AWC ◇フレッシュボイス2



#1067/1073 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  19/08/11  21:02  ( 26)
記憶とロマンと事実と   永山
★内容
 このところ著名なプロレスラーの訃報が多く、その都度、スポーツ新聞系のサイトに
は追悼記事が載るのですが……さもリアルタイムに体験したかのような書きっぷりであ
りながら、間違いがやたらとある記事が目について、気になる。
 経験していないならしてないで、ちゃんと断って書けばいい。もしも体験してるのに
誤りの目立つ記事ばかり書くようなら、朧気になった記憶のみに頼らず、確認するよう
他の人が忠告できるシステムしないと。
 今日見掛けた「帰ってきたウルトラマン」の記事も怪しかったなあ。プロレスに限ら
ず、あらゆるジャンルで起き得る問題なのね。

 何日か前にNHKのBSでやっていた三国志の特番を録画視聴していると、最後の方
で、出演者である芸人が「『三国志』を『三国史』と書かないのは、歴史を綴っただけ
でなく英雄達の志を表したものだからなんだなと感じた」みたいな意味の感想を述べて
いたのですが……。
 「あれ、そうだっけ?」と昔々の朧気な記憶を頼りに調べてみたら、やっぱり違って
た。この場合の「志」には雑誌の「誌」と同じような意味があって、記録するというニ
ュアンスだとか。
 でまあ、芸人が番組を通しで見てきて、冒頭のような感想を持つのは別にかまわない
と思うんですよ。事実とは異なっていても、それなりに面白い、ちょっとロマンを感じ
させる捉え方だし、あくまでも感想なのだから。
 気になったのは、収録スタジオには芸人や芸能人の他に三国志の専門家と思しき人物
もいたのに、その人が何も言わなかったこと。
 もしかしたら同じように、芸人の感想だからまあいいや、と感じてスルーしたのかも
しれません。けど、テレビ番組に専門家として出演しているのなら、一言注釈として発
言すべきなのではないかいなと思ったです。

 ではでは。




#1068/1073 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  19/08/12  20:37  ( 22)
間違い探しまがいを見たい訳ではない   永山
★内容
 日本テレビ系で放送のドラマ「あなたの番です」第十六回を録画視聴。ネタバレ注意
です。
 解決に向けて、何一つ事態が好転している気がしない。警察の捜査はざるで水をすく
うようなじれったいものだし、翔太は「原点に戻って」とか言ってたけど、思い付きで
探偵しているだけに見える。
 “意外な犯人”に持って行くために、捜査の進展をねじ曲げているように見えるのが
気に入らない。巷(ネット)で囁かれている黒島黒幕説で当たりだとして、警察が何に
も掴めないなんてことがあるのかしらん。住民も含めて他の人間を上手く操る、それこ
そ十メートル先の針の穴に糸を通すくらいの緻密さと確実性がないと、警察に全く疑わ
れずに遂行するのは無理だと思われ。
 それに、黒島が犯人だと、わざわざ自分からヒントをばらまいていることになるんだ
けど、愉快犯、劇場型犯罪ってことで片付ける気なのかなあ。
 結局、私が本ドラマに求めているのは、テレビ画面を細かに見ていって暗示の断片を
拾い集めて作るようなロジックではなく、納得の出来る犯人像や動機なんですね。こん
な作風であれば、交換殺人を眼目にした番宣をしたのは失敗だったと思います。

 あと純粋に疑問なんですが、食肉加工場に行って氷ちょうだいと言ったらもらえるも
のなんでしょうか? あまったからあげるって物ではないような。それに、食肉加工場
の氷って、氷彫刻家が使うのに適した透明かつ巨大な氷なの? 魚市場だと小さめのキ
ューブ状の氷を使っているイメージがあるけど、肉はまた違うのかなあ。

 ではでは。




#1069/1073 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  19/08/13  21:31  ( 49)
一人二役の解明に挑んだ過程   永山
★内容
 小説投稿サイトを見ていると、作者プロフィールや作品紹介の欄に、「**にも掲載
しています」「**からの転載です」と記してあるのをよく見掛けます。**は別の小
説投稿サイトなどです。
 たいていは同じ筆名で活動されているようですが、先日、二つのサイトで別名義で活
動していることを明言している方――仮にX氏とします――がいるのを発見。作品も題
名を変えているそうな。
 お、これは面白い。隠されると調べてみたくなることって、たまにありますよね。て
ことで、パズルでも解くつもりで、作者捜しをやってみたです。

 サイト名二つは分かっています。便宜上、X氏名義で作品を上げておられるサイトを
A、もう一つをBとします。
 作品タイトルは変えてある。恐らく、サイトB内で検索しても、簡単には見つけ出せ
ない程度には変更しているはず。
 作品ごとの表紙絵はサイトAの公式の物ではなく、オリジナルの物を使っているみた
いでしたが、この表紙絵で検索できるのかどうか私は知らない。(^^; それにフリー素
材としてネット上にある物を使って、加工している可能性もあるので、表紙絵だけでは
決められない。

 となると、作品の内容紹介に頼るしかない。X氏はそれなりの読者数が付いている方
で、サイトAにおける内容紹介はなかなか巧み。この紹介文をサイトBで全く別の物に
変えるのは、正直労力が半端ない。似通った文章になっている可能性が高い。
 あとは、作品の文字数。サイトによってカウントの仕方が異なるようですが、大きな
差は生じないはず。
 これらを便りに探してみましたが……何となく似た雰囲気の紹介文は見付かっても、
文字数が全然違うことがほとんど。希に、これは!というのもあるのですが、実際に作
品を表示させてみると全く別の作品が表れて、がっかり。(-_-) 

 難しいな、無理なのかなと思いつつ、X氏の小説で特徴的な設定のキャラクターがあ
ったので、その単語による検索をB内で掛けてみたところ、数名の作家さんがヒットし
ました。ただ、どの作品も文字数は近くない。
 念のため、表示された順に、作家毎に作品一覧を見ていくと、一人、表紙絵が同傾向
の方がいました。Y氏とします。
 でも、Y氏の作品一覧から、どうしても省けないであろうキーワードを頼りにピック
アップしても、X氏の作品と同じ物は見付からない。文体や作風などは近い物があるよ
うに感じたのですが、決め手を欠く。

 最後のつもりでX氏最新作の紹介文からキーワードを選び、検索をB内ではなく、一
般のネット検索で、サイトBの名前と共に検索に掛けてみました。すると見事に一件だ
けヒット。検索結果の数行に似通った紹介文が現れ、さらにはX氏の名前も。これでよ
うやく断定できます。サイトAのX氏とサイトBのY氏は同一の作者である、と。
 ただし、そのURLに飛んでみると、作者により非公開になっている旨が表示されま
した。
 なるほど。X氏はサイトAに転載するに当たって、Bでは非表示にしていたのか。こ
れではいくら探しても見付からないはずです。謎は解けた。
 非表示の文章がネット検索でヒットしたのは、タイムラグ故なのでしょうか。転載に
際して非表示にしても、検索に反映されてしまうのであれば、別サイトでの筆名を隠し
た上で転載したい人は、よほど注意深くやらないといけませんね。

 ではでは。




#1070/1073 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  19/08/14  21:09  ( 44)
修行が足りない   永山
★内容
 数日前に古本販売サイトで代引き注文した品が、三日前にゆうパックで発送されたと
メールあり。
 郵便の追跡サービスで時々見ていたら、翌日の午後には配達局へ「到着」「保管」さ
れているとの表示に。
 この分なら今日中(二日前)か、遅くともその次の日には届くだろうなと思って、程
なくして表示が「持ち出し中」になったので安心していたのですが。
 一時間ぐらい経って、特に意味はないけどまたちらっと追跡サービスで確認してみた
ら、「調査中」の表示が。
 こういう表示があることは知っていましたが、実際に自分の荷物でなったのは初め
て。
 調べてみたら、だいたいは宛名に不備があって依頼主に確認するか、あるいは荷物に
外的破損があってどの段階で破損したのか絞り込むため、とのこと。宛名の不備の場合
は確認が取れれば、すぐに配達されるという。まあ、破損の方だとしても、代引きだか
ら荷物に破損があっても交換なり値引きなりで済むでしょうから、全く心配していませ
んでした。
 ところが二十四時間以上経過しても、表示は「調査中」のまま。配達局に電話で問い
合わせることも出来たのですが、追跡サービスのページに載っているのは余分にお金が
かかる番号。こちらに落ち度がないのだから馬鹿らしいと思い、メールでの問い合わせ
にしました。
 で、荷物が配達局に到着してからおよそ四十八時間が経過した頃、追跡サービスの表
示が、「差出人へ返送」「受取拒絶のため」となったから、大慌て。
 いやいや、荷物を持って来られてないし、「これから代引き荷物届けますけど大丈夫
ですか?」の電話確認もないのだから、拒絶のしようがない。というか、拒絶するつも
りなんてないんですが。
 今回利用した古本販売サイトに限らず、利用者都合で受け取りを拒否した場合、以
後、その利用者はブラックリスト入りして販売サイトを利用できなくなるとのルールを
定めているところは多い。
 やっていない受取拒絶で利用停止にされてはたまらん、やむを得ず、お金の掛かる問
い合わせ番号に電話したです。(^^;
 一刻も早くという思いから、かなり荒っぽい口調になってしまい、そこは反省。用件
を伝えると、折り返し電話しますとのことだったので、余計な出費はさほどなかった模
様。
 そのあと、(馴染みの)配達ドライバーから直に電話をもらい、「受取拒絶」になっ
た理由は分からないものの、届けてもらえることに。
 で、さらに十分後ぐらいに日本郵便から、「ゆうパックの配達はキャンセルされまし
た」的なメールが来たのですが、これは行き違い・タイムラグだろうと判断して放置。
実際それで正解で、三十分後ぐらいに荷物は届きました。
 てことで、台風接近もあって屋内におり、追跡サービスの表示をこまめにチェックで
きたからよかったようなものの、そうでなかったらと思うとちょっと恐い。手遅れ、も
しくは状況説明にひどく手間の掛かる事態になっていたことが容易に想像されます。何
とか防ぐ手立てはないかと考えてみたものの、そもそもの原因が不明なので思い浮かば
ず……。

 ではでは。




#1071/1073 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  19/08/15  19:49  ( 22)
やや盛り返すも失地回復には届かず   永山
★内容
 テレビ朝日系で放送のドラマ「刑事7人」シーズン5第五話を録画視聴。ネタバレ注
意です。
 前回が不出来だった分、そこそこ佳作に見えました。活躍するのが天城だけでなく、
チーム全体で掴み取った真相、っていう雰囲気がよかった。各刑事のキャラクターを活
かしたという域には達していないものの、この感じで刑事個々人に光を当てたエピソー
ド作りに期待。次回も予告映像を見る限りではその方向だったし。
 とは言え、ストーリー展開は都合のいい省略が散見され、多少の不満あり。
 殺された被害者が、施設の不正というか犯罪の証拠書類を見付けたくだりが、さっぱ
り分からない。犯人側からすればあんな大事な物を、施設の人間んら容易に?見られる
状態にしておくなんて、不用心に過ぎる訳で。
 決め手の提示の仕方がせこい。(^^; チェスのポーンが一つ足りないのは確かにドラ
マ前半で映ってるけど、凄く分かりにくい。理事長は一個足りないのにチェス盤に駒を
並べて、人目に付く場所に飾ったままにしているなんて、どういう神経してるんだろ
う。犯行の証拠になるとは思っていなかった可能性は充分にあるけど、駒が足りないの
だから普通は仕舞うでしょ。
 悪徳刑事っぽく描かれた真中が、実は真相を追っていた。けれども昔はやっぱり悪徳
刑事で、金をもらって小さな犯罪をもみ消していたっぽい――何だこの設定は。悪役が
途中で改心するなんてあまりお見掛けしないけど、まあ現実にはあり得なくはないから
いいとして、最初に刑事達が話を聞きに来た際に、何で本当のことを打ち明けなかった
んだろ?

 ではでは。




#1072/1073 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #1064 ***
★タイトル (AZA     )  19/08/16  20:19  ( 23)
今年これまでのワーストかもしれない2   永山
★内容
 テレビ朝日系で放送のドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」第五話を録画視
聴。ネタバレ注意です。
 まさかこんなに短い間隔で、年間ワースト候補になるようなエピソードにまた出くわ
すとは思いも寄らず。しかも、前とは違うドラマで。

 毒物の描き方が嘘っぽいのは、まあお約束というかしょうがない面もあると思うので
措くとして。
 主人公の柚木が、恩師の名誉を守るためだからと言って、隠蔽に協力するのがおかし
い。絶対にない、と言い切ってもいいくらいのレベルのおかしな展開です。
 ここまで描かれてきた柚木のキャラクターから激しくずれているというのもあります
が、そんなことを云々しなくとも、柚木は父親の死が事故ではなく、他殺だったという
ことを今回知ったというのが大きい。そんなことを打ち明けられて、何で隠蔽に手を貸
せるのだろう? 恩師は柚木の父親の遺体を担当した解剖医で、事故死だと嘘の診断を
下してる。何でそんな人間の名誉を守るために、隠蔽をよしとする?
 こんな筋書きにするのなら、法医研という組織を守るためにやった、とした方がまだ
ましだった。恩師のためにやったと言ってしまったら、筋が全く通らなくなる。

 これらが実は最終回に向けての伏線で、大きなどんでん返しが待ち受けているのだ、
ってことなら凄いと称賛を送りたいですが、柚木の内面描写までしていたのでひっくり
返すのはまず不可能。夢オチとかタイムスリップするとか、そういう飛び道具的な構成
を取らない限り。

 ではでは。




#1073/1073 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  19/08/17  21:25  ( 26)
百では足りない   永山
★内容
 昼食のあと、台所に食器を運んで洗い物をしようとスポンジを手に取ったら、何か引
っ付いてきた。
 ムカデだった。
 長さは手のひらサイズ(広げた手の親指の先から小指の先)ぐらいで、思わず「う
わ!」と声を上げてしまったです。
 スポンジごと洗い桶の水の中に放り出して、そのまま中庭に運び出した。(^^;
 地面に流して、父が摘果用のハサミでムカデをちょん切ってどうにか退治。そのくら
いやってもなかなか息絶えませんが。
 家の中に戻って来ないのなら、外に離しただけで放っておいてもいいんだけど、戻っ
て来た上に卵を産むらしいからな〜。
 今回は幸いにも刺されなかったので、こうしてワープロ入力も影響なく出来ていま
す。誤字脱字があれば、それはムカデとは無関係(汗)。

 検索バーの下にある“よく検索されている語”に、「自由研究」が入り始めた。夏休
みだな〜。
 何年か前に、小説のネタとして考えたことがあります。一見、小中学生の夏休みの宿
題・自由研究をサポートしてくれるサイトだが、実際に試すと危ない物がいくつか混じ
っている、とか。
 もう一段階発展させて、小中学生向けには安全な物を紹介し、『ここから先は大人の
自由研究 ※十六歳未満は閲覧禁止』と注意書き付きのマークをクリックすると、危な
いネタ、真っ当な大人なら気付くであろうミスの起こりやすい実験等を記載しておく。
小中学生が注意書きを無視して先に進み、危ない実験を試した結果、自身や他人に害が
及んだら法的にはどうなるだろう、とか。
 細部を詰められたら作品化してみたいものの、余裕がないので放置状態です。

 ではでは。




「◇フレッシュボイス2」一覧



オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE