AWC 母の死  談知


        
#417/457 ●短編
★タイトル (dan     )  13/05/01  06:27  ( 21)
母の死  談知
★内容
 二千十二年十一月二十一日の朝三時頃だった。病院から緊急の電話がかかってきた。
母が意識不明の危篤状態ですとのことだった。すぐ来てくださいと言われた。慌ててタ
クシーに乗って病院にいった。しかし、病院のドアは閉じていて入れない。どうしよう
かと思ったが、電話してみることを思いついて、電話して開けてもらった。二階の母の
部屋へ行くと、ベッドは空だった。看護師さんに聞くと、個室に入っているとのこと
で、そこへいった。母は酸素マスクを当てていた。意識不明状態。「一昭が来たぞ、一
昭が来たぞ」と言うと、二度ほどこくりとうなずいたようだった。分かったのだろう
か。医者が来て、死が近いという。母はただじっとしていた。それから十分くらいした
ろうか。突然看護師が入ってきて、母の目をみて、呼吸を確かめた。そして医師を呼ん
だ。医師が来て、母の状態を確かめて、死亡されていますといった。「四時十七分で
す」と言った。苦しむこともなく、さっと死んでいった。よく生きたひとはよく死ぬこ
とができるのだ。
 私は部屋からだされ、看護師さんたちが、母に死に化粧をした。そして、私はあちこ
ちの葬儀屋に電話して、葬儀の段取りをした。一番安いところにした。
 九時頃葬儀屋が来て、車で母を家まで運んでいった。倒れて以来ずっと病院で、一度
も家に帰してあげられなかったが、死んで家に帰ることができた。夜近所の人が来てく
れた。自治会関係のひとも来た。翌朝九州の親戚がふたり来た。母の妹と弟だ。
朝、葬儀屋の車で、火葬場にいく。私の行っている作業所から職員の女性が来てくれ
た。ありがたかった。私ひとりの見送りという可能性があったわけだし。とにかく、母
の火葬のとき、私親戚二人職員の女性の四人で見送ることができた。火葬されて母は骨
になった。家に帰り、その骨を仏壇に置いた。これからずっと母はそこにいる。





前のメッセージ 次のメッセージ 
「●短編」一覧 談知の作品 談知のホームページ
修正・削除する コメントを書く 


オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE