AWC ちっとよくなるもだいぶさげる   永山


        
#1190/1200 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  19/11/29  18:55  ( 34)
ちっとよくなるもだいぶさげる   永山
★内容
 日本テレビ系で放送のドラマ「チート〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜」第九話
を視聴。ネタバレ注意です。
 ちょっとだけ盛り返すも、それ以上にマイナスが大きかったような。
 よかった点は加茂が実は警察官じゃなかったという展開。これまでのだめっぷりに説
明が付きました。
 マイナスだったのは、上のことに関連して。まず、何で警察官と偽ってチートに入っ
たのか。正確を期すなら、安斉が何故、加茂に警察官を名乗らせたのか?となるので、
次の最終回で理由が付けられるかもしれないけど。
 チートの面々は加茂の正体をとっくに見破っていたのに、これまでその様子が微塵も
描写されなかったのか。におわせるぐらいあってしかるべきでは?
 番組公式サイトのキャラ紹介で、加茂は警察官と書いてある。推理小説的には「地の
文で嘘を書いてはいけない」ルールに抵触していてすっきりしない。
 取り柄がないと判明した加茂に、依然としてチートの仕事を手伝わせる理由が不明。
失敗する確率が高まるだけでは。
 加茂は本来の職をどうしたのか。安斉に騙されてチートに入れられたのは分かるけ
ど、それまでの日常をどう維持しているのかがさっぱり見えない。

 他では、安斉が警察に協力する組織としてチートを作って、表向きは「何の成果も上
げられないまま(多分)数ヶ月が経ち、しかもチートが詐欺を働いていた」となった
ら、安斉はこんな悠長に構えていられないでしょ。部分的には計画通りであっても、内
外から突き上げを食らって自由に行動取れなくなるんじゃないのかなあ。

 今回、この脚本家と合わないなと強く感じた箇所が二つ。
 一つ目。刑事の蓮見が星野を取り調べている場面で、同席する部下に席を外させ、星
野に「腹を割って話そう」と持ち掛けて、二人きりでのやり取りになる。その後、星野
の話を聞いて「おまえの言うことなんか信じられるか」と蓮見。……うーん、腹を割っ
て話したんだから、とりあえず信じようと努力するものでは。「信じられない」と言い
切るだけの根拠はなかったし。
 二つ目。今回のラストで、地面師詐欺が行われているであろうホテルに、沙希が姿を
表した、ただそれだけで、蓮見が沙希を逮捕。逮捕状はない、現行犯とも思えない。全
然分からん。仮にこの場面が誰かに見せるための芝居なら、逮捕状を示すふりだけでも
しなくちゃいけないだろうし。

 ではでは。





前のメッセージ 次のメッセージ 
「◇フレッシュボイス2」一覧 永山の作品
修正・削除する コメントを書く 


オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE