AWC そばにいるだけで 65−1   寺嶋公香


前の版     
#494/514 ●長編
★タイトル (AZA     )  17/03/30  22:43  (497)
そばにいるだけで 65−1   寺嶋公香
★内容                                         17/06/08 12:44 修正 第3版
 新学年二日目、学校からの帰り道。唐沢は愚痴をこぼしっ放しだった。「忙しくなけ
りゃ、涼原さんを指名したのに」だの、「こんなことなら、テニス部に入っておけばよ
かったよ」だのと、前の日にも言っていたフレーズをぶつぶつ繰り返す。
 今日中に決めるよう言われていた副委員長のポストを、まだ決められないでいる。先
生に頼んで、もう一日だけ延ばしてもらうのに苦労したらしい。そのため、委員長を引
き受けたこと自体を後悔し始めている。
「修行だと思えばいいじゃない」
 駅に着き、結城が笑み混じりに口を開く。唐沢、相羽、純子達と別れ、反対側のプラ
ットフォームへと向かう間際のこと。
「しゅぎょお〜?」
 どんな漢字を当てはめればいいのか分からない、という風に唐沢が聞き返す。
「敢えて苦手な人を選ぶとか、それができないなら、くじで決めるとか。そうすれば経
験値が上がるってもんよ」
「……何と不謹慎な」
 間を置いてから答えた唐沢。反論を色々考え、最適なものを選び出したらしい。
「そんないい加減に副委員長を選ぶのは、よいことじゃないなあ」
「だったら、まず、自分自身がいい加減じゃないようにしないとね。――じゃ、バイバ
イ」
 駅アナウンスが流れる中、結城はさらに上手を行く切り返しを見せた。そうして、反
対側のプラットフォームへと急ぐ。ちょうど入って来た列車に乗り込む姿が、純子達の
いる位置からも確認できた。
「うるさいのが行ってくれた」
 列車が遠ざかるのを最後まで見送り、やれやれと芝居めいた息をつく唐沢。それから
おもむろに振り返ると、相羽に対して言った。
「という俺自身も、お邪魔虫か。二人で話したいことがあるんなら、今日のところは消
えてやろう」
「別にないよ」
 相羽に続いて、純子が答える。
「そうよ。気を遣われたら、かえって話できなくなる」
 この返事に唐沢が食いついた。
「うん? 話ができなくなるってことは、したい話があるってことじゃ?」
「あ」
 口元を押さえる純子。相羽に聞きたいことがあるのは本当だが、今すぐのつもりはな
かったのだ。
 相羽を見やると、彼も純子の今の台詞に引っ掛かりを覚えた様子。どうしたのと、目
だけで聞いてくる。
「な、内緒話ってわけじゃないし。――あ、ほら。来たわ」
 結局、車内で続きを話すことに。時間帯が早いため、座席は充分に空いていた。他人
の耳をさほど気にすることなく、お喋りできる。
「昨日の朝のことなんだけれど」
 純子は左隣に座った相羽に尋ねた。本当は昨日の下校時に尋ねるつもりだったが、タ
イミングを逃し、聞きそびれてしまっていた。
「教室に来るの、遅かったよね。生徒指導室に行っていたとも聞いたんだけど、何かあ
った?」
「あ、それ、俺もちょっとだけ気になってたんだ。珍しく、叱られるようなことでもし
たのかと」
 右隣の唐沢もまた、相羽へと顔を向けながら軽口を叩く。相羽はそんな質問をされた
こと自体意外そうに、何度か瞬きをした。コンマ数秒の間を取って、口を開く。
「生徒指導室に行ったのは本当だけど、大した話じゃないよ」
「もったいぶらずに言えって。気になる」
「――みんなやることさ。進路とか受験とかの相談」
「もう?」
 声を揃えたのは、相羽の答に驚いた純子と唐沢。乗客が少なめであるせいか、響いた
ような気がする。
「いや。悪い、勘違いさせたみたいだ。二年になったら、じきに三者面談があると聞い
たから、いつ頃なのかを確かめたんだ」
「ん? 何のために」
「五月上旬ぐらいまでだと、母さんの都合の付く日があまりなくて」
「なるほど。理解した」
 声に出してうなずく唐沢。純子も納得していた。一つの疑問を除いて。
「でも、わざわざ生徒指導室でするなんて……職員室で済むのに」
「職員室は始業式で慌ただしい雰囲気だったから、『場所を変えよう』と神村先生が」
「なあんだ。生徒指導室に行ったって最初聞いたときにびっくりして、損した気分」
「そういえば、ついでのときでいいから伝えておいてくれないかと、先生に頼まれてい
たんだった」
 と、相羽が改まって見つめてくる。純子は気持ち、のけぞった。電車の微振動が不安
感を増幅させるような。
「え、何なに? まさか、呼び出し?」
「違う違う。『三者面談のとき、芸能活動について聞くから、そのつもりでいるよう
に。今後在学中の一、二年、あるいはもっと先の将来のことも含めて、考えをある程度
まとめておいてくれ』だって」
「あっ、そういうことなら」
 ほっとした。けど、別の意味でどきどきする。仕事――学校側から見ればアルバイト
――のことに触れられるのは、気が重い。
「考えをまとめるも何も、続けるんだろ?」
 唐沢が口を挟む。視線はよそを向いている(車内の女性に目移りしているらしい)の
だが、友達の会話は逃さず聞いていたようだ。
「……将来、と言われたら、迷っちゃう」
 純子の声は、その言葉通り、迷いの響きを含んでいる。少し前、事務所で市川から言
われたことも思い出していた。
「今は好きでやっていることだけれど、運がよかったというか、周りの人に支えてもら
った結果だものね。他にもしたいことあるし……。改めて考えると、難問かも」
「えー、やめないでよ。続けてほしいな。何ってたって、友達に芸能人がいたら自慢で
きるっ」
「唐沢君たら」
 冗談とも本気ともつかぬ台詞に、純子は気抜けしたような笑いをため息に乗せた。
「純子ちゃん、唐沢に紹介できるような仕事仲間っている?」
「え?」
 相羽のひそひそ声による質問、その意図が分からなくて、純子は首を傾げた。
「いたら、紹介してやって。芸能人の友達がいれば、唐沢は満足できるみたいだから」
「いっそ、唐沢君自身をモデルか何かに推薦してあげて――」
 遅まきながら察し、調子を合わせる純子。声のボリュームは、すでに通常レベルにな
っていた。
「二人とも、それは誤解だ。ボクは悲しい」
 唐沢はしっかり聞いていた。
「相羽の前で言うのも何だが、俺、涼原さんのファンだもんね。応援するし、ああいう
世界でどこまで行けるのか、見てみたい」
「今でもあっぷあっぷなのに、期待されても困るなぁ」
「いやいや。もし学校がなかったらどうよ。仕事に集中できるわけで、絶対に行けるっ
て」
「唐沢、これ以上忙しくさせてどうする。少しは考えろって」
 呆れ口調で、相羽。対する唐沢は、膝上の学生鞄を手のひらでばんと叩き、心外そう
に反論する。
「聞いてなかったのか。学校がなかったらっていう仮定の話だ。今より忙しくなるかど
うか、分からないだろうが」
「今は学校があるという理由で、セーブしてもらっているようなものなんだ。その盾が
なくなったら、忙しくなるに決まっている」
「――知らねえよ、そんなこと。知らなかったんだから、仕方ないだろ。もっと人気出
てほしいと思うのは、悪いことかい?」
 徐々に、だが確実に熱を帯びるやり取り。二人の間に挟まれた純子は、自分に関する
話だけあって、身が縮む思いを味わう。相羽も唐沢も、自分のことを思ってくれるが故
の発言。たまらなくなる。
「やめて」
 小さいがしっかりした声で、きつく止めた。その響きにただならぬものを感じ取った
か、男子二人は静かになる。
「もう。さっきまで普通に話していたのに、どうしてこうなるのよ……」
「分かった。もうやめる。――な?」
 相羽は唐沢へと目線を移した。唐沢も空気を読んだか、即座に調子を合わせる。
「ああ。こんなに仲いいんだから、安心してよ、すっずはっらさん」
 席を立ち、ハイタッチ、と言うよりも“せっせっせ”のような格好で手を合わせる唐
沢と相羽。純子は二人の間で、今度は笑い、和ませてもらった。
「さすが、委員長」

           *           *

 昼休み、電話を終えて教室に戻った白沼は、すぐさま純子の席を目指した。父から仕
事上の伝言を受け、伝えねばならない。
「――ちょっと。何寝てるのよ」
 ハンカチを敷いた机に頭をもたせかけ、顔を横向きにし、腕は下にだらんとさせた姿
勢でいる純子。その姿を見て、白沼はつい声を荒げた。正確には、純子の隣の席で、相
羽が同じ姿勢で休んでいるという理由が大きい。顔はどちらも右向き。見つめ合う形に
なっていない分、許せるものの……今日は朝一番に、精神的にちょっとハードルを越え
ねばならない出来事があったので、どうしても声が刺々しくなる。
「ん? ああ、白沼さん」
「全く。休み時間に熟睡するなんて」
「……眠るなら授業中にしなさいと?」
 本格的に寝入っていたらしく、純子は半眼のまま、ぼんやりと返事をした。
「昔に比べて、また妙に理屈っぽくなったわね。まあいいわ。仕事で忙しいんでしょう
し。パパからの伝言があるの」
「パパ……ああ、白沼さんのお父さん」
 かぶりを振り、頭の中をすっきりさせる風の純子。次いで、自らの身体のあちこち
を、ぺたぺたと触る仕種を繰り返した。
「……何をしているの」
「――あった。お待たせ」
 純子の手には、シャープペンシルと表紙が桜色のメモ帳が。
 白沼は片手を額に当て、純子が完全に目覚めていることを確認してから、用件を伝え
た。
「――いい? 変更したのがまた取り消されたから。分かったわね?」
「うん、了解しました。ありがとう……って、どうして白沼さんが、わざわざ」
 疑問を口にしつつ、純子は持たされた携帯電話のメール機能で、変更の知らせを受け
たことを関係各所に報告する。
「電波の具合が悪いところにいるのか、そっちの人が掴まらなくて、私に連絡してきた
まで。考えてみれば、学校にいる間は、こうする方が確実に伝えられるわけよね」
「じゃあ、これからもこういうこと、あるのかな」
「かもね。まあ、今日はあなた達がべたべたしていなかったから、素直に教えてあげた
けれど――」
 と、通路を挟んで逆側の相羽を一瞥し、また視線を戻す白沼。
「――見せつけられたら、どうしようかしら。教えてあげないか、嘘を伝えるかも」
「そ、そんな恐いこと、白沼さんはしないわよね」
「当たり前でしょうが。責任を持ってきちんと伝えなくちゃ、私が叱られる」
 強い調子で答えると、白沼は改めて相羽の方を見やった。この近距離で、結構声高に
お喋りしたのに、微動だにせず眠っている様子だった。
「涼原さん、あなたがちょっとでも眠ろうとするのは理解できる。でも、相羽君は何
故?」
「何故と言われても、ずっと一緒にいるわけじゃないし」
「……ずっと一緒にいられてたまりますか!」
 目元を赤くした白沼は、急いで叫んだ。“ずっと一緒”で“二人揃って寝不足”、こ
の二つからよからぬ想像をした自分を打ち消そうと、何度か首を横に振る。
「そ、そりゃあ、あなた達はもう公認の仲ですから、ええ、悔しいですけれど、そうな
んですから、いかにもなことに及んでも第三者が口出しする領域じゃありませんわよ。
ですけど、高校生に分相応な」
「白沼さん、何を言っているのか分かんない……」
「ともかくっ。彼氏のことを、把握できてないの? 学校以外で直接会う時間は少ない
でしょうけど、それでも電話ぐらい当然、頻繁にしてるんでしょうに」
「電話ならするわ。でも、頻繁なのかな……。話の中身だって、その日の出来事を互い
に伝え合うのがメインで、あとは、宿題で分からないところを聞くぐらい」
「私が言うのも変だけれど……デートの約束や悩み事の相談、していないの?」
 相羽が目を覚ましていないのを再度確かめ、白沼は聞いた。
「デ、デートは、なかなか都合が付かなくて……。悩みは、なるべく言わないようにし
てる」
「どうして」
「今の私の悩みって、仕事絡みがほとんどだから、相羽君に言っても困らせるだけと思
って。事務所の人に聞けば、だいたい解決するしね」
「なるほどね。あなたがそれだから、相羽君も悩みがあっても、言い出せないのかもし
れない」
「そんな」
「じゃあ、聞いたことあるの? 『最近、疲れているみたいだけど、どうかしたの?』
とか」
「一度だけ。『大丈夫。ピアノのことを考え過ぎたみたいだ。心配させてごめん。あり
がとう』っていう返事だった」
「……」
 二人のやり取りを想像すると、そこはかとなくしゃくに障った。なので、平静になる
ために、しばらく間を取る白沼であった。
「……そう聞いたあとも、この調子なんでしょうが。もっと、何度でも尋ねなさいよ。
心配させて悪いと思っているのなら、こんな風にはならないんじゃなくて?」
「私も気になってるわよ。でも、同じことで繰り返し聞かれるの、相羽君は嫌がるは
ず」
「それにしても――」
 白沼は反駁を途中でやめた。相羽が起き出すのを、目の端で捉えたためだ。彼女の目
の動きを追って、純子も相羽へと顔を向ける。
 相羽は、時計を見やると、安心したように次の授業の準備を始めた。午後最初の授業
まで、あと十分ほどある。
「ねえ、相羽君」
 白沼は、自分の存在をまるで気にかけない様子の相羽を腹立たしく思いつつ、声を掛
けた。純子の最前の言葉――同じことで繰り返し聞かれるの、相羽君は嫌がる――を思
い起こし、私が聞く分には問題ない、と考えたのだ。
「近頃、昼休みに眠っていることが多いようだけれど、どうかしたの?」
 相羽は白沼から純子へと視線を動かし、また戻した。瞼を一度こすって、普段に比べ
て早口で答える。
「単なる寝不足。昨日、観たい映画が深夜にあって、録画予約しているのに、ついつい
観てしまって」
「何ていう映画かしら。私も観てみたいから、教えて」
 即座に次の問いを発した白沼。映画の題名に興味がなかったわけではないが、それよ
りも、質問に対する相羽の答が、純子へしたものと異なっていたことが気になった。無
論、今日と以前とで疲労の理由が違うことはあり得るが。
「『シャレード』だよ。ただし、一九六三年の方」
 題名を復唱しかけた白沼だったが、制作年を言われたおかげで戸惑った。
「年を聞いただけでレトロって感じ。わざわざ断るということは、リメイクでもされた
のかしら」
「うん。二〇〇二年に」
 一九六三年と二〇〇二年なら、メモを取らなくても区別が付くはず。白沼は記憶し
た。主目的は、そんな映画を本当に昨日の深夜に放映していたかどうかを調べるためだ
ったが、ここまで詳しい返答があったということは、まず間違いなく放映されたのだろ
う。
「映画で思い出したけれど、この前言っていた『麗しのサブリナ』、やっと観られた
わ」
「どうだった?」
「途中で、ファッションにばかり目が行っちゃって。最初から観直すことに」
 ふと気が付くと、純子と相羽が話し込んでいる。
「なんだかんだ言って、恋人らしいことしてるじゃないの」
 小さな声で言い置き、白沼はその場を離れた。
 ――と言っても、彼女の席はすぐ近くなので、会話は続いた。
「白沼さん。今日は久しぶりに当たりがきつかったみたいだけど、何かあった?」
 相羽のその問い掛けに、白沼はさっきまでの純子とのやり取りを聞かれていたんだと
察した。
「起きていたのなら、身体も起こしておいてよね」
 抗議調かつ早口でそう言うと、白沼は恥ずかしさを紛らわせるべく、質問に答える。
「何かあったかと言われたら、あったわ。ご存知の通り、副委員長に指名されたこと。
こっちは部活してるのにねっ」
 朝のホームルームで、委員長の唐沢の指名により、白沼が副委員長に決まったと報告
された。唐沢と白沼は仲が悪いとは言わないが、価値観がだいぶ違っているのは傍目に
も明らか。故に、かなりの意外感でもってこの指名は受け止められたのだが、反面、唐
沢のいい加減な部分を補うには、白沼がふさわしいという見方もできたので、納得の人
事と言えなくもない。それでもなお、唐沢自身が白沼を選んだというのは、予想外の選
択だったが。
「元々、性格が合わないのは分かりきっているけれど、先生の方針もあるし、承知した
わ。でも、早速、引き受けるんじゃなかったと思うことがあったから」
「ふうん?」
 相羽の、話を促すような視線に、白沼は少し考え、教室を見渡した。唐沢の姿はな
い。
「二時間目と三時間目の間に、公民の先生に資料を運んでおくように言われて、二人し
てやっていたのよ。その途中、廊下ですれ違った女子と話し込んで、立ち止まったまま
なのよ、あの“色男”は」
 “色男”にアクセントを付けてやった。
「いつまでも動こうとしないものだから、放っておいて、先に行ったの。そうして引き
返して来ると、まだ話していて一歩も動いてないじゃない!」
 思わず、机をばんと叩きたくなったが、さすがに自重した。
「本当ならあいつを蹴り飛ばしてでも行かせるべきだったんだけれど、時間がなくなり
そうだったから、仕方なく、一緒に運んだわ。もう、先が思いやられる」
「お疲れ様だね。唐沢も悪気があってやってるんじゃないと思うけど」
「悪気があってたまるもんですか――と言いたいところだけれど、悪気がないのはよく
分かってるわ。知り合って四年ほどかしら。あれがあの男の地なんだってことは、骨身
に染みてる。だからこそ腹が立つとも言えるわね」
「ちょっとは気を配れって、言っておこうか?」
 相羽の折角の申し出だったが、白沼は首を振って断った。
「そんなのいいわ。我慢できなくなったら、直接、はっきり言うつもりだから。もうじ
き、そうなりそうだけど」
 答えつつも、白沼は多少、気分がよくなったことを自覚していた。純子との仲を認め
たとは言え、相羽からの優しい言葉は、精神衛生の特効薬になる。
 と、そこへ純子の声が。
「あ、戻って来たわよ、唐沢君」
 元の木阿弥になりかねない。白沼は、純子からの「今、言うの?」とでも問いたげな
視線を感じたが、吹っ切った。

           *           *

 新学年が始まって最初の日曜は、昼から春らしくない、じめじめした雨模様になっ
た。
 そんな天気の下、モデル仕事を終えた純子は、帰り支度を手早く済ませると外に出
た。途端に、目をしばたたかせて少々びっくり。迎えの顔ぶれが普段と違ったからだ。
モデル仕事の場合、相羽の母が来てくれることがほとんどなのに、今日は市川までもが
足を運んできていた。
(何かあったんだ)
 直感する。大人達の表情が曇って見えるのは、天気のせいばかりではあるまい。いい
知らせではないらしい。
 労いの言葉もそこそこに、市川が切り出す。「声優の件で、ちょっと。詳しくは車の
中で話すから」と。内緒めかした仕種、言い種に、純子は急ぎ気味に乗り込んだ。
「何か問題が起きたんですね」
 ドアを閉め、エンジンの掛かる音を聞きながら純子は尋ねた。待たされる時間が長い
と、それだけ不安も大きくなる。
「出来映えがよくないとか……」
「いや、評判はいいんだ。概ねわね」
 後部座席の隣に座った市川が、明確に答える。が、「概ね」という表現が気にならな
いでもない。その意味はすぐに明かされた。
「ただ、極一部、原作の熱狂的ファンの中には、気に入らない人もいるみたいなの」
「そう、ですか」
 声が小さくなり、俯く純子。その背中に、市川の手が素早く宛がわれる。
「落ち込みなさんな。まあ、あなたのことだから、こんな感想が出てると伝えたらどう
なるのか、予想はついていたけれども。こっちだって、落ち込ませようと思って言って
るんじゃないよ」
「じゃあ……」
 どうして?という言葉が出る前に、運転席の方から深刻な声が。
「落ち着いて聞いてね、純子ちゃん。万が一に備えての話なんだから」
「ちょっと、詩津玖。そういう前置きだと、かえって恐がらせちゃうじゃない」
「それだけ重大なことだと、認識してもらわなくちゃ。実際、恐い話だし」
 大人達のやり取りに、純子は探るように「あの」と言葉を挟んだ。幸い、二人の耳に
は届いていたらしく、すぐさま会話は収まった。相羽の母は運転に専念し、純子には市
川が応じる。
「あー、落ち着いて聞いて。隠してもしょうがないというか、知らせておかないと危な
そうなんで、はっきり伝えておくことにしようと決めたんだけど……」
 自らそう言いつつも、まだ渋っている感がありありと窺える。市川にしては珍しい態
度に、純子の緊張と不安は膨らんだ。
「は、早く言ってくださいっ」
「うむ。さっき言った熱狂的なファン、いわゆる原作信者って奴になるのかね、そうい
うのが脅かしてきた」
「脅かし……って、どんな風に」
 口元を両手で覆いつつ、冷静に聞き返した純子。自分でも意外なほどだった。かつ
て、ポスターにいたずらをされたことで免疫ができていたのかもしれない。
「封筒で便箋一枚、裏表にびっしり、赤い文字で印刷されていた。現物、ここにはない
んだけどね。もしかしたら、警察に届けることになるかもしれないから」
「警察に届けようかと考えるくらい、ひどい文章なんですか」
 この質問に対し、市川は何故か苦笑いを浮かべた。
「うーん、まあ、ひどいと言ったらひどい。お粗末という意味でね。――その様子な
ら、話しても大丈夫そうだね。最初に『声優』と書いてあって、そのあと便箋いっぱい
に『やめろやめろやめろ』って印字してあるの」
「はあ」
「で、裏返すと、今度は『おりろ』で埋め尽くされている」
「あのー、よくある剃刀とかは入っていませんでした?」
「はは、面白いことを気にする子ね。なかったわよ」
「だったら……警察に届けるまでしなくても」
「こういう手合いは放置するとエスカレートするケース、結構あるんだよねえ。それこ
そ、剃刀入りとか」
「仮にそうなったとしても、通報はそのときでも遅くないと思います。それよりも、警
察に届けたらこの件が表に出て、評判に響きそう」
「おやま。評判を気にするなんて、珍しい」
「そんな。表現は問題あるにしても、折角、私の仕事ぶりに対して意見を送ってくれて
るのに、一方的に悪者扱いしたくないなって思っただけです。こんな些細なことまで警
察に通報していたら、他の視聴者の意見が届かなくなるかも。見てる人の意見、私も聞
きたい。たとえ悪く言われていても」
「――ふふん」
 一瞬ぽかんとし、やがてにやりとする市川。
「ほんと、いつの間にやら強くなっちゃって。以前は、繊細なガラス工芸品みたいだっ
たのに」
「そ、そんなことないですよー」
「ポスターの顔写真に画鋲刺されて、えらく落ち込んでいたのはどこの誰かな?」
「大昔の話は、忘れました」
「四、五年前を昔と言われると、凄く年寄りになった気分がするわ」
 ため息を長くつくと、市川は頬に手を当てた。肌の張りを気にしているのかも……。
「ま、とにかく、だ。わざわざ嫌な話を明かしたのは、注意を促すためなの。念には念
を入れてね」
「と言われても、いまいち、意味が」
「まずないとは思うのだけれど」
 市川から相羽の母へと話し手が替わった。
「その手紙の差出人のような視聴者が、実力行使に出た場合を想定しておかなくちゃい
けない。私達の目の届く範囲なら、まだ対策の立てようがある。けれども、学校の行き
帰りやその他の日常生活までは、手が回らないのが実情なのよ。顔や名前が売れた分、
普段から気を付ける必要も高まってしまったわ」
 真剣さが声の調子からだけでも伝わってきた。ルームミラーで伺うと、相羽の母の表
情はいつもに比べて硬い。次の瞬間、はっとした純子。
「日常生活とか普段からって、もしかして久住だけじゃなく、風谷美羽にも脅迫が?」
 声の調子に緊張感が増す。答えるのは市川。
「ええ。今現在じゃなく、これまでにね。数はごく僅かで、表現も比較的大人しかった
から無視していた」
「え、そうだったんですか」
「ごめんなさい。恐がらせたくなかったし、仕事をやめてほしくなかったから」
 相羽の母の申し訳なさげな声が届く。そこからまた真剣味を強く帯びた声に転じた。
「常日頃より注意しておくと同時に、道を歩いているときや電車に乗っているときに、
少しでもおかしなことがあったら、すぐに知らせて」
「――はい。分かりました」
 純子も真剣に返事した。そのあと、ちょっと考え、相羽の母に尋ねる。
「あの、このこと、相羽君――信一君は知っているんでしょうか」
「それなんだけれど」
 今度は相羽の母が深い息をついた。
「自宅に市川さんから電話が掛かってきて、今度の件について話をしているときに、聞
こえてしまったのね。心配して詳しく知りたがったから、仕方なく教えたわ」
「そう、ですか」
 心配してくれた――勝手に綻ぶ表情を、意識して引き締める。
「じゃ、じゃあ、隠さなくていいですね」
「隠すつもりだったの、純子ちゃん?」
「だって……」
 純子は言いかけてやめ、しばらく口ごもる。冗談めかすことに決めた。真面目に言う
なんて、恥ずかしいにも程がある。
「私の口から知ったら、危ないから仕事をやめてほしいって言い出しそうじゃないです
か。そうじゃなきゃ、一日中ボディガードをするとか。あはは」
「似たようなこと、言っていたわ」
「え」
 笑い声が引っ込む。目を丸くする純子を、隣の市川が面白そうに見ていた。
「羨ましいねえ」
「さすがに、一日中護衛に張り付くのは無理と理解しているらしいわ。私達の方で、ち
ゃんとしたボディガードを雇えないの?って言ってきたからね」
「お、大げさなんだからっ」
 赤面したような気がして、両手のひらで顔をこする純子。そこへ、追い打ちを掛ける
質問が、相羽の母からなされた。
「そうだわ、前から聞こうと思っていたのよ。純子ちゃんは信一と二人きりのとき、信
一のことを何て呼んでいるのかしら?」
 えっと……質問の意図がとても気になって答えにくいです。答につまった純子は、思
わずそんな反応を口にしそうになった。
「名前? 名字?」
 ハンドルを握る相羽の母は、純子の戸惑いを知ってか知らずか、重ねて聞いてくる。
「みょ、名字に君付けです」
「やっぱり。さっきも言い掛けていたし」
 予想していたようだが、その割にほっとした様子も見て取れる。
 純子はしかし、すぐ前にいる相羽の母よりも、相羽自身のことが気に掛かった。
「もしかして、名字で呼ばれることを、何か言ってました……?」
「え? いいえ、特に何も」
「じゃあ、どうしてそんなことを」
「私が言い出したのかって? 年頃の息子を持つ親の立場としては、あなたとの仲が
今、どのぐらいなのかはとても気になる。それを測る物差しに、呼び方を教えてもらう
のがちょうどいいと」
「もしかして、恋愛禁止とか……ですか」
「え? ううん、そんなことは全く考えてないわよ」
 純子の反応がよほど意外だったらしく、相羽の母の目が一瞬だけ後ろを向こうとした
のが分かった。もちろん運転中だから、実際の時間はコンマ0何秒もなかっただろう。
 安堵する純子に対し、今度は市川が口を開く。
「本音を言えば、私はできることなら恋愛禁止にしたいよ。異性からの人気が違ってく
るだろうからね」
「そういえば、プロフィールにはどう書いてあるんだったかしら?」
 相羽の母の問い掛けに、市川は「デビュー当初に使った資料上では」と前置きをして
から答えた。
「好きな人はいる、とだけにしておいたはず。恋人だとか両想いだとかには触れずに
ね。確か、親御さん、特にお父様の強い希望で、余計な虫が付かないよう、予防線を張
ったんだわ。実態とは無関係に。その頃はまだ付き合ってなかったんでしょ?」
「全然」
 ぶんぶんと頭を振る純子。それよりも何よりも、父がそんなことを頼んでいたとは知
らなかった。多分、娘に知られるのは恥ずかしかったから、伏せていたのだろう。
「今は特に明記していないけど、いないと思われているかもしれないわね。さっきみた
いな脅しがあるくらいだから、早めに公表した方がいいに違いないんだけれど」
「名前を出すのは反対よ」
 即座に相羽の母が言った。ちょうど赤信号で停まったのを機に、市川へ振り向き、さ
らに純子へと視線を移してから続ける。
「本当にごめんなさいね。あなたにはこんな仕事をやらせておいて、自分の子供のこと
になると、できるだけ隠そうとするなんて」
「そんな。好きでやっていますし、付き合っている人がいることだけならともかく、信
一君の名前まで大っぴらにされるのは、私も嫌です。知っているのは、周りの人達だけ
でいい」
「――そういうことだけれど?」
 相羽の母が再び市川に視線を合わせる。市川は一つ嘆息してから、右の人差し指で前
を示した。
「詩津玖、前。青信号だよ」
「――いけない」
 一度慌ててみせてから、落ち着いて車を発進させる。
「まあ、今のところは、聞かれない限りは現状維持でいいと思ってるんだ。聞かれたと
きは……好きな人ならいるって言っておけばいいのかねえ。正直、うちはまだ小さい
し、歴史もないから、ノウハウに乏しくて。スキャンダルになったら、自力で押さえ込
めるのかどうか。火消しを頼むとしたら、鷲宇さんのルートぐらいしかないし」
「スキャンダル……」
 過去のあまりよくない思い出が脳裏によみがえる。あのときは、相手が一方的に悪か
ったせいもあり、世間的には大きなニュースにならずに済んだ。
「恋愛なんて興味ありませんてなふりをして、ボディガードの少年と恋仲!なんてすっ
ぱ抜かれたら、多少のイメージダウンは免れない」
「ボ、ボディガードって」
「たとえばの話だよ。さっき言っていたのを、例に取ったまで。ま、今問題なのは、あ
なたの彼氏の話じゃないわ。脅してくるような手合いの対策をどうするか。これこそが
重要」
 市川は問題の便箋が手元にあるかのように、ひらひらと振る仕種をした。
「本職のボディガードは難しいにしても、マネージャーに護身術というか護衛術を習わ
せるとか」
「……私のマネージャーさんて、誰になるんでしょう?」
「……」
 素朴な疑問に、大人達は少しの間、沈黙した。
「決まった人はいないわね、考えてみれば。杉本君を含めて、私ら三人の内、都合のい
いのが付く。あと、仕事の内容にもよるけれども」
「警護というイメージなら、男性になりそう。でも、杉本君ではちょっぴり心許ない」
 相羽母の言葉を、市川は声のボリュームを上げて否定した。
「彼では、ちょっぴり心許ないどころか、まるで頼りにならないって言った方が適切だ
わ」
 きつい表現を、純子は笑いをかみ殺して聞いていた。杉本には申し訳ないが、腕っ節
が強いようには見えないし、暴力沙汰からは真っ先に逃げ出しそうなタイプに思えた。
(でも、習えば違ってくるのかも。確か、弱い人、普通の人が身を守るための技術が護
身術なのよね)
 相羽ら男子がしていた会話を思い起こしながら、そんなことを考えた純子。そこから
の連想で、ふと思い付きを口にしてしまった。
「杉本さんだけだと心細いから、私自身も習っておけば、少しは安心できるかなぁ」
「――いいかも」
 市川が呟き、相羽母に意見を求めた。
「私はそんなにいい考えとは思えない。でも、最終手段として、身に付けておくのはマ
イナスにはならないでしょうね。モデル業に支障が出ないのであれば、習得しておくの
も悪くはない」
「それに、護身術や武道が使えたら、演技の幅が広がるわね」
 市川は話を聞きながら、計算も働かせていたようだ。次に純子の顔を見たときには、
本気になっていた。
「ちょうどいいわ。護身術、習いに行こうか」
 軽い気持ちで口走っただけなのに、一気に具体化しそうな流れに、純子は無言で首を
横に振った。
「全然、自信ないです」
「やってみないと分からないじゃない。運動、得意なんだし」
「いえ、その、モデルに支障が出るかもしれないという意味で……。怪我をするか、そ
うでなかったら筋肉が付いちゃうか」
「うーん、大丈夫じゃないの? 詳しくないけど、護身術の人って、筋肉ムキムキのイ
メージはないし、怪我は注意すれば防げるだろうし、ここは一つ、レッスンの一環のつ
もりで」
 市川は随分と楽観的だ。演技の幅を広げるという目的の前に、判断を甘めにしている
のかもしれない。
 純子は押し切られるのを既に覚悟した。こうなったら、要望を出しておこう。
「もし習うんだったら、私、信一君から習いたいです」

――つづく




 続き #495 そばにいるだけで 65−2   寺嶋公香
一覧を表示する 一括で表示する

前のメッセージ 次のメッセージ 
「●長編」一覧 永山の作品
修正・削除する コメントを書く 


オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE