AWC 崩れる欲望の塔 <後>   永山


        
#487/514 ●長編    *** コメント #486 ***
★タイトル (AZA     )  16/08/31  01:00  (359)
崩れる欲望の塔 <後>   永山
★内容
「ビデオデッキの件は横に置くとして」
 刑事が話の軌道修正を図る。
「仮に天口が犯人ではなく、事故死でもないとしたら、大きな問題を認めなければなら
なくなるぞ。密室だ」
「確かに問題です。地震が起きると予知できるのなら、それを利用したトリックも考え
られなくはありませんが。現場を密室にしたのが犯人の意図だとしたら、その狙いは天
口に罪を被せ、地震による間接的な事故死に偽装したかったんでしょう。そうなると、
地震が発生したあとに、犯人は天口を現場で殺害したことになる」
「なるほどな。となると……常識的に考えて、地震が起きた二時半以降に犯人から呼び
出されて現場に出向くってのは、まずなさそうだ」
「お宝アダルトが地震で偉いことになってるぞ!って言ったら?」
 これは占部の意見。対して江口は即座に否定的な意見を述べた。
「いくらお宝だと言っても、他人の物だし。呼び出すには、天口に大きなメリットがな
いとねえ。加えて、その時点で尾藤は死んでるんだ。犯人自身が電話する訳だけど、声
に気付かれたら、疑われるだけだよ」
「そっかー。納得した」
 占部が引っ込むと、江口は続けて仮説を展開した。
「思うに、天口も最初から現場にいたんじゃないでしょうか」
「同感だ」
「尾藤のコレクション部屋には、尾藤と天口と犯人の三人がいた。まあ、犯人は複数か
もしれませんが、ここでは一人にしておきましょう。多量のビデオテープを鑑賞しつつ
ダビングするために集まった、とでもします。その最中に何らかのトラブルが起き、犯
人が尾藤を殴り殺してしまう。想定外の事態に、犯人も天口も泡を食ったかもしれませ
ん。隠蔽すると決めた二人は、まず、自分達が今夜この場にいた痕跡の消去に精を出し
たでしょう。指紋や使ったグラスの始末、髪の毛なんかを拾っていたら、一時間以上掛
かる。何しろ、掃除機の類がないんだから」
「髪の毛は別に気にしなくても、問題ないんじゃあ。前に一度でも部屋に来たことがあ
るんだったら、落ちていておかしくない」
 占部が言うのへ、江口は首を左右に振った。
「仮定の上に仮定を重ねるのは好きじゃないが、たとえば、散髪してから間がなかった
としたら? 髪先の形状に明確な違いが現れる。嘘がばれる恐れ大だ。他にも、食べか
すが散らばったとしたらどうだろう。その“新しい”食べかすの上に毛髪があったら、
その毛髪は落ちたばかりだと分かる」
「うむむ……分かりました。先へ進めて」
「――仮に尾藤死亡が土曜の夜十一時半だったとすると、最初の混乱と痕跡を消す作業
だけで、午前一時ぐらいになっていたでしょう。その間に、途中だったダビングも済ん
だはずだし、犯人にとっては悪くない時間の使い方です。分からないのは、このあと。
普通なら、一目散に逃走する。まともな感覚の持ち主なら、留まってダビングを続行し
ようなんて考えない。もしかすると、犯人と天口、二人いたから心強かったのかもしれ
ません。一人はダビング作業に没頭し、もう一人は誰か来ないか見張り役をするんで
す。万が一、誰かが訪ねて来るようなら、素早く作業を中断し、息を潜めてやり過ご
す」
「二人いればという心理状態は分からなくもないが、それでもなお、ビデオテープを持
ち出さなかったのは何故かという疑問が残る。二人なら、運び出すのももっと楽だ」
 刑事の指摘に、江口は「そうなんですよね」と首を縦に何度か振った。
「大量のテープを持ち出すのは確かに手間でしょうが、犯罪の現場に留まる危険さに比
べたら、たいしたことじゃない。……ダビング後に、テープを戻す手間を嫌がったのか
な?」
「いやいや、戻す必要はあるまい。手元に残したら証拠になりかねないが、そこいらに
捨てりゃいいだけさ」
「ですねえ」
 行き詰まり、沈黙する江口。他の二人の口からも、何も出て来ない。名案はすぐには
浮かぶものではないようだ。
「……途中からちょっと気になってたんだけれど」
 占部がおずおずとした調子で言った。目は刑事の方を向いている。
「トロフィーって何のトロフィーなんです?」
「は? ああ、尾藤殺しの凶器か。学生の発明コンテストか何かだったな。高校生部門
で優秀賞をもらっていた。自動給餌器や給水器の発展版みたいな物だった」
「ふうん。そんないかにも自慢話に使えそうなトロフィーを、どうしてアダルトビデオ
鑑賞ルームなんかに置いていたんでしょう? 不釣り合いにも程がある」
「確かに」
 多倉刑事と江口は顔を見合わせた。しゃべり出したのは江口の方だ。
「本来なら、自宅に飾っておいて、やって来た女の子に気付いてもらうなり、さりげな
く見せつけるなりするのが普通ですね」
「それが普通かどうかは知らんが、少なくとも男しか来ないであろうアパートの一室
で、埃を被らせておく意味はないな」
「つまり……犯行現場そのものが、アパートではない?」
「考えられる。トロフィーはきれいに拭いてあった。指紋や血痕を消すためだろうが、
そのおかげで拭く前の状態が埃だらけだったか、それともぴかぴかに磨いてあったかな
んて、分かりゃしない」
「元々、尾藤のマンションに置いてあったんだとすると、殺人が起こったのもそこにな
る訳で、そのあと遺体移動が行われたことに……でも、マンションなら防犯カメラがあ
るんでしょう?」
「あ、ああ。そうだった。映像で確認したが、事前前夜の九時過ぎに出て行く尾藤が映
っていた。酔ったみたいな足取りだったが」
「ふらふらしていた?」
「うむ……そうか、江口君。考えていることが分かったぞ。トロフィーで殴られたあと
も尾藤はすぐには絶命せず、病院に行くためか、助けを求めるためか、とにかく外に出
たんだ」
「多分。脳内出血が徐々に進行することで、死が緩やかに訪れるケースはいくらでもあ
りますからね。それよりも、マンションの防犯カメラには、犯人らしき人物は映ってい
なかったんですか」
「それが、身元の確認できない人物なら、何名かいた。特に、尾藤の直前に入っていく
二人が。マンションは基本的に住人でないと入れないシステムを採用していて、鍵とパ
ネル操作で自動ドアが開くんだ。だから、問題の二人組は尾藤に開けてもらって、先に
入った可能性がある」
「出るときは?」
「出るときは、内側のボタンを押すだけで、自動ドアが開く」
「それなら尾藤に出て行かれたあと、追い掛けても問題なくマンションを出られるんで
すね。カメラ映像に、二人組が出て行くところはありました?」
「あった。ただし、二人揃ってではなく、一人が駆け足気味に出て、しばらくしてから
もう一人が出て来た。時間にして五分余りあとってところだ」
「恐らく、先に出た奴が尾藤を足止めして、あとから来た奴と合流し、アパートに車で
向かったんじゃないでしょうか。病院に連れて行くと騙したか、あるいは脅してアパー
トに向かわせたか」
「――畜生、思い出したっ」
 突然、刑事が吐き捨てたので、江口と占部はびくりとしてしまった。
「どうしました?」
「映像で見ていたのに、スルーしてたんだよ。あとから出た奴はボストンバッグを持っ
ていたんだ。その中に、きっとトロフィーが隠してあったに違いない!」
「ああ、だったら病院に連れて行くと嘘をついた可能性よりも、脅してアパートに向か
った可能性の方が高いですね。最初から、アパートを殺人現場に偽装する目的で、トロ
フィーを持ち出した。もっと言えば、その段階で病院に行けば助かったかもしれない尾
藤を、端から始末するつもりでいた」
「犯人達は、マンションに入るところを防犯カメラに撮られたと意識したからこそ、別
の場所で事件が起きたことにしたかったんだな。しかし……尾藤の頭に、殴られた傷は
一箇所しかなかった。改めて殴りつけてはいないことになるんだが」
「そこはやはり、最初の一撃のダメージがゆっくりと進行し、アパートの部屋に入った
時点で死に至ったんでしょう。何にしても、トロフィーは必要だったはずです。多倉さ
んから伺った状況から推して、ビデオテープの山が崩れることでその上に置いていたト
ロフィーが落下し、それを後頭部に食らって死んだと見せ掛けたかったんじゃないでし
ょうか」
「だが、実際はそうじゃなかったぞ。たまたま落下したと偽装するんなら、もっと“ら
しい”場所にトロフィーを放り出しているはずだ。第一、トロフィー全体を拭ったあ
と、改めて尾藤の指紋と血を付ける必要があるのに、そうはなっていなかった」
「気が回らなかったか、他の良策を思い付いたのか……もしかすると、ここで犯人は甘
口に全ての罪を被せることに決めたのかもしれない」
「“ここで”とは、アパートに着いてからという意味かね?」
「うーん、どうでしょう。ひょっとしたら、地震が起きてからかもしれません。地震が
起きて初めて事故死に見せ掛ける計画を思い付き、さらに天口に全部おっ被せることも
思い付いたとしたら……」
「待て待て。すると何か。結局、犯人と天口は地震発生までアパートに留まったと言う
のか、死体を傍らに? 状況がちっとも変わらないじゃないか」
「いえ、違いますよ、多倉刑事。今、我々が想定した状況なら、尾藤を車内に閉じ込め
ておくことができる。加えて、アパートは当初の犯行現場ではないという事実。万々が
一、来訪者があっても安心でしょう」
「まあ、比較的安心というレベルだろう」
「ともかく、二時二十二分まではダビング作業を行っていたんだと思います。正確に
は、DVDレコーダーのハードディスクに録画した分を、今度はDVDディスクにコ
ピーする時間が必要でしょうけど」
「地震発生後、犯人が天口をも始末したと仮定するのはいいとして、そのあとは何でダ
ビングをやめたのかね? 本数から言って、全部済んだはずがない」
「恐らく尾藤をアパートに運び込んだあとだし、天口も殺したとなると、さすがに留ま
っていられないと考えたのかもしれません。あるいはもっと単純に、犯人が欲しい作品
のダビングは終わった、だからさっさと立ち去ったのかもしれない」
「全てを欲しがっていたとは限らない、か。そりゃそうだな」
 一応の合点を得たらしい多倉刑事。顎を撫でながら、「残る問題は密室の作り方と、
物的証拠か」と呟いた。
「トロフィーが元々、マンションの方にあったことが証明できれば、この想定で大きな
間違いはないと思いますよ」
「うむ。尾藤のマンションの部屋に出入りした面々に、トロフィーに見覚えがないか聞
いていけば、割と簡単に証明できるだろう。マンションの部屋を子細に調べれば、最後
に部屋を訪れた人物の遺留物が見付かる可能性も高い。直接的な証拠とは言えないまで
も、落とすには充分強力な武器になる。結局、密室が最後に残る。江口君の柔軟な発想
力が試されるシーンだな」
「現場を見せてもらわないと、何も始まらないですよ」

 まだ解決に至っていない殺人事件の現場に、一般市民がおいそれと入れる訳もなく、
多倉刑事が部屋の写真を持って来ることで、代替案とした。
「写真を見せる前に、報告がいくつかあったな」
「何です?」
 日を改めてやって来た多倉刑事に対し、きょとんとして問い返す江口。今日は占部が
いないので、お茶の類が飲みたければ自分でやらねばならない。
「ビデオデッキの件だよ。天口宅にビデオデッキはなかった」
「そうでしたか。ま、大勢に影響はない事柄なので――」
「続きがある。ビデオとテレビが一体になった家電ならあった。最早テレビとして用は
なさない、単なるモニターだったが」
「へえ? お金持ちにしては物持ちがいいのか、けちなのか」
「入学から間もなく、ネットオークションで買っていた。ところが、半年ほどでビデオ
機能がだめになったらしく、修理のために電器店に持ち込んでいる」
「富裕層が物を大事にするのは、消費の拡大という意味では余り歓迎できないけれど、
基本的にはまあいいことですかね」
「驚くなかれ、その電器店こそが神坂の実家だ」
「――ほう。やはり、つながりはあったんですね。尾藤の知り合い同士」
「尾藤が天口に、神坂の店を紹介したようだ。結局、ビデオは修理不能だったが。
 次に、尾藤のマンションを調べた結果だ。事件前日の消印がある郵便物の上に、天口
及び神坂の毛髪が落ちていた。奴ら、マンションの部屋には以前から来たことがある
し、犯行現場をアパートであるように偽装するつもりだったから、油断したようだ」
「それじゃあ、容疑者は確定ですか」
「神坂だ。もう引っ張れるんだが、万全を期すために、密室の謎を解いてからにしたい
というのが捜査の方針でな。尤も、解けなくても、明日中には神坂を重要参考人として
呼ぶつもりだ」
「できれば解きたいですね。実は、腹案はもう浮かんでいるんですけど、現場写真を見
せてもらってからにします」
 多倉刑事は「期待してるぞ」と声を掛け、用意してきた写真十数枚をテーブルに並べ
た。
 ドアノブのアップが二枚、廊下側と室内側。室内側は、ノブの上にあるつまみを横に
倒すと施錠されるタイプの鍵だと分かる。廊下側には当然鍵穴があった。
「鍵は二本で、二本とも一つのキーホルダーに付けられ、尾藤の尻ポケットに入ってい
た」
 室内の様子は話に聞いていた通り、壁には棚が並び、ビデオテープが散乱している。
一部、床で重なっている物は、せいぜい三巻ぐらいか。大きなテレビはテレビ台に載っ
ており、その下のスペースにビデオと一体になったDVDレコーダーが収まっている。
さらにその手前には、DVDレコーダーとビデオデッキが横並びに置いてあった。前者
の薄さに比べて、後者の大きさが無骨な感じだ。それにレコーダーはディスク取り出し
口が床と平行になるよう、つまりは通常の置き方なのに対して、ビデオデッキはテープ
取り出し口が上向きになうように置いてある。
「付け加えておくと、手前の二台によるダビングが先に終わっており、テープもDVD
も入っていなかった。一体型の方はテープは入ったままで、DVDは抜いてあった」
 トロフィーは床に横倒しになっていた。部屋の奥らしい。すぐそばに、人間も横たわ
っている。これが被害者の尾藤に違いない。
 棚に目をやると、これまた聞いていた通り、一番上に一、二本のテープが乗ってい
る。並べてあるのは、ほとんどがDVDのディスクで、書籍も大量にあるようだ。
「本は写真集が大半だ。言うまでもないが、ヌード写真集ばかりだった。あと、アダル
トビデオの資料的な本があった。この事務所にも同じ本が何冊かあるだろう」
「持っていない物があれば、今後の調査のために欲しいぐらいです」
 冗談を言ってから、江口はビデオデッキの映った数枚に目を凝らした。次いで、ドア
の映った物にも目をやる。
「多倉刑事。この単独のビデオデッキと、玄関ドアとの距離や位置関係は分かります
か?」
「ええっと、そんなに広くない空間だからな。距離は4.5メートル程か、位置関係
は、まあ一直線と言っていい」
「間に障害物は?」
「室内のドアがあるが、発見時、開け放たれていた」
「いいですねえ。で、これが最も肝心。ドアのロックの固さはどんな具合でした? こ
の写真にあるつまみの動きが、スムーズかどうか」
「滑らかだし、大した力を入れなくても動いた」
「じゃあ、あとは方向だけの問題ですね。テグスのような丈夫で細い糸を、五〜六メー
トル分ほど用意して、両端に輪っかを作る。片方をドアのつまみに掛け、つまみを倒す
横向きの力が掛かるように、糸をまずドアの横方向に延ばす。そこから、釘か画鋲を壁
に刺すか、あるいは棚や下駄箱、傘立てなんかもあるでしょうからそれらの突起物を利
用し、一種の滑車とするんです。糸の方向をビデオデッキに向けるためのね。あとはビ
デオデッキまで糸を引っ張り、テープを収める挿入口まで持って来る。そしてもう片方
の輪っかを、テープを走査する軸に結び付ければ準備終了。ああ、もう一つ、タイマー
セットをしなければ。たとえば五分後に録画が始まるようにセットすれば、犯人は部屋
を出てドアを閉めるだけです。録画動作が始まったら、糸が巻き取られ、つまみが倒れ
て施錠されるという次第ですよ」
「……」
 江口のトリック解説を聞いた多倉刑事は、難しい顔をして首を傾げた。江口は言葉に
よる反応を待たずに言い添える。
「壁に釘や画鋲が打ってあった記録は、ないのかもしれません。でも、それはカレン
ダーを掛けておいた名残とか、ポスターを剥がしたあとだと思って、重要視されなけれ
ば記録されないのは当然です」
「いや、そこじゃない。私が、江口君よりビデオデッキを使っていた期間が長いからか
もしれんが、今の仮説には決定的におかしな点があると思う」
「ええ? どこがです?」
 頓狂な声を上げた江口。目が丸くなるのが自分でも何となく分かった。
「ビデオデッキって物は、テープが入っていなければ、録画の動作は始まらないはず
だ。早送りも巻き戻しも、再生も、どのボタンを押したって君の言う軸は動かないぞ、
多分」
「え……そうでしたっけ」
 動揺が露わになり、口の動きがあわあわとおぼつかなくなった。それでも食い下がろ
うと試みる。
「し、しかし。じゃあ、もう一台のデッキを使ったんでしょう。ビデオテープ、入った
ままだったんですよね?」
「うむ。だが、捜査の過程で当然、テープを取り出した。そのとき、機械の中にテグス
が巻き付いていれば、気が付くさ。実際にはそんな物、見付かっていない」
「……では、DVDレコーダーだ。ディスクトレイを開閉する動作を利用したんじゃな
いかな。リモコンを持って廊下に出て、素早く開閉を行えば、一旦開いたディスクトレ
イがまた引っ込んで元に収まる。その間にドアとドア枠の隙間からリモコンを室内に放
り、素早くドアを閉める。トレイの引っ込む力で、つまみは倒れ、鍵が掛かる」
「そのトリックの実現性は分からんが、ディスクトレイは糸を巻き取ってはくれまい。
糸が丸見えなら、やはり捜査員が気付く」
「……だめですか」
 江口はすっかり意気消沈した。自らの勘違い・思い込みで、解けたと思っていた密室
トリックが、再び難攻不落の城となってしまった。
「念のためにお尋ねしますが、テープレコーダーやテープリワインダー、もしくは8ミ
リ映写機の類は、室内にありませんでした?」
「今時珍しい代物だから、あればちゃんと記録するだろう。なかったはずだ」
「では、扇風機は?」
「なかった。エアコンならあったが」
「うーん……」
 しばし黙り込む江口。刑事の方は、並べた写真をどうしようか考えているようだっ
た。江口は仕舞われないよう、手を伸ばして一枚一枚を改めて見直す。
「玄関ドアの下から三分の一ほどの高さに、郵便受けのための取り出し口があります
が、これは?」
「とうの昔に調べたさ。完全に目隠しがされていて、外から内部は覗けない。糸などを
使った操作も不可能だ。万が一、うまく糸を通せたとしても、擦れた痕が錆に残るのは
間違いない」
 厳しく否定した刑事。それでも江口はあきらめなかった。
「――多倉刑事。玄関のたたき付近に、何か落ちていませんでしたか。特別な物じゃな
くてもいいんです。玄関にあって当たり前だが、とにかくそこいらに落ちていた、散乱
していた物」
「ええっと、靴に靴べらだな。靴は相当雑然とはしていたが、三足ほど並んでいた。い
ずれも尾藤の靴だと分かっている。靴べらは、セルロイドか何かでできた安物で、土間
に放り出された感じだった。ちなみにマンションの方にあった靴べらは、水牛の角に本
革を使用した高そうな代物だったのに、こっちには金を掛けたくなかったようだ」
「それだけ?」
「ああ。あとは、靴は三足ともスニーカーだった、くらいかな。一足は紐がほどけてだ
らんと垂れていた」
「靴べらはセルロイド製なら、それなりに反りますよね?」
「多分。下敷きよりは固いだろうな。そうそう、プラスティックの定規って感じだ。長
さも二十五センチから三十センチ見当だろう」
「……多倉刑事。これは実験してみないと断定できませんが、新しい説を思い付きまし
た」
「妙な前置きをしなくても聞くから、遠慮なく話してくれ。第一、最初の仮説だって、
実験しないことには成功するかどうか分からなかったろう」
「そうですね。じゃあ――靴べらには輪っかになった紐が付いているでしょう?」
「ああ、確かそうだったな。壁なんかの突起物に掛けるために」
「それをドアノブに通した上で、板状の部分をつまみにもたせかける風にセッティング
するんです。板を押せば、つまみが横倒しになる位置関係にね」
 江口の話を受け、多倉刑事は上目遣いになった。脳裏に、構図を描いているのだろ
う。
「イメージできた。それから?」
「次に、靴べらの先端に、スニーカーの片方を引っ掛ける。靴紐で輪っかを作れば簡単
です」
「だろうな」
「靴紐は、なるべく長くなるようにしておく。犯人は以上の準備をした後、そっと廊下
に出て、ドアを少しの隙間を残して閉める。隙間の幅は、片手でスニーカーを掴める程
度です」
「掴むとは、上から鷲づかみか、下から支える感じか、それともサイドからか?」
「そうですね、下からがいいでしょう。犯人はドアを完全に閉める寸前に、スニーカー
を上向きに軽く放る。ドアが完全に閉まる頃には、スニーカーは落下運動を始め、靴べ
らを押す力が発生する。靴べらはつまみを倒し、鍵が掛かる。と同時にスニーカーの紐
は靴べらから外れ、靴べらの紐もドアノブからはなれ、それぞれ土間に転がる。……い
かがでしょう?」
 探るような目付きになる江口。多倉刑事は一度口を開き掛け、何も言わないまま再び
閉じた。次に言葉を発すまでに、十秒以上経っていた。
「……言いたいトリックは分かった。できそうな気がしないでもない。実験してみても
いいと思うが、とりあえず、靴べらがノブに引っ掛かったままにならないか?」
「それはどっちでもかまいません。結果的に今回は落ちたんでしょうが、ノブに掛かっ
たままだったとしても、こういう風にして靴べらを用意してるんだなと思われるだけで
す」
「ふむ、なるほどな。状況とも合致している」
 刑事はメモを取り始めた。検討する価値ありと認めた証だった。

 その後、多倉刑事から寄せられた事後報告は、江口の自負心を少し満足させ、少し落
ち込ませた。
 警察署にて本格的な事情聴取を受けた神坂は、かなり早い段階で犯行を認めたとい
う。元々、犯罪をしでかして知らぬ存ぜぬを通せる質ではなかったらしく、防犯カメラ
の映像を見せたあと、マンションからトロフィーを移動させただろうと推理を突きつけ
ただけで、震え出したとのことだ。
 事件の構図は、江口らが想像していた通りと言ってよく、尾藤をトロフィーで殴った
のは神坂で、動機は本人の供述によれば、「金に困っており、冗談のつもりで尾藤に金
の無心を頼み、断るようならアダルトビデオをコレクションしていることや著作権を無
視してコピーしていることを大学で言いふらしてやろうか等と口にしたところ、激高し
て躍りかかってきたため、仕方なく手近にあった物を掴んで応戦した」という。どこま
で事実を語っているかは分からないが、たとえ事実であってもその後の計画的な犯行の
進め方や、天口をも手に掛けた行為から、情状酌量の余地はない。
 そして最後の障壁となっていた密室の作り方だが――。
「君の言うやり方を思い付き、やってみたのは確かだそうだ」
 多倉刑事には、にやにや笑いを堪えている節があった。
「ただ、うまく行かなかったんだと」
「え?」
「天口に罪を被せようという考えは、地震が起きたとき急遽思い付いたものだから、密
室作りも試行錯誤している余裕がなく、言うなればぶっつけ本番で行ったが、成功する
訳がないってことだ。三度ほど試したが、靴べらが早い段階でノブから外れてしまい、
失敗続き」
「でも、実際、部屋は密室になっていたんでしょう? 犯人があきらめたのなら、一体
どうやって密室ができたんだか」
「神坂は最後、仕掛けをそのままにして逃げ出した。本来なら片付けていかないと、天
口の事故死に見えなくなるが、アパートの同じフロアの誰かが起き出した気配を感じた
ので、一刻も早く立ち去りたかったと言っている。で、ここからは全くの推測になる
が、最初の地震から一時間後ぐらいに大きめの余震があったろ?」
「はい。まさか、そのままになっていた仕掛けが、余震の揺れによって作動し、偶然に
も密室が完成したと」
 思わず刑事を指差す江口。その手が小刻みに揺れた。
「そう推測するしかあるまい。室内の二人が虫の息ながらまだ生きていて、施錠したと
も考えられんのだし」
「そう、ですね」
 江口は現実を認め、受け入れることにした。偶然にはかなわない。
「気にする必要は全くないぞ、江口君。真相を見抜くきっかけを作ったのは、君らの手
柄だ。特にトロフィーがアパートにあったのはおかしいと勘付いたところは」
「それは助手の手柄ですよ」
 唇を尖らせて答えた江口は、占部の方を肩越しに見やった。データ入力作業に没頭し
ていたようなのに、今の会話はしっかり聞いていたらしい。にっ、と笑顔を向けてき
た。
「まあ、今回は仕方ないよねっ」
 探偵所長を所長とも思わぬ口ぶりで話し掛けてくる占部に、江口はまだ唇を尖らせた
まま、「慰めてくれてどーも」と応じた。
「いやいや、真面目な話。ぱっと見は似てるけれど畑違いの分野に首を突っ込んだ結
果、勇み足をしてしまったというだけで、基本的にはいつもの探偵能力を発揮できてい
たんじゃないかなと」
「ぱっと見が似てるって、何のことだい?」
 聞きとがめた江口は、椅子ごと向き直った。占部は芝居がかったウィンクをした。
「だってほら、AV探偵の看板を掲げていても、機械の方のAV――オーディオビジュ
アルには弱かったってことじゃない?」

――終わり




元文書 #486 崩れる欲望の塔 <前>   永山
一覧を表示する 一括で表示する

前のメッセージ 次のメッセージ 
「●長編」一覧 永山の作品
修正・削除する コメントを書く 


オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE