AWC 家政婦は見られた!   永山


        
#1716/1717 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/02/22  19:56  ( 42)
家政婦は見られた!   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「トッカイ 〜 不良債権特別回収部 〜 」第六回を録画視聴。ネ
タバレ注意です。
 今回は、物語作りの技巧という観点から見れば平凡な出来映えだったとしなければな
らないかも。というのも、今回のエピソードでキーポイントとなる出来事が、ある偶然
に端を発しているように描いてあったので。
 トッカイは、金丸に関する金の動きを全て追い、隠し資産があることを確信する。し
かも金丸のこれまで垣間見られた性格から、国内の自ら所有する土地建物のどこかに大
金を隠している公算が非常に強い。では一体どこに? すでに査察部により、捜索は行
われているのだ。金丸の自宅や所有するビル、土地などを徹底的に調べたが、金はどこ
からも出て来なかった。これでは、おいそれと二度目の調査を実行に移せるものでな
い。
 そんな折、班長らは金丸邸の住み込み家政婦に、屋外で接触(家政婦は食材を買いに
来ていた)。喫茶店にて話を聞けることになった。家政婦が言うには、金丸が仮出所す
る前日、腹心の安藤が指揮する形で大金が屋敷に運び込まれ、札束を黒いゴミ袋に小分
けして、裏庭の大きな池に次々放り込むのを見たという。そこは査察部が一度浚った池
だったが、家政婦のこの証言があれば再捜索が可能だ。翌朝にも決行する段取りを整え
た。これで金丸を潰せると思いきや、当日になって家政婦から電話。今朝早々に安藤ら
が池から金を持ち出してどこかへ運び去ったという。何故勘付かれたのか?
 実は喫茶店で班長と家政婦が話し込む様子を、店の外から目撃した安藤が店内にこっ
そり入って、班長と家政婦の会話内容に聞き耳を立てていたから。先手を打たれた班長
は、後先考えずに金丸の会社の社長室を訪れ、どこに隠したんだと詰め寄る。当然とぼ
ける金丸は、柴崎(班長)のことも覚えており、「あんたんとこの上司が百億借りてく
れって頭を下げて来よったんや。頼みもせえへんのに。あんたらとわいは同じ穴の狢
や」と喚き散らす。
 ――メインの粗筋はこんな感じなんですが、上に記した通り、喫茶店のくだりが粗
い。安藤が喫茶店の中に家政婦を見付けたのは偶然以外のなにものでもないでしょう。
もし仮に安藤が運転手役で、家政婦の買い物をサポートしていたのであれば、柴崎らは
もっと注意深く家政婦から話を聞こうとするはずだし、家政婦にしても帰途、どんな顔
をして安藤運転の車に乗ったんだろう?ってことになる。
 もちろん物語なんだから、「その偶然があったからこそこんな流れになった」という
のはあり。反面、書き手には節度が必要で、なるべく偶然を少なくするのが腕の見せ所
だとも思っています。あるいは偶然を使うにしても、できる限り偶然ぽく見せない工夫
をするのがいいんじゃないかしらん。さらにバランスを取ることも大事かな。

 よかったのは、家政婦が金丸の不利になることを話そうと思った動機。金丸は泥棒に
入られて二百万円が入った手提げ金庫を持ち去られても、ことが公になれば金があるの
が分かって債権者が押し掛けるからと、警察に届けなかった。一方、家政婦は両親が故
郷で店をやっていたが、不況で苦しくなり最後は二百万円の借金が返せなくて廃業に追
い込まれ、父親は病に倒れていた。この二百万円に対する感覚の差が、どうしても許せ
なかったという。こういう細部の設定が効いてくるのは観ていて心地いい。

 ではでは。





前のメッセージ 次のメッセージ 
「◇フレッシュボイス2」一覧 永山の作品
修正・削除する コメントを書く 


オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE