AWC 大相模と書かれても気付けない   永山


        
#1254/1291 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/01/25  22:45  ( 20)
大相模と書かれても気付けない   永山
★内容
 大相撲。幕内の優勝争いにて、二十年ぶりに幕尻優勝が出るかどうかで話題に。
 角界的にはこんなことで話題になるのは、上位陣がふがいないことの裏返しでもある
ので、不本意なんでしょうけど。
 二十年前って誰だっけ、ああ貴闘力かと思い出せたんですが、幕尻が優勝したのはそ
のときが初めてだったということを忘れていた。蔵前国技館最後の場所で多賀竜が優勝
を飾りましたが、あれが幕尻だったと思い込んでいたせいもあり。
 蔵前最後の大相撲は、今場所よりも混沌としていて、面白かった記憶がある。昔のこ
とほどよく見えるっていうあれかもしれませんけど。(^^;
 綱取り挑戦の大関・若島津が終盤までは優勝争いのトップグループにいたし、千代の
富士は復帰場所とはいえ大横綱として強さを示していたし、外国人力士の小錦が黒船来
襲と騒がれるほどの大活躍、そこへ多賀竜が伏兵としてあれよあれよと勝ち進んだこと
が重なって、ほんと混沌としていた。何よりも、今場所よりもキャラクターが揃ってい
て、子供でも分かり易かったように思う。
 日本側の二本柱、若島津と千代の富士が平幕の小錦に惨敗とも言える内容で倒され
て、久々に外国人力士の優勝か?ってときに多賀竜が踏ん張った(実際には、大関の琴
風が小錦優勝の芽を摘んだんですが)。今よりも外国人力士が圧倒的に少数だった時代
に、これほど日本対外国を感じさせた構図は、小錦の存在感と勢いが凄かったことの証
でした。

 ではでは。





前のメッセージ 次のメッセージ 
「◇フレッシュボイス2」一覧 永山の作品
修正・削除する コメントを書く 


オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE