AWC ◇フレッシュボイス過去ログ



#9222/9229 ◇フレッシュボイス過去ログ
★タイトル (AZA     )  17/03/11  19:59  ( 73)
残された不満   永山
★内容
 WOWOWで放送の海外サスペンス「ザ・ファイブ――残されたDNA――」第九話
と最終話を録画視聴。完全にネタバレ注意です。最後ってことで、この二話分だけです
が展開を割と詳しく追ってみます。
 連続殺人犯が犯行を記録したテープの数々を見付けられたことで、ようやく真相を語
る。大勢子供を殺してきたが、ジェシー(失踪少年)だけは殺せなかった。狙いを付け
たのに、唯一失敗した。父親だという男が現れて、ジェシーを連れて行ったから。警察
はジェシーの父親・アランに疑惑を向ける。アランは父親にもかかわらず、ジェシーの
DNAが新たに検出された当初から、ジェシーが生きているはずないという態度でい
た。だが、取り調べに対し頑なに否定、結局釈放。その後、アランから採ったDNAと
ジェシーのDNAを比較したところ、実の親子関係にないことが判明する。刑事がアラ
ンの妻を問い質すと、近所のフランクという男性と関係を持ったことを認める。自らの
不注意で娘二人を事故で亡くし、妻とも離ればなれになったフランクの憔悴ぶりを見て
いられず、同情心から寝たが、すぐに後悔したという。では、連続殺人犯が見た「父
親」とは、アランではなく、フランクなのか? ジェシーの兄のマークや刑事は、失踪
事件の二年後に引っ越したというフランクに会いに車を飛ばす。一方、殺人事件の捜査
本部では、医師の助言により、ジェシーの血が付着していた絆創膏が、医療機関で使わ
れる物だと分かる。献血車がクロースアップされ、殺人当日に献血者が出ていた場所周
辺の防犯カメラの映像が徹底的に調べられる。そこには、ビルで消えたバックパックの
男が映っていた。そしてその顔は、警察で分析官として働いているカールだった。
 フランクの居場所を突き止めたマークらは、フランクが病で床に伏しており、先が長
くないと知る。そんなフランクが罪滅ぼしにと語り出す。二十年前、森で兄のマーク達
とはぐれたジェシーが、怪しい男に声をかけられているところに遭遇したフランクは、
父親として男の前に立ち塞がり、ジェシーを守る。だがその後、ジェシーをアラン宅に
連れて行かずに、自分の家に招いた。そしてそのまま、ジェシーに別の名前を付けて、
遠く離れた地にある祖母が遺した家で育て始める。ジェシーの捜索にも素知らぬふりを
して加わったフランクは、二年後に完全に引っ越して姿を消す。フランクとカールは親
子として何の問題もなく暮らしてきたが、あるときカールの職場で思わぬ事態が起き
た。
 他方、捜査員はカールの行方を探すが分からない。彼の同僚を強引に問い詰めると、
すぐに白状した。最初の殺人現場に二人で駆け付けた際、カールが絆創膏を剥がれたこ
とに気付かず、さらに同僚がその絆創膏を証拠物として保管・分析した。警察関係者の
DNAはデータベースに登録されていないが、行方不明者は登録されている。ヒットし
た人物の顔写真を見たカールは、それが自分の子供時代の物だと思い出す。カールは育
ててくれたフランクに詰め寄り、事実を知った。カールは捜査を攪乱するために第二の
殺人現場にも、自らのDNAを遺す。マークに追われてビルに追い詰められたときは、
特徴的なバックパックだけを窓からごみ収集ボックスに投げ入れると、緊急招集され大
挙してやって来た警察の面々に紛れ、あたかも自分も駆け付けたように装った。
 カールを探していたマーク達は、彼が森で行方不明になった場所にいるのを見付け
る。二十年ぶりに再会を果たした兄や両親(母と育ての父)の前で、自暴自棄になって
いたカールだが兄の説得を受けて、家族の輪に戻る。――こんな具合で終わりました。
 うーん。“最高傑作”の冠には遠く及ばないなあ。佳作に引っ掛かるかどうかのレベ
ルではないかと。どう甘く見積もっても、偶然の多用が気になる。
 はぐれたジェシーをフランクが見掛けて、あとを追うのは分かる。殺人犯に声を掛け
られるが、犯行前に助ける。これもまあいいでしょう。ただ、殺人犯がフランクをジェ
シーの父親だと言ったのには、首を傾げたくなる。捜索状況を伝えるテレビにアランが
父親として出ており、その様子を殺人犯は視聴したに違いないのだから。
 そのあと、ジェシーを自宅に連れ帰って、しばらく過ごすんですが、ここが決定的に
おかしい。少年が行方不明になって、その母親はジェシーの父親が実はフランクかもし
れないと分かっている。だったらフランク宅も調べるでしょう。でも調べられることな
く、フランクはジェシーを祖母宅へ連れ出します。まだ捜索が続いているにもかかわら
ず、見咎められことなく、うまく行きました。偶然です。その後、成長するに従って、
フランクはカール(ジェシー)を学校に入れ、最終的には大学まで卒業させています。
英国では子供を学校に入れるのにどんな書類が必要なのか知りませんが、問題なくでき
るのでしょうか。
 他にも、アランがジェシー生存をあきらめきっていた理由が分からない。視聴者がア
ランを一時的に疑うようにするための設定だから、細かいことまで考えていなかったの
ではないか。
 カールが第二の殺人の現場に自身のDNAを遺す理由が理解できない。混乱させて何
の意味が? 根本的な疑問として、何で自分がジェシーだったんだと名乗り出ないのか
が分からない。フランクを守りたい訳でもないし。
 カールがジェシーだったことは確かに驚きだが、伏線不足。警察関係者の中に、条件
に当てはまる男が他にもいるかもしれないのに、その可能性を潰せていない。「あのこ
とに気付いていれば、カールがジェシーだという可能性が高いと分かったのに!」とい
う風な場面が欲しかった。というかそうじゃなければ、傑作の部類には到底入れられな
いと思うのですが。
 そしてもう一つ大きな問題が。殺人事件が、作中の警察にとって未解決で終わる。こ
れでいいの?
 まだまだ疑問点はあるのですが、この二話分以前のことなので、割愛します。
 そうそう、もう一つ驚いたのが、続編が作られるらしいってこと。本当の意味での続
きは無理だろうから、全く別のエピソードになるんでしょうね。家庭問題を抱えたレギ
ュラーキャラが一杯出て来ましたし。

 ではでは。




#9223/9229 ◇フレッシュボイス過去ログ
★タイトル (AZA     )  17/03/12  20:13  ( 25)
揺れる設定   永山
★内容
 昨晩と今朝未明、続けざまに最大震度三の地震に見舞われて、びくびくどきどき。
 阪神淡路大震災の発生以来、地震の揺れには比較的敏感になった気がするのですが、
3.11という日にこういうことが起きると、より強く意識してしまいます。意識する
のが悪いことではないでしょうけど、心臓によくない感じ。
 あ、鹿児島にいると、地震以外にも桜島などの噴火の可能性も頭をよぎります。

 日本テレビ系で放送のドラマ「増山超能力師事務所」第十話を録画視聴。ネタバレ注
意です。
 今回の出来はひどい部類に入るかも。殺人とも事故死ともつかない案件について、警
察からすればとりあえず疑わざるを得ない人物を、超能力師事務所の面々は依頼人だか
らという理由だけで、疑うな捜査するなと言わんばかりに守ろうとする。しかも、その
依頼人は、ある女性の身辺調査を頼んだだけで、自分を守ってくれとは依頼していない
のに。警察が全て正しいとは思わないけど、ここまで理屈もへったくれもなしにやられ
ると、何だか気持ち悪い。所長は、依頼人の心を読んで全てを知った上で行動をしてい
るという理由付けはあったけど、それでも質が悪いと思うし、他の所員に至っては、よ
く知りもしない依頼人のことをただただ信じているだけ。警察の捜査の妨害までしてい
る。初対面の刑事が気に入らないとかですらなく、顔なじみでこれまでに何度か世話に
なったり協力したりしている間柄なのに。
 あと、このドラマの世界に、超能力を使える人間がどの程度の割合でいるのか、示し
てもらいたいな。超能力の使われた痕跡が現場から検出されたから、近くの超能力師事
務所を警察が訪ねてくるという行為に対し、所長がえらく怒っていたから。「うちの所
員だけが疑われるのは納得できない」みたいなことが言えるくらい、超能力者が世の中
に大勢いるのかどうか。

 ではでは。




#9224/9229 ◇フレッシュボイス過去ログ
★タイトル (AZA     )  17/03/13  19:56  ( 30)
急降下のスリル   永山
★内容
 NHK媒体で放送のドラマ「スリル!〜黒の章〜」第二話を録画視聴。完全にネタバ
レ注意です。
 滑り出しは、オーソドックスな推理物。食品会社の冷蔵倉庫で殺人事件が発生して、
容疑者として逮捕された男の婚約者が、弁護士の白井に依頼をしてくる、という展開で
す。
 何やかやあって、犯人はやっぱりこの男だと判明する。では、婚約者がどこまで知っ
ていて行動していたのかというと、全然知らなかったらしい。となると、犯人は婚約者
の行動を計算に入れて計画を立てるか、あるいは全く計算に入れずに独力で遂行しよう
とするかのどちらかになるはず。なのに、どっちつかずで無理が生じているような。
 一度捕まった犯人に(アリバイトリックが功を奏して)アリバイが成立し、釈放され
るのは、別に弁護士の手柄ではないので、婚約者の行動は関係ない。でも、犯人として
は逮捕されたままだとまずいので、自らアリバイを遅ればせながら思い出したというこ
とにして、立証してみせる。この辺りの流れが、作品としてはよく分からない。犯人の
男は何故、逮捕されそうになった時点でアリバイを申し立てなかったのか。婚約者がア
リバイ立証に貢献するストーリー展開なら、こういう流れはありなんでしょうけど。逆
に言えば、犯人がすぐにアリバイを申し立てていれば、白井に依頼が来ることもなく、
ドラマが始まらない。つまり、白井を物語に絡めるために、わざわざ不自然な流れにし
たように感じたです。
 加えて、犯人は、食品会社の食品偽装に積極的に関与しており、そのことを暴露され
ては困る。なのに自分が警察にお世話になっている間に、婚約者が白井に依頼に行き、
食品偽装の訴訟を起こす準備を始める。犯人にとって、状況が悪化しています。さっさ
とアリバイを証明しておけば、こんなことにはならなかったかもしれないのに。そして
最終的に、婚約者と白井を自殺に見せ掛けて殺害しようとする。本来は必要のなかった
殺人までしなくちゃなるなんて、何のためにアリバイトリックを用意して最初の殺人を
決行したのか、訳が分かりません。
 アリバイトリックを解くための伏線や犯人特定の段取りは、まずまずフェアでいいと
思います。ただ、このトリックを用いることで死亡推定時刻をどの程度ずらせるのか
を、犯人が正確に把握するには結構な困難を伴いそう。

 ではでは。




#9225/9229 ◇フレッシュボイス過去ログ
★タイトル (AZA     )  17/03/14  20:12  ( 27)
奇跡の一枚は褒め言葉?   永山
★内容
 「奇跡の一枚」で一躍有名になったアイドルが、「1000年に一人の逸材」とも呼
ばれていることを、最近になって知りました。
 ……千年に一人の逸材なのに、写真が奇跡の一枚でなければ話題にならないなんて、
アイドルファンはどんだけ贅沢なんだ。

 ニュースサイトの見出しに「動物に誤飲させ立ち去り批判殺到」「キツネにフィギュ
アを誤飲させそのまま立ち去る」等とあったから、てっきり、(動物園の)入場者がフ
ィギュアをわざと狐に飲み込ませたのかと思ったんだけど、記事を読むとそうではない
らしく、誤飲は飽くまで事故っぽい。もし本当に事故であるなら、「動物に誤飲され立
ち去り・」とかフィギュアを誤飲されてそのまま立ち去る」にすべきではないかいな。
もちろん、誤飲の事実を施設側に伝えずにいたのはだめだけど。

 WOWOWで放送のドラマ「銭形警部 漆黒の犯罪ファイル」初回無料放送を録画視
聴。
 共同製作された、日本テレビで放送済みのスペシャルドラマを観てからにしようと思
っていたのですが、結局、こっちを先に観てしまいました。そのせいか、一部、分かり
づらかった。けどまあ、物語を理解できないほどのものではありません。
 で、初回は前編と銘打たれていたため、事件の解決はやや半端なところで終わりまし
た。その時点までの展開は、極めてオーソドックスな刑事ドラマの趣で、特に挙げるほ
どの長所はなかったような。正直、銭形警部物じゃなかったら、途中で観るのをやめた
かも。
 銭形を演じる鈴木亮平に関しては、キャストの発表を知ったときは、え?イメージが
違うだろ、と思ったんですが、意外と行けますね。期待値が低かったせいもあるかもし
れませんが、頑張ってるなーという印象。ただ、若すぎるわ。ドラマ用なのか年齢が四
十直前となっているけど、それでも若い。

 ではでは。




#9226/9229 ◇フレッシュボイス過去ログ
★タイトル (AZA     )  17/03/15  20:09  ( 26)
かわは飲んでも飲まれてもいけない   永山
★内容
 永谷園が缶飲料「ビアードパパの飲むシュークリーム」の全国発売を四月下旬に開始
する予定だとか。
 そういう店があるとは全然知らなかったんですが、シュークリーム専門店ビアードパ
パのシュークリームに使われているクリームを再現した飲み物、だそうで。
 ……それって「飲むシュークリーム」と言うよりも、「飲むカスタードクリーム」な
のでは? それともシュー皮の食感もあるのか? とりあえず、飲んでみないことには
分からんですな。

 NHK媒体で放送のドラマ「スリル!〜赤の章〜」第二話を録画視聴&ネタバレ注
意。
 赤と黒それぞれ二話ずつを観て、やっぱり赤の方に力を入れているのかなと感じたで
す。赤の章の初回よりは落ちるものの、この第二話も結構凝った作りで楽しめた。
 トリックは、古典の部類に入るもので、いんちきの占い師や超能力者が登場すれば、
とりあえず真っ先に検討すべきネタ。なので、新味はないのですが、他の道具立てとの
組み合わせの妙で魅せたといったところか。ヒロインのノートの存在を、刑事が知る流
れは、後半につながるプロローグのはず(続きは新シリーズとかじゃなければ)。
 同じくトリックに関して、アリバイトリックは共犯者間による証明ってことで、その
時点で意味がないんですけど、どうせならアリバイの“証拠”とされた看板の靴跡も偽
物だと看破する趣向が欲しかった。たとえば、犯人の男は看板の高さまで足を上げられ
ない、とか。
 あと、ヒロインが占い師のインチキを試すくだりで、刑事に関する本当の情報を流し
ていましたが、本当の情報だと、占い師がその能力によって見通したという言い逃れが
できてしまう。嘘の情報でよかったのに、わざわざ本当の情報を流したのは、ついでに
刑事もやり込めてやろうという意図があったに違いない(笑)。

 ではでは。




#9227/9229 ◇フレッシュボイス過去ログ
★タイトル (AZA     )  17/03/16  20:41  ( 23)
(仮面ライダー+『酔拳』)×ファンタジー   永山
★内容
 WOWOWで放送の中国歴史ドラマ「三国志〜趙雲伝〜」第二回を録画視聴。今回も
一応、ネタバレ注意です。
 前回の終盤から、趙雲が銀色の面を被って鉄面侠と名乗り、一帯を力で支配する山賊
と敵対しています。さらに剣の件(苦笑)で、董卓の配下の者からも捜索されている。
一方で趙雲らは、もう一本の剣の持ち主を探している。しばらくはこの流れを基本に進
む模様ですが、所々に挟まれるエピソードがユーモラスな味付けをされているのが特徴
的。たとえば董卓の配下連中に、宿(家?)へと押し入られた趙雲は素早く身を隠し、
一人残った友人・柳慎の妹・フ児が応対するシーンでは、フ児が悲しい身の上話(作り
話)を聞かせて、部隊長の男を丸め込んで、ごまかすことに成功。その柳慎はもっと上
で、お笑い担当的なところがあって、探している剣の持ち主と間違えた若い女性に一目
惚れするし、結構腕は立つはずなのにその若い女性には一方的にやられる始末。
 趙雲はさすがにシリアスな役どころですが、仮面を付けて戦う辺りは、子供向けの特
撮ヒーロー物めいています。また、李仁定に弟子入りを志願するくだりなんかは、ジャ
ッキー・チェンの初期作品を連想させられ、やはりユーモラス。
 他には、王允とその養女の貂蝉が、打倒!董卓を目指して、まず呂布に接近するエピ
ソードも描かれましたが……何でこうなるのかいまいち分からん流れでした。貂蝉が密
書を秘めた流し灯籠を受け取り、そこへ踏み込んだ呂布なのに、割と簡単に疑いを解
く。さらに、王允は密書の内容を利して、董卓に取り入ることに成功するけど、目的を
同じくするいわば仲間を売る形になっているのが、何ともかんとも。
 依然として多いワイヤーアクション等と相俟って、微妙な出来映えだとは感じます
が、今風の三国志と思って観れば楽しめます、多分。

 ではでは。




#9228/9229 ◇フレッシュボイス過去ログ
★タイトル (AZA     )  17/03/17  20:06  ( 24)
幽霊の正体見たり超能力   永山
★内容
 日本テレビ系で放送のドラマ「増山超能力師事務所」第十一話を録画視聴。ネタバレ
注意です。
 今回も先週と似たり寄ったりの出来映えで、決してよくない。気持ち悪くない分、ま
しかなという程度。
 依頼がいわゆるポルターガイスト現象の解明なんですが、超能力の存在が公に認めら
れている世界で、心霊現象は謎なのか?というのがまず疑問。他の心霊現象ならまだし
も、ポルターガイスト現象なら超能力の念動力等と被るからなおさら。しかも、調査す
る側も最初から超能力である可能性を考慮しているにもかかわらず、その調査方法が理
解しがたい。これまでの回では、超能力が使われた痕跡を数値で捉えられる計測器(ま
たは計測法?)が登場していたのに、今回は影も形もなし。何故、数値を測定しないん
だろ? 警察しか使えないのか? それならそれで、警察しか使えないってことを示さ
ねば。
 それから、超能力は普通、幼少期に発現するものであり、十七〜二十歳ぐらいで突如
超能力が使えるようになるのはおかしいという“常識”を理由に、心霊現象である可能
性を追ったようですが、その“常識”に例外があることもまた、調査側は知っていた様
子。だったら、その例外の可能性を先に検討すべきだろうに、何故か後回しにする。作
り手の都合が透けて見えるようです。
 あと、増山所長の妻に関する事件?も、やっと明らかな形で動き出しましたが、「彼
女の能力をある人物が狙っている」とする流れが、唐突で意味が飲み込めない。増山の
妻の能力って、謀略じみたやり方で狙うほどたいそうなものには思えない。以前の感想
にも書いたように、この物語世界での超能力の位置づけがはっきりしないのが、そもそ
もの原因ではないかと感じます。

 ではでは。




#9229/9229 ◇フレッシュボイス過去ログ
★タイトル (AZA     )  17/03/18  07:46  ( 32)
佐七の〆   永山
★内容
 復旧が遅れる可能性なきにしもあらずってことなので、念のため、早めに一日一書き
込みをば。

 BSジャパンで放送の時代劇ドラマ「人形佐七捕物帳」第十二話『音羽の猫』を録画
視聴。ネタバレ注意です。と言っても、今回は倒叙推理なので、犯人は冒頭から明らか
にされますが。
 江戸で偽金が見付かり、まだ手掛かりが何ら得られないでいた。そんなとき、佐七の
子分の一人である巾着の辰五郎が、親しい仲の遊女・お咲を殺した疑いで、岡っ引き・
鳥越の茂平次に捕まる。遺体のそばに辰五郎の煙草入れがあったのを証拠とされたのだ
が、辰五郎の話では、お咲を訪ねた折に忘れた物だという。佐七は茂平次に土下座まで
して、三日間の猶予をもらうと、真の下手人を見付けるべく奔走する。辰五郎が言うに
は、お咲のかわいがっていた白猫がおり、辰五郎が珍しい爪だからと面白半分に切って
しまった。その爪には金色の粉が一面に付着していて、調べてみると本物の金だと判明
する。白猫の飼い主らしいとして名前の挙がった、旗本の元囲い者であるお銀の屋敷に
出向くが、はぐらかされて大した情報は得られぬまま、行方知れずになっている白猫を
探すよう頼まれる。
 お咲の身辺を当たると、彼女には将来を約束した芳太郎という錺職人がいたが、二ヶ
月ほど前から姿が見えないという。行方を追う佐七だったが、芳太郎もまた死体となっ
て見付かる。首吊りに見せ掛けてあったが、他殺の可能性が高い。そして芳太郎の手の
爪にも、金の粉が。――この辺りまでが中盤。
 何だかんだあって、お銀が犯人として捕まる訳ですが、その決め手が、佐七が言わな
い内から、被害者の職業をお銀が口走ったから、というもの。無論、捕物作品におい
て、科学捜査を押し出す訳に生きませんから、こういった証拠や手掛かりが多くなるの
は仕方がないのでしょう。ただ、多すぎる。今回ドラマ化された人形佐七シリーズのエ
ピソードでも、繰り返し使われていました。さすがに芸がないと思う。この第十二話は
猫が出て来るのだから、そちらを証拠につなげるといった工夫の余地があるだろうに、
勿体ない。
 この十二話で終了となりましたが、続編は作られるのかな? 特に伏線や拾い残した
挿話はなかったと思いますが、佐七役の要潤はまだ見た目若いし、原作はたっぷりある
から、それなりの反響があればまだまだ作られそう。

 ではでは。




「◇フレッシュボイス過去ログ」一覧



オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE