AWC ◇フレッシュボイス2



#1426/1450 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/06/21  20:13  ( 26)
日陰の執事   永山
★内容
 日食、全然観られなかった。
 ここ数回、日食の起きるときは天候のコンディションが決まって、悪い傾向にあるの
ですが、今回はことさらに悪くて、まったく見えず。海外ドラマの英国でもここまで雨
が降ったり、曇りになったりはしないだろういうぐらいに頻度が高い。
 まあ三年後に期待するしかないのですが。

 BSテレ東で再放送中のドラマ「執事西園寺の名推理」の第一話と二話を録画視聴し
たので、トリックを中心に雑感をば。ネタバレ注意です。
 第一話のトリックは、犯人の移動経路の謎。ロープを使い、ホテルの十階から一階ま
で、リネン用シューターの中を降りていくという、登山経験などのある人じゃなきゃと
ても無理そうな手段でした。むしろ、犯人が失敗して転落死するも、リネンを受け止め
る箱に入ったまま気付かれず、意外な場所で見付かる……みたいな展開にした方がよか
ったのでは。犯人特定の決め手も偶然が二つ重なったもので、強引の一言。初回だから
キャラクター紹介に重きを置いたにしても、もうちょっと何とかならなかったのかな
と。
 第二話のトリックは、ダイイングメッセージということで、あんまり検討する価値が
ない。ダイイングメッセージはどうとでも解釈できるし、答合わせがまずできないか
ら。ただ、単なる暗号パズルとしてみれば、悪くはなかった。あと、折角、天体撮影の
事前テストをしていたという状況設定があるのだから、ダイイングメッセージを書くと
ころもカメラで捉えられていたことにして、これを書いたのは犯人ではなく、確実に被
害者だと示すのに使えたのでは。
 セキュリティ意識が低い社長が社内のスパイを見付けたというのはどだい無理がある
話で、序盤からちぐはぐな印象が出てしまっていた。実はちゃんとセキュリティを高め
ていたと明かされても、やっぱりねとしか思えない。

 ではでは。




#1427/1450 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/06/22  20:12  ( 43)
未解決がいっぱい   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「太陽は動かない −THE ECLIPSE−」第五回を録画視
聴。ネタバレ注意です。
 桜井をさらった組織の正体を探る鷹野は、防犯カメラ映像から拉致に使われた車が横
浜方面に移動したことを掴み、港近くに放置されているのを発見。見張っていると、一
帯を仕切る反社会勢力(暴力団)の構成員が車の処分を行った。鷹野は構成員を尾行し
て事務所に殴り込むと、そこのトップから情報を引き出そうと試みる。暴力団にとって
益になる情報を持っていることを示し、交換を持ち掛けるが、具体的には言えないと拒
まれた。しかし相手の仄めかしから、米国が関与していると理解する。
 今回の件で米国から中国に乗り換えるそぶりを見せた中尊寺に、米国は不信感を抱
き、次世代の“有力な”議員である桐野と組んで、カジノ利権を維持しようとしてい
た。
 中尊寺に飼い殺しにされると分かった永島は彼を裏切り、桐野に付くことにする。不
正の証拠となるデータの入ったUSBを忠誠の証として、桐野に渡した。
 中尊寺は状況を察するも出遅れは明らかで、AN通信の風間に事態の処理を改めて依
頼する。風間は鷹野からの報告を受けたあと、この件に関する全ての証拠を消し去れと
の命令を下す。それは鷹野にとって師匠格の桜井をも処分せよとの意味を含んでいた。
 周率いる中国組織は、裏工作の証人・証拠である桜井を拉致した組織を把握できずに
焦っていた。とにもかくにも桜井を消さねばと、本土から最強の殺し屋・チーヨウを呼
び、桜井の始末を命じた。チーヨウは横浜の暴力団組織を強襲し、構成員を次々と殺
害、強引に口を割らせようとするが誰も詳細を知らず、目的は不達成。
 そんな頃、永島は何故か中国側とも接触。米国が絡んできたことを伝える。訝る相手
に永島は「日本がいつまでも米国の犬でいることが嫌なんだ。米国に対抗できるところ
とも組んでおきたい」と言う。両方に賭けておけば負けない、である。
 米国は、中尊寺が進める湾岸での都市博にけるシンボルのタワー爆破すべくを、桜井
を送り込む。
 永島が中国組織に教えたことでチーヨウは桜井の居所を掴み、タワーへ向かう。
 鷹野は命令をこなすため、桜井のいるタワーへ。
 三すくみの戦いが始まろうとしてた。
――以上が第五回の大まかな粗筋です。まったくもって劇画の世界ですが、何とか現実
味を保っているかな。殺し屋の動きなんかは現実離れしていますが。(^^; 殺し屋の視
点で次々と構成員を倒していくシーンは、視点が宙を一回転?するなど、斬新なカメラ
ワークになっていた気がする。
 鷹野のバディになったばかりの新米・田岡の出番が極端に少なくなってきた。これま
でのところ、この物語に必要だったのかって感じ。諜報員の中に人間らしい感情を持っ
ている者を一人置いておけばドラマになるのは分かるけれども、活かせていない印象で
す。
 今回初登場、反社会勢力のトップを演じた小市漫太郎、色んなドラマでそれなりに重
要な役をやっているから見せ場があると思っていたら、あっさり始末された。勿体ない
使い方。
 次で最終回を迎えますが、どうやってまとめるんだろう?ってぐらい消化していない
エピソードが残ってるなあ。

 ではでは。




#1428/1450 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (sab     )  20/06/23  17:20  (167)
悩む     朝霧三郎
★内容                                         20/06/23 17:54 修正 第3版
ミステリーで動機とか設定ってどれぐらい重要なんでしょうか。

「金田一少年」の天樹征丸がインタビューで
「犯人が復讐したくなった気持ちに感情移入出来るぐらいの
動機がないとダメだ」などと言っていますが。
しかし、「吸血鬼伝説殺人事件」にしろ「銀幕の殺人鬼」にしろ、
昔近親者が殺された、という程度のありがちなものが多くて、
別に凝った動機があるとも思えないのですが。

で、現在、#1333に書いた
条件反射トリックのプロットを書いているのですが、
どうしても、動機が弱い気がして。
6人も殺すなんて相当な動機がないとダメなんじゃないか。と思えるのですが。
というか、何故、そもそも6人も殺すのか、というのには前段の話がありまして。

実は、この作品は元々は「仏教高校」を舞台にした連続殺人でありまして。
「胎蔵界曼荼羅」という小さな仏像が9体描かれた曼荼羅があるのですが。
人が殺される度にその曼荼羅の仏像に×印が付けられていく、
という連続殺人を思い付いたのです。
(「なろう」あたりに連載する積りだったので、
とにかく沢山事件やトリックがないとダメだと思って)。

「仏教高校」の設定では、
クラスメートが9人いて、
その中の花子、一太郎は二卵性双生児。
一太郎は幼少の頃、秀丸と川で遊んでいて死んでしまった。
そして秀丸はその事を非常に気に病んでいる。
というのが設定です。

そして、誰かが、この8人(一太郎は既に他界しているので)
を連続して殺していくのですが。
殺害の方法は、仏教高校らしく、催眠やら瞑想で呪い殺す、みたいな感じで。
そして6人を呪い殺したところで、犯人秀丸が名乗りでる。
(9人の内一太郎は既に他界していて、それから6人死んだ訳ですから、
生き残りは犯人秀丸と花子という事になります)。
秀丸は花子に言う。「胎蔵界曼荼羅で我々9人は一つの魂だった。
そして涅槃に戻るには9人がセットになって戻らなければならない。
一太郎は既に曼荼羅に戻っている。
そして自分が呪い殺した6人も曼荼羅に戻った。
今娑婆にいるのは花子と自分だけだ。
これから自分は自殺して曼荼羅に戻る。
その後、花子さんもついてきてくれないか」
そういって崖から飛び降りて自殺する。

つまり、秀丸が良心の呵責から、一太郎を涅槃に戻したいと思い、
その為には、全員死なないとならないので、
(胎蔵界曼荼羅から涅槃に戻るには、9体一式でないとダメなので)
連続殺人を行った。というのが動機だったのですが。
そして、その方法が、催眠や瞑想で呪い殺す、
みたいな類のものだったのですが。
これじゃあ、全然トリックになっていない。と思いまして。
そこで、催眠に似ている条件反射トリックを考えたのですが。

しかし、条件反射トリックを思い付いてみると、
「これは、設定として、仏教高校というよりも、
精神病院か何かで行われた方が自然だなあ」
と安直に設定を変更してしまいまして。
そうすると、「胎蔵界曼荼羅から涅槃に帰る為に6連続殺人をする」、
という理由もなくなってしまい、つまり、
ホワイダニットもなくなってしまってのですが。

それでも、例えば、
「院長が息子の内の一人だけに全財産を譲ると言っていて、
その一人が他の兄弟に恨まれる事を恐れて逆に全員を殺そうとする。
その際、院長の孫をそそのかして殺させるのだが
(条件反射トリックで殺すと面白いよー、などと)、
その孫がサイコパスで殺人の快楽に目覚めてしまい、
どんどん殺す」というのでいいんじゃないか。などと安直に考えていましたが。

しかし、プロットを進めていくと、
「これだけ殺すんじゃあ、大団円で、
相当な動機が明かされないと読者は納得しない」と思えてきて。

因みに、一回一回の殺人に関しては別途動機を用意してあるのですが。
例えば、サイコパスの孫が、
病院の入院患者に、
「お前の家は貧乏なのにターゲットの家は豊かで楽しい人生を送っいる。
だからこういう条件反射トリックで殺してしまえ」
などとそそのかして殺させる、というものですが。
その様にして縦糸横糸の横糸を書く積りでいたのですが。
ただ、そういう殺人が6回行われて、
最後の縦糸の黒幕の動機を明かすとなると、
精神病院の遺産相続やらサイコパスどうたらでは弱い、と思えて。

そんな時に、
「「仏教高校」の時の「胎蔵界曼荼羅」というのがあれば、
動機としてはいいんじゃないのか」
などと思ったのですが。

しかし、「仏教高校」には条件反射トリックというのは似合わない、
催眠や瞑想なら似合うが、と悩んでいるのです。

そもそも、「胎蔵界曼荼羅」から涅槃に戻る為に9人死ぬ、
という設定からトリックが出てきたので、
永山さんのアドバイスの様に、トリックを1つか2つに絞る、
というのでは、そもそもの設定から考え直さねばならず、
なかなかそうも出来ないでいるのですが。
(その割には、「仏教高校」という設定をいとも簡単に
精神病院に変えてしまったのですが。)。

そこで、もし暇だったら、アドバイスをお願いしたいのですが。
(何で、創作教室でも同人でもないのにアドバイスなんて求めてくるんだ、
と思われるかも知れませんが、
ここも電脳同人という事でよろしくお願いします。
暇だったらでいいですから)。

状況としては、そもそもは「仏教高校」という設定で、
呪い殺す、というトリックで、
連続殺人を想定していた。
ところが条件反射トリックを思い付いたところで、
設定を精神病院に変えた。
しかしプロットを練ってみると、動機が弱いと感じる。

そういう場合にはどうしたらいいでしょうか。
@条件反射トリックでも、「胎蔵界曼荼羅」から涅槃に戻る為という動機を使う。
つまり設定を「仏教高校」に戻す。
A条件反射トリックだったら精神病院の方が設定としては合っているので、
遺産相続やらサイコパスといったおざなりの動機でよしとする。

どっちですかねえ。
永山さんの仰るように、「トリックを1つか2つに絞る」とかにするとなると、
小説の全体像を全て書き直さないとならなくなり、
短編だったらそれも出来るのでしょうが、
長編となると、いちから考え直さなければならない様な感じがするのですが。

以上、お暇だったらアドバイスをお願いします。

(本当に、同人誌にでも参加して誰かのアドバイスを欲しい気持ちですね。
前にそう思って若桜木虔さんの通信添削を1ケ月だけやったのですが。
ただひたすら添削するだけで、
小説の構造がどう、とか、トリックがいいとか悪いとか、
そういうアドバイスは一切なく、1ケ月でやめました。
もう一人有名な講師に鈴木輝一郎という人がいるのですが。
どうも信用出来ない。
youtubeにオンラインでの講義の様子があるのですが…。
しかし、「ばらのまち」受賞の「少女たちの羅針盤」も
鈴木輝一郎の講座から出たらしいです。
年齢の事が相変わらず気になっていまして。「鮎川哲也賞」も無理、
「アガサ・クリスティー賞」も無理、と思えていて、
「ばらのまち」しかないなどと思いはじめています。

因みに島田荘司の「傘を折る女」をyoutubeで見ましたが、微妙でした。

あと、「探偵・由利麟太郎」1話を見ましたが。あれだけの人間関係で、
何が何やら分からなくなり。
ちょっとでもカットバックを入れられると誰が誰だか分からなくなる程
自分の脳は老化してしまったのか。とも思いましたが。
しかし「病院坂の首縊りの家」を思い出して、横溝正史って相関図が
ごちゃごちゃなんじゃなかったっけ、などと思いましたが。)

ではまた。

追記。
だいたいミステリーの読者ってトリックとロジックにしか興味がないのでは。
とも思いますね。
「吸血鬼伝説…」で言えば、エレベーターのトリック、
と、
「風呂場のドアを開けた時、あの女はバスタオルを胸に巻いていた」
というロジックというか謎解きというか、
その2点にしか興味はなく。
実は昔、犯人の姉がボンベイタイプの血液を大量に抜かれて死んだ、
とかなんとかいう動機はどうでもいいんじゃないのか。と思いますが。
だとしたら、設定なんて「仏教高校」でも精神病院でも
どっちでもいいのでしょうか。







#1429/1450 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #1428 ***
★タイトル (AZA     )  20/06/23  21:28  ( 59)
試験的に私見を   永山
★内容
動機>
 動機は凝らずにシンプルであってもミステリは書ける。動機に凝るのならそれ自体が
明かされたときに読者に驚きをもたらすものであってほしい。トリック類別集成にも
「意外な動機」という項目があったと思います。

 天樹征丸の言葉は動機の強さ、ここでは恨みの深さをしっかり描くべきという意味な
のかなと解釈しました。犯人の身勝手さを強調するとか、謝罪が嘘だったとか。動機の
タイプは必ずしも凝らなくてもいいと。


 という訳で、Aの動機を凝らない方向で、と言い切ってしまうのもどうかと思うの
で。
 動機に「胎蔵界曼荼羅」を活用する方向を探ってみますと。


舞台設定>
 「胎蔵界曼荼羅」を作品に登場させるために、「仏教高校」でなければならない理由
はないように感じました。
 仏教高校の代わりに精神病院を絡ませたいのであれば、病院経営が傾きかけたときに
院長(もしくは理事長?)が気まぐれで占い師に見てもらったところ、「胎蔵界曼荼羅の
絵図を院長室の北側に貼りなさい」と言われて、ダメ元でやってみたら経営が持ち直し
た。そこから院長ははまってしまい、涅槃思想を信じるようになり、院内には胎蔵界曼
荼羅が当たり前にある――これでもいいと思うんですが。

 ここからそもそも論になるんですけども、「胎蔵界曼荼羅」を元にした動機だったん
だと終盤に来て明かされても、読者の大半は一発では飲み込めない気がします。「信念
の犯罪だったのね」ぐらいの理解はしてくれるとしても、腑に落ちる感じが多分しない
ので納得しづらいのではないでしょうか。
 胎蔵界曼荼羅にこだわるんでしたら、見せかけの動機としてクライマックス前に読者
へ説明・提示するのが効果的かもしれません。たとえば――
 殺人が起きる度に、院長が大事に持っていた胎蔵界曼荼羅の仏像が一体ずつ、×印を
付けられていたことに刑事の一人が気付く。その後調べが進んで、こいつ(挙げられた
例では秀丸)が犯人で涅槃思想が動機なんじゃないか?と提示。秀丸の元に駆け付ける
もすでに自殺したあとで、花子も巻き添えを食らって倒れていたが運よく生き残った。
ところが本当は全て花子の犯行で、ときに秀丸を操り、ときに自ら手を下して六人を葬
っていた。
 ――こんな具合になりましょうか。病院を舞台にすると高校よりも登場人物間のつな
がりを過去に求めにくいと思うので、見せかけの動機は、絵図の仏の顔にそれぞれ何と
なく似ていたとか、仏に個別に名前があるのでしたらその名前をどこか連想する氏名の
持ち主だったから巻き込んだ、とでもしておく。
 で、本当の動機は、財産の独占とか弱みを握られて脅迫されていたとかシンプルにし
て、花子が殺したかったのも六人中半分程度で残る半分は秀丸に罪を擦り付けるため。
 こんな風にすれば、条件反射トリックと「胎蔵界曼荼羅」に基づく動機を一作品で活
かす余地があるのでは。

読者の興味>
 ジャンルの性格上、トリックやロジックが一番の眼目になることが多く、それ故に読
者の最大の関心はトリックやロジックにあったとしても、他がどうでもいいってことで
はないと思います。動機が捻ってあってユニークであれば感心するし、トリックやロジ
ックに結び付いていたら拍手を送る。
 ただ、そういう捻った殺害動機だと読者が推理のしようがない領域であることがほと
んどなので、トリックやロジックが主で動機は従、興味の対象として後回しになるとい
う事情はあるかもしれません。

 取り急ぎですが、以上のような感じで。読み落としがあったらすみません。
 何かまた思い付いたら意見として書くかもしれません。そのときは今回書いたのとは
まったく別のことを言う可能性もありますが、あしからず(汗)。

 ではでは。




#1430/1450 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #1429 ***
★タイトル (sab     )  20/06/24  00:48  ( 40)
早速のレスありがとうございます
★内容                                         20/06/24 00:49 修正 第2版

長文のレスありがとうごさいます。

「胎蔵界曼荼羅」だの涅槃だの言っても、読者は「そうだったのかー」
とは思わないんですかね。
やはりそんなのは見せかけの動機にしか使えないのでしょうか。
私など、考えている内に、マジで、
「死んで涅槃に行くと思っている人は多いんじゃなかろうか。
だから一太郎の魂を救う為に秀丸がみんなを殺すというのは
読者は納得するんじゃなかろうか」などと思えてきて。

例えば(あんまりいい例ではないですが)
戦争中の話で
「死んで靖国で会おう」と言って仲間に特攻させたとしたら、
読者はどう思うんでしょうか。
本当に靖国で会えると思うのか、
靖国に行こうと言って騙したと思うのか。

それの現代版みたいな感じで、「胎蔵界曼荼羅」だの涅槃だの
着想したのですが。

例えば、花子はときどきてんかん発作を起こし、
その時死んだ一太郎からメッセージが届く、
などとしたら、
「胎蔵界曼荼羅」だの涅槃だのは「ある」と読者は思うんじゃなかろうか。とか。

こういうところで、独りよがりというか、
一人で納得してしまうのが怖いのですが。
だいたいオカルト小説ではなくミステリーなので、
そんなところで説得力があってもしょうがないとも思えるし。

それにしても早いレスありがとうございます。
ではまた。











#1431/1450 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #1430 ***
★タイトル (AZA     )  20/06/24  20:33  ( 24)
らしさのハードル   永山
★内容
動機について>
 作品の雰囲気や時代設定など、描き方次第で変わってくると思います。
 例に挙げられた靖国の方は、時代背景を描写することで、ある程度普遍的に作中人物
のみならず、読者も「そういう時代だったんだな」と理解できる。
 一方、一太郎からメッセージが届く云々は、通り一遍の描写だと作中人物の一部が信
じているだけに終わりそうですが、書き込むことによって他の作中人物や読者も「そう
いうこともまああるかもなあ(この作品世界では)」と思わせることはできるはず。

 ミステリ小説においても、オカルト部分には説得力があった方がいいです。現実的・
論理的・科学的に解決できたけれども、それでもなお謎が残ったという形は割と古くか
らあるミステリの終わり方の一つのパターンですし。
 綾辻行人の『霧越邸殺人事件』(新潮社)は、本格ミステリと超常的な物ものの狭間
にある物語という点が、高く評価されていたように記憶しています。


 あと、本題を離れますが、物語作りにおける独りよがりはほんと怖いですね。動機の
設定にとどまらず、物語作りのあちらこちらで関わってくる感じで、ある意味、自分が
試されているような。
 自分にとっての常識が世間では非常識、あるいはその逆もないとは言えない。自分が
苦心して作り出したつもりの謎が、世間の多くの人からすれば謎でも何でもないなんて
ことにでもなったら、頭が痛い話どころでは済まないだろうなあ。幸い、そんな目に遭
ったことはないですけど。

 ではでは。




#1432/1450 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/06/25  19:53  ( 28)
ゆりりんのせいでのりりんが   永山
★内容
 “法月綸太郎”が一発で変換されなくなってしまった。(^^; 法月麟太郎ってなった
のを見落とすところでした。辞書登録したのでもう大丈夫のはず。

 フジテレビ系で放送のドラマ「探偵・由利麟太郎」第二話を録画視聴。ネタバレ注意
です。
 原作を読んだ覚えがかすかにあるんだけど、ドラマとはところどころ違ってたよう
な。記憶に自信がないため検索してみたらやはりそうで、大幅に改変していた模様。犯
人まで違ってるし。
 そして何故か面白くない方向に改まっている気がする。
 ドラマはあちこちとばしていて、不親切な作りになっているのも一因とは思います
が、それ以上に犯人を単純化してしまったことで、無理が生じている。元々、原作も結
構無理筋なところはあったと思うですが、犯人に関する変更により、つまらなくなっ
た。
 全体に分かりにくい演出なのは、わざとなんでしょうか。登場人物のつながりがどう
なっているのかがぱっと掴めないところとか、マダム(ママさんだったっけ?)の方は
死んでいるのかまだ生きているのか不明瞭なまま進んで最後でやっと生きているらしい
と判明するところとか。怖い目に遭っているヒロインが、知り合ったばかりの男に夜道
のエスコートを任せるのも不自然で、もうちょっと丁寧に描くべきシーンだと思いま
す。
 ヒロインの不自然さと言えば、映画のオーディションにほいほい行くのも変だった。
オーディション会場へ向かう間、目隠しされるとか、普通に拒むでしょ。ノイローゼみ
たいになってたんだし、誘拐されるんじゃないかと考えるのが普通では。
 あとは、これも改変されていたようですが、動機がとってつけたようなものになっ
て、味わい深さがなくなっていたかな。罰するためとか言っていたけれども、他人を殺
害する理由にはいかにも弱い。そういや犯人の父親も怪しいと言えそうなんだけど、疑
われる場面はなかったな。

 ではでは。




#1433/1450 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/06/26  19:56  ( 21)
どっきりの人だったのでびっくりした   永山
★内容
 前に触れたドラマ「執事西園寺の名推理」第二話で被害者の父親役をやっていた人
が、「水曜日のダウンタウン」でどっきりを仕掛ける無表情な男性(○○が一番怖い説
シリーズ)に似ているなあ、でも別人だろうなと思って片付けてた。けど、どうしても
気になったので調べてみると、やっぱり同一人物だったんでびっくりした。

 役者の中には特定の役柄の色が付いちゃうのを嫌う人が結構いるそうで、特に海外で
は映画でまだヒットのない人は、テレビドラマシリーズでどんなに人気を博そうが、降
りるときは降りるとか。
 ドラマで何シーズンも続くシリーズ物なら、途中退場する役者は印象的なエピソード
を作ってもらえることが多いだろうし、美味しいと言えば美味しい。捜査物だとたいて
いは殉職でしょうけど、希に生き残って退場する役の人もいるのは、何の差なんだろ
う。後々再登場させたいエピソードがすでにできているのかしらん。居残る(と言った
ら表現が悪いけど)レギュラーメンバーの一人と恋愛関係のエピソードが進行中とかだ
ったら、悲しい分かれになりました、で終わらせるよりは、後に再登場させて続きを描
く方が二度美味しいという気が確かにする。

 話を元に戻して、「水曜日のダウンタウン」のどっきりで知られる俳優さんの場合
は、特定の色が付いてもかまわないってことなんだろうか。顔を売るのが最優先、てい
う感じもしませんけど。

 ではでは。




#1434/1450 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/06/27  22:58  ( 25)
蜘蛛をくらうど   永山
★内容
 女性キャラクターが蜘蛛に驚いて怖がる場面を描いていて、ふと思ったんですけど。
 蜘蛛が平気な女性って、どのくらいの割合でいるんでしょう? いないことはないの
は分かっている(昔、ポイントのためにたまたま検索した結果を見てると、蜘蛛の研究
者に女性らしき名前がちらほらあったので、その人達は多分平気なはず)。
 蜘蛛が平気な女性キャラを物語に登場させた場合、どの程度珍しがられるのが適切な
のかなーと考えてしまって気になる。


 雨の多い季節になると困ること。うち、というか九州にある父の実家の場合。

・畑仕事の見通しが立たない。
・大荒れの天気の翌日、イノシシに畑を荒らされるのが見付かる。
・溝が葉っぱや枝などで詰まる。下手すると水が溢れる。
・家の中にヤモリが出没する。
・家の中にカエルが入って来ようとする。

 特に分からないのはカエル。小さいやつなんですけど、雨の日になると屋根のあると
ころにいたがるような気がする。玄関のドアを開けたら、こっち向いて待ち構えている
こともしばしば。入られると困る(穏便に追い出すのがすごく難しい)んで、必死のデ
ィフェンスをしております。
 ああ、今年はヘビをあんまり見ないなあ。
 ヘビが多いのなら、カエルが家に入りたがるのは分からなくもないのですが。(^^;

 ではでは。





#1435/1450 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/06/28  20:34  ( 32)
やるべきことをせずしなくていいことをする犯人   永山
★内容
 BSテレ東で再放送中のドラマ「執事西園寺の名推理」の第三話を録画視聴。ネタバ
レ注意の感想です。
 今回は西園寺の使える奥様が、駐車場での医師拉致事件を目撃してしまし、ついでに
さらわれるという出だし。ここでいきなり引っ掛かりを覚えたのが、奥様まで誘拐する
必然性。犯行グループは全員目出し帽を被っており、顔は見られていない。車のナン
バーは他の駐車中の車のドライブレコーダーで判明するけど、そもそも盗難車だった
し、防犯カメラ映像があるに違いないから奥様の目撃とは関係ない。てことで、わざわ
ざさらわなくても放っておけばよかったのに。
 次に疑問に感じたのが、ある男が容疑者として浮上する手掛かり。手の甲に特徴的な
蝶のタトゥーを入れていて、それがドライブレコーダーの映像にもしっかり捉えられて
いたというんですが……目出し帽を被って顔を隠しておきながら、何故手の甲のタト
ゥーは剥き出しのまま犯行に及ぶ? 指紋を残すリスクを亡くすためにも、手袋してお
けよって話です。
 さらに、犯人達からの要求の電話が掛かってきますが、その内容もまたおかしいよう
な。身代金などが目的ではなく、「医師の属する病院が隠している秘密を公表せよ」と
要求。心当たりのない院長が正直にそう返事すると、「とぼけるな」。それでもなお
「分からない、教えてくれ」と懇願する院長に、「言わなくても分かるはずだ」的な捨
て台詞を吐いて電話終了。ここで疑問に思ったのは、犯人達が要求する公表の中身を明
確にしない点。伏せておかないと犯人が特定されてしまう、というのは成り立たない。
病院側が気付くことを期待し、公表を求めてるんだから。さっさと明らかにして公表を
迫った方がいいに決まってます。
 終盤の手前で、一部の医師が金銭的つながりで選定し契約を結んだペースメーカーに
不具合が発生、それが原因の死を秘密裏に処理したことが判明。ここのちょっと変に感
じた。同病院でペースメーカーの手術を受けた人が不整脈で立て続けに三名担ぎ込まれ
たことから、西園寺はそのペースメーカーに疑惑を向けるんですが、それ以前にペース
メーカーの会社は一つの病院にのみ納入していたのか。他の病院では問題は発生してい
なかったのか。そういった点の説明が足りず、不自然な印象を受けた次第。
 他にも細々とした引っ掛かりはかなりあったように思いますが割愛。推理物としてキ
ャラクターの設定や配置はいい感じだし、トリックなどもまあまあ面白い。もうちょっ
ときっちり詰めてくれればよくなるのに、惜しい。

 ではでは。




#1436/1450 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (sab     )  20/06/29  13:40  ( 19)
感想。「探偵・由利麟太郎」2話(ネタバレもあり)。朝霧三郎
★内容                                         20/06/29 13:42 修正 第2版

映画の道具に人体を用いるというのはどういう萌え方なのか。

例えば「吸血鬼伝説…」(又「金田一少年」)では、
美雪の身体をいじくってトリックの道具にしてしまう、
というのもあったので、
人間の身体を道具にしてしまうというのは結構ありがちなのだろうか。

或は人間の身体を侮辱的に扱うというのは
江戸川乱歩などに結構ありますよね。
「黒蜥蜴」の人間の剥製とか。「芋虫」、「人間椅子」など。

映画の為に人体を使うというのは後者な気もします。

人間の身体をトリックに使っちゃうのが面白いと思ったのか、
はたまた、
身体を侮辱的に扱うのが好きなのか。

何れにしても、ああいうのが好きなのでしょうね。




#1437/1450 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/06/29  20:18  ( 25)
視聴者も動かない   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「太陽は動かない −THE ECLIPSE−」最終回を録画視
聴。ネタバレ注意です。例によって最終回は粗筋を省きます。
 鷹野、桜井、チーヨウの三者が集結したタワーでの決戦は、大枠ではほぼ予想通りの
展開。王道の黄金パターンですので面白くなくはないが、生死を賭けたアクションシー
ンであまりにも型にはまった流れだと、緊迫感が薄らいでしまうのが難。チーヨウがな
かなか死ななかったり、バーナーによる火炎攻撃や、電気コードによる感電、セメン
ト、建築資材、そして割れた窓から地上への転落と色んな趣向を凝らしているのは分か
りますが……。ああ、一番意外だったのは第四の人物として田岡が乱戦に加わったこと
だったり。前回出番が少なかった田岡に、多少強引にでも見せ場を与えたって気がしな
いでもない。
 そのあとの時限爆弾解除のくだりも常道。最後に二本のコードが残ってさあどちらを
切る?という定番の舞台設定。主人公が切るコードを決める理由が、ちょっと面白い。
 爆弾の解除に成功した辺りで、ドラマはまだ残り二十分もあった。前回大量に残って
いた小エピソードを手際よく片付けていった感じ。ぶつ切り感が強かったので、できれ
ばひとつらなりの物語として消化して欲しかった。
 前回の予告映像で、ある人物の死亡が報じられる場面があって、その唐突さに何のこ
っちゃ状態だったんですが、これも蓋を開けてみればよくあるパターンでした。
 終わってみると、物語によくあるパターンをうまくチョイスし、くっつけたドラマだ
ったと言えましょうか。面白かったかと問われると「うーん、普通」ってなりますが、
視聴者を楽しませようという意図はよく伝わってきた。
 で、EDが流れる中、画面半分がエンドロール、もう半分がこれまでのダイジェスト
……と思ったら、新作カットだった。映画「太陽は動かない」が来春公開だそうで。映
画の宣伝のためのドラマだったのか〜。

 ではでは。




#1438/1450 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (        )  20/07/01  10:31  ( 14)
感想>「ひっかけ問題」  夢乃
★内容
 ども、夢乃です。「ひっかけ問題」拝読しました。

 読み始めていきなり最後のオチが予想でき、予想通りのオチでした。永山さんの作品
でこんな雰囲気で始まる作品って、この手のオチが多いので。うーん、いつの間にか洗
脳されているような(^^;
 内容的には面白かったです。クイズはこれまでの永山さん作品に出てきたものの焼き
直しという感じでしたが、主題が二人の関係性なので、それが気になることもありませ
んでしたし。

 ところで、一ヶ所だけ、表現が気になりました。
  ▶水に弱いというは扱いづらいですが、
のところ。「弱いというのは」もしくは「弱いという点は」でしょうか?

それでは。




#1439/1450 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (sab     )  20/07/01  19:41  ( 43)
感想もどき。「ひっかけ問題」(ネタバレ)朝霧
★内容                                         20/07/01 19:44 修正 第2版

最近小生も本格ミステリー門外漢の癖にミステリーなんて書いているのですが、
つくづく思うのは、
本格ミステリーを書くんだったら
クイズフェチぐらいのクイズマニアでないとダメだなぁー
という事ですね。

どうしてクイズになんかに萌えられるのか、というのは私には謎なのですが
私なりに考えてみると次の2つが考えられます。

@Aと思ったらB(錯視・錯覚の類)、というのが好き。
Aトリックならぬトラップ=罠が好き。

Aはハンティングに萌える様な根源的な欲望に関わると思うのですが。
しかし、「ひっかけ問題」を読んでみると、

紅茶
ライオン
図形
何れもミスリードがあって、
こうだと思わせておいて実は、というパターンが多いので、
@の様な気がしてきましたね。

では何故@みたいな欲望を持ってしまったのか。
a)多感な時期にクイズ本などでそういう欲望を植えつけられてしまった。
b)無償の愛だと思ったら打算だった、みたいな経験をした。(例えば、
母親の愛は無償の愛でなければならないのに、
大切に育てられたのは家業を継がせる為だった、みたいな経験をした)。

b)は私自身の経験でもあるのですが。
にも関わらず私はクイズマニアにはならなかった。
という事はa)でしょうか?。

つまり、
@Aと思ったらB(錯視・錯覚の類)、というのが好き。
a)多感な時期にクイズ本などでそういう欲望を植えつけられてしまった。

というのがクイズマニアになる為に必要な生活歴であったという事でしょうか。

などと愚考しました。

ではまた。





#1440/1450 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #1438 ***
★タイトル (AZA     )  20/07/01  20:10  ( 25)
できれば全部オリジナルが理想   永山
★内容
感想レス>
 夢乃さん、拙作『ひっかけ問題』を読んでくださり、ありがとうございました。脱字
の指摘も同様に感謝です。素早く(笑)直しました。
 すぐにオチが予想できた、よくあると聞いて、「抗体ができたのかな」というフレー
ズが浮かんだのは、新型コロナのニュースのせい。
 一応、伏線らしきものを敷いておいたので、そこで気付いて欲しかったのが本音で
す。

 クイズの焼き直し。
 小説にクイズやパズルの類を登場させる場合、どこまで作者自身で考えないといけな
いのかいまいち分からないでいます。著作権が認められるのは一定の文字数があって創
造性がある物という風なガイドラインが検索で見付かるんですけど、曖昧だなと。
 とりあえず出典を記しておけばいいのかなとも思うんですが、作者不詳や出典不明の
パズルも多く、全てに出典を記すのは難しい。本作でいえばライオンとウサギのパズル
や、じゃんけんのパズルですね。パズルそのものを検索しても出典が判明することは希
で、ほとんどは記されておらず、作った人は誰かとなるとさっぱりです。出典があって
も、本当にそれが最初に掲載された媒体なのかというと証明は困難が気がしますし。
 結果、自分で一から作った物か、他の方のパズルを自分なりにアレンジした物を使う
のが無難でいいんでしょうけど、そういった創案をするのにも限りがある。必然的に焼
き直し・再利用が多くなっております。(^^;

 ではでは。

追記。朝霧さんも感想をありがとうございます。書き込みに来て気付きました。レスは
翌日以降になると思います。




#1441/1450 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/07/02  20:06  ( 27)
33/47   永山
★内容
 感想もどきのレス、というかクイズ(パズル)好きになる道。
 私の場合は、父親の本棚にあったパズル本がきっかけになったと思います。小学四年
生頃だったか、寝る前に少しずつ読んで、考えて考えて、答がどうしても分からずギブ
アップして次のページにある答を見たとき、感心させられるか脱力させられるかで大き
な落差がありました(笑)。
 その内、正解とは違っていたけれども自分がひねり出した解答でも行けるんじゃない
か?と思えることがたまにあるようになりまして。だいぶ大きくなってからですけど一
度、天秤パズルの類で正解とされていた回数よりも少ない回数でできるんじゃないの?
と投書したら、次の版から訂正されていたのには嬉しいを通り越して驚いたです。
 まあ、そういう体験が一種の快感になって身に付いたのかもしれません。

 そういえば訂正をしてもらったパズルは、私も創案協力と同等ぐらいの貢献はしてる
はずだから、小説の中で自由に使っていいかしら。(^^)ジョークデスヨ


 前に言っていた短編の賞に応募した件、二次も通過していました。
 昨日・七月一日の夕刻には結果が出ていたんですけど、一次通過が四十七作で、そこ
から二次通過したのが三十三作というちょっと珍しい割合だった。なので、「あれ? 
これはもしかしたら通過できなかった方を誤って載せてしまったのではないか」と不安
に駆られ、一日様子を見た次第。訂正されないところをみると、これで合っているの
か。
 で、その賞の歴史を遡ってみると、二次通過数が一次通過数の半数以上であるケース
が結構多いことが分かり、とりあえず納得したです。
 それでも約七割を残すのは異例。てことは推測するに、どんぐりの背比べ状態なのか
しらん。受賞者なしの予感も。(^^;

 ではでは。




#1442/1450 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (sab     )  20/07/02  23:36  ( 29)
出来ることなら     朝霧
★内容                                         20/07/02 23:41 修正 第2版
このまま一発で受賞してくれたら
スッキリすると思いますね。

永山さんを差し置いて私がデビューするのも
悪い気がしますし。

何しろ正月からクイズを出す方ですから
デビューするべき人と思います。

しかし過去の二次通過者、最終選考に残った人達の
ブログその他を見てみますと
厳しいというか、一次と最終選考の辺りを
数年いったり来たりしている人もいるし。
「屍人荘の殺人」の人みたいに
ミステリーズ!の最終で落ちた後
速攻で鮎川哲也賞を取る
というケースもあるんですね。

まあ考えてみれば私の場合
NOVELDAYSの5000文字ミステリーにさえ
引っ掛からなかったので
箸にも棒にも、の状態なのですが。

永山さん受賞もしくはそれに準ずる好成績
の場合には
今までの投稿の戦せきを教えていただきたいです。

ではまた。





#1443/1450 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/07/03  20:15  ( 28)
由利ドラマの感想  永山
★内容
 と、その前に。
 まあそうなったら物凄くラッキーだなぐらいの感覚で>短編の賞。


 フジテレビ系で放送のドラマ「探偵・由利麟太郎」第三話を録画視聴。ネタバレ注意
です。
 今回はいいところなしだったような。これまでも決して高く評価できる物じゃなかっ
たけれども雰囲気とか、ちょっとしたアイディアとか見るべき点はあったのに。
 ストーリーの出来がよくない。ミステリとして見れば、妻の浮気に怒った夫が妻を殺
害しようとした、というシンプルな構図の事件で、妻殺しの犯人が夫なんて警察が最も
得意とするところ。たまたま被害者が入れ替わっただけで複雑化したけれども、通常の
手順で警察が捜査を進めれば、人違い殺人だということはすぐに分かり、狙われたので
あろう女性の夫にも話を聞くのが常道。その過程でアリバイがないこと、金に絡んだ動
機が考えられることが判明。目撃者も腕時計のことを思い出すかもしれない。要する
に、由利麟太郎が出て来るような難事件ではなかった。
 なのに何故か警察がもたついて、通報者から話をまともに聞いていないし、いつまで
も第一発見者を犯人扱いで拘束し続けるし、毒の正体を突き止めるのが異様に遅いし。
 一番訳が分からなかったのは、名越家にピエロが現れてピンヒールを持って行ったと
いうくだり。靴を脱いだ状態の足跡が室内に残っており、DNA鑑定をした結果、名越
夫の物だと判明。だから名越夫が犯人……おかしくない? 名越家の床に名越夫の足跡
があるのって当たり前で、証拠になるの? そもそもピエロを目撃したと言い出したの
も名越夫という輪を掛けて意味不明な展開なのですが。
 こんな具合に、普通のドラマだったら視聴をやめるぐらいの危険域に達しています
が、横溝正史の名前と、あと二回で終わるということも加味して、最後まで付き合うと
します。

 ではでは。





#1444/1450 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/07/04  22:12  ( 31)
私的あるあるって何じゃろな   永山
★内容                                         20/07/04 22:14 修正 第2版
 挑戦しがいのある賞を探していたら、ちょっと変わったのを発見。というか前からあ
ったのは知っていたのですが、不定期開催だったこともあり続いているとは思っていな
かった。(^^;
 変わっているというのは、受け付ける作品数を限っている点。長編の賞なんですが、
一人の作家が頑張ってストックを作っておけば、募集の告知が出るや一気に投稿して上
限に達せられそうなほど。
 もちろん、作品の出来映えで選ぶに決まっていますから、たとえ一人(から多数)の
応募しかなくても受賞できるとは限りませんが、ライバルを蹴落とすことだけは量的努
力で可能という、ある意味とてもユニークな賞だなと。
 Web応募はなく紙原稿のみ受け付ける賞だけど、上限云々とは関係なしに、チャレ
ンジしてみようかしらん。

小説投稿サイトの極私的あるあるその2>
・いいね的な星やコメントをもらった相手の作品を読みに行き、好みの合う物や気に入
った物があれば星を送る。
・でもコメントを送るのはやはりハードルがやや高い。
・読んでもらったあとすぐに星を送ると事務的、義務的なお返しだと受け取られるかも
しれないし、傍から見ると互助的活動に見えるかもしれない。だからしばらく間を開け
てから星を送る。
・そろそろ送っていいだろうと思って当該作品を改めて読みに行こうとすると、たまに
非公開になっている。(^^; 星を送れなくて何だか申し訳ない。だからといって代わり
にその人の他の作品へ星を、という訳にも行かないし。

・サイト内コンテストの入賞作品の中に、たいてい一つくらいは物凄く素直でストレー
トな話が入っている(気がする)。
 これって、サイト側は登録メンバーの年齢を把握していて、小中学生、もしかしたら
高校生ぐらいまでの年齢の人が書いた物なら素直でストレートな筋書きでも賞をあげて
いるのではないかと妄想。もちろん、自己申告であるプロフィールの年齢が本当かどう
かまで確認しているところは少ないと思われるので、間違いなく妄想です(笑)。

 ではでは。




#1445/1450 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/07/05  20:33  ( 26)
集中しきれない   永山
★内容
 新型コロナ流行。
 ぼちぼち関西に戻る頃合いかなとタイミングを計っていたのですが、今いる九州の県
内で陽性の人が一気に増えて困惑してます。うち一人は今いる市内の人と確認されたと
かで、戻る気持ちはちょっと後退。戻るとなると、クラスターの発生した店にも近い県
内最大の駅まで行き、新幹線を利用することになるから。駅まではバスで一時間以上揺
られるし。
 それに自分はまだしも、父がもしも罹ったら悪条件の揃った既往歴なので心配。自分
が九州を離れれば、買い物などに一人で行かせることになり、危険かもしれないと思い
始めたところ。しばし様子見しかなさそう。

 熊本の水害。
 ゆかりのなかった土地でも、比較的近年に足を運んだ経験があれば、今回のような災
害報道があると通常以上に思いを馳せることがある訳で。
 人吉には二年続けて旅行で訪れました。特に一度目は一人旅だったこともあって、レ
ンタル自転車で市内をそれなりに巡ったつもりでしたが、今度の水害のニュース映像を
見ても、どこがどこなのかまったく分からない。町並みが一変するほどの大きな被害が
あったことになるのかと思うと、旅行時によくしてもらった人達のことが気懸かりにな
ってきて。検索して調べても、(恐らく)情報更新されていないところばかり。それな
らばと公的機関のホームページにアクセスしようとしたら凄く重くて、表示されない。
遅まきながら余所の人間が邪魔してはいけないと気付いて、検索はやめた次第。
 今は少しでも被害の規模が抑えられることを願います。

 客船「飛鳥U」の火事のときもそうでしたが、自分が好ましく感じている場や物が害
に遭うと、しばらくの間作業に手が着かなくなるのを改めて実感したです。

 ではでは。




#1446/1450 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/07/06  20:04  ( 21)
「みじけえ夢だったなぁ」クロトワ風に   永山
★内容                                         20/07/06 20:04 修正 第2版
 くだんの短編新人賞。最終には残れず、二次通過止まりでした。
 自分の予想よりは健闘しましたが、やっぱり残念。次回はもっと準備を整えて臨むつ
もりでいます。それにしても二次と三次の発表間隔が短いな〜。
 落選作はここにUPするか、ひょっとしたら登録している小説投稿サイトの一つで改
題の上、公開するかも。その場合は小説投稿サイト名とそこでの筆名も明かしますの
で。筆名が多数あって、我ながらややこしいことになっている。(^^;
 あと、これに落ちたので誤解はないと思いますが、犯人当てに挑戦する方では、とあ
る回で最優秀賞をいただきました。作者氏のサイン色紙が副賞です。

 さあこれで心置きなく次の賞への投稿に打ち込める。

 小説投稿サイトを見て回っていると、ご自身の賞への挑戦記録をエッセイの形で綴っ
て公開している人がそれなりの数いると気付きました。
 いずれも興味深く読める反面、今のところ受賞した方の挑戦記録には当たれていない
ので、どこまで参考にしていいのか判断しにくい。
 そんなエッセイの一つに、以前からあった文学賞を“公募”と一括りにして呼称し、
サイト主催の賞と区別しているのは、ある意味分かりやすいなと思ったです。そこで線
引きしたくなる気持ちも、是非はともかく、何となく分かるし。言葉の意味をそのまま
解釈すると変なんですけどね。

 ではでは。




#1447/1450 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (sab     )  20/07/06  21:57  (  9)
残念です     朝霧
★内容
しかし次回からはシードがあるかも知れないし、
他社の賞でも「応募履歴」などに書けるので
有利かと。

早く作品を読みたいです。
楽しみにしております。

ではまた。
(またスマホから)




#1448/1450 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/07/07  20:10  ( 22)
きつく当たっているのではない   永山
★内容
 BSテレ東で再放送中のドラマ「執事西園寺の名推理」の第四話を録画視聴。ネタバ
レ注意です。
 回が進むにつれて、出来映えが微妙に下がっていっているような。軽めとはいえトリ
ックやロジックが肝となる作風だけに、そのトリックやロジックに無理や瑕疵が目立つ
と、途端に全体が悪くなったように見える。
 今回のトリックで何がよくないかって、これはもう仲の悪い者同士を犯人がコント
ロールして、思惑通りの行動を取らせるところですね。それを実現させるために深謀遠
慮が行き届いた方法が取られたのであれば拍手ものなんでしょうけど、ドラマで描かれ
たのは舌先三寸な言葉による誘導が主で、毒水騒動の共通の被害者になったから親密に
なって話がしやすい、なんていうのは嘘っぽい。
 満々が一、うまくお膳立てができたとしても、当日、踊って足に傷が付いた段階で女
の方が騒ぎ立てるんじゃないのかしらん。その結果、場合によっては靴の先に仕掛けた
毒針に気付かれる恐れだってある。
 一方、ロジックの方も冴えず。一応、辻褄は合っているものの、視聴者に対して土壇
場まで隠していた情報で犯人が特定されるというのはちょっと、いやだいぶいただけな
い。犯人を推測する楽しみを視聴者から取り上げてしまっている。いかにも、推理すれ
ば犯人を当てられそうな作りだからこその苦言。
 ついでに些末なことですけど、被害者の性格であれば、店を訪ねた折に蜂に刺された
となったら、大騒ぎして公に問題化させている気がする。そんな気配が一切描かれなか
ったのは、やや不自然と言えるかもしれない。

 ではでは。




#1449/1450 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/07/08  19:58  ( 29)
既読だけどもっと面白かった記憶が   永山
★内容
 フジテレビ系で放送のドラマ「探偵・由利麟太郎」第四話を録画視聴。ネタバレ注意
です。
 前後編エピソードの前編ということで、まだ見えていない部分が多いのですが、そこ
を割り引いたとしても、相変わらず変な演出がちらほらと。
 一番おかしかったのが、暗号の扱い。音楽として意味をなさない楽譜を早々に暗号と
断定するまではよかったけれども、解読過程の場面がない。次に出て来たときにはもう
解読しているものの、その解読方法は置換法であることが表で示されるだけ。その表示
時間も短い。
 楽譜関連では他にも変なことがあって、「暗号がなくてこのメモの住所だけだったら
何のことだか分からなかった」という意味のことを助手が言っていたと思いますが、メ
モに住所があったらとりあえずそこに行く流れだったでしょうに。「暗号だけだったら
何のことか分からない(特定できない)」という台詞の方が納得がいくような。
 少女が渡した封筒の中身が楽譜だってことが、何で第三者に分かったのかも不明。文
面が覗ける位置に人はいなかった。

 現代に舞台を移しておきながら、警察が関係者全員をホテルに留め置くというのは処
理がお粗末では。しかもその環境下で新たな死者が出ている。大失態だとして叩かれる
だろうなあ。
 京都府警の等々力警部が大阪府警の刑事と挨拶する場面。等々力が名乗ったのに対
し、大阪の刑事は「ご無沙汰しています」と応じる。二人の間のやり取りだとしたらお
かしいので、他に居合わせた面々を含めた会話ってことなんでしょうけど、分かりにく
い。

 あと、そんな簡単に荷物をこっそり運び出せるのかと。

 次で最終回ですが、由利の記憶に強く残っているらしい事件についての解説がないか
ら、どうするんだろう。最終回に押し込むのか、続編を匂わせるのか。

 ではでは。




#1450/1450 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/07/09  22:35  ( 22)
そこにあるけれども見られない   永山
★内容
 この度の公募投稿結果はいまいちで終わりましたけれども、一応、将来に備えて(^^;
これまでの公募結果(記録をまとめたテキストデータ)を探してみた――んですが、見
付からない。
 別途フロッピーに保存しているであろう分は現状、機器の問題で読み込めなくなって
いるので出せそうにないです。そもそも古い話ですから、現在の賞の傾向を探るような
参考にはならないでしょうし。
 昨年五月頃から登録を始めた小説投稿サイトでのコンテスト挑戦の記録ならあります
が、少なくとも入賞には至っていないため、これもほとんど参考にはならないかと。

 米国プロレス団体WWEで七月十九日に予定されているレイ・ミステリオ・ジュニア
対セス・ロリンズのルールが、「目には目をマッチ」と題して、相手の目を素手でくり
ぬいた方が勝ちってことになってるんですけど、どうやって収拾つけるんだろう……。
 本当にくりぬくとは誰も思っていないはずですが、でも第三者が乱入しての無効試合
とか、おもちゃの義眼が取れるというような、下手なお茶の濁し方をしたら大いにひん
しゅくを買うのは間違いなし。
 どちらかの選手が実は引退間近で、試合途中に動けなくなる → レフェリーストッ
プ → 引退表明 というストーリーなら、ぎりぎり納得できるかな? でも両選手と
も年齢はともかく、リタイアするような体調には見えないしな〜。
 まさか目の病気ってこともあるまいし。
 うーん、分からん。

 ではでは。




「◇フレッシュボイス2」一覧



オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE