AWC 言葉の力   永山


        
#9179/9229 ◇フレッシュボイス過去ログ
★タイトル (AZA     )  17/01/29  20:14  ( 33)
言葉の力   永山
★内容
 PTAに関する記事で、役職決めの様を「さながら学級会よりひどい」と表現してい
たのですが、意味が分からない。
 PTAの役職決めの様が学級会よりもひどいと言いたいのなら、「さながら」はいら
ないし、学級会と同等に酷いのなら、「さながら学級会のようなひどさ」でいいので
は。

 WOWOWのドラマ「本日は、お日柄もよく」を第三話まで録画視聴。
 通常、表舞台に出て来ることのないスピーチライターというプロフェッショナルにス
ポットライトを当てた物語。“言葉には人の心を動かし、世界を変える力がある。”“
言葉は、お金や権力よりも強い。”
 製菓会社の総務部社員だった二宮こと葉は広報への突然の移動を命じられるわ、密か
に恋心を抱いていた幼馴染みの今川厚志からは別の女性と結婚すると報告されるわで、
踏んだり蹴ったり。が、厚志の結婚式で聞いたある祝辞に感動したことで、運命を変え
る一歩を踏み出す。その祝辞を送った女性は伝説のスピーチライター・久遠久美で、厚
志の父親で政治家だった篤朗の考えを言葉にしていた。
 その後、社内のプロジェクトメンバーに抜擢され、社長のスピーチ原稿を書くように
言われたこと葉だったが、外部から来たコピーライターの和田に圧倒的大敗を喫す。こ
と葉は巻き返しを図ろうと、久遠に弟子入りを志願するが。
 とまあこんな具合にスタートしたお話です。
 で、最終回の手前まで観ての感想は、面白いけれど期待外れ。
 惹句からは、言葉の持つ力の凄さを見せつけられ、感動シーンもたくさんあるんだろ
うなと思っていたのですが、ほぼ皆無。スピーチとしては、最初の祝辞が一番よく、あ
とは空虚なものばかりに感じたです。原作の小説があるみたいですが、多分、文章で読
めばまた違う感想になるんでしょう。日本語は映像にすると、力が弱まるのかもしれな
い。あるいは、選挙戦という混濁した状況を取り入れたせいで、俗っぽさがどうしても
拭えなくなったのかも。
 面白いと感じたのは、職業物として興味が大きい。単なるゴーストライターではな
く、その人物の思いや考えを言葉にして表現するのがスピーチライターだっていうの
が、結構伝わってくる。
 さて、最終回前にお約束のトラブルがぽこぽこと起こり、ご都合主義を感じさせる展
開になりましたが、どう締め括るのか。

 ではでは。





前のメッセージ 次のメッセージ 
「◇フレッシュボイス過去ログ」一覧 永山の作品
修正・削除する         


オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE