AWC 「百の凶器 3」読書会の続き  夢乃


        
#348/568 ◇フレッシュボイス2    *** コメント #347 ***
★タイトル (        )  18/01/28  17:58  ( 17)
「百の凶器 3」読書会の続き  夢乃
★内容
ども、夢乃です。

引き続き名探偵が難事件の依頼に乗り出す件について。

名探偵を偽の依頼でおびき出す、というのは固有のシチュエーションではあっても、
一般的な名探偵への依頼としては考慮する必要はないと思います。
それを抜きにしても、「名」探偵であれば、その偽の依頼にのこのこ乗ったようにして
その実それを見越して対策を立てているとか、或いはどんな罠があろうと跳ね除ける
自信を持ってその偽の難事件に当たるのではないかと。と言うより、名探偵であれば
そうあって然るべき。・・・というのは、私が名探偵を過信しすぎかもしれませんが。

話変わって、一日の内にいくつも事件を解決する伊集院大介の短編ですけれど、確か、
「伊集院大介の一日」だったような。短編集「伊集院大介の私生活」の一編だったと
記憶していますが、今、それが手元にない(実家のどっかにあるはず・・・)ので、
タイトルが違ったかもしれません。

それでは。




元文書 #347 探偵元気で留守がいい   永山
一覧を表示する 一括で表示する

前のメッセージ 次のメッセージ 
「◇フレッシュボイス2」一覧

修正・削除する コメントを書く 


オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE