AWC しゃならぬし   永山


        
#9166/9229 ◇フレッシュボイス過去ログ
★タイトル (AZA     )  17/01/15  20:22  ( 27)
しゃならぬし   永山
★内容
 日本テレビ系で放送のドラマ「増山超能力師事務所」第一話と第二話を録画視聴。一
応、ネタバレ注意です。
 超能力を持つ者――超能力者ならぬ超能力師の存在が公に認められた世界が舞台で、
超能力師達は日本超能力師協会の認定試験を受けて、成績により「一級超能力師」「二
級超能力師」と認定される。それ以外は実際とほとんど変わりのない世界を舞台にし
た、人情コメディ(?)。
 主演の田中直樹が大手の興信所を辞め、独立した事務所の所長って役どころで、そこ
はまあいいんだけど、全体に変わりなさ過ぎるのが気になった。増山事務所の仕事って
いうのは結局、探偵や興信所の調査仕事であり、普通の人間なら簡単にはできないこと
でも、超能力者ならできてしまう。もしそんな世界があったら、一般人は超能力師に対
して強固な枷を填めることを、政府に求めてくるんじゃないかしらん。それこそ発信器
を付けて行動を監視・制限するとか、能力を使おうとしたら警告音が鳴るような機械を
発明するとか、何らかの形でガードしないと、危ないし、不安も大きいわ。
 また、複数の超能力師が従業員として働いている割に、事務所が受けた依頼に対し
て、適材適所になっていない節がある。新入りに経験を積ませるためとか言っても、迅
速に依頼を可決するには、依頼の性格に合致した能力を持つ超能力師を派遣する方が、
絶対に効率がよいのに。せめて、能力を使うと疲労困憊して数をこなせないといった説
明があれば納得のしようもありますが、なかったと思う。そういった辺りのフォローが
なかったため、ただ単に、超能力師が公に認められ、探偵をしてみたらこんな感じにな
るよっていう、お手軽さを感じてしまった。
 第二話の「火事だあ!」トリックは、予想通りで、楽しかったけど、ストレートに過
ぎたかな。笑いを誘うオチはよかったものの、もう一捻り欲しかった。
 一話と二話の間で六年が経っていて、なのに演じる役者が一緒。故に、一部の登場人
物が苦しいことになってた(笑)。高校生と社会人を同じ人が演じるのは、きついよ。
 もっと本格的な推理物らしい事件を扱うようであれば、続けて観ていきたい作品。

 ではでは。





前のメッセージ 次のメッセージ 
「◇フレッシュボイス過去ログ」一覧 永山の作品
修正・削除する         


オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE