AWC つっこみを入れつつ   永山


        
#577/661 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/08/29  21:00  ( 39)
つっこみを入れつつ   永山
★内容
 WOWOWで放送のドラマ「三国志 〜司馬懿 軍師連盟〜」第十一回を録画視聴。ネ
タバレ注意です。
  曹丕に、曹操への密告者として疑われた甄?夫人だったが、あくまで潔白だと主張す
る。その疑いが解けぬまま、実際の密告者は下女の一人で、楊修に抱き込まれた間者で
あった。
 曹丕は司馬懿夫人・春華の血のつながらない妹・郭照にかねてより想いを寄せてお
り、郭照を側室に迎えることを願う。その望みを伝え聞いた司馬懿は、春華夫人に相談
するが夫人は猛反対。その話を(偶然、ご都合主義的に)立ち聞きしていた郭照が姿を
見せ、曹丕のところへ行きたいと強く望んでも、春華の態度は変わらず。それどころ
か、郭照を部屋に閉じ込めてしまう。以前、郭照との縁談が持ち上がった司馬懿の弟・
司馬孚は、未練を残しつつも彼女の幸せのためならと行動を起こし、曹丕の意志を確
認。その手紙(細く小さな板ですが)を預かって戻ると、郭照の部屋に食事を運ぶ役を
買って出る。そして料理の魚の腹に隠した手紙を見せた上で郭照の気持ちも確かめる
と、そのまま部屋の外に連れ出す。司馬家の屋敷の塀の向こうには、曹丕が来ていた。
郭照は春華に逃げ出したのを知られるが、塀を越えて向こう側に飛び降りると、曹丕に
受け止められ、馬で走り去った(恋愛ドラマやな〜。でも受け止めてもらっても痛そう
な高さだった)。
 曹丕の屋敷に着いた郭照は当初はしゃいでいたものの、曹丕から司馬懿の本心を知り
たいので探ってくれないかと頼まれたのをきっかっけに、曹丕はそのためだけに私(郭
照)を側室にした、政治的に利用したいだけなのではないかと疑い出す。その疑問を直
にぶつけられた曹丕は、愛する心も探ってもらいたいのもどちらも嘘偽りのない本心だ
と答える(妙なところで馬鹿正直だ)。完全にへそを曲げた郭照だが一晩考えることに
する。その後、正妻たる甄ふくからのもてなしを受けたり、改めて曹丕と話をしたりし
て、結局側室になることを選ぶ郭照。
 話は代わって数日後。曹操は曹丕と曹植の二人に、それぞれ東門と西門より朝六時に
出て、南方で待つ曹洪らに朝八時までに伝令を届ける役目を言い渡す。これは曹操が世
継ぎを決めるための一環であると察した双方の陣営は、恐らく道中には曹操の命を受け
た邪魔が入るが、そのときにどのように対処するかで議論し、方針を立てる。そして伝
令当日を迎え、門に行ってみると、普段なら朝六時に開く門は閉じられたまま。曹操に
より開けてはならぬと命じられていた。曹植に付き従っていた楊修は当初の方針通り、
門兵の一人を斬り殺し、無理矢理開門させると出発した。一方、曹丕と司馬懿の二人は
道理を尽くすと決めていたが、開かぬ門の前で足止めを食い……。
 ――粗筋はこんな感じでした。ラブコメ要素が入っていて、面白いことは面白いんで
すが、これまでよりはちょっと多めで、緊張感は緩んだかな。でも、終盤で一気に盛り
返しました。後継候補二人に争わせるというのは、ドラマチックでいい。というか、戦
乱の世がまだ完全には平定されてはいないだろうに、子供達を争わせようとするなん
て、どんだけ余裕なんだ曹操。

 ではでは。





前のメッセージ 次のメッセージ 
「◇フレッシュボイス2」一覧 永山の作品
修正・削除する コメントを書く 


オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE