AWC 万年青(おもと)った以上に青い   永山


        
#1760/1766 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/04/08  17:34  ( 25)
万年青(おもと)った以上に青い   永山
★内容
 BS11で放送の海外ドラマ「紳士探偵L〜魔都・上海の事件録〜」第十六〜二十回
を録画視聴。ネタバレ注意です。
 五話分で一エピソードの区切りはきちんと守っていくようで。その区切りの度に挿入
されるのかと思っていた小劇場は、前のエピソード終わりと同様、なかった。よい傾向
じゃないでしょうか。
 今回の事件「怒れる花海棠」はミステリよりも物語性に重きを置いた感じでした。感
情に訴えるストーリーで、役者も演じ甲斐があったのでは。それでいて細かいところで
ちゃんと探偵物になっており、悪くない。
 そんな中、役柄的に酷かったのが女性刑事の先輩で、いっつもろくな仕事をしていな
い葉常青刑事。今回は特に酷かった。被害者の夫を犯人と決め付けて取り調べるのはま
だましで、拳銃をちらつかせるのは異常。さらにその夫を怒らせてしまい、拳銃を奪わ
れて八方され、逃亡を許すという大失態をしでかしておきながら、隠そうとする。さら
にさらに上司の部長への釈明には嘘を並べ立てる、主人公の探偵のあとをこっそり付け
て手掛かりを得る、挙げ句に逃亡した夫を捕まえてこれで犯人は確保したからと、主人
公が手配しておいた監視役の刑事を勝手な判断で引き上げさせ、その結果死者が増える
という有様。これはもう免職レベルじゃないのかと。コメディリリーフならドラマとし
てありでしょうけど、ここまでお粗末な捜査だと、物語の成り行きそのものを左右する
からよくない。極言すれば、こいつのミスのせいで不可思議な謎ができあがってしまっ
た、なんて脚本も作れる訳で、物語が成立しなくなりかねない。いくら名前が“葉っぱ
は常に青い”であろうと、刑事としての仕事までずっと青二才では困る。
 一方、主人公は終盤で冷酷っぽいところを垣間見せるも、その裏でちゃんとフォロー
していたという、キャラ的にも役者的にも美味しい筋書きが用意されており、恵まれて
います。(^^; もうちょっとバランスは取れないものか。

 ではでは。





前のメッセージ 次のメッセージ 
「◇フレッシュボイス2」一覧 永山の作品
修正・削除する コメントを書く 


オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE