AWC きつく当たっているのではない   永山


        
#1448/1493 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/07/07  20:10  ( 22)
きつく当たっているのではない   永山
★内容
 BSテレ東で再放送中のドラマ「執事西園寺の名推理」の第四話を録画視聴。ネタバ
レ注意です。
 回が進むにつれて、出来映えが微妙に下がっていっているような。軽めとはいえトリ
ックやロジックが肝となる作風だけに、そのトリックやロジックに無理や瑕疵が目立つ
と、途端に全体が悪くなったように見える。
 今回のトリックで何がよくないかって、これはもう仲の悪い者同士を犯人がコント
ロールして、思惑通りの行動を取らせるところですね。それを実現させるために深謀遠
慮が行き届いた方法が取られたのであれば拍手ものなんでしょうけど、ドラマで描かれ
たのは舌先三寸な言葉による誘導が主で、毒水騒動の共通の被害者になったから親密に
なって話がしやすい、なんていうのは嘘っぽい。
 満々が一、うまくお膳立てができたとしても、当日、踊って足に傷が付いた段階で女
の方が騒ぎ立てるんじゃないのかしらん。その結果、場合によっては靴の先に仕掛けた
毒針に気付かれる恐れだってある。
 一方、ロジックの方も冴えず。一応、辻褄は合っているものの、視聴者に対して土壇
場まで隠していた情報で犯人が特定されるというのはちょっと、いやだいぶいただけな
い。犯人を推測する楽しみを視聴者から取り上げてしまっている。いかにも、推理すれ
ば犯人を当てられそうな作りだからこその苦言。
 ついでに些末なことですけど、被害者の性格であれば、店を訪ねた折に蜂に刺された
となったら、大騒ぎして公に問題化させている気がする。そんな気配が一切描かれなか
ったのは、やや不自然と言えるかもしれない。

 ではでは。





前のメッセージ 次のメッセージ 
「◇フレッシュボイス2」一覧 永山の作品
修正・削除する コメントを書く 


オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE