AWC 牢の中のLAW   永山


        
#9214/9229 ◇フレッシュボイス過去ログ
★タイトル (AZA     )  17/03/05  19:48  ( 24)
牢の中のLAW   永山
★内容
 WOWOWのドラマ「ヒトヤノトゲ〜獄の棘〜」初回先行無料放送を録画視聴。
 刑務所が舞台のドラマで、囚人も刑務官も好き放題やっている、という程度の事前情
報で観始めました。
 冒頭で、主人公の刑務官になったばかりの若い男が、亡き父親も同じ職業だったこ
と、父親と同じ刑務所に勤めることが示されたので、父親が残したノートか何かに、仕
事上の謎めいた書き込みがあるのを見付けて、その秘密を探るために同じ職場に勤務す
ることを望んだのかなと想像したのですが……外れでした。
 外れではあったけれど、初回らしく細かなエピソードが山盛りで、なかなか楽しめま
した。描写はくどくなく、また、つなぎの場面の省略が割と大胆になされているので、
すっきりしている。
 ミステリとしての仕掛けは今のところ感じられませんが、社会派ドラマ的な問題提起
と言ったら大げさかな、矛盾を表現している箇所があって、少々考えさせられます。
 そんな第一話を観て引っ掛かりを覚えたのは、主人公が父の死が“事故死”だとは知
らなかったらしいこと。これはまあ、話が進むに従って、解かれていく可能性大ってこ
とでよしとしましょう。
 もう一点、気になったのは、施錠の有無。詳しい規則を知っている訳ではありません
が、牢屋に行く途中にある格子型をした扉の錠を、刑務官が持参した鍵で開けて通る
シーンがあって、そのあと扉は開けっ放しみたいに見える。西洋のドラマだと、遠隔操
作の半オートメーション化されていて、許可された人物が通ったらすぐにまた施錠する
というイメージが強いのですが、どうなんだろう。日本と外国とでは違う、あるいは施
設によって異なるということは充分に考えられますが……。あるいは、後々、脱走が起
きるということを示唆しているのかしらん。

 ではでは。





前のメッセージ 次のメッセージ 
「◇フレッシュボイス過去ログ」一覧 永山の作品
修正・削除する         


オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE