AWC 阿部定と対談した作家原作   永山


前の版     
#1658/1679 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/12/26  20:29  ( 20)
阿部定と対談した作家原作   永山
★内容                                         21/01/09 20:24 修正 第2版
 NHKBSプレミアムで放送のドラマ「明治開化 新十郎探偵帖」第三話『万引き一
家』を録画視聴。ネタバレ注意です。
 時代が明治であることを利して、うまくだまくらかした感じ。でもいくら明治時代だ
からって、あの主と庭師じゃあ年齢差がありすぎじゃないかしらん。被害者と加害者の
入れ替えトリックは成り立たない気がする。お抱えの医者に嘘の診断を出させようが、
肌の具合で別人の疑いを持つ者が多数出て来そう。これが溺死体だったなら、あるいは
ごまかせるかな?
 結核を患った主を妻が蔵に匿って看病等の世話をしていた訳ですが、薬のためのお湯
や食事はどう都合をつけていたのか、いかにして密かに蔵へと運び込めたのか。大店の
女主人という立場になった妻が、蔵に三度の食事を運んで、看病や下の世話なんかもし
てだと大忙しで目が回るんじゃないか。店の切り盛りをしていると、好きなときに蔵に
行くって訳にいかないだろうし、不便が多い。
 ここは一人だけお手伝い役が事後共犯的にいた、とでもしておく方が収まりはよくな
ったはず。そうしなかった理由を想像するに、万引きの動機の意外性をどうしても物語
に取り入れたかったのかな。
 これまでの三回では初めていい話風に結んだ。その分、新十郎の家族が幕臣で、先の
戦争にて死亡していることが提示され、その後の西郷隆盛との対面時のぴりぴりした空
気につながるシーンがあって、バランスを取った感じかしらん。

 ではでは。





前のメッセージ 次のメッセージ 
「◇フレッシュボイス2」一覧 永山の作品
修正・削除する コメントを書く 


オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE