AWC 一応初夢   永山


        
#335/367 ◇フレッシュボイス2
★タイトル (AZA     )  18/01/14  20:39  ( 21)
一応初夢   永山
★内容
 場所は周りを山や緑に囲まれた、田畑の広がる風景。用水路脇の道を、自転車を押し
ながら歩いている自分。自らの姿はしかと見なかったけれど、多分、学生服を着てる雰
囲気だった。
 遠くの道をちらほらと人影が行く。何だか知らないが、ある区域に立ち入り禁止の規
制が敷かれており、自分はその区域に隣接する道を歩いている。避難している感じ。歩
く内に、この道も危ないからと、用水路を挟んで反対側の田んぼ道を歩かされるように
なる。どういう訳か、この誘導は小さな子供が行っている。
 たんぼ道に入ると、足元はぬかるんでいるが、歩きにくくはない。他の人達と早く合
流せねばと、最短距離を進み、小さな川を突っ切る。何故か自転車は手放さない。脛の
辺りまで濡らして渡り、斜面を登って再び道に出たところで、突如、町内放送が。
<船が落ちてくるので逃げてください>
 え、それで避難してたのか。それにしても船が落ちてくるって?
 空を見上げると、いつの間にか全面黒雲に覆われている。その分厚そうな雲を突き破
って、船体が、タンカーか客船か知らないけど、とにかく巨大な船体が、横倒しの形で
落ちてきた。真上ではないけど、絶対に巻き込まれるだろこれ、という近さ。もうだめ
だ!と感じつつも、自転車を放り出し、背中を向けて反対方向へダッシュした。
 で、目が覚めた。どきどき。
 今年に入ってから、最初に見た夢じゃないかもしれないけれど、起きたあとも内容を
覚えていたんで、一応初夢ってことにしときましょう。

 ではでは。AWC大賞の投票は済んで、次はパズルの答の準備だ〜。





前のメッセージ 次のメッセージ 
「◇フレッシュボイス2」一覧 永山の作品
修正・削除する コメントを書く 


オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE