
ました。句点が抜けていました。今から直しておきます。本当に申し訳ない。


IPアドレス>
 前に変だな〜とあれこれ言ってたグローバルIPアドレスについてですが。
 今日、たまには無線LANでつなぐかなとやってみて、しばらく使ったあと有線に戻
しました。そしてIPアドレスをチェック(癖になっている ^^;)。
 その後一度電源を落として、一時間足らず後にまた使い始める。IPアドレスをチェ
ックしたところ、ここ三ヶ月足らずはほぼほぼ確実に毎回、起動する度に数値が変わっ
ていたのですが、このときは前回と同じだった。おっ、珍しいというか久々だなと思い
つつ、偶然同じ数値が割り振られるケースはあるらしいので、一端切って再度つないで
からまたまたチェック。すると今度も同じIPアドレス。これは直った(以前の状態に
戻った)か? でも直ったんだとしても原因が分からん。
 しばらく考えてふと閃いたのは、父が使っているパソコンとの兼ね合い。
 父のパソコンは無線LAN接続をずっとしていて、起動すれば自動接続する設定にも
なっている。我が家のルーターは三つに分岐できるタイプで、父のパソコンを見てみる
と3を常に使ってきている模様。
 一方、本日私が無線LANでつないだとき、たまたま3で接続していた。さらに、改
めて有線でつないだあとも変わらず、3を使用していた。
 ということは常時接続になっている父のパソコンと同じ3を使えば、IPアドレスは
固定されるのではないか。この推測の元、ならばと自分のパソコンを有線で1につなぎ
直してみた。そしてIPアドレスを確認すると、さっきまでとは別の値が表示されたで
す。
 てことで、IPアドレスが固定されるのところころ変わるのとが起きる状況は多分、
これで分かった。ただ、何でそんな仕様になっているのか、そもそもこれで当たり前な
のかが不明&気になる。

 ではでは。




#1679/1689 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/01/15  20:44  ( 20)
目隠しと口隠し   永山
★内容
 スニーカー大賞のWeb応募。
 相変わらず受け付けないみたいだし、回答もないようで。
 で、ふと妄想した。これってカクヨムの登録者数を少しでも増やす作戦だとしたら、
ちょっと面白いかも。サイト上の不具合に見せ掛けて、賞に投稿したいのにできない人
達が「しょうがないなー、カクヨムに登録して投稿するか」となるのを主催社サイドは
待っている。……小説のネタにはならないか。(^^)
 スニーカー文庫もカクヨムも角川が関わっているのだから、それくらいの連携はでき
るはず? ただ、このやり方だと、スニーカーのサイトを取り仕切っている人が批判の
矢面に立たされかねず、損な役回りになってしまうなぁ。

 入試に関するニュースを見ていて、会場ではマスク着用を義務づける、とか何とか。
 浅知恵の働く人は今頃、マスクの内側の部分に苦手科目の答を書き込んで、覗き見る
練習をしているのかしらん、等と思ったり。(^^;
 そのあとネットのニュースサイトを見ると、企業名が英語で入ったマスクの着用は試
験会場ではだめ?みたいなヘッドラインがあった。中を読んでみると結局、あまりに露
骨に英語が入っている物はだめだが、基本的にはそういう企業のロゴ入りマスクでもO
Kみたい。デザインで言うと、英語に限らず、漢字や数式、地図とかがでかでかとプリ
ントされた物はだめっぽい。

 ではでは。




#1680/1689 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/01/16  19:56  ( 26)
1/17はAWC大賞投票日   永山
★内容                                         21/01/24 17:10 修正 第3版
↑正確には投票日ではなく、投票締め切りですね。(^^)


 NHKBSプレミアムで放送のドラマ「明治開化 新十郎探偵帖」第五話『ロッテナ
ム美人術』を録画視聴。ネタバレ注意かも、です。
 前回に比べれば本格推理っぽくなっていたのはよかった。ですが、提示される謎の解
決がちょっと幼稚じゃないかと。横たわって美容施術を受けている妻の顔が次々と別人
に変わったからといって、三人は実は一人なんだという幻覚を抱くものかしらん。一
応、覚醒剤的な?薬を肌に塗られていたことも理由に挙げていましたけれども、薬品名
を出さずに処理した辺り、どうもいい加減。推理小説において毒殺を扱う場合、毒の名
前を明かさぬまま話が進む作品が、特に昔はちらほらありましたけれども、それとて毒
の特性や入手経路などについては一通りの言及があるのが普通でしょう。今回のエピ
ソードのやり方を認めるのであれば、七面倒くさい奇術的仕掛けなんか使わずに、「薬
品で幻覚を見せられた。そういう薬品なんだから仕方ない」で済んでしまう。
 また、この詐術に引っ掛かる人物の設定にも疑問がある。江戸時代が閉じてまだあま
り経ってない頃だから、科学的な知識が乏しい人、妖怪の類や迷信などを信じている人
がそこら中にいてもおかしくはない、としましょう。でもこの詐術に引っ掛かった男性
は資産があって、シェークスピアを読んでおり、外国の本を収集する知識欲の持ち主と
いう教養のある人物として描かれている。そんな人が上記の詐術にまんまと引っ掛か
る? からくりを見破れるか否かはともかく、とりあえずトリックを疑うものだと思
う。
 もう一点、犯人が寝台の仕掛けをそのまま放置しておいたのは何故。片付ける時間は
たっぷりあったようにみえましたが。資産家の婦人として付き合いが忙しかった? で
も美容術の店を出す準備はしっかりやっているんだよなあ。よく分からない。

 ではでは。




#1681/1689 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/01/17  19:50  ( 29)
態と音   永山
★内容
“ワクワクハラハラ”>
 昨日、ポイントサイト用の検索をしていてたまたまヒットした「まとめ」に、“ワク
ワクハラハラ”という言い回しが出て来て、ワクワクとハラハラは相反するものだとい
う文脈で語られているのだけれども。
 そもそも“ワクワクハラハラ”と続けて使うことがあるのかいなと改めて検索してみ
たら、希にあるようで。“ワクワク・ハラハラ・ドキドキみ”たいな形で列挙している
のを除けば、かなり少ないですけど。
 で、私は“ハラハラドキドキ”か、“ドキドキワクワク”(前後が入れ替わる場合も
あり)だけだと思っていたので、ちょっと意外に感じたです。“ドキドキ”は胸の高鳴
り、鼓動がはやくなる様を擬態語(擬音語?)で表現したものだから、“ワクワク”と
“ハラハラ”どちらともセットになり得る。“ワクワク”と“ハラハラ”は「まとめ」
にもあった通り、相反する表現なのだから組み合わせても、“ハラハラドキドキ”や“
ドキドキワクワク”と同じ扱いにはならないのは自明のはず。なのに組み合わせて、恐
らく“ハラハラドキドキ”“ドキドキワクワク”と同じニュアンスで使っている人がそ
おれなりにいる……。
 今のところシンプルな誤用だと思うんですが、もしも定着するような動きが見られた
ら、どういう意味を持つ言葉にする(なる)んだろ。「ときにワクワク、ときにハラハ
ラする展開のこと」とか?

 あと、上にも記しましたが、“ドキドキ”は擬態語なのか擬音語なのか、判断しかね
ています。
 たとえば“どんどん”は、「雨がどんどんひどくなる」のように使えば擬態語、「太
古がどんどん鳴っている」だと擬音語と言える(はず)。
 “ドキドキ”はそのような複数通りの使い分けができるものではなく、「胸がドキド
キする」「心臓がドキドキする」の系統に絞られると思います。この場合、「どっくど
っく」と心臓の脈打つ音を耳で聞いている感じからすると、擬音語と言えそうだけど、
必ずしも音が聞こえているとは言い切れない気もする。

 ではでは。




#1682/1689 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/01/18  19:39  ( 26)
数式パズルの答他   永山
★内容
 祭さん、AWC大賞の結果告知、お疲れ様です。
 朝霧さん、拙作に票を投じてくださり、ありがとうございます。

 AWCにUPしてきた自作を、小説投稿サイトのコンテストにいくつか出してみてい
るのですが、募集要項にはたいてい「他のコンテストでの受賞作は対象外となります」
的な文言が書かれているんですよね。
 そこで思ったのが、AWC大賞で何らかの賞をいただいた物は、上の要項に抵触する
のかしらんということ。サイト側に問い合わせるとしたら、どういう聞き方がいいの
か、聞き方によって返答が変わってきそうな予感がする〜。“パソコン通信上にかつて
存在した(今はネット上に存在する)同人誌的グループの仲間内で投票を行い、選ばれ
た物”とか。規模について記せばどうなるかも気になる。けど今のところはそこまで焦
ってコンテストに出すつもりにはなってないので、問題を先送りに。(^^;


数式パズルの問題再掲と答>
問題
 123456789

 上の数字の並びに適宜、四則演算記号を入れて、答が2021になるようにしてほし
い。


解答例
 −1×2+345×6−7×8+9=2021

 ではでは。




#1683/1689 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/01/19  19:31  ( 33)
とっかいひっかい   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「トッカイ 〜 不良債権特別回収部 〜 」初回無料放送を録画視
聴。ネタバレ注意です。
 えー、いつもならWOWOWのドラマは最終回以外粗筋を書いている(それも長々
と)のですが、今回はちょっとギブアップかな。というのも、これまでのドラマW(W
OWOWのドラマ)で金融・経済・経営物のドラマを扱うときは、その頻出する専門用
語をばるべく分かり易く作中で説明したりテロップしたりしていたように思うのです
が、本作は何故か大部分が放ったらかし。分からないことが多くて、粗筋を書いたとし
ても自信が持てそうにありません。(^^; 実話に基づいているということで、いい加減
なことは書けないだろうし、いちいちメモを取って調べてからというほど入れ込んでも
いないので、とりあえず放送を観て飲み込めた範囲でざっと触れる程度にしてみます。
 一九九六年、バブル経済の崩壊を経て、住宅金融専門会社(住専)が経営破綻。国は
不良債権処理に多額の税金を投入し、国民の怒りを買う状況になっていた。そんな中、
不良債権を回収するべく、住専の元社員や銀行員をかき集めて作られたのが住宅金融債
権管理機構。その不良債権特別回収部(通称トッカイ)は、六兆七八〇〇億円にものぼ
る不良債権の回収を課せられた。人権派弁護士として知られる東坊が社長となり、彼の
指揮の下、これ以上の税金投入は絶対に阻止すると、不良債権を一円残らず回収するこ
とを目標に活動が始まった。
 あおば銀行から管理機構に出された柴崎は、学生時代の先輩で紀州銀行副頭取の古賀
が、紀州銀行の失敗の尻拭いを押し付けられているのを知り、電話を入れて気遣うが、
その古賀は会社からの送迎の車に乗り込んだところを暴漢の襲撃に遭い、凶弾に倒れ
る。
 ――出だしから情報量が多く、また、時代をさらに遡り、再び現代に近付いてくると
いう構成を取っていることもあって、すっと頭に入ってきません(汗)。
 住宅ローンによる土地狂想曲に直接には関わっていなかった古賀が後処理を押し付け
られて、柴崎から「先輩は悪くない。なのにどうして貧乏くじを」みたいに言われるの
ですが、それに対して「銀行マンとして本当にまったく責任がないと胸を張って言える
か?」と疑問を呈す古賀の言葉。序盤にこれだけのことを掲げ、さらにその発言をした
人物が(恐らく)死亡して退場するからには、残された銀行マン達の肩に掛かるプレッ
シャーはさぞかし強いだろうな。
 俳優陣がやたらと豪華。主人公・柴崎役の伊藤英明が一番下なんじゃない?と思えそ
うなくらいで恐ろしい。(^^;

 ではでは。




#1684/1689 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/01/20  20:47  ( 29)
ゆる〜い推理   永山
★内容
 BSテレ東などで放送のドラマ「あなた犯人じゃありません」第一回を録画視聴。ネ
タバレ注意です。
 本来なら去年の四月頃から放送開始のはずが、新型コロナの流行の影響をもろに食ら
って、ここまで延期になった模様。
 高校内で殺人事件(刺殺)が発生して、関係者の一人が「私が犯人です」と名乗り出
るが、探偵役の女子生徒が論理的な思考から推理を組み立て、「あなた犯人じゃありま
せん」と指摘するのが主なコンセプトのドラマ。通常のミステリの逆の線を狙ってお
り、こういう捻りが好きな私としては、期待を大いに膨らませて放送スタートを楽しみ
にしていたのでした。
 しかし、予定よりも長く待たされてハードルを上げてしまったせいか、ちょっと、い
や、だいぶ期待外れのがっかり感が。まず、閉鎖状況ではないのだから警察が関与して
くるのは当然ですが、こういう設定の場合、警察の捜査がある程度真っ当に行われない
と基盤がぐらつく気がする。なのに本ドラマでは、刑事が一人出て来るだけで、高校生
相手の事情聴取で振り回される有様。コメディ色が強すぎてギャグの域に入っている、
というかそのつもりで作ったんでしょうけど……折角の設定を“殺す”ことになってい
るような。事実、現場に凶器が残っていないのに、刑事はろくな顕彰もなしに「自殺
だ!」と言い出す始末。能力が高くないことを示すだけならまだしも、この刑事一人し
かいないのだからまともな捜査が行われているはずがない。
 肝心の「犯人です」と名乗り出る、“今回の犯人”はどうかというと、嘘の自供を本
物らしく見せるために架空のトリックを想定しているのはいいとして、台本のページを
細工するというすぐにばれる工作をするのは何でなんだ。台本が一部しかないのならい
いけど、確実に複数冊あるでしょうに。本物の犯人にされたらたまらないから逃げ道を
作っておいた、という訳ではなさそうだし。この程度の甘い“犯人”がこのあとも続く
んだとしたら、期待のハードルを相当下げなくちゃいけない。
 このあとも同じ事件について、毎回別の人間が犯人だと名乗り出るみたいですが、設
定と形式があってないんじゃないかと心配になってきた。一話につき一つの事件を扱
い、偽自供の嘘を見破り、真犯人が判明する形にする方が設定が生きそう。

 ではでは。




#1685/1689 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/01/21  21:04  ( 32)
「舞踏会の手帖」方式   永山
★内容                                         21/01/21 21:06 修正 第3版
 昔、ミステリ関連のエッセイ本『推理日記』(佐野洋 講談社文庫他)の何巻目だった
か忘れましたが、読んだ際に“「舞踏会の手帖」方式”という言い回しが出て来たよう
に記憶しています。正式な用語として存在するのではなく一作家の使った言葉だと思う
のですが、要するにフランス映画「舞踏会の手帖」のように、たまたま出て来た古い名
前のリストの順に、その人達を訪ねていくというスタイルの物語のことを指していまし
た。
 『推理日記』に取り上げられるくらいだから、当然、ミステリと絡めての話になりま
す。確か、訪ねた先々で事件に関わる――当人が不審死を遂げていたり、現在進行形で
事件に巻き込まれたりといくつかのパターンが想定でき、連作短編に向いているという
のが佐野洋の考えでした(例によって今、手元の本がないので記憶頼りで書いています
)。
 で、今日、ふと思い付いたのは、これのネット版、できるんじゃないかということ。
昔参加していたパソコン通信のグループなりホームページでの集いなりで、現在活動は
ほぼ中断状態でも、参加者の名簿が残っているところがある。
 主人公は、そういったかつて参加していたサイトのページをたまたま開いた(検索で
偶然見付けたとか、“お気に入り”の整理中に何となくクリックしたとか)ところ、当
時の記憶が甦り、懐かしさもあって名簿にある各人のホームページURLをクリックす
るが、ほとんどが閉鎖されている。みんなの近況が気になる主人公は、参加者達のハン
ドルネームでの検索を始める。すると幾人かがヒットし……みたいな滑り出しになりま
しょうか。
 そして、小説を書くグループだとしたら、比較的探しやすいかもしれない。小説投稿
サイトで今も書き続けている可能性があるから。ペンネーム(ハンドルネーム)は変わ
っているケースもあり、その辺を乗り越えて推理していく筋書きでも面白くなる余地は
ありそう。昔は今よりも本名で参加している人も多かったろうから、そのまま当人の死
亡記事を見付ける、なんていう展開もある。
 大事なのは、その手の捜索が得意な専門家を登場させないこと、かな。あくまでも一
般的なネットユーザーがごく当たり前の知識を動員して、かつてのネット友達を探す。
実際に会いに行くパターンも入れれば、結構バリエーションが広がりそう。
 いざ書くとなると大変だが(昔のネット事情を描写するだけでも手間が掛かる予感
)。行けそうな“謎”を設定できたら、書きたいな。

 ではでは。




#1686/1689 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/01/22  19:38  ( 26)
ながら族の終焉   永山
★内容
 JR、「ムーンライトながら」の運転終了を発表。
 今よりもずっと若い頃、何度か乗りました。AWCの関東オフ会が催されるのに合わ
せて(というか催してもらったというか。その節はありがとうございました)関西から
向かい、その帰りに名古屋に立ち寄るパターンが多かったので、たまに節約のために
(宿泊費もしくは交通費)使いました。ぱっと思い浮かぶ感想は、安いけどしんどいの
二言ですね。一度だけ、疲れていてシート二席分で寝てしまい、名古屋駅到着少し前に
目が覚めたら、周りが通勤通学の人でいっぱいだったのは申し訳なかった。すみませ
ん。若いときですらこれですから、もう今の年齢では恐らく無理。
 ちなみに関西から関東に向かうときはほぼ新幹線でしたが、二度ほど、早朝から在来
線を乗り継いでみました。一度、列車が架線事故か何かで止まって、これでは昼食を摂
る時間がなくなる(当初は駅で乗り継ぎを待つ間に食べる予定だった)ってことで、購
入済みのおかずパンを車内で食べた。当時はまだ在来線車両内で飲食をする行為に表立
って非難の声が集まる時代ではなかったと思いますが、やっぱりにおいを嫌う人はいた
んだろうな。

 在来線乗り継ぎと言えば、青春18きっぷを使って、マジックを観るために関西から
長崎ハウステンボスを目指してひたすら西進したときはなかなかよかった。見慣れてい
ない景色の方が楽しめるってやつですね。九州へはよく往復していますが、新幹線ばか
り使っているので。
 あと、同じく青春18きっぷの残り一枚を無駄にするつもりだったのがやっぱり惜し
くなって、期限前日に急遽、高松まで讃岐うどんを食べに行ったことがありました。こ
のときも、岡山から四国に向かうマリンライナーでは通勤通学の人で超満員。それなり
に大きめのリュックを持っていたため申し訳なかった。ただ、進むにつれてあれよあれ
よという間にすいていきましたが。

 ではでは。




#1687/1689 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/01/23  17:16  ( 30)
超獣ギガ   永山
★内容
 スニーカー大賞、公式サイトからの応募フォームが使えないまんまですね。メールで
問い合わせる方がいい……とも思えないんですが。
 そしてこの不具合?がほぼほぼ話題になっていないことにもびっくりしますわ。締め
切りまで間があるとは言え、私みたいなギリギリまで待つ傍観者ばかりなのか。(^^; 
今日になってやっとこさ、巨大掲示板の専用スレに投稿できない旨の書き込みがあるの
を見付けたけれども、ジョークのレスしかされていない有様で。

 TBS系で放送のドラマ「俺の家の話」第一話十五分拡大を録画視聴。ネタバレ注意
です。
 非ミステリー・サスペンス、非・金融経済経営の連続ドラマを観ようと思ったのは久
しぶりかも。本ドラマの主演・長瀬智也に対する、うちの父の評価が高いので。
 題材もプロレスがちょっと含まれているし、家族間での介護をテーマにしているのは
それなりに将来身近な問題かもしれないし、後妻業のにおいをちらつかせる辺りはサス
ペンスの要素も期待できるかも?
 そんな感じで、観てもいいかなという小さな要素がいくつか集まって視聴決定となっ
た訳ですが、結構面白かった。長瀬は、このドラマのために体重を増やしたということ
で、プロレスラーに見えるし、ちゃんと動ける。長髪なのは中邑真輔を意識してるのか
と思いきや、まさかのブルーザー・ブロディ。しかもそれがリングネームのネタにつな
がっているという、プロレスファンを喜ばせるネタがいっぱい。他にも長州力を一とし
て、現役・元を問わずレスラー何人か出ていたし。総合格闘家でプロレスラーの勝村
は、実際に小学校で長瀬の二年先輩なのね、知らなかった。
 コメディタッチでありながら締めるところは締める。長瀬演じるプロレスラー寿一の
父親で能楽の人間国宝という設定の西田敏行が、笑いの場面だとやや演技過剰な気がす
るんですが、シリアスなシーンはさすがの名演。認知症の簡易テストを受け、成績が芳
しくなく、落ち込むまでの態度や表情の変化がよかった。
 父危篤を聞いて寿一がプロレスを辞め、能の宗家を継ぐ決意をするも、奇跡的に回
復。寿一が父の介護をすることになった――と、この流れならプロレス場面は初回のみ
かと思ったのですが、次回予告を見るとまだまだあるみたいでちょっと嬉しい。

 ではでは。




#1688/1689 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #1681 ***
★タイトル (lig     )  21/01/24  15:12  ( 55)
偶然か必然か らいと・ひる
★内容

レスしなければと思いながらも、気力が湧かずに時間だけが過ぎていくのは、まあいつ
ものことですね。


<永山さん

 AWC大賞の投票にて私の書き込みへの一票、誠にありがとうございます。

 内容が内容だったので不快に思われたのではないかと心配でした。言葉遊びという点
でいけば、あの作品はケチをつけるべきじゃなかったかなとも反省しておりましたか
ら。


 さて、今回の書き込みは、投票へのお礼がメインではなく『#1681』に対する反応で
す。というか質問ですね。

 永山さんが書かれている「まとめ」とは、Twitterのまとめサービスである「Togette
r」のことでしょうか?

 もしそうであるなら、その「まとめ」のタイトルは「個人的に参考にする俺TUEEE創作
論」ですかね?

 もし違うのであれば、私の勘違いだと思われますので、この質問はなかったことに
(笑)


 そういえば、スニーカー大賞の応募リンクの件ですが、私も試して見たところ『「第2
7回 スニーカー大賞」は締め切らせていただきました』との文言がでましたね。

 夢乃さんが公式の方にTwitterで質問をされたようですが、今見たら夢乃さんのアカウ
ントが凍結されている(苦笑)

 なにか大きな力が働いて闇に葬られたのでしょうか(爆笑)

 まあ、冗談はさておき、たぶん担当者のミスじゃないですかね。ネットを使える者で
あれば、カクヨムからも応募できますから、苦情らしきものも編集部には届いていない
のかもしれません。(届いていたとしてもごく少数)

 ラノベ担当の編集者というのは出版社にもよりますが、かなり少ない人数であると聞
きます。とある出版社は一人で担当していたという話。

 人が少なければミスも起こりやすく、対応にも時間が掛かりやすいのかもしれませ
ん。大手出版社であるがゆえに、ウェブサイトの内容を一個人の権限で書き換えること
ができなく、変更するのにいくつかの部所の承認が必要とか。

 さらに、カドカワの場合ですと、原稿料が何年も払われないなんてこともありました
し(カクヨムが立ち上がった年に、とあるプロ作家の人が、ノンフィクションジャンル
にその話を暴露するような内容を投稿していました)、わりといい加減なのが社是…
…。、

 は、もしかしてくぁwせdrftgyふじこlp







#1689/1689 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #1688 ***
★タイトル (AZA     )  21/01/24  17:55  ( 38)
私の知らない世界   永山
★内容                                         21/01/24 19:45 修正 第3版
>らいと・ひるさん
 はい、TOGETTERの中にあった一つです。まとめのお題までは詳しく覚えてい
ませんでしたが……。
 で、何やら意味ありげだなーと思って、らいとさんの書き込みにあったお題で検索し
て改めて、くだんのまとめをよくよく見まするに……らいと・ひるさんがまとめたもの
だったんですね。(゚゚)ビックリ
 すみません、その辺り、確認する習慣がなかったもので(夢乃さんの小説をTOGE
TTERで拝読するときは最初に確認しましたけど)。
 何を検索してヒットしたんだったか思い出そうとしてるんですが……覚えていない。
多分、「主人公無双 法則(またはパターン)」ぐらいで検索して、許される俺TUE
EEと許されない俺TUEEEがある、みたいなページがあって、「俺TUEEE」と
いう表現あるんだな、それならばと「俺TUEEE」と「法則」か「方法」かで検索し
たら、たまたま目についた……だったような気がします。
※追記。上記の単語二つで検索しても上位には表示されない。てことは一度飛んだ先の
さらなるリンクだったのかな? 楽天サイトを使う都合でほぼ毎日クッキー等を削除し
ているため履歴がよく分からない……。

 なお、何で主人公無双を検索しようと思ったのかは、漫画「刃牙」シリーズ(板垣恵介
 秋田書店)を読んでいて、これどうやって終わらせるの?と感じたのがきっかけ。そ
こからミステリに当てはめたらどうなるのかなと連想しまして。「事件が起きてすぐに
犯人とトリックが分かる名探偵がいたらチートだな。でもだいぶ前に、斎藤肇の某作品
では事件が起きる前に犯人(犯罪を起こすつもりでいた人物)を見付けるというのがあ
ったな」などと考えたところで棚上げ中。(^^;

 スニーカー大賞のこと。
 ラノベ編集部の事情、なるほどそのようなことも考えられるんですね。
 一昨年、登録する小説投稿サイトを選ぶ際に、巨大掲示板の該当スレッドを片っ端か
らざっと読んで、サイトの評判だけでなく書籍化される場合の流れに関する話も追い掛
けてみて、(ラノベ系か否か意識してなかったのですが)出版社編集部ってたいていは
悪評の方が多い印象を受けました。まあ悪口の方が世間に出やすい、残りやすいという
ことかなと解釈していましたが、人数の少なさというのが原因・根本的問題にあるのか
もしれませんね。

 あと、言わずもがなかもしれませんが、夢乃さんのアカウント、だいぶ前に転生され
ていて、そちらのアカウントでスニーカー大賞の件はつぶやかれています(って、転生
のこと書いていいんですよね?)。

 ではでは。




「◇フレッシュボイス2」一覧



オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE