AWC あくまでもドラマか   永山


        
#1255/1283 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/01/26  19:29  ( 22)
あくまでもドラマか   永山
★内容
 フジテレビ系で放送のドラマ「悪魔の弁護人」最終回を録画視聴。ネタバレ注意で
す。
 ほぼ想像していた通りの展開に終始したので、意外性は感じられなかった。きっと大
多数の視聴者が分かっていたと思うので、本ドラマの視聴者牽引力は事件の謎解きにあ
るのではなく、テーマの重さ、テーマを考えさせることにあったんだなと再確認できた
感じ。
 ドラマでは御子柴の心情や立場が角度を変えて何度も描かれ、深く掘り下げられてい
る。だからこそ、かつて中学生の時分に幼い女の子を殺害し、ばらばらに切断して色ん
な場所に送り届けた“死体配達人”である御子柴に、視聴者は肩入れする。
 でも実際に、かつて殺人を犯して捕まるも、未成年者であったが故に罰を受けること
なくやがて社会復帰し、弁護士になった人物が公に現れたとしたら、ドラマの御子柴に
対するような気持ちにはなれそうにないし、部分的な理解もなかなか生まれないように
思う。世間一般のほとんどは、事件についてよく調べもしない内から、とりあえず非難
から入る気がする。
 罰を受けなかったことから生じる苦しみのみに焦点を当てると、「だったら少年法を
なくして、みんな一律の基準で裁けば済む」で片付ける向きも大勢いそう。未成年者が
未成長であるが故に起きた犯罪、という点をもっとクロースアップしてもよかったんじ
ゃないかなと考えた次第です。
 そういった点を除けば、ラスト前に御子柴が初めて笑みを見せるなど、ツボを押さえ
た構成の、非常に安定した作品だったなと。

 ではでは。





前のメッセージ 次のメッセージ 
「◇フレッシュボイス2」一覧 永山の作品
修正・削除する コメントを書く 


オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE