AWC 焦った   永山


        
#1248/1283 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  20/01/19  19:22  ( 26)
焦った   永山
★内容
 朝、AWC大賞の投票の文章を整えなきゃなあと思いながら、投票要項を見直してい
ると、締め切りが十八日となっていて、びっくり。え、昨日? でも締め切りの曜日は
日曜区切りが通例だったはず。実際、18日(日)と書いてあるし。
 てことで、これは曜日優先で受け止めていいはずだと判断し、送りました。

 そういえば、エッジでメールを送るのって今回が初めてになる予定でしたが、ワープ
ロソフトで作った文章を貼り付けてみると、改行が効いていないところがいっぱい出
た。直に修正しようとするもうまく行かない。これでは送った先でどう表示されるのか
心許ないため、IEで送り直したです。

 フジテレビ系で放送のドラマ「悪魔の弁護人」第七回を録画視聴。ネタバレ注意で
す。
 なかなか動きの激しかった回。特に、御子柴の心境の変化(もしかしたら変化したの
ではなく、元からそうだったのかもしれないが)がはっきりとした形で視聴者に示され
たのは初めてで、印象に残る。
 ただし、事件の道行きという意味では、いささか強引もしくは恣意的な誘導があるよ
うに感じられたような。福岡の刑事の登場が唐突で、何でもっと自然な形にしなかった
んだろうとか、意味ありげにフレームインしている男性に何か意味があるのかと思った
らそんなことー?ってレベルだったし。
 事件の真相について、もし私の想像が当たっているとしたら、作り手のミスリーディ
ングがあからさまで、わざとらしさが鼻につく感じ。面白いんですけどね。
 分からなかったのが、被告人である母親が御子柴の接見を拒んだあと、次に御子柴が
来たときには受け入れている理由・背景が不明。怒りが収まった、といった単純なこと
だったと解釈していいのかしらん。

 ではでは。





前のメッセージ 次のメッセージ 
「◇フレッシュボイス2」一覧 永山の作品
修正・削除する コメントを書く 


オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE