AWC 凍った事件の熱い展開   永山


        
#1707/1725 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/02/12  20:29  ( 34)
凍った事件の熱い展開   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「コールドケース3〜真実の扉〜」、いわゆる「日本版コールド
ケース」を継続視聴しているのですが、今シーズンは出色の出来映えという気がしてき
た。
 ここ三回ほど続けざまに傑作と感じられるエピソードが続いて、でもその一方で、所
詮は本家である米国版「コールドケース」のエピソードの翻案的なストーリーだからな
あ、どこまで評価していいのやら難しい……と思っていました。
 ですが先週放送の第九話は久しぶりの日本版オリジナルで、扱った事件が帰国した中
国残留孤児が殺されるというもの。※以下第九話『故郷』のネタバレ注意です。
 現代を(も)舞台とするドラマにおいて、今、中国残留孤児をテーマとして取り上げる
のはある意味、とてもタイムリーである一方、元来軽々しく扱えないこととも言えまし
ょう。殺人事件が起きたのは一九九七年で、未解決のまま歳月が経ち、再び事件が動き
出すのが二〇二一年。この、時の経過によるすさまじく大きな変化を、いかにドラマに
溶け込ませるのか。そんな観点から視聴していたのですが、途中からそんな分析的な目
では観られなくなった。事件が起きたのは一九九七年で、未解決のまま歳月が経ち、再
び事件が動き出すのが二〇二一年。いかに溶け込ませているかなんていうこちらの嫌ら
しいハードルは悠々(かどうかは分かりませんが ^^;)クリアしていた。
 被害者は、中国にいる間は“日本人”と罵られ、帰国を果たしてからは“中国人”と
蔑まれるという目に遭い、報われぬまま命を落とした。一方、被害者の息子は、事件発
生当時はマイナスでしかなかった中国育ちという経歴が、今やプラスに転じて成功を収
めている。まさに隔世の感。息子はこの成功により、かつて父子で暮らしていた団地の
祭り復活に援助の資金を出す、という流れがあとで効いてくる。団地も四半世紀ほどを
経て様変わりした部分とそうでない部分とがあって、今は外国人居住者の方が多いとい
う状況。そんな中、日本で暮らしてきた側の心情にも時間を割いて触れ、いまだに解決
していない問題を浮き彫りにする。
 このエピソードがいいのは、ミステリとしてもよくできていると思えた点。論理的に
犯人を指摘できるというほどではありませんが、充分に納得のできる犯人、状況、動機
が用意されていました。ちなみに犯人が誰なのかは、二時間サスペンスドラマに慣れて
いる人なら、ドラマの作り方の法則?から、始まって少しすれば想像がつくでしょう。
(^^;) それでも面白かったのだから、謎の難しさだけがミステリではない証ですね。
 さらに、解決を迎えた後のもうひと捻り。これが素晴らしい。物語を明るくする物で
はありません。むしろ逆。スパイスのようなもの。この捻りにより、一層引き締まった
作品になったなと感嘆しました。

 ではでは。





前のメッセージ 次のメッセージ 
「◇フレッシュボイス2」一覧 永山の作品
修正・削除する コメントを書く 


オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE