AWC クルーズに行ってみた2>旅は長くトーク   永山


        
#1095/1117 ●連載    *** コメント #1094 ***
★タイトル (AZA     )  17/12/14  20:53  ( 54)
クルーズに行ってみた2>旅は長くトーク   永山
★内容
 飛鳥Uの船員さんらによるクルートークを観るため、会場に向かいます。
 クラブスターズまで行ってみると、行列ができていた、なんてことはありませんでし
た。クルーズ船に乗るくらいだから、船員さん達の話には興味関心がありますでしょう
に、乗客の皆さんお疲れで足を運ぶのを断念したのかな、などと思いつつ、ドアをくぐ
ると、店内はほぼ満席。おお、やっぱり想像していた通り、人気の催し物だったよう
で。
 一転して、これはひょっとして満席で追い返される? そんな危惧が脳裏に浮かびま
したが、幸い、奥の方のテーブルが空いていて、相席となりました。
 クラブというだけあって、中はやや暗い。ぎゅうぎゅう詰めってことはないけれど
も、掛け値なしの満席、定員ちょうどといった感じでしょう。ロシア系の女性店員がド
リンクの注文を取りに来たので、レモンスカッシュをオーダー。母は……メモしておら
ず、忘れてしまった(汗)。各ドリンクには、ナッツの盛り合わせ(といってもサイズ
はつきだし程度ですが)みたいなのが付いています。
 定刻通り、21:45にスタート。四名のクルーが登場し、店の中央辺りに立って、
自己紹介をされました。イベントを存分に味わおうと細かいメモは取らずいたので、
個々人のお名前などは分かりませんが、エンターテインメント部の人達でした。その
後、クルー達も椅子に腰を下ろしてトークに入ります。
 前もってテーマが決められている訳ではなく、お客から質問を受け付けて、それに答
えていくスタイル。何にも質問が出ないようなら、私が質問しようと思って事前に考え
ていたのは、
・「航海中に船内で事件が起きた場合、船長に捜査権があると聞きました。実際に捜査
権が行使されたケースはありますか」
・「映画やドラマなんかでたまに見掛けるように、救命艇に乗客が勝手に潜り込むこと
は可能ですか」
 の二つ。どちらも自分の執筆の参考にしようという、好み丸出しの質問(苦笑)。幸
か不幸か、この二つの質問を出す必要はありませんでした。
 以下、順不同で、乗客各人から出された質問を。覚えている分には、クルーからの返
答も記します。

Q.どんなきっかけで飛鳥のクルーになったか?
A.その1。マスコミ志望だったが三十社ほど落ちて、偶々知り合ったにっぽん丸(日
本三大クルーズ船の一つ)の関係者から話を聞いた その2。鹿児島出身で離島間の船
によく乗っていた その3.バスケットボールのイベント会社勤めだったが、ニュー
ヨークに行ったとき、エンターテインメントの素晴らしさに触れた その4。ホテルの
就職に失敗した直後、晴海ふ頭で飛鳥を見掛けた

Q.勤務態勢、休日の過ごし方
A.たとえば四ヶ月船上勤務の後、二ヶ月休暇。閑散期に旅行しやすいメリットが

Q.飛鳥Uがドック入りしているときの船員の過ごし方
A.船内で普段できないことをする。ストック品の確認や掃除(ドック入りの間は水や
電気が使えないから大変)

Q.給料の支払い方法
Q.クルーの船内居住区画について
Q.何カ国ぐらいの人が働いていて、日本語の勉強はどうやっているのか

 という風に、船のことに直結した、まともな質問が多かったです(笑)。知らないこ
とをたくさん聞けて、とても興味深かったし、満足の行くイベントでした。クルーの方
達も興が乗ったか、サービス精神か、三十分の予定だったのが、十分間延長して22:
25まで色々とお話をしてくださいました。お忙しいでしょうに、ありがとうございま
した。

 続く。ではでは。




元文書 #1094 クルーズに行ってみた2>二度目のショー   永山
 続き #1104 クルーズに行ってみた2>食う(風呂)寝る朝陽   永山
一覧を表示する 一括で表示する

前のメッセージ 次のメッセージ 
「●連載」一覧 永山の作品
修正・削除する コメントを書く 


オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE