AWC ◇フレッシュボイス2



#1261/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/02/01  19:52  ( 19)
懇切丁寧明々白々   永山
★内容
 NHKで放送のドラマ『ハムラアキラ〜世界で最も不運な探偵〜』第二話を録画視
聴。ネタバレ注意です。
 今回は非常によくできたストーリーであると同時に、いささか分かり易い、分かり易
すぎると言っていいくらいに早い段階で、事件の真相が見えてしまったような。
 それだけ丁寧に作られていた証と言えなくもないんですが、何となく消化不良を起こ
したような気分になった。もっとうまい見せ方があったんじゃないかという思いが残
る。具体的にどうしろというのはまだ浮かびませんが……次から次へと依頼が途切れず
にある状況は、たまたま案件が早く片付いた結果、いわば偶然そうなったということで
もあるので、この不自然さは何とかして解消したいところ。無論、主人公が世界一不運
な探偵と呼ばれるほどなのに、依頼が次々と舞い込むそれこそが犯罪の証拠だというバ
カミス的なロジックが面白さの眼目の一つなのは理解した上で、やはり、ほんのりと漂
うご都合主義的展開が気になってしまう。
 別に、次々と依頼を用意しなくてもいいと思えるんですよ。一つの依頼が想定よりも
早く解決したが、依頼者に報告すると「いや、まだ分からないからもっと調べてみてく
れ」と何故か調査の続行を頼んでくる。少し変に感じつつも、期間が延びればそれだけ
報酬が入ってくるので探偵も引き受ける。が、何かおかしい……と、こういう風な流れ
でも行けたでしょうに。

 ではでは。




#1262/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/02/02  19:53  ( 24)
警察が現場不在証明を承るドラマ   永山
★内容
 テレビ朝日系で放送のドラマ「アリバイ崩し承ります」第一話を録画視聴。ネタバレ
注意です。
 原作である大山誠一郎による同名小説の評判が高く、気になってたんですが、なかな
か読めないまま、ドラマを先に見ることに。(^^;
 初回の感想は、面白いんだけど、現実的に想定できる状況をかなり都合よく端折っ
て、アリバイトリックを成立させている印象を受けました。
 防犯カメラがあれば一発で崩れるし、そうでなくとも、警察が丹念に現場及び容疑者
宅周辺で聞き込みをすれば、車の目撃証言が出てくるでしょうから、やはりアリバイト
リックは解ける。
 “そういうことを全然調べていない警察”の象徴として、有力国会議員のボンボン息
子の刑事とか、そのボンボンにごまをすってばかりいる周りの刑事とかを配置してるの
だろうか。ここまで何もできない警察だと、普通、ミステリドラマが成り立たないレベ
ルなんですが。
 では何が面白かったのか、よかったのかというと、手掛かり。これはもう作者の真骨
頂だと思うんですが、提示された手掛かりは何気ないものが多く、観ている側が手掛か
りと気付きにくい。そういう手掛かりが複数個、解決シーンで連発するとそれだけでも
「おおっ!」となる。
 あとはまあ、キャラクターもまずまずよかったかな。今後の動かし方次第の面もあり
ますが、コメディ色を邪魔にならない程度にうまく出せれば。

 関係ないけど、ドラマの中で遺影として登場した森本レオの写真を最初、仲本工事と
見間違えてしまってた。

 ではでは。




#1263/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (sab     )  20/02/03  12:56  ( 25)
感想「アリバイ崩し承ります」【ネタバレ】   HBJ
★内容                                         20/02/03 13:53 修正 第3版
図書館に本を返しに行くのに、
ついでに何かを借りてこようと
大山誠一郎「アリバイ崩し承ります」を予約しようと思ったら
八王子市の全図書館で貸出中。
大山誠一郎はこんなに売れているのか、と思ったが。
ドラマ化されていたんですね。
さっそくtverで視聴。
よかったですね。
いかにも偏差値が高い人が描いた感じで
(偏差値が低そうなのが米澤ほのぶ)
安心して見ていられました。
伏線のはりかたも自然だったと思いますね。
防犯カメラについては作家宅は一軒家なので無くて
マンションは管理人がどうにかしたとかでは。
疑問だったのは一時間の内に二回も扼殺されるか、というところか。
冒頭、頬を引っ掛かれシーンがありましたが、
あれがなければ、傷の偽装と思ったかも。
次回以降楽しみにです。
ところでこのドラマには縦糸がないのでしょうか?

ついでに「テセウスの船」3話を見たが。
やっぱり殺人事件よりタイムスリップの方が大ニュースと
思えてならないですね。

ではまた。




#1264/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/02/03  20:42  ( 48)
渦巻く人間模様が面白い   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「頭取野崎修平」第三回を録画視聴。ネタバレ注意です。
 野崎を頭取の座から追い落とすためクーデターを仕掛けるも失敗に終わった京極春樹
は、次の一手として金融庁の元上司に働きかけ、おおぞら銀行へ検査を入れるように画
策。後日、検査が入ることを野崎に報告。その際に、同じクーデーター未遂に終わった
立川を日雲商事の不良債権処理に当たらせたのはいざというときに責任を取らせるため
かと揶揄。野崎は否定し、立川と同じ立場である春樹にはそのような役目を与えていな
いだろうと反論する。春樹は自分は起立しなかったといけしゃあしゃあと述べ、金融庁
の検査への対応は自分に任せてもらうことを取り付ける。
 野崎は不良債権がありながら大プロジェクトのAPPを進める日雲商事について詳し
く知るため、石原を日雲へ出向させるとともに、かつての腹心・坂本を呼び寄せて、立
川に協力するように命じる。
 坂本は立川に、金融庁検査に対して付け入られる隙を見せたくないとして、融資先と
しての日雲商事の評価を上げることができないか、三パターンのシミュレーション作成
を命じる。後に結果を記した資料を持って来た坂本に対し、唯一かろうじて評価が上が
るパターンだけを残して、他は廃棄するように言う。そのようなごまかしには加担でき
ないとして、拒否する坂本。結果、坂本は外され、代わりに西條が入った。西條は立川
の命令を飲む一方、京極春樹の動向にもアンテナを張り、勝ち馬に乗るつもりでいる。
 坂本から事情を聞いた野崎は、西條が日雲に関する内部データの内、不都合な物を削
除する可能性があると踏み、システム部に急いであるシステムを作らせた。それは行員
の物が銀行内にあるデータにアクセスし、削除しようとした場合は削除をストップさせ
た上で、通報が来るようにするものであった。それは実際、西條の行為を暴き出し、削
除も未然に防げた。ただ、システムを作った者は忸怩たる思いがあったらしく、野崎の
部屋を訪ねて、こういうのはおおぞららしくない、野崎頭取らしくないのではないかと
訴える。
 坂本からの報告や西條の暴走的行為により、立川が腹に一物を持っていると改めて把
握した野崎は、彼女を呼んで不良債権処理の進捗状況を聞く。その場で、野崎からその
やり方を非難された立川は、どうせトカゲの尻尾切りをするためにこの役目を負わせた
んでしょうと、春樹と同じ見解を示す。さらに元頭取の京極にやり方が似てきたとまで
言う。
 二人の者から相次いで、かつてとやり方が違ってきたと指摘された野崎は結構落ち込
む。
 一方、出向という形で日雲商事に潜り込んだ石原は、悪戦苦闘の末、APPの開発す
る土地は土壌汚染されていること、さらには野崎と因縁のある総会屋の海藤が、日雲に
超高額な口止め料を要求していると知る。思った以上に大きな爆弾の登場だが、その報
告を受けた野崎は石原にくれぐれも注意するようにと伝える。
 ――第三回のあらすじはこんなところで。これでもかなり省略しています。
 省略したのは、海藤に関連する事柄が多いですね。要は土壌汚染をネタに四十八億円
を日雲に要求、払えないときは担当者の家族らに危害が及ぶことを匂わせる。ラスト近
くで野崎と石原の前に姿を見せるくだりは、なかなか緊迫感があってよかった。
 今回の見所としては、野崎が京極と似てきたと言われたのを気にして?落ち込む辺
り、野崎の人柄を表していて興味深い。
 気になったのは、クーデターの神輿として担ぎ上げられた立川が、造反者の寝返りに
よってクーデターに失敗したことを、さして立川は気にしていないこと。普通、クーデ
ターが失敗したのは、とりまとめに失敗した春樹のせいだとして、春樹をこき下ろして
もいいだろうに、一切なかった。話の運びをスムーズにするためかなあ?

 ではでは。





#1265/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/02/04  20:40  ( 25)
恣意的な(印象を受けたとこを)指摘   永山
★内容
 TBS系で放送のドラマ「テセウスの船」第三回を録画視聴。ネタバレ注意です。
 うーん、通常枠になって事件に関するシーンが増えて緊密になるものと期待していま
したが、ちょっと微妙な作りだったかなあ。
 事件や捜査にまつわる描写は多かった一方で、思わせぶりな描写が一気に増えた気が
する。ドラマの手法、ストーリーテールの手法と言ってしまえばそれまでなのかもしれ
ませんが、いくつもあるとあざとい印象が強まるだけで、あんまりプラスには働かない
と思う。
 未来(現代)から持ち込んだ資料を捨てたあと、何者かが拾ったことになりました
が、もし本当に犯人が拾ったんだったら、偶然性が強いというかご都合主義というか…
…。あの状況あのタイミングで、犯人が単独行動していて、なおかつ拾うだけの納得の
いく説明があとでなされるのだろうか。
 「父親に打ち明けるのが早いなあ」「金丸刑事が急に信じ始めたぞ」「金丸刑事が襲
われた?」と、第三回にしてえらく急展開だなあと思っていたら、再びタイムスリップ
が起きて、現代に戻って来た。何であのタイミングで元の時代に戻されるんだ? 何か
を解決した訳でなく、父親に打ち明けたからでもなさそう。あの場所に行けば、現代と
事件当時とを自由に行き来できるのか? ここにもご都合臭を感じてしまう。あとでき
ちんと説明があることを期待。
 というか、まさかこんなに早く現代に戻って来るとは完全に想像の外でした。もっと
事件当時になんやかんやとやってから、父親のえん罪を晴らせたと目処が付いた後、現
代に戻って来るも、「あれ? うまく行ってない」と分かり、再び過去へ――と、この
程度のタイムスリップの繰り返しならあるかもしれないと思っていましたが。
 そういえば、現代に戻って来たのなら、主人公の車があると思うんだけど、とりあえ
ず映ってなかったような?

 ではでは。




#1266/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/02/05  20:33  ( 25)
記事を書かずば読まれまい   永山
★内容
 ニュースサイトなどで時折、ちょっと話題になっているブログ漫画の紹介が載ってる
んだけど、気になったからその漫画を読もうとしても、なかなか辿り着けない問題。
 何でか知らないが、紹介している漫画作品そのものへのリンクは張られていなくて、
ブログ漫画全体へのリンクだけがある。漫画のタイトル(もしくはサブタイトル)も書
かれていない。だからそのブログに行っても、紹介されていた作品がどこにあるのかな
かなか見付からない。大分昔だけど、漫画が当該ブログに掲載されてから数ヶ月経って
紹介したケースがあって、ブログ記事をいくら潜っても見付からなくて凄く疲弊した覚
えが。
 今のネット社会で、これはおかしいと思い、とりあえず特徴的なキーワードを抜き出
して検索してみると、私が最初にその記事を目にしたのとは別のサイトに元々の記事が
あって、元記事にはちゃんと紹介した漫画作品へのリンクが書いてあった。よそから引
用紹介する形で記事を引っ張ってくる際に、何らかの約束事でもあるのかしらん? 記
事本文中のリンクはコピーしちゃだめ、というような。理由は分からないけど。
 不便だし手間が掛かるんで、問題がないようなら改善してもらいたいもの。

 だいぶ前に、サッカーの記事で不満を書いたこともあったっけ。
 サッカー専門サイトの記事をそのまま一般的なニュースサイトに持って来られると、
専門用語の理解度が違うので、往々にして、ちんぷんかんぷんなものになりがちじゃな
いかと。
 その業界では代表的な人物だが、一般に紛れるとピンと来ない。なのに名字だけで全
てを察しろと言わんばかりの記事見出しを書かれても……ということもあった覚えが。
 いずれも、もう何年も経っている気がするんだけど、今も同じ形式がまかり通ってい
るのがまた不思議です。

 ではでは。




#1267/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/02/06  19:44  ( 21)
“誕生ナウ”   永山
★内容
 Eテレ(教育テレビ)で放送のドキュメンタリー「ナウシカ誕生」を視聴。「風の谷
のナウシカ」を歌舞伎舞台化するまでの記録ですね。
 放送のだいぶ前に、同舞台の公演で骨折事故が起きて、それを報じるニュースサイト
にて尾上菊之助演じるナウシカの写真を拝見、「・・・」となってしまった。
 なので、この番組も本放送時に録画だけして、見ようかどうしようか迷ってとりあえ
ず寝かせるつもりでいたんですが、再放送していたのをたまたま目にしたから、そのま
ま視聴した次第。
 まず、ニュースサイトでビジュアルだけ見て抱いた私の感想というかイメージは、“
ナウシカファンの人が作品が好きすぎて、盛大に勘違いしてやらかしちゃった舞台”と
いうものでした。
 でもこの番組を観て印象が変わった。大勢のプロの本気度と、それでもなお残る迷い
がうかがえる内容。手探り状態、試行錯誤の連続の中、当事者なりの答を見付けようと
奮闘する様は凄いし、美しいと形容していいと思えた。稽古の後半になって合流できた
中村七之助(クシャナ役)が新たな意見を出して、それを他の人達も受け入れ、また一
から検討する辺り、時間がない中どんだけ貪欲なんだと。
 腐海の色使いを決めるに当たって、原作者・宮崎駿の拘りを手掛かりにしたり、衣装
や表現にも古典的な歌舞伎の技法?を応用する一方で、全く新しい物を取り入れたりも
する。ほんと、全力を注いだのが伝わってくる舞台裏の話でした。
 あと、七之助のクシャナがはまり役だったらしいのは、よく分かった(笑)。

 ではでは。




#1268/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/02/07  20:10  ( 19)
計量の機会はワンチャンじゃないけど   永山
★内容
 海外の総合格闘技組織「ONE Championship」(略称ONE)に出場の
日本人選手が、試合前の尿比重値オーバーにより、計量パスできず。キャッチウェイト
に変更して試合は行われる、とのニュース。
 階級制のある格闘技をそれなりに観てきたつもりですが、今回のこの記事には、何の
こっちゃ?となりました。
 ONEは水抜き減量(計量が試合前日に行われることを利して、計量は脱水状態に近
い身体でパスし、試合当日には本来の階級の上限を大きく超えた体重にして試合に臨
む)を禁じている(希有な)団体として有名なのですが、尿比重値というものまで計測
しているとは、全く知らなかったです。
 検索してみると、身体が脱水状態になるに従い、尿比重値は上がるらしい。アスリー
トやペットの健康状態を診るのに使うみたい。
 そんな数値、選手側が個人でコントロールできるのかいなと思ったけど、とりあえず
測定する器具は売ってるみたい。それでも、値は刻々と変わりそうな気もするし、体質
とか関係ないのかしらん?
 記事によると、尿比重値をパスしないと、キャッチウェイトでも試合はできないとか
で、水を一リットル飲んで再計測し、基準内の値に収めたとのこと。水分を摂取すれば
てきめんに改善されるのだから、脱水の指針なのは間違いないんでしょうけど。

 ではでは。




#1269/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/02/08  20:25  ( 24)
副題はいらない気がする   永山
★内容
 NHKで放送のドラマ『ハムラアキラ〜世界で最も不運な探偵〜』第三話を録画視
聴。ネタバレ注意です。
 前回に引き続いて、今回も分かり易いと言えば分かり易い作り。ただし事件の真相が
二段構えになっていたため、見破ることは難しい。観ている途中で、偽の解決とほんと
の解決、いずれかを察知する視聴者は結構多いかもしれない。正確に言い当てるのでは
なく、何となくこんな感じじゃ内かなっていうぐらいなら、充分に推測可能。
 問題があるとしたら、二つある解決の内、どちらが真でどちらが偽なのか、視聴者に
はその根拠が明示されていないことかな。明示していたら、途中で本当に気付かれる可
能性が高まるかもしれないけど。それに、実質的に物証がないまま幕を閉じた事件なの
で、厳密にはどちらが真実だったのか、誰にも分からない、と言えなくはないでしょ
う。かようなスタイルの物語だから、誰にも言い当てられないような形で、二段構えに
するのは当然の帰結だった、のかな? ただまあ、さじ加減一つ、台詞一つでどちらを
真相にするかを決められそうな構造は、ちょっとずるい印象がある。
 他にも不満がない訳ではなく。たとえば、終盤で示された真相だと、マンション高層
階から転落死した遺体を、同じ高層階の部屋にいた人物が第一発見者になり、墜落現場
にはしばらく他の誰も近寄らないことが条件になる。いくら年始の夜でもきつくないか
と疑問に感じる。ここはどうにかして、転落した人物が最初から年賀状を握りしめてい
た状況をひねり出すべきだったような。

 あと、『ハムラアキラ〜世界で最も不運な探偵〜』の“〜世界で最も不運な探偵〜”
の上の部分を何と呼べばいいのか知らないのですが、内容にそぐわないと思えるので他
のフレーズにした方がいい。少なくとも、世界で最も不運な感じは出ていない。

 ではでは。




#1270/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (lig     )  20/02/08  20:46  ( 68)
おそれすおそれず らいと・ひる
★内容

かなりの遅レスとなってしまって申し訳ありません。

永山さん>

 まずは、AWC大賞で私の書き込みへの一票と、別サイトにあげられた作品への一票を検
討されていたことに感謝します。ありがとうございました。

 そういやAWC大賞ってフレボイの書き込みも対象だったことを失念しておりました。AW
C内の作品をまったく読んでいなかったので投票を控えていたのですが、フレボイで投票
する手もあったのですよね。



外部作品のAWC大賞参加に関する議論>

 うーん……たぶん根本的な問題として、もしAWC大賞を盛り上げるのであれば、アクテ
ィブメンバーを増やす方が先決だと、個人的には思っているのですが……。

 ここ数年の大賞の消滅問題にしても、参加者の少なさがネックとなっていませんか?

 新たなルールを加えても、それに参加する人がいなければ意味がなくなってしまいま
す。まあ、そもそも参加人数を増やすことを望むメンバーがどれだけいるかなんですけ
どね。

 さて、ここでAWCのアクティブメンバーを増やす具体的な方法を上げるべきなのでしょ
うが、残念ながら私はこれといった名案を出すことはできません。

 AWCを小説投降サイトとして見た時に、その類似サイトの多さ、そして新規参入者
にとって、残念ながらこれといった特色のないこのサイトに魅力がないのが現状です。

 すみません、ディスってるわけではないのですが、今の時代にAWCは合わないと個
人的には考えております。

 ただし、人数の少なさに却って魅力を感じているというのが私自身の感想ではありま
す。身も蓋もない喩えですが『永山さんのブログ』としてみれば、けっこう面白くて興
味深いという……。

 話が逸れましたが、出版社がバックについた大手サイトさえ苦戦するという状況で、A
WCに新たな投稿者やアクティブメンバーを増やすのは難しいでしょう。

 それでもなんとか「昔のような盛り上がりを!」と画策するのであれば、最初にやる
べきことは昔AWCメンバーであった人を再び引き込むのが近道ではないですかね?

 私のように、書き込みはしなくてもROM専でここの掲示板を見ている人もいるかも
しれません。

 そのような人たちに、帰ってきやすい居場所を提供するのが、メンバーを増やすため
の一つの方法でもあるかとも思います。具体的な方法を上げられなくて申し訳ないで
す。

 もちろん、古いメンバーばかりでは、新規が参入しずらい雰囲気になるかもしれませ
ん。だからといって、今のままでは、新しい人さえ取りこむことはできないでしょう。

 とはいえ、昔のアクティブメンバーもかなりな年齢で、時間的余裕のある方も少ない
かもしれません。ROMまでは引き戻せても大賞への投票に参加させるのは、少し難し
いような気もしますが……。

 外部作品のAWC大賞参加に関する議論の前に、大賞自体を改めて考えてみた方がい
いのかもしれません。もちろん、このまま『AWC大賞該当者無し』を何年も続けていくの
を、ある意味風物詩として捉える方もいるでしょう。その場合は現状維持こそが望まれ
ている場合もあります。

 なんだか否定的な意見ばかりで申し訳ありません。



ではでは。




#1271/1547 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #1270 ***
★タイトル (AZA     )  20/02/09  20:12  ( 52)
旧正月じゃないけれども   永山
★内容
 らいと・ひるさん、あけましておめでとうございます。(^^)
 そして、ご意見をありがとうございます。

外部作品のAWC大賞参加>
 私も迷っているというか自信がないというか、昨年末に、一気に「やりましょう!」
という風に持って行くまで気持ちが盛り上がらなかったのには、いくつか原因がありま
すが、一番大きいのはAWCの独自性を保ちたい、になるのかな。
 この独自性というのは、類似サイトに比べてここが勝っているとか、こんな特長を有
しているとかだけでなく。
 昔アクティブだった方が、AWCに久しぶりに書き込まれたとき、正確な文言はちょ
っと忘れましたが、「残っていてよかった」「戻れる場所」というニュアンスが多く見
受けられたように思います。そういう懐かしい場所として独自性を保っていくのはかな
り重要なんじゃないかと感じます。
 そこを重視するなら、今、下手に開放する(今様の小説投稿サイトに寄せに行く)と、
メンバーが増えようが増えまいが、AWC大賞参加作が増えようが増えまいが、雰囲気
が変化してしまう恐れはあるかも。

 新しい人達だけでなく、昔のメンバーの人達をまた引き込めたらという考え方は、本
心を言えば大賛成です。が、その方法を思い付きません。
 とりあえず、今でも作品を書かれている方が、いわゆる今様の小説投稿サイトには作
品を投稿するけれども、AWCには投稿しなくなった理由を知りたいところです。手間
かもしれないけどこっちにも書いてくれよん(^^;的な、素朴な疑問。
 ひとまず、小説投稿サイトに投稿する理由を考えてみるに。
 参加人数は大きな差がありますが、では小説投稿サイトの方が比例して感想をもらっ
ているかというと、そうでもない気がします。「なろう」以外の代表的なところをうろ
うろと見て回ったんですが、それなりの人気作を書いているか、グループ化?していな
い限り、コメントの類はほとんどもらえていないのが実情じゃないかなあと。あと、希
にですけど、けなすためだけのコメントも散見されますし、中にはけなすために自主企
画を立ち上げて募るなんて話も、某巨大掲示板の書き込みで知りました(事実かどうか
は確かめられませんでした)。
 プロになれる可能性がある、書籍出版の可能性がある、お金になる可能性がある――
この辺りは容易に理解できますが、そういう書き手ばかりじゃないのも事実で、すがす
がしいほどにアマチュア精神の持ち主も大勢いるように見受けます。さらに、昔からあ
る文学賞も最近では、Web応募可とするところが増えているようですから、一部小説
投稿サイトのみの利点とはならないはず。
 となると、書き手にとって、読まれているという実感が一番なのでしょうか。どんな
感想を持たれているかは分からなくても、PVの数値によって読まれていること(読ま
れていないことも)だけは分かる……。
 この気持ちは納得できる。ただ、それならサイトとしての規模は小さくても感想のや
り取りがしやすいところとどっこいどっこいじゃないかと思わないでもなし。

 人数については、以前から幾度か書いてきた通り、小説投稿サイトとして適切な規模
というものが確実にあると思うんですが、具体的にどうこう言えるほどじゃないし、規
模が大きくなりすぎるのを防ぐためにたとえばツイッターによる情報発信禁止、なんて
のは現実的でないし。
 今様の小説投稿サイトの規模では大きすぎる、とだけは確実に言えそう。
 あ、それと今のAWCでは少ない、ということも言える。(^^;

 思い付くままに書きましたので、まとまりを欠いているかもしれませんが、今回はこ
んなところで。

 ではでは。




#1272/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/02/10  19:39  ( 25)
非監視社会のドラマ   永山
★内容
 テレビ朝日系で放送のドラマ「アリバイ崩し承ります」第二話を録画視聴。ネタバレ
注意です。
 うむ。このドラマは原則的に、防犯カメラの類がほとんどない世界の物語として楽し
むべきなのかなと理解。以後、「防犯カメラがあったら一発じゃん」なんて感想は抱か
ないことにします。
 ただ、今回は序盤、インターフォンのモニターに記録が残るのかどうかが気になって
仕方がなかった。当然、映像が記録されて残るタイプも残らないタイプもあるんでしょ
うけど、だったら視聴者に、このインターフォンは記録が残らないタイプですと分かる
ように描いてほしい。
 それと今回は、死亡推定時刻がふわっとしていた――夕方から夜にかけて――ため、
どうとでも取れるように感じた。その上で、夕食のメニューが投稿された時刻を根拠に
犯行時間帯を絞り込んだような演出であるため、視聴者は「だったら被害者ではなく犯
人が夕食の写真を投稿したんだろ」と早い時点で見なしてしまい、それ以上深く考えな
い恐れがある。ほんとは奥により複雑でユニークなアリバイトリックがあるというの
に、これではもったいない。犯人による偽装投稿だけはでアリバイを崩せないよと、き
ちんと明示すべきだったのでは。
 さて、そのアリバイトリックが面白い。というか、一部、考えたことがあるネタだっ
た。スイーツ弁当のくだりね。うまい使い方が見付からないので放置してましたが、な
るほど、こういう使い方があったか〜。
 もう一点。ストーリー展開が強引だった。容疑者二人の内、Aはアリバイがあるから
と早々に容疑から外し、Bも調べていくとアリバイ成立したから、やっぱりAが怪し
い、「Aもアリバイあるけど俺が捕まえて吐かせますよ」って、無茶苦茶だ。せめてA
のアリバイに綻びが見えた、みたいなことを挟まないといかんでしょ。

 ではでは。




#1273/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (sab     )  20/02/10  19:51  ( 85)
感想【ネタバレ】「テセウスの船」他  HBJ
★内容                                         20/02/11 10:33 修正 第8版
「テセウスの船」4ですが。
現代に舞い戻ってきて
母親他一名自殺
女房(上野樹里)とは赤の他人に戻り
可愛い我が子も無に帰す
がそれでも父親の無罪が第一で
熱く演じます。
この状態で冤罪が証明されて
しまったらかえって困ると思うのだが。
なんとしても音臼村の過去に
再びタイムスリップして
毒入り鍋料理事件を止めないと。
でもそんな事したら
「バタフライエフェクト」みたいなのりに
なってしまうかも。
そして、これはだけSF的要素が
出てきても
クライマックスは
被害者の遺族会に乗り込んで行って
新たな証言を得る場面らしく、
もうカットバックとBGMで
迫って来るのですが
見ているこっちは白けてますね。
これは脚本と演出に無理ありかも。

続いて「アリバイ崩し承ります」2ですが。
【ネタバレ】ですが。









これも今回はつらかった。
が、何故か嘱託殺人から管理官の
謎解きのシーンでは
感涙に咽んでしまった。
これは原作はともかく
演者と演出がいいからでは。

今回はそんなところです。
ではまた。


ps。
永山さんの感想を読んで
そうなのかとも思いました。

確かsnsへの投稿に関して言われるシーンは
「胃の内容物の消化具合とも一致」
とか言われていたような。
それでこれはもう動かぬ証拠と思い込んで
しまいましたね。
tverで再生を止めて推理をしたのですが
全然分かりませでした。

胃の内容物の消化の時間がおかしい、
という事を
明確にオーディエンスに意識させて
考える様に仕向けてくれれば
謎解きの段階で
「そうだったのか」と思ったかも。

後は動機と手口が絡んでいるか
ですね。
動機は美容師の弟をたすけたい
という事ですが
これは別にモンブランのトリックとは関係なく
美容師が床屋でもマッサージ師でもいいわけで。
そこを弟はパティシエで胃もたれしないスイーツ
を研究していた
とかすれば
(或いは、お弁当スイーツを考案していた、
そして姉はそれをヒントに手口を思い付いた
とかすれば、伏線にもなるし)
動機と手口が絡み合って良い作品になるのでは。
動機がおざなりになると
ただのクイズになってしまう気がしますね。








#1274/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/02/11  21:17  ( 34)
訂正二つ   永山
★内容
 らいと・ひるさんの前の書き込みが今年初だと思い違いをして、あけましておめでと
うございますをしてしまいました。すみません。元の書き込みを修正したいけど、残そ
う。

 TBS系で放送のドラマ「テセウスの船」第四回を録画視聴。ネタバレ注意です。
 現代に戻って来て、どういう因果関係があったのか分からないけれども、主人公が過
去に介入したおかげでかえって悪い方に変化していた……ということは、変化の仕方に
よっては、主人公自身が死んじゃう、あるいは生まれてこないなんてケースもあり得た
ってか。これは仮に、再び事件当時にタイムスリップできたとしても、迂闊な行動は取
れないな。
 現代編で、木村先生が登場。やや老けすぎの感があるけど、まあそれは事件に遭遇し
たからだとして、何でこんなにも音臼小事件の犯人を憎んでいるのかが分からない。身
内が犠牲になった訳じゃないようだし、教え子が死んだからというだけでは弱いよう
な。養子の息子の嫁(主人公の姉)に対する扱いも、嫁いじめの姑って感じで、嫁が殺
人犯の娘だと元から知っていた、とでもしないと納得できないレベル。
 主人公の方の嫁が、主人公と結婚していないばかりか、知り合ってさえいなくて、週
刊誌記者になっているという唐突な展開。過去をいじった結果がどうつながって、こん
なことになったのかは説明されるんだろうか。
 そうそう、主人公と記者とがこの時点で結ばれていないってことは、元の現代で生ま
れていた赤ん坊は存在しないことになったんですよね。この事実は、主人公にとってと
ても重い結果だと思うんですが、割とあっさり簡単に済ませられた印象。
 収監中の文吾が、次男坊である主人公を見て「心さん」と名前で呼ぶのはいいとし
て、そのやり取りがいまいちぴんと来ない。文吾からすれば、面会に現れた主人公が、
タイムスリップの前なのかあとなのかは分からないはずなのに、あとと決めてかかって
いるのは不思議。

ドラマ「アリバイ崩し承ります」第二話感想補足>
 完全に書き漏らしていました。
 トリッククイズ本で読んだんですが、消化物で死亡時刻を推定することを逆用し、死
体の胃にチューブと注射器を使って食べ物を送り込むという古典的トリックがあると
か。それが頭にあったものですから、ドラマも「この推定時刻は当てにならないよな
〜」と思いつつ視聴してました。もっと素直に観ないといけなかったです。

 ではでは。




#1275/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/02/12  20:22  ( 72)
テンポよくてもあらすじ長い(^^;   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「頭取野崎修平」第四回を録画視聴。ネタバレ注意です。
 野崎は総会屋・海藤の件でリスクマネジメント会社のIRMを訪れる。そこは、おお
ぞら銀行の元専務である武田が興した企業であった。野崎は海藤率いる総会屋グループ
の一掃を武田に依頼する。
 不良債権処理を任されている立川は、海藤の件で日雲商事を訪ねる。援助の打ち切り
を匂わせた立川に、日雲側は彼女が帰ったあと、土壌汚染を隠蔽するべく、別会社を作
ってAPPの一切合切を背負わせようと考える。その別会社の社長を命じられた塩田
は、とかげの尻尾切りだと分かっていながら引き受けざるを得ない。ところが会社から
の帰途、正体不明の車に故意に轢かれそうになる。危ういところで、野崎が武田を通じ
て密かに付けた護衛が助けてくれたおかげで、命を取り留めた。おおぞら銀行が何故、
日雲の自分を助けてくれるのかと不思議がる塩田に、野崎は会社が社員を守らないどこ
ろか切り捨てる風潮に憤慨していると一席ぶつ。感銘を受けた塩田は、土壌汚染に関す
る全ての資料をおおぞら側に提供する。
 その資料を持って野崎は単身、日雲の社長室に乗り込み、事の真偽を問い質す。なお
も保身に走ろうとする日雲上層部に対し、野崎は全ての公表を要請する。
 土壌汚染などを日雲が認めたとの記事を見て事後に知った立川は、日雲を潰すつもり
なのかと野崎に詰め寄るが、野崎の信念は揺るがず。
 海藤ら総会屋は、武田の“兵糧攻め”により、土木工事を始めとする企業の事業に絡
めなくなり、上がりが激減。武田は海藤らの動きを警戒し、警備レベルを最大にまで引
き上げろと部下に命じた。
 一方、おおぞら銀行への金融庁による査察は続いていた。主席検査官の紅梅は、日雲
商事関連の資料の少なさ、バランスの悪さを指摘し、隠蔽がないか問い詰める。当初は
全て資料を提出したととぼけた立川及び京極春樹だったが、紅梅に本店をくまなく捜査
すると迫られ、まだ見落としがあるかもと態度を改め、一週間の猶予を得た。その間を
利して、立川は重要資料をさらに別の場所に移すよう、西條に命じる。西條はボイラー
室に隠すが、そこを見ていた京極は別のことを画策する。
 野崎の元に角張った字で書かれた告発状が届き、ボイラー室に資料が隠されていると
の内容。野崎は急いで資料を見つけ出し、紅梅に知らせた。資料隠蔽を深く詫び、関係
者の処分を約束する野崎に対し、紅梅は「それだけじゃ済まなくなるかもしれない。ト
ップの頭取が責任を取る事態になるかもしれない」と忠告する。
 査察に対して資料隠蔽を行った立川を、野崎は責める。立川は銀行のためだと抗弁す
るが、野崎は彼女におおぞらを辞めるように言う。立川はやはり責任を取らせるために
この地位に就けたんだと野崎を非難。そんな彼女に、外の世界を見てきた方がいいとす
すめる野崎。
 立川の自主退職が報告された役員会議の場で、京極はもっと大きな問題が起きたとき
は頭取が責任を取るのかと問い、言質を得る。
 日雲は土壌汚染によるAPP中止のダメージが大きく、他の部門では業績良好なとこ
ろもあるものの、全体ではどうしようもないと判断したおおぞらは、日雲を精算させる
方針を固める。おおぞらから日雲に出向して社員達を間近で見ている石原は、債権回収
を優先して企業を潰すことが銀行の本来の仕事であっていいのか、他に何か策はないの
でしょうかと野崎に訴える。その考えに賛同した野崎は、石原達に日雲再建策をまとめ
るように命じる。石原達は、優良部門のみを切り離して新生日雲とし、そこへおおぞら
銀行のみならず、おおぞらグループのおおぞらベンチャーやおおぞら証券らから出資し
たファンドを起ち上げ、日雲を支えていくことを提案。野崎はこれを認め、支店長会議
に諮る。
 その会議の場で、京極は日雲再生は無駄であり、五百億もの金を出すのは馬鹿げてい
る。さっさと債権を回収することこそ、おおぞら銀行が健全化する近道だと訴える。支
持の声をが多く上がったが、野崎がこれに反論。銀行としてあり得べき姿をとき、形勢
をひっくり返す。
 再建策が認められ、より張り切って仕事に臨む石原。そんな彼は、少し前に、日雲の
社員達から、おおぞらから来たのは日雲を潰すためだったんだろうと誤解から吊し上げ
られたのだが、石原が本気で日雲再生に取り組む姿を目の当たりにした日雲社員達に、
徐々に理解が広まる。
 政府系金融機関が統合され、小口取引の窓口の少なさを補うため、おおぞら銀行を引
き入れようという計画が進んでいるとの情報を、金融庁の先輩から仕入れた京極は、元
総理大臣の鷹山に働きかけ、紅梅を動かし、おおぞら銀行の不良債権は日雲再生に手を
貸すと決めたことで拡大・確定し、おおぞらの債権は無理だとの判断を出させる。
 そして本格的に動き出すおおぞら統合話。京極をバックアップする鷹山のそばには海
藤がいた。野崎へ直接の復讐にこだわる海藤ところが別の動きも出ていた。外資系のフ
ァンドに再就職した立川は、おおぞら銀行買収を提案するのだった。
 ――以上が、第四回のあらすじです。今回はなるべく時系列順に記述しましたが、文
字にしてみると随分、断片的になりますね。映像で見る分には、これはテンポが早いっ
てことなので気にならないのですが。
 敢えて言うと、テンポのいい細切れの展開の犠牲になったといえるキャラが、京極。
何だかんだと策謀を巡らせるも野崎に跳ね返される。これを短い間に繰り返されると、
京極が何をやっても失敗するキャラクターに見えてくる。
 これまで幾度となく活躍するチャンスが巡っていたのに、中途半端に終わっていた立
川、さしたる活躍もないまま退場か?と思わせておいての、外資での復活。これは次回
最終回においてそれなりに活躍しそう。第三の勢力っぽいけど、結局は主人公側につく
予感が。

 ではでは。




#1276/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/02/14  20:15  ( 26)
排除の基準   永山
★内容
 歌手が薬物絡みで逮捕されたことを受けて、各所の対応がニュースになっています
が、少なくともネット上の書き込みを見ると、自粛・排除の対応の方が優勢なようで
(あくまでもぱっと見た感覚です)。
 そんな中、NHKが楽曲の使用に変更なしと発表。賛否両論が上がっているものの、
やはり否が多いみたい。素晴らしい歌が作れたのは薬物のおかげと見なされるのがよく
ない、という理屈もあるようで。
 で、思ったのが次。
 作詞作曲家のAが何らかの罪で逮捕された → テレビ局など「楽曲を使うのをやめ
ることにしました」 → Aは全く作詞作曲を行っていないことが判明。作品は全て
ゴーストライターBによるもの → さてどうする?
 Bはゴースト活動以外は、後ろ指をさされるようなことは一切していないとしたらど
うか。それでも楽曲の使用は認められないか、一転して認めるのか。
 さらに、人間によるゴーストライターではなく、AI等の技術を駆使した機械的な曲
作りだとしたら?

 ついでにもう一つ。もっと極端な例が思い浮かんで、作品のネタになるかもしれない
し、メモ代わりってことで。
 科学者のXが薬物関連の罪で捕まった → Xはノーベル賞間違いなしと言われる偉
大な医学的成果を上げており、現に多くの人の命を救っている → 「どんなに素晴ら
しかろうと、犯罪者が編み出した技術を使うのはけしからん。使用禁止だ!」
 現実に起きた場合、どうなるんでしょ。いやまあ、答は明らかだと思います。先と同
じ理屈を当てはめると、薬物のおかげでノーベル賞級の発明発見ができたんだと思われ
るのは好ましくない……となりますけど、芸能と医学では話が別だ、とでも言って。

 ではでは。





#1277/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/02/15  19:57  ( 20)
突然の変異   永山
★内容
 連日の新型コロナウィルスの報道を見ていて、ふと、郵便物や小包の類も気を付けな
きゃいけないのかな?と思った。検索してみたら、三日前の情報だけど、郵便物などを
介した感染事例はまだなく、一般論として郵便物のような物体に付着した状態で何日も
生きるウィルスはいない、そうな。

 NHKで放送のドラマ『ハムラアキラ〜世界で最も不運な探偵〜』第四話を録画視
聴。ネタバレ注意です。
 およ。ここに来ていきなりのホラーチックな展開。これまでの三エピソードはどれも
真っ当に現実世界で完結していたのに対し、今回は現実世界とはちょっと考えにくい展
開で、しかも解決もされない。これまでのテイストを好んで着いて来ていた視聴者にと
っては、ひどくもやもやの残る終わり方でした。
 で、いくら何でもこれでこの話は終わりってことはあるまいと、検索を掛けてみたと
ころ、どうやら他のエピソードにつながるみたいな文言があったので、ほっとしたで
す。ネタバレを回避するために、ざっとしか目を通していないので誤解している可能性
もあるけど。(^^;
 ただ、この第四話の事件をまともに謎解きするとなると、一体どんな手があるんだ?
 視聴者(読者)の側が不安になるレベルだと思うんだけど。ぜーんぶ、知り合いの仕
掛けた大きなだましの仕掛けってことぐらいにしか思い浮かばない。

 ではでは。




#1278/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/02/16  17:23  ( 23)
周囲が見えると壊れそうな物語   永山
★内容                                         20/02/23 20:03 修正 第2版
 テレビ朝日系で放送のドラマ「アリバイ崩し承ります」第三話を録画視聴。ネタバレ
注意です。
 今回目先をちょっと変えて、アリバイ探しの要素を付け足してきた訳ですが……びし
っと決まった!って感じは受けなかったですね。序盤から中盤にかけて、容疑者のアリ
バイを探すと大見得を切ったように見えたものだから、当然このあとの流れは、思いも
寄らない、あるいは何気ない事実から容疑者のアリバイが証明されて、犯人ではない、
となるものと期待したんです。
 ところが蓋を開けてみれば、手掛かりを、容疑者にアリバイが成立するように解釈し
て状況を再構築すると、アリバイ成立する余地が出て来た、という段階にとどまったよ
うに思えたです。こう考えれば色々と説明が付くし、真犯人も浮かび上がってきたから
これが真実だ、というやや強引さの目立つロジック。
 犯人にしても凝ったトリックを案出・実行した割に、肝心なところが抜けている。ど
んだけトリックに自信があろうとも、指紋ぐらいちゃんと処理しておけよ〜ってなる。
もしくは、あの床に容疑者の指紋が付着していても全然おかしくない、という状況を事
前に作っておけばよかったのに。
 今回、警部の妻が電話で登場して、浮気を疑っていましたが、そのあとの展開はてっ
きり、美人容疑者を救って感謝されているところに妻が登場、「その女が浮気相手ね
!」とドタバタ喜劇風な落ちになるのかと思ってました。

 今のままでもそれなりに楽しんで観ていますが、多分、原作である小説の形で読んだ
方がもっとのめり込める気がしてきた。

 ではでは。




#1279/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/02/17  20:16  ( 28)
やきもきも程度問題   永山
★内容
 TBS系で放送のドラマ「テセウスの船」第五回を録画視聴。ネタバレ注意です。
 今回もじらしにじらして、事件の解明はほとんど進まずというパターンかと思ってい
たら、終盤に来てそれなりに進んだ印象。でも結局は、真犯人につながる手掛かりは得
られず。じらし方も、結論を最初に言わなかったがためにという、最も単純な手法によ
るもので、芸がない。もっと工夫が欲しい。
 で、展開上での問題は木村。裏主人公かってぐらいの大活躍?で、常軌を逸した言動
に拍車が掛かり、気分が悪くなるレベルに達しそう。今週分の中盤くらいまでは、被害
者家族(養子縁組だけど)の立場ならこういう人物もいるかもなあと、ぎりぎり許容で
きそうだったのに、終盤に来て、妊婦に薬を飲むように命じて昏倒させたり、事件をひ
っくり返す証言をする決意をした松尾を(恐らく)毒殺したりと、許容範囲を超えてし
まった。こんな人物はいない。あるとしたら、事件の真犯人かその身内ってところが一
番腑に落ちる気がするんですけど、それだと事件の謎がシンプルに過ぎるような。
 あとは……根本的に、佐野文吾を殺人犯とする証拠が弱い気がする。青酸系毒物を隠
し持っていたのは確かに証拠と呼べるけれども、この小さな音臼集落にはメッキ工場が
あって、管理はかなり杜撰と思われる節がある。そんな工場があるのに、警察官を逮捕
して死刑判決確定って、無理があるような。死刑判決確定から何年経過しているのかは
覚えてませんけど、事件発生から三十年以上経ってまだ執行されていないのには、とき
の法務大臣を躊躇させる何かがあるんじゃないのかと。そしてそんな性格の事件なら、
世論がもっと盛り上がってしかるべきなのに、ドラマでは全く逆。どうもしっくりこな
い。

 作品の終わり方をタイトルから推測すると、主人公家族にはまた幸せが訪れるもの
の、それは元の幸せとは全く違ったものであり、これでいいのか?と疑問を投げかける
形で、ラスト、もう一度過去に行くチャンスが訪れて選択に迷うシーンで終わるんじゃ
ないかと妄想。

 ではでは。





#1280/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/02/18  19:26  ( 28)
テンポよすぎてはみ出した感   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「頭取野崎修平」最終回を録画視聴。ネタバレ注意です。
 いつものように、有料放送でのドラマ最終回はあらすじを省略ということで。
 それなりに面白かったものの、前作の「監査役野崎修平」には及ばない感じ。原因は
新鮮味が薄れたというのもあるだろうけど、それ以上に今シーズンはテンポがよすぎ
た。展開が早すぎるというか、一つ一つのエピソードに割り当てられる時間が短くて、
見応えが乏しくなった気がする。
 この最終回でも――元首相の鷹山がおおぞら銀行をなくそうとする動き。これに対抗
して、野崎らは新聞記者の協力を得て鷹山に関する金の動きを細部に渡って調べ上げ、
不正献金を暴く。スキャンダルで権勢を失うかに思えた鷹山だが、まだ地力を残してお
り、おおぞらの倒産が確定。――ここまででドラマ開始から十三分ほど。冒頭に前回ま
での振り返りがあったので、実質十分ぐらいじゃないかな。ジェットコースター的展開
にもほどがある。(^^;
 この早さは軽さに通じており、一つ一つの出来事が流れ作業のように進んでいった。
そこに加えて、こういうドラマだから仕方がないけれども、主人公側にとって都合がい
い展開になったなあ、という印象が強いです。
 その他、各キャラクターを見ていくと、立川は前に予想した通りの動きをしました(
笑)。こうも的中だと、捻ってくれと言いたい。
 前作では野崎のライバル的立場であり、大活躍だった武田は、今回は終盤になってや
っと登場。重要な役割を果たしはしたが、あまり目立たず。あくの強いキャラだけに、
勿体ない。
 総会屋の海藤は野崎への復讐に取り憑かれていて、ずっと存在感がありましたが、最
終回に来て、急に短絡的な行動に走り、あっさり拘束されてしまう。何だかよく分から
ない。命を狙われるような人間(野崎)が頭取をやっている銀行なんて、渡欧イメージ
ダウンを狙った鷹山の策らしいのですが、ピンポケな作戦だと思う。
 さすがに第三作はないだろうなと思って検索してみたら、新・監査役というのが原作
漫画にあるとかで。映像化なるかな?

 ではでは。




#1281/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/02/19  19:20  ( 26)
『人類最強を決める世界大会!』   永山
★内容
 ……じゃんけんで。

 スポーツ新聞系のサイトのトップページ大見出しに、「女子開幕戦は無観客試合」と
あった。
 これだけでは何のスポーツだか分からない。極端なことを言えば、そのサイトは将棋
や囲碁なども扱うので、スポーツかどうかすらあやふや。まあそれは言い過ぎだとして
も、女子のプロスポーツがごくわずかだった頃ならともかく、今の時代にこれはないで
しょうと。そもそもプロスポーツとも限らないですけど。
 以前に、よそから引っ張ってきた記事をそのまま載せているがために、しばしばこう
いう分かりにくい状況が発生するんじゃないかという旨の書き込みをしたと思います
が、自前の記事でもこれでは、もう読み易さや分かり易さはどこか遠くへ置いてきてし
まった感じ。ただただタイトルをクリックさせたくて、こんなことやってるのかしら
ん。
 例に挙げた見出しの記事は、ゴルフのコーナーにある物と同じでした。大見出しに持
って来る過程で、分かり易くするための付け足しって、そんなに面倒なのか。あるいは
無理なのか。
 だったら、スポーツのジャンルを分かり易く図にしたピクトグラムを活用してみての
はどうかと思う。ゴルフを示すマークを「女子開幕戦」云々の見出しの冒頭か末尾に付
けるだけで、ある程度分かり易くなる(音声読み上げでどうなるのかという問題はあ
る)。

 あー、あと、女性の有名人が野球などで始球式をやる度に、それを伝えるニュースの
見出しに「ノーバン」を入れるの、今年から禁止にして、違うアイディアを絞り出した
らどうか。

 ではでは。




#1282/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/02/20  22:03  ( 47)
きっかけは天龍   永山
★内容
 ちょっぴり下ネタになりますが。
 学生時代、友達の住むアパートに泊まりがけで遊びに行くことが時々ありました。
 何をして遊ぶかというと、まずコンピュータゲームなんですが、その当時から私は機
械がらみのゲームを好んでやるタイプではなかったもので、パスしていました。
 他に何があるかというと、手動式(笑)ゲームの一つ、マージャンをやっていまし
た。といっても私自身は基本的なルールと役を知っているだけで、点数の数え方は覚え
なかったという、遊びの領域を一歩たりとも出ない文字通りのゲーム。点数計算は他の
人任せ、信頼の原則というか、要するに友達としか打てないマージャン。(^^;
 あるとき、五人が集まったので2抜けで交代するルールで、四人がマージャン、一人
が一人が休憩という形に。
 で、上述した通り、部屋にはマージャンセットの他、コンピュータゲームもありま
す。他の四人はそれなりにコンピュータゲームをやる面々だったので、マージャンを抜
けている間も暇つぶしができます。もちろんマージャンを観戦するのもあり。
 一方、私が抜けたときはやることがないので、黙ってマージャン観戦するのが常だっ
たのですが、そのときは原因は忘れましたがとにかく滅茶苦茶眠たくて睡魔が襲ってき
た。だったら次のマージャンが始まるまで寝てればいいんですが、どうやらその半チャ
ンはサクサク進む雰囲気で、中途半端に寝てる余裕がなさそう。
 起きているために何かないか尋ねたら、友達の一人がコミケで入手した同人誌がある
ので読んでみたら、という。アニメや漫画に人並みに興味はあるものの、コミケには無
縁だった私は参考がてらに一冊(確か十七か十八冊ぐらいある中から選んだ)手に取っ
て、ぱらぱらと見てみました。
 お――目が覚めた(汗)。
 エロネタにまだ免疫があまりなかった頃だったもので。(^^;
 決して厚くない本でしたが、途中まで読んだところでその回のマージャンが終了。私
は次の回に加わったため、その同人誌は結局、最後まで読めず。
 で。
 半月ほど前に突然、そのことを思い出しまして、続きを読んでみたいと古本販売サイ
トで探そうとしたのですが……題名が分からない。ざっくりとした内容は覚えているも
のの、オリジナルなのかパロディなのか、パロディなら何の作品のキャラクターを使っ
たものだったのか等も分からない。作者名もサークル名も覚えていない。
 普通なら手掛かりなしで諦めるところですが、思い出とともに蘇った記憶がありまし
て。
 それはくだんの同人誌の(多分)サークル名を見たときに、「ふうん。これってまる
で天龍源一郎じゃないか」と感じたこと。プロレスや格闘技好きなもので、そういう結
び付け方をすることがたまにあります。
 その記憶を手繰って、少し考えていたら、とあるフレーズが頭に浮かびました。確か
アルファベット綴りだったなと思い、アルファベットで検索を掛けてみたら――サーク
ル名として古本サイトの掲載商品に出て来ました。さらに大雑把ながらいつ頃のマージ
ャンだったか、年を思い出し、絞り込むと、それらしき同人試作品を発見。実は、絵柄
は記憶にあったのとだいぶ違ってたんですが、その作品名でネット検索を掛けたらデジ
タル化された見本が出て来て、内容が一致しそうだと確認。これで間違いないでしょう
ってことで購入し、先日届いた。中身を見ると、合ってました。エロよりも、懐かしさ
を感じた(苦笑)。
 サークル名はここには明記しませんが、プロレスに、天龍源一郎についてちょっと詳
しい方なら、当たりを付けることができるかも。

 ではでは。




#1283/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/02/21  21:28  ( 20)
巡り合わせがよくない   永山
★内容
 大学入試、新型コロナウィルス対策で対応分かれる、
 厳しいところでは、発症していたら受験させない上に、再テストの機会も設けないと
か。
 その一方で、入試当日、受験生全員の体温を測り、平熱でない者には別室でテストを
受けさせるという大学もあるそうで。
 多くはセンター試験の点数や内申書その他で判断するとか。それにも大学によって
色々とやり方や基準が異なるみたいで、受験生とその保護者、先生はこの土壇場に来て
面倒ごとが増えて大変。
 今九州の方にいるんですけど、こっちの代表的な大学が早々に、発症していたら受験
させない&再テストなしを発表したとかで、へえ〜まじかと思い、検索してその大学の
ホームページの該当箇所に飛ぼうとしたら、「404 Not Found」になって
た。確認や問い合わせが殺到してサイトが重くなったので削除したのか、あるいは対応
を改めることを前提に協議を始めたので削除したのかしらん?

 ただ、ちょっと時間が経ってから、大学ホームページのトップページから案内に従っ
て順に辿ってみたら、新型コロナウィルスについての対応に関する、先とは異なるUR
Lのページに行けた。なので、古いページを削除しただけであり、検索のキーワードの
方が追っつかなかったのかな。

 ではでは。




#1284/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (sab     )  20/02/22  11:45  ( 35)
「アリバイ崩し…」3話の感想 HBJ
★内容
ミステリーマニアというのは多分、
ミステリーのメカニズム、というか病理、
みたいなものを意識しているのでは。
それがトリック大全的な書籍や、黄金の羊毛亭、とか、
類別トリック集成(江戸川乱歩)みたいなものだと思うのですが。
そして一回一回のドラマは、その病理を症状に還元したものに過ぎない、
と思えるのです。
だから、一回一回のドラマでは、トリック以外はえらいおざなりになる。
犯行の動機が浮気(1話)だとか保険金殺人(2話)だとか。

だから、ミステリーを深く理解するには、
症状(一回一回のドラマ)ではなく病理を意識しないとダメだ
などと思ったのですが。
そう思って考えてみると、1話は、
「実はろうあ者が唇を読んでいた」というのがミソで
(Googlebooksで読めるのだが)他はどうでもいいのではないか。
2話は、胃の内容物入れ替えみたいなのがミソで他はどうでもいいと。

そうやって考えると、「そうか、ミステリーマニアは、そうやって、
ミステリーの病理をドラマという症状に還元してくるのか」
と思えて分かった気になるのですが。

しかし、3話は、いかなる病理をいかなる症状に還元したのかが不明でしたね。
何か、夢遊病患者が知らない内に犯罪を犯すという思い付きがあったのだが、
それを上手く料理出来ないで、諦めたが、
しかし全て削除する事が出来なくて残骸が残った、
みたいな感じではないのか
と思いました。

今夜は4話なので楽しみです。









#1285/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/02/22  20:26  ( 36)
厚みが分からないまま本を読むような不安と効能   永山
★内容
 HBJさんの病理と症状のたとえはユニークで面白いですね。
 全てのミステリーが、病理以外の部分がおざなりとは思えませんが、どちらに力が入
っているかというと、病理の方に重きを置いたタイプの方が多いかもしれません。
 トリックをきれいに成立させるために登場人物の職業や性格、名前を決めたり、物語
の場所や年代をいじったりするのが多数派。物語が先にできていて、その登場人物が案
出しておかしくないトリックをここに当てはめよう、なんて書き方をする推理作家はご
く少ないはず。


 NHKで放送のドラマ『ハムラアキラ〜世界で最も不運な探偵〜』第五話を録画視
聴。ネタバレ注意です。
 進まないな〜と思いつつ観ていたら、前後編ものだったようで、次回に続くとなっ
た。前後編ものであることが分かり易いようなサブタイトルにしてほしい……。
 冒頭、ハムラが探偵の看板を下ろすシーンから始まったので、何ごとかと思ったら前
回の事件を引きずっているという設定だった。あんなホラーめいた内容で探偵としてや
っていくことが揺らぐってのはよく分からない。真っ当な事件なのに結果がああなった
としたら打ちひしがれても理解できなくはないけれども、前回は特殊すぎで、あれを基
準に持って来るというのは違和感がある。
 さて今回分は、前後編の前半だということからか、随分と余裕がある作りで、じっく
り描いていると言うよりも、悪い意味でのスローペース。しかも関係者のほとんどが何
か隠しているらしいという展開だから、観ているこちらは隔靴掻痒感が強まり、いらい
らも募る。
 個人的に今回特に腑に落ちなかったのは、依頼人である父親の行動。娘が家に帰って
来ない、娘の友達が居場所を知っているはずだから口を割らせてくれ――ここまではい
い。その後、離婚した妻が現れ、「うちには娘は来てない」「元夫は娘が行方不明にな
ったことを伝えてこない」と言う。父親は元妻に「娘はいつものように君のところにい
ると思っていた」と答える。
 うん? そう思っていたのなら、探偵に依頼する必要はない。依頼したからには、そ
う思っていなかったはず。だが依頼に踏み切るには、まず元妻の家に娘がいないことを
確認する必要がある、なのに確認していない。辻褄が全然合っていない。
 探偵が何か気にしている様子はあるものの、このおかしなポイントを気にしてのもの
か否かは不明。
 結局、観ている間中その点が気になったが、説明なしで後編に続くとなったため、も
やもやが取れない。

 ではでは。




#1286/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/02/23  20:02  ( 22)
即席の足跡トリック   永山
★内容
 テレビ朝日系で放送のドラマ「アリバイ崩し承ります」第四話を録画視聴。ネタバレ
注意です。
 前回の第三話では、それまでと違ってアリバイ探しという捻りを使ったから、本来の
アリバイトリックそのものは割とオーソドックスに行こうとしたのかなと思ったけれど
も……この第四話も似たような作りになっていた印象を受けたです。
 足跡のトリックは正直言って、使い古された感があるもの。偶然の重なりは仕方がな
いにしても、最終的には山梨県警の捜査能力を下げる(靴が同じだからといって異なる
人物が付けた足跡の違いが分からないことは普通ないと聞いた覚えが。さらに犯人は長
靴を履いていたと推察しているのだから当然、長靴の中を詳細に調べるはず。繊維片や
毛などが採取できていればアリバイとは無関係に犯人特定可能では)ことで成立してい
たようなところがあって、残念。あと、警部らが窓から目撃したときに、被害者の足跡
以外にすでに着いていた足跡があるにもかかわらず、気付かない辺り、ご都合主義が顔
を覗かせているなと。
 それから、本筋ではないですけど、事件当夜の天候についての言及がなかったような
のが気になりました。アリバイミステリ(もしくは密室ミステリ)の作法として、犯行
時刻以降は雪が降り止み、足跡はきれいに残っているというのが常道ですが、だからと
いって省略してよいものではないような。
 他にも、久々に会った幼馴染みに、夜十一時に離れの時計塔で会おうと言われて、ひ
ょこひょこ出向いていく神経がよく分からない。「何だよ話があるんなら部屋でしよう
ぜ」とはならないのかな。詐欺で共犯関係にあったとかなら、まだ分かるんですけど。

 ではでは。




#1287/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/02/24  20:19  ( 25)
色々と残念な展開   永山
★内容
 TBS系で放送のドラマ「テセウスの船」第六回を録画視聴。ネタバレ注意です。
 些末なことばかり気になる。これはドラマにのめり込めていない証なんだろうなぁ。
 前回、今回と、音臼小事件の当時の関係者を訪ねて回るシーンが続きましたが、みん
な宮城県じゃなくて関東近郊に住んでいるのかな? 凄く違和感がある。事件を機に生
まれ故郷を離れる決断をした人もいるでしょうけど、全員揃ってというのは変。東京か
ら近い順に巡っているのだとしても、重要人物が集中している不自然さは否めない。
 主人公達が移動する交通費等の出どころも気になる。父親が殺人を犯した元警察官の
死刑囚である一家が、裕福な暮らしを送ってきたとは考えにくい。記者だって充分な取
材費をもらえている雰囲気はこれっぽっちもない。
 音臼小事件当時、文吾は刑事仲間からどう思われていたのか。金丸も中野も文吾は犯
人ではないと考えていた節が描かれたのに、他の刑事達は全員が文吾は殺人犯に決まっ
ているという態度で、落差がひどい。捜査がどのように行われていたのか、捜査員の動
きを少しでいいから描いてほしい。
 同様に、現代で発生した証人毒殺事件の扱いもぞんざいだと思いましたけど、長くな
るので割愛します。
 首の締め痕について。捜査資料や証拠は、文吾に付いた弁護士が頑張れば開示させる
ことができると思うんですが、それをやらなかったのかな? 主人公達が中野刑事の家
を訪ねて、たまたま個人的に保管していた捜査関係資料を見て写真を手に入れるという
流れは、現実離れしてる感じ。文吾にしても、金丸が「首の締めあとがおかしい」と言
っていたことを、捕まった当初は主張しなかったのだろうか? 三十年以上経った今に
なって初めて言い出したんだとしたら、作者によるご都合主義じゃないのかなあ。
 で、ラスト近くでタイムスリップ。ここまでの描き方だと、恣意的に過ぎる。こうい
うルールがあったとの説明を待ってますが、期待薄かなぁ。

 ではでは。




#1288/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/02/25  20:02  ( 31)
だぶるの悲劇   永山
★内容
 NHK−BSプレミアムで再放送のドラマ「Wの悲劇」を録画視聴。ネタバレ注意で
す。
 ちょっと前に言及した“死体の胃にチューブと注射器を使って食べ物を送り込む”ト
リックって、この作品だったのね。映画版を見た記憶があったんですが、全然覚えてい
なかったわ〜。(^^;
 原作小説にもある殺人を、映画版では劇中劇に仕立てているのに対して、本ドラマは
ちゃんと(汗)殺人が起きる。それは当然あるべき姿なんで歓迎するところなんです
が、できあがった映像は何だか変だった。まさしく劇みたいに、次々と登場人物が現れ
て自己紹介する幕開けで印象づけられというのはあるでしょうが、ずっとお芝居を見せ
られているような心地になりました。カメラワークの大部分や人物が画面から退場する
ところなんか、劇に見えてしょうがなかった。
 ストーリーの方は、ミステリとしてのアイディアは非常に面白いものの、現在ではち
ょっと食い足りない気もする。真犯人の計画が相当綱渡りなのが最大の弱点かな。若く
てかわいらしい女性が人を殺してしまったと名乗り出れば、みんな隠蔽に加担してれく
れるという根拠を欠いた論法は、ある意味、女性を道具としか見ていない犯人らしさを
表しているのかもしれません。が、それなら和辻家の他の男も似たり寄ったり性質だと
分かっているはずだから、「そんな女かばう必要ない。さっさと警察に突き出そう」と
いう空気になるとは考えないのか。
 特に、医者が描かれたように協力的になるとは考えにくい。ばれたら医師免許は取り
上げられるだろうからリスク大だし、女性をかばう理由もない。
 そもそも、どういう隠蔽工作をするのかは犯人にとって全く予測できないことであ
り、たとえば遺体を別荘の外に運び出して、行方不明になったように見せかけよう、と
かになっていたら、犯人は隠蔽を露見させるためにかなり苦労しなければならないので
は。まあ奥の手として、匿名の告発状みたいな物を警察に送りつければいいとも言えま
すが。
 ヒロインが自宅に戻ったとき、母親の別れた夫(ヒロインの父親)が現れたけど、あ
んまり意味のないシーンだったような。あのとき父親を誤って死なせてしまい、その罪
からも逃れるために、本来の計画が大きくゆがんでいく展開になるのかと思ってまし
た。

 ではでは。




#1289/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/02/26  21:58  ( 22)
聞き怪快   永山
★内容
 新型コロナウイルス対策の一環でイベントの中止や延期が相次いで発表され、プロボ
クシングやプロレスなども同様の対応を取っている中、「リアルジャパンプロレス」は
開催を明言。※東京後楽園ホール3月19日開催
 会長の新間寿が「コロナウイルスを吹っ飛ばす」云々と怪気炎を上げたとのこと。
 うーん、そんな発言をして大丈夫なのかと心配になる。過激な仕掛け人と呼ばれ、初
代タイガーマスク登場からしばらく続いた新日本プロレスブームを作った切れ者という
イメージだったけど、ここでこの判断は……開催当日までに新型コロナの流行が収まる
可能性は低そうだし。
 社長が、会場では万全の対策を取ると言ったそうだけど、どうなんだろ。一歩譲っ
て、観客やスタッフは万全の対策が取れたとしても、選手はどうするのか。まさかマス
ク(覆面じゃないよ)を付けて試合をさせる訳にもいきますまい。

 上の文章を書いていて、「かいきえん」の漢字変換は「怪気炎」のみだといううこと
に気付く。
 あれ? 「快気炎」は?と思って調べてみると、「快気炎」は「怪気炎」のもじりな
のね。知らなかった。
 というよりも、「快気炎」が元々あった表現で、それをもじって「怪気炎」なる言葉
ができたんだとばかり思ってました。
 こんなに長い間小説を書いてきて、こんなことを知らずにいたなんて、思い込みは恐
ろしい。

 ではでは。




#1290/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/02/27  20:52  ( 34)
小説書きとして念頭に留め置くべき年   永山
★内容
 物語を綴るとき、舞台を現実に即したものにすることは当然あります。年月日や曜日
にこだわって、現実の事件事故や天候、経済動向に法律なども取り入れて描く場合もあ
るでしょう。
 それでも何から何まで全て取り入れるなんてことはまずない。現実に起こった出来事
から取捨選択して、現実味のある小説を書いていく。
 そして通常、取捨選択は大きいものは取り上げ、小さいものは除くことになるはず。
西暦二〇〇一年の○月×日午後四時頃、A町のB道路で乗用車とトラックが接触事故を
起こし、乗用車を運転していた会社員のX氏が足の骨を折る大けが、トラックの運転手
のY氏が軽い打撲を負った――というような事故が実際に起きていたとしても、普通は
小説には関係ない、取り入れない。たとえその年月日時間帯のA町を物語の舞台として
選んでいても、たとえその事故が元で大渋滞が起きて普段なら三十分で行けるルートが
当時は三時間以上掛かったとしても、作品に取り入れることはまずない。レギュラーキ
ャラクターの誕生日の都合で、どうしてもこの日にしなければならないという事情があ
れば、このくらいの事故が起きたことを知っていたとしても、無視するもの。
 しかし、無視するには大きすぎる出来事も世間では起きてる訳で。
 たとえば、一九九五年一月十七日や二〇一一年三月十一日から向こう三ヶ月くらいの
日本を舞台にした小説を書くのなら、それぞれの大震災について作中で全く触れないと
いうのはあり得ない。フィクションだからでは片付けられない。一九九五年とか二〇一
一年を物語の時間に選んでおきながら、そこに触れないのであれば、冒頭で明示してほ
しい。「この作品はパラレルワールドを描いたものです」とでも。

 と、こういう方針を基本的に採っている私にとって、二〇二〇年もまた大きすぎる出
来事が起きた年となりそう。
 小説内の二〇二〇年一月から三月〜にかけての描写で、海外旅行に出て何ら不安がっ
ていないのは不自然になる。全国の小中高校に臨時休校が要請された、これだけで、学
園を舞台にした作品は展開が変わってくる。その年頃の子供を持つ家庭も、大なり小な
り影響を受ける(ニュースで、臨時休校により看護師が我が子の面倒を見る必要が生
じ、出勤できない事態に陥ると言ってました)。ありとあらゆることに影響が及ぶ。

 こんなことを記しつつ、実はこれまで書き進めていたある作品がちょうど二〇二〇年
を舞台にしていて、諸々の都合で簡単には直せない状況に陥っておりまして。登場人物
の年齢をいじれば二〇一九年にずらせるかもしれないけど、その労力を思うと。(^^;

 ではでは。




#1291/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/02/28  21:36  ( 20)
無観客試合は意外とうるさい   永山
★内容
 AbemaTVで。アジアの格闘技団体「ONE Championship」のラ
イブ配信を視聴しているのですが。
 新型コロナウイルス対策で、この興行(シンガポール開催)は観客を入れずに開催さ
れています。
 なので、会場はシーンとして静かなのかと思ったら、案外にぎやかで、ライブ配信を
観ている分には普段とあまり違いを感じない。
 まず、選手入場時やラウンドインターバルに流される音楽のボリュームがでかい。い
つもの興行と変わらないはずなんですけど、大音量に聞こえる。ついでに、花火・火薬
系の演出もあって、にぎやかかつ華やか。
 次に、選手のセコンドの声がよく聞こえる。これは普段から大きくて、試合中の選手
にもよく届いているんだろうなと想像できてたんですが、無観客だとなおのこと大きく
聞こえる。恐らく、対戦相手にもまる聞こえでは。(^^;
 そうして一番やかましく感じた要因だと思われるのが、解説陣。日本向けに日本の解
説が付いているのですが、解説の男性アナウンサーとゲストの女性アイドルは無観客を
意識して盛り上げようとするためか、いつもに比べてはしゃぎ気味のような。そこへ持
って来て解説の格闘家は、しゃがれ声で知られる青木。話は的確でも声が耳障りでうる
さく感じてしまった。

 ではでは。





#1292/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/02/29  20:28  ( 21)
今のところはふ〜んな探偵   永山
★内容
 NHKで放送のドラマ『ハムラアキラ〜世界で最も不運な探偵〜』第六話を録画視
聴。ネタバレ注意です。
 前回と合わせての前後編かと思って観ていましたが、次回最終回を含めての前中後編
だった。orz 正直、年を取ってきたせいか、よほど面白い仕掛けか興味を惹きつける謎
でもないと、この長尺&細切れでは集中力がもちません。
 原作者の力量を信じているので、最終的には「おお」と驚かせてくれるか「ああ」と
納得させてくれるかの満足感は得られると思っています。探偵の不運ぶりについても、
膝を打つような説明もしくは展開を期待。その上で、道行きをもっと面白く、ミステリ
的な興味をひくような仕掛けをしてほしかったというのが本音。
 今回、不可解というか変に感じたのは、警察というか岡田は水地の存在を掴んでいた
ようなのに、何故か水地の住居などは全く調べていない雰囲気だった点。岡田は切れ者
設定なんだろうから、ここは調べておいたとする方が自然なのに。ただまあ、岡田には
68会という事件関係者が多く所属するグループに加わっていた過去があるみたいなの
で、理由があって秘密裏に動いているのかもしれないけど、
 また、水地のネット上の名前を突き止めるくだりが、富山店長の独自の解釈が一発で
当たりって、ちょっとおかしくないかいな。まるで富山が黒幕みたいに見える。
 レギュラー陣で怪しいと言えば、アケミも捜査の方向を誘導しているように見える。
どちらも違うんだろうけれど、もうちょっと描き方ってものがあったのではないかと思
った次第です。

 ではでは。




#1293/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/03/01  22:05  ( 25)
配信行為   永山
★内容
 テレビ朝日系で放送のドラマ「アリバイ崩し承ります」第五話を録画視聴。ネタバレ
注意です。
 今回もアイディアは優れたものがあると思うんですが、その反面、活かし方がいまい
ちに感じられてしまう。
 まず、どうして犯人を、格闘ゲーム自作できる設定にしたのか。あの設定のおかげ
で、一日限定の配信をダウンロードしていた、というアリバイを主張されても、何か技
術的なことをやってどうにかしたんじゃないかって視聴者は考えてしまう。ダウンロー
ド自体は限定配信の日にやっておいて、その翌日、ダウンロード先のスマートフォンに
あとから細工をして、いかにも今、ダウンロードしましたよという画像を出すとか、ダ
ウンロードした内容を一旦取り出して、アリバイ工作の日に犯人自身の機器から二台目
の機器へ“配信”したのではないかとか。
 そう思い込んでほしくて、わざとこういうキャラ設定したのだとしたら、ちょっと間
違っている気がする。今回のアリバイトリックの眼目は、日をまたぐところでしょうけ
ど、それ以上に、探偵が気付く手掛かりがよい(限定配信の具体的な日を口にしなかっ
た)。あそこを光らせるためには、シンプルに、限定配信のダウンロードは絶対に当日
しかできないことを状況設定として提示して、視聴者に焦点を絞らせるべきだと思う。
 アリバイをメインにしたミステリでこれを言っちゃいけないのかもだけど、犯人があ
っさり犯行を認めすぎに感じる。今回も、アリバイを崩されただけで簡単に自供しちゃ
った。確かに犯人はアリバイ作りしたとしかいえないような妙な行動をしており、調べ
れば記録もちゃんと出てくるでしょう。それでもまだ言い逃れる余地はある。「あいつ
を殺すつもりでアリバイ作りをしたが、行ってみたらすでに殺されていたんだ」とでも
主張されたら、警察は別の証拠を出さなきゃ苦しくなるのでは。

 ではでは。





#1294/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/03/02  20:47  ( 31)
オトウスの船    永山
★内容
 TBS系で放送のドラマ「テセウスの船」第七回を録画視聴。ネタバレ注意です。
 新章突入!とあるから何か劇的な変化があったっけと思い返してみたら、前回ラスト
で再び過去へタイムスリップしたんだった。すっかり忘れてた。(^^;
 まあ、それだけ二度目のタイムスリップを確実視して観ていたってことなんですが、
またまた都合がいい展開のオンパレードだなと。
 まず、二度目のタイムスリップでどの時点に行くことになるのかに注目していました
が、現代に一度戻って三十一年前の自分が消えた時点に、うまい具合にまたやって来る
というのは、一番楽で安易な流れだなと。一旦過去を離れて現代で新たな情報を仕入れ
て戻って来て捜査続行。何て言うか、「手掛かりを得るために情報統括センターに行っ
て申請したら教えてくれた」みたいな手軽さを少々感じます。実際の作りはそれよりは
ずっとましで、探偵作業を経て情報を得ているんだけど、都合のいい感じがどうもよく
ない。
 それから、小学生のみきおの悟りがよすぎる。三十一年後の情報を音声の形で得て、
あそこまで察しよく立ち回れるものなのか。また、移動手段はどうしているのか。急に
いなくなって皆が会いたがっている、いわば注目の存在なのに、たいして変装もせず、
動き回れるのか。大人の共犯者がいるのではないか。
 で、主人公達がみきおの単独犯行だと信じ切って動くのも、理解しがたい。みきおの
家に行ったとき、靴があったけど、あれを見て中に誰かいるとは考えないのか。ほとん
ど警戒せずに上がり込んで、毒などの物証探しに明け暮れるのは、無防備すぎてひやひ
や。
 あと、レコーダーをみきおが拾う偶然は出来過ぎだし、共犯の可能性がありそうな田
中正志と対面したときの主人公の反応が変。もっと疑っていいだろうに。
 とまあ、他にも何だかんだあったと思うけど、割愛。

 物語の舞台が原作漫画では北海道だったのが、ドラマでは宮城に変えられたとの記事
を最近見掛けたんですが、何か理由があるのかしらん? まさか音臼小事件関連で過去
をいじったがために、佐野一家の住居が変わって地震と津波の犠牲になる、とかじゃな
いよね。

 ではでは。





#1295/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/03/03  21:52  ( 24)
くだらなくはない下らない上り坂の話   永山
★内容
 以前、検索でたまたま引っ掛かった、書き出し小説大賞がなんかちょっと面白くて、
ついつい読んでしまうことがありました。
 よく知りませんが、デイリーポータルZのコーナーで開催されているらしい。
 で、今日これまたたまたま検索でヒットしたので、読んでいると、ん?と思った箇所
が。
 第百八十回の規定部門モチーフ「擬人化一人称」に、月嫁という方の作品、
<おれは上り坂。で、こいつが下り坂。>
 というのがありました。
 この作品に対する選者?のコメントが、「頂上で紹介された。」となっていて、ん?
となったです。
 頂上で紹介されたのであれば、「おれは上り坂」と名乗った方も、下り坂に見えるの
では。
 今まさに上りのクライマックスで、あと数歩で頂上に立つという瞬間、向こう側にあ
る下りの道が見えるのであれば、まあ成り立たなくもないでしょうけど。
 あるいは、下るのを禁止された一方通行の坂があって、そいつが帰り道を指し示して
言ったのなら一応、問題ないかな。
 理屈にこだわるとしたら、坂を上っている途中でこれから進もうとする道が、「おれ
は上り坂。で、そいつが下り坂。」と言ったことにするのがいいかもしれない。「こい
つ」ではなく「そいつ」とするのがポイント。(^^)
 真面目な話、作品を考えた人は、どういう状況を想定してたのか気になります。上り
坂は自分が上り坂と思い込んでいるだけで下り坂にもなるんだよ、ってなニュアンスを
含んでいるのかどうかとか。

 ではでは。




#1296/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/03/04  21:44  ( 21)
心理描写を残したくなる心理   永山
★内容
 故あって、六千文字ちょっとあった文章を、四千字以内に収める作業に没頭。時間は
要したものの、どうにか達成し、意外とシェイプアップできるものだ、それだけ贅肉が
多かったんだなと我ながら感心&呆れる一方で、縮める作業を行うと、言い回しが似た
ようなものばかりになってくるなあと、改めて感じたです。
 動詞で「〜して、」となっていたところを「〜し、」にしたり、「〜しました」を
「〜します」と現在形に変えたり、「最初の関門」「一番目の関門」「一つ目の関門」
を「第一関門」にしたり。
 あるいは人名で止める形も増やしてしまった。「Xは@@を**した」を「@@を*
*したX」にすると一文字節約になるものの、こればっかり続くと味気ないし、リズム
がおかしくなるので、ある程度はばらけさせないといけない。
 人名と言えば、名前をそのまま書くよりも、彼・彼女などに置き換えた方が短くなる
ので、多用しました。すると今度は彼・彼女の連続が何だかイラッときて(^^;、主語で
省けそうなところは省いていったら、意外とよくなったような気がしたです。
 もちろん、そんな細々として手直しだけでは二千文字も削れるはずはなく、ばっさり
捨てた部分もあるのですが。
 短いシーンを丸々カットするのは、話の流れがすっきりする効果があり得るのでまあ
いいのですが、心理描写の一部をなかったことにするのは、結構嫌でした。特に最初に
書いたときに、これいい感じで書けているなと思えていたくだりだと、最後まで残した
くなるものだなあ、と。

 ではでは。




#1297/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/03/06  20:33  ( 22)
小は大を兼ねない   永山
★内容
 分量の短い拙作のUP先を、誤って長編ボードにしてしまいました。すみません。
 執筆時に、書式設定が変更されていたことに気付かず、ページ数だけ見てこんなに長
い訳ないのに変だなーと感じつつ、長編ボードの方に上げてしまった次第。上げた直後
に、本来の行数が出るので、そこで気付きました。
 短編ボードへの再UPも考えましたが、削除してボードに穴をあけるのも何だかなー
と思い、また、長編化できなくはない内容だとも思いましたので、将来を見越して(^^;
そのままにしておきます。あしからず、ご了承ください。

 新型コロナウイルス流行でイベントの中止や延期、無観客開催などが相次ぐ中、プロ
レスでは以前、新間寿が会長を務める団体が開催を発表して、大丈夫かいなと思いまし
たけど、他にも予定通り開催する団体が多いみたい。中止や延期にしたら、経営的に危
ないところは立ち行かなくなる恐れがあるので、やってしまいがちなんだとか。それだ
け小規模なプロレス団体が国内で乱立してる証でもある。
 それで開催した結果、感染者を出す、感染元になるなんてことにもしもなったら、取
り返しの付かないイメージダウンになりそうですが。

 初めて生で観たプロレス興行で、セミファイナルに出ていた外人レスラーの訃報が出
てた。全くメジャーでない、中堅選手で、しかも当時は覆面を被ってゲシュタポという
リングネームだった(今なら無理?)。初めて生で見た覆面レスラーってことにもなる
なぁ。合掌。

 ではでは。




#1298/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/03/07  19:53  ( 31)
ふーんで終わった……   永山
★内容
 NHKで放送のドラマ『ハムラアキラ〜世界で最も不運な探偵〜』最終回を録画視
聴。ネタバレ注意です。
 あれ〜、期待外れに終わってしまった。第五話から最終回に跨がる前中後編エピソー
ドが、一番退屈だった。初回から第三話までは、なかなか面白くて、第四話でホラー風
味が交わって、ちょっと変だな、でもたまには変化球を入れるのもいいか、と納得して
いたのですが……このラストのエピソードには惹かれなかった。よくあるハードボイル
ド調って感じで、本格としての魅力が感じられず。
 68会の面々の行動がおかしい。その趣味とか動機とかはともかくとして、同じ会の
メンバーの娘を巻き込んだのなら、早めに知らせておかないとだめだろう。知っていな
がら面白がって?放っておくから、そのメンバーが探偵に捜索依頼を出し、ことが公に
なるきっかけとなっている。仲間の刑事が隠蔽してくれるから大丈夫と、高を括ってい
た? にしても脇が甘いにもほどがある。
 勝ち組・金持ちのくせして、これだけの行為をさせておいて成功報酬が二百万円。し
かもだまして参加させているから、仮に成功者が出ても、二百万じゃ口止め無理だろう
し、元から支払う気があったとは思えない。作中で、何度となく「ゲームだ」と言い訳
していたけれども、参加者に報酬を払うつもりがない時点でそのゲームのルールすら守
っていないことになる。こういう綻びが、キャラクターとしての悪役を台無しにしてい
るんじゃないかしらん。
 ついでに、参加者もおかしい。eスポーツ隆盛のご時世だしゲームするだけで二百万
円という誘い文句に乗ることはとやかく言わないけど、成功率を聞くとか、成功した人
からじかに話を聞くとかしたようには見えない。ゲーム参加で二百万円なんてイベン
ト、いくら秘密裏にやろうと、どれだけ口止めしようと、高校生ぐらいの女の子が何人
もチャレンジしていたら、成功失敗に関係なくネット等で話題になってしかるべきなの
に、全然そうなっていない。この事実一つ取っても、説明を求めて当然なのに怪しまず
に参加するものだろうか?
 と、文句ばかり並べましたが、どうやら原作のジャンルは結構ばらけているみたい
で、統一感のない連作物になったのは映像化に当たってのチョイスに問題があったのか
も。端からハードボイルド系だと分かっていたら、まあまあ観られたので。
 あ、「世界で最も不運な探偵」というフレーズは結局、余計だったと思う。

 ではでは。




#1299/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/03/08  20:15  ( 24)
緊急開放、承ったそうで   永山
★内容
 スカパーの番組がちらほら無料になってるなーと思ったら、新型コロナウイルス対策
の一環である休校要請などに合わせて、自宅にいても楽しめるようにというサービスが
緊急決定したんだとか。

 テレビ朝日系で放送のドラマ「アリバイ崩し承ります」第六話を録画視聴。ネタバレ
注意です。
 何だか東川篤哉作品のような雰囲気。本ドラマではそもそもその傾向が強いと個人的
に感じていましたが、今回は特に。新たな登場人物が一気に出て来て、極端な個性のキ
ャラが揃っていたことに加え、刑事が警部と時乃の関係を疑って、最後に「そっちかー
い!」に持って行く辺りは、ラブコメ漫画の定番の流れと言える。これで寒いギャグや
駄洒落があれば、東川作品と区別つかないかも?(^^;
 まあそれは半分冗談ですが、いつもは冴えているトリックや手掛かりのアイディアも
今回はいまいちに感じられてしまい、残念。堅実なんだけど面白みを欠く、みたいな。
今回描かれた事件は、警察が解くべきものに思えた。銃の知識とか、無理にヒロインに
解かせている感が出てる。
 堅実と書いたものの、実効性があるかどうかはちょっと怪しい。厳密に弾道を調べな
いなんてことがあるのかどうか。
 あと、よく知らないんですけど、コカインを注射したらドラマ内で描かれたように、
撃たれた痛みを3〜6時間も感じずに、動かないでいるものなのかしらん? 加えて、
脚部の撃ち方・当たり所によっちゃあ、犯人が改めて銃で撃つ前に被害者は出血多量で
命を落とすことだってありそう。いくら製薬会社勤めだからって、そんなデータまで持
っているのかな?

 ではでは。




#1300/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (        )  20/03/09  12:30  ( 14)
感想>「クリスマスツリーは四月に解ける」  夢乃
★内容
ども、夢乃です。「クリスマスツリーは四月に解ける」拝読しました。

率直に言って、いまいち消化不良な感じです。締めが弱いと言うか。最後の部分で、
もう少し劇的な何かがあると良いのかな、と思いました。乗ってくる新幹線の号数で
「光のマジックの種明かしをする人が乗って来るにはお似合い」(だけ)ではなく、
それが種そのもののヒントになっている、みたいに。
(もしかして、実はそうなっているけれど私が鈍くて気付いていないだけ?)

あ、それと、多分誤字です。

× 背はグラスで真ん中ぐらい、
○ 背はクラスで真ん中ぐらい、

それでは。




#1301/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/03/09  19:45  ( 27)
今度こそあけましておめでとうございますかな?   永山
★内容
感想レス>『クリスマスツリーは四月に解ける』
 夢乃さん、拙作を読んでくださり、ありがとうございます。誤字の指摘もどうもで
す。直しておきます。何でこんな誤字をやらかしたのかが謎。(--;
 内容は、消化不良&締めが弱い、ですか。これっていう強めのテーマがあった訳では
ないのですが、ほんわかした雰囲気の作品を目指していた感じで、それが消化不良の形
で表に出ては全くダメダメですね。
 改めて読み返してみると、拙作『そばいる』にありそうなエピソードの劣化版みたい
になっているかも。分量が短いと伏線をそう張れないので、その分、エピソード自体を
強めにしないといけなかったと反省。

ドラマ感想>
 TBS系で放送のドラマ「テセウスの船」第八回を録画視聴。ネタバレ注意です。
 構成上、ずっと不思議に感じていたことがありまして。
 それは、ここまでの展開で、何でタイムスリップを複数回入れたんだろ?という疑
問。 入れるにしたって、行って帰ってくるの往復一回でいいじゃない。その方がス
マートというもの。二回も過去に行けたんだから次にまた失敗しても、もう一回行って
やり直せばいいやってならない?
 一応、過去から戻った現代において犯人がみきおだと突き止めたみたいなナレーショ
ンがあったけれども、現代に戻って来たから犯人が分かった訳でもないような。あくま
でたまたま、犯人が勝手に勘ぐってぼろを出した結果のような気がする。
 で、今回も都合のいい展開はあったものの、ここ数回よりはましだったと思う。主人
公側が後手後手に過ぎるのが気になる。
 音臼小事件が起きなかったことになり、過去の改変が未来にどんな影響を及ぼしたの
か知らないけど、あのとき死ななかった子がこんな大事件を起こした、みたいな展開だ
ったらブラックで結構好きかもしれない。

 ではでは。




#1302/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/03/10  21:20  ( 24)
相撲もプロレスも首を鍛える   永山
★内容
 NHK−BS1で深夜にやっている「大相撲 幕内の全取組」、春場所初日分を見て
いたときのこと。
 全ての取組が終わって、弓取り式がちらっと映る画面の下部に、翌日の大相撲放送の
予定がお知らせとしてテロップされるんですけど、地上波の放送開始時刻が、“午前”
四時五分からになっていた。
 いくら無観客だからって、早すぎる! 新型コロナウイルス対策にもならないだろう
し……と冗談交じりにつっこんでしまいました。
 二日目の分は見なかったので、テロップについても未確認ですが、当然“午後”に直
されていたはず。覚えていたら、三日目の分で確かめてみようかと。

 英国の元プロレスラー、ウェイン・ブリッジが死去。八十三歳。合掌。
 前田日明がヨーロッパヘビー級タイトルを奪った相手として有名ですが、日本で試合
している映像はほとんど見たことがない。公式の映像としては、タッグリーグ開幕戦の
五分間のエキシビションのみ? 英字綴り(Wayne Bridges)で動画検索しても日本での
試合は見付からないな……。あとはプロレス裏ビデオ的な物を探せば出てくるのかな。
 欧州でのプロレスって、日本での欧州系レスラーの大半がそうだったからとねちっこ
い攻防が多いものと期待して見ると、案外ショーマンシップにあふれていて驚いた覚え
があります。多分、このブリッジもそうなんじゃないかと予想してるんですが、最後の
来日は格闘技色の強かったUWFへだったので、きちんとしたレスリングができる選手
なのは確かだと思われ。できればUWF参戦時の試合が見てみたい。
 近年、雑誌「Gスピリッツ」に載ったインタビューでは、非常に世話好きな人柄がう
かがえて、よかった。

 ではでは。




#1303/1547 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #1302 ***
★タイトル (AZA     )  20/03/11  01:50  (  3)
大相撲番組>間違っていたのは自分でした   永山
★内容
 NHK−BS1の「大相撲 幕内の全取組」のラストで出る放送時間のテロップは、
翌日の大相撲放送のお知らせではなく、この「大相撲 幕内の全取組」自体の地上波で
の放送時刻でした。申し訳ない。午前四時五分からで合っています。




#1304/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/03/11  20:05  ( 32)
一家団らん熱いバトル   永山
★内容
 日本テレビ系列で放送のバラエティ「世界まる見えテレビ特捜部」の録画を、家族と
ともに視聴していたときのこと。※ネタバレ注意です、念のため。
 事件物を扱うコーナーで、アーロンという高校生が殺されたケースを紹介。アーロン
は、メアリーという女性が主宰するギャング撲滅運動に参加しており、メアリーの家に
もよく出入りしていた。このことから警察がメアリーに話を聞きに行くと、「事件の数
日前サニーと名乗る男がアーロンを探して訪ねてきたので、もう帰ったと答えると、匿
うとためにならないぞと脅してきた」と証言。
 このあと何やかやあって、実はメアリー小曾がギャングまがいの犯罪に手を染める親
玉で、傷害事件を起こした息子に不利な証言をする予定になっていたアーロンを始末し
た、というのが真相だったのですが。
 番組を一緒に見ていた家族が、メアリーが最初の証言をした時点で、「怪しい。この
女、変なことを言ってる」と言うのです。結果から見れば、メアリーの証言「サニーと
いう男がアーロンを探していた」は全くのでたらめだったと判明するのですが、証言を
した段階で怪しむのは、どういう理由からなのか聞いてみた。推理小説を書く者とし
て、非常に気になる。
 曰く、「殺そうとしている相手を探して、他人の家を訪ねるというサニーの行動がお
かしい。自ら名乗った上に、殺気を漲らせていたような描写があったが、そんなことは
あり得ない」と。
 私が、「いや、それは強引だ。サニーはギャングの一員であると想定すれば、脅すの
が主目的で、殺気を露わにしたのかもしれない。名乗ったのはやり過ぎかもしれない
が、本名とは限らないし。あの時点で証言を無闇に疑うのは無理がある」と意見を述べ
ると、「いや、自分は殺そうとする相手を探すとしたら、あんな風に姿を現して聞いた
りしない。どうしても必要があれば、殺気を完全に隠して、穏やかに聞き出そうと試み
る」と一歩もひかず。結構、熱くなったです。(^^;
 まあ、番組のテロップや構成上、どんでん返しがあることは匂わされているので、意
外な犯人は誰かとなると、一番はメアリーで二番が息子だよなと思いながら私も見てい
ましたし、家族の意見も分かるんです。メアリーの証言が嘘だとすればこのあとこうな
って、という風に想像を膨らませましたから。
 ただ、フラットな状態で、実際に捜査する立場に立ったとしたら、証言の段階でいき
なり怪しむ(否定する)のは行き過ぎだというのが私の意見。

 ではでは。




#1305/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/03/12  22:31  ( 25)
ウイルス対策関連の周辺   永山
★内容
 夏休みの期間て、北の方や南の方を除けば七月二十一日前後から八月末日までに決ま
っていると昔は思っていたのですが、最近(?)は、かなりバラエティに富むようになっ
ているみたいで。
 千葉市が、休校期間の延長見込みに伴い、公立校の春休みを延ばすとともに、夏休み
の縮小を決めたとのニュースが出ていて、そこには本来の夏休みは七月十三日から八月
二十八日までとの記述がありました。
 うーん、昔思っていたのとだいぶずれている。ただ、今回驚いたのは、地理的な点。
関東のそれなりに大きな都市でも、こんなに違うんだということにびっくりしました。
今後、自作で公立学校の長期休暇を書くときは意識しておこうっと。
 それと、都道府県によって夏休みの期間のずれがあることを利用して、中学卒業後に
全国に散らばった仲間達のすれ違いや予定を合わせることがままならぬ様を描くのも面
白いかもしれない。

 選抜高校野球中止に関連して。
 大相撲のとある力士が母校の出場が決まっていたことを聞かれて、「仕方ない。こう
いう状況だから」とコメントしたとか。
 その記事で、新型コロナウイルスの影響で大相撲も初めて無観客興行を行っているこ
とを引き合いに出し、「仕方ない・」のコメントにつなげているのですが、この接続に
違和感を覚えたです。
 理由を考えてみるに、選抜高校野球も当初は無観客による開催を視野に入れていたの
が大きいのかも。高校野球も無観客で開催していた場合でも、「仕方ない。こういう状
況だから」が成り立つ。その意識があるので、中止が決まったニュースに対して、同じ
ように並べるのは変だと思う次第。

 ではでは。




#1306/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/03/13  21:29  ( 23)
来たるべきときのために   永山
★内容
 スカパー!の緊急開放で、録画番組が溜まって、HDDの残り容量が不安になってい
く。ほぼドキュメンタリーで占められているのだけれども、時々、前に見たことのある
番組を録画したことに気付き、容量の無駄遣いをしてしまった〜と悔しい気持ちもある
一方で、よっしゃ、これをすぐに消去すればまだ余裕ができるなと、ありがたかった
り。元を正せば、自分のミスなのに。(^^;
 開放する番組、アニメがそれなりに多いのは、休校している子供達のためというのは
分かる。こういうとき、お笑い系のバラエティ番組もここぞとばかりにやるようなイ
メージがあったんですが、今回はないな。権利関係の処理が急には無理なのかな?

 新型コロナウイルスの影響でドラマ撮影が大変だ、というニュアンスの記事が出て
た。
 最初、その見出しだけを読んで、「そりゃこのご時世なら当たり前だろ〜」って思っ
たんですけど、念のため本文も読んでみたら、想像したのとだいぶ違ってた。
 オリンピック関連の建設・道路工事や警備関連で、撮影許可を得るのが難しくなる。
それを見越して、今年四月期スタートのドラマは医療物が増えていた(病院での撮影許
可さえ取れたらあとは何とかなるんだそうで)。ところが新型コロナウイルスの流行に
より、ドラマ撮影に協力できる病院ががくんと減ったとか。許可を取れても、協力して
もらえる時間が短くなるので、脚本に影響が及び、結果、シーンの変更を余儀なくされ
ているとか。
 こういうトピックスも、自作で二〇二〇年を描くとき、あるいは新種の病気が流行し
ている世界を描くとき、役に立ちそうと思ってしまう物書きのさが。

 ではでは。




#1307/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/03/14  22:42  ( 26)
白い日だった   永山
★内容
 自作の中でクイズやパズル、なぞなぞといった系統の遊びを描くとき、どこまで既存
の問題を使っていいのか迷うことがあります。
 そりゃまあ、全て自分で考えたオリジナルで行けたらいいんですけど、そこまでの能
力はないし、やはりすでに高評価で固まっている既存の有名問題の方が出来がいいし、
キャラクターの特徴を表すのにもうってつけに思えるんですよね。
 それに、パズル好きならあの有名な問題を知らないのはおかしい、って場合もあり得
るでしょうし。
 そんな事情から、必要に応じて既存の問題を取り入れるのは仕方がないと思うので。

・なるべく古典とされる定番の物にする。
・自作のキャラクターがその問題を考え出したような描き方は避ける。作中で、「何か
の本に載ってたんだけど」とか「人から聞いたんだけど」といった説明を入れておく。
・できれば出典や原作者を付記したい。

 ここら辺が少なくとも押さえるべきマナーかなと今の時点では考えていますが、他の
方の実情はどうなんでしょう?

 ちょっと困るのが、「他人の考えたパズルを、さも自分が考えたかのように出題す
る」キャラクターを描きたい場合。そういうシーンを描いたあとしばらくしてから、有
名なパズル作家が考案した問題だとばれて、えらい目に遭うという展開はあり得る訳
で。
 この筋書きを連載形式で描いたとして、切り方によっては、パズルの類に詳しい読者
には「あれ? パクリ?」と見なされる可能性がゼロではない。けど、そのことを注釈
で先に書いちゃうと今後の展開がばれてしまう。うーん。

 ではでは。




#1308/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (sab     )  20/03/15  18:56  ( 36)
感想。「アリバイ崩し…」最終回。【ネタバレ】。   HBJ
★内容                                         20/03/15 19:01 修正 第3版
大山誠一郎とは如何なる作家なのか
と言わざるを得ないですね。
(京大ミステリー研出身の本格派ですよね)。
とにかくラフすぎて。
鈍器の様なもので脳挫傷をおわせた後石油で、
とか。
二人目の殺害も、24時間放置プレイの後、
鈍器で脳挫傷。
これは原作を読んでみないと分らないが、
大山誠一郎とはどんな作家なのか。
しかし、オーディエンスの評判は割といいので
(Y!テレビとかで見ると)
土曜の夜に見るにはあの程度でいいのか、
とも思いますが。

あと今夜は「テセウスの船」ですね。
前回だったか、
巡査の家族が音臼村を出るのに使った車が、
オーバーフェンダー付きのシャコタンで、
何でなんだろう、
昔の車が無かったのだろうか。

4月からは「サイレントヴォイス」を
見てみたいと思います。
「サイレント・ヴォイス 特別編 悪魔の学問」
をスマホアプリで見ましたが
うーむ、
ドラマの設定やストーリーと
行動心理学なるものが全く絡んでおらず…。
それでも、シリーズ累計50万部というんで、
見てみたいと思います。

(あと、条件反射トリックのミステリーの
プロットを考えているんですが、
全然思い付かなくて困っていますね。)。





#1309/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/03/15  20:42  ( 21)
盛り上がりに欠けた感   永山
★内容
 テレビ朝日系で放送のドラマ「アリバイ崩し承ります」最終話を録画視聴。ネタバレ
注意です。
 最後に来てアリバイの謎そのものは割とありふれたトリックで片付けたなという印
象。このドラマの原作短編集にはもっと趣向を凝らしたアリバイトリックがあると聞い
ているので、ネタ切れってことはないと思うのですが。でもまあ、「アリバイは崩せた
がその人物が犯人ではない」という点が見せ所なのは分かった。……親父が犯人ではな
い証拠やロジックはなかった気がするけれども。
 やや弱いこのエピソードをドラマのラストに持って来たのは、ぼんぼんの刑事の親父
である議員が疑われるという構成が理由なのかな。それならそれで、もうちょっと議員
が追い込まれないと。ヒロインの探偵が早々と「渡海議員が犯人とは思えません」的な
台詞を言っちゃったから、はらはら感を欠いたような。
 原作の短編集では何番目に配置したあるのか気になったので検索してみたところ、紙
媒体で出ている短編集には収録されていないエピソードでした。Webマガジン連載の
無料公開作品の二番目にして、今のところラスト。うーん、最終エピソードだとしたら
やっぱり弱いなあ。
 ヒロインがほぼほぼ推理マシーンで、概略をインプットしたら答がすぐに出てくると
いう、あっという間の解決ぶりは売りなのかもしれないけれども、改め不足を感じる。
“そこ、決め付けていいんだったら視聴者(私達)も先に進めるけれども、普通はそうは
いかないよね”という箇所がたくさん見受けられた気がします。

 ではでは。




#1310/1547 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #1309 ***
★タイトル (sab     )  20/03/16  12:33  ( 16)
さっそく読んでみました。              HBJ
★内容                                         20/03/16 12:59 修正 第4版
永山さんの情報から、さっそく読んでみました。
(ありがとうございます。)
あれだとフーダニットも
ホワイダニットも
変更されているんですね。
やっぱり本格派という事で
ハウダニット優先でしょうか?
しかしAI顔認証の時代に変そうか、とも。
或いは防犯カメラの解像度を考えればありなのか?

あと、ドラマが放映されているのに
出版もされていない、というのは何故なんだろうと。
今こそ売れるだろうに。

とにかく読めてよかったです。





#1311/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/03/16  20:17  ( 30)
船を作るのにネジは何本必要か   永山
★内容
 TBS系で放送のドラマ「テセウスの船」第九回を録画視聴。ネタバレ注意です。
 作り手にとって都合がいいように、色んなところをねじ曲げている印象を強く受けま
した。
 二〇二〇年で文吾に同情的だった刑事が、二度目のタイムスリップではやけに文吾を
疑い始めているのは、まあ過去の改変のせいで様相が異なってきたとして。
 文吾に嫌疑を掛けているのなら、警察は佐野家を見張るなり、派出所に臨時の者を置
くなりしてしかるべきでは? そのような方策を警察が採らなかったおかげで、犯人は
ワープロだの薬物の瓶だのの細工を施すことができたように思える。
 また、昼明るい時間帯に文吾が監禁場所から逃れてきて、夜、派出所に戻って、村人
の誘いで野外で鍋を囲んで、それでもまだ警察は文吾が無事帰還したことを掴んでいな
いって、どう考えてもおかしいでしょう。
 加えて、文吾が監禁されていた小屋の調査も、明日の朝から始めるだなんてのんきな
こと言ってるし。もう、犯人にとってプラスになることばかりやってる感じ。
 あと、制作サイドは、タイムスリップについて明確な基準を設けずに、ストーリーを
こしらえてるように思う。音臼小事件を食い止めたのに、一度目のタイムスリップ時に
持ち込まれた新聞の切り抜きは音臼小事件を伝えたまま。過去の改変に合わせて事件が
変わったのなら、その結果に沿った内容の記事になるのではないのか。もしそうだとし
たら、いや、実際にそうなるかどうかとは無関係に、みきおや黒幕はそうなる可能性を
考慮して、新聞記事を主人公の元に返すなんて行為は絶対に出来ないはず。
 そもそも、スクラップブックを作ったのは主人公の妻で、作った動機は主人公と結婚
したが故。今の段階で主人公は結婚できていない未来が待っているはずなので、スクラ
ップブックの存在自体がなかったことになっても不思議じゃない。
 それとも、未来から過去に持ち込まれたものは、過去の改変による影響を受けない、
とでも設定してあるのだろうか。だとしたら、主人公は母親のおなかの中にいる胎児の
身に何かあっても、とりあえず影響を受けないことになる?

 と、不満をぶつけつつ、最後まで引っ張られてきた。次回でラスト。物語としての牽
引力は認めなければいけないかな。

 ではでは。




#1312/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/03/17  20:41  ( 33)
OZの魔法使い   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「オペレージョンZ」第一回無料放送を録画視聴。ネタバレ注意
です。
 原作は真山仁による同名小説。未読です。いつものように二話以降が有料放送なの
で、あらすじを書こうと思ったんだけど、専門用語が多くて、どのような漢字表記なの
か、そもそも発音をちゃんと聞き取れているのか分からない物がちらほら。(^^;
 とりあえず、これまでのドラマWに比べたらかなり短めに、あらすじを書いてみま
す。
 大手保険会社の取り付け騒ぎをきっかけにして、多額の日本国債の引き受け手を探す
必要が生じた。副総理の江島は、梶野総理がこの国債を日銀に買い取らせるつもりでい
ることを知り、危機感を募らせる。日銀がこの規模の国債を引き受けるとなると、日本
は何があっても国債を買ってくれると認識され、外国のヘッジファンドにつけ込まれ
る。それは国の破綻:デフォルトへの流れであるから、絶対に阻止しなければならな
い。
 しかし総理の側近は、他に策はないとして譲らない。江島は梶野総理に、その日の市
場が閉じる三十分前までに別の買い手を見付けるから待ってくれと掛け合い、認めさせ
る。
 江島は伝でスイスの銀行(頭取の旧知の仲で恩を売ったこともある)の頭取と直談判
し、メリットを説いて、ぎりぎりで国債を買ってもらう。
 当面の危機は去ったものの、株式・国債・円のトリプル安に見舞われた日本の経済は
停滞、梶野首相の退陣から江島が次の総理になった。
 江島はデフォルトを回避すべく、歳出の五十パーセントカットという現実離れした目
標を掲げ、激しい痛みを伴う改革の実行を考えていた。名付けてオペレーションZ。も
はやあとのない作戦である。
 ――概略はこんなところで。
 作中で、若き財務官の妻が、夫の話を聞いて日本の状況を、「一億の借金を抱え、五
百万の年収しかないのに、毎年一千万使う駄目亭主」てな風に言い表してましたが、現
状、それに近いものがあるんだなと再認識。
 日本の未来を予言したような作品を遺したい末期がんのSF作家、新聞記者に総理周
りの情報を流しているる謎の人物、忖度なしの発言を売りにする名門大学准教授といっ
た癖の強いキャラが揃っている感じで、今後の展開が楽しみ。見終わったあと、暗い気
持ちになりそうだけど。

 ではでは。




#1313/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/03/18  20:49  ( 30)
技術の進み方   永山
★内容
 AIによる顔認証と言えば、ぜんじろうの実験バラエティ番組で、3Dプリンターで
作ったリアルなフェイスマスクが顔認証システムを突破して、ちょっとした話題になっ
てましたね。
 フェイスマスク着用だと、機械は突破できても、人が見れば確実にお面を着けている
と分かるレベルだったので、人と機械によるダブルチェックを行えば、まだ防げるんで
しょうけど。
 顔認証システムが世に出始めた頃にもし飛びついて、物語作品として、そのシステム
が密室なりアリバイなりの鍵となる構成をしていたら、今頃恥を掻いていた恐れもあっ
たことになるのかな。まあ、作中で「3Dプリンター制のマスクでもごまかせないよう
精度を高めた」みたいなことを付記しておけば、問題はないと言えるかもしれない。む
しろ、顔認証システムそのものをトリックの要に使ったときの方が、手直しに苦労する
のは間違いない訳で。

 レスリングでオリンピックに出場した元プロレスラーの谷津嘉章が、義足を装着して
リング復帰。六月予定。
 昨年、糖尿病の影響で右足の膝から下を切断し、義足を付けるようになり、今度の東
京オリンピックでは聖火ランナーを務めることで話題になっていましたが、まさかのプ
ロレス復帰とは。
 私の世代のプロレスファンだと、義足であることを隠してファイトしていたプロレス
ラーといえばケリー・フォン・エリックが真っ先に浮かぶと思います。ケリーの場合は
交通事故により、右足首から下を失っていたとのこと。計算上、義足になってからも二
度、来日して試合を行っていますが、さして違和感はなかった。
 他に、骨肉腫で左足を子供のときに失ったザック・ゴーウェンと言う比較的若い選手
も来日して試合している。海外の映像を見た覚えがあるけど、義足を外す場面もあった
ような。
 谷津は膝から下、さらに六十過ぎの年齢と、かなり動きが制約されると思うんです
が、義肢装具業界トップの企業がプロレス専用の義足をこしらえてくれたとかで、どん
な仕上がりになるのか気になります。

 ではでは。




#1314/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/03/19  19:55  ( 21)
運命と偶然   永山
★内容
 とある小説投稿サイトで、たまたま見掛けたペンネーム(本名ではないと判断できる
程度に本名っぽくない名前です)が、大学のときに同じ文芸部に所属していた人のペン
ネームと被っていた。
 もしや、本当に同じ人かもと思ったけれども、付されたアルファベットというかロー
マ字によると読みが異なるので、別の人なんだろうなあ。プロフィールの情報は少なく
て手掛かりにならないため、その人の作品を一つ読んでみて、自分が知っている人とは
作風が違うと感じたし。

 ネット全盛の時代、知っている人と同じ名前だからという理由だけで、思い込みをさ
れる可能性はそれなりにあるはず。
 昔、(何でそのサイトに辿り着いたのかは忘れたけれども)個人のホームページの日
記的エッセイのコーナーにて、小学校だか中学校だかのクラスメートとAV女優の名前
が同じとかで、「**ちゃん、この○○年の間に、君に何があったんだ」的なことが綴
られていました。
 アダルト女優さんが本名を名乗るとはさすがに思えないので、まあ書いた人も分かっ
ていてわざとやってるんでしょう。それならちょっと面白い。ただ、わざとやっている
という匂わせがその文章には見付からなかったんで、ひょっとすると本気で書いた可能
性もある?
 仮に本当に思い込んでいるとしたら、よっぽど容姿が似ていたのかしらん。

 ではでは。




#1315/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/03/20  22:34  ( 31)
ざっくりと雑記   永山
★内容
 某小説投稿サイトで作品を読んでいると、突然、ウィルス対策ソフトが反応して、“
危険な可能性のあるページだから表示を中断しました”的なメッセージが出た。
 これまでの例から推すに、恐らくある特定の広告に(過剰に?)反応したんだろうけ
ど。
 今までは買い物系のサイトでよく出て、他には格闘技系の個人のブログでしばらく出
続けたことがあったものの、小説投稿サイトでは初めてだったのでびっくりした。何か
こっちが悪いことをしたのかと焦ってしまう。

 東京創元社の雑誌「ミステリーズ」で休止していた犯人当てが、VOL.99から再
開されたので、早く購入してまた挑まねばと思っていたのに、何だかんだと遅れて、や
っとこさ入手。三月末の締め切りまでに、推理を組み立てられるかどうか、かなり厳し
い。
 これで出題者が並の書き手なら、まだ太刀打ちのしようがあるかもしれないけれど
も、今回の出題者は麻耶雄嵩。本格推理・本格ミステリについて問題意識を持って捻っ
てくる作家、というイメージが強い。一筋縄どころか三筋縄や四筋縄でも行かない手強
い問題をこしらえてきそう。過去に読んだ麻耶雄嵩の犯人当て小説でも、まともに解け
たためしがないし、今回のもとりあえず一読したけれども、今のところ糸口が見付から
ない。
 レギュラーキャラクターを登用しながらも、いつもと違う描き方をしているのは何で
だろう?とか考えてしまって、描かれた事件そのものを追う意識が希薄になっているの
が自分でも分かるだけに、今回も苦戦は免れそうにないな〜。

 自作の小説を書き進めていて、ふと気付く。
 登場人物名の漢字表記が、いつの間にか変わっている。「瀬川」が「P川」になっ
て、「志穂」が「志保」に。下の名前はともかく、この名字の違いは気付きにくいわ
〜。
 で、その作品の文章を検索してみたら、途中、誤表記をし始めてすぐに戻って、それ
からしばらくあとにまた誤表記が始まって、じきに戻るの繰り返し。何でこんな変換す
るんだろ。ちゃんと学習しているはずなのに。

 ではでは。




#1316/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/03/21  22:41  ( 23)
輪尾狐猿   永山
★内容
 とあるNHKスペシャルの再放送を観ていて、今さらだけど、「大地溝帯」が「大
地・後退」と同じ音だと気付いた。ほんのちょっぴり、ニュアンスが近いのが面白いか
も。
 少し前から、同音の言葉に気付いたらメモを取るように心掛けています。作品のネタ
集めのためですが。
 こういうのって、できることなら全国共通で通じる言葉で収めたいものです。方言や
その土地独特の言い回しが入ると、若干興ざめしたり、意味が取りにくくなったりする
と思うので。
 たとえば――「『カニ食われた!』だと思ったら『蚊に食われた!』」だった。
 この場合、蚊に食われるという言い回しが当たり前に通じる土地以外の人には、ちょ
っと意味が取りにくい、あるいは意味は分かるけれども引っ掛かりを覚える、というれ
べるになりそう。
 あまりにベタなのや、ストレートに過ぎるのは、よほどタイムリーに決めないと意外
と受けない印象。(^^;
「ひきこもりだと思ったらヒキコウモリだった」
 これなんかだと、知識も一応必要になってくると言えるから、テレビ番組などでヒキ
コウモリが紹介されたとき、タイミングを見計らって二つの言葉を結び付けるような何
かを言えば受けるかも。「名前の割に巣穴を出て飛び回るんだな、ヒキコウモリ」的
な。
 動物の名前で思い出した。ワオキツネザルって、芸人の間寛平にぴったりの動物か
も。「ワオワオ」と「誰が猿やねん」、寛平のギャグが二つ入ってる。

 ではでは。




#1317/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/03/22  21:32  ( 28)
観戦注意   永山
★内容
 悪い意味で話題のK−1興行をAbemaTVでネット観戦。
 と言っても、長時間興行なので、ほとんど観られていないのですが。昼の一時に本戦
スタートで、夜八時半ぐらいでセミファイナル開始。
 今回の興行は午前十一時半からオープニングマッチが行われたらしいので、そこから
計算すると最終的に九時間半興行!
 感染云々がなく普通の状況でもこれはつらい。昔、K−1の名古屋ドーム大会を観に
行ったときが、八時間ほどの長時間興行だった記憶があるけど、いくら好きなものでも
座り続けるのがしんどかった。大きな会場だと、動くのが面倒に感じてしまう口だし。
(^^;
 で、今回の配信される映像を見ていると、客席を始め、リング周りにいる人達はほぼ
マスク着用している。希にセコンドにつく人が未着用。
 着けていないのは、選手の他に、リングに上がったときのレフェリー、リングアナウ
ンサーにラウンドガールかな。それと、実況席が会場のどこにあるのか分からないけ
ど、マスクを着けていない思います。選手は入場時にも着けていない人が多い、という
か試合に出場するくらいだから検査を受けて、感染していないとの結果が出てるんだと
思います(一般に、検査の精度には疑問が出ているみたいですが)。
 あと、声援などの声がいつもに比べたら小さい。六千五百人という客入りが普段に比
べたら少ないというのもあるんでしょうけど、声援自体が自粛気味だったのかな。
 と、ここまで書いてきて、メインイベントの選手入場前に、オーケストラによる生演
奏があった。当然、演奏者は誰もマスクをしていなかったです。
 話を戻して。手袋の着用は多分なし。手の消毒は観客に対しては入場時にやっていた
みたいだし、多分、館内にもいくつか消毒場所を設けていたんじゃないかな。

 この興行による感染者を一人も出さなかったとしても、じゃあ大規模イベントどんど
んやってくださいとはならないのは確実。開催に踏み切ったからには、感染者を出すこ
となく、およそ二週間後に本当の閉幕を迎えてほしい。

 ではでは。




#1318/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/03/23  20:16  ( 41)
またこのあきないでよくあきないな   永山
★内容
 TBS系で放送のドラマ「テセウスの船」最終回二十五分拡大を録画視聴。ネタバレ
注意です。
 なんともはや。怪しんでしかるべき人間を怪しまないまま最終回まで来たなあと感じ
ていましたが、そいつがそのまま黒幕だったとは。ただ、ネットでの反応を見ると、意
外な犯人だと感じた割合の方が多いみたい。もちろん言い当てている人も多数。
 終わってみると、かなり荒削りなところが感じられる物語でした。
 金子刑事を殺したのは誰だったのか(みきおなのか田中なのか)分からないまま。
 前の現代パートで、みきおが田中正志を殺した理由が明示されず。恐らく共犯者の口
封じなんだろうけど、最終回では田中は子供は扱いやすいと言っていたのに、現代では
大人になったみきおにころっとやられたことになる。
 派出所に届いた、日記のデータをプリントアウトした紙はどこへ行ったのか。あの紙
に真犯人につながる手掛かり、もしくは佐野文吾が犯人ではない手掛かりがあったので
はないか。あ、ついでに、派出所の戸口に挟んであった封筒に「警察官一家惨殺」の新
聞記事があったシーンで、お、「犯人も未来から来た人間なのか?」と考えたんです
が、違った。あの記事、アップになった静止画で見ると犯人がこしらえた偽記事だっ
た。
 駐在所勤務の警官が殺人容疑で逮捕されたあとも、警官の家族は派出所横の家に住み
続けることができるのか。
 拘留中の人物への差し入れが、誰からの物か分からないなんてことがあるのか。
 みきおが「ヒーローになる」と言って毒を飲んだけど、あのシーン、てっきりみきお
が主人公を毒殺して、全ての事件の犯人として自殺したように見せ掛けるものだとばか
り。ここまでの犯行から垣間見える傾向が、自殺を選ぶような性格には見えない。
 ラスト手前のシーンで刺された佐野心は、死んだのかどうか。検索してみると、死ん
だみたいですが、だったらあのあと生まれてきた佐野心は平成元年になったらまたタイ
ムスリップして死ぬ運命を辿るの? 音臼小事件や不幸なえん罪など起きなかったルー
トができあがったけれども、それは佐野心が過去に介入した結果なのだから。で、父親
の文吾は佐野心がタイムスリップしてきたことと自分の息子であることを知っているの
だから、あとになって生まれた佐野心が令和の時代になってまたタイムスリップしない
ように、つなぎ止めようとするのか? それとも今度は死なないように色々と注意喚起
して送り出すのか?
 そもそも、あの時代において身元不明である佐野心をどうやって葬ったんだろう。D
NA検査したら、訳の分からないことになるだろうな。
 舞台を原作の北海道から宮城に移した意味はなし? 関係者達は大震災を無事に乗り
切ったのか?

 と、覚えている範囲で、消化不良な点や疑問点を挙げてみました。
 で、またまたネット情報によると、Paraviで配信中の「犯人の日記」とやらを
観れば疑問が解消するらしい……いやいや、テレビドラマの中で出て来た疑問点には、
同じ枠内で答を示してよ。

 ではでは。




#1319/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/03/24  19:57  ( 50)
オペレーションQ   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「オペレーションZ」第二回を録画視聴。ネタバレ注意です。
 初回の感想の中で、タイトルを「オペレージョンZ」と誤記していました。正しくは
「オペレーションZ」です。すみません。
 江島総理自身が非常識で野蛮な改革と認めるオペレーションZ。その目指すところで
ある歳出半減に向けて、チームのメンバーとなった周防、中小路、根来、土岐の全四名
に、江島は改めて覚悟を問う。できないと思う者は去ってくれていい。経歴に傷は付か
ないようにする、と。各人各様の反応を示しながら誰も欠けることなく、意欲を示し
た。この機会に、周防はSF作家の大御所・百地から託された総理への建白書を、誰か
らのものとは明かさずに内容だけ示す。国は介護から一切手を引く等、過激な提言であ
ったが、メンバーらはこれくらいの覚悟を持ってやらねばならないという風に捉える。
かつてIMFが出したゼブラレポートは絵空事だ、トンデモレポートだと揶揄された
が、今やそのゼブラレポートを上回る改革が必要なときが迫っているのだと。
 そんな折、米国のマスコミが、サミットでの立ち話映像で、江島総理と米大統領の唇
の動きを読んだとして、日本の財政はIMFが口を挟まんとするほどに危機的状況を迎
えていることをすっぱ抜く。IMFが日本に財政破綻しないよう強く対策を求めている
のは事実であるのだが、江島は会見でこれを否定。
 一方、日本のマスコミの一つ、暁光新聞の児玉は、このところの首相の動きとことが
起きるタイミングを怪しんでいた。江島が大胆な財政改革を打ち出した矢先に、外国の
マスコミに財政危機を疑われるネタをスクープされるなんて。情報をリークしている奴
が内部にいるとにらみ、顔見知りである周防に鎌を掛けるが、周防ものらりくらりとか
わす。
 財務省職員の間では、暁光新聞に連載中の百地作品「デフォルトピア」が話題に。書
かれている内容が、食堂の通称やメニュー名など、職員でなければまず分からないよう
なことが多くちりばめられており、協力者がいるに違いないと思われている。財務省の
上の方の人間は、日本の財政破綻を描く小説に財務省の者が情報提供していたなんて知
られたら恥だし、許されることではないと、犯人探しが始まっているという。
 オペレーションZの四名は、歳出半減を実現するために検討を重ねる。よく無駄の象
徴とされる公共事業や議員費は、全体から見ると微々たる値で、仮にゼロにしても全体
の十パーセントにも満たない。国債関連の費用は額が大きく四分の一を占めるが、負債
を返すためのものであり、絶対に削れない。100を50にするのではなく、事実上、
75を25にすることが求められているのだ。となると残るは、社会保障費と地方交付
税交付金をゼロにするしかない。この前代未聞の計画を提案された江島は、その方向で
進めるようにとあっさり受け入れた。
 ――だいぶ端折った上に順序を入れ替えていますが、第二回のあらすじはこんな感じ
でした。
 児玉が前総理の嘘に辟易しており、もう国会議員の奴らの言葉なんて信じないという
態度なのは極端だけど、物語を転がすのには面白い存在。「大臣時代にアルゼンチンを
訪れてデフォルトを目の当たりにした江島は、トラウマからデフォルトを避けることの
みに意識が行っているようだが、そんな個人の考えだけで日本を滅茶苦茶にされてたま
るか!」辺りか。と周防に叫ぶ(恫喝?)するシーンは熱があってよかった。
 ドラマでは、『デフォルトピア』のシーンが映像化されて示され、デフォルトになっ
たらえらいことだと分かり易く示されるます。一方で、オペレーションZの内容を聞く
と、この大改革が断行されたらそれはそれで偉いことだなと。とどまるも地獄、行くも
地獄って感じで、暗澹たる気持ちになります。
 その暗い気分を緩和してくれるのが、案外、江島を演じる草刈正雄だったりして。こ
の俳優さん、バラエティ番組に出演するときも同じテンションで喋る人なのね。だから
日本テレビ系のバラエティ「イッテQ」でのやり取りを思い出し、いつ、「イモト〜」
って言い出すのかと期待?してしまう。(^^;

 ではでは。




#1320/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/03/25  20:40  ( 26)
日本人は「ばんばん」が好き?   永山
★内容
 「故人をAI等の技術で“甦らせる”こと」が冒涜であると声高に言われる・言われ
ないのボーダラインについて、つらつら書こうとしたら長くなって、とりあえず棚上げ
にした。(^^;

 なぜだか分からないけど、急に「チキチキバンバン」のフレーズが頭に浮かんだの
で、ネット検索でとりあえず歌を聴いてみた。
 懐かしい。
 自分はこの「チキチキバンバン」、映画と歌のどちらを先に体験したのか、記憶が定
かでない。
 テレビでオンエアされた映画を先に見たのか、小学校の大休みの時間にかかっていた
歌が先だったか……。
 映画のストーリーは大雑把に覚えていて、とても面白かったという印象が残ってい
る。ミュージカル映画に分類されているけれども、どちらかというとファンタジー寄り
じゃないのかな。おとぎ話の要素が詰まっていて、オチと言うかラストが鮮やかで、子
供心を掴んで離さない。そんな作品であると思う。
 特にラストは本来、一度きりの大技のはずですが、でも古今東西多くの作品で使われ
ている手法ですよね。これを初体験したときのみに最高の効果で味わえる驚き。
 今見返しても、恐らく当時得られた感動には遠く及ばないでしょうけど、それでも観
てみたくなった。

 『ばばんばばんばんばん』でおなじみの「いい湯だな」がドリフターズの番組に使わ
れて流行ったのと、どちらが先なのかも気になったので調べてみたら、「チキチキバン
バン」日本語版の歌が一九六九年二月、「いい湯だな」がドリフの番組で使われたのが
同年十月でした。

 ではでは。




#1321/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/03/26  20:34  ( 29)
AIだろAI   永山
★内容
 階級毎のボクシングナンバー1を決めるWBSSが、コンピュータゲームのeWBS
Sとして、歴代のヘビー級ボクサー八名を揃えたトーナメントを開催。開幕試合では、
モハメド・アリがイベンダー・ホリフィールドを五ラウンドKOに下す。ファンからは
賛否。
 これで思い出したのが、AI美空ひばりの歌やAI手塚治虫の漫画に対する、批判の
声の大きさ。上記ボクシングでAIの技術がどの程度使われているのか知りませんが、
否定的な意見の大勢を占めるのは、「アリはこんな戦い方はしない」とのこと。

 AI美空ひばりをプロジェクトしたNHKは、以前にもAI大相撲として、映像の残
る歴代の横綱から九名を選んで、データ化。互いに取組をさせる番組を作っていました
が、このときは賛否の賛の方が大きかったように思います。
 今どうなのかなと改めて検索してみると、AI美空ひばりやAI手塚治虫は「冒涜
だ!」という声が大きいみたいですが、AI大相撲についてはそれほどでもない。もち
ろん批判しているところもありますが、見付けるのにちょっと苦労するくらい少ない感
じ。

 冒涜と見なすかどうかの境界線は何なんだろうと思いつつ、検索を重ねると、AI大
相撲では金儲けをしていない、というのがありました。これは、どのようなAIの使い
方なら支持できるかという観点で語られており、感情的には理解できる一方、冒涜か否
かのボーダーラインを引くには論理的でない。
 AI大相撲とAI美空ひばり・AI手塚治虫とを比べると、前者は相撲を取ったのみ
で、考えを語るような場面はなかった。後者は創作したり喋ったりしている。
 AIが考えを代弁するような行為が冒涜と映るのか。その理屈はまあ理解できる。
 でも、AI大相撲が考えを表していないかというと、疑問が残る。少なくとも、相撲
にせよボクシングにせよ戦法というものがある。戦法は思考と言い換えても差し支えな
いでしょう。戦法を蔑ろにしたAI、あるいは戦法を代弁したAIはやはり冒涜になる
のではないのか。

 ではでは。




#1322/1547 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #1321 ***
★タイトル (AZA     )  20/03/27  20:15  ( 32)
AIとカセットテープの狭間に   永山
★内容
 故人のAIと冒涜についての雑感、もう少しだけ。
 たとえば歌手の場合、録音された歌声を、当の歌手が死んだあとに再生して聞くこと
は冒涜ではないと言い切れるのかしらん? 記録されたデータは劣化するかもしれない
し、再生する機械によって本物とのずれが生じているかもしれない。
 本人の歌声を正確に記録した物なんだからかまわない? だとしたら、正確にって
何?という話になってしまう。AI美空ひばりだって正確にデータを取ったと言えなく
はないでしょう。
 想像するしかないんですが、蓄音機もしくはテープレコーダーが開発された当初、亡
くなった歌手の歌声を聞いて、「こんな声は本物じゃない。魂がこもっていない。冒涜
だ!」という考え方の人はそれなりにいた気がする。
 現代ではカセットテープやCD、音楽データは歌手自身が売るために作っているのだ
から、亡くなったあとに買って来て聴こうがどうしようが冒涜には当たらないというの
が当然になってるだけで、ひょっとしたら将来、アーティストは自分のAIを生前から
作って、死後もAIが創作活動をするのが当たり前になるかも?

 仮に、百パーセント完璧に故人をコピーしたAIができたとして、その上で喋ったり
創作したり、あるいは遺族と語り合ったり喧嘩したりできるようになった場合、世間の
反応はどうなんだろう。
 百パーセントだろうが何だろうがやはり冒涜だと感じる人は、要するに死んだ人を科
学技術で甦らせようとすること自体が冒涜だと感じているはず。「本人が生きていれば
こんなこと言う訳がない」とか、「こんな作品を生み出すはずがない」とかそういうの
は後付けの理屈に過ぎない、と思う。
 一方で、愛する人が亡くなったあと、もうしばらくの間そばにいてほしかったと思う
人の願いを否定し、AIで死んだ人を甦らせる行為は禁止!なんて方向に進むのもおか
しな話で。

 現状で批判を受けないようにやるとしたら、故人が著名人である場合、「お金儲けに
使わない」「大々的な形で公にしない(やるのなら個人的に、身内でひっそりと)」
「生前に故人が許可していた」ぐらいはクリアしていないと、何かしら非難を浴びそ
う。

 ではでは。




#1323/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/03/28  20:12  ( 28)
重箱の隅   永山
★内容
 TBS系のバラエティ番組「水曜日のダウンタウン」で、
「『この番組は〇月〇日に収録したものです』のテロップを冒頭に出してダウンタウン
浜田雅功をひたすらカットしてOAしたら何かあったと思う説」
 を検証するために、説を伏せたまま実行。実際に視聴者をざわつかせたとか。
 この回の放送、、私も録画して観ました。
 収録スタジオ内で全てが明かされたあと、最初からこういう説をやると聞かされてい
た相方の松本人志が、いつものように茶化し気味のコメントをしていたです。その中に
一つ変なのがあって気になった。
 もう録画を削除したので正確な文言は分からない(公式動画サイトに登録すれば見ら
れるけどそこまでするつもりはないもので)のですが、「(何か問題が起きたと視聴者
に信じ込ませるために)俺、収録中ずっとしょぼくれた顔してたで」みたいな発言をし
てたんですよね。
 これがおかしいのではないかと。
 本当に問題が発覚して、キャストの誰か一人を映せなくなった場合を考えてみる。
 スタジオ収録を行った時点では、問題は発覚していない。発覚していたのなら収録そ
のものができないだろうから。通常通りに収録し、それがオンエアされるまでの間に問
題が表沙汰になり、テレビの電波に乗せられなくなる。そこで当該人物の映っている場
面をカットして放送する。
 スタジオにいた松本が問題発覚を知るのは、スタジオ収録よりも前であることはまず
ない(あるとしたら、相方が関わる問題を、前もって松本も知っており、かつ、オンエ
アまでに暴露されることを知っていた場合ぐらいだけど、それなら松本もカットされる
のが妥当)。だから、収録中にしょぼくれることなんてできるはずがない……と思ったの
ですが、違うのかな?
 松本人志としては、問題発覚でスタジオ収録を撮り直したという体で、先のコメント
になったのかもしれないけど、浜田の出てる場面をカットしたとはっきり説明されてい
たので、少なくとも何らかの勘違いをしていたのは確かだと思われ。

 ではでは。




#1324/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/03/29  20:36  ( 22)
定員八名の宿に九人を泊める方法ってある?   永山
★内容
 総合格闘技の修斗が後楽園ホールでの興行を無観客試合で行い、AbemaTVで無
料配信とあったから見ようとしたら、番組表のどこにもない。
 配信できなくなる、あるいは無観客試合ですら開けなくなる何かがあったのか(たと
えばスタッフに感染者が出るような)と不安になったけど、調べてみたら、雪で試合場
設置のための搬入自体が難しくなった等の理由により、中止を決断したとのこと。ちょ
っとほっとした。
 元々、外国人選手が複数、入国できない事態に陥り、対戦カードの変更が相次いでい
ただけに、今回はたとえ無観客でもやらないのが正解だったかも。出場選手の精神面一
つ取っても、万全とは言い難いでしょう。

 東京創元社の雑誌「ミステリーズ VOL.99」の犯人当て、何度も読む内によう
やく答っぽいものが見えてきた気がする。一応、犯人を絞り込めるだけのロジックを組
み立てることもできた。
 ただ、不安も残る。これみよがしに提示されているピンポン球の手掛かりをどう消化
していいのか、さっぱり分からない。
 もう一点、卒業旅行を手配した男子学生の西戸崎が、直前キャンセルした女子大生の
松原に関することで皆に嘘をついているのは明らかなんだけど、これまた事件とどう絡
んでくるのかがぴたりとはまるものがない。推理小説的に考えれば、西戸崎が松原を殺
しているか、二人が秘密裏に会うつもりでいるか、そういった筋書きが浮かぶんだけど
……。

 ではでは。




#1325/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/03/30  20:20  ( 38)
ばばんばばんばんばんを話題にしたばかり   永山
★内容
 志村けんが逝去。七十歳。合掌。
 志村けん入院のニュースを聞いたときは、いずれ復帰して世間でも新型コロナ渦が収
まって平穏になった頃に、笑い話にしてくれるんじゃないかなと漠然と想像していたの
に、こんなことになるなんて。ただただ悲しい。これからあとの世代の子たちは、志村
けんをリアルタイムでは知らないで育っていくんだなと思うと、実に惜しい気がする。
 いかりや長介が七十二で亡くなったときもそうでしたけど、急すぎて、「時間だよ 
仕方がない」とはとても思えない。特に今回の件は、助かった命だったんじゃないのか
なという気がして、本当に残念です。

 WOWOWのドラマ「オペレーションZ」第三回を録画視聴。ネタバレ注意です。
 百地の連載小説『デフォルトピア』に協力しているのはおまえじゃないかと、総理に
問われた周防は、とっさに否定する。すると総理は外れたことを残念がった。『デフォ
ルトピア』は国民に危機感を植え付けるという意味で、最高の援護射撃だと言う。
 歳出半減のオペレーションはのっけから苦戦を強いられていた。厚労省のトップに掛
け合うが国民、特に弱者の切り捨てにつながることに協力はできないと突っぱねられ、
シングルマザーの母子三人が健康保険を受けられずに子供の診療を泣く泣くあきらめ、
結果、相次いで死亡していた事件の記事を示される。さらに後日、詳細なデータに基づ
いたシミュレーションの結果を示され、しかもそのシミュレーションは社会保障費全カ
ットではなく、2/3にした段階での計算だった。
 増税チームとの連携で打開策を模索するも、なかなか光明は見出せない。そんな折、
周防の妻がある診断書を見せる。がんの再検査と検査結果が良性だったことを示すもの
だった。全く知らされていなかった周防は妻を少し責めるが、妻は心配掛けたくなかっ
たという。それに、自覚症状が出てからでは手遅れだ、検査結果が悪かった時点で早め
に治療して治るのなら誰だってそうするでしょう、という医者に言われた言葉を紹介
し、開き直れたと語った。
 数日後、暁光新聞にスクープが乗る。江島総理が歳出半減、社会保障費と地方交付金
をゼロにすることを考えているとすっぱ抜かれた。総理は速やかに動く。翌朝九時に国
民に呼び掛ける会見をし、地上波の主要テレビ局全てを通じて生中継する。そのための
原稿をオペレーションZの四人に練り上げてほしいと頼む。
 夜を徹して完成した原稿に目を通した総理は、四人に対して「最高の武器をありがと
う」とねぎらうのだった。
 ――第三回のあらすじはこんな感じでした。具体性が出て来て、現実味を帯びてくる
と、見ているこっちは重苦しい気分にさせられる。前回は暁光新聞の児玉記者の主張に
迫力を感じたけど、今回は厚労省のトップの発言に同じようなものを感じたです。
 すでに行くも行かぬも死に体という風に映るんですが、よりましな道を選ぶってこと
なのか。

 ではでは。




#1326/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/03/31  23:22  ( 45)
窮余の一策   永山
★内容
 東京創元社の雑誌「ミステリーズVol.99」の犯人当て『紅葉の錦』(麻耶雄
嵩)に掛かりきりで、フレボイ書き込みのネタが用意できていない〜。

 てことで、『紅葉の錦』に関して推理したことそのものについて書いてみよう。
 最初に言い訳すると、実質十日ぐらいしか考える時間がなく、正直な感覚を言うと、
外れているでしょう。分からないんじゃなくて、分かったような、一応の答は出せたの
だけれども、使わなかった手掛かりが二つもあるという時点でおかしい。

 以下、同誌の問題篇を読んでいないと訳分かりませんし、『紅葉の錦』のネタバレに
なっている可能性もあります。あしからず、ご了承ください。

 犯人は犯行時、自身の宿泊する部屋(二人で一部屋。鍵はそれぞれ一つずつ)渡され
るの鍵を誤って崖下に落としてしまい、しかも拾えない状態になった。このままだと犯
罪の証拠になりかねない。やむなく被害者の鍵を奪ったあと、崖下に遺体を落とすこと
で犯人の鍵を被害者の鍵と思わせる策を講じた。
 この策が成り立つには、犯人は宿泊客であり、かつ被害者と同室であることが条件に
なる。
 では被害者は誰か。
 犯行は雨の降り出す十五時十分よりも前であり、さらに殺害と偽装工作等で少なくと
も十分を要すると見て、十五時までに現場に立てることが被害者(及び犯人)の条件と
なる。
 十五時十分以降に生存が確認されている木更津、香月、海野は被害者ではない。除
外。
 被害者は参道を通っている。高所恐怖症の西戸崎はわざわざ参道を通る理由がなく除
外。パンプス履きの彩名は参道を歩けないため除外。聡美は被害者の可能性を残すが、
その場合犯人となる彩名が迂回路経由で十五時までに犯行現場に到着することは不可能
(彩名は聡美と共に十四時三十分まで宿におり、その後すぐに行動を開始しても犯行現
場までは三十分以上を要する)。なので聡美も除外。
 残るは香椎と奈多の二人。犯人たり得るのは、鍵を落とす可能性がある者。奈多は鍵
などの貴重品をウェストポーチに仕舞うので、落とすことがない。一方、香椎は鍵をポ
ケット等に突っ込む程度であり、落とし得る。よって奈多が被害者、香椎が犯人。

 ここまでが回答。
 で、使えなかった手掛かりの一つが、潰れたピンポン球。海野が密かに隠し持った分
は犯行時間帯が過ぎたあとも、海野自身が持っていたのは間違いないだけに、じゃあ現
場に落ちていたのは何なのか? さっぱり分からない。
 もう一点が、西戸崎の嘘。
 定員が四室八名の宿で、すでに木更津達の宿泊が決まっていたので空きは三室六名。
なのに西戸崎は七名で予約し、一週間前に松原の分をキャンセルしたという。明らかに
嘘をついており、実際は元から松原の不参加を知っていたはず。
 このことから西戸崎と松原の間には他の者が知らない秘密がある。もしかすると、西
戸崎が松原を殺害していることも……? ただ殺害となると推測が過ぎるし、宿の事件
がぼやけてしまう。うーん、分からん。

 ではでは。




#1327/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/04/01  20:41  ( 28)
今日は何の日:エイプリルフール   永山
★内容                                         20/04/01 20:42 修正 第2版
 小説投稿サイトに参加するようになりました。
 それも最近ではなく、令和になるかならないかの頃に。
 AWCのメンバーですでにやっておられた方々の書き込みを読んで影響と刺激を受
け、自分もやってみようかなと。
 どこのサイトにするかはひと通り調べて、最大手のところは何となくパス。それ以外
の中から複数のサイトにそれぞれ別名義で登録し、UPする作品は基本的に新作かつ他
と被らないようにする。ただし、そんなに新作が続くはずもないので、AWCにUPし
た自作の焼き直しはあり。作風はほぼ変えていないつもりだけれど、ちょっと下ネタを
入れたり、タイトルを長くしてみたり。
 で、読者はとても少ないです。(^^;


 ……何もかも自粛ムードの中、思い付いたのはこれくらい。

 日本のテレビ番組の編成とは時季の巡り合わせがよくないのか、四月一日ネタを連続
ドラマとうまく連動させた作品というのは、寡聞にして知りません。
 たとえば考察系の推理ドラマで、最終回・解決編のオンエアが四月一日。その放送で
は尤もらしく、ちゃんと納得ができる仕上がりにしておく。翌日か一週間後ぐらいを目
処に、最終回で示した解決には大きな誤りがあった!とぶち上げれば、「真の解決編は
映画館で」とか「ネットで」とかやっても、あんまり批判されないんじゃないかしら。
 ただ、これをやるには相当脚本が頑張らないと厳しいのは明らか。最終回放送直後か
ら、あの伏線はどうなった?的な疑問の声が上がるようではまずい。謎の難度を高めに
しないといけないのは無論のこと、伏線や手掛かりをそうとは悟らせずに、しかしあと
から言われたら「あー!」と思い出せる程度には印象づけないといけない。
 ……時季的な巡り合わせではなく、予想される困難さが、そのまんま、作られない理
由だったりして。

 ではでは。




#1328/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (sab     )  20/04/01  23:09  ( 70)
本格ミステリー作家のサイコパシー傾向     HBJ
★内容                                         20/04/01 23:10 修正 第2版
いまだに条件反射的トリックのネタを考えているのですが。
あんなものを考える犯人はどんな人か、
とふと思って。
サイコパスみたいな人なんじゃないのかと思ったのですが。

サイコパスとはどんな人種かというと、
よく、サイコパス診断とかいうのがあって。
例えば、
「あなたは警察の取り調べで
警察が知らない事までべらべら喋ってしまいました。
そんな事をすれば罪が重くなるのに何故喋ったのですか?」
という問いに対して、
一般人の答え。「警察がどこまで知っているのか知らなかったから」
サイコパスの答え。「自分の犯罪を自慢したかったから」
みたいなのがあるのですが。

これは脳科学的には、サイコパスは、
眼窩皮質とか扁桃体周辺など、共感する脳が活動していないので、
こういう事が起こる。などと説明されますが。

それはどういう事かというと。
普通、人は大人になる過程で、
共感する脳があれば、
挫折するとか、社会やら世界に対する尊敬の念が生まれるとか、
社会は凄いんだなあ、という遠慮の様なものが
生まれると思うのですが。
サイコパスの場合は、共感脳の活動が低いから、
世界やら社会に対する遠慮もなく、
反社会性パーソナリティ障害とかになる、と。

例えば医療に関して言えば、
普通の人だったら、大人になれば、
日本の医療はすごいんだなぁ、お医者さんは偉いんだなあ、
などと、漠然と思いますが。
サイコパスの人は反社会性パーソナリティだから、
徳田虎雄の様に、自分が日本の医療を変える、とか言い出すのでは。
(徳田虎雄さんがサイコパスだか分かりませんが)。

それと同じで、警察は凄いんだなあ、
という漠然とした尊敬があるから、
上の例の様に、
一般人は取り調べでつい喋ってしまう。と。
そうは思わないで、「自慢してやろう」と思うのは、
サイコパスは、「警察はすごい」という
権威への怯えがないからではないですかね。

そんな感じで、一般人はなんとなく、世の中は凄い、
社会はちゃんとしている、
みたいな漠然とした信用をもっているのに、
サイコパスにはそれがない。

で、ここで突然「アリバイ崩し…」を思い出したのですが。
2話の胃の内容物のトリックですが。
ああいうのも、一般人だったら、
社会的地位のある医師が弟を助けたいが為に何をしたのか、
みたいな事を考えるんじゃないでしょうか。
それをいきなり、モンブランがハンバーグに見える、
みたいな事を考えるのは、
何気サイコパス的な発想ではないか、と思えたんですね。

さらにいうと、奇抜なトリックで驚かしてやりたい、と思うのは、
「取り調べで警察に自慢したい」という心理と同じなのではないでしょうか。

という訳で、京大ミステリー研究会とか、ああいうところには、
サイコパスが多いんじゃないかと愚考しました。

何気思っただけですが。







#1329/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/04/02  21:16  ( 26)
人じゃ人じゃ   永山
★内容
本格ミステリー作家の傾向>
 本格ミステリー作家にある程度共通する傾向・特質が本当にあるかどうか分かりませ
んが、仮にあるとしても、警察に対する感覚がどうこうっていうのはない気がします。
本格ミステリーと一言で言っても、トリックを売りにするタイプと、ロジックで勝負す
るタイプに二大別できると思うので。
 本格ミステリー=トリック重視の推理小説だと仮定したとしても、トリックを弄する
作中の犯人と、本格ミステリー作家とをひとくくりにして論じようとする時点で、どう
しても無理が生じるんじゃないかと。
 たとえば、作中の犯人の立場で、奇抜なトリックで驚かしてやりたいと思うのは、
「警察に自慢したいから」ではなく、「警察のすごさを認めているからこそ、出し抜く
ために凝ったトリックを使った」とも言えそう。
 本格ミステリー作家の立場で言えば、もっとシンプルに、「読者を出し抜くために奇
抜なトリックを弄する」となるかと。

 ただ、本格ミステリー作家の多くはサイコパシーの傾向がある、というのは成り立た
ないとしても、逆方向は言えるかもしれません。
 つまりサイコパシーの傾向がある人が、警察を驚かせたい一心で、本格ミステリーに
あるような奇抜なトリックを思い付きがちだ、というのは理屈の上では成り立つかも。

条件反射トリック>
 “条件反射”と“トリック”で何気なく検索してみたら、吉行淳之介の小説『砂の上
の植物群』がヒット。未読ですが、あらすじに目を通すと、人間そのものをトリックに
使おうという発想が含まれているみたいで、興味深く感じたです。

 ではでは。





#1330/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/04/03  21:22  ( 20)
自分で自分を指差す行為   永山
★内容
 吉行淳之介の『砂の上の植物群』について、他の人の感想を探して読んでみたとこ
ろ、ウィキペディアにあった内容紹介とはまるで違うことばかり書かれてい。同じ作品
に関する記述とは、ちょっと思えないくらいに差がある。何だか不安になってきたけ
ど、その差が何から生まれたのかも、気になるっちゃあ気になる。
 意図が伝わりづらい書き方をしているだけ、という可能性もあるかな。

 “刑事コロンボシリーズの一作、『殺しの序曲』にて紹介されるニセ金貨を見付ける
パズル”を自作のエピソードに取り入れようと思い、あれこれ考えていると、このパズ
ルの答って大きな穴があるんじゃないかという気がしてきたです。
 ざっと検索してみたのですが、今のところそういう指摘は見当たりません。
 私の勘違いか? 録画してあるエピソードを早送りして、該当するであろう場面を順
次見ていきましたが、肝心な情報が抜けているため、パズルとして不成立になるよう
な。
 書き立てる前に、『殺しの序曲』を一度、冒頭からじっくり見て再度チェックしてお
くべきかなと考え、今のところ保留中。
 もし穴があるとしたら、書き進めていた自作の展開、多少の修正を施さなきゃいけな
くなりそう。
 書き進める前に気付かないといけなかったかも。(^^;

 ではでは。




#1331/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/04/04  23:00  ( 20)
コロンボを観直していたら時間を取っちった(^^;  永山
★内容
 なので、今日はごく短く。

 昨日記した刑事コロンボ『殺しの序曲』に出てくる偽コインパズルの件は、いささか
微妙な表現ではあるけれども、問題を解くための条件をぎりぎりクリアしているのか否
か、本当にボーダーラインて感じだなあ。
 あのパズルのどこに「まずいんじゃないの?」と感じたかをこの辺で書いておくと、
本物のコインの重さが最初から分かっているのかどうかが、はっきりしない点です。
 ドラマ中、問題文そのものでは本物コインの重さには言及せず、偽コインは本物より
も少し重いとだけ。でも刑事と犯人が話す内に、偽コインは本物コインよりも十グラム
重いことになり、本物コインは「例えば百グラム」という、実にあやふやな例示がされ
ます。それも二回も。
 ここが肝心で、偽コインがどれだけ重いかはパズルを解くのに関係ないのは確かだと
思うけど、本物のコインが一枚何グラムであるかは絶対に必要な情報なんじゃないかし
ら。
 本物コインの重さが分からないままだと、終盤に示されるやり方で秤を使っても、
「そう仮定すればきれいな整数が出るけれども、正解とは限らない」状態に陥る気がし
ます。本物コインの重さが不明な場合では、総重量が六百三十グラムだからといって、
三つ目の袋が偽コインとは言い切れない……と思うんですが、いかに。

 ではでは。




#1332/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (sab     )  20/04/05  13:49  ( 27)
吉行淳之介の考えた条件反射トリックとは     HBJ
★内容                                         20/04/05 13:53 修正 第3版
どんなんだ、と思いますが。
しかし、セックスで死ぬという条件反射は直感的に難しい、と思いますよ。

「猫じゃ猫じゃ」でも、
崖っぷちでやっほーと言った瞬間に犬に飛びつかれる、という、
崖っぷちにいるという物理的な危険が前提条件になっているのであって。
必ず、物理的に危ない場面に居ないと。

例えば私が考えたのは、
眼圧検査の時に眼球にぷっと空気を吹きかけると、瞬きをしてしまいますが、
その瞬間に唾液を飲み込む様に(飴などを舐めさせておいて)にすると、
唾液を飲むだけで瞼を閉じるような条件づけが行われる、
その様に仕込んでおいて、
山道を運転している時に飴を舐めさせて、
唾液を飲んだ瞬間に瞬きを連発して、
コンタクトが外れて運転をミスって崖下に転落。などというのがありますが。
こういうのでも、山道を運転しているという物理的な危険が
前提としてあるのであって。

だから、セックスで死ぬという条件反射は難しいと思いますよ。

「時計じかけのオレンジ」で、
ヴェートーベンの第九を聞くと吐き気がする、というのがありましたが、
あれも条件反射かも。







#1333/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (sab     )  20/04/05  19:23  (206)
もしも暇なら読んで下さい     HBJ
★内容                                         20/04/05 19:25 修正 第2版

以下、小生の思い付いた条件反射トリック一覧、
というか、今度書こうと思っている条件反射トリック物ミステリー
の流れです。

受けるかどうか暇がありましたら読んでみて下さい。

感想など頂けるとありがたいです。(暇な時に。)。


舞台。開放型の精神病院。
(家族経営で、
院長の父親、
医師である長男、
臨床心理士の次男、
医師である三男、とその妻、
長男の娘である女医A、が居る)。

仕掛人。病院の若い女医A。(長男の娘)。
探偵役。臨床心理士B。


■条件反射トリック1。

●仕込み。
患者1は自分の顔や骨格がシンメトリーでないと悩んでいた。
女医Aはシンメトリー整体で顔や骨格の矯正は可能だという。
そして、患者1にシンメトリー整体を指導する。
それは、音楽に合わせて右回転でぐるり一周しては
バックブロー(須藤元気みたいな)を放つものだった。
音楽(SUPER BELL'Z 中央線ノンストップ特快Mix)に合わせて
ぐるり一周回転しては須藤元気のバックブローを放つ患者1。
音楽はJR三鷹駅の到着メロディーに合わせて、
♪み、み、み、三鷹、み、み、み、三鷹
とテクノポップ調に歌うものであった。

●条件反射トリックの実行。
ターゲット1(病院の医師。長男)に
「患者1を三鷹駅からどっかに連れていってくれ」と頼む。
患者1はパニック障害で、電車など閉鎖空間が苦手な為
わざと電車に乗って慣れる必要があった。
患者1とターゲット1(長男)が三鷹駅ホームで電車を待っていると、
到着メロディーと「三鷹、三鷹」というアナウンスが流れてきた。
それを聞いた患者1は条件反射的に、
シンメトリー整体の須藤元気のバックブローを放ってしまい、
それがターゲット1(長男)にヒットしてホーム下に転落。
そこに電車が入って来る。

■条件反射トリック2。

●仕込み。
ターゲット2(次男)は女性恐怖症で、特に美人は苦手だった。
美人の患者2に思いを寄せていた。
女医Aはターゲット2(次男)に、
「条件反射を利用して、患者2をモノに出来る。
その為にまず、梅干を食べながらユーミンの曲(なんでもいい)
を聞け」と言う。
ターゲット2(次男)はなんの事だか分らないまま言われた通りにする。

数日後、女医Aは、患者2をサイクリングに誘う。
患者2に異様にサドルの高いサイクリング車をあてがう。
患者2が漕いでいると、漕ぐという反復運動で変性意識状態になった。
その状態の時に、サドルが股間をぐりぐりと刺激して、性的な快感も感じる。
その時、女医Aは、患者2の右前を走っていたが、
香水の香りを漂わせていた。
つまり、患者2に、股間の快感と香水の香りの条件づけをした。

●条件反射トリックの実行。
病院に帰ってくると、そこにはターゲット2(次男)が待っていた。
女医Aはあらかじめターゲット2(次男)に、
「香水で欲情する様に条件づけしてあるから、
この香水をつけて患者2に迫り(そうすれば欲情するから)
ハシゴを上って屋上に行き、
そこでセックスをしてしまえ。
尚、女性恐怖症のあなたは勃起しない可能性があるから、
ハシゴに上る前にこのバイアグラを口に含んでおく様に」
と指示してあった。
ターゲット2(次男)は香水をつけた状態で患者2に迫る。
患者2は欲情する。
ターゲット2「それでは、僕と屋上にでも行きませんか」
バイアグラを口に含むとターゲット2は屋上へのハシゴを上りだす。
その途中で、ユーミンの曲が流れてきた。
するとターゲット2は梅干を思い出して唾液を出す。
その唾液で口内の薬(実はオランザピン口腔内崩壊錠という向精神薬)
が溶けて、その場で失神して落下して死亡。

■条件反射トリック3。

●仕込み
臨床心理士Bは、「これはいよいよやばい」と思う。
今まで2回の条件反射的殺人が患者によるものだったので
これからも患者による犯行が予想されると思う。
患者全員に条件づけを行う。
それは、K1などの格闘技を見せながら、催吐薬入りの食物を食べさせて
嘔吐させるというものだった。
これにより、暴力と吐き気を条件づけする。

患者3は高所恐怖症だった。
女医Aは、「バランスが悪いから高所恐怖症になるのだ」と言って
リクレーションルームで一輪車に乗る様に指導する。
しかし患者3は何回も転倒し、その時、反射的に手を突くのだった。
リクレーションルームには、中島みゆきの曲(なんでもいい)が流れていた。
中島みゆきの曲と、手を突く、という行為を条件づけする。

●条件反射トリックの実行。
臨床心理士Bと患者3は、高所恐怖症の克服の為に吊り橋を渡る。
渡っている途中で遠くから中島みゆきの曲が流れてきた。
それを聞いた患者3は、手を突くという反射をしようとする。
が、同時に「手を突く」という暴力から吐き気を催してその場で吐く。
つまり、臨床心理士Bが狙われたのだが、
自ら仕込んでおいた暴力と吐き気の条件づけで助かったのである。


■条件反射トリック4。

●仕込み
運転恐怖症の患者4は、
病院の医師(三男)の奥さんの車を運転させてもらう約束をしていた。
(これも、認知行動療法の一種として行われる)。
そこでコンタクトを作る為に眼科に行く。
この眼科は女医Aの知り合いだった。
眼科医は、眼圧検査の為に眼球に空気をプッっと当てるが
その度に患者4は瞬きをする。
眼科医は緊張を和らげる為と言って飴をくれた。
患者4が飴を舐めると唾液が出てきた。
唾液を飲みながら眼圧検査を受けて瞬きを繰り返す。
これによって、唾液を飲むと瞬きをするという条件づけがなされた。

●条件反射トリックの実行。
患者4は、病院の医師(三男)の奥さんを乗せて、車を運転していた。
山道に差し掛かったところで、患者4はだんだんと緊張してきた。
奥さんが飴をくれた。これは
「緊張したら飴でもあげて」と女医Aに言われていた為だった。
そして飴を舐めると唾液が出て、唾液を飲み込むと激しく瞬きをし、
そのせいでコンタクトが外れて、崖下に転落。


■条件反射トリック5。

●仕込み
病院では、リクレーション療法の一環として、BBQなどをやっていた。
その為に患者5は薪割りをしていた。
患者5はナタを振り下ろし薪を割る。前方には金木犀が植わっていて
その香りが漂ってきていた。
つまり、ナタを振り下ろすという行為と金木犀の香りを条件づけていた。

●条件反射トリックの実行。
患者5に、「病院の医師(三男)の家(病院の隣にある)にも薪を届けて」
と言いつける。
患者5は、医師の家に薪を届けに行く、ナタを持ったまま。
そして出迎えた医師は金木犀の束をもっていた。(これは、寸前に
別の患者からプレゼントされたものだった)。
金木犀の香りに反応して患者5はナタを振り上げて医師を殺す。


■条件反射トリック6。

●仕込み
臨床心理士Bは、「病院の医師やその家族が狙われている。
最後には院長が狙われるだろう。院長を守らなければならない」と思う。
そこで色々な仕込みをする。

まず、リクレーションルームの壁にニス(目に染みる)を塗り、
同時にリクレーションルームにヴェートーベン「第9」を流す。
(涙とヴェートーベン「第9」の条件づけ)。

又、リクレーションルームのトイレにニンニクのニオイを漂わせた。
(ニンニクのニオイと排尿の条件づけ)。
そして、院長には、絶えずニンニクのニオイを
(まるで吸血鬼でも避ける様に)させておくように言う。

女医Aは、リクレーションの一環として、
患者6にバスケットボールをやらせていた。
ディフェンスで相手を突き飛ばす訓練を繰り返しやる。
同時に「夕焼け小焼け」の音楽を流す。
(ディフェンスで相手を突き飛ばすのと「夕焼け小焼け」の条件づけ)。


●条件反射トリックの実行。
院長は、患者6、女医A、臨床心理士Bを連れて、崖っぷちを散歩していた。
夕方5時なって、市の放送で「夕焼け小焼け」が流れてきた。
患者6は、その音に反応して、
バスケのディフェンスみたいに院長を跳ね飛ばしそうになる。
しかし身をよじった院長の体からニンニクのニオイが。
そのニオイに反応して、患者6は尿失禁を起こす。

臨床心理士Bは、
「これは、院長が襲われると思って、自分が仕込んでおいた条件づけだ。
患者らに色々な条件づけをして医師らを襲わせたのは、女医Aだろう」
と迫る。
女医Aは「証拠がない」と言う。
臨床心理士B「患者らに行われた条件づけは
全てリクレーションルームで行われた。
自分はリクレーションルームにある仕掛けをしておいた。
始終リクレーションルームに居た人はこの条件づけにひっかかるだろう」
そう言うと臨床心理士Bはもっていた携帯型CDプレーヤーで
ヴェートーベン第9を流す。
すると女医Aはその音楽に反応して涙を流す。
臨床心理士B「その涙があなたが仕掛人という動かぬ証拠だ」


以上。








#1334/1547 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #1332 ***
★タイトル (AZA     )  20/04/05  20:29  ( 39)
条件反射とプロバビリティ犯罪   永山
★内容                                         20/09/15 19:49 修正 第2版
※#1333を読んでのコメントは、後日とさせてください。


 栗本薫の作品、確か伊集院大介シリーズの短編集『伊集院大介の冒険』に収録された
一作だったと記憶しているのですが、


※以下ネタバレになります。作品名を明記できなくてごめんなさい。多分、「鬼の居ぬ
間の殺人」とか「誰かを早死にさせる方法」辺りだと思います。




 大雑把に言うと、被害者が命を落としやすい状況を犯人が作るというパターンの短編
があった気がします(危険な場所に連れて行くとかではなく)。
 条件反射の要素は含まれていなかったはずですが、命を落としやすい状況をこしらえ
ることと条件反射の発動を組み合わて、一つのトリックにするというのは狙い目かもし
れません。

 「セックスで殺人」で思い出した、エッセイで紹介されていたのを見て、作品そのも
のは未読のままどころか題名すら完全に忘れているのですが、金持ちだが嫉妬深い男が
いた。自分の死後、若くて美しい妻が他の男と懇ろになるのが許せない。持てる科学の
知識を総動員して、男はベッドにある仕掛けをし、やがてあの世に旅立った。
 妻は夫の死後しばらくしてから若者を家屋敷に連れ込むようになり、程なくしてベッ
ドで関係を持とうとする。二人がベッドに載ったその瞬間、亡き男が仕掛けた装置が作
動。ここからが特に曖昧ですが、・毒ガスが発生する ・吊り天井が落ちてくる ・ロ
ボットが動き出して若者を絞殺する のいずれかだったかと。

 新型コロナウイルスが猛威を振るうニュースを見ていて、思い付いた筋書き。
 お金持ちの祖父(祖母でもいいけど)がいる子供なり孫なりがいて、老人の財産を当
てにしているが、当人はいたって健康でなかなかくたばりそうにない。どうにかして早
く逝ってくれないかと考える内に、新型コロナに感染して死亡すれば現状では間違いな
く病死と判断される。絶対確実な完全犯罪だ。犯人はその日から、外から帰って来る度
に、身に付けていたマスクや衣服、それに洗う前の手を老人愛用の服や毛布にこすりつ
ける。老人の部屋の換気の回数を減らす。友達を呼んでは老人に挨拶などおしゃべりを
させる。
 こうした積み重ねの結果、ついに発病。二週間足らずで死亡した――犯人の方が。

 ではでは。




#1335/1547 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #1333 ***
★タイトル (AZA     )  20/04/06  21:39  ( 41)
条件反射トリックの感想   永山
★内容
 読ませていただきました。ありがとうございました。

 とりあえず、一つの病院でこれだけ人が立て続けに亡くなったら、悪い噂が立って、
経営に響きそう。(^^;

 まず気になったのは、条件反射を取り入れた犯行をこれほど多く並べられると、果た
してこんなにうまく行く物なのかという思いが強くなって、読者が懐疑的になりそう。
また、受けるかどうかという観点からも、大まかに言えば同じ手口の犯行が続くため、
読者にはいささか単調に映る恐れが。
 言い換えると、条件反射絡みのトリックは一つか二つに絞った方が活きるかもしれま
せん。描き方次第の面はあると思うので、一概には言えませんが。

 昨日の書き込みで触れた、プロバビリティの犯罪による殺人トリックと組み合わせた
構成にして、メリハリを付けるのもありだと思います。
 もしくは、第一の事件は犯人が意図して条件付けしたのではなく、ある人物の日常生
活において偶然にも条件付けられている事柄に気付き、それを利用して殺人を成し遂げ
る、という形にするというのはいかがでしょう。その成功に味を占めた犯人が、自ら条
件付けを行って殺人を重ねるようになる、という流れにすることで、読者が入り込みや
すくなる効果が期待できる?

 オチは皮肉が効いていてとてもよいと思いました。

 条件反射の条件付けに、やたらと簡単に成功しているように見えるのは、粗筋だから
しょうがないとして。
 トリック3では、防御目的の条件付けに成功するタイミングが、全患者ほぼ同じでな
ければならないと思いますが、そんなにうまく揃えられるものなのでしょうか。
 また、全患者に同じ条件付けを行うということは、それだけ発覚する恐れも高まるは
ずです。何かのきっかけで、たまたま条件反射が発動してしまうことだってないとは言
いきれない。そうなると、犯人は「自分の他にも患者に条件付けをしている者がいる」
と気付いて、計画を中止する線が濃いような。
 たまたま発動と言えば、他のトリックも犯人が予期せぬところで発動してしまう恐れ
がないとは言いきれない。。特に、トリック5の金木犀の香りを使うのは誤発動が比較
的起きやすそうで、扱いづらい印象を受けました。

 ところでHBJさんがこのアイディアを使って書くのは、初めから犯人を明らかにし
た倒叙形式でしょうか。それとも犯人を伏せたオーソドックスなスタイルでしょうか。
 条件反射トリックを一つだけ使って描くなら、倒叙の方が切れを出せそう。一方、条
件反射トリックを用いていることを読者からなるべく隠したいとすればオーソドックス
だよなあ、と思いながら読んでいました。

 ではでは。




#1336/1547 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #1335 ***
★タイトル (sab     )  20/04/07  10:31  (110)
ご意見ありがとうございます     HBJ
★内容                                         20/04/07 19:02 修正 第6版
永山さん。色々感想ありがとうございます。

>果たしてこんなにうまく行く物なのか
>大まかに言えば同じ手口の犯行が続くため、読者にはいささか単調に映る
>条件反射絡みのトリックは一つか二つに絞った方が活きる

「なろう」あたりへの投稿を(勿論、AWCにも)想定しているのですが。
となると、縦糸横糸ドラマ的に、毎回事件が起こらないと、
と思い込んでいる感じはあります。
そうでなくても、トリック1個か2個に絞るとなると、
書く事がなくなる気がする。
殺人事件がどんどん起こる以外に何を書きますかねえ。
(「金田一少年」でもなんでも、
普通のミステリーは、事件はそうは起こらないで、
せいぜい3回ぐらいでしょうか。
読んでいる分にはいいのですが、
自分で書くとなると、
事件が起こらないなら何で原稿を埋めればいいのだろうか、
と思ってしまう)。

短調に感じるというのは私も思っていまして。
3つめの吊り橋の事件で、
臨床心理士VS女医という図式が出てきたにも関わらず、
4つめのコンタクトの事件が又普通に起こると、
「又、条件反射的事件が続くのかよ」と思える感じがします。
そこらへんはまだ考え中ですが。

>条件反射の条件付けに、やたらと簡単に成功しているように見える

これは私もそう思っていて、
「猫じゃ猫じゃ」などでも犬を訓練するのに相当苦労していた様な。
「こういう条件づけをしました」だけでは全く説得力、
というか臨場感に欠けるかも。

>トリック3では、防御目的の条件付けに成功するタイミングが、
全患者ほぼ同じでなければならないと思いますが、

言われてみればそうですが。集団感染みたいなもので。
「シグナル100」(漫画)では、クラス全員に一度に催眠をかける
というのがあった気が。
ここらへんは自分でも突っ込みどころ満載だなあと思います。

>トリック5の金木犀の香りを使うのは誤発動が比較的起きやすそうで
言われてみるとそうなんですが、着想の段階だと、「上手く行くんじゃないか」
と思えてしまって。
少し考えてみます。

>倒叙形式でしょうか。それとも犯人を伏せた
オーソドックスなスタイルでしょうか

条件反射トリックが5個も6個もあって、
それらの謎解きを大団円で一気にやるとなると、
謎解きに行く前に読者が飽きてしまう気がして。
ですから、事件が起こる度に、
謎のsnsに犯行の手口が晒される、
などの形で読者には都度謎解きが示される、
というやり方を漠然と考えています。



色々アドバイスありがとうございました。

まだトリックの流れを考えた段階で
(トリックが無い事にはどうにも書けないと思い、
先にトリックを考えたのですが)
設定やストーリーはそんなに深く考えていません。
臨床心理士VS女医という構図にしたらいいのか、
女医の動機はなんなのか、
自分の家族を皆殺しにしたいのか、
女医はサイコパスで、動機なんてなく、ただ「驚かしたいからやった」のか、
女医に操られる入院患者はどんな気持ちでいいなりになるのか、
等々まだあんまり考えていません。
これら細かい設定やストーリーを先に考えたところで、
肝心のトリックがない事にはどうにもならないと思い、
先にトリックだけを考えました。

これからゆっくり設定やストーリーを考えていきたいと思います。
果たして最後まで出来るかどうか。
予定としては、夏頃までにプロット完成、
晩秋の頃までに下書き完成、
その後推敲しながらupする、みたいな感じです。
ご期待下さい。





追伸。
考えてみると、
患者大勢に一斉に条件づけをするなんて有り得ない
と思えてきますね。
しかも、その条件反射が、犯人の仕掛けた条件反射と同時に起こる、
なんて、有り得ないですよね。
患者が条件反射で突き飛ばそうとしたら、
院長からニンニクのニオイがしてきて、
別の条件反射が起こって尿失禁を起こす、など。
なんか、ピタゴラスイッチの様でもあります。
(一人で考えていると、「こういうのもアリかなあ」
と思えてくるのが怖いところです。
しかし、第九を聞くと涙が出る、という条件反射はアリなんですよね。
うーむ。
という事は、
条件反射仕込みの段階では不特定多数であっても、
実際に発動する時に特定の人に起こるのなら
不自然には感じないということですかね。)。









#1337/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/04/07  21:37  ( 35)
条件反射トリック関連のレスです   永山
★内容
 第九を聞くと涙が出る条件付けについて。
 昨日の書き込みのあと思ったんですが、臨床心理士Bが前もって対策を立てたおかげ
で女医Aを追い詰めることができたという、女医が選んだ方法で逆にやられる皮肉さは
いいものの、一歩引いてみるとここもできすぎの感があるかなあと。
 そこで思い付いたのが、偶然が裁く形にしてしまう手法。たとえば女医Aが患者に対
して条件付けする場面はなるべく人に目撃されたくないので、秘密の部屋(元資料室で
今は物置同然みたいな、普段使われていない部屋)で行う。一方、ある時間帯にその部
屋にいると、特定の音楽Xが聞こえてくるとともに、ダクトの不具合できついアンモニ
ア臭が漂ってくる。これにより女医A自身、音楽Xが聞こえたら目がしぱしぱして鼻を
つまむという条件付けが、いつの間にかなされていた。
 で、物語の終盤になって、その部屋で犯人が患者に仕込みをしていたことが推測さ
れ、時間帯も絞られてくる。その上で、女医Aが流れてきた音楽Xをきっかけに条件反
射を起こし、犯人であることが露呈する……という流れにした方がドラマチックかも。
 これだと『猫じゃ猫じゃ』のオチにテイストが近い気がするので、それを避けたい場
合は、臨床心理士Bが対策をするも女医Aに感付かれて不発、というワンクッションを
入れてから、最後にきて偶然が裁く形にする手も。

 事件が起きてない間は何を描くか問題。
 私も悩みます。事件が一つしか起こらない物語でも、事件に次ぐ事件、殺人に次ぐ殺
人という展開でも、基本的には捜査を描くのが基本でしょう。たとえ厳密な犯人当てタ
イプの小説じゃなくても、そうして読者に推理する手掛かりを出していく必要があるで
しょうから。
 加えて、捜査ではない場面で、事件解決につながる重要な手掛かりやヒントを忍び込
ませるのも、できたらやりたいですね。えー、たとえば……「男がピアニストを目指す
も、留学審査の課題曲に性的に興奮してしまい、まともに弾けなくなる。何故か。少年
時代にたまたま目にしたアダルトビデオがその男のお気に入りになり、何度もお世話に
なっていた。実はクライマックスシーンでその曲が小さくBGMに使われていた」みた
いなくだらない会話から、条件反射がトリックに用いられている可能性に思い当たる、
とか。
 HBJさんの構想では多分、早い段階から条件反射が使われたと明かした形の作品に
なりそうですから、私の挙げたような例では使えないかもしれませんが。

 御作が完成したら読ませていただきます。ゆっくりどうぞ。

 ではでは。




#1338/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/04/08  19:55  ( 44)
ダブルミーニング   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「オペレーションZ」第四回を録画視聴。ネタバレ注意です。
 全閣僚を後ろに従え、江島総理の記者会見が始まった。絶望の未来について話します
と切り出した江島は、日本という国が大病を患っており、このままでは潰れる。今大手
術をして助かるのであれば、たとえその後にどんなに辛いリハビリが待っていようとも
手術を受ける道を選ぶものでしょうと訴える。この会見は国外からは好意的に受け止め
られ、落ち込んでいた株価は上昇、為替も円高に転じた。一方、国内ではやはり反対の
声が強く、特にこれまでの恩恵を一番削られる見通しの老年世代からの反発が大きい。
 そんな折、暁光新聞にオペレーションZの歳出半減策をリークしたのは財務省の周防
だという書き込みがネットで拡散。周防は国家公務員法違反の疑いで内閣情報調査室の
調べを受け、とりあえず何の証拠も出てこなかったので今の仕事は継続できるが、まだ
完全に容疑が晴れた訳でもない。そのため、中央を離れ、地方自治体の視察に回され
る。九州の春野市で待っていたのは、オペレーションZのチームに入った宮城准教授。
歯に衣着せぬ物言いでテレビ等でも人気の論客は、春野市の財政破綻の原因を白日の下
にさらすべく、市長と前市長を食事処に呼び、信条や不満を吐き出させる。その上で両
者ともに非があることを指摘する。
 周防と宮城は続いて山梨の百人《ももと》村に飛ぶ。財政破綻を契機に半径五百メー
トル程度の土地に全村民が暮らすように移住を働きかけ、コンパクトシティを実現。病
院がなくなったが隣接する自治体の病院に協力を頼んだところ、送迎バスを出してくれ
た上で受け入れてもらえた。介護の補助が一切なくなったが、コンパクトにしたことで
村民同士で助け合うようになった。さらに村内全域でフリーWi−Fiを整備、全村民
にスマートフォンを配布した上で、村独自のポイント制度をスタート。他人の困り事を
助ける度にポイントが貯まり、そのポイントは自分のために使えるシステムを構築。ま
た、名産の桃の栽培を継続する一方、シーズンオフには間伐材を利用した木工品やバイ
オマスチップを作る等々、以前より活気が生まれているという。
 刺殺をしている二人のところへ、突然、江島がマスコミを引き連れてやって来た。そ
のまま収録が始まり、財政破綻しても工夫すれば充分やっていけることをアピールす
る。
 オペレーションZには、新たなメンバーが他にも加わる。何と、厚労省からミスター
社会保障の異名を取る局長の町田を含む三人が、総理の要請に折れて入った。彼らを納
得させるだけの削減案を作ろうと、激論が交わされる。まさにその最中、大阪の窪山市
が財政破綻したとの一報が飛び込んでくる。何でこんなときにと間の悪さを呪う面々の
中、宮城だけは「これはちょうどいいスケープゴートになる」と言うのであった。
 ――あらすじはこんな感じ。第四回を迎えてちょっとだけ明るい未来が蜃気楼みたい
に見えたかなという展開でしたが、相対的にはやはりくらーい気分になる内容、その一
方でのめり込める物語は面白い。
 今回の見せ所は、食事処における准教授と前・現市長らのやり取りかな。恐らく実際
にもこういう問題を抱えているんだろうなと想像させるリアリティと、無理難題を乗り
切るために湿される目からうろこだけど常識外れなアイディアがかみ合ってちょっとし
た興奮を覚える。
 あと、厚労省がチームに加わる場面も意外性があって、「おおっ」となりました。
 そうそう、今回分を観てようやく、題名のオペレーションは「作戦」という意味のみ
ならず、「手術」にもかけてあるんだなと気付いた。我ながら遅いっ。

 ではでは。




#1339/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/04/09  20:00  ( 28)
四百字詰め原稿用紙四枚くらいの浪費   永山
★内容
 ワープロソフトで作品を書き進めていたら、いきなりソフトが閉じてしまった。
 二日前にBIOSだか何だかを更新してしまって以降、何かとPCの調子が悪い。も
っと言えば、タッチパッドにのみ不具合が現れている気がする。

・タッチパッドの左クリックに反応する範囲がやけに狭くなった上に、強く押す必要が
ある。
・感度が異常なほど敏感になった。

 調整しようとしてもできないか、変化がない。
 特に問題なのは後者で、ワープロソフト執筆中にカーソルの位置がぴょこんととぶの
は勘弁してよって感じ。それまで入力中で未確定の文章は、平仮名のままになっちゃう
し。
 で、今回ワープロソフトが突如閉じたのも、タッチパッドの不調のせいではないかと
疑っているのだけど、今のところ再現性がないこともあって確かめられない。
 通常なら、閉じようとしたら書きかけの文書を保存するかどうかを聞いてくる設定に
なっているのに、この突然ダウンのときはそういうのも一切無し。自動バックアップ機
能も働いていなかった。
 となると……タッチパッドの敏感さ故にカーソルが、ちょうどソフトを閉じるボタン
のところに行ってクリック、さらに次の瞬間には画面中央に表示される「保存します
か?」の小窓の「NO」のところへカーソルがこれまたちょうどとんでクリック。こう
いう動きをすれば、文書が保存されることなく突如ソフトが閉じた現象も説明が付くけ
れども……さすがになさそう。

 そんなこんなで、推定1600文字足らずの文章を思い出しながら書き直した。学習
助変換機能があるので、元の文と全く同じように入力できれば数文字で復活させること
も可能なのですが、なかなか元と全く同じというのは難しいと分かった。(^^;

 ではでは。




#1340/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/04/10  22:07  ( 23)
発生当初はそろそろ消える頃なのではと思ってたような   永山
★内容
 迷惑メールが一気に増えた。
 こういうのって時折、波みたいに一気に押し寄せてくることがあるように思うんです
が、その波のきっかけは新たにどこかでメールアドレスが流出したとか、新たな迷惑
メール事業者にメールアドレス簿が渡ったか、あるいは新たな詐欺のネタを思い付いた
からかつてのメールアドレス簿を再活用して一から送信している、ぐらいかな。
 これで当たっているとしたら、今回は三番目のパターンに該当するはず。
 迷惑メールなので開封はもちろんしておらず、内容はタイトルと差し出し人名から推
測・想像するのみなのですが、今日忌々しくも着信した迷惑メール四種×四通ずつの計
十六通は、いずれも新型コロナウイルス関連を感じさせるものでした。
 長い間迷惑メールは無視する習慣が付いて、今では受信簿にそれらしきメールを見付
けても、ああまたやってるなと思うぐらいで削除するだけでしたが、今日の分は久々に
むかむかしたな。世間がこんな状況のときに、よくやるなと。
 ニュースサイトを見ると、電話による詐欺も起きていて「コロナに効く薬がある」と
購入を持ち掛けてくるんだとか。正真正銘確実に効く薬があるんなら、せこせこ個別に
営業活動なんかしてないで、どこか大国相手に商売すればいいんじゃないの。

 世界最大規模の総合格闘技団体UFCもついに新型コロナウイルス対策で興行の開催
中止を発表。中継する局のお偉いさん並びに、ディズニーのお偉いさんからの要請で、
という辺りがらしいというか何というか。
 その一方で、中止になった大会に出場予定だった選手へのギャラは払う、スタッフは
一人も解雇しないということができるのは、さすが世界最大規模。

 ではでは。




#1341/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/04/11  21:12  ( 20)
基準の問題   永山
★内容
 前に、「事件に次ぐ事件」と書いていてそのとき思い出したのが、二階堂黎人作品
『人狼城の恐怖』(講談社)。あの大作ミステリは密室殺人や不可能犯罪のオンパレー
ドでしたが、解決はほぼ一気にやる形を取りつつ、読者を飽きさせなかったなあと。見
せ方の工夫と、数的な怒濤の攻め、みたいなものがあったからかしらん。とにかく圧倒
されたのは印象に残っている。
 条件反射トリックも一つ一つの犯行で、見せ方が大きく違っていれば読者を飽きさせ
ない可能性が高まる?

 ある小説投稿サイトで、新型コロナウイルス関連の小説を載せてはだめという制限が
掛けられたそうな。理由が飲み込めないんで当該サイトのお知らせを見に行ったけど、
やっぱり分からない。
 しょうがないので、某巨大掲示板の該当スレッドでの書き込みを見てみると、「たと
え創作であってもデマの流布を避けるため」と「コロナウイルスを取り入れた作品で閲
覧回数を稼ぐのをよしとしないため」という見方が有力なのかな(くだんの小説投稿サ
イトは閲覧数等を数値に変換して金銭的価値のあるポイントが獲得できる仕組みがある
とか)。
 理屈は分からなくもないけれども、それじゃあウイルスの名称を変更して架空の物に
すればいいんだろうか? ウイルスは駄目だがばい菌ならセーフとか?

 ではでは。




#1342/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/04/12  19:37  ( 31)
ヒアリングと事情聴取の差はどこに   永山
★内容
 BSテレ東で放送のドラマ「サイレント・ヴォイス シーズン2」初回を録画視聴。
ネタバレ注意です。
 シーズン1を観て、なかなかよかったので、新作である今回も視聴予定。と言いつ
つ、スペシャルの二時間ドラマは見落としていた。(--;)
 前シーズンでは回を重ねて終盤に行くに従って、広い意味でのマンネリは避けられな
いこと、心理学で嘘を見破り自供を引き出すと言っても物証がないと画竜点睛を欠いた
風になることが弱点だと思いましたが、それは新たなシーズンに入っても難しい課題の
ようで。そこをいかに乗り越えていくかが、ずっとつきまといそう。
 行動心理学による捜査の万能感が際立つ一方で、少なくとも現状では証拠として認め
られないというのが定番の流れでしょうが、だからといって毎回物証が出て来ては何の
ため行動心理学捜査なの?ってなってしまうから、納得感のある自白を描くことがポイ
ントになると思います。笹沢佐保の小説で二時間ドラマのシリーズ化もされた『取調
室』のように。
 その観点で言うと、初回のエピソードはやや物足りなかった。警視庁のエリート刑事
ともあろう者が、あとになって新たな物証が現場から見付かるなんてこと普通はあり得
ないと分かってるでしょうに。あっさりブラフに引っ掛かってしまった。
 まあ、今回はエリート刑事が行動心理学捜査に対抗すべく、質問の矛先をずらして嘘
をついていない供述をするというのが眼目。で、主人公の捜査官が犯人のやり口でそっ
くりそのままお返しするのがポイントってことでしょうから、この構図を作るためには
どうしてもエリート刑事に引っ掛かってもらわなきゃいけないんだろうなと。
 あと、容疑者が男性の場合、女性である主人公が“ホステスの接客”を思わせる接し
方をして油断させるというのが、これまでに何度も出てきてる。ここにもパターン化を
早めてしまう要因があるような。できれば女性容疑者のエピソードの割合を増やした方
がいいのかも。

 作中で、捜査官から話を聞かれたエリート刑事が「これはヒヤリングだと聞いてい
る」と言って、席を立って帰ってしまう。周りの者は止めることができない、という場
面がありました。
 どういうニュアンスでヒアリングを使っているのかよく分からない。聞き取り調査?

 ではでは。




#1343/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/04/13  20:38  ( 50)
このドラマの世界で流行病が発生したらどうなるんだろ   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「オペレーションZ」第五回を録画視聴。ネタバレ注意です。
 財政破綻した窪山市に対して、国は支援しないことを表明。国民から不満と抗議の声
が上がる中、国民的大女優の綾部が江島総理の歳出半減策を批判し、一定の支持を集め
る。さらに窪山市長が会見を開き、そもそも数年前の時点で財政破綻と同等の状態にあ
ったのに、国の省庁が無理を通して潰さないようにしてきた。財政破綻した責任の一端
は国にあるのに支援しないとは何ごとかと発言。これに呼応するかのように野党からは
総理の不信任決議案を出す動きが。
 あまりにも連携がよいことに不審を持ち、背景を調べてみると。綾部はかつて野党か
らの出馬が囁かれたことがあり、窪山市長は野党の後押しで当選していた。さらに野党
は不信任決議に勝機ありと踏んでいることから、与党内に造反が出ていることが窺われ
る。誰が裏切り者なのかを探っていると、周防の上司で財務官僚の盛田から「造反者は
前首相の梶野だ」との話が。梶野が首相時にそばにずっといて、今も連絡を取り合うと
いう盛田の言葉だから真実のようだ。
 前首相の動きと連動しているのか、総務大臣と財務大臣が揃って辞表を提出。総理へ
の協力を約束しておきながら考え方があまりに違う二人を、江島の方から除外した。
 風雲急を告げる事態に、総理自らの意志で議員総会を開催。旗色が悪い中、突き上げ
を食らうがうまく対処して事なきを得る。それもそのはず、江島自身が野次を飛ばすサ
クラ役の議員を仕込み、そいつが場の空気を巧みにコントロールしたのだ。
 一方で諸外国の動きも活発になってくる。ロシアは日本の国債を十兆円買い増しの動
きを見せる。国債を手放さない代わりに、天然ガスの輸入を求めてくるものと思われ
る。北方領土問題が解決しないうちにロシアから天然ガスを買うことなどできない日本
だが、要請を断れば合計三十兆円もの国債を売り払う恐れがあった。中国も景気の減速
から一気に財政危機を迎える恐れがあり、そうなった場合日本の支援が必要になる。そ
のときの取引材料とするため、日本の国債を買い集めていた。
 これらに対処するために、江島はそれぞれの国の高官と会う場を急遽セッティング
し、オペレーションZのメンバーに親書を持たせて遣わせる。
 暁光新聞の一面を、財務省幹部からの投書が飾る。綾部の意見に賛同し、歳出半減に
反対する内容でスクープだ。
 周防らは“犯人”探しを始めるが、簡単には見付からない。だが、暁光新聞記者から
ギブアンドテイクを持ち掛けられ、誰が“犯人”かを知る。それは盛田だった。周防に
詰め寄られた盛田はこれまで先祖代々営々と築いてきた基盤をたった一年でひっくり返
そうとするようなものだと動機を語る。だが、財務省は失敗してはならない、失敗を認
めてはならないという古い体質にどっぷり浸かった盛田のような役人こそが、日本の財
政を駄目にしたのではないのかと周防に反論され、沈黙する。
 江島総理は綾部とテレビの生中継で対談することで、起死回生を狙う。だがその直前
に入ったロシアとの交渉で得た返事は、天然ガスの購入確約を迫る実質マイナス解答だ
った。
 ――以上が今回の粗筋でした。いよいよ佳境という感じではあるものの、それが女優
とのテレビ対談ってな風になっているのは、ちょっと違和感がある。もちろん実際は他
の山場が用意されているんだろうけど。構成の問題かなあ。これでも楽しめているけれ
ども、やりようによってはもっと盛り上がると思うのに。
 本ドラマを見ているとエピソード毎に、印象的なやり取りを入れようという意図があ
るのかないのか、とにかく今回もありました。それは周防が盛田を否定する場面。旧態
依然とした盛田にあなたでは駄目だと言い渡す。痛快とまでは行かないにしても、もっ
と言ってやれとは感じる。
 次で最終回。まだまだ描き足りないように見えていたので、これは早い幕引きだな。
明るい終わり方になるとは思えない。バッドエンドか、もしくは投げっぱなしで終わる
可能性も結構ありそう。

 ではでは。




#1344/1547 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #1326 ***
★タイトル (AZA     )  20/04/14  20:37  ( 26)
すっきりさせてくれない   永山
★内容
 小説投稿サイトのセルバンテスを久々に覗いてみたら、ちょうど閉鎖予定が発表され
たところだった。短いなあ。ユーザーには同じ講談社が関わっているノベルデイズの方
に移行するよう促してるけど、そもそも何で小説投稿サイトを二つ持とうと思ったんだ
ろ。狙いが分からない。

 東京創元社の隔月刊雑誌「ミステリーズ!」のVol.100をネット購入。届いた
ので、例の犯人当て『紅葉の錦』(麻耶雄嵩)の解決編を読む。
 ……何だこれは?
 犯人は当たっていたし、ロジックも大枠では当たっていた。細かい漏れはあったけれ
ども、まあ納得の行く作り。
 にもかかわらず、気持ち悪い終わり方をしている。
 まず、動機が語られない。しかし探偵役の台詞からすると動機も推測可能だと仄めか
してあり、それは卒業旅行をキャンセルした学生に関係しているらしい。。犯人当てだ
から解決編で犯人は教えるけど、動機までは面倒見ないよってこと?
 次に、犯人が消える。脱出不可能な状況から煙のように消え失せる。これにも当然の
ごとく、解決はない。
 さらに三つ目。語り手として機能していた学生が、ラストで失明したような描写があ
る。犯人当てとどう関係あるのか分からない。作中に登場した伝説と絡めただけ、で片
付けていいのかしらん?

 これに加えて、前回この犯人当てについて書き込み指摘した、宿の予約の不可解な点
について一切触れられていない。出題ミスなのか? それとも上述の動機に絡んでくる
のか?
 ある意味、麻耶雄嵩らしいと言えばそうかもしれないけれども、凄く居心地が悪い。

 ではでは。




#1345/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/04/15  20:20  ( 23)
マスクも問題もインビジブル   永山
★内容
 多分、日本中いや世界中で多くの人が気付いて気になっているであろうこと。
 手話通訳の人はマスクをしない。
 理由の予測はだいたい着くけど、念のため検索して確認しておこうと思い、調べてみ
た。手話では、表情や口の動きが大事で、手は補助とさえ言えるそうな。
 そんなことに新型コロナウイルスが流行するまで気付かないのは、何か情けないよう
な淋しいような。
 と同時に、別に新型コロナウイルス云々がなくても、毎年インフルエンザだの何だの
って流行るし、花粉症だってあるんだから、マスクを装着したい手話通訳の人は大勢い
るでしょうに、この問題が放置されてきていることにも驚きが。
 いやでも本当に放置されてきたのかなと、「透明マスク」で検索してみたところ、透
明なアクリル板みたいなやつで口元だけとか、顔全体とかをカバーするタイプの物が真
っ先に出てくる。
 こういうんじゃなくて、一般的な形のマスクで透明になってる物はないのかなと検索
を進めると、ありました。ただし、以前からあった品物ではなく、今回の新型コロナ流
行を受けて、手話通訳の人や聴覚障害者が困っていることを知った方がクラウドファン
ディングで資金を募り、制作したとか。
 ということはやはり今までは見過ごされてきたのかしらん。割と身近なところに、こ
んな大きな落とし穴があったと痛感させられます。

 あと、ぐっと庶民的に(^^;、スーパーマーケットのネットチラシが地域によっては激
減しているような。たまたま?

 ではでは。




#1346/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/04/16  20:59  ( 21)
実況と自   永山
★内容
 ネット配信の格闘技中継(過去の分)を見ていると、試合前の実況解説陣の紹介で、
ゲストのお笑い芸人が「今までは一般の観客として観客席で見ていたのが、実況席に座
るなんて登り詰めました」という意味のコメントをしてた。
 登り詰めたことになるのかいな、それは。
 観客の頂点っていうのがあるとは思えないし、あったとしても実況席に座ることはイ
ベントに好きなように集中できないという意味では、むしろしんどい気がする。

 ここのところ多く見掛ける「自粛要請」って、何だか変な表現に感じたので、「自
粛」の意味を調べてみると、そうでもないことに気付く。「自粛」に「やめる」という
ニュアンスはないのね。「自分自身で判断して、慎むべきは慎み、行きすぎないように
する、ほどほどにする」ぐらいになるのかな。この意味合いなら、「自分自身でようく
考えてから行動することを要請します」となるから、まあおかしくはない。実際に世間
で使われる「自粛要請」には別のニュアンスの方が強そうですけど。
 そういえば「自白させる」もおかしく聞こえる。「自ら白状する行為」をさせたら自
分からではくなってしまう。ただ、「白状させる」に変えるべきだと言われたら、ちょ
っと困るかも。(^^;
 比較的軽めの失態を犯した議員や公務員が給与の「自主返納」をすることがあります
が、あれも「自主的」にやっているように感じられることはごくごくわずかだと思わ
れ。

 ではでは。




#1347/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/04/17  20:34  ( 19)
小説『富豪刑事』とアニメ「富豪刑事」は不等号   永山
★内容
 フジテレビ系列で放送のアニメ「富豪刑事」第一話を録画視聴。ネタバレ注意です。
だけどストーリー展開にはほとんど触れない。(^^;
 原作は筒井康隆の同名小説で、かつてドラマ化されていることでもよく知られている
かと思います。
 そのドラマ化のとき、主人公のキャラクター改変が話題かつ毀誉褒貶を呼んだように
記憶しています。何せ男から女に変更して、なおかつ性格もちょっと変えられていた。
それでも私の個人的感覚では、ドラマ版のあの改変ありでした。むしろ周囲の刑事達が
あまりにも間抜けに描かれていて気の毒なレベル。
 その点、今回のアニメ化の改変の方がきつい。主人公のキャラを大幅に変えてしまう
と、原作の影も形もなくなるという事例でしょう。これでどうして「富豪刑事」の看板
を掲げなければいけないのか分からない。別個の作品として一から作ったらいいのに。
 多分、原作を未読の人にはそれなりに面白いかも。あの『富豪刑事』のアニメ化だと
思って観るから、これじゃない感が強いのであって。だから、繰り返しになるけれども
「富豪刑事」にしなくてよかったのに。
 原作者は原作改変に寛容なタイプらしく、昔からそういう作品があるはず(私は詳し
くないけど(^^;)。このアニメにも、筒井康隆本人らしきキャラとして登場していたく
らいだから、この程度の改変なんて気にしていない、完全にお任せなんだろうなぁ。

 ではでは。




#1348/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (sab     )  20/04/18  13:34  ( 41)
「サイレント・ヴォイス」1話     HBJ
★内容                                         20/04/18 14:04 修正 第4版
新しさを感じないですね、
ただ単に、行動心理学で何でも分かってしまうというだけで。
犯行の手口や犯人の動機に何か新しいものがある訳でもなく。
だからこそ、今まであったミステリーをそっくり再利用出来る、
という利点はあるのかも知れませんが。

しかし、住宅地図みたいなのを出されて、
なんでも場所を特定出来てしまうというのも
見ている方としては味気ないですね。
西村京太郎のトラベルミステリーだって、
ローカル線や田舎の風景などが見られるから楽しいというのもあるし。

(もしかして、制作費が安いから繰り返し映像化されるのか、
とも思ってしまう。
何で昔のドラマや歌謡曲には味わいがあったかというと、
昔の時代劇には馬が出てきた、というのもあるし、
昔の歌謡曲のオケはストリングスがあったというのもあると思うのですが)。

最後の指輪のエピソードはどっかで既視感があるなと思ったら。
「テセウスの船」とかにも似た様なエピソードがあった様な。

と文句をいいつつ今日も見るのですが。


(原作者の佐藤青南のyoutube動画を見ているのですが。
曰く、
そもそもミステリーに興味はなく
ただ単に一番売れているジャンルだから選んだ
とか
そもそも30歳まで小説を読まなかった
読書の習慣がなかった
など言っていたので
そういう人がどんなのを書くのか
という興味もあったのですが。)











#1349/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/04/18  21:06  ( 19)
これでは是非もなくなる   永山
★内容
 AbemaTVで格闘技の生配信を視聴。スタジオマッチかつ無観客という形式で開
催。カメラクルーは防護服を着込んでいて、ちょっと異様な雰囲気。
 可能な限りの感染対策をした上での開催なんだからいいじゃないかという声を、今の
ご時世やっぱりだめだという声の方が大きい模様。大会を開くことで、防護服やマス
ク、消毒液が余計に必要になるとか、医者が一人つきっきりになるとか、そういう面ま
で考えないと行けない時期のようで。
 一般的には、格闘技の興行は緊急事態下ではいらないものの最たるやつでしょう。一
方、選手や関係者にとっては、試合がなければ文字通り食っていけなくなる、試合がな
いときだってトレーニング代は掛かる、唯一の稼ぎ口である格闘技興行が不要不急だな
んてもっての外だという考え方もできる。
 まあ、可能な限りの対策を取ったと胸を張って言うには、興行終了後最低二週間はそ
のスタジオから一歩も出ずに経過を診なければならないでしょうけど。
 と、格闘技をやる側のことをあれこれ考えていたんですけど、この興行を主導し、メ
インを張った選手が、試合後に結構ぶち壊すようなマイクパフォーマンスをやったの
で、凄く困る。興奮していた訳じゃなくて、予め言うことを決めていた(プロレスラー
のかつてのコメントのパロディっぽかったので)ようなんだけど、それにしては言うこ
とがずれているなと感じてしまった。

 ではでは。




#1350/1547 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #1342 ***
★タイトル (AZA     )  20/04/19  17:42  ( 23)
言葉のア・ヤ   永山
★内容
 テレビ東京系で放送のドラマ「サイレント・ヴォイス シーズン2」第二話を録画視
聴。ネタバレ注意です。
 HBJさんの書かれていた制作費が安いというのはありそう。ウイルス流行のせいで
たいていのドラマはロケ地選びなど、撮影に苦戦し、放送開始を延期する番組もちらほ
らとの報道が出ていましたが、本ドラマはどこ吹く風という感じ? 取調室でのシーン
が大半を占めるでしょうから、セット代も一度作って安上がりで済むし。今回のアリバ
イ調べのくだりも外に出ることなく、「やっておいたぞ」の台詞で済ませる徹底ぶり。
テレビ東京らしいと言えるのかも。
 肝心の内容の方は、やはりマンネリ感から脱せない。題材として連続ドラマには向い
ていなさそう、どちらかと言えば二時間ドラマ枠の方が合っている感じなのに、どうし
てこの形式にしたのやら。二シーズン目に突入ってことは、連続ドラマ形式にこだわっ
ているんだろうし。
 今回は動機とアリバイトリックとで魅せようとしたんだと思いますが、アリバイの方
はヒントが結構露骨で分かり易い部類だったし、一度警察が疑えば簡単にばれて、証拠
も見付かるものだった。動機の方はユニークでしたが、一時間足らずのドラマで描き切
るにはやや無理があったかも。演じる人(川平慈英)の問題ではなく。むしろ被害者
が、ちっともカリスマロックシンガーには見えなかったのは残念。

 前回の感想で、「ヒヤリング」と「ヒアリング」が混在していたのに気付く。(--;
 どちらかが絶対的に正しいというものでもないので、とりあえずそのままにしておこ
うっと。←一番だめかも。

 ではでは。




#1351/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/04/20  20:48  ( 22)
投げっぱなさないエンド   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「オペレーションZ」最終回を録画視聴。ネタバレ注意です。
 前回の感想の末尾で、バッドエンドか投げっぱなしで終わるんじゃないか?と危惧し
ていましたが、杞憂に終わりました。
 まあ、思考実験的に近未来の日本と世界を描いておいて、取るべき判断と結果を具体
的に描かないのは投げっぱなしと言えるかもしれませんが、そこを補うだけの工夫が盛
り込んであったと言えます。
 一応バッドエンドではありながら、希望を託す、未来ための種が蒔かれたという体で
締めくくられたので、くらーい感じは受けなかったです。
 ただ、このドラマみたいに財政破綻待ったなしの状況を見せられると、新型コロナウ
イルス対策として一律給付を行ったら、赤字国債をいよいよ処理しきれなくなるんじゃ
ないかと凄く不安になってくる。
 他には、キャラクターいじりが面白かった。テレビ出演豊富で弁の立つ准教授が、選
挙に立候補したあとは手応えを感じられず、弱気になるところとか、マスコミに投書の
形で情報漏洩していた役人が、ころっと立場を換えて主人公達に協力するようになった
りとか。
吉永小百合的位置づけの国民的大女優が鞍替えするところも、意外性があってよかっ
た。
 という訳で堪能したのですが、反面、途中までしか描かれなかった物語とも言えるの
も事実であり、どういう結末を迎えるのかは気になるところ。今後続編が書かれて、ド
ラマが作られるのであればぜひとも観てみたい。

 ではでは。




#1352/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (sab     )  20/04/21  11:08  ( 16)
「サイレント・ヴォイス」2話(ネタバレ)     HBJ
★内容                                         20/04/21 11:10 修正 第2版
ミステリーの読者ってトリック以外は基本的にどうでもいい、
と思っているんじゃないかと思っているのですが。
それは、官能小説の読者が濡れ場以外はどうでもいいと思っている様に。
ところが今回は川平慈英の自己実現がどうのと、
トリックとは関係がない事が語られていて、
それが案外面白かったですね。
(それは元々私がメンヘラ的な事に興味があるからかも知れないのですが。
条件反射トリックなども、
あれだったら物理トリックよりかは少しはメンヘラ的なんじゃないか
と思って書いているので)。
しかし、純粋にミステリーを楽しみたいと思っている人が、
川平慈英がボーターでどうたらいう話に興味を持てるのかという疑問も。
トリック自体はありがちでした。
あまりにもアーティストに憧れている為に腕時計も一緒、スタジオも一緒、
というのをもっとくどく演じれば、ホワイダニットとトリックがつながったかも。
又次回も見てみたいと思います。




#1353/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/04/21  21:10  ( 48)
飲んだことないけど鉄骨飲料思い出した   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「鉄の骨」初回無料放送を録画視聴。ネタバレ注意です。
 大学の建築学科を卒業後、中堅建設会社の池松組に入社して四年。富島平太は、禁煙
とされている建設現場で作業員が煙草を吸っているのを目撃。注意したところ、その吸
いさしを、コンクリートを流し込んだばかりの土台にポイ捨てされる。強度に問題が生
じるからすぐに取り除けと激高する富島に、作業員も不遜な態度を改めない。工事現場
所長の永山が取りなして、どうにか収まった。そのあと永山から建設業界は清濁併せ呑
んでなんぼのところがあるから大目に見るべきところは見てほしいと言われる富島だが
どうにも納得できない。それからしばらくして業務部への異動を言い渡された。夢のあ
るビルを建てたくて入社したのに何で業務部にと理解に苦しむ富島。
 後日、彼を業務部に引っ張った尾形業務と話をする機会を得た。尾形は会社を支える
切れ者とされ、若い頃に富島と同様、現場で煙草のポイ捨てを咎めたことがあり、それ
で富島に興味を持ったらしい。
 建設会社の業務部は仕事を取ってくる部署。入札額を少しでも下げるために資材会社
と交渉し、役所や同業他社への挨拶回り、情報収集などを受け持つ。要するに談合屋で
ある。
 教育係となった業務部次長の西田からそう説明された富島は、「うちは何年か前に脱
談合宣言をしたはず」と疑問を呈するが、それは表向きだけで談合は連綿と続いている
と言われる。事実、業務部での仕事に取り掛かった富島は、自社が入札で勝てるよう、
談合工作に奔走するのであった。
 あるとき、それなりに大きな規模の道路工事を池松組が落とすことが談合でほぼ決ま
ったが、新参の小さな建設会社トキタ土建が同意しない。それどころか談合自体を拒否
しているという。恐らくトキタ土建は名前を売るために赤字覚悟で入札するつもりだ。
値下げ合戦ではどちらが勝っても疲弊してしまう。尾形は社長命令を受けてトキタ土建
に下りさせようとするもうまく行かない。
 その後、トキタの社長・山本と関係自治体とがつながっていて、金が動いている可能
性が出て来た。証拠を掴むため、富島は付き合っている彼女で銀行員の野村萌にトキタ
土建社長の口座の金の出入りについて調べてほしいと頼むまでするが、野村が拒否して
あえなく失敗。結局、ほぼ無策のまま、入札当日を迎えた。
 入札不調で何度も繰り返される事態になった場合に備え、常務自ら会場に乗り込んだ
池松組。実際、その読み通り一度目の入札は予定価格に達せず、不成立。二度目の入札
で、予定価格上限より二千万円低い額を書いた池松組。だが、蓋を開けてみると、トキ
タ土建が七千万も低い額を入れて落札という結果に終わった。
 転がり込むはずだった仕事を逃した池松組は、次の地下鉄建設に狙いを定める。予算
規模二千億円を超える大規模事業に、東京地検特捜部も動き出していた。
 ――以上が初回の粗筋でした。
 例によって社会派ネタは引き込まれる物が多く、本作もその例に漏れず。業界の内実
がよく分かる構成で、談合も致し方なしという業界内の空気が伝わってくる。
 一方、主人公の立ち位置が微妙だと感じた。もしくはキャラクターがぶれているのか
なと。ドラマ冒頭で煙草のポイ捨てにがみがみ注意する人物として描かれているのに、
業務部に移って以降、談合に染まるのが早すぎやしないか。銀行員の彼女に情報漏洩を
持ち掛ける策だって、富島自ら率先して言い出したものだし。葛藤や逡巡はほぼ皆無
で、不満すら口にしていない。
 もちろん、心変わりしてはいけないと言うんじゃなくて、そこにあるはずの反発から
迷い、葛藤し、迎合に到る過程が全然見えないのは構成に難がある気がする。
 それでも次回以降の見所を短くまとめた映像では、問題を指摘したり改革めいたこと
を口にしたりという場面があったので、いかにも主人公らしい活躍に期待。

 ではでは。




#1354/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/04/22  19:55  ( 27)
FBIを逆に読むと世界的ボクシング団体の一つに   永山
★内容
 WOWOWで放送の海外ドラマ「FBI:特別捜査班」初回無料放送を録画視聴。ネ
タバレ注意です。
 ニューヨーク州ブロンクスにあるアパートで爆発事件が発生。近所の人やレスキュ
ー、警察などが集まったところで、二度目の爆発が起き、アパートは崩壊してしまう。
爆弾の一番近くにいた男の身元から、事件は個人ギャング団の内部抗争かと思われた
が、その直後に組織ナンバー2の男が車に仕掛けられた爆弾で死亡。麻薬のルートを巡
って争っていた別のギャングの仕業という線が浮上。第三の爆破事件を未遂で防ぐ。そ
の爆弾の形式を調べていくと、かつて米軍がエルサルバドルで大量に処理した手榴弾と
旧い携帯電話を組み合わせた爆弾だと判明した。第三の現場には、元アメリカ合衆国軍
人の男いたと分かり……。
 以上が途中までの粗筋です。正直言って、固有名詞が何の説明もなしにポンポン飛び
出したので、見ている間は付いて行くのがやっと。ギャング団を名前だけ出されても分
からんがな。
 初回でパイロット版だったこともあってか、予算をたっぷり使っていた感じ。爆発
シーンの迫力や爆発痕の臨場感たっぷり。さすがにアパート倒壊は作り物の映像と分か
るレベルでしたが、それでも9.11を連想させる再現度に達していたかと。
 事件の構図をごく簡略化して言うと、ギャング内のトップ争い?→ギャング間の抗
争?→人種差別主義?という風に二転三転させているのは、王道パターンの一つと言っ
ていいでしょう。
 疑問に感じたのは、展開が早すぎるように思えたこと。特に序盤、ギャングの内部抗
争と思わせられそうなのだから、しばらくは組織ナンバー2の男は襲わずにいて放置し
ていれば警察の捜査を攪乱できただろうし、潰したいギャンググループも疲弊しただろ
うに。
 レギュラーキャラクターに過去を背負わせているのも王道のお約束。徐々に明かされ
ていくみたいですから、どのように特色を出していくのかお手並み拝見ですね。

 ではでは。




#1355/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/04/23  20:50  ( 25)
失敗の理由が安定しない   永山
★内容
 HDDレコーダーが久々に録画不調で、二番組続けて録画失敗。
 録画を始めてすらいなかった。これと似た症状は過去に何度もあって、録画した番組
を再生中に予約録画の時刻を迎えると、機械が不安定になるからって理由で録画を停止
しちゃう。再生中でも問題なく録画が始まることもある。よく分からん現象なのです
が、それでもエラーメッセージとしては機械を安定させるために云々という文言が残
る。
 一方、本日の録画失敗は、更新された番組表の番組データと予約設定した時点での番
組データと合っていないから録画しなかった、という風な意味のメッセージが残ってい
た。初ものです。
 そもそも理解しがたいのは、機械を安定させるために再生と録画の動作のどちらかを
中止させねばならないんだとした、普通は再生の方を緊急停止させるでしょう。再生し
ている物はすでに録画済みでいざとなったらいつでも見られる。これから録画しようと
している物は、ひょっとしたらもう二度とお目にかかれないものかもしれない。誰がど
う考えたって、後者の録画を優先させようとするはず。なのに、機械は再生優先で録画
ストップ。
 想像するに……この不具合は、再生中に録画を始めようとした瞬間、「あ、これは機
械に悪影響が及ぶ」と判定されることで初めて認識されるが、その時点では録画開始時
刻は数秒過ぎており、今さら再生の動作を強制終了させた上で録画状態を保っても、十
秒前後は録画できなくなる。そんな冒頭のない番組なんて意味ないだろう、だったら再
生を優先させた方がましだ」というコンセプトなのかだろうか? 納得のいく答が見付
からない。
 と、それだけでも手を焼いていたのに、新たな録画失敗現象が起きて、信用ならない
機械になってしまった。

 ではでは。




#1356/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/04/24  22:02  ( 20)
一般的なお茶の間でイメージする科学   永山
★内容
 畑の草むしりとか苗の移し替えとかをしていると、気温が連日、結構な幅で上下して
いるのが分かる。普通に日常生活を送っていても感じてるはずなんだけど、土いじりし
ているときの方が肌で察知するというか、敏感になっているかもしれない。

 AbemaTVでマジックの番組「マジック・オブ・サイエンス」が無料配信(視聴
期限付き)されているのを見付けて、時々視聴してます。
 元々はディスカバリーチャンネルで放映された番組だからか、なるべく一般向けにし
ようというコンセプトでもあるのかな。科学マジックと銘打っているとは言え、何か残
念な意味で微妙なところが。
 でんじろうほどではないにしても、ご家庭でもできるというにはちょっと苦しいネタ
が続く。アレを買ってくればできるね、みたいな演目が半数を占め、残りの半数は原理
は単純でも超大がかりでご家庭ではできない演目。店に協力を頼むとか、静電気発生装
置を使うとか、観客の上司から情報をもらうとか。
 テクニック的には、マジシャンの方が動画サイトに上げている数々の腕前披露動画の
方が遙かに役に立ちそう。
 番組に出演してるマジシャンも、一回の放送で一つぐらいテクニックで魅せる演目を
入れたいとは思わないのかな。マジックのテクニックも科学と言えるんだから。ミスデ
ィレクション一つ取っても心理学などの応用と言われるんだし。

 ではでは。




#1357/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/04/25  22:59  ( 20)
無観客でも観られる   永山
★内容
 馳浩のプロレス時代のことを書こうかなと思ったものの、報じられている件が何だか
はっきりしないのでやめとこ。

 世界最大の総合格闘技団体UFCが、フロリダ州で三大会を無観客で矢継ぎ早に開催
へ。
 この決定により、WOWOWでの格闘技中継も復活。観られることはありがたいんだ
けど、今の時期にやって大丈夫なのかと心配にもなる。
 いくら無観客と言っても、選手とその関係者、トレーナー、セコンドに、試合を運営
するスタッフら、場合によっては格闘技マスコミを加えた人数が一所に集まる訳で、そ
れなりの規模になる。充分な距離を取れば感染が百パーセント防げるなんて断言できる
ものでないだろうし、万が一観戦者を出したら団体の経営に悪い影響が出るんじゃない
かと不安。業界での大黒柱的存在がこういうちょっと博打的なことに出られると、ほん
と心配。まだまだ確固たる地位のある業界とは言えないでしょうから、なおさらです。
ちょっとしたことで崩壊する恐れ、なきにしもあらず。

 似たようなケースで世界最大規模のプロレス団体WWEも無観客で試合を収録してい
るけれども、世間的な地位の強固さという点では現状、プロレスの方が総合格闘技より
も上だと思うので、UFCほどの博打感はないなぁ。かといって安心もできませんが。

 ではでは。




#1358/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/04/26  17:09  ( 27)
びくっとしない自信のある人限定   永山
★内容
 テレビ東京系で放送のドラマ「サイレント・ヴォイス シーズン2」第三話を録画視
聴。ネタバレ注意です。
 この第三話は割によかった気がする。捜査手法としては代わり映えがしないのだけれ
ども、事件の構図に工夫が盛り込まれており、最後まで楽しめるストーリーになってい
たかと。とはいえ、そこかしこに微妙な箇所があるのも事実。
 アリバイトリックが出て来ましたが、今回も分かり易い。ただ、物語の主眼はそこに
はないので、この程度の簡単なトリックで充分に機能を果たしていたかなと思います。
私がもし書くんだったら、杉田かおる演じる作曲家がゴーストライターの女性に詳しい
ことを打ち明けずに「これで最後だから」と協力させて、ホール内にいた確かなアリバ
イを作るっていう展開を付け足すかも。ゴーストライターに同じ格好をさせて、スピー
カーに耳をくっつけている場面を第三者に目撃させればいい。
 実際問題、詐病がこんな簡単に通るのか疑問に思います(耳が聞こえないふりをする
のって大変だと思う。予想し得ない物音がいきなりしても平然としているなんて、私に
は無理)が、時間的制約のあるドラマではそこまできっちり描くよう求めるのは酷とい
うものなんでしょう。ただ、作中に出て来た詐病の二人、何で世間に顔と名前を出そう
と思えるのか。それまでに歩んできた人生で何人もの人間と関わっていて、その人達に
今の姿を見られたら嘘が絶対にばれるよなって、警戒心を持ち合わせていないのか。全
くの別の顔に整形して名前も変えてというのだったら、まだどうにか納得できるけれど
も。
 作曲家が、足の不自由な青年の詐病に最後まで気付いていないってのはおかしな話
で、普通はすぐに気付くから、その後の展開も全く違っていたはず。できることなら青
年の犯行は一階でなされ、それを知った作曲家が青年をかばうために上の階まで運んで
いった、という流れにした方がしっくりくるんじゃないかと思ったです。
 ラスト前の詐病の二人が罵り合う場面。あそこでの作曲家の叫びを聞いていると、音
楽を愛する気持ち自体に嘘はなかったのかなと感じた。

 ではでは。




#1359/1547 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/04/27  20:46  ( 36)
肉は切るけど骨は切れない的な   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「鉄の骨」第二回を録画視聴。ネタバレ注意です。
 受注を取り損なった池松組は、二千億円規模の第一次地下鉄工事を単独で取りに行く
ことを目指す。通常この規模の工事では最大手を除くと、一社単独で請け負うのは難し
く、何社かで合同するのが通例。その習いに反して取りに行くには失敗は許されない。
そこで徹底的なコストの見直しを行うも、削れる額はまだまだ足りない。
 そんな折、平太は尾形常務から休日に競馬に付き合えと誘われる。これを受けて競馬
場に行くと、尾形は個室を使用しており。客が来ていた。その痩身の老人こそが建築業
界の天皇とあだ名される三橋萬造だった。業界内で揉め事があると調停する力がある三
橋に取り入ることは受注について有利になる。三橋に紹介された平太は、故郷が同じ長
野だったことが気に入られたようで後日、三橋邸で催される茶会に招かれた。
 平太は尾形によって業務部に引っ張られたのは、三橋と同郷だったからと察する。茶
会では地下鉄工事に関する調整が行われるものと尾形は踏んでいたが、そうはならなか
った。平太は三橋と話す機会を得て、意外にも三橋が談合を快く思っていないことを知
る。
 一方、検察は道路族議員の大物・城山とその義弟である三橋の関わる談合を暴き出そ
うと精力的に動いていた。平太と付き合っている萌の銀行にも帳簿提供の要請があり、
その過程で萌はたまたま、検察が資料に付けた付箋を見てしまった。それは以前平太が
萌に「この会社の入出金記録を調べてくれないか」と頼んできた企業そのものだった。
もしや平太も談合に関係しているのではと不安に駆られる。萌の様子に気付いた上司の
園部は相談に乗り、彼女が掴んだことを平太に伝えようか迷っていると知る。それは銀
行の信頼に関わることだから辞めるようにと諭す。
 その頃、平太は地下鉄工事のコストダウンのために、工法そのものを見直すことを考
え始めた。
 ――以上が第二回の大まかな粗筋でした。初回に比べると刺激的な場面は減ったもの
の、今後のもつれた展開を予感させる事柄がポツポツと配置され、期待感が高まった回
でした。
 上記粗筋では触れなかったけれどもひょっとしたら重要なのかもしれない、平太の母
の存在。東京まで出て来て、萌を加えた三人で食事を摂ったあと、故郷に戻ってから頭
を打って入院。見舞いに来た平太との会話で、三橋と顔見知りであることが確認され
る。庭の桜の苗木を持って平太が三橋邸を再訪する理由にもなったし。
 二話まで観て、最初に抱いた印象とだいぶ違うなと思ったのは、尾形常務の印象。序
盤での「池松組に尾形あり」と称されるほどの切れ者として登場した割に、今やってい
ることは正攻法(と言っていいのか、要するに当たり前のやり方)一辺倒で切れ者には
見えない。この辺り、中盤から後半にかけて変わってくるのかしらん?

 ではでは。




「◇フレッシュボイス2」一覧



オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE