AWC さぎをこされた   永山


        
#664/696 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/11/23  20:33  ( 25)
さぎをこされた   永山
★内容
『高速道路際でガソリン切れを起こして困っていたカップルに、ホームレスが有り金全
部の二十ドルを渡して助けてやった。カップルはお礼としてホームレスが生活再建でき
る資金を集めるため、クラウドファンディングを起ち上げた。目標の一万ドルを大きく
上回る四十万ドル超が集まった』……という“いい話”の発端であるカップルとホーム
レスのやり取りが全くの作り話で、大金を集めることを狙った詐欺だったとのこと。米
国ニュージャージー州。
 この“いい話”が起きる以前から、クラウドファンディングを装った詐欺は実際に
多々あったみたいですから、先を越されたってのは正確じゃないけれども、小説のネタ
になるなと思ってました。単なる資金調達ではなく、恩返し的いい話から一転して詐欺
というのが、いかにも物語っぽい。
 加えて、分配を巡る仲間割れが露見のきっかけとあっては、あまりに出来過ぎで、陳
腐さすら感じてしまいます。こうも典型的というか、いかにも絵に描いたような詐欺を
実際にやられると、創作する側としては単純なストーリーでは最早書けないと意識せざ
るを得ない訳で。
 この手の詐欺話を土台に、捻るとしたら……詐欺グループの一人が被害者の殺人事件
を先に描くというのはやはり陳腐かな。大金を集めるくらい話題のクラウドファウディ
ングなら、関係者も有名人になってるだろうから、すぐにつながりがばれるだろうし。
 詐欺グループの一人に描写視点を取った倒叙物にして、仲間割れしていないのに仲間
が殺されていく、という展開ならまだ広げる余地がありそう。
 ホームレスは本当に親切な行いをしたが、実際に助けられたのとは別の人間が名乗り
出て、詐欺を働くというのもいけるかな。この場合、ホームレス自身はどんな人物を助
けたのか分からないでる必要があるけど、視力が弱いと設定するのは安易か。ここにも
何か捻りを入れたい気がする。

 ではでは。





前のメッセージ 次のメッセージ 
「◇フレッシュボイス2」一覧 永山の作品
修正・削除する コメントを書く 


オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE