AWC 入れ替わった手紙ならぬ   永山


        
#1165/1171 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  19/11/07  20:31  ( 27)
入れ替わった手紙ならぬ   永山
★内容
 五、六ヶ月前にネット中古店で購入したVHSビデオソフト、中身が違ってた。総合
格闘技(MMA)のはずがK−1だったという、世間一般には届きにくい事例か。(^^;
 観てみるまでどうしてこんなに間が空いたのかというと、購入して受け取ったのが九
州。で、九州の家にはVHSのビデオデッキがない。
 最近になって関西に戻ってきて、自宅にあるビデオデッキで再生してみたら、桜庭じ
ゃなく武蔵が映った次第。
 返品交換(or返金)期間はとうに過ぎてるし、中古品としての価値は同等と思える
ので、このままにしとこう。販売店はチェックミスをやらかした。当方も、デッキがな
くてもケースを開けてテープ本体をよーく見ればMMAじゃなくK−1だと分かったの
に怠った。お互い様ってことで。

 『密室殺人ゲーム王手飛車取り』(歌野晶午 講談社ノベルス)が簡単には出て来そ
うにないため、図書館から借りてきて、朧気だった箇所を確認。
 昔読んで、高くは評価できなかったから、そのときのイメージを今でも引き摺ってし
まいますが……一冊の本としてとりあえずまとめるには、あの形ぐらいが落としどころ
なのかなという気も今になってしてくる。
 例によって『電車男』の内容をほぼ知らないのですが(^^;、仕掛けについては、あげ
つらうほどのものではないのではという印象を受けます。昔からあるトリックが共用の
知的財産みたいになってるケース、「交換殺人」とか「カプセルの毒薬」といった括り
と同列に見なせるのではないかと。言うなれば「ネットの向こうが意外な人物」という
括り。
 私が初めて「ネットの向こうが意外な人物」ネタを読んだのは、井上夢人の某長編か
な。終盤に明かされる「ネットの向こうが意外な人物」ネタは、読んだ当時は結構イン
パクト大だった覚えがあるのですが、今の時代に初めて読んでいたら衝撃度が相当落ち
るかも。

 ではでは。





前のメッセージ 次のメッセージ 
「◇フレッシュボイス2」一覧 永山の作品
修正・削除する コメントを書く 


オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE