AWC お金の話   永山


        
#1704/1729 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  21/02/09  16:40  ( 55)
お金の話   永山
★内容
 やっとこさ“令和”の刻まれた硬貨を手にしたよ。(^^; 令和二年の十円玉だった。
“平成”はもっと早かったような印象がある。
 大都会は別として、九州とか関西とか住んでいる地域関係なしに、電子決済が広まっ
たがために、お釣りとしての硬貨の流れが以前よりも鈍くなり、手元に来るまでこんな
に年月を要したのかな。

 WOWOWのドラマ「トッカイ 〜 不良債権特別回収部 〜 」第四回を録画視聴。ネ
タバレ注意です。
 いよいよ不良債権回収本格化の巻。
 前回登場した担保物権のビルに居座っているヤクザを、法律に基づいて退去させよう
というのが今回のメイン。主人公達が動く以前にも、やはり法律に基づいて競売《けい
ばい》にかける準備を進めていたのだけれども、ヤクザの抵抗・嫌がらせもあって、建
物の資産価値ががた落ちし、入札ゼロ、競売が不成立といういきさつがあったと明かさ
れる。
 さらに退去させるには建物の所有者とのやり取りするのが法律で定められている、ヤ
クザとやり合っても意味がない――という話を副班長がするんだけど、これに対して班
長が、国が住専問題に合わせて法改正をしていることを指摘する。曰く、建物の占有者
も話し合いの対象になる云々かんぬん。
 で、思ったんだけど。いくら副班長がやる気なさげなキャラクターとして描かれてい
るからって、この法律改正を知らないなんてこと、あるのかしらん? 住専問題解決の
ための改正だろうに。だから上で記したヤクザを相手にしても仕方ないよ的発言は、こ
ういう危険な仕事はやりたくない副班長が、わざと古い法律を持ち出したのかなとも勘
ぐったんですがが……他の面々も知らなかったみたいなので、成り立たないなと。
 それはさておき、法律を執行するためには、占有している人物全員の特定が必要との
こと。問題のビルには二十一人が居住しており、どこの誰が何号室にいるかを調べ上げ
ねばならない。この難題を、身元調査する技術も経験も権限もないトッカイのメンバー
が、必死になってやり遂げる。張り込みや聞き込み、ビルに出入りした出前の人までつ
かまえて話を聞く。
 そうしてようやく全員の特定ができて、裁判所に足を運び、執行の段取りを決める。
その席には執行官の他に警察もいる。民間の案件だけどヤクザ相手なので警察が特別に
協力するという体を取るそうな。人数等から退去に通常四日はかかるという執行官に対
して、班長は数日かけていたらヤクザは仲間を呼ぶなどして難しくなりかねない、一日
でやり遂げたいと訴える。渋る執行官を刑事が説得。「素人さんがここまで調べ上げた
のに、我々が応えんでどうするっちゅうんですかいう話ですわ」大阪の刑事なので関西
弁です。この刑事のキャラがまたいい。見覚えのない男優ですが、インパクトのある格
好よさです。
 そして本番当日。午前九時に着手して日付が変わるまでに終わらせる計画で臨むトッ
カイ。ビルに乗り込むと当然ヤクザがわらわら出て来るも、さっきの刑事が強い。手慣
れた様子であしらい、どんどん進んで行く。何名かを公務執行妨害で逮捕しながら、一
部屋ずつ回って処理。最後に組長のところに到達。前回、班長を散々脅して追い返した
強面武闘派です。今度は班長も一歩も引き下がらない。ドスを机に突き立てた組長に、
あなたの胸一つで若い衆がこれ以上捕まらないで済む等、説得する。前と違ってびびら
ない班長を見直したのか、組長が折れる。ただし一つだけ条件を出してきた。こう見え
ても信心深い、神棚を持って行くから神主を呼べと。トッカイの二人が神社に飛んで行
き、神主を強引に連れて来る。(^^; そして午後十時、無事に執行完了。例の刑事が班
長に「あんたとはまた仕事することになりそうやからそんときはよろしく」みたいな挨
拶をして去って行く。約六億の債権回収につながる今回の作戦だったが、全体から見れ
ばまだ千分の一にも満たない額。それでもトッカイの面々は一時の祝杯をあげるのでし
た。
 他にも副班長が立ち退きの際に荷物を保管する場所やトラックを手配して、ちょっと
はやる気を見せたり、班長が前の銀行から求められていたレポートの提出に応じるもそ
こには「特記なし」と書いてあって元の上司が激怒したりと見所が多かった。東坊社長
が言った漢字“理”の成り立ちの話はあんまり響かなかったけど。

 ではでは。





前のメッセージ 次のメッセージ 
「◇フレッシュボイス2」一覧 永山の作品
修正・削除する コメントを書く 


オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE