AWC 頭取を落とす勢い   永山


        
#1256/1283 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/01/27  22:10  ( 59)
頭取を落とす勢い   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「頭取野崎修平」第二回を録画視聴。ネタバレ注意です。
 よその銀行が次々と大型合併を行い、業界全体に再編の気運が高まっている中、不良
債権処理で立ち後れていたおおぞら銀行にも、周回遅れでチャンスが巡ってきた。メガ
バンク化の流れに乗り遅れまいと、他行からの引く手あまたの状況になりつつあった。
 ところが頭取の野崎は、合併には反対。メガバンクだけが生き残る道ではない。むし
ろいまのおおぞらにはお客の顔を見た細やかな仕事の方が合っていると考える。彼に対
し、京極や立川は異議を唱える。合併してメガバンク化こそおおぞらの生き残る道であ
り、細かな仕事は小さな銀行に任せておけばいいという立場を表明する。結局、合併に
ついて検討する委員会の起ち上げを承認する野崎。あくまで参考意見を伺うつもりで、
京極にとりまとめを命じる。
 委員会を任された京極はこれを足掛かりに、合併ありきで物事を進め始める。金融庁
勤めの先輩にも打診し、その方向でかまわないとのお墨付きをもらうことに成功。立川
も取り込んで、進めていく。
 そんな折、野崎に親しい記者から情報がもたらされる。おおぞら銀行の行員が内部情
報を売って、小遣い稼ぎをしているというのだ。買い取っているのは、かつておおぞら
に務めていた沖田で、内部情報を使った株取引で大きな利益を上げているらしい。
 野崎が手配して調査したところ、二十余名の者が個々に漏洩していた事実を掴む。野
崎はある細工をした後に、記者会見で行員による情報漏洩があった事実を公表すると言
い出す。立川は「おおぞらは立ち直る過程にあり、今そんなことを公表したらまた顧客
が減る。内部での処分だけで充分よ」と大反対するが止められず。記者会見で公表し、
矢面に立たされたのは立川だった。
 沖田は、大ネタとして掴んだ内部情報が、実は野崎のこしらえた偽情報だったため、
大損を食らう。その上、不正取引等で警察に逮捕された。
 京極が強引かつ秘密裏に進めようとしていたおおぞらの合併話は、行員の不祥事公表
により、二の足を踏む銀行ばかりになり、まとまらない。それでもメガバンク構想に強
い意欲を持っているはなゆめ銀行との話をまとめる。はなゆめ側から野崎頭取が反対し
ていることを気にされたため、京極は立川と組んで、野崎の追い落としを画策。元々半
野崎派の取締役らを引き入れ、過半数の十六名を確保。臨時取締役会での野崎失脚に向
けて地盤を固めた。
 その動きを察知した野崎は追い込まれたが、最後の切り札とも言うべき手に出る。
 迎えた臨時取締役会で、立川ははなゆめ銀行との合併を議題として提出。野崎派の取
締役から委員会の設置目的と違う云々と抗議を受けるも、自らの主張を述べ立て、野崎
から合併話が承認されれば頭取を降りるとの言質を取る。
 早速その場で採決が行われ、賛成者の起立が求められた。立ったのは立川と京極……
二人だけだった。確保したと思っていた役員らは当日の朝になって、財務大臣から直に
意向を伝えられ、合併反対へと鞍替え。全ては、野崎が企業再生機構勤め時に築いた人
脈を活かし、財務大臣に直接お願いしていたためだった。
 一難去ってまた一難。おおぞらが筆頭銀行を務める日雲商事が巨額の業績不振に陥っ
ている事実を掴む。にもかかわらず、日雲商事はAPPという大きな再開発事業を進め
ていた。まさにその頃、かつて野崎を襲った総会屋の海藤が、再開発地区の土壌汚染が
隠蔽されている事実を掴み、事業規模四千八百億円の一パーセントの金でこの情報を買
ってくれと日運を脅しに掛かった。
 ――第二回のあらすじはこんな感じで。前にも書きましたが、異様なほどテンポが速
い。時間を掛けて描くなら、たとえば電話があって、直接会って話をし、色々と手を回
した結果、これこれこういう逆転が起きた……となるところを、電話があって、はい逆
転、実はこうでしたという風になっている。視聴者としては状況を掴みやすいという利
点がある一方、あまりのテンポのよさに物語そのものが軽くなったかのようなイメージ
が強まり、これは長所とは言い切れますまい。
 それと、野崎が財務大臣に頼んで手を回したというのは、拍子抜けするくらいにずる
くて呆気ない。野崎のキャラにも合ってない。ここは“地道な飛び道具”がほしかっ
た。
 野崎と対立する位置に躍り出た立川でしたが、クーデターはあえなく頓挫。今回も又
いまいち成り上がれずに、早くも終戦かと思われましたが。辞めさせられておかしくな
い状況の中、野崎から不良債権案件の処理を命じられるという意外な展開。難題なのは
間違いないが、くびになるよりはましということなのか、引き受ける。このあと立川が
どう動くかで、物語の流れが左右されそう。

 ではでは。






前のメッセージ 次のメッセージ 
「◇フレッシュボイス2」一覧 永山の作品
修正・削除する コメントを書く 


オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE