AWC クルーズに行ってみた2>二度目のショー   永山


        
#1094/1117 ●連載    *** コメント #1093 ***
★タイトル (AZA     )  17/09/28  20:30  ( 54)
クルーズに行ってみた2>二度目のショー   永山
★内容
 二日目の夕食も終わり、お隣が退出するのに続いて、自分達も席を立ちました。時間
は……19:00を回っていたかな? お喋りをしていた分、これまでの食事よりは長
くなったはず。
 20:00から始まるショーまでは、部屋で休むつもりでしたが、写真が気になった
ので、フォトショップに見に行きました。このときも購入したっけかな? ついでに土
産の方も見て、お菓子やらエコバッグやらを二人して買いました。あ、チョコレートは
やっぱりなくて、そもそものスペースがないから補充される気配もなし。しょうがない
ので、似たサイズのクッキーを買いました。六種類のクッキーの詰め合わせですが、飛
鳥クルーズの二十五周年記念だかで、数字で25と焼き印された物が入ってました。
 購入した物を部屋に置きに戻ると、明日のアスカデイリーが配られていました。マジ
ックがあるのかどうか、期待して目を通しましたが、なし。うーん、仙台から乗り込む
こともなかったかあ。これはもう、今回のクルーズ中、マジシャンの乗船はないなと諦
めがつきました。
 翌日の十九日はオプショナルツアーを申し込んでおらず、シャトルバスで碁石海岸に
向かうことにしてましたから、そのバスの出発時刻を確かめて、昼ご飯に間に合うよう
な帰りのバスの時刻もチェック。そうこうする内に、20:00が近付いてきました。
プロダクションショーを観るために、6デッキに向かいます。
 ギャラクシーラウンジに着くと、そこそこ集まっていましたが、大盛況って程ではな
し。
 横浜発であることや三泊四日であることから、前回の初乗船時よりも今回は常連さん
が多い気がします。というのも、常連さんは(演目が被ることの多い)プロダクション
ショーをパスすることがよくあるそうで、それがこのときの客入りに現れていたのかも
しれません。
 で、かくいう私にとっても、この日の演目「リズムオブライフ」は前回観たものでし
た。でも、パスするほど見飽きていませんので、当然観覧します。まあ、内容の記述は
割愛しますが。常連さんの中には、以前と出演者が同じかどうかまでチェックしている
人もいるようです。そういえば私も以前、同じ公演を二度観たシルクドゥソレイユで、
ある演目の演じる人数が違っていたことには気付いたな(当たり前?)。
 話を戻して、前回観賞時と異なることがあるあとすれば、揺れ、でしょうか。初日の
プロダクションショーでも船は同様に揺れていたと思いますが、その影響を感じさせな
い出演者の皆さんは凄い。慣れと緊張感がちょうどいい塩梅に溶け合っているとでも言
えばいいのかしらん。
 四十五分間のプログラムは予定通りに進行し、20:45に終了。二度目だったけ
ど、意外と退屈せず、眠りもしなかった(笑)。

 メモによると、20:45〜21:15頃までフェアウェルパーティが出港に併せて
行われていたはずなんですが、ショー終わりのタイミングだったこともあり、本格的な
見物には行かず。
 その代わりという訳ではありませんが、部屋に戻るのを少し遠回りして、上のデッキ
の方から見てみた記憶が。時刻も定かでないけれど、岸から離れたところだったよう
な。あと、夜、暗い中でプールに外人さんが入っていたのを目撃したのも、このときだ
ったかな?

 部屋に戻ったのは21:00過ぎ。このあともまだ予定があるので、ひたらすら休
憩。備え付けの冷蔵庫にあったジュースを飲んだような。
 で、予定とは、21:45からクラブスターズで行われる、クルートークなる催し物
を観に行くこと。前日夜に配られた本日分のアスカデイリーに目を通した際に、すぐに
気付いていたのですが、触れるのを忘れていました。クルートークという名称の通り、
飛鳥Uの船員さん達が色々話してくれるトークショーとのことです。これは楽しみ。
 クルーズの乗客なら船員さんの話に関心がある人は多いだろうし、会場となるクラブ
スターズはさほど広くないので、時間ぎりぎりに行くとひょっとしたら満員で入れなく
なるのではないか? てことで、やや早めに行動を起こしました。

 続く。ではでは。




元文書 #1093 クルーズに行ってみた2>太平洋もいいらしい   永山
 続き #1095 クルーズに行ってみた2>旅は長くトーク   永山
一覧を表示する 一括で表示する

前のメッセージ 次のメッセージ 
「●連載」一覧 永山の作品
修正・削除する コメントを書く 


オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE