AWC 悩む 朝霧三郎


前の版     
#1428/1447 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (sab     )  20/06/23  17:20  (167)
悩む     朝霧三郎
★内容                                         20/06/23 17:54 修正 第3版
ミステリーで動機とか設定ってどれぐらい重要なんでしょうか。

「金田一少年」の天樹征丸がインタビューで
「犯人が復讐したくなった気持ちに感情移入出来るぐらいの
動機がないとダメだ」などと言っていますが。
しかし、「吸血鬼伝説殺人事件」にしろ「銀幕の殺人鬼」にしろ、
昔近親者が殺された、という程度のありがちなものが多くて、
別に凝った動機があるとも思えないのですが。

で、現在、#1333に書いた
条件反射トリックのプロットを書いているのですが、
どうしても、動機が弱い気がして。
6人も殺すなんて相当な動機がないとダメなんじゃないか。と思えるのですが。
というか、何故、そもそも6人も殺すのか、というのには前段の話がありまして。

実は、この作品は元々は「仏教高校」を舞台にした連続殺人でありまして。
「胎蔵界曼荼羅」という小さな仏像が9体描かれた曼荼羅があるのですが。
人が殺される度にその曼荼羅の仏像に×印が付けられていく、
という連続殺人を思い付いたのです。
(「なろう」あたりに連載する積りだったので、
とにかく沢山事件やトリックがないとダメだと思って)。

「仏教高校」の設定では、
クラスメートが9人いて、
その中の花子、一太郎は二卵性双生児。
一太郎は幼少の頃、秀丸と川で遊んでいて死んでしまった。
そして秀丸はその事を非常に気に病んでいる。
というのが設定です。

そして、誰かが、この8人(一太郎は既に他界しているので)
を連続して殺していくのですが。
殺害の方法は、仏教高校らしく、催眠やら瞑想で呪い殺す、みたいな感じで。
そして6人を呪い殺したところで、犯人秀丸が名乗りでる。
(9人の内一太郎は既に他界していて、それから6人死んだ訳ですから、
生き残りは犯人秀丸と花子という事になります)。
秀丸は花子に言う。「胎蔵界曼荼羅で我々9人は一つの魂だった。
そして涅槃に戻るには9人がセットになって戻らなければならない。
一太郎は既に曼荼羅に戻っている。
そして自分が呪い殺した6人も曼荼羅に戻った。
今娑婆にいるのは花子と自分だけだ。
これから自分は自殺して曼荼羅に戻る。
その後、花子さんもついてきてくれないか」
そういって崖から飛び降りて自殺する。

つまり、秀丸が良心の呵責から、一太郎を涅槃に戻したいと思い、
その為には、全員死なないとならないので、
(胎蔵界曼荼羅から涅槃に戻るには、9体一式でないとダメなので)
連続殺人を行った。というのが動機だったのですが。
そして、その方法が、催眠や瞑想で呪い殺す、
みたいな類のものだったのですが。
これじゃあ、全然トリックになっていない。と思いまして。
そこで、催眠に似ている条件反射トリックを考えたのですが。

しかし、条件反射トリックを思い付いてみると、
「これは、設定として、仏教高校というよりも、
精神病院か何かで行われた方が自然だなあ」
と安直に設定を変更してしまいまして。
そうすると、「胎蔵界曼荼羅から涅槃に帰る為に6連続殺人をする」、
という理由もなくなってしまい、つまり、
ホワイダニットもなくなってしまってのですが。

それでも、例えば、
「院長が息子の内の一人だけに全財産を譲ると言っていて、
その一人が他の兄弟に恨まれる事を恐れて逆に全員を殺そうとする。
その際、院長の孫をそそのかして殺させるのだが
(条件反射トリックで殺すと面白いよー、などと)、
その孫がサイコパスで殺人の快楽に目覚めてしまい、
どんどん殺す」というのでいいんじゃないか。などと安直に考えていましたが。

しかし、プロットを進めていくと、
「これだけ殺すんじゃあ、大団円で、
相当な動機が明かされないと読者は納得しない」と思えてきて。

因みに、一回一回の殺人に関しては別途動機を用意してあるのですが。
例えば、サイコパスの孫が、
病院の入院患者に、
「お前の家は貧乏なのにターゲットの家は豊かで楽しい人生を送っいる。
だからこういう条件反射トリックで殺してしまえ」
などとそそのかして殺させる、というものですが。
その様にして縦糸横糸の横糸を書く積りでいたのですが。
ただ、そういう殺人が6回行われて、
最後の縦糸の黒幕の動機を明かすとなると、
精神病院の遺産相続やらサイコパスどうたらでは弱い、と思えて。

そんな時に、
「「仏教高校」の時の「胎蔵界曼荼羅」というのがあれば、
動機としてはいいんじゃないのか」
などと思ったのですが。

しかし、「仏教高校」には条件反射トリックというのは似合わない、
催眠や瞑想なら似合うが、と悩んでいるのです。

そもそも、「胎蔵界曼荼羅」から涅槃に戻る為に9人死ぬ、
という設定からトリックが出てきたので、
永山さんのアドバイスの様に、トリックを1つか2つに絞る、
というのでは、そもそもの設定から考え直さねばならず、
なかなかそうも出来ないでいるのですが。
(その割には、「仏教高校」という設定をいとも簡単に
精神病院に変えてしまったのですが。)。

そこで、もし暇だったら、アドバイスをお願いしたいのですが。
(何で、創作教室でも同人でもないのにアドバイスなんて求めてくるんだ、
と思われるかも知れませんが、
ここも電脳同人という事でよろしくお願いします。
暇だったらでいいですから)。

状況としては、そもそもは「仏教高校」という設定で、
呪い殺す、というトリックで、
連続殺人を想定していた。
ところが条件反射トリックを思い付いたところで、
設定を精神病院に変えた。
しかしプロットを練ってみると、動機が弱いと感じる。

そういう場合にはどうしたらいいでしょうか。
@条件反射トリックでも、「胎蔵界曼荼羅」から涅槃に戻る為という動機を使う。
つまり設定を「仏教高校」に戻す。
A条件反射トリックだったら精神病院の方が設定としては合っているので、
遺産相続やらサイコパスといったおざなりの動機でよしとする。

どっちですかねえ。
永山さんの仰るように、「トリックを1つか2つに絞る」とかにするとなると、
小説の全体像を全て書き直さないとならなくなり、
短編だったらそれも出来るのでしょうが、
長編となると、いちから考え直さなければならない様な感じがするのですが。

以上、お暇だったらアドバイスをお願いします。

(本当に、同人誌にでも参加して誰かのアドバイスを欲しい気持ちですね。
前にそう思って若桜木虔さんの通信添削を1ケ月だけやったのですが。
ただひたすら添削するだけで、
小説の構造がどう、とか、トリックがいいとか悪いとか、
そういうアドバイスは一切なく、1ケ月でやめました。
もう一人有名な講師に鈴木輝一郎という人がいるのですが。
どうも信用出来ない。
youtubeにオンラインでの講義の様子があるのですが…。
しかし、「ばらのまち」受賞の「少女たちの羅針盤」も
鈴木輝一郎の講座から出たらしいです。
年齢の事が相変わらず気になっていまして。「鮎川哲也賞」も無理、
「アガサ・クリスティー賞」も無理、と思えていて、
「ばらのまち」しかないなどと思いはじめています。

因みに島田荘司の「傘を折る女」をyoutubeで見ましたが、微妙でした。

あと、「探偵・由利麟太郎」1話を見ましたが。あれだけの人間関係で、
何が何やら分からなくなり。
ちょっとでもカットバックを入れられると誰が誰だか分からなくなる程
自分の脳は老化してしまったのか。とも思いましたが。
しかし「病院坂の首縊りの家」を思い出して、横溝正史って相関図が
ごちゃごちゃなんじゃなかったっけ、などと思いましたが。)

ではまた。

追記。
だいたいミステリーの読者ってトリックとロジックにしか興味がないのでは。
とも思いますね。
「吸血鬼伝説…」で言えば、エレベーターのトリック、
と、
「風呂場のドアを開けた時、あの女はバスタオルを胸に巻いていた」
というロジックというか謎解きというか、
その2点にしか興味はなく。
実は昔、犯人の姉がボンベイタイプの血液を大量に抜かれて死んだ、
とかなんとかいう動機はどうでもいいんじゃないのか。と思いますが。
だとしたら、設定なんて「仏教高校」でも精神病院でも
どっちでもいいのでしょうか。







 続き #1429 試験的に私見を   永山
一覧を表示する 一括で表示する

前のメッセージ 次のメッセージ 
「◇フレッシュボイス2」一覧 HBJの作品
修正・削除する コメントを書く 


オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE