AWC 永山さん、お久しぶりです。



#363/655 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (j_m     )  18/02/13  12:33  ( 11)
永山さん、お久しぶりです。
★内容
2年ぶりになりますでしょうか。お久しぶりです。橘音夢ことまあぷるです。
ツイッターで、鵜林さんの新作の話がありましたので、お知らせいたします。
『ネクスト・ギグ(仮)』(刊行月未定/ミステリ・フロンティア)、でついに長編デ
ビューをはたされます。つい最近、鵜林さんはツイッターも始められたので、この機会
に永山さんもツイッターを始められてはいかがでしょうか。
詳しい刊行日等はわかりませんが、今年中とのことで、すでに第2作の執筆も始められ
ているとのこと、嬉しい限りです。
私も昨年はホラー短編が短編集に収録され、ついに商業デビューしました。(これきり
だとは思いますが)
竹書房刊「厭結び〜オチが最凶の怖い話」です。こちらは機会がありましたら^^
取り急ぎご報告まで。失礼いたします。




#364/655 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #363 ***
★タイトル (AZA     )  18/02/13  17:07  ( 28)
『読むな』と言われても   永山
★内容
 おー、お久しぶりです、まあぷるさん。情報を知らせてくださり、ありがとうござい
ます。お手数をお掛けします。
 そして商業デビューとのこと、おめでとうございます。
 『厭結び』、なるべく早く入手して、読んでみます。ホラー作品には簡単な読了報告
になってしまうかもしれませんが、とにかく読みます。
 ここまで本文を書いてから調べてみたら、まあぷるさん名義の作品タイトルに苦笑し
てしまったではないですか(^^;。あ、まあぷるさんのマイページだけでもずっとチェッ
クしていれば作品収録に気付けていたものを、何だか申し訳ないです。
 昨年十二月下旬頃の刊行なんですね。今鹿児島にいまして、関西にいるときに比べれ
ば流通事情が悪いはずだから、書店になければネット注文の方が早いかしらん。電子書
籍も出ているとありましたけど、紙書籍を手元に置いておきたい質でして。
 それから、鵜林さんもついに、ですか! 東京創元社のメールマガジンが届く度にチ
ェックし、なかったら出版社のホームページに行って作者名で検索をしては空振り、こ
れの繰り返しでしたが、ツイッターで先行発信とは、やられました(苦笑)。ここは読
まれていないと知りつつ、おめでとうございます。
 刊行日未定というのが些か気になります(^^;が、早く手に取って読みたいものです。
というか、タイトルが以前予告されていた『スレイプニルは漆黒を駆ける』と異なって
いるのは、改題されたのか、別作品なのかも気になるところ。
 と、ツイッターを検索して確認すると、別作品なんですね。これはもう、一作目を読
んで熱烈絶賛の声を出版社に届けて、二作目も早々に出してもらわねば(笑)。
 私自身がツイッターを始めるかどうかは、まだ踏ん切りが付きませんが、アカウント
登録せずにそのまま読むことはできるみたいなので、とりあえずは時折拝見して影なが
ら応援するとします。

 椎茸の原木運びで、腰は痛いわ、指は握力が抜けてわなわなするわで、パソコンを触
るのにも一苦労の状態でしたが、書き込みを読んでちょっと回復した気がします。

 ではでは。




#370/655 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #363 ***
★タイトル (AZA     )  18/02/21  20:39  ( 21)
「読むな」を読みました   永山
★内容
読了>まあぷるさんの「読むな」(竹書房文庫『厭結び』所収)
 入手できたので、早速読みました。
 事前に勝手に想像していたとっつきにくさはなく、むしろ読みやすいくらい。導入部
を経て、作中人物のノートの段に入ると、昔話や絵本によくありそうな語り口になり、
ますますリーダビリティが高まりました。絵本・童話って無邪気で楽しい面だけでな
く、残酷で恐ろしい面も併せ持っているから、案外、この文体はホラーに合っているの
かもしれません。乱歩調に近い部分があるようにも感じました。
 物語の方は、急いで無理に怖がらせようというんじゃない、徐々に徐々に、気が付い
たら深みにはまっていた、みたいな怖さのある道行きで、なかなか堪能できました。恐
らく分量の上限があってそのためなんでしょうが、説明や伏線が少々物足りなく、膝を
打つような納得感はやや乏しかったものの、そこはホラーならではのテイストにつなが
っていたとも思います。面白かったです。
 あと、“夏も終わりに近い八月”の“一ヶ月前”の出来事、換言すれば七月下旬頃?
の出来事で、生温かいってどんな感じなんだろ?と、想像しづらくて奇異に思えたんで
すが、終盤に来てその疑問が解消されて、すっきりしました。

 関係ありませんけど、このアンソロジーのタイトル、てっきり「えんむすび」と読む
ものと信じ切っていました。本を手にして初めて「いやむすび」と読むんだと知った次
第です。いや〜な結び(終わり方)をするから、このタイトルなのね。

 ではでは。




#594/655 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #370 ***
★タイトル (j_m     )  18/09/18  12:46  ( 12)
永山さん、今頃ですがご感想ありがとうございました。
★内容
さっそくご購入いただきありがとうございました!
正直、ちょっと怖かったのですが、素敵な感想をいただけて嬉しい限りです。
他の方の作品も良かったので、お暇がありましたらどうぞお読みになってください。
ただ、文章的にはこれはどうかなと思うものもあります。
エブリスタの編集部はたぶんですが、校正をしていないんですよ。

ところで鵜林さんの新作、出版が決まりましたね!
「ネクスト・ギグ」10月31日発売だそうです。
ずっと待ていたのでとても楽しみです!

前作が出版が決まっていたのに直前になって他の作品とトリックが被っていたことがわ
かり、白紙になってしまったとのことで心配していましたが、本当に良かったです。




#595/655 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #594 ***
★タイトル (AZA     )  18/09/18  19:51  ( 24)
便りがないのも便りがあるのもいい便り   永山
★内容
 おー、お久しぶりです>まあぷるさん。
 レスがずっとないものだから、何かあったのか、もしくは当方の感想の書き方にまず
いところがあったのかしら……と懸念していました。そうではなかったようで、ほっと
したです(笑)。
 他の方の作品もまだ一部ですけど読んではいるので、その内、感想を書くかもしれま
せん。

 そして、鵜林さんの『ネクスト・ギグ』。早々にネットで予約注文しました! 凄く
楽しみ。あ、電子書籍でも注文できるのが時代だな〜と感じました。紙媒体に比べてち
ょっと安いし。でもやっぱり紙の本がほしいから、注文は書籍。
 前作というと『スレイプニルは漆黒を駆ける』でしょうか。予告されながら出版され
ないでいるのには、そういう事情があったんですね。ご説明、ありがとうございます。
 それにしても厳格だなぁ。岡嶋二人が江戸川乱歩賞を一度は逃したのも、その応募作
と夏樹静子の短編とのトリック被りが指摘されたから(+実行不可能ではないかと言わ
れたがそこは誤解)というエピソードを読んだ覚えがあります。競馬に詳しい人なら思
い付く可能性が非常に高いであろうトリックとされているのに、でも被りはだめ。それ
と考え合わせると、デビュー長編に該当する作品には特にチェックを厳しくする傾向が
あるのかな。
 それはさておき、鵜林さんのツイッターによればすれっからしの読者、ビギナーの読
者ともに楽しめるミステリを目指しての第一長編てことで、ほんとに楽しみです。※す
れっからしはよいニュアンスの単語ではないと思うので、これは作者からミステリファ
ンへの自信満々の挑発かも?(^_^) 

 ではでは。




#598/655 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #595 ***
★タイトル (j_m     )  18/09/20  16:11  ( 42)
鵜林さんの前作の件ですが
★内容
一昨年の担当、K島氏のツイートを貼っておきますね。

以前ここで、鵜林伸也さんの単行本デビュー作の話をしましたが、トリックの穴を塞ぐ
作業が難航しているうち、ほぼ同じ設定を持ち、きわめて近似したアイデアを内包した
別の作品が他社から刊行されてしまい、熟慮の末、デビュー作として刊行するのを断念
しました。まったく不運なことながら。

4:08 - 2016年12月31日

とてもよくできている作品なので、いずれは手を入れてもらった上であらためて世に問
いたいと考えています。ただ現在は、鵜林さんに奮起してもらい、あらためて単行本デ
ビュー作となるはずの別の新作長編を構想してもらっていますので、もうしばらくお待
ちください。

(今年の春はこのショックで、僕もしばらく心が折れていました……やっと世に送り出
せると思って楽しみにしていて、原稿の細かなチェックもすべて終え、帯やカバーにつ
いてもぼんやり考え始めていたのに……)

突然のレス、申し訳ございません。今頃ですが、このツイートに気付きました。私も今
年の初めに出版社様のほうに問い合わせをしてこのことを知り、ショックを受けまし
た。大変残念ですが、その後、鵜林氏の新作はどうなっていますでしょうか。もしよろ
しかったら教えていただけると大変嬉しいです。(これは私が一年後に気付いてレスし
たものです)


こんにちは。なにせ前回のような悲劇があったため、いたずらに楽観的な情報を流すこ
とには慎重にならざるを得なくなっております。なので現時点で確定的なことは申し上
げられないのですが、そのことを踏まえた上でお聞き戴けるのでしたら、……来年はよ
いことがありそうです。

14:04 - 2017年12月2日

こんな感じでした。
鵜林さんって根性ある方だなあと。編集さんも大変なお仕事ですね。
ではまた^^

拙作のご感想については読んではいたのですが、なぜかレスが物凄く遅くなって申し訳
ありません^^;
他のサイトでもよくやってしまうのです。

それではまた^^





「◇フレッシュボイス2」一覧 まあぷるの作品
             


オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE