AWC 再解凍   永山


        
#625/655 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/10/15  20:46  ( 30)
再解凍   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「日本版コールドケース2」初回をメンバーズオンデマンドで視
聴。ネタバレ注意です。
 取り壊しの決まった大学学生寮の敷地内から、学生の白骨死体が見付かる。学生証か
ら身元は橋本誠司と判明。一九七一年、機動隊と学生の衝突で死者の出た通称横須賀暴
動に学生側に加わっていた男だった。頭部に陥没骨折の痕があり、埋められていたこと
からも他殺が疑われるも、恐らく時効が成立している。が、ニュースを聞いた橋本の娘
が警察を訪れ、父はずっと生きていると思っていた、何故なら毎年お金を送ってきてい
たからと話す。その書留の送り元が世界各国になっており、もしも犯人が贖罪の意味で
送金しているのであれば、時効はまだ成立していない可能性が出て来る。こうして四十
七年前の事件の扉が開かれる。
 粗筋というか導入部は以上のような感じ。
 米国の人気ドラマ「コールドケース」のフォーマットを借りて作られた正式な日本版
で、前シーズンは期待が大きすぎた分、世間一般の評価はやや奮わなかった感がありま
した。そのせいなのかどうか、第二シーズンの第一話となる今回は、力の入ったエピ
ソードになっていたと思います。
 調べていく内に関係者が増えて、事件の真相(らしきもの)も二転三転とするのがこ
のドラマの特長の一つですが、今回は特に入り組んでいた。伏線がなく、暗示だけだっ
たとは言え、意外な結末もよくできており、これは充分に合格点に達してるんじゃない
でしょうか。
 惜しむらくは、ゲスト俳優陣が豪華で、それ故に直感で真相の想像が付いちゃいそう
なところかな。実際、私は勘で当たってしまった。
 本ドラマのもう一つの大きな特長である、事件当時の音楽をふんだんに取り入れる点
も当然ながら健在。冒頭の暴動場面(洒落じゃないよ)で「あの素晴らしい愛をもう一
度」を被せるのは何とも皮肉で哀しいし、「人間なんて」も効果的に使われていた。
 あと、前シーズンの最終回を引きずった小エピソードは、お決まりの感が強いです
が、シーズンを通してのネタにつながって来そうなので、しっかり押さえておかねば。
 何はともあれ、期待に違わぬ好発進。個人的には、捜査陣のあまり目立たないレギュ
ラーメンバーが主役を張る回が増えて欲しい。

 ではでは。





前のメッセージ 次のメッセージ 
「◇フレッシュボイス2」一覧 永山の作品
修正・削除する コメントを書く 


オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE