AWC 盗むまでもないサイン   永山


        
#1086/1108 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  19/08/30  20:46  ( 32)
盗むまでもないサイン   永山
★内容
 テレビ朝日系で放送のドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」第七話を録画視
聴。ネタバレ注意です。
 あかん。低空飛行が続く。鳥人間コンテストで言えば、機体の下三分の一辺りまで着
水しつつも無理矢理進んでる感じ。
 まず、前回から続く事件、序盤であっさり犯人逮捕、解決。拍子抜けもいいところの
上に、怪我を負った女刑事は何事もなかったかのように復活してる。この程度なら、前
回の一話分に収められたはずなのに、何で分けた?

 そして直後に、第一話で表面上の解決を迎えたまま放置されていた事件が再始動。
で、またまた捜査がお粗末。
 刑務所内の個室シャワーで感電死が起き、電球に細工のあとが見付かったのに、被害
者の一つ前の利用者を調べない。
 第一話の事件でスタッフジャンパーが重要な手掛かりになると分かり、刑事が会社に
回収しに行くも、社長にのらりくらりとかわされる間に、燃やされてしまう。しかも社
長は最有力容疑者と判明しているにもかかわらず。さらにこのときの女性刑事の履き物
が、走るのに不向きな代物だったようで。逃亡される等の突発事を全く想定していない
のね。

 法医学者の柚木はスマホで、ある女について調べてくれと解剖医の中園に電話。中園
はネット検索で情報収集……うん? 法医学者・解剖医がこんなことやるのもおかしい
し、調査がネット検索だけで事足りるのなら、柚木がスマホで検索すれば済んだので
は。
 そういえば冒頭の事件でも、殺人犯が出現するのが確実な場所に、柚木達まで何故か
行き、あまつさえ、犯人を取り押さえようとして負傷していた。他に刑事がわんさかい
るのに、どうなってるんだ。

 ラスト、第一話の事件の真犯人と目される女が、柚木と対峙。何か格好いい台詞でも
吐くのかと思いきや、単なる快楽殺人鬼って感じでがっかり。こんな犯人像、あまりに
も多くて食傷気味。パターンにはめるならはめるで、心情移入できるキャラにはできな
かったのかな。

 ではでは。





前のメッセージ 次のメッセージ 
「◇フレッシュボイス2」一覧 永山の作品
修正・削除する コメントを書く 


オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE