AWC 観ずに書く   永山


        
#703/871 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/12/23  21:03  ( 33)
観ずに書く   永山
★内容
 むかーし、日本のプロレス団体が新日本、全日本、国際の三つで、専門誌がゴングと
月刊プロレスの二誌だった頃。雑誌には熱戦譜として試合結果が載るのですが、国際プ
ロレスの試合結果は、ゴングと月刊プロレスとで食い違うことがしばしば。勝敗だけは
合っているものの、決まり手がいい加減で、A誌ではピンフォール決着した試合がB誌
ではリングアウトだったとなっていた。
 三団体の中で一番人気のなかった国際はプロレスマスコミが取材する価値が薄いと思
ったのか、地方巡業には着いていかないことが多かった模様。それでも熱戦譜を雑誌に
載せるため、試合結果だけは把握しようと、取材に行っているマスコミ仲間の記者に電
話で聞いていたらしい。そこで行き違いあったのか、現地記者がいたずら心を起こした
のかは知りませんが、食い違ったまま誌面に載ることに。団体に直接聞けば、試合結果
ぐらい教えてくれそうなものだけど、そうしなかったのは、取材に行っていない後ろめ
たさがマスコミ側にあったのかしらん。

 WOWOWのエキサイトマッチで海外のボクシングをよく観るんですがほぼ録画中継
なので、結果を先に知ってしまわないようにそれなりに注意してます。
 が、他の格闘技やプロレスの試合結果を見るためにスポーツサイトを覗くと、嫌でも
ボクシングの結果が目に入ることがある。まあ仕方がない。
 でも、今日見掛けてしまった見出しには、割と好みのボクサーがKO負けを喫した上
に、重度の脳損傷で重体に陥っていたとあって、かなりショック。尤も、今日の時点で
のニュースでは、その状態から目を覚ましたことを報じる者だったので、少し救われた
心持ち。
 四十一歳とプロボクシングをやるには高齢とあって、その影響が出たのか、それにし
ても強い王者が脳損傷を負うほどの負け方をするなんて、どんな試合展開だったのかが
気になりまして、他の記事を探すと、ちょっと妙なことを発見。
 試合展開を伝える記事では、一進一退の攻防の末、第十一ラウンドにKO負けになっ
たとある。ジャッジのスコアカードもその通りの採点になっていた。
 ところが、集中治療室に入ったことを伝える記事では、負けた選手は対戦相手に試合
を通じてほぼ圧倒されたとある。何でこういう記事になったのか分からない。私は試合
動画をまだ見てなくて、採点と実際の試合展開とで受ける印象が多少異なることはたま
にあると承知していますが、前者の記事では数字上だけでなく明らかに接戦なのに、後
者の記事では圧倒されたとなっているのは、どうにも解せません。

 ではでは。





前のメッセージ 次のメッセージ 
「◇フレッシュボイス2」一覧 永山の作品
修正・削除する コメントを書く 


オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE