AWC 青春物としてなら及第点   永山


        
#1732/1767 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/03/10  19:27  ( 29)
青春物としてなら及第点   永山
★内容
 BSテレ東などで放送のドラマ「あなた犯人じゃありません」最終回を録画視聴。ネ
タバレ注意です。
 うーん……想像していたラインよりはずっとよかったんですが、やっぱりミステリと
してはだめかなあ。
 前の感想にも記したように、探偵役の記憶喪失がご都合主義で、“意外な真相”のた
めの道具と化している。同じ作り手の立場から言えば、「楽してるな〜」という思いが
一番に来てしまう。せめて丹念な伏線があれば救われるのですが、主人公の記憶喪失を
示す手掛かりは皆無だったような。
 伏線と言えば、真相に至るための伏線もいささか不足気味。こちらは皆無とは言いま
せんが、脆弱な感じを受けた。伏線があっても手掛かりのレベルではなく、答を知って
から「ああ、あの場面はそうとも解釈できるね」止まりだったかなと。
 そして記憶喪失設定と並んで問題ありと思ったのは、“犯人”が最善の行動を選択し
ておらず、それ故に成り立つストーリーであること。もちろん、(犯人に限らず)登場人
物が最善の行動を採らねばならないとは言いませんが、次善か三善ぐらいに収まるレベ
ルの行動を選択してもらいたいものです。そうでないと、常識外れな登場人物のおかげ
で不可解な状況ができあがることを是認しなければならず、ミステリにならない。
 ついでに、この真相だと、警察が被害者の周辺や自宅を調べた段階で、真相につなが
る傍証がわんさかと出て来るでしょう。その意味でも成り立ちそうにない物語だった。
尤も、本ドラマに登場した警察は刑事一人だけで、本当に機能しているのかどうか非常
に怪しいんですけど。
 あと、本作の何が困るかって、“関係者が偽りの自白をするも探偵がロジックで否定
する”というユニークな設定を、こんな形で消費してしまったことじゃないかしらん。
今後、同工異曲の設定で優れたミステリが世に出ても、とりあえず「『あな犯』の真似
だね」と思われる可能性が高いのは、何となく嫌(汗)。
 別個の事件からなる連作短編にして、嘘の自白をする理由を六つぐらい創案できた
ら、シリーズ物になると思うんで、先行作品が推理小説になければ書いてみるかもしれ
ない。

 ではでは。





前のメッセージ 次のメッセージ 
「◇フレッシュボイス2」一覧 永山の作品
修正・削除する コメントを書く 


オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE