AWC こんなゆりりんには会いたくなかった   永山


        
#1422/1447 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/06/17  20:25  ( 46)
こんなゆりりんには会いたくなかった   永山
★内容
 フジテレビ系で放送のドラマ「探偵・由利麟太郎」第一話十五分拡大を録画視聴。ネ
タバレ注意です。
 うーん……期待が大きかったせいか、全然駄目に感じてしまいました。芸能ニュース
サイト等によると評判がいいとのことですが、信じられない。
 まず、キャラクターに難あり。由利麟太郎を演じた吉川晃司は寡黙で格好いいイメー
ジをうまく出していましたが、あまりにも台詞が少ない。ほぼほぼ推理マシーンとして
しか機能しなかったように見えます。これでは盆百の名探偵との区別が付きづらい。先
端恐怖症や弓道といったキャラ付けも初回ではたいして活かされず。
 名探偵がしゃべらないとなると、ワトソン役が頑張ることになるのですが、三津木を
演じた志尊淳、この役には向いていないように思えたです。子供っぽくて由利の役に立
っている感じがあまりない(IT関係の分析について警察よりも仕事が早い点は認め
る)。由利が三津木を気に入る(ウェブサイト運営を任せる)理由が見出せない。
 田辺誠一演じる等々力警部も役に立っていない度では三津木以上ですが、こちらの方
は駄目刑事としての役割を今後果たすんだろうなと予測できるので、今のところ許容範
囲。
 要は上述の三名が名探偵A、助手B,刑事Cに置き換えても何ら支障のない設定・展
開だったと感じました。同じ横溝正史の金田一耕助シリーズが強力なだけに、ここは吉
川晃司のビジュアルから入って、強烈な由利麟太郎の物語の世界観を出して欲しかっ
た。

 でもまあ、第一話はストーリーが悪かったという見方もできます。犯人とか真相とか
をあまり隠す気がない造りなのはそういう仕様だと受け入れますが、それでもなお妙な
展開になっている。
 冷蔵庫の外に染み出るほど出血していた被害者が治療を受けてすぐに自宅に帰ってく
るなんて、そこがすでにおかしい。仮に軽傷だったとしても警察が事情聴取するでし
ょ。
 日下瑛造が瑠璃子を養子に引き取った過程が不明。日下は当然、八十川の娘だと承知
の上で引き取っているんでしょうけど、そんな指名する形で引き取れるのか? 日下の
研究室で八十川が死んだことは周りの人間も知っており、その娘を引き取るとなれば美
談かもしくは何か裏があるんじゃないかと確実に噂が立つ。隠しおおせるとは思えな
い。
 瑠璃子が魁太の死をどう偽装したのかがよく分からない。推理場面ではぱぱぱっと流
されてしまった。輪を掛けて分からないのは、魁太が死んだと報道されたこと。死体が
なかった、もしくはあっても別人なんだから捜査ですぐに判明するはず。なのに警察は
魁太が死亡したと発表したことになる。伏せる理由がなく、はからずも?瑠璃子に協力
した形になってる。ナレーションでごまかされた感じ。
 瑛一と瑠璃子の二人きりの会話もちょっと変。瑛造を殺したのは誰だっていう話題の
とき、必死な口調で「俺じゃない」と否定していた瑛一が、終盤に入って瑛造を殺した
のは瑠璃子だともう気付いている頃なのに、瑛一は瑠璃子を恐ろしい人間だとは思わず
に、邪魔な魁太を殺し(た気になっ)て、一緒になろうとする。神経が図太いにもほど
がある。

 継続視聴しますけど、このあと傑作エピソードがあったとしても、第一話は配置を誤
った気がしてなりません。

 ではでは。





前のメッセージ 次のメッセージ 
「◇フレッシュボイス2」一覧 永山の作品
修正・削除する コメントを書く 


オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE