AWC 検索結果
11641件が見つかりました。1件から10件目です。

●飛鳥部響子の探偵しない事件簿   寺嶋公香   (338行)
 最初にその悲鳴を聞いた瞬間、飛鳥部響子(あすかべきょうこ)は「またやってる」 と思っただけだった。  悲鳴を上げたのは、瀬野礼音(せのらいね)。劇団の中では年長者の方で、それなり
◆●短編 #0472 2019/08/31


●音無荘の殺人   寺嶋公香   (255行)
「なあ、頼むよ」  細川夏也(ほそかわなつや)は、廊下を行く相手の前に回り込んで手を拝み合わせ た。  頼まれた袴田冬樹(はかまだとうじゅ)は立ち止まると、腕組みをして嘆息した。
◆●短編 #0471 2019/06/28


●その光は残像かもしれない   永山   (197行)
 地方の澄んだ空気の中、満天の星空を観てみたい。プラネタリウムイベントに参加し てみたい。  という友達の川田次美に付き合わされて、イベント込みのバス旅行に参加した。星に
◆●短編 #0470 2019/05/30


●オートマチック【改】   (213行)
ミステリー本を借りに推理研顧問の鬼塚先生のマンションに行った。 「僕にぴったりの本ってなにかなあ」廊下を歩きながら小林君。 「物理トリックもの」 「じゃあ恵さんのは心理トリックかな」
◆●短編 #0469 2019/05/07


●オートマチック        HBJ   (233行)
 ミステリー本を借りに推理研顧問の鬼塚先生のマンションに行った。 「僕にぴったりの本ってなにかなあ」廊下を歩きながら小林君。 「物理トリックもの」 「じゃあ恵さんのは心理トリックかな」
◆●短編 #0468 2019/05/05


●お題>僕は君だけは許せない     HBJ   (190行)
荻野「お前、理香子だけは許せないんだろう?」 小林「許せないというか、どうしてあんな間違いを犯したかって感じなんだけど」 荻野「一体誰と浮気したんだ?」
◆●短編 #0467 2019/04/19


●お題>僕は君だけは許せない   寺嶋公香   (197行)
 地天馬鋭は額に片手を宛がい、ため息を一つついた。 「相羽君が困って持ち込むほどだから、一体どんな難事件の依頼かと思いきや」  机越しに向けた視線の先、少し離れた位置で相羽信一が応接用のソファにちょんと引
◆●短編 #0466 2019/04/11


●ディック世界>ゼンマイ仕掛け $フィン   (157行)
その一  少女は中学校に行くために家から扉を開けるとちょうど隣人が何かを持って捨てに行 くところに出くわした。 「おはようございます」少女は隣人に挨拶した。
◆●短編 #0465 2019/03/31


●白の奇跡、黒の変事 1   永山   (4メッセージ)
 ホワイトデーの朝、街がきれいに雪化粧した。  天が名称のホワイトに合わせた訳ではない。そうと分かっていても、特別に気を利か せてくれたように感じる。ただでさえ滅多に雪が積もらない地域にいて、三月に一面の
◆●連載 #1122 2019/03/30 一覧 一括表示


●チート転生>1000年同じ姿でいる黒髪と黒瞳の美青年の話   (149行)
俺は新幹線のトイレから出て手を洗っていると、今の俺の顔に似た黒髪、黒瞳の美しい 顔の少年が見つめていた。  「おとうさん」少年は俺に向けて言った。こいつは俺の息子だ。こんな風にさせて可
◆●短編 #0464 2019/03/30


次の10件 
古い順に表示

絞り込み検索  作者検索


オプション検索 利用者登録 アドレス・ハンドル変更
TOP PAGE