AWC 難しくない物を難しく見せる   永山


        
#362/568 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/02/12  20:42  ( 22)
難しくない物を難しく見せる   永山
★内容
 TBS系で放送のドラマ「99.9刑事専門弁護士シーズン2」第五話を録画視聴。
ネタバレ注意です。
 いよいよ99.9パーセントの壁に挑むって雰囲気じゃなくなってきた。普通の事件
を扱っている感じ。その分、難度を上げるために、裁判官と警察のなぁなぁな関係やお
決まりのメンツなんかを持ち出してきたのかな。確かにやることはえげつないし、なり
ふり構わずあところがあるから、白いものを黒という判決を下す可能性すら予感させる
ものの、さすがにそこまでは(まだ)なってない。結果、主人公側が強くて、負けそう
に全く見えない。弁護士物・法廷物では、常勝の主人公なんて珍しくないですけど、検
察側だけでなく裁判官側にまでアドバンテージを与えておいて、なお、主人公側の勝ち
が揺るぎないものに見えてしまうのは、ちょっと問題あるような。
 次回は、舞子の弟が容疑者となる事案のようですが、果たして一週休んで&枠拡大を
するほどの出来映えになっているのかしらん。だいたい、舞子が主人公らの事務所の所
属になる時点で、弁護士の経歴や身元などはきれいに調べられるのではないのかしら
ん。だとしたら、舞子(元裁判官の女性で現弁護士”の弟が事件絡みで拘束されている
ことぐらい、事務所の面々は知っていて当然な気がするのですが、誰も知らない雰囲気
のまま描かれているのには、違和感を覚えます。
 今回、台詞のセレクトはかなりよかったと思います。駄洒落など、お約束の部類はと
もかくとして、訴因変更を安易に持ち出した検察や簡単に認めた裁判官らに、「もう一
度やります? 訴因変更」という風なことを言ってのけるシーンは、それまでため込ん
できたものを一気に開放し、溜飲を下げるのに充分だったかと。

 ではでは。





前のメッセージ 次のメッセージ 
「◇フレッシュボイス2」一覧 永山の作品
修正・削除する コメントを書く 


オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE